2010/10/14 (Thu) チャイナ・冷酷な民族性
China communist spoksman

馬朝旭(ばちょうきょく、 Mǎ Zhāoxù、1963年9月 - )は、中華人民共和国外交部新聞局(報道局)の局長。チャイニーズは、おどろおどろしい名前を付ける。それに比べて、日本人の姓名は控えめなんだな。山田さん、田中さん、鈴木さん、、みなさん、北京オペラを見たことある?全てが大袈裟なんだよ。“白髪三千丈”とか。まあ、いいか、、は、は、は

妻・劉霞さんの授賞式出席認めず…中国が意向

ノーベル平和賞の受賞が決まった中国の民主活動家、劉暁波氏の代わりに妻の劉霞さんが授賞式出席を希望していることについて、中国外務省の馬朝旭・報道局長は14日の定例記者会見で、「犯罪者への授賞は中国国内での犯罪を奨励するもので、中国の司法主権に対する侵害だ」と述べ、出席を認めない意向を示した。その上で、「いかなる人物も、国家の安全と公共の利益に危害を与える活動をすれば、法によって処罰されなければならない」として、自らの正当性を改めて主張した。(2010年10月14日19時19分 読売新聞)

(解説)中国政府は、「人間の人間たる」を否定する。中国人の全部ではないにしろ、こういう頑なな政府に従う中国国民は劣等である。つまり、チャイニーズには、「優先順位」が理解出来ないのである。

ハノイ国防相会議以来、領土問題で、チャイナは攻撃的な発言を下げている。だが、その「強欲と無知の塊」という民族性が一夜で変わるわけじゃない。再び、“南シナ海も、東シナ海も、中国ものだ”と言い出すだろう。国際社会をなめていると、旧ソ連、または、現在のロシアのように友邦のない国になるんだ。こいつらは、「肘鉄を食って、初めて押し黙る」と、米国防省では理解されている。別に、初めてのことじゃないからね。

短稿をお許しあれ。伊勢平次郎 ルイジアナ






木曜日のNYダウは大きく揺れた

10.14 dow voratile

家屋差し押さえのプロセスに疑問を持たれた銀行株が下落~予想外の失業者増大(週一回報告が出る)による失望感~問屋卸値のインフレ感~ヤフーがAOLに買収される噂~一方でライバルのグーグルの好成績はルールブレーカー~収益教育のアポロが2011年に撤退する~食品大手のスーパーチェーンが増益~11月3日、米中間選挙の開票後のQE2の期待感から米国債30年モノが売れないなどをレポートした。チャートでお判りのように、投資家心理は大揺れに揺れた。ウォール街が取引を終える、50分前から回復に向かったが、ダウ工業平均株は、$2、5ドル(赤字)で終えた。伊勢

comment

伊勢様、

こちらこそ。
海保隊員とその御家族を支援したいという御配慮、感動しました。
自衛隊員も海上保安官も長年にわたるマスコミの悪質な無視・偏向報道(最近少しはマシになってきましたが)のおかげで、体を張って職務を遂行してもいつも日陰者です。

ところで、あるブログ
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1322.html
から支那人向けの北京語の素敵な表現を見つけました。
彼らと論戦する時に使えると思います。以下に転載します。
・祝賀劉暁波獲諾貝爾和平奨 (劉暁波氏のノーベル平和賞受賞、おめでとう)
・恭喜劉暁波栄獲諾貝爾和平奨 (同)
・各位中国朋友,為中国民主加油! (中国の皆さん、中国の民主化のため頑張れ)
・各位中国朋友,一起為中国民主努力!(中国の皆さん、中国の民主化のため,ともに頑張ろう!)
・為釈放劉暁波一起奮斗鬥! (劉暁波氏を釈放のため、ともに戦おう!)
・中国民主万歳!

きっと喜んでくれることでしょう(笑)。

それから、youtube上に海外向けの真実拡散のため日英対訳の動画を載せている方
http://www.youtube.com/user/undertakerRach
がおりますが、その方が最近ホームページを開設し、youtubeなどのコメント欄に英語で質問や反論の例文集を載せました。
http://1st.geocities.jp/undert­akerrach/
まだ、できたばかりのようですが歴史、尖閣問題等のテーマ別に例文を載せています。伊勢様がWPのコメント欄で論戦をするときに参考になるかもしれません(歴史事実をコメント欄の字数制限内で簡潔にいうための例文が多くありますので)。
2010/10/24 02:43 | tiamat [ 編集 ]

>劉氏ノーベル賞、パキスタンが批判…中国に配慮
>パキスタン外務省は15日、中国の民主活動家・劉暁波(りゅうぎょうは)氏へのノーベル平和賞授与を批判する声明を発表した。
>一方で、「中華文明の博愛精神は世界が見習うべきもの」と中国を持ち上げている。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101016-OYT1T01026.htm

では、パキスタン政府が世界に向けて見習うべきと推奨する「中華文明の博愛精神」の中共独裁政権による発露のほどを紹介しておきましょう・・・・なお、心臓の弱い方は見ないように・・・
>残酷極まりない公開処刑
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml
>天安門事件の犠牲者
http://www.cnd.org/HYPLAN/yawei/june4th/>
>中国の7色に輝く河川と食品
http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/
2010/10/18 22:21 | ハヤブサ [ 編集 ]

tiamat先生

海保を表敬訪問して、寄付をする考えです。寄付を受け付ける機関でないといけないね。若い保安官たち、そのご家族を支援したいと思う。 有難うね。伊勢
2010/10/18 05:24 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、

前回の北京原人の女性との攻防戦ご苦労様です。
伊勢様をヒステリックだと言っている本人がヒステリックでしたね。
ただ罵倒するだけで論理的な反論は皆無で。

以前、伊勢様から伺った海保の後援会ですが、

保守ですが何か?
http://ameblo.jp/genten-nippon/entry-10677718879.html#cbox

というブログから知りました。
「海保退職職員後援会(海友会)」というのだそうです。御参考までに。

10月16日の中共大使館での反中デモはロイター、AFP、BBC等の世界的メディアはじめ、英、米、加、仏、独、伊、露、西、葡、土、チェコ、ギリシャ、アイルランド、印、中、台、韓、ベトナム、シンガポール、イスラエル、アラブ首長国連邦、イラン、パキスタン、メキシコ、ブラジル、アフリカ...etc. etc. 海外に報道されています。
http://www15.atwiki.jp/houdou/pages/110.html
2010/10/18 04:22 | tiamat [ 編集 ]

産経デモ報道(人数を過小報道)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101016/plc1010162026013-n1.htm
その他NHKにて偏向報道(右翼団体とテロップつき)の情報有り
2010/10/17 10:19 | fts [ 編集 ]

『頑張れ日本!全国行動委員会』主催の支那・中国大使館を包囲する.デモに.参加しました.

今朝も中国の乱暴なデモは報道していますが.
昨日の5800人の人たちが集まりました.日本のデモは報道されません.

本日は秋葉原に参加します.
2010/10/17 06:15 | DK [ 編集 ]

伊勢おじ様、今晩は。
先日、外国語で話している女性に、話しかけたら解らないの対応で、
唯一「カントリー?」と聞いたら、フィリピンと言われました。
私は笑顔で、言葉は「イングリッシュ」と聞いたら、「イエス~」みたいな事を言われました。
こんなとこで、外人さんに会って、すごいなぁと思うのは私だけでしょうか・・・
日本国大好きな人は、大歓迎です。

PS。ノルウェー王国に行ってみたいです。きっと心が気持ち良く過ごせそうですね。
2010/10/17 02:08 | りょうこ [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/16 06:55 | [ 編集 ]

菊花賞 2010 予想 オッズには抜け穴がある…現場スタッフによるデータ収集、さらに血統に関しても徹底して分析済み!出走馬の調整、展開を完全に読みきる!優良サイトをランキング形式で大公開!
2010/10/15 21:07 | 菊花賞 [ 編集 ]

初めましてコメントいたします。日本国民が平和ボケから目が覚めるのは何時になるのでしょうか。?焦燥感が漂います。

日本国がとるべき対抗策は
中国からの日本企業、資産、邦人の早期撤退、迂回を含む全ての金融や技術供与等の支援中止か廃止。

中国と領土、領海問題でトラブルを抱える国や親日国家への支援強化と中国監視網の構築。

国内における反日勢力排除の為のスパイ防止法制定、自衛隊の増強あるいは国軍昇格、憲法九条改正集団的自衛権行使の明言等でしょうか。?

ただ残念な事に愚民化した我々日本国民が選んだ売国政権は簡単に権力を手放さないでしょうね。

何とかして引き摺り下ろしたいものです。
2010/10/15 15:05 | [ 編集 ]

上投稿さま

“Sleeping with the devil”by Robert Baer(前CIA)のベストセラーは、911事件よりも数年前に書かれた名著です。「サウジ・アラビアの原油のために、USの為政者らは国を売った」と書いた。全くその通りですね。

現在のその悪魔はチャイナです。悪魔と寝る”とはね。軍需産業~米国防省~日米欧その多の国の商務省の巨大利権が絡むという複合汚染なのです。日本政府~経団連もそのひとつ。国民は堪ったもんではない。日本は少なくとも、憲法を改正することが正しい道への第一歩なのですがね。伊勢
2010/10/15 00:23 | 伊勢 [ 編集 ]

食人文化や法輪功迫害・チベット虐殺など事柄だけだと皆、軽く見ているが調べれば調べるほど吐き気がして悪寒が走る。中国人全てが悪いとは言わないがそういった行為を行う国と友好なんて気が狂っているとしか思えない。最低でも民主化、それも韓国みたいな上辺だけの民主化じゃない本当の民主化になるまで交流を止めるべきと思います。平和ボケしすぎてる日本人が多過ぎる…。

2010/10/14 23:40 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する