2010/07/02 (Fri) 日本人の敵(その3)・偏向マスコミ


沖縄県には、「QAB琉球朝日テレビ」というのがある。最も、サヨク偏向したテレビ局である。伊勢平次郎 ルイジアナ






沖縄タイムス

平和主義・米軍基地撤廃・死刑廃止の立場をとっている。朝日新聞と共同通信の那覇支局が沖縄タイムス社本社内に入居している(毎日新聞、読売新聞、時事通信の支局は琉球新報本社に入居)。創刊メンバーの豊平良顕が戦前、大阪朝日新聞那覇通信部の記者だったことから朝日新聞社とは特に縁が深く、創刊時から協力関係にあった。かつては世論調査を共同で実施し、現在も人事交流がある。ライバル紙である琉球新報と合わせて県内でのシェアは99%近くを占め、ほぼ寡占状態となっている。(ウイキぺデイア)



琉球新報本社である。天皇制反対~在沖米軍基地撤去を大声でふれ回る極左メデイアである。QAB朝日テレビは、「アサヒ」系列の沖縄タイムスに草鞋を脱いでいる。

辺野古野

新顔・稲嶺氏当選 “辺野古に基地造らせぬ”と。名護市長選 2010年1月25日。民主~社民~共産党~サヨク偏向マスコミが支援した。今まで三選してきた自民党候補は僅差で敗れた。

Okinawa protester 11.8.09

戦後生まれの団塊の世代ほとんどだと。QAB朝日テレビ~沖縄タイムス~琉球新報というサヨク・マスコミの洗脳を受けている。この米軍基地反対デモだが、沖縄県民ばかりとも思えない。“戦後から、ほんどのサヨク活動団体(中にはテロもいた)は、最も、反米・反日に染まりやすい沖縄をターゲットとして来たのである”恵隆之介・拓殖大教授・軍事評論家。

kadena 5.25.10 025

恵先生は、伊勢夫婦が宿泊するホテルにタクシーで来られた。泡盛を飲むために(笑い)。そして、“まぼろしの本です”と、ご著書「誰も書かなかった沖縄」絶版を下さったのである。


(解説) 恵隆之介先生は、沖縄県人である。横須賀の防衛大学校に学び、世界一周航海を以って卒業された。そのご琉球銀行に勤務された。沖縄の歴史は琉球銀行の歴史編纂部の部屋に詰まっていると。“沖縄のマスコミは幼稚なんですよ。だが、視聴者も幼稚なのですからね”と語った。一昨日、恵先生から「沖縄をどう治めるか」という論文が届いた。伊勢爺が英訳中である。W・ポストや、星条旗という軍人雑誌に送る考えなのだ。伊勢平次郎

comment

ぽん

貰ってきた犬の名前に「ぼん」が良かったかな。もういいよ、ゆるしてやろう(笑い)。伊勢
2010/07/05 01:18 | 伊勢 [ 編集 ]

最後は「揚げ足取り」で負け組宣言ですか。
『日本語も解らんか?』って・・・、変な日本語を操る伊勢爺に言われるとは思わなかったわ(笑)。

って、また書き込んでしまった、ゴメンネ。
2010/07/05 01:05 | ぽん [ 編集 ]

ぽん

小森じゃないよ。古森さんだ。日本語も解らんか?あんたは明らかに負け組み。そういう思考力ではトン死する。伊勢
2010/07/05 00:19 | 伊勢 [ 編集 ]

>伊勢平次郎の実名は三年前から公表している

どこで公表してるのか知らんが、ここで公表しなよ。まぁ、知ったところで興味ありませんが。

>あんたのアタマでは隼同志にはなれない。古森親分の子分に相応しい。

あなたの同士にしてくれなんて頼んでもないし、なりたくもありませんよ。
で、結局、最後には小森さんを卑下するような書き込みですか・・・つくづく残念な人ですね。
ま、この辺にしときます。お邪魔様でした。
2010/07/04 23:36 | ぽん [ 編集 ]

ぽん

>>私は女かもしれませんよ?

アタマ悪いな。日本女性はもっと強いんだよ。伊勢平次郎の実名は三年前から公表している。古森イザには隼同士が多くいる。あんたのアタマでは隼同志にはなれない。古森親分の子分に相応しい。伊勢
2010/07/04 22:48 | 伊勢 [ 編集 ]

あなたは随分と都合の良い解釈をされる方ですね。
小森さんが「もう勘弁してくださいよ、あなた(伊勢さん)のブログでやってくれ」と泣きを入れるほどだったじゃないですか。
ところで、なぜこちらの住所氏名を明かさないといけないのでしょうか? あなたも匿名でやってるじゃないですか。しかも、キXXマって・・・私は女かもしれませんよ?
2010/07/04 21:16 | ぽん [ 編集 ]

ぽん

出入り禁止?そんな事実はないよ。古森義久さんからは“有難う”というレスがあるよ。また、古森さんの親友である西村幸祐さんが、“問題ないですよ”と仰っていたな。ところで、住所氏名は明かさないの?キXXマは付いてるの?は、は、は 伊勢
2010/07/04 20:04 | 伊勢 [ 編集 ]

いやぁ、あなたの態度にはがっかりだ。思考力が低いのはどっちだか・・・
小森さんのブログから出入り禁止を宣告されるだけのことはありますな(笑)。

2010/07/04 19:37 | ぽん [ 編集 ]

ぽん

始めの二行を読んだだけで、思考力が低いことが判る。ほう、議論をしたいだと?名前はナニ?年齢は?どこに住んでるの?伊勢
2010/07/04 19:05 | 伊勢 [ 編集 ]

アメリカはあくまでもアメリカの利益の為に動くのであって、日本の為ではないわな。恵さんの著書を訳して送ったところで、せいぜいアメリカの都合の良い様に使われるだけではないですか?。
そもそもそれを送ってアメリカにどーしてもらいたいの?アメリカが日本に手を貸してくれると思ってるんだったら、伊勢さんはかなりナイーブな人だね。

それと、沖縄のマスコミ批判はごもっとで私も異論は無い。しかし、そもそも戦後、マスコミを使って「日本が悪かった」というプロパガンダを日本で繰り広げたのはアメリカですよ。
今日でも朝日をはじめとする左翼メディアは、沖縄戦で日本軍が住民に自決を強要したーと事実と異なる報道をしていますが、アメリカ軍による無差別砲撃による大多数の死者についてはあまり報じません。しかし、戦闘終了後に投降する住民をアメリカ軍が保護する映像はよく使われます。この前者の話と後者を組み合わせると、まるで日本軍が沖縄住民を殺しに行き、逆にアメリカ軍は住民を保護して助けたかの如くの話になってしまっているのです。沖縄戦ではアメリカ軍より日本軍の方が悪いーという左翼メディアが報じるこの構図は沖縄のメディアで顕著で、実際のところ、この構図はアメリカにとっても悪い話ではない。戦後のプロパガンダはまだ生きているのです。

今日の沖縄のメディアがアメリカ軍を拒否する姿勢というのはアメリカのリベラル勢力と同程度のものでしょう。沖縄には中国人や韓国朝鮮人が多数入り込んで反日工作をしているし、ロシアなどの旧共産勢力の日米離反の工作の影響もあるかもしれません。しかし、アメリカの保守勢力にとっても沖縄での都合の悪い話は封印する。恵さんの論文もアメリカにとって都合の悪い部分は黙殺するでしょう。今の沖縄の安全保障上の懸念は対中国にありますが、肝心のアメリカは中国とのG2などと言い出している状態です。数年前に中国はアメリカに太平洋を分割して統治しようと提案した。アメリカには、日本を切り捨て中国と組んだ方が得策だとなれば、ハワイーグアムで防衛ラインを敷くという選択肢もある。そうなると日本にとっては悪夢の様な展開ですが、肝心のアメリカが頼りにならなくなっている・・・そこで私は、伊勢さんは恵さんの論文を翻訳してアメリカにどうしてもらいたいの?ーと思った訳です。

恵さんの本は読んだ事無いですが、氏の記事や文章を読んだ事はありますよ。テレビで彼の主張を拝見した事もあります。左翼ばかりがしゃしゃり出てくる沖縄において、恵さんは堂々と国益を主張する希有な沖縄人です。

それと最後に、人の事をアタマが悪いだの何だの罵倒するのは結構ですが、私の質問に答えて欲しい。恵さんには許可を取ったのでしょうか?
「沖縄をどう治めるか」の主語は日本ですよ。アメリカじゃぁない。
2010/07/04 04:08 | ぽん [ 編集 ]

ぽん

あんたのアタマではね、恵隆之助先生の胸のうちは理解できないよ。大体、恵先生のご著書を購読したことあるの?バカな日本人が増えたわな。伊勢
2010/07/03 05:01 | 伊勢 [ 編集 ]

>W・ポストや、星条旗という軍人雑誌に送る考えなのだ。

それはどうかな?
恵さんはアメリカの為に書いたのかね?
2010/07/03 00:38 | ぽん [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する