2011/01/18 (Tue) 非戦平和主義には、一理がある
MLKホップ


黒人の子供たちの遊び。マーチン・ルーサー・キング(MLK)のおかげで自由の身となったという意味がある。グーグルがこの絵を出した。アメリカは進歩している。チャイナはダメだな。



1月17日は、マーチン・ルーサー・キング牧師の功績を讃えるアメリカの国民祝祭日。“I have a dream"は、世界史上でも第三位に入る演説であった。一位は、リンカーンのゲテイスバーグ演説~二位は、ケネデイの就任演説、、

この演説は、「非戦平和」を訴えているものだ。宗教指導者ならば、非戦平和を願わないわけがない。そこには、一理も二理もある。宗教指導者は、子供を抱えた母親と同じだからだ。だが、人間の世界は善人ばかりではない。誰が、その母子を加害者から守る?

“アメリカの軍産複合体は世界の脅威だ”という米国民の意見がある。そこにも、一理があるのだ。伊勢爺もベトナム戦争には反対の立場だった。今も変わらない。尽きない課題だな。だから、日本人はしっかりしないといけない。伊勢平次郎 ルイジアナ





comment

聖書は「女奴隷とその子を追い出せ」と教え、多くの黒人奴隷の子孫の父系の祖先は白人です。朝鮮も従母法で奴婢の多くが両班の男系子孫。儒教よりもキリスト教との相性が良い下地も日中との教化差の理由でしょう。

聖書の言葉を克服して、父系血統により白人である肌の色が黒い白人と白人社会も認めるアメリカを団結させる強い大統領が出現するのを先延ばしにする為に担ぎあげられたのがオバマさんだったのかもしれません。

大統領就任演説で、仏教を無視しているのは、彼に善意や能力が欠けていたからではないのでは?

初回の訪日の際に、陛下に対して、長身の大統領が表して下さった配慮と敬意は一般的なアメリカ人の感覚ではないかと思います。

日本では、皇室に対する忠誠心が強い人達がキリスト教に入信する際、英国王を首長としてて君主制を重んじる教会だとアングリカンを選ぶ傾向があったりして外務や宮内は明治以来の聖公会の人脈があります。

今の日本聖公会の主教達は物凄い反皇室で日本人は反省謝罪しながら大韓聖公会信者の指導に従う事が重要だとしていますが。

聖公会に近い分派の生真面目なメソジストの監理教会や監督教会の宗教指導者達がどうして無血で支配した台湾や朝鮮で2・28事件や耽羅独立運動弾圧や保導連盟事件等の大虐殺をした蒋介石や李承晩をメソジストだと言うだけで今も称賛するのでしょうか。
メソジストの分派のホーリネスは、日本の万世一系を達成する迄三十万年足らず大艱難時代の大虐殺を待てないのでしょうか。仏教徒は弥勒降臨迄五十六億七千万年か五十七億六千万年待つと言っているのに。

サウジアラビアの国教はワッハーブ派。ワッハーブ派はワッハーブ派以外はイスラム教徒として認めず異教徒として、その生命は絶たれるべき、その妻と娘は犯されるべき、その財産は奪われるべきだとしています。
ワッハーブ派の教えを純粋に実践しようとサウジアラビアから飛び出しのがイスラム国とかです。

英国王を首長とする聖公会の純粋な信仰を持つ事により英国王の忠良な臣下で在る英臣民の福利のための王政が行われる慣習に基づく国体=constitution=憲法が近代憲法の起源ですが、聖公会が異教徒としたアイルランド等のカトリック教徒はイングランド国王の忠良な臣下であるイングランド臣民が福利を得る為に利用し処分する資源としてアイルランド国王としてのイングランド国王によりイングランド臣民に提供されていました。
2017/10/20 06:57 | [ 編集 ]

キング牧師は青年時代
合衆国陸軍に応集し
巣鴨刑務所における
A級戦犯7名の死刑執行をしたと
ある本には書かれています。
真偽のほどはともかく
晩年のキング神父は
『世界は一つの家である』という
我が国の戦争目的である『八紘一宇』の精神を
標榜しております。
2011/01/27 23:39 | 亜 [ 編集 ]

「ソーラー・フィーバーの終焉か?」英語ですが読んでくださいな。フランス政府の進歩派の誤算だと思う。太陽熱や風力発電は、コストの安い原子力には遠く及ばないものだ。さらに、まだまだ化石燃料(原油)や天然ガスの需要は騰がっていく。ついでに、エネルギーと食料生産とは密接な関係がある。世界は食料不足に向かっている。小麦~トウモロコシ~大豆の商品市場が加熱している。これを支えるのが、肥料なのだ。窒素~硫酸アンモニア製造大手(cf)なども、高騰している。伊勢爺さんは、悪い風邪引き、風邪薬飲み、二階で24時間も寝た。チクデンが心配そうな顔している(笑い)。明日は大丈夫だろう。伊勢

http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2011/01/20 13:09 | 伊勢 [ 編集 ]

TPPについて:

5/5【経済討論】TPPと世界経済の行方[桜H23/1/15]
http://www.youtube.com/watch?v=bqwvNJBlaQA

又、マスコミを使って郵政民営化の時の様に愚民をだまそうとしているようです。この討論を聞いて、TPP参加は日本にとってなんの利益も無いどころかマイナスでしかないのがよく分りました。
2011/01/19 22:23 | なつ [ 編集 ]

Mephist先生

"I would kill as many XXX as I could,,"と書いたあたりで、パージとなった(笑い)。抗議したのは、駐米チャイナ大使館だろうね。HN変えれば出来るよ(笑い)。

TPPの不整合性なんかさ、クリントンやら、ミッキー・カンター、カーラ・ヒルズなら熟知のはず。駐日ジョン・ルース米国大使でも熟知のはずだよ。飴が在日米軍で、鞭が貿易自由化?なんかへんだよな。リベラルちゅうのは、どうしようもないアタマしてるわな。NAFTAも、EUも上手く行ってないよ。こんなに批判されている米ドルの基軸通貨の担保とは、アメリカの軍事力ですね。

ところで、最初のStimulusを実行した、Kashukariが、“財政支出削減を大胆に実施しなければ、米国債は売れなくなる”とさっき警告出した。さあね?バブルのベンさんは印刷機の横に立っている。ガイトナーはチャイナを脅し続けている。だが、チャイナ・ロビーは元気旺盛で、Boeing、GeのCEOらと、胡はシカゴで会うのだと。

ブッシュのときと同じシナリオさ。ただ、チャイナも正念場に差し掛かったことは明らか。米連銀も、米財務省も堵殺場に向かって歩く羊の群れに見えるね。ところが、この羊は狼に豹変しかねない。

ベネゼラ~フランス~チャイナが、キューバにベネゼラから海底光ケーブルを敷くという速報が入っている。ここでも、オバマは無能ぶりを露呈している。伊勢
2011/01/19 21:23 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢殿
ネットワーク経由で人間に感染するウイルス作ったらラングレーで雇ってくれますかね?(笑)
今日は銀行の新春懇親会で、大田弘子の公演を聴いた。
元経済財政担当大臣ということでしたが、正直頭は良くないな、いや、これが頭の良いバカというヤツかと思いました。
今年の経済は全体的に回復基調というのは概ね同意しますが、地雷原を全力疾走して向こう側までたどり着く自信はあまりありません(笑)
TPPに関して、めざせNAFTA、EUというシンプルなスローガンはどういう聴講者層に向けているのか甚だ疑問です。
あまりに腹が立つので眠気も起きませんでした。
そもそもTPPでの得失を十分理解しているのかすら疑問ですね。
いまTPPの議論をしなければ成らない理由はただ一つで、ルール作りに参加できるか否かと言うことだけです。
TPPを軸にブロック経済圏を作りたいようですが、ブロック経済には安定した統治能力のある係争の少ない地域、すなわち軍事力もしくは政治的安定性が必要です。
つまり、安全保障の問題と切り離してTPPを語ることができません。
純粋に経済的な話だけに限っても、輸出関税がクリティカルに効いてくるのは30%を超えるところからでしょうが、それがどのくらいの市場規模のところにどれくらいあるか。日本の農産品は米をはじめとして700%など、つまり明確な意思表示として保護をしているわけです。
農業の生産性向上は当然の希望ですが、改正すべき法律が山のようにある中で、どれだけのロードマップを持っているのか聞いてみたいところです。
また、日本人の生産性は概ね米国の70%程度しかないのですから、TPPで同じ土俵に立つと、過半数の人間はその職を脅かされると言うことになるわけです。
それを公費で救済するとか言い始めたら、どれだけの税金が必要か試算してあるのでしょうか。
怒りに任せていろいろ書きましたが、まだムカムカします(笑)
正直、こんな程度の人間が政府の中で大臣に据えられるのなら、誰でもやれる役職だということでしょう。

ちなみに、伊勢殿の書き込みはまたしても反映されていないようです。よほど嫌われたようですね。
2011/01/19 20:41 | Mephist [ 編集 ]

「Hu faces Obama administraton more hard nised」W・ポスト記事にコメントしたけど、読めますかね?まだ拒否されているかもね。どうでもいいが。昨日から悪い風邪を引いた。熱っぽいので、ワインも飲めんぞ!Mephist先生から貰ったかな?(笑い)伊勢

iseheijiro wrote:

(Bloomberg)For the U.S., the key threat is fiscal policy. Trillion-dollar-plus deficits in 2011 and 2012 will take their toll on debt dynamics. The share of interest payments to federal revenue is set to rise under unchanged policy to 17.6% by 2020 from 8.6% in 2010, in the danger zone for a top-ranked country. Without offsetting measures, Moody's has warned the risk of a negative outlook being assigned to the triple-A rating rises over the next two years.

And Chinese know very well that US is in deep deep trouble.

2011/01/19 17:38 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

「いつか来た道」ですね。環太平洋パートナーシップ(TPP)は、日本が貿易黒字(自動車、コンピューターチップス、TVの輸出攻勢)を毎年更新していた80年代後半~90年代に起きたアメリカの強引な「農産物貿易自由化要求」を想い出させる。「牛肉とオレンジを買え!」とね。日本の通産省は黒田次官の「黒田白書」で対抗したと覚えている。つまり「ノー」と断ったのですね。

アメリカの国益は、農牧産業の輸出(農村議員の農牧票)でしょう。すると、米民主党だけではない共和党を含む合唱だ。だが、米経済にとって、製造業の輸出促進ほどのメリットはない。米経済の癌は巨額財政赤字だから、貿易自由化だけでは「焼け石に水」のようなものだ。AUSTERITY(緊縮財政)は国民に受けないので、こんな横車を押すのだろうね。

伊勢爺の意見は、「ノー」だ。理由は、池田信夫氏に近い。ようするに、「黄色信号」だからだ。農業保護ではない。都市と地方の経済格差をどうする?地方の収入源が枯渇していることは明らかだからね。

産経はどうかしたのかね?新聞メデイアに何のメリットがある?伊勢
2011/01/19 12:47 | 伊勢 [ 編集 ]

役人は上から言われて各国と接触し情報を取っている段階です。それなのに、産経などは大々的にキャンペーンをやっています。それで心配なのです。
野党は、農家にケツを叩かれて、どちらかと言えば反対と言う状態です。(小野寺五典さんは、直接米に確認しているようです。上のユーチューブを見て)
農協は大反対で、何千人規模のデモを幾度かやっていますが、テレビでは全く報道されていません。
ただ、TPPがどんな物かと言う事が説明されないまま、TPPに乗り遅れるなと言う声のみ、大々的にあらゆるメディアから聞こえてきます。
伊勢さんも農業の問題と捉えられているようですが、これは農業の問題だけではありません。

下に池田信夫氏と北村隆司氏のTPPに関する考え方を貼っておきます。識者の考えはこんなものです。何か農業叩きと言った趣ですね。
http://news.livedoor.com/article/detail/5134950/
http://agora-web.jp/archives/1126680.html
2011/01/19 09:48 | 八目山人 [ 編集 ]

八目山人先生

TPPに関して、野党や担当官僚はどう言っていますか?Gripenさんからご講義受けたが、まだ勉強不足なんです。

多国間協定で最も複雑で地域に影響が出るのが農産物貿易協定ですね。オバマに通商の知識はないでしょうよ。山勘とハッタリで物言う人間だからね。

アメリカの財政大赤字~押し寄せる累積利払いは、米ドルを引き下げる。ベン・バーナンキ連銀議長は、まだドルを増刷するでしょう。彼らは、今、火の車になってる。TPPにUSがどう絡むのか分からない。だが米経済の底入れだけを考えているんだ。ガイトナー財務長官は、米国債暴落の朝が来ることを考えれば、寝られないはずだ。バーナンキ、ガイトナーは必死だと思っていいです。オバマは天性の詐欺師です。伊勢
2011/01/19 04:30 | 伊勢 [ 編集 ]

一部の学者が安易なTPP参加は経済不調を打破するカギには全くならないと発言されていますね。
生産するほとんどすべてのものは外需に頼られるという見方で外需を取りこんでも、国内で生産し利益を生成する、雇用を確保できるという事が循環的に配備されない限りは無意味であると。。。

話変わり先日佐渡のトキ放鳥の話題をNHKが特集していました。
トキの野生化、えさ場を確保する為に佐渡市が助成し、無農薬で稲作を行う事を推奨した結果、糠などを粉末化し土壌にまく事だったり、冬季の放水を許可し、どじょうであったり、日本ざりがにであったり、動物性プランクトンが増加し、生態系が作られ、トキの放鳥も2次、3次と順調のようです。
農家の方々がなげくのは、同市で生産されたコシヒカリが全国規模品評会で金賞を得て味も評価され、その生産性と合わせて天下無敵の米ができ、且つトキ、里山の自然保全も合わせてできたのに無農薬は当たり前の時代で、利益がとれない程安く儲からない仕事だと。。。

先日、農協と丸紅が協力体制を結んだという記事を読みました。
詳しく読んでいないのですが、日本の農作物の市場を海外に広げていこうという事だと単的に見ているのですが、長く商社でキャリアを培った私にとっては起爆剤になると期待もしますが、本当にそうなのかな?と疑問も抱いています。
フィリピンは世界でも有数の稲作国家ですが年間の米輸入量もバカみたいに多い。米の輸出入のバランスがとれず米単価が高騰しデモが起こったりしています。

我国の場合、自国の食糧自給率に焦点をもっとあてる、しかし産業開発立国である立場、今後も永劫そうあると考えると、第3国からは食糧などの輸入関税、規制の緩和は求められ続け、改善の埒はあかないと思ってしまう。
みなさんはどのような施策が最も好ましいと考えておられるのでしょうか。

敬具
2011/01/19 00:25 | 普通の日本人 [ 編集 ]

TPPはまず不要です。
必要に応じてFTAを結べば済む話ですから。
また、農産品に対する対策を講じずにFTAを結ぶことすら反対です。

グランドデザインが無いとは言いませんが、そこからロードマップやアクションプランを構築する能力に欠けているんです。

評論家が政治をつかさどった結果が現在の民主党政権です。
2011/01/18 23:50 | Mephist [ 編集 ]

関係無い話で申し訳ありませんが、伊勢さんにお願いがあります。
今、日本では馬鹿菅が何をトチ狂ったか、TPPに参加すると口走ってしまい大変な事になっています。産経新聞も含めて「参加せよ。参加する以外に道は無い。」と物凄い勢いで叫んでいます。
アメリカの本心はオバマの人気取りと、中国に対する牽制だと思いますが、何故かアメリカでは全く報じられていないそうです。
そこで新聞に「オバマはオーストラリアやニュージーランドから、無関税で農産物や牛肉を輸入しようとしている。」と投書してもらいたいのです。
日本は例によって右往左往するばかり、特に民主党政権では全く対応能力が無く、もう少し引き伸ばさなければ日本はとんでもないことになりそうなので。
下にTPPについて説明を貼っておきます。
http://www.weblio.jp/content/TPP
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=player_embedded
2011/01/18 22:55 | 八目山人 [ 編集 ]

>>自民党の比例代表復活当選した与謝野氏がいきなり民主党会派入りする事は有権者を騙した事にになり議員を辞任すべきである。

日本の政局に疎いルイジアナの伊勢でもそう思いますね。だけど、民主党が崩壊していくことには変わりはないでしょ?

日本人の欠点は、「視点が内向き」なことです。外国とのバランス、特に、米中とのバランスは、一歩誤れば、命取りになる性質のものです。そこで、ルイジアナの伊勢爺は、隼同志にアメリカ事情を伝えている。国内政局はローカル・ニュース。ここへ来るからには、日本の外に視野を拡げてください。伊勢
2011/01/18 20:55 | 伊勢 [ 編集 ]

「米中関係には二面がある」英語ですが、読んでください。伊勢

http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2011/01/18 14:19 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する