2010/10/05 (Tue) 祖国・日本に栄光あれ!
our lily 10.3.10

わが家の裏庭に咲いた曼珠沙華。伊勢志摩の線路際によく咲いていた。“赤い花なら、マンジュ~シャ~ゲ、、という唄が流行った。伊勢平次郎 ルイジアナ





祖国日本に栄光あれ!

China foreign spokeswoman 10.3.10

悪しき隣人。中国人の性質を忘れてはならない。「相手を利用し尽くす」という民族性は、日本に対してだけではない。けっして、中国人に「善意」を期待してはならない。そんなものない。

chanking violent saccer game 2.24.08 (Small)

何をかいわんや!

nagano (Small)

誰が、日本の首相だったか?忘れてはならない。

ozawa wept 3.24.09

この男は、在日韓国人・朝鮮人・中国共産党のお仲間だ。だが、向こうは、そうは思っていなかったようだ(笑い)。ついに「刑事被告人」となった。だが、先月、民主党の国会議員200人は、この汚い男を首相に担ぎ上げようとした。忘れてはならない。

Hatoyama naikaku 9.16.09

日米同盟をぶち壊した鳩山内閣だ。忘れてはならない。

chiba keiko small

こういった在日サヨクは、日本の「パラサイト」なのだ。


(お知らせ) 11月にキンドル出版が迫った。それまで、休刊しますね。みなさんで、話し合っていてください。コメントには、目を通しますよ。伊勢


comment

多史済々さん

本当ですね。国民に何が起こっているかを知らせることはもちろん、広く世界を味方につけるのにはまたとない機会なはずです。

北京の”ビデオを公開すれば面倒なことになるぞ”という脅しに屈しているのでしょう。或いは勝手に慮っているのかもしれません。

民主党政権は間違いなく日本を中国のコントロール下に置きたいと考えているようです。一方、今回の仙谷氏の中国に阿った対応を見ていて、福田元首相がおともだちのいやがることはしないという発言をしていたのを思い出しました。

民主党政権は間違いなく日本のためになりませんが、敵はどの党にいようとこのように日本の利益をないがしろにする人々ですね。
2010/10/11 21:40 | 極東のt [ 編集 ]

 私、例の中国漁船突っ込みビデオ非公開なのがどうにも理解できないのですが、皆さんはいかがでしょうか?
 あんなもの事実を事実として早くに公開しておけば良いのにと思うだけなのですが、なぜ非公開なのでしょうかね。
 ま、これで情報公開を声高に叫んできた民主党の胡散臭さが国民に充分知れ渡ったことでしょう。怖いのはこれで国民の多数が政治に信用をなくす事です。
 だから、訳のわからないことを言わないで、何故ビデオ公開しないのかを判然と国民に知らせたほうが良いのにと私は思うのですがね。
2010/10/11 21:25 | 多史済々 [ 編集 ]

RR姉さま

全くあなたのことじゃないですよ。「過去の桎梏から開放される」ことは、日米両国にとって良いことなのです。だけど、糾弾では出来ません。糾弾には糾弾が返ってくるからね。「現時点の国益と人類への貢献」を念頭に置けば、戦争の確執は克服可能です。とくに、青年~これから生まれてくる子供たちに、「恨み」伝えないことが大事です。ところで、あなた、繊細ねえ!武骨者の伊勢爺より
2010/10/10 12:34 | 伊勢 [ 編集 ]

福寿草先生

「人心の安定」つまり、「安心立命」という。政府は最もこの「人心の安定」に心を砕くべきなのです。チャンネル桜の爺さんたちですが、保守論陣にすら「安心立命」の大事さが理解出来ていないと感じる。ことさら、「危機迫る」を騒ぎ立てている。

危機はいつの時代にもあったのです。指導者とは政界だけではない。学者も、評論家も、ジャーナリストも指導者と自覚するならば、腹が座っていなければいけない。

“玄洋社の総帥だった頭山満(福岡藩士)は、富士山のような人だった”という。「大衆右翼」とネーミングされた笹川良一にも富士山のような重量感がある。このご両人は、意外にリベラルの面があった。作った財産を弱者救済のために世界中に寄付した。日中戦争でも、中国に戦線拡大する陸軍上層部を批判した。決して、日本人を不幸にしなかったのです。日本には、ジュリアス・シーザーは生まれないのかも知れない。だが、渋沢栄一のような巨人も、ノーベル章を受賞する化学・科学者が多く出た。宇宙探検ロケットのハヤブサは日本に栄光をもたらした。比べて、中国は今回始めてノーベル平和賞を受賞した。だが、中国共産党の胡や温はやっきになって民主運動を消火している。劣等民族です。伊勢

2010/10/10 12:22 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様こんにちは。

中国の日本席巻、新潟の中国総領事館と中華街構想だけでなく北海道もビザ要件緩和や中国免許での運転許可などの企画が提案され、九州観光振興機構や名古屋にもにたような動きがあります。
中国問題への無知、無理解と、不景気による「背に腹は代えられぬ」でどんどん加速してる感があり背中に火が付いているような焦燥感にかられます。一方では問題周知も徐々に広まっていますが、日本人の性向を思うとこの周知も急激に過ぎると”騙されていた反動”による暴走が心配になります。何ともいえぬじりじりした想いで現政権の一日も早い退陣を求めています。
ーーーーーーーーーーーーー
戦争はしょせん勝ち負け、結果は道理ではない、のですね。私にはここの整理と納得が大変難しいです。

ですが「前進が重要」は確かに一番大事ですね。事あるごとに過去をカードに使われても負けない強さでそれらを蹴飛ばせばいいのですね。

2010/10/10 10:58 | 福寿草 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/10 06:36 | [ 編集 ]

やっぱり先生

文章が簡潔ですね。

最初のボタンをかけ間違えた日本。だから、どこまで行っても、服の前は揃わない。米軍が置いて行った憲法のことです。

これだけ、中国が暴力を振るうポジションに来ても、集団自衛権発令すらも国会で議題にならない。有事には、米軍を頼るにしても、その保護者と普天間でもめている?不思議な国と不思議な国民です。

アメリカにいる伊勢爺に、マッカーサー占領軍の洗脳政策~東京裁判の理不尽さ~あげくは、沖縄戦の悲惨さを訴えてくる人がいる。英字本に書いてもらいたいらしい。だが、“書かない”と断言します。なぜ?答えはね、“現在の日本とアメリカの国益を重視するから”です。戦争だったから、勝ち負けがある。だが、以来、人間の世界は進化した。進化した世界は、67年前には戻らない。すると、日本人だけでなく、アメリカ人も、中国人も、前進する事だけが残っているのです。感情を管理できない人は落伍します。

日本国内の売国政治ブローカー(小沢・鳩山・社民)や、朝日・毎日などの売国メデイアは劣勢に立った。人民元政策~領土問題を起こしている~軍拡を続行している~監獄に入れられた人権運動家がノーベル平和章受賞という逆風が中国に吹いている。中国共産党は中国市場カードで押し返す?さあ、どうかな?対中貿易では、USなどのバイヤーが運転台に座っているから。胡・温らは、日米分断~米欧分断を画策しているが、ノールウエイに“深刻な打撃が、、”などと脅したことは大失敗なのだ。日本人はどうでも、欧米の先進国にはシナ人のオドシは通用しないよ(笑い)。伊勢
2010/10/09 20:39 | 伊勢 [ 編集 ]

中国や南北朝鮮の日本に対する恫喝と内政干渉は目に余るほどの横暴さを露呈し其の本性をいまだ覚醒せず平和ボケしている日本国民に対しても疑問を抱かせつつあります。
外の社会に対する対応策も早急を要すると思いますが、
国内の反日勢力をどう排除するのかも喫緊の課題と思います。我が国日本の場合非常に厄介な事に政治家や官僚、経済界トップの連中にこのような売国奴が多いのが問題です。一庶民としてどのようにこのような連中を権力のザから引き摺り降ろす事ができるのか。?

時間が掛かれば掛かるほど中国や南北朝鮮に都合の良い展開になりそうで腹立たしい。
なによりも中国が航空母艦を建造し機動部隊を運用すると日本のみならず南アジア~東南アジアまでもが中国の恫喝と内政干渉を受け続ける事になり世界にとっても
好ましい事ではないと思います。
2010/10/09 16:45 | やっぱり [ 編集 ]

尖閣諸島「希少モグラ」の現地調査 学者の要望、なぜ日本政府は認めない2010年10月8日 18時48分 (J-CASTニュース)


沖縄県・尖閣諸島最大の魚釣島で確認されているモグラの一種で、絶滅の危機にある「センカクモグラ」を保護しようと、「センカクモグラを守る会」が発足した。アルピニスト野口健さん(37)らが発起人だ。背景には、現地での学術調査を求める学者らの要望を政府が認めようとしない、...(J-CASTニュース) 沖縄県・尖閣諸島最大の魚釣島で確認されているモグラの一種で、絶滅の危機にある「センカクモグラ」を保護しようと、「センカクモグラを守る会」が発足した。アルピニスト野口健さん(37)らが発起人だ。背景には、現地での学術調査を求める学者らの要望を政府が認めようとしない、という現状があるようだ。なぜ調査許可は下りないのだろうか。

 「(尖閣諸島に)領土問題がないというなら、現地調査はできるはずだ」。2010年10月7日、「守る会」の発足会見をした野口さんはこう政府を「挑発」した。近く、同会としても政府へ現地調査の許可を求める要請をしたい、とも述べた。学者らが過去に要請した調査許可が認められていないことを念頭に置いた発言だ。

http://topics.jp.msn.com/digital/general/article.aspx?articleid=422542
2010/10/09 09:57 | みらい [ 編集 ]

3万2千ヘクタールもの森林はじめとする水源地を買収したと言われる中国。水資源を求める深刻な理由と現状。

http://www.youtube.com/watch?v=UO0KlQZZH4w&feature=player_embedded
2010/10/09 05:04 | [ 編集 ]

先日10月2日の渋谷でのデモを黙殺する隠蔽報道、偏向報道メデイアが、報道しない、報道出来ない
情報が満載です。桜チャンネルの報道内容を、国民全てが知るべきだと思います。
(随時重要な情報が報道されています)

【特別討論】小沢起訴と尖閣問題、そして日本は...[桜H22/10/7]

1)http://www.youtube.com/watch?v=XCeSbovKo5o&feature=player_embedded

2)http://www.youtube.com/watch?v=yRU2gbYC-Gc&feature=related

3)http://www.youtube.com/watch?v=i5L8cjP-aJE&feature=related

4)http://www.youtube.com/watch?v=gQrC1rQFIAw&feature=related


この10年で日本人は日本人でなくなったという印象がある。小選挙区制が始まり日本が
非常に悪い方向に流れて行った。

民主党内の危機;小沢氏強制起訴に伴い、もしも小沢氏が離党する事になるのであれば、焼く20名は小沢追従で、
ともに離党する決意があるとのこと。小沢氏とは距離をおきつつ、先日の尖閣諸島問題を巡り管首相、仙石官房
長官率いる現政権に抵抗している保守派議員は約80名、約100名の一年生議員が右往左往している状況。
完全にまとまりを持たず内部分裂が進む民主党。

中国の領土研究者、有識者の多くは、尖閣諸島が日本の領土である事を認識しているも、中国と中国国民にとって
あの地域が肝心要なので、何としても手に入れたいという中国政府の動向をよく理解している。

先日のベルギーブリュッセルでのASEMで、管首相と温家宝が廊下の隅で25分の対談をしたが、尖閣諸島問題のつっこんだ話しをしないという前提で行われたとのこと。話しの中心はフジタ社員の事をからめ、中国側からの日本へ戦後補償の一環としての、約1兆円をかける遺棄化学武器プロジェクト続行のための圧力がかけられた事が暴露されてます。(ビデオを公開しない事も飲んだ訳ですね、情けない)

朝日新聞は外交手腕も経験も全くない、社会主義運動家上がりの仙谷官房長官を賞賛する偏向報道がはなはだしいとのこと。先日もビデオ公開もとどまるべきだとの偏った報道をしたばかり。 国民は誤った情報操作に騙されないよう、注意が必要とのこと。

菅直人、仙谷両氏には国家感というものが皆無であり、極めて権力欲が激しい。
大手マスコミは報じないが、閣僚内に3名、自宅を改築、建築した者がおり、完全な権力の私物化が始まっている。

ヨーロッパでも今回の尖閣諸島問題を巡り日本がどう対応していくのか、非常に注目が高まっていた。
船長開放には異口同音に、日本への失望、非難の声明があった。ヨーロッパとしては日本を支持したい姿勢があるも、ASEMで中国がギリシャの経済復興をサポートする声明発表があり、中国にもの言えない現状。
(イコール、日本の戦略的な外交術の乏しさが露呈)
2010/10/09 04:51 | 頑張れ日本! [ 編集 ]

2010年 第15回 秋華賞の全ての情報がここに集結!(出走馬、枠順、オッズ、有力馬、軸馬、展開、結果)などを全てを公開致します!レースの鍵を握る馬は一体!?緻密なデータで今回は勝ちにこだわります
2010/10/08 21:14 | 秋華賞 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/08 11:49 | [ 編集 ]

「レア・アース外交は、リスクを伴う」WSJの記事です。レア・アースを梃子に使う中国は、得するわけではないと。全くその通りですね。伊勢

http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2010/10/08 09:13 | 伊勢 [ 編集 ]

W・ポストの「ゲイツ国防長官ハノイで中国の国防相と話す予定」の記事にコメントを入れた。在米シナ人らは静かである。四面楚歌の歴史を思い出すのだろうか?伊勢

heijiro wrote:
Talking with China is similar to talking with thieves. Therefore, making agreements with China has no meaning. Chinese officials are liars by nature and not to be trusted. Wen Jiobao justifies the fishing boat invasion to Senkaku island by saying Japan took the islands from China. Its a big lie. Good luck to Mr. Gates. Secretary Gates is a gentleman and we trust him. He deserves and will get any help he needs from us.
10/6/2010 11:20:03 AM
Recommended (2)
2010/10/07 15:32 | 伊勢 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/07 07:50 | [ 編集 ]

こちらでは、ロイターが、I-Phineで、新潟が買われている、ニュースを流した。住宅やビルの売却なら理解出来るが、森林や水資源をUSは売らないのですよ。とくに、チャイナの日本乗っ取り工作にはね。日本企業のぺブルビーチ買収もカリホルニア州・環境法に阻まれて、売却に追い込まれ、大損した。伊勢
2010/10/07 06:58 | 伊勢 [ 編集 ]

国際交流と地域活性化の美名の下、新潟市で進む中華街構想の危険性
http://www.youtube.com/watch?v=S5qvrBteKr8&feature=youtube_gdata

水源地の多くが購入されている現状ですが、今地方でこんな危険な事がおきています。

新潟市では、昨年6月に中国総領事館が出来た。2ケ月後に新潟中心市街地の小学校跡地の5000坪を購入し、
そこに新たに総領事館を大きく建築したいとのこと申し出があった。地元住民に反対の声が多いが、市議会議員の
危機感がなさすぎ、急ピッチで話しが進行している。押しとどまるように働きかけているのは、新潟柏崎市議会員の
三井田 孝欧さん。

宮城県仙台市でも中国領事館を誘致しようという話しが上がってきている。
仙台市元市長の梅原克彦さんの話によると、市長在任中に中華街構想なる話しが浮上し白紙撤回に持ち込んだそうです。
     ↓
中国の民間ファンドが仙台市内に広大な土地を購入し、宮殿のような建物を建てる。その中華街に7~800人の中国人を住まわせ、
中国の拠点にしたい。疲弊した地元商店街が復興するいいきっかけになると、地元住民に思い込ませる事が起きていた。

民間投資会社とはいえ、一等独裁の中国政府、金融当局の規制下にある訳で、中国政府の地方、国を侵略するための
巧妙な思惑に間違いはない。危機感を持った市長が断固反対した経験談を語り、新潟市で起きている土地購入等は
絶対に見直すべきと提言されてます。

青山繁晴さんが以前指摘されてましたが、新潟の近海では非常に良質のメタンハイドレードが簡単に
取れるらしいです。こういった資源も当然ながら狙っているはずです。(ちなみに中国の他、韓国、ロシアの
領事館が新潟市に、韓国領事館は仙台市にあるそうです)

東京豊島区の商店街でも問題が起きているらしい。メデイアは報道しないが、ゴミ出しのルールは全く無視され、
商店街の管理費も滞っている。各地方の県議会、市議会員は、こういった現状もよく把握すべきとのことです。

仙台市の外国人犯罪の実に7割は中国人。大学生が集団で窃盗犯罪などを起こしてるという深刻な事態もある。

憲法改正、軍事力を強化させるとともに、大量移民、国籍、永住権バーゲンを阻止しなければ、日本の内側から
崩壊しかねません。
2010/10/07 04:06 | 今、日本の地方都市で起きている危険なこと [ 編集 ]

「FRB・金融緩和(QE)の行方は?」英文ですが、解説付けたから、読んで下さいな。日銀に続いて、連銀(FRB)は、二度目の大型金融緩和(MBSの買取)を実施するのか?日米欧および世界中の投資家の目が注目している。バーナンキ議長の舵取りは、米失業率~株式相場~米国債相場に大きな影響を与える。正念場ですね。伊勢

http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2010/10/06 15:40 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、お加減はいかがでしょうか。

出版を楽しみにしています。
2010/10/06 12:30 | 福寿草 [ 編集 ]

出版物を楽しみにしています。
渋谷の抗議デモに参加できないこと歯痒く思い、日本の大手メディアが当デモについて無視を決め込んだこと悔しく思ってましたが、偶然、Niftyサイトで以下タイトルの小記事を見つけました。

”反中国デモ「報道せず」のなぜ 外国主要メディアは次々報道” 2010年10月4日(月)20時48分配信 J-CASTニュース

少しずつ、無関心から脱しつつあるのでは、と希望を持ちました。踏ん張らないといけないですよね。
冗長なコメントで失礼しました。
2010/10/06 11:27 | ボストン在住の研究者 [ 編集 ]

おれんじ先生

2005年、反日暴動真っ盛りの瀋陽からハルピンへ汽車で行ったよ。うちのも一緒だった。ハルビンなどの、旧満州国の中国人は親切だったし、優しかった。蒙古系だと、笑顔はないけども、荷物を下してくれたりするんですよ。まあ、中国人は、体制が変われば、ガラリと変る民族ではある。

温家宝が、唐突に笑顔を見せ始めたが、USのメデイアは、白けているね。わが父が“信用を築くには、何世代もかかるが、失くすのは一夜だよ”とよく言ってた。シナ人は、日本人の援助(温情)を忘れて噛み付いてきたんだ。これを怒らない日本人はいないわな。伊勢
2010/10/06 02:17 | 伊勢 [ 編集 ]

最後の千葉景子にワロスwww。

今度は中国が新潟に領事館を無理やり作ろうと画策しております。住民は危機感を持っているようですが、県の連中は賛同しているらしいです。相変わらず油断も隙もならない中国と幻の日中友好に踊らされる日本といった構図ですが、尖閣諸島の一件で流れも変わるのではないでしょうか。

応援クリック!関係ないのですが、Ads by Googleに「ハルピン女性と結婚しませんか」と出るのがちょっと(汗)。
2010/10/06 01:36 | おれんじ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する