2010/07/01 (Thu) 日本人の敵(その2)
kono and hu 5.9.08

河野洋平は、「女衒」の精神を持つ。生来、臆病な性格なのである。殺し屋のチャイナマンにすっかり、なめられている。伊勢爺と隼同志は、こんな奴らの手の平で、日本人の生命や領土を弄ばれることを拒絶する。伊勢平次郎 ルイジアナ






fukuda onkaho 12.30.07

福田康夫は、自民党の中で少しはマシな人間かと思ったことがある。首相になった途端に、共産党独裁の中華ソバ帝国の首相におべっかを使い始めた。日本のために、早く死ね!

hukushima kamei 9.1.09

この女は、在日韓国人や北朝鮮人のお仲間だ。韓国バーの経営者と同じだ。亀井はよく判らんが、軽輩としておく。

ikeda hu 5.8.08

インチキ宗教の元締め。このボケ老人はまもなく棺桶に入る。日本にいいことだよ。




朝鮮人のお仲間である。ボテ腹の日系二世のマイク・ホンダを入れておこう。この太っちょサヨクは、日米同盟の肛門癌である。


(ひとりごと) 有毒人種のこいつらを国外追放する方法はないのか?


comment

>>【産経抄】中国人生活保護、来日直後の大量申請はあまりにも不自然 元警視庁捜査官
「日本滞在の残留孤児関係者のほぼ九割が偽物」[07/02]

「杜撰(ずさん)な大阪市政」「外国人、主に中韓の犯罪を摘発する能力が低い日本の警察」と仰っておられる。“全く遺憾”などと悲憤慷慨していて良いのだろうか?法相が反日思想を持つ千葉景子である。「検察庁の行政指導を考えている」とんでもない人物だ。戦前の警察では「アカ」と言っていた。伊勢
2010/07/02 13:49 | 伊勢 [ 編集 ]

【産経抄】中国人生活保護、来日直後の大量申請はあまりにも不自然 元警視庁捜査官
「日本滞在の残留孤児関係者のほぼ九割が偽物」[07/02]


【産経抄】7月2日

気前よくもてなすことを、「椀飯(おうばん)振る舞い」という。江戸時代には、正月などに
親類縁者を招いて開く宴(うたげ)を意味した。5月から6月にかけて来日したばかりの
中国人32人に、大阪市が「生活保護」と呼ばれる「椀飯」を振る舞っていたことがわかった。

▼中国人らは、市内に住む中国残留孤児の姉妹の親族と称し、介護名目で来日した。
姉妹は2年前に帰国して、日本国籍を取得している。入国後すぐに生活保護の受給を申請した
48人のうち、市は26人について、6月分から受給を認め、さらに今月分から6人を追加した。

▼もともと生活保護受給世帯が全国でもっとも多い大阪市では、保険料を長年支払ってきた
年金受給者より、生活保護受給者の方が受け取る額がはるかに多い矛盾が指摘されてきた。
今年に入って、外国人の受給者が1万人を超えたこともわかった。

▼それにしても来日直後の大量申請は、あまりにも不自然だ。中国人らは、福建省出身だという。
第二次世界大戦末期のソ連軍の侵攻によって、中国東北部に取り残された人たちの親族が、
どうしてそんな南の地方に住んでいたのだろう。

▼元警視庁通訳捜査官の坂東忠信さんは、新著『日本が中国の「自治区」になる』(産経新聞出版)
のなかで、「日本に滞在する残留孤児関係者のほぼ九割が偽物」という。坂東さんによると、
他人の戸籍を買ったり、役場に根回しして虚偽の公正証書を発行させたり、正規の旅券を入手する
さまざまな手口がある。

▼つまり、今回のケースは、氷山の一角かもしれない。折しもきのうから、
中国人の個人観光ビザが大幅に緩和された。ショッピングや日本見物を
楽しみにしている人たちには、「椀飯振る舞い」したい気持ちは十分あるのだが。

MSN産経ニュース 2010.7.2 03:14
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100702/trd1007020314001-n1.htm
2010/07/02 09:34 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する