2010/08/17 (Tue) 強い日本を再建しましょう(その1)
japan april trip 4.1.09 033 (Small)

日本へ帰ると、翌朝は靖国に参ることに決めている。横断歩道際の帽子の男が伊勢で、右となりは、高校時代の同級生のT君だ。

「強い日本再建」のシンボルに靖国神社を選びます。理屈な不要。祀られているのは、お国に命を捧げた貧農の息子や学徒の兵士が中心だから。今、その気概を持たなければ、日本国の体力は衰微(すいび)して行く。その兆候は、現民主党政権を見れば明らかである。伊勢平次郎 ルイジアナ






親しくしている女性同志から、こういう書き込みがありました

伊勢様

カンサス州に住むアメリカ人の友人が今週の金曜日から10ヶ月間の予定で中国大連の大学に英語教師として出かけるそうです。

青山繁春さんの本によれば、北京五輪の頃より、中国に出入国をする外国人の持っているパソコンや携帯などには情報を盗むためにウイルスやバグがわからないように仕込まれるようになった・・・と書かれていました。
さらに中国はアメリカの一流大学や研究所で学んだ頭の良い中国人学者や研究者、技術者たちを桁外れの高待遇でやとって情報を得ているため、欧米に引けを取らないハイレベルの知識があるのだそうです。

友人にはできることなら行かないで・・・と、止めたいところです。

きょうの産経新聞の記事を見ると中国は不気味ですね。
どういうつもりなのでしょう・・・本気で日本を潰すつもりなのでしょうか?
民主党政権、早く何とかしたいものです。

宮崎先生のメルマガは読んでいます。

産経新聞より
【風を読む】論説委員長・中静敬一郎 中国核の日本照準は脅威
      2010.8.17 07:43
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100817/chn1008170745001-n1.htm

中国が年内にも初の空母建造着手 国防費は12兆8000億円 米国防総省が年次報告書
     2010.8.17 07:51
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100817/chn1008170751002-n1.htm

あと・・・いろいろなブログで紹介されている「やまと新聞」についてのご紹介です。
「やまと新聞」は、明治19年創刊でGHQ に屈しなかったという国会内にある唯一の保守系新聞。
長い間、国会内だけで発行されていたそうですが、安倍元首相、森元首相たちのおかげでやっと一般にも発行できるようになった新聞だそうです。

http://www.yamatopress.com/b/000350.php

下記には15日の靖国の近くでおこなわれた左翼による 
「反靖国、反天皇制のデモ隊」対 「愛国者」の動画もあります。

http://www.yamatopress.com/

お体をお大切に。


強い日本再建の処方箋(その1)

実践が可能な計画を建てたいです。晩秋の出版で資金が出来るか、そこに情熱を持っている。皆さんから預かったご献金は、編集者や取材(沖縄など)~出版社との会合~編集プロへの支払いで、とうの昔に消えました。現在は、自前です。当然ですが、伊勢個人へのご献金とは思っていません。

1)日本の政治指導者を一新しなければならない。
2)新政府は、明治に帰り、「新・富国強兵」の国策を建てなければならない。
3)新政府は、親日国群と積極的に経済と軍事支援によって親密になることが必用である。これをアメリカは歓迎する。

ベトナムに見習え!

1)中国人民軍の侵略を押し返す軍事力が必要である。日本人青年の精神と体力を鍛えなければいけない。
2)日本人は、“小さな幸せのために働く”という考えから脱出しなければいけない。
3)戦後復員してきた強い若者が日本を復興させた大きな原因です。
4)日本経済も、結束した強い国民が再建できるものです。

犠牲なくして日本の再建なし

日本再建といえば、明治維新の志士たち。学歴なし~あるのは度胸だけ。薩長土の青年たちが体を張った。官軍が形勢された。そして、多くの若者が命をなくした。その尊い犠牲によって日本の近代化が起きたのです。明治維新の志士の行動から「日本再建」を学ぶことが出来ます。

*** あなたなりの、「強い日本再建」への提案をください。伊勢平次郎

comment

伊勢様、
どこかの行動保守の宣伝動画のようですが、面白いものを見つけました。
http://www.youtube.com/watch?v=tywN1DAfEos
日本を奪還、強くするための秘策の大半はこの動画に出ていると思います。
そのためのシミュレーションがやけにリアルだと思います。特にその後半は保守政治家へのある種の政策のようにも見えます。御参考までに。

2010/08/21 02:54 | tiamat [ 編集 ]

伊勢おじ様へ
熱っつい靖国神社でした!そして8/15でしたですね。
ありがとうございます。
携帯電話に、可愛い日の丸のシールと裏にZ旗を掲げ(はり)ました。
会社の1人の人に右翼と言われましたが構わないです。
何故なら、日本国が大好きだからです。
大丈夫だと、信じています。きっとです。
2010/08/21 02:35 | りょうこ [ 編集 ]

fts先生

議会制民主主義国の日本~法治国家。その日本が、仮面を被った社会主義者や在日の血縁によって変質した。小沢・菅・鳩山の民主党を崩壊させないと、わが母国は健全な国家に戻らない。伊勢
2010/08/19 13:07 | 伊勢 [ 編集 ]

http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081801001042.html
日韓の国会議員が東京で討論会 歴史問題など解決目指す

仙谷の馬鹿がまた朝鮮の靴舐めをするようです。

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2010-08/18/content_20739112.htm
鳩山前首相、原子力発電所における中日協力を語る
(一部抜粋)
日本の原子力の技術力を中国に提供するということは有用性、そして、日本の経済における波及効果においても重要な考え方であると考えています。

ルーピーにいたってはこの様だし。
何の実権もない馬鹿がいい加減な発言・・・
ミンス代表選に向けて売国に加速が付いてますね。

2010/08/19 12:54 | fts [ 編集 ]

「USの富豪らは何に投資している?」答えは、石油・天然ガスの試掘会社だ。ご参考に、、伊勢

http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2010/08/18 15:28 | 伊勢 [ 編集 ]

「W・ポストへのコメント集(1)」 iseheijiroのHNが認められ始めた。本が売れるように書き込んでいるわけだが、記事を精読し~他のコメントを読んで~作家らしく書く。だが、時間が要るね~!伊勢

http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2010/08/17 12:25 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する