2010/07/26 (Mon) 隼・休刊のお知らせ
naha shima 5.28.10 052

6月末、那覇~中部空港~近鉄で故郷の伊勢志摩に帰った。墓参だった。なかなか来れないなと思った。横山展望台へタクシーで行った。運転手さんは亡くなった弟の中高時代の同級生で、マラソン・チームで一緒だったと。わが青い目の妻は、真珠の筏が浮かぶ英虞湾の景色が大好きだ。

隼速報を休刊します

隼速報を出版の日まで休刊します。毎日曜日、アメリカのトピックスを「週間ダイジェスト」にします。出版の朝まで、同志が話し合う広場に使ってください。

故郷の墓参~横浜の不動産売却~沖縄嘉手納インタビューの旅が重なって、妻の編集~プロの編集作業が遅れている。わが妻は、今日はキプロス島へ飛んだ。フライト先でも原稿を編集して返信してくる。一方で、アマゾンの推薦する編集プロは、自分中心の上に料金が高い。日本人の本を後回しかなと疑いたくなる。

8月15日をメドにしていることには変わりない。だが、確約は不可能なんだと。8月15~9月15の期間に出版は可能と言っている。隼同志を待たせに待たせている。お許し頂きたい。

一方、日本での出版は、アメリカほど困難ではない。アメリカが先なので、11月初旬には出版可能です。

謹んで、内外の事情と進捗をお伝え致します。 伊勢平次郎 ルイジアナ

comment

「朝鮮学校」も無償化へ、高校授業料
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4492706.html
政府は制度の開始時点では朝鮮学校を無償化の対象から外し、文部科学省が外部の有識者による非公開の検討委員会を設置して、適用するかどうか慎重に検討してきました。

 検討チームは朝鮮学校の視察を行い、会合を重ねた結果、「日本の高校に類する教育課程」にあたると判断。これを受けて、政府も朝鮮学校を原則として無償化の対象とする方針を固め、近く発表します。

飛ばしであって欲しいですが。
2010/08/03 17:20 | fts [ 編集 ]

Mephist先生

恵隆之助先生からメールを頂いた。Granmaからも応援メールを受けた。

米経済は、失業によるマイナス効果が深刻な問題です。景気に与える影響が、予想以上に向上した企業収益よりも大きい。米経済の70%を担う消費が伸びない。「消費者心理冷え込む」と午後ニュースが出た途端に、NYダウは赤字転落。だが今年の後半は米経済が牽引して、世界経済は体調を取り戻すと読んでいる。来年夏と11月、アフガニスタン、イラク戦争がそれぞれ終焉する。今年11月の中間選挙で共和党が議会を制すれば、法人大幅減税が可能。インフレは心配ないでしょう。どれも良い方向だと思えるんだが、、伊勢
2010/07/28 16:12 | 伊勢 [ 編集 ]

その分、民間の大使が頑張っているようですよ。

【丹羽・中国新大使「日本は台湾問題を承認してない」、中国で波紋】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000027-scn-cn

日本経済は、ヨタヨタとした足取りながら復調を始めました。
もう一息、政府が邪魔をせず、アメリカが失敗せず、EUが破たん処理をうまくやりのけてくれれば、何とか立ち直れそうです。
2010/07/28 14:05 | Mephist [ 編集 ]

今、Granma、Mephist会長から応援のメールを頂いた。日米で出版は本年で終了する。アメリカ人には「日本人の心」を延べ~日本人には「アメリカ人の持つ理想と苦悩」をというテーマです。

菅直人はダメですね。伊勢が首相ならば、政治生命の終焉も覚悟して、米韓合同演習に激励を飛ばす。そして、ジョージ・ワシントン空母に降り立つ。“American gentlemen, thank you serving for our security and peace. We the Japanese will do anythig you need to protect South Korea"と艦上でスピーチする。この菅と言う男には、パッションがない。伊勢
2010/07/28 12:07 | 伊勢 [ 編集 ]

http://news.so-net.ne.jp/article/abstract/499024/

政府は27日、竹島を「わが国固有の領土」と明記した防衛白書の閣議了承を、
韓国に配慮し、9月以降に先送りする方針を決めた。政府は、2010年度版防衛白書を
7月30日の閣議了承する予定だったが、菅首相は27日、北沢防衛相に対し、
先送りするよう指示した。防衛白書では、竹島について「わが国固有の領土」と
記述しているが、韓国側が反発することを懸念し、日韓併合100年を迎える8月29日以降に、
了承を先送りすることにしたもの。防衛白書の閣議了承が対外関係を理由に
先送りされるのは、極めて異例のことで、野党などから批判が出ることも予想される。
2010/07/28 08:06 | [ 編集 ]

W・ポストの「イラクは終わらない」という記事にコメント、、伊勢

iseheijiro wrote:
We all got tired of this nonsense. Obama is a coward in chief. If he is not, he can withdraw all troops by Christmas this year. Our economy will immediately be boost.
7/23/2010 10:49:49 PM
Recommended (3)
2010/07/27 14:37 | [ 編集 ]

米韓合同演習の様子が見れます。伊勢夫婦が6月末、嘉手納米空軍基地に行った日に、原子力空母ジョージ・ワシントンが那覇軍港に入った。NHKの取材班が米空軍のヘリで撮影するために、基地の外の駐車場に集合していた。「これが潜水艦だ」を書かれた前海自潜水艦群の長だった人が、「原子力空母ほど戦力を持つものはない」と書かれている。それは、護衛艦~巡洋艦~原子力潜水艦~PC3哨戒機~イージス艦従えているからだと。これら全ての軍艦もステルスも核弾頭を積んでいるのです。北朝鮮が挑発すれば、総攻撃を始めるといっておきますね。ゲーツが指令する米海軍というのは、100キロ爆弾5百発で済むところを、1万発も落とす。さあ、餓鬼地獄に住む朝鮮人らはどうする?女子供はかわいそうだな。伊勢

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/video/2010/07/26/VI2010072601612.html
2010/07/27 12:53 | 伊勢 [ 編集 ]

fts先生

民主党がバイ菌に犯された政党だと分からない人が多い。“政権交代したばかりなんだから、しばらくチャンスを与えたら”などと言う人がいる。どうしたことだろうか。だが、根気よく説得することですね。伊勢
2010/07/27 00:03 | 伊勢 [ 編集 ]

民主党政権 日本農業壊滅の危険/FTA・EPA推進/コメは9割減少 自給率は12%に
http://news.livedoor.com/article/detail/4906585/
日豪EPAは2年後の2012年、日米EPAは5年後の15年までの妥結を求めています。日豪EPAが締結されると、農水省の試算では、日本の小麦、砂糖はほぼ全滅、乳製品、牛肉も半分が打撃を受けます。食品企業などの関連産業をふくめ3兆円以上の被害をうけます。
ソース赤旗ですが、事実ならとんでもないことです。
一刻も早い民主解党、小沢一門の逮捕が望まれます。
主犯はおそらく旧社会党の残党とみてますが。
2010/07/26 22:55 | fts [ 編集 ]

おはよう。今5AM です。悲しいことに、2ヶ月飼ったボクサー犬が殺処分になった。チクデンの耳を噛み切り~医者が縫った~家に帰ると、すぐ、ボンコはチクデンの背中に噛み付いたのです。チクは背骨に傷を負った。けども、4日で回復した。その間、ドッグフードを食わなかった。

経済記事を英字ブログに出します。読んで下さい。「ファンドは、積極的に株を買っている」
http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2010/07/26 20:04 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する