2010/07/06 (Tue) 日本人、独立せよ
hinomaru (Small)

日の丸は、日本人の心がひとつであることを表現する。平日でも掲げよ!日本人の独立は「日の丸」を揚げることから始めなければいけない。

July 4th 2010 010

ミシシッピーのナッチェス(NATCHEZ)の河畔。昔懐かしい蒸気船が停泊している。ナッチェスはわが家から車で3時間である。ミシシッピーで最古の町だ。いわゆる、DEEP・SOUTHの南部の町である。

July 4th 2010 003

わが愛犬ども。チクデン(8歳)とボンコ(1.5歳)がミシシッピー河に飛び込んだ。

MISSISSIPPI CAT FISH

ワニはいないが、体重120キロのオオナマズが生息している。これが、ミシシッピー河のおお鯰(CAT・FISH)だ。腹を割くと、自動車のタイヤや、人間の足が出てきたという。“その鯰を食ったのか?”という問いに対して、“OFCOURSE”と答えた。


July 4th 2010 014

対岸はルイジアナ州。夕日が沈んでいった。

July 4th 2010 017

やがて、花火が上がった。この南部の町には花火にかける予算はない。10分で終わったよ。でもね、7月4日は、アメリカ合衆国の独立記念日なのだ。アメリカの最大で、最も意義のある国民祭日なのである。土日月と三日間の休日。この日、アメリカ人の心は、ひとつになるのですね。日本人にも、独立記念日が来ることを祈らずにはおれない。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

ftsさま

確かに、日本人は魂が抜けているね。まず、新聞、テレビ、マスコミが“日本は大丈夫”といった口調で言っているよね。ビートたけしでも、“憲法九条は世界に誇れる憲法と思っている”なんていう始末。ええ歳のおっさんがだよ。それに、番組を眺めると、おベンチャラ~皮肉~駄洒落が多い。これを「怯懦(きょうだ)」という。前外務大臣が、“I am Madam Sushi”とヒラリーにオドケテ見せたよね。それでも、日本の大衆には受けているんだ。アタマがいいつもりの池田信夫もこのブスを応援していたわな。残念なことさ。

卑怯が骨身にまで染み通った日本の愚衆(米軍基地撤去を叫ぶ沖縄県愚民さんももだ)が目覚めるには、民間で「挙兵」するしかない。丁度、近藤勇が新撰組を組織したようにね。だが、銃砲を買い~隊士を募って~訓練するには、100億円は必要だな。伊勢爺の独り言、、
2010/07/08 19:05 | 伊勢 [ 編集 ]

日韓戦後処理は不十分=「改めて決着必要」-官房長官
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010070700917

こんな馬鹿が官房長官・・・
個人補償するなら、南が受け取った金額を利子付きで返還の上でドイツーポーランド式の相互補償が標準であり妥当と考えるが、一方的に補償と言い出すんだろうなこの馬鹿は。

本気で日本を破綻させる気だと思える。
これでも民主党に票入れる愚民が居るなら日本はもう無いのだ、愚民化した何者かでしかないとあきらめたくなる。
2010/07/08 14:30 | fts [ 編集 ]

>>アメリカからの独立を叫んで、中国に自分から媚びて奴隷になってしまっては意味ないでしょう。

アメリカからの独立を叫ぶ?短絡的ですね。まず、日本はアメリカの属国ではない。在日米軍は、日本の憲法や軍事力では守れない部分をカバーする意味を持つ。国防を米軍に頼る日本は軍事弱国です。一方の米軍も沖縄の基地租借継続や日本政府との国防費用分担がなければ、広大なアジア太平洋の安全保障は不可能。また米国市民の理解を得られない。

「日本人の独立」というのは、1)憲法改正~2)軍事力強化。現在の日米軍事同盟には、あいあまいな部分が多過ぎる。日本がホスト国で、米軍はゲストだが、国防では米軍の力が相当上。このアンバランスを極力解消しなければならない。アメリカとの究極の同盟関係を確立することです。日米核兵器共有の論議もあって良いでしょう。中国共産党に媚を売る?伊勢爺がですか?一体、なんのことですか?伊勢

2010/07/07 11:46 | 伊勢 [ 編集 ]

この問題はアメリカには理解しがたい部分があるのかもしれません。アメリカからの
独立を叫んで、中国に自分から媚びて奴隷になってしまっては意味ないでしょう。


日本人の親族として5~6月に来日した中国人48人が、入国直後に大阪市に生活保護を
申請した問題で、平松邦夫市長は6日、中国総領事館(同市西区)を訪れ、面会した
張欣(ちょうきん)・副総領事に「両国の関係を損なうことなく、国の判断を待っている」と
述べ、対応に理解を求めた。

市は、中国人が入国から最短3日で保護申請をしていることを問題視し、大阪入国管理局に
在留資格などについて再調査を要請。入管の調査結果を待って、保護を継続するかなどの
対応を決めるとしている。

平松市長は総領事館側にこうした経緯を説明。張副総領事は「大阪市と中国との友好関係に
基づき、適切に処理してほしい」と述べたという。

 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20100707-OYT8T00096.htm
2010/07/07 10:29 | [ 編集 ]

2010/07/07 08:25 | 伊勢 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/07 04:01 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する