2010/12/21 (Tue) 沖縄・アジア太平洋の危機
okinawa protest kan 12.18.10

前原外相は21日昼、沖縄県を訪れ、那覇市内のホテルで仲井真弘多知事と会談した。外相は冒頭、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題について、「民主党は普天間の代替地を『県外・国外』と言って政権の座についたが、ほかの手段が見あたらず、(同県名護市)辺野古に戻ってきた。心からおわび申し上げたい」と述べた。その上で、市街地にある同飛行場の危険性を除去するため、5月の日米合意に基づいて同飛行場を名護市辺野古へ移設することへの理解を重ねて求めた。

これに対して、知事は「沖縄以外を探してもらった方が早いのではないか」と語り、県外移設を主張した。沖縄には、菅首相が今月17、18の両日に訪問したが、知事との溝は埋まらなかった。(読売記事)



アジア太平洋諸国~周辺海域~ハワイ諸島~アラスカ~米国西海岸~豪州の安全と平和の鍵を沖縄が持っている。甥のデービッド(前米陸軍対ソ情報将校でロシア語ができる)がさっき、こんなメールを送ってきた。

monkey ride

日米海軍合同演習の写真とモンキーをメールした(笑い)。その返事。

Uncle Nobu,

I hope you, Christine, and Yasuko have a good time in Florida. It's hard to imagine Christmas in place where the toy Santas and reindeer ride on bright green lawns next to palm trees! Please give our love to both Christine and Yasuko this holiday season.

I read about the joint exercises. I think Japan and the US will remain close allies for many years to come. There is too much at stake for the security of Asia to not remain allied. I think the first true test of allies will indirectly be with China over N. Korea. I think the tension is building too high for their not to be a tragic mistake that starts a war.

I loved the picture and am surprised that our military forces have begun using monkeys riding on hogs for recon. :)

Merry Christmas!

-- David


(伊勢爺の嘆き)仲井真さんには、アメリカ人の良心の声は聞こえないのだろうか?菅や前原の説得には応じない?それとも、普天間県外移設が本当に可能だと本心から思っているのだろうか?在沖米軍の重要な支援部隊である米海兵隊に出て行け?それとも、政治家の腹芸か?よく分からんな。ただ、広大なアジア太平洋の周辺諸国の平和を祈るとき無性に胎が立つ。その平和には沖縄県民も入るわけだよ。仲井真さんは、その県の知事ではないの?疑問だらけだ。伊勢平次郎 マイアミ・フロリダにて、





comment

Mephist先生

>>麻生が面積等分案を出したときのロシアの色めき立った論調です。

ロシア経済は日本の55倍の大地に埋もれる天然資源が頼り。だが、この資源がなかなかカネにならない(笑い。さらに、厄介なのは、資源は結構世界中にもあるんよね。ロシアは、北方四島と天然資源のパッケージ・VS・日本の技術とカネぐらいの考えだと思う。浅薄な考えと言って良いでしょう。ミストラル配備も「脅し」に過ぎない。なぜなら、日米合同海軍や日米合同ミサイル部隊が、核弾頭付きのハプーンやICBMを数機配備すると、ロシア軍は骨抜き状態になるから。

そうです。「戦争で得た」“Acquired by War”なる正当論がある。だから、大東亜戦争はアメリカの大間違いなのです。アメリカには「戦争省」というのがあった。今では、原始的な考えですね。その戦争省は、日本を焦土にして、日本軍を壊滅させた。だが「ツケ」が今になって回ってきた。戦後も武装解除するべきでなかったんですね。これを、デービッドに言ったら、黙っていた。いつもならば、言い返す男だが。今、真夜中のミサから帰った。キー・ラーゴのカトリック寺院。明日夜、ルイジアナへ帰る。伊勢
2010/12/25 15:57 | 伊勢 [ 編集 ]

護殿
貴殿の言を世界的に通用する日本語に修正しておきます。
「俺以外は皆殺しにしていいから、戦わないよ」

多史済々殿
はやぶさ級で長期外洋航海は不能な程の大きさですので、対潜水艦任務を含めようと思うとハコがどんどん大きくなります。
結局いろいろやらせるとある程度の大きさの船にならざるをえないのは、ソマリア沖への派遣艦艇の選定に至る経緯を思い出していただければ判ると思います。
まぁ、そうは言っても領海内で石垣島から150キロですから、はやぶさ級を3隻ほど石垣島に派遣して、ローテーションで監視する手はあるでしょう。

伊勢殿
予想通りメドベージェフが北方領土について、強硬的な姿勢を明確にしてきました。当たり前ですが。
守りが弱ければつけ込まれる典型でもあります。
また彼らの言である「戦争の結果を受け入れよ」というのはある意味正論であり、現状と齟齬のない主張でもあります。
その意味でも、彼らも第二次大戦は終わっていないと主張できるものでもあるでしょう。
思い出して欲しいのは、麻生が面積等分案を出したときのロシアの色めき立った論調です。細かくは以前書いたのでもう書きませんが、政治・軍事・経済まで全部丸めて飲み込むことが出来なければ交渉にはなりません。
2010/12/25 12:52 | Mephist [ 編集 ]

多史済々先生

第二次大戦はまだ終わっていないと思う。領土問題が解消しないうちはね。ロシア、チャイナ、韓国が日本の島や岩礁を占領している。アメリカは沖縄を返した。日本に最も大きな損害を齎したそのアメリカが現在日本の同盟国という消化不良もある。日本人の全部ではないけども、誇り高い日本人ならば、第二次大戦はまだ終わってはいない。ではどう終わらせるのか?「もう終わったこと」とする人がおるので議論は平行線になる。その納得しない日本人の感情を出版しても変わらないだろう。

だ・か・ら、「勝つ」というのは重大なんだ。“何に勝つ?”と自問自答するといいでしょう。ぼくは、答えを持っているが、段階的に話しましょう。伊勢
2010/12/25 11:58 | 伊勢 [ 編集 ]

 しかし、本当に鳩山前総理は愚かなことを言ったものですね。艦長のおっしゃるとおり低脳かつ狂っていたのです。
 彼はさっさと引っ込めば良いものを引き続き次回の衆院選にも出るとか。己の責任を何と捉らえているのか理解に苦しみます。
 まったく恥というものを知らない人間をわれわれは選んではいけません。
 やはり、国民であるわれわれがしっかりしましょう。

 ところで、南西海域ですが、ミサイル艦はやぶさ級に潜水艦探知能力を持たせ対潜魚雷を装備させれば支那に対して経済的かつ効果的な備えになりませんでしょうか。一艇約90億円だそうです。建造費比較でもイージス艦の約13分の1です。運用費比はもっと下がるのではないでしょうか。

http://gunnzihyouronn.web.fc2.com/kaizi/pg/hayabusa/hayabusa.htm
2010/12/24 22:57 | 多史済々 [ 編集 ]

灰色の天秤先生

>>私は寧ろ何か起こらないと日本は改善されないと思ってますよ。

伊勢もそう思っている。ノーベル化学賞、はやぶさ、ホンダジェット、、日本人はアタマは悪くない。だが、国を守る意思がない??だから、キンドル連載出版でアメリカ人が日本に愛想が尽きないように、彼らの善意をつなぎとめて置きたい。チャイナは嫌われたね。中国の国民も共産党独裁体制は良くないと思い始めているね。問題は日本の媚中政治屋だ。自民にも、福田康夫がおるわね。伊勢
2010/12/24 20:12 | 伊勢 [ 編集 ]

戦争にしたい訳ないでしょう。でもただの愚民、無抵抗、平和ボケでは滅びにしか向かわない。今の日本を一から調べておかしいと思わないなら相当の平和脳ですね。
私は寧ろ何か起こらないと日本は改善されないと思ってますよ。暴動でもミサイルでも危機を自覚しない限り政治家、官僚、国民、その全てがかわらない。だから一度痛い目にあったほうがいい。日本が生まれ変わるにはそれしかない気がする。
2010/12/24 19:24 | 灰色の天秤 [ 編集 ]

“日本人には自国を守る意思がない”と米陸軍退役将校からよく言われる。理由を訊くと、“偽の平和憲法を盾にして、責任を放棄している”と答える。その通りだと思うので、「九条を護る会」などの偽平和主義者にハラが立つ。こいつらは、“また日本を戦場にしたいのですか?”とバカのひとつ覚えを繰り返す。自分が低脳だという自覚がない。メリー・クリスマスと言えるのも、国防あっての平和なんだ。伊勢
2010/12/24 19:22 | 伊勢 [ 編集 ]

あなたは また日本を戦場にしたいのですか?
2010/12/24 12:14 | 護 [ 編集 ]

なつさん

慰安婦決議はアメリカ国民の総意ではありません。99,99%のアメリカ人がそんな決議があったことを知らない。エゴが強い米国議会下院のベイエリア・リベラル民主党議員(ホンダ、ラントス、ペロシ)が日本に石を投げた。下院は636議員。日本の敵は10人以下のチンピラ議員。ベイエリア超進歩派という。だ・か・ら、3億人のアメリカ国民を敵に回す理由にはならない。

アメリカ抜きの日本は弱い国です。「敵を味方にする」ぐらいの忍耐強さがないと、また、辛酸を舐めることになる。北カリホルニアの、サヨク・リベラル議員3人の反日運動=アメリカ50州3億人の総意ではない。大人になりましょう。伊勢
2010/12/23 01:01 | 伊勢 [ 編集 ]

>アメリカの善意と友情を失い~代わりに敵意を買う。アメリカ人は善意のある人々です。チャイニーズのように、一旦疑われると、沖縄にとって、日本にとって大きな損失でしょう。


戦前から今日まで一貫して日米の間を引き裂くべく工作しているのはコミュニストだと思います。今又、日米は彼らに翻弄され、亀裂が生じていると思います。一般の(純)日本人は同盟を支持しています。しかし善意が裏切られ、傷ついたのは日本人も同じです。戦時中、朝鮮人が軍人相手に売春して稼いでいた事実を従軍慰安婦として捏造しアメリカの議会で一方的に日本を非難したことです。これでかなり日本で嫌米感情が起こりました。つまりあの時、米政権は日本人の真の友人ではないのだと思い知らされたのです。何故、易々と親米自立派の安倍さんを窮地に立たせたのか未だに理解できません。アメリカにもいろんな勢力がありシナの影響が強いのだとは思いますが、少なからず禍根を残していると思います。これ以上、ボタンの掛け違いを放置しておいてはいけないと思います。互いに敵に付け入らせないように同盟関係を再構築しないといけないと思いますが、その前に民主党政権を潰す事が喫緊の課題だと思います。
2010/12/22 21:12 | なつ [ 編集 ]

Mephist先生

“辺野古は高く売れる~普天間返還地開発は仲井真さんの功績として沖縄史に残る”と考えておれば、そうなりますね。“日本の、米国の、国益や広大なアジア太平洋の安全保障がそれほど重要ならば、沖縄に代価を払え”とね。県知事が県の利益を優先することは理解できる。だが、「国家を強請るブラックメール」と受け取られる危険があるね。

嘉手納のハッチソン少佐(広報)は“自分たちは、日本を守ることが最優先でここにいる”と言った。僕が一番気になったのは、少佐が、“基地の米人家族や子供らが、那覇県庁にボランテイアを伝えると、必ず、断られる。米兵の家族の心は傷ついている”と言ったときです。反米感情もそこまでくれば、米国民の善意が失われる。“那覇市内に沖縄戦写真館がある。沖縄戦は現代のアメリカ人には関係ないです”とも言った。すると、敵意のある沖縄県民~基地を取引にする沖縄県知事を米軍が守る?という複雑な気持ちになる。09年9月、羽田に降り立ったゲイツの表情にその怒りは明らかです。

つまり、アメリカの善意と友情を失い~代わりに敵意を買う。アメリカ人は善意のある人々です。チャイニーズのように、一旦疑われると、沖縄にとって、日本にとって大きな損失でしょう。今朝はここまで、、伊勢
2010/12/22 20:10 | 伊勢 [ 編集 ]

稲田朋美議員の国会での堂々たる発言に感銘を受けました。彼女を応援する麻生サン、金美齢サン、安倍サン、石破サン他、希望が湧いて来ました。もちろん左思考のマスコミは取り上げないでしょうが。彼女がサッチャー元首相のように、日本の女性初の総理になってほしいと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=0fpTaDjF0zo&feature=player_embedded
2010/12/22 14:13 | [ 編集 ]

日本企業の中国人学生争奪戦~中国人留学生はスパイ・・・かもよ。

ご覧の通り、日本政府は、外国人留学生に返還不要の
奨学金を与えています。長野の聖火リレーに集結した
中国人留学生の多くもその恩恵を受けていたのかと思
うとやりきれません­。

詳細は
【荒んでいく世界】企業の中国人学生争奪戦~中国人
留学生はスパイ・・・かもよ。をカッチとね
http://nippon-end.jugem.jp/?eid=1098
小沢一郎の媚中政策であり支那共産党幹部
子女優遇、その見返りが国際投資案件の利権。
日本がODAで支那へ資金をくれる、そのかね
で日本へ仕事を発注、これに入札出来るのは
支那留学生を採用している大企業で落札の
権限を握っているのが小沢一郎。
即ち日本税金ODA資金を使った西松建設事
件の国際版(対支那)である。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
2010/12/22 14:04 | 愛信 [ 編集 ]

伊勢殿
あまりいいたくないのですが、仲井真知事は辺野古を受け入れるでしょう。
その為に知事になった・してもらったのですから。
これは願望が多分に入った分析というより憶測ですが。

ただし、交渉にはカードが必要で、しかも両者の政治的立場を破壊的にしないことが必要です。
しかし、現在では民主党政権の存在の軽さは交渉に値する相手とは思えていないと考えます。
もし自分が知事だったら、精々高く辺野古を売りますから、具体的な沖縄支援策の確約が取れるまで、交渉のテーブルに付くことはないでしょう。

それに抑止力や安全保障は彼の範疇ではありません。
彼の所掌範囲は市街地のど真ん中にある基地を、違う場所へ移転し、跡地を再開発する公共工事です。
2010/12/21 23:24 | Mephist [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する