2010/05/07 (Fri) ウォール街・瞬間暴落(その1)
NY sttock dow 5.6.10 HP_INDU

U.S. Stocks Plunge Most in Year as ’Panic Selling’ Grips Market
May 6 (Bloomberg) -- U.S. stocks tumbled the most in a year on concern Europe’s debt crisis will halt the global recovery. The selloff briefly erased more than $1 trillion in market value as the Dow Jones Industrial Average fell almost 1,000 points, a 9.2 percent plunge that was its biggest intraday percentage loss since 1987 and largest point drop ever, before paring the drop.

「ヨーロッパの国債危機はグローバル経済の回復をストップする」と、恐れたNY株式市場は転げ落ちた。一斉に売りが殺到したが、その株価下落は、$1兆ドルの純資産を帳簿から消した。なんと、数秒間に$1000ドルも暴落したのである。これは、9,2%の巨大下落であり、1987年(レーガン時代)のパニックによる暴落依頼の出来事である。

ny trader thursday 5.6.10
900ポイント暴落した一瞬。伊勢爺でも、証券取引が一時ストップ(1987年の暴落で出来た法律)したことを知って“信じられない!”と叫んだよ。先月、「株価は暴落するのか?」とブログにしていたからね。

4兆ドルもの取引が一瞬のうちに、コンピューターの操作で行われる時代。NYSEのチーフ、LEIBOWITZは、「電子化による誤作動」を指摘した。$40の株が1セントになり、数秒後に$40に戻った。“誤作動なのか、買手をおびき出す陽動作戦なのか分からないのが電子取引だ”と話している。だが、やはり、最大の原因は、ギリシア発のユーロ・ゾーンへの「飛び火」の恐れなのだ。国債デフォルトと暴動のことだよ。







アテネの暴動は拡大する

greece riot erupt 5.10
何度もブログで伝えたように、ギリシア国債が債務不履行(DEFAULT)に向かっている。ドイツ銀行を中心としたECBが救援を約15兆円の決定した。条件は、1)財政緊縮(各種カットだ)~増税(VAT23%)などだ。ギリシア議会も、パパンドレウ首相も社会主義者だ。去年の選挙公約で、“増税しない~福祉拡大する”と言って当選した。昨日の欧州市場の大下落に継いで、今日の3PM、NY株式市場は、「ギリシア国債はいずれ破綻する」とパニックに陥った。その頃、パパンドレウ首相とギリシア議会は、「国債を紙屑にはしない」と新法律を採択した。

(解説) 伊勢爺はY新聞の経済部の調査分析およびインタビューを担当したことから、WSJや、ECONOMIST、WPの経済記事を欠かさず読んでいる。それと、少々のファンドと株を持っているので、知識はその関係から得るものだ。

ギリシアは、3月に、1)VAT税~2)酒たばこ税~3)高熱費税を上げたばかりなのだ。ところが、4月に入ると、そんな小技(こわざ)では、財政が破綻することが発覚(帳簿はウソだらけだったとECB議長)した。歴代の政権は、右も左も「バラマキと減税」で選挙で投票を得た。ババンドレウ首相も同じである。ちょっと鳩山民主党に似ている。そして常に前政権をなじってきた。だが、社会主義が進むと国家財政は破綻するものだ。

IMFとECB(ブリュッセル)は、ギリシア救済(13~15兆円)を決めたが、そこには強烈な条件が付いていた。“ここ3年間で、3~5兆円の財政削減をしろ!”とね。つまり「小さな政府でやれ!」と。すると、公務員解雇~2)残った公務員も給与の大幅カット~3)VAT23%に引き上げる~4)電気・ガス・ガソリン税の引き上げ、、夕方になれば、電灯を消すしかない~車は売るしかない~安い酒飲むしかない~タバコは拾って吸うしかない、、それじゃあ、ちょっと暴れようかと。

労組も、公務員組合も共産党が勢力を張っている。ギリシアは、反米・嫌米感情が強い国なのだ。ようするに、「アメリカ資本主義の搾取がギリシアを貧しくしている~われわれはアメリカ資本主義の犠牲者だ!」とコミンテルン時代以来のスローガンは変らない。

ギリシアへ行ったときの写真を明日にでも貼るわね。“日本は福祉国家ではない”とソニーの会長だった盛田昭夫さんは仰ってたな。日本は、バルカン~ギリシア~ポルトガル~スペイン~北欧のスウェーデンなどの福祉国家ではないよ。この国家は、政府頼みの思想なのだ。「独立自尊」と福沢諭吉翁。全くその通りなんだよ。伊勢平次郎


comment

多史済々先生

エントリーに関連しないことを気にする必要はないですよ。昨夜、石橋湛山の思想を読んでた。この人は、日蓮宗身延山の住職の息子さんだが、「人類愛を説く」バイブルに感銘していた。常に仏典とバイブルを机の上に置いていた。日中戦争に反対した論文を東洋経済新報社に書いたので、軍政内閣から、紙や印刷インクの停止を受けた。だが、論文は分かりやすく、国民の支持者が多く、凍結をやめた。湛山の主張は、「日本は工業技術国で充分に暮らせる~植民地は不要だ」とね。靖国は廃止するべきだとも。九条は、戦争が起きないという保障がない限り改正するべきだ。非武装中立という考え方は迷信に過ぎない、、一方で、公正を重んじるばかりに、日米講和条約は、ソ連や中国との講和を含まないから無効だと。それが、原因で、吉田茂さんと不仲となっている。ぼくは、吉田さんの判断が正しいと信じている。スターリンや毛沢東の承諾など得られるわけがない。お国に若い命を捧げた兵士の御霊を祀る靖国神社。廃止には反対です。

第二次大戦が日本人の最後の戦争だった。現在の人類の世界は全く違った「諸問題」に面している。あの戦争を分析するのも良いが、現在の問題を討論しないといけないよ。今日、もっとも難しい「沖縄」を短い論文にします。第一優先の章です。宮崎正弘先生と約束しているのでね。伊勢
2010/05/08 21:06 | 伊勢 [ 編集 ]

 これからの総理大臣・防衛大臣へ

 今回のテーマに外れた提言をひとつ述べさせていただきたく思います。

 靖国参拝についてですが、日本国を健全に発展させるためにやはりわが国の総理・防衛大臣は年に一度は靖国神社に昇殿参拝(社頭では駄目)しなければいけないと思うのです。
 そうすると支那・半島筋がÅ級戦犯がらみで抗議するでしょうが、その抗議に対して上手くかわす方法はあると思うのです。なんとか普通に参拝出来るようにしたいものです。
 例えば
 祀られたÅ級戦犯の中には確かに多くの日本人の恨みを買っている人もいるし、総理・防衛大臣としてもそれらの人の業績に対し否定の気持ちは充分に持っている。しかし、この参拝は日本国を守るために尊い命をささげた御霊に対しての参拝であるのでそのことを充分に理解願いたいとの広報を支那・半島側にしっかりと伝えてはいかがなものなんでしょうか。
 
 私は東条首相は対米戦に十分な準備をせずに開戦したこと、そして、戦争終結を誤ったこと、山本元帥(A級戦犯ではないですが)は対米戦を企画戦端を切った割にはいとも簡単にP38に撃墜死を受けたことが無責任に思えてなりません。
2010/05/08 20:14 | 多史済々 [ 編集 ]

「この土日、EUがギリシア危機伝染防止ファンドを設立する~株式市場のベルが、月曜日の朝に鳴るまでに決定する」英語ですが、読んでください。伊勢
http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2010/05/08 10:37 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する