2011/01/23 (Sun) 世界が認める日本のロケット技術
「コウノトリ」を乗せたH2ロケット



AP~W/ポスト~世界のメデイアが報道した。「はやぶさ」が地球に帰還したとき、欧米のTVメデイアは、BBCを除いて意図的に小さく報道した。“宇宙研究史上大きな成果”と評価したNASAとオーストラリアの科学者らは怒って抗議した。そのため、USのメデイアも遅れて報じた。今回の成功は、世界一斉に報じた。辛抱に辛抱を重ねた日本の宇宙研究者~技術者~現場の人々~支援者にエールを送りたい。伊勢平次郎 ルイジアナ





(速報)今、W・ポストの“あなたは、GMの小型車を買うか?”という記事が出た。コメントの、なんと100%が“ノー”なのだ。100%だよ。これは、日本円なら5兆円の助成金を出したオバマ政権の命取りになるだろう。バッカな奴だわ。伊勢


comment

門真なみはや高校の英語教師スティーブン・トンプソン氏はSSのメンバー。
そして反・捕鯨教育中?

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid945.html#sequel
2011/01/24 16:19 | 22 [ 編集 ]

みなさん

キンドル出版(KDP)と連載につき対話を開始しました。急いでいるつもりでも、わが体調~家内のフライト事情~年末の雑事、、いいわけです。ただ。日本のロケットのように成功したいだけです。伊勢爺
2011/01/24 01:54 | 伊勢 [ 編集 ]

八目山人先生

昨夜遅く、ウチのがキリギスタン~イスタンブール~ライプチヒ~シカゴ~ニューオリンズと飛んで帰ってきた。今日は、湖の向こうへお犬さん(黒ラブ雄3歳)を受け取りにいく。

記事を漁って情報得るわけだが、GEの家電製品やGMは安いチャイナの労賃だけがテコという寂しい商売。オバマは演説屋。チャイナの市場を夢見ている。チャイナがアメリカから買うものは少ないでしょ。結局、チャイナは80年代の日本企業のように北米進出する。だが、玩具工場?工具工場?電線工場?どれも逆行。僕が関わったトヨタ系列の愛知機械などは、エンジンのクランクシャフトをケンタッキーで作るのにエライ苦労をしたんだよ。それに、米国人はチャイニーズが体質的に嫌いなんだ。一旦、北米進出すると、米国商務省は中国系企業を人質にする。パクリはその中でも最大の問題になる。どんどん査察が入る。オバマに雇用を造る知恵はない。演説で雇用創出?ブッシュ1と同じ。伊勢
2011/01/23 21:59 | 伊勢 [ 編集 ]

トヨタがハイブリッド車の技術を開示すると言っても、それを蹴ってシボレーボルトにする。リチウムイオン電池はLG化学製。
葛西会長は、GEと提携しても良いと言ったのに、GEはパクリ新幹線と知っていて中国鉄道省と提携。
アメリカ、オバマ、GM、GEはどうなってしまったのか。
知的所有権にうるさく、100年以上前から特許権を法制化してきた先進国アメリカ、というイメージを完全に破ってくれた。
2011/01/23 18:36 | 八目山人 [ 編集 ]

USの景気は急速に改善していると。もしそうなら、来週のNY市場で判るだろう。だが、この記事では、住宅の価値は下がったと書いているし失業率には言及なし。企業成績が突出していると。すると、やはり企業が雇用を作るしかないわけだ。そうでしょ?つまりだ、大きな政府はダメなんだ。伊勢

http://noir.bloomberg.com/apps/news?pid=20601103&sid=arogB_7C5sMI
2011/01/23 16:47 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する