2011/01/09 (Sun) 武器禁輸見直し・国策であるべき(その3)
sm-3 misile

アメリカは、日米共同開発の「SM3ブロック2」を西側諸国(ポーランドとルーマニア)に売りたい。菅政権の武器禁輸見直し論は正しい。共同開発の始めからアメリカの意向だったとしても、鳩山由紀夫が壊した日米関係を直すには、これほど良い案はない。

さらに、これを以って、1)核三原則廃止~2)交戦権明記~3)憲法書き直しと進めるべし!そこまでやれば、普天間米海兵隊を県外に移すことも可能だろう。

sm3leap  KW

SM3ブロックの現在型。KWは弾頭で飛来する敵(シナ、ロシア、北朝鮮)のミサイルを300キロ先で捕捉できるという。SM3ブロック2の公開情報も写真はない。日本の技術をどこに使ったんだろうか?どこの会社が受注してきたのか興味が尽きないな。

なぜなら、「日米共同開発の軍需産業」ほど意味のある国家事業はないからだ。さらに、産・学・軍の組み合わせで雇用を増やすことができるなら。

いずれ、日本は自力で国防に進まなければならない。としたら、この武器禁輸見直しほど価値のある第一歩はない。



軍事マニアではないので、ここまでにするわね。ググると分かるよ。伊勢平次郎 ルイジアナ





comment

fts先生

わが母校は東京小山台高校。1年生だったとき、国語の教師が、挨拶するや、いきなり「共産党宣言」という赤表紙の豆本を配った。朝鮮半島から復員した長兄から共産党の実態を聞かされていたので、豆本を受け取らなかった。

この青い教師は東大出だったよ。菅直人は、ぼくの後輩だから、同じ教師に習ったと思われる。アカのアタマの中ね、わからんな。判るのは、未成熟な人間だということだけさ。口先だけで、性格は陰湿、卑怯だと思う。だから、未熟な愚民やら沖縄のサヨク土民に浸透していく。伊勢
2011/01/13 13:11 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢 様

武器禁輸見直し賛成です。
非戦平和を実現する手段としてこれほど現実的な手段は無いように思います。
にもかかわらず、九条教徒とお花畑頭共は死の商人と忌み嫌う。
武器輸出以外で国内が回るようにしっかりすれば、米国が失敗したイランイラク戦争の二の舞にはならない。
武器輸出といっても基幹部品を輸出出来るようにし、
それをもって政治的優位の確立を目的とする。
こんな単純なことを理解出来ない頭は何なのでしょうね?
アカは理性と知性を蝕む毒なのですかね。
2011/01/13 12:37 | fts [ 編集 ]

「江戸から東京へ」テキスト(教科書)案について
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/shidou/nihonshi.htm
東京都教育委員会は、日本人としての自覚を高める
ため、高校生に日本史を継続して学ばせることが重
要である、という基本的な考え方に基づいて、都立
高等学校における日本史の必修化を決定し、東京
都独自の日本史科目「江戸から東京へ」を開発する
こととしました。

関連情報
【悪質な日教組、過激な大阪】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/csjgsk.cgi
反日売国テレビ局・マスコミに捏造された歴史、日本
人に刷り込まれた自虐史観を払拭する為に沢山の
愛国識者のご意見投稿をお願いします。

詳細は
【教育の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj12.cgi
2011/01/10 17:23 | 愛信 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する