2011/01/10 (Mon) 「真昼の決闘」・闘う意思のない市民
high noon poster 1952

「真昼の決闘」(High Noon)は、1952年製作のアメリカ映画。フレッド・ジンネマン監督による西部劇映画である。保安官が自分一人で殺し屋ギャングと立ち向かわざるを得ないという内容のジョン・W・カニンガムの原作「The Tin Star (1947) 」に基づく映画。

この映画の最大の特徴は、通常の西部劇では悪漢に立ち向かう保安官は、無敵のヒーローであるというイメージに反して、暴力を恐れる普通の人間として描かれている事にある。アカデミー賞にて主演男優賞、アカデミー歌曲賞などを受賞した。作品賞の最有力株と言われながらも、受賞には至らず、『地上最大のショウ』に敗退した。「赤狩り」の真っ只中、リベラル派として有名だったフレッド・ジンネマン監督とカール・フォアマン脚本による作品に票を投じるのをアカデミー会員がためらったためと言われている。当時のマスコミは『地上最大のショウ』の受賞に関して「受賞理由=不明」と皮肉った。作品の内容自体、体制による思想弾圧を黙認するアメリカ人を批判したものと読み取ることも可能であるが、ジンネマンは「政治的な意味はない」と否定している。 またAFIアメリカ映画ベスト100の33位にランクされている。(ウイキぺデイアに加筆した・伊勢)





ストーリー

ウィル・ケイン(ゲーリー・クーパー)は、ハドリーヴィルという町の保安官だ。彼は結婚したばかり、その日を最後に退職する予定であった。ところが、以前、彼が逮捕した悪漢フランクが釈放され、正午の列車で、ハドリーヴィルに到着するという知らせが舞い込む。フランクは、彼の仲間と共に、ウィルに復讐するつもりであった。

ウィルは、新妻のエミイ(グレース・ケリー)と共に逃げようとする。だが思い直して、町へ引き返す。父と兄を殺された経験を持つクエーカー教徒のエミイは、“正義よりも命の方が大事だ”と説得するが、夫の意思は固かった。ウィルは仲間を集めに奔走する。だが、誰も耳を貸さなかった。肝心の判事は、早々に町から逃げ出した。保安官補佐のハーヴェイ(ロイド・ブリッジ)は腕はいいが精神的に未熟な若者。ウィルの後任に自分が選ばれなかった恨みと、かつてはウィルやフランクの恋人だった婚約者のヘレンとの因縁もあって協力を断る。酒場の飲んだくれ達はウィルよりもフランク一味を応援している始末。教会では意見が分かれて議論になるが、結局、“ウィルが町を去るのが一番良い”という結論が出る。保安官助手たちは居留守や怪我を理由に辞退する。結局一人も集まらないまま、フランクの乗った汽車が荒野の駅に到着した。4人の悪党相手にウィルの孤独な戦いが始まった。

酒場の女将ヘレンはハーヴェイにも町にも愛想を尽かし、エミイを連れて汽車に乗った。だが、銃声が鳴り響くと、エミイは飛び出していった。ウィルは建物に隠れながら応戦し、2人を倒したが、肩を撃たれてしまう。そこへエミイが来て1人を撃ち倒す。だが、フランクに捕まってしまう。フランクは、彼女を人質にとってウィルを誘い出す。だが、エミイが抵抗してひるんだ隙にウィルに撃たれる。住民が集まるなか、ウィルは、保安官バッジを投げ捨てた。そして、エミイと共に去っていった。

(解説) 昨夜、この名画をベッドで観た。アイゼンハワー、クリントン、小泉さんが大好きだったという西部劇だ。アメリカの大統領が、日本の首相が好んだ理由がよく分った。

HIGH NOON PIC

新妻は非戦平和を好んだ~町の住民には戦う意思がなかった~退職間際の保安官はひとりで闘うしかなかった、、

(エミイ)“ガンファイトには、正義なんかないのよ~悪人が勝つことがある~父も、兄も目の前で殺されたわ~ガンファイトよりも他にいい方法があるはず”

(ウイル)“この町の人たちは、苦労して建てた町を捨てようとしている~悪漢たちが町を乗っ取ろうとやってくる~闘う意思のない市民をどうして守る?”

何かさ、おてんてんの鳩山夫婦~容疑者・小沢~沖縄のサヨク土民~お花畑の「九条を守る会」が、この西部の町の住民と重なって見えたよ(笑い)。伊勢平次郎 ルイジアナ


comment

普通の日本人先生

有難うね。もう落ち着きを取り戻しました。今朝4時、お通夜の弔電を書いている。Y新聞のぼくの友人も、お通夜には出られると。

>>正に愚者の問答となり、、

いやいや、こちらも恥ずかしいばかり。他人を“愚民だ~土民だ”なんて言う資格はないわね(笑い)。貴兄の作文力と焦点には鋭いものを感じています。これからも、よろしく、ご指導のほどをお願いします。伊勢
2011/01/13 19:00 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様

心から御信頼なされる方が他界なされた事お悔やみ申し上げます。
またそのような事露知らずとも辛辣な意見にて御心を害させた事お詫び申し上げます。
匿名性があるコミュニケーションの場ではきっと各々の方々の背景をも想像し、
思いやることが重要と思いつつこのよう無粋な自身に腹が立つ。
正に愚者の問答となり深くお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。

敬具
2011/01/13 13:22 | 普通の日本人 [ 編集 ]

普通の日本人さま

昨日、心から信じて、愛があった女(ひと)が旅立ったので情緒が不安定。

「疑心」につき、その通りです。たとえば、「渋谷のハチ公の前で、スピーカーで怒鳴れば、公衆が納得する」と考える人とは、交わらないと思う。70に向かう、伊勢爺がナイーブなのかも知れない。

「真実味のある人」を考えてみよう。最近の日本史では、西郷隆盛さんしか浮かばないな。西郷さんが、“一緒に死のう”と言ったら、薩摩侍は黙って頷いたのです。伊勢
2011/01/13 04:48 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様 Mephist様

削除してよいのではないですか。
同サイトは『意見を積極的に述べる』ことに重きがあると思われ右翼であろうが左翼であろうが日本国を愛する、時にもめ合う場となっても、更に成長する為に意見を持ち寄り、認識する為の場であると思われる。ただ左翼的行動、言動、思想を、『一方的な事実のようにこのような表現がある』とサイト貼り付けしている人に価値があるとは思われません。
残酷な言い方をしますが、時に汚く純真な一般市井を巻き込む、厳しい姿勢で臨むべきこそ価値がある、討論意見を持ち寄る場には、意見を直球で述べない者は、極めて卑怯な態度のうつけ者と存じます。
無論、小生が同サイトを運営すべくもなく、一、意見者として、愚者の勉強の場として参加させて頂いた以上、決定権は全くありませんが、ここまで、時に、同氏、愛信殿の心からの意見を聞きたいと考える。
それなく、無秩序に現日本国を批判する、反対勢力行動情報を貼り付ける卑怯な行為だけならば、誰の為にもならないと思う。
愛国者がこのような馬鹿げた、てきとうな情報を知らないとでも思っているのか?
愛国者さえコケにしている。
大変恐縮です。
伊勢様も現左傾向にある日本国民を愚弄するかのような意見を述べられる時がありますね?
それでも許容し、もっともだと意見を求めるのも、威風堂々、正々堂々と意見を述べられるからであり、それがアメリカからでも、時に偏ったと思われる意見でも、我国の為になると信じるから、この意見はまっとうだと私は信じるのです。
第一、『削除すべくですか?』と御質問されるのは、疑心があるからではないのですか?

気持ちを害させれば大変すいません。

敬具
2011/01/13 03:52 | 普通の日本人 [ 編集 ]

愛信さま

それでは、同志という意味で歓迎します。確かに、日本の新聞社~TVマスコミ~NHKらは、おかしいですね。ぼくらも、評論家ではないので、その原因などどうでもいいです。民主党は、パラサイトですね。仙谷~輿石~管らの顔を見ただけでも、プライドが感じられないね。左翼というのか、そういった確かな思想すら持っていないんじゃないの??伊勢
2011/01/13 01:27 | 伊勢 [ 編集 ]

日韓同意 加強軍事合作
米国はアジア諸国との関係を強化していくには、米国は
アジアの同盟国、日本と韓国とも第二次世界大戦中の
古い憎悪を捨てて軍事協力を強化して共同で地域の
平和を促進する。

日韓同意 加強軍事合作
http://ap.ntdtv.com/b5/20110111/video/47685.html
(動画)
全文和訳
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
ps:
動画で見てください、日本の国旗にX印が付けられています
これを報道しない反日テレビ局に抗議しましょう。 
民主党政権の今日の日本が情けない限りです。

ps2:
>福寿草様、伊勢様
愛信のコメントの件
多くの人は全てを見渡しているのではありません。
ほんの一部分を見たり、聞いたりしています。
テレビをチャンネルの数だけ揃えて番組を全て監視している個人は居ません。
愛信の場合は
【愛信情報市場逆アクセス・ランキング】
http://aixin.jp/garnk.cgi
より収集した記事を逆アクセスランキング上位の
ブログへ(まとめた記事本文の一部を)配信しています。
これだけ多くの所へコピペしても、一部の人の目にしか
とまっていないのです。
従いまして、幣コメントのアクセスが無ければ
貴ブログのランキングが下がり、貴ブログへ情報
も配信されなくなります。
反日左翼の破壊活動で消えていくブログも少なくありません。
情報戦争です、無報酬の情報宣伝活動と考えていただければ幸いです。
2011/01/13 00:37 | 愛信 [ 編集 ]

伊勢おじ様、こんばんは。
あの・・・。愛信様は、PSってあんまりコメントを書かないんです。他でもあんまり読んだ事がないです。
伊勢おじ様が、関心持たれた時に、コメント付きでした。
愛信様は、信頼出来る良いブログにだけ、
参加されてるのではないのではないのかなぁと思っています。
後は、福寿草様の言う通りだと思います。
あと、モスのクラムチャウダ-はとっても美味しいです。

大切な方を亡くすなんて、人事の様に思えないのです。ご冥福をお祈り致します。
2011/01/13 00:33 | りょうこ [ 編集 ]

Mephist先生

今朝のNY相場は、高騰する気配。日本政府が“ユーロ外貨余剰で、さらにユーロ・ボンドを買い足す”と声明したことが、“欧州で感謝され元気が出た~日本はこれで、国際社会に名を上げた”とWSJ記事です。やはり大蔵か、日銀の官僚は頭脳明晰?そうでしょ?伊勢
2011/01/12 23:06 | 伊勢 [ 編集 ]

Mephist先生

それでは、「削除なし」に決定します。数々の法事で、4月10日に東京へ行きますので、再開、再・飲み食いを計画しています。よろしくね。伊勢
2011/01/12 22:52 | 伊勢 [ 編集 ]

福寿草先生

有難うね。今、K君と話した。わが後輩(西武百貨店人事部)は、房総半島に、モスバーガー店を20店も持つ社長になっている。彼の成功は、I子さん抜きでは不可能だった。彼は、新潟の人で、高校時代にレスリングで活躍し、ご先輩格の宗村ムネヲさんは、メキシコほかのオリンピックで金メダルを取った。1967年夏、ぼくが、ハワイへ発つ夜に、K君と宗村さんが羽田で送ってくれた。空港ロビーでは、オリンピック選手に気がついた人たちに囲まれてしまった。みんな体格が良かったからね(笑い)。

愛信さんの件は、もう少し考えみますね。伊勢
2011/01/12 22:47 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢殿
愛信殿削除の件ですが、現時点では不要とさせてください。
というのも、原則論として例え極左の書き込みであっても、削除は無意味な宣伝などに限りたいと考えます。
彼にとって最小限度の書き込みにしている努力を認めますし、1コメント程度をスパム扱いするのも大人気ないかと。
もちろん、今回の件で十分な警告にはなるでしょうから。

しかし、伊勢殿のブログであることを鑑みるや伊勢殿の判断を尊重します。


しかし、真昼の決闘と日米同盟はとてもよく似ていますね。もっとも、世の中はこんなにうまく落ち着かないものですが。
2011/01/12 22:35 | Mephist [ 編集 ]

伊勢様こんにちは!

ご同僚の奥様のこと、辛いお気持ちお察しいたします。
とても良い方で、伊勢様の大切な方でいらしたのですね。
ご冥福をお祈りいたしたいと思います。
きっと、伊勢様が一生懸命原稿を書かれているのを応援して下さっていると思います。



コメントに書かれている愛信様のコピペの件、伊勢様がご迷惑に感じていらっしゃるなら削除してもかまわないのではないかと私は思います。


愛信様のコメントは従前よりいくつものブログで見かけていました。ほかにも同様のコピペ投稿をいろんな保守系ブログにされている方もいらっしゃいます。このような方々は伊勢様ご推察の通り、国を想うあまり…と私も感じています。まれに、知らなかった事に気づかせていただくことも有りますので主観ではさして悪い感情は持っていないです。
しかし反面、同じような考えを持つ場所(ブログやサイト)に同じコピペをはるのはあまり効果がないような気がしていました。なぜならば(自分の場合)いつも拝見しているブログなどは忙しい時でもなるべく伺う習慣になっていて、同様の方は少なくないと思うからです。
意を同じくする人々はどちらにしろある程度能動的に【何か良からぬことが起こってはいまいか?】と気を付けていると思うので、積極的にいろんな情報をチェックしていると思います。従って愛信さま達が発する情報は既知のものである場合も多いからです。

自分の場合、これらの方のコピペを何度も目にするうちに慣れてしまって無意識に読み飛ばすようになっていました。

グレースケリーさん、美しい方ですね。
この映画、まだ見たことがありません。見てみたくなりました。


2011/01/12 19:49 | 福寿草 [ 編集 ]

みなさん

今、朝の1時。9時に就寝したので、4時間ぐっすり眠れた。何か胸が騒ぐので目が覚めた。メールを見ると、悲報が入ってきた。

40年間も親しくしていたK君(同僚で今、社長)の妻I子さんが、昨日の朝に突然亡くなられたと。原因は、くも膜下出血だったと。58歳でした。“佳人薄命”と思った。I子さんは、「関東の空っ風女」といった女性だった。気立てが良く~気丈夫で。茨城のご自宅に泊まりにいくと、ご飯を作ってくれ~お風呂を沸かしてくれ~洗濯をしてくれ~布団を敷いてくれた。ぼくの話しに、よく笑った。それに、伊勢爺は、彼女の三番目の娘「かおる」の名付け親なんだ。だから、かおるはわが娘のように思うし、I子さんとも兄妹のような近しい関係だった。

みなさんには、無関係なお話しだが、明日、お通夜だと聞いて、いたたまれない気持ちだ。それでも、今日も、伊勢爺は原稿を書く。I子さんの冥福を祈って書く。ごめんね。伊勢
2011/01/12 16:34 | 伊勢 [ 編集 ]

同志のみなさん

この愛信というお方ですが、国を想う余りなのか、右翼的宣伝を貼ってくる。実に迷惑に思っている。隼ソサエテイは、ごく普通の、良識のある人々が話し合う集まりだから。どうしますか?削除して良いですか?伊勢
2011/01/12 15:22 | 伊勢 [ 編集 ]

1.12「民主党(菅)内閣」打倒!民主党言論封殺抗議!。
中国に尖閣を売るな!。「民主党両院議員総会・首相官
邸」包囲緊急国民行動中継を見ています。
http://www.ch-sakura.jp/1428.html

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2011/01/12 13:40 | 愛信 [ 編集 ]

>今年前半に必ず政権交代があると思います。
>周辺諸国が日本の資源を狙って領海、領土を侵略しているので時間との勝負だと思います。

国家の防衛政策の基本は、自国の安全を脅かす脅威に対し、その脅威が現実化する事がない様に抑止力を持つこと。現実化した場合には、それに対処出来る能力を持つことです。
外国と戦える指導者を選んでください。

伊勢さんの仰る 「君たち、若者の出番です。頑張りなさい。必ず、日本を取り戻せるよ。」その通りです。
2011/01/12 09:55 | Missileer [ 編集 ]

中斷四年後訪中 蓋茨強調溝通重要

米ロバートゲイツ国防長官は9日夜中国北京に到着し
た。  4年間中断していた高レベルの軍事訪問で
ゲーツ氏は米中の軍事的相互作用は政治的な影響
を受けてはならない、南北朝鮮の協定を成立させて、
朝鮮半島の緊迫した情勢を緩和する事にあるとした
が、しかし、中国国防大臣の梁光烈は台湾への武器
売却への反対を表明して双方の主張は食い違って
いる。

中斷四年後訪中 蓋茨強調溝通重要
http://ap.ntdtv.com/b5/20110109/video/47439.html

全文和訳
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2011/01/11 22:43 | 愛信 [ 編集 ]

鳩山前首相、民団新年会で「参政権、大きな道を開く年に」外国人参政権付与目指す
2011.1.11 13:03
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/110111/plc1101111305007-n1.htm

2011/01/11 16:30 | [ 編集 ]

http://www.youtube.com/watch?v=9a8jGVXOMsw

前麻薬取締り特捜のボブさんが送ってきた。彼は、TSAという空港チェック官を“レンタ警官”と皮肉っている。無駄だと言うのだ。なぜなら、連邦捜査官たちは、NIC(連邦管理の身分証明書)の法案を通したいから。すれば、チェックは不要になると。だが、ALCU(アメリカ公民権団体・弁護士の集団)は違憲だと反対している。伊勢爺
2011/01/11 14:30 | 伊勢 [ 編集 ]

黒ユリさん

>>平松茂雄氏は、中国が西太平洋に潜水艦を使って機雷を敷設し米国の空母が航行できないようにし、大陸間弾道ミサイルで米国の主要都市を核攻撃すると威嚇しまた東京に核攻撃すると威嚇して、さらに台湾には誰も支援に来ないからと軍事力で威嚇しながら「平和統一」のテーブルにつかせる、と平成18年に書いています。

ここで、議論をする気はないが、平松さんの主観ですね。アメリカでは、Fear Monger(人を脅して回る)と言われてしまうよ(笑い)。

“米中が軍事衝突すると、中国が勝つ”という人がいる。どう思うのも、ご自由だが、伊勢爺は、“中国人民開放軍(共産軍)は壊滅する”と信じて疑わない。国家というのは、軍事だけではないからね。米中戦争は起きないと信じている。チャイニーズはね、経済最優先~福禄寿(物的に豊か、子沢山、長生き)が思想~宗教心は全くない~だから、人間なら持つ基本的モラルがない(笑い)。アメリカ人の真髄とは、「聖書と拳銃の国」です。つまり、キリストとの契約が真っ先にある。日本人もそれに近いでしょうね。今日、コンピューターの付属品を買いに行った店で、若い(18ぐらい)の店員が、“日本の侍はまだいるの?”だって。“おお、ここにおるよ”と、わが面を指差したら、大笑いになった。伊勢爺
2011/01/11 13:30 | 伊勢 [ 編集 ]

なつさん

そうです。安倍晋三・前首相が、もっとも次期内閣総理大臣に適している。修羅場を通ったし~健康も取り戻したようだ。完璧な人間などいない。過去を持ち出している余裕はない。安倍さんと決めたら、“「隼ソサエテイ」という保守は、憲法改正を望んでいる”と、どんどんメールや、ファクスを送るといい。君たち、若者の出番です。頑張りなさい。必ず、日本を取り戻せるよ。伊勢爺
2011/01/11 13:11 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様

今年前半に必ず政権交代があると思います。安倍さんを総理に望みますが、安倍さんの手で憲法改正を行なって欲しいので、総理になる場合は本格安定政権でなければなりません。国民が賢明な選択をするよう願っています。周辺諸国が日本の資源を狙って領海、領土を侵略しているので時間との勝負だと思います。仰るとおり国民が戦う意志を持たないと、このままだと宝の山を持ちながら自滅してしまいます。

日本を救う 青山千春博士 メタンハイドレートについて    http://www.youtube.com/watch?v=e1oJCT8B9xw&feature=player_embedded#!

【青山繁晴】メタンハイドレート実用化が迫る自主憲法制定[桜H22/5/14]  http://www.youtube.com/watch?v=pIc8LE75BZI&feature=player_embedded

2011/01/11 12:30 | なつ [ 編集 ]

大人しいタイプのゲーリー・クーパーはジェームズ・スチュアートと同じで「アメリカ人」のイメージを形作った男優ですね。伊勢さんがこの映画の事を書かれたのを見て、私は「ダーティハリー」シリーズを思い出しました。「普通の人間」ではないけど、ハリーはよく上司とぶつかっても滅茶苦茶やりながら事件を解決してしまう。
msn産経が 主張 中国の核 疑念を残す「先制不使用」という記事を書いています。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/110111/chn1101110308000-n1.htm
今更そんなこと言って…と思うのですが。

平松茂雄氏は、中国が西太平洋に潜水艦を使って機雷を敷設し米国の空母が航行できないようにし、大陸間弾道ミサイルで米国の主要都市を核攻撃すると威嚇しまた東京に核攻撃すると威嚇して、さらに台湾には誰も支援に来ないからと軍事力で威嚇しながら「平和統一」のテーブルにつかせる、と平成18年に書いています。
志方俊之氏は平成12年今から10年も前の「正論」誌で「中国の核ミサイルが狙う日本の二十五都市」という論文を書いています。
何年も前から一部の識者が警告しているのに最近やっとその言説が拡散してきたのでしょうか。
日本の子供は「攻撃性を抑圧」される教育をされています。抑圧されたものが内に向かって、様々な悲惨な事件が起こると思うのですがね。
その点アメリカ人はまだ「健全」なのでしょうか。
2011/01/11 08:21 | 黒ユリ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する