2010/11/27 (Sat) 最も頼れる男と女
最も頼れる男

gates QDR

伊勢爺の主観に過ぎないが、日本にとって、ロバート・ゲイツ国防長官が最も頼れる男だと思う。このカンサス人には、傍らの人を安堵させる力を感じる。

最も頼れる女

hillary expands influences

ヒラリー・クリントン国務長官(日本なら外相)は、最も頼れる女だと思う。この写真は国務長官就任直後のものだ。ヒラリーは、オバマの指導力を疑っている。二年が経って振り返ると、ヒラリーが、独自の考えや決心を持っていることが理解できた。この二人が、日本が好きであることには間違いない。

弱い指導者

obama lost feeling 11.3.10

この男に頼ることは不可能だよ。ただし、オバマは、ゲイツとヒラリーの忠告に従う。

最も可愛い女の子 

bobo 6 year old

わが甥の娘。ボボ(5才)は最も可愛い。世界の子供たちは、みんな可愛いよ。 

最もバカな首相たち



“日本史上、最も頼りない男たち”というか、“日本史上、最もバカな首相たち”だろうね。


前原外相は青い人間

>>前原氏はさらに、「『(野党は)国会の審議にも出てこないで日本の停滞をさらに助長させるのか』と我々は言い続けて、正しいことは正しいこととしてやり続ける」と述べ、野党が審議拒否をした場合でも、仙谷、馬淵両氏を交代させる必要はないとの考えを強調した。(2010年11月27日20時11分 読売新聞)

前原氏がそう言った?それとも、捏造記事かな? そう言ったならば、前原外相は青い人間だ。伊勢爺は、“仙谷、馬淵は、更迭するか、辞任するべきだ”と信じているからだ。


                             ~~~

(出版事情)ロバートさんのメールで、プロの編集というものが、大変難しい仕事だと理解できた。それは、彼は、伊勢の編集だけではないからだ。契約による優先順位もある。一方で、伊勢爺にも過失がある。それは、度々、文体や章を変えたことだ。まだ、キンドルに上げる状態ではない。だが、自分では、ベストを尽くしているつもりだ。同志のみなさんを、待たせていることをお詫びする。伊勢平次郎 ルイジアナ






comment

韓国大統領 来月訪日で調整 朝鮮儀軌引き渡し検討も国会承認は微妙

ttp://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101122/plc1011222107016-n1.htm
これに関し公明党の山口那津男代表は同日、李大統領
とソウルの青瓦台(大統領官邸)で会談し、協定について
「国会承認を目指して努力したい」と述べた。

100年前の朝鮮併合が不服であるので日本はこの朝鮮
併合の誤りを認めて朝鮮に対して謝罪と賠償する謝罪宣
言をせよと云う韓国政府の主張を容認したものが
「菅談話」である。この謝罪宣言をして御皇室が保管して
いる歴史文化財の朝鮮王朝儀軌等の引渡しを強要する
行為が世界中に日本人を貶める誤った情報を発信してい
る。 朝鮮併合無効と是認するこのような協定の国会承
認を求める現政権の反日売国行為が日本国民を騙す詐
欺行為である。 又、韓国が要求もしていない歴史文化
財の引渡しは御皇室の権威を貶める事を目的とした騙し
の手口である、韓国では御皇室が盗品を返却して来ると
言っている。 朝鮮併合が無効で無いばかりか、日本国
が朝鮮国に対し文化財を引き渡す法的義務は何ら負って
いないという大前提に鑑み参議院で過半数の議席を占め
る野党はこの協定を承認しないで引渡しを阻止する事を
要請します。
協定の国会承認反対を要請する理由:
外交部会は16日会議を開き、この問題について議論し
ました。
【外交部会の模様】(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=2XoBrHDXJL0&nofeather=True
【「略奪図書の引き渡しは日本が誤ちを認めるという意
味」】
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=134715&servcode=A00
166 - 参 - 外交防衛委員会 - 13号 成19年05月24日
【返還の必要がない理由】
http://www.aixin.jp/axbbs/image/csoc.gif
要請は【国政に対する要請書】をカッチとね
http://www.aixin.jp/ysk.cgi

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2010/11/29 22:04 | 愛信 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する