2010/06/28 (Mon) 菅オバマ初会見の評価
kan obama G20 tront

トロントで行われたG20の最後の日、菅とオバマは初会見した。まず、オバマは、日本が送ったメキシコ湾原油流出作業用具に感謝を述べた。ついで、北朝鮮の挑発を共同で批判した。菅は、沖縄普天間飛行場移設を合意通りに行うと言ったが、具体的な内容に触れなかった。菅は沖縄の負担軽減の協力をオバマに要請した。オバマは、11月に日本で行われる経済サミットに出ると言った。伊勢平次郎 ルイジアナ





北朝鮮は劣等国

nk inferior specy

“アメリカが全ての問題の元凶だ!”と行進する北朝鮮軍。金正日は脳梗塞が進み言語障害が出ていると報道された。間もなく政変が起きる。何が起きるか判らない精神状態だ。米韓軍は準備を進めている。一気に崩壊するのか?ジリ貧のまま数年は経つのか?いずれにしても、沖縄の米軍基地ほど重要な戦略基地はない。日本に出来ることは基地を提供することぐらいである。

(解説)鳩山が沖縄県民を欺いたことは明白だ。それも、票を得る意図を持ってである。鳩山は、しゃあしゃあとしている。代わった菅も実は同じ穴の狢(狢)である。沖縄県民は、“あんたと結婚するから”と客にだまされた娼婦のようなもんだ。貢いだ挙句にほかの女とトンズラ、、

八月待つまでに、辺野古湾埋め立て工事の工程を提出することになっている。その合意は守れない。そのときになって、「ウソ菅」はどう言い訳するのだろう?オバマとヒラリーは、菅バッシングをするだろう。その手はずは在京米大使館のルース大使が担当する。ジリジリと菅民主党を火炙りにする。日本などの島国で反米政権?潰されるよ。伊勢平次郎 

(おまけ)北朝鮮の政変をWPが報道。コメントはたったの41。いかに関心がないかが判る。在米韓国人は記事を読まないことも判る。なぜなら「劣等種」に反撃しなかった(笑い)。伊勢
 
iseheijiro wrote:
Kim Jong il seems to be losing his sense of reality. He utters nonsense and can't even complete a sentence the South Korean agency reported. Koreans, North and South are inferior species. Historically they have never been good citizens of the world.
6/26/2010 8:59:20 PM
Recommended (2)

一方、マクリスタルの反乱に投稿すると反響があった。

iseheijiro wrote:
It's not about civilian vs uniform. Wrong war! Don't you get it?
6/27/2010 4:00:17 AM
Recommended (7)

iseheijiro wrote:
I listened to Obama's speech regarding replacing his generals. I was disappointed when I heard that Obama is still thinking of winning the war which Bush lost years ago. In November 2001 this war had strong public support and with this support Bush did not win. Why Obama thinks he can win the war when the public is no longer supporting? Americans have lost confidence in President Obama. He has been handling our economy poorly, oil spill still going strong after two months and the two wars have not been improving at any rate. The best he can do to save American lives and treasury is to stop these wars immediately. Listening to his speech I know he does not have that courage.
6/27/2010 3:03:50 AM
Recommended (3)


comment

>>そもそも純粋な日本人ではありませんので、、

エエ!そうなの?千葉景子も朝鮮半島の出身?これさ、アメリカでは、出自は問題にならないわけです。それは、「スパイ法」があるからね。FBIも、CIAも黙ってはいないし。日本は、国ではない印象がある。誰でも上陸してもいい、帰属先のない島かな?伊勢
2010/07/08 18:26 | 伊勢 [ 編集 ]

>>頭脳優秀なのに

菅のどこが優秀でしょうか。 私のみるところ、管は頭が悪いと思います。 首相を務められるほどの器量もありませんし、そもそも純粋な日本人ではありませんので、日本のことを思ってはいません。 千葉ケイコを登用するのも類は友を呼ぶのたとえどおりの法則からです。
2010/07/08 15:17 | 日本人(F) [ 編集 ]

多史済々先生

民主党に票を入れるとどうなるか?という見本です。日本の大衆はよく考えないのか、国民としてのモラルが落ちている。昔の時代劇は勧善懲悪がテーマだったからね。伊勢
2010/06/30 17:45 | 伊勢 [ 編集 ]

 しかし、拉致犯人(北朝鮮人)の釈放願いに署名した人物である管総理は同じ署名人である千葉を法務大臣に指名し、良く恥ずかしくもなくG8首脳の前に出られるものですね。頭脳優秀なのに羞恥心は備わっていないのでしょうか。
2010/06/30 13:56 | 多史済々 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/29 08:59 | [ 編集 ]

多史済々先生

先のことは未知だが、反日が明らかな小沢が牛耳る民主党は有毒政党。労組や公務員組合を支持母体としているのも問題。さらに、在日民団から寄付を受けている。小沢は韓国へまで行って在日選挙権を公約した。日本の敵であることは明白。

だが、日本の大衆の民度が上がらないと、タレント、スポーツ選手などの候補が受かる。偏向マスコミはそれを商売とする。サヨクはなかなか大衆懐柔に強い。翻せば、その大衆対策において保守陣は下手です。愚衆はいつまでも愚衆のはず。知恵を使いましょう。伊勢
2010/06/28 23:38 | 伊勢 [ 編集 ]

http://www.youtube.com/user/nipponsoushin#p/u/31/J5QJUCns1NA

 民主党に勝利し、次の衆院選で安部総理誕生となるよう祈らずにいられない。
 民主党支持者の皆様、間違っても谷亮子や岡崎由紀目当てに投票しないで欲しい。正気に返りましょう。
2010/06/28 22:36 | 多史済々 [ 編集 ]

一読者さま

あなたのような方が行動家なんです。反日が、首脳~閣僚~新聞社~テレビ局の中枢に存在する。巧みな反日本工作を許容してはならない。在日韓国朝鮮人がみんな反日かどうかが問題ではない。ひとりでもいれば、在日全部を排除するべきなのです。日本国民が毅然として、中国政府や韓国政府、または、米国政府内の反日政策に「ノー」を示すことが重要です。一歩、一歩と進めましょう。伊勢
2010/06/28 16:18 | 伊勢 [ 編集 ]

公約《マニフェスト》も大事ですが、思想・実績も大事ですよ。

民主党
外国人参政権推進 夫婦別姓推進

自民党・たちあがれ日本・国民新党
外国人参政権反対 夫婦別姓反対

各政党・候補者の思想・実績は
選挙前.com http://senkyomae.com/
国民が知らない反日の実態 http://www35.atwiki.jp/kolia/
などをごらんになって参考にしてください。
2010/06/28 13:59 | 一読者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する