2011/03/06 (Sun) 神州・日本の夜明け


神州・日本に陽が昇る。民主党が自壊する兆しが見えた。真性の日本人はこの日を待っていた。野に下った自民党も臥薪嘗胆(がしんしょうたん)の日々を送ってきた。反省していると思う。まもなく管内閣は崩壊し、桜の咲くころ衆議院解散も視野に入った。次期内閣を組閣すると考えられる自民党は、“日本にとって、何が最優先課題なのか?”よ~く討議して頂きたい。隼機関は、「憲法の書き直し」だとしている。

次期総理大臣に石破茂さんを支援する。言葉に慎重~理論が明快~深い考えもある、、石破さんは、衆院選挙を待っていてはいけない。今、渡米して、米国政府のリーダーたちと接触するべきだ。用件は、“日米同盟を進化させたい~ついては、ご協力を願いたい”である。

当然、“日本の提案は何か?”と訊かれるから、ブリーフを用意しなければいけない。前防衛相なんだから、青写真はお持ちのはずだ。アメリカ人には、短い説明文がべスト。グダグダと長い説明は不要です。日本サイドから提案が出来れば、ゲイツ長官は普天間移設を待つでしょう。

アメリカは、長い年月、日本発の提案を待っている。暴力国家チャイナ~暴力大好きロシア~北朝鮮の狂人ぶりを説明する必要はない。アメリカは、“日本は何を担うのか?”とそれだけだから。伊勢平次郎 ルイジアナ





comment

外国人参政権と人権擁護法案.
この二つの法案は日本人の住む日本国には仇する法案だと思います.思っています.
石破氏は人権擁護法案に賛成していますが.どんな理由で賛成しているのか知りたい.

人権救済機関創設に意欲=解放同盟全国大会で与野党
ttp://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011030300441
 部落解放同盟の全国大会が3日午前、都内で開かれ、来賓として招かれた各党代表は、解放同盟が求める人権救済機関創設の法整備に意欲を示した。
 この中で、民主党の仙谷由人代表代行は「野党と協議を重ねて、必ず成立させる方向で尽力したい」と強調。

自民党の石破茂政調会長は「法律を制定することに与党も野党もない」と述べた。公明党の西博義政調会長代理は「一日も早く政府の責任で法案を作ってもらい、与野党協議に入りたい」とし、社民党の重野安正幹事長は「喫緊の課題だ」と指摘した。(2011/03/03-12:26)
2011/03/09 17:26 | DK [ 編集 ]

人材豊富の前に(経産、財務 金融 等 大臣候補は)が抜けました。伊勢様は福田さんっていいとこあるのかねとか仰っていましたが、彼は丸善石油におられた関係でサウジとのパイプが太いです。安倍さん、麻生さんも
ビジネス経験があります。市民運動しか経験していない今の総理、閣僚では話になりませんね。
2011/03/09 10:02 | なつ [ 編集 ]

林芳正さんの名が上がっていませんが、海外でのビジネス経験もあるし係累も確かです。西田さんも語学堪能だったと思います。彼は税理士資格をお持ちで政治資金収支報告書の不正を一発で見抜かれます。小沢や鳩山をするどく追求して総理や幹事長を辞めさせました。頭の良さも郡を抜いています。弁護士出身の方も何人かおられるし人材は豊富です。丸山弁護士も国際派だったと記憶しています。
2011/03/09 09:26 | なつ [ 編集 ]

みなさん

管内閣はまもなく崩壊し民主党も分裂する。首相にふさわしい人物=総理大臣に選ばれるということじゃないでしょ?そこには、自民党内の人間関係があるし、経歴、年齢、話法、性格、容姿、、

石破さんのビジョンが、全ての有権者の好みにマッチするわけもない。さらに、首相になると、進化する人がいる。マーガレット・サッチャーが良い例です。石破さんはまだまだ若い。そこがいいと言う人もあるし、人生経験が足りないと言う人もいる。

この人が首相になったからと、政策は投票で決める。首相でも票は一票。この人が、または、安倍さんが出来ることは、1)憲法書き直し~2)治安改善~3)教育の再考、、これだけで、手いっぱいのはず。

政策を読んで感じたのは、この人は、経済に明るいとは思えない。経産相は現場上がりがいい。官僚から選んでもいいでしょう。

外務大臣は、出来れば英語の出来る~海外生活のあった人が好ましい。そういった意味では、麻生さんがベストだったと思うね。管も、前原も、通訳(子守)が要るようでは失格だ。経済大国の首相が英語も出来ない?伊勢
2011/03/09 05:58 | 伊勢 [ 編集 ]

多史済々様の書き込みより、西田昌司氏の考えを確認しますと同氏の御指摘の通り、大変有意義で賛同される部分が多いですね。
特に教育に関して、戦後レジーム影響より、日本の心を取り戻すとホームページで指南されており、あまりに過大な左傾向にある我国現況を思えば、ぜひそうあって欲しいと切に祈る次第です。
同氏が提案なされる外交安全保障見解では大方我国が実践するべく課題と存じ上げます。但しできればもう少し突っ込んだ具体案を述べてもらえないかと、気持ち先行します。
石破氏の全てに小生は賛同ではありませんが、国防を考えると、同氏以上に国防戦略の知恵に長けている人材はないよう考えます。
芸人の島田伸介程度に失笑された事もありますが、知識だけで言えば元AERA編集長の田岡氏等の見解は面白く感じています。(どうでもよいですね)

Kenji様の対在日朝鮮半島人政策に対する御指摘には大概賛同します。またfts様の朝鮮進駐軍という偽軍につき、現在の在日朝鮮韓国人問題に大きく影響している問題とも考えます。

伊勢様へも書き込みましたが、前トピックで大変多くの方が、今回の前原元外相の問題に絡みますが、在日朝鮮韓国人に対する不満、不信が大きいのかを改めて認識しました。
恥ずかしながら自分もその一人であったと考えます。
但し、聖人君主を気取るわけではありませんが、伊勢様、Mephist様が指摘される通り、過去のドイツが悪しきに辿った民族差別に繋がってはいけないと強く感じます。国際社会からの賛同を得る為、全く国益にならないと断言します。

Kenji様の御示唆から、私も特別永住権を持つ者はできる限り早期に、中国、台湾、韓国、北朝鮮政府と協議の上清算、帰化資格にふさわしい者とそうでない者を厳格に審査の上、そう審査されない者達を退去させる手段が好ましいと考えています。加えて朝鮮総連、韓国民団は破防法適用他、国家主権に悪影響を与える組織として解体させる。北朝鮮は別ですが各国領事館、大使館が機能を失せるような他組織はできる限り認めない方針が重要です。
その見返り、または正しい外交を遂行する意味で、国益にふさわしい朝鮮半島系の経済組織、政治組織はあるはずですから、その者たちとの連携を集中強化する。
(彼らには見返りにならずマイナスが多いでしょうが強い態度で臨めばよい。アメリカへ助け舟を提案するだろうが、強い同盟関係を見せつければよい)

所詮大国に大陸隣接する小国です。
政治的、軍事的に海を挟む我国が他国と連携する事が大きな脅威になる。全てを否定し排他的になれば、国際社会での賛同は得られずマイナスだが、国家の安泰を揺るがさないレベルで一部を受け入れ、彼らが我国に与えるプレッシャーを逆に与え続ければよいはず。
そうなればおのずと我国に存在する悪しき者たちも変わらざる得ないでしょう。

それを遂行する第一はやはり早期の憲法改正と正規軍の保持、その事による米国との連携、またはロシアとの連携等と考えます。

本日産経新聞が提案していましたが、ウクライナとロシアの間に存在していた領土問題も、双方で然るべく話し合いを持てば解決された通り、我国ではそれ以上の外交が可能であると。

敬具
2011/03/09 02:49 | 普通の日本人 [ 編集 ]

http://ishiba.com/modules/policy/content0004.html
 政治家が日本にとって良い政治を行うには国民が遇民ではいけないと最近つくづく思わされていますが、さりとて良い政治行ってもらうために良い政治家を選ぶにもわれわれ一般の国民にはどの政治家がどのような人物なのかは良くわからないのが普通だと思うのです。
 それで私の場合にはある政治案件に対してどのような姿勢なのかでその政治家の程度を推し量るのですが、石破氏の政策は民主党とどう違うのでしょうか? アジアに日本を開国してどうなるのでしょう? 日本全体を対馬にしようというのでしょうか? 私には憲法改正以外は民主党と同じような気がするのです。
 例えば西田昌司氏の政策には自主的な安全保障・安易な増税の反対・国民の行政への依存からの脱却自立そして相互扶助・戦後体制の見直し・経済は成長より安定を・そのために新しいライフスタイルモデルを提示、のようにいわば日本が今後アメリカ追従幻想からの脱却を目指すべきとしていますが、私にはこのほうが人間味あふれる足を地に付けた日本になるような気がするのです。
 もう自民党は石破氏型ではなく西田氏型を選ぶべきと私は思うのです。
2011/03/09 00:35 | 多史済々 [ 編集 ]

>>富国強兵は良いことば、、

明治政府が日本の柱とした。簡潔です。これでも、受け取り方で賛否に分かれる。Mephist先生の受け取り方ガ正しいのです。

人間、誰が貧乏を喜ぶ?誰が、弱兵を好む?「兵」とは、"国民の闘う意思”のことです。元帥であっても、農村出身の歩兵の体力、気力が強くなければ、戦(いくさ)に敗れる。

伊勢爺のできることとは、米国の為政者に訴えること~日本人の視野を海外へ広げることの二つ。在日朝鮮人のことは、その悪事・悪意を牽制するために書くことがある。だが、特亜を叩くことに興味はない。逆に、敵を味方にしたい。伊勢
2011/03/08 22:47 | 伊勢 [ 編集 ]

りょうこ姉さま

やれることはたくさんあります。1)自分を愛する~2)よく学び、よく遊ぶ~3)周りを助ける~4)体を鍛える~5)何事も熱心にやる、、在日朝鮮人のことなど、あなたの仕事ではないから、悩む必要はないです。伊勢
2011/03/08 22:04 | 伊勢 [ 編集 ]

ぽんさん

伊勢爺は、個人としてはリベラル、社会人として保守なのです。だが、誰にも保守思想を押し付ける考えはないです。例えば、日の丸を揚げろ~君が代を歌え~靖国へ参拝しろ、、

石破茂さんがリベラルであるとしたら、精神が若い証拠ですね。政治スタンスで保守ならば、日本国にとって良いことです。チャンネル桜には保守の先生方が多く集まっておられる。現世代の政治のあり方を憂いて、話しておられる。しかし、リベラルを惹き付けられないならば、説得力はないです。その逆もまた真なり。伊勢
2011/03/08 21:54 | 伊勢 [ 編集 ]

富国強兵というのはいい言葉です。
前線の兵士だけでなく、銃後の人々まで等価値に扱うのですから。

我々に何が出来るか。
少なくとも日々の労働を通じて、税金を納め、政治に意見することです。

そしてそれが我々議会制民主主義者に与えられた最大の権利ですから。
2011/03/08 19:12 | Mephist [ 編集 ]

伊勢爺は石破氏を買っているようだが、彼はああ見えて実はリベラル寄りですよ。自民党で軍事オタクだから保守ーなどと期待しているのでしたら,それは間違いです。
2011/03/08 18:47 | ぽん [ 編集 ]

解っていても、何にも出来ない歯痒さ。
自分自身に、憤りを感じています。
2011/03/08 13:57 | りょうこ [ 編集 ]

fts先生

嘆いていても埒は明かない。「富国強兵」を国の柱にすれば、在日朝鮮人も、北朝鮮も小さくなる。出来なければ、日本はこのまま、ず~と堕ちていく。伊勢
2011/03/08 12:45 | 伊勢 [ 編集 ]

朝鮮進駐軍と名乗る不逞の輩が何をしていたか調べなければ解らない現状に憤りを感じます。
調べないと解らないのを良いことにアカの跳梁跋扈を許してきた現状の果てに民主党政権が生まれてしまった。
現状打破という言葉が一人歩きして、売国政権の誕生を許してしまった。

偏に事実に基づく教育が歪められてきたせいだと思います。朝鮮進駐軍しかり、朝鮮のために東北が飢えた事実。連合軍向けの特殊慰安施設協会。日中国交正常化の際に支那が日本の軍事費に口出しした事実。

極端ではあっても、安倍源基のごとくアカを狩る人物は現れないものかと期待してしまう。
2011/03/08 12:29 | fts [ 編集 ]

kenji さま

>国内にいる朝鮮人については二つに分ける必要がある。一つは金もっていない朝鮮人、それと頭がいい金を持ている朝鮮人である。これを区別して考える必要がある。

ユニークな視点で的をついているように思います。
後はタイミングの問題だと思います。米国も今回のように日米同盟を危うくするまで肥大化してしまった以上、世界の不安定要因になるので賛同が得られると思います。

> 在日外国人に関するあらゆることははまず徴兵問題を論じて、その後にすることである。これに尽きる。


賛同はできますが、世論を盛り上げる必要がありますね。 彼らはシナ人をどんどん入国させているのでここ3ヶ月が危ないです。

2011/03/08 10:17 | なつ [ 編集 ]

護さま

賛成できないところは、“賛成できない”と書かれて良いのですよ。でも、理由を聞かせてね。伊勢
2011/03/07 23:30 | 伊勢 [ 編集 ]

kenji先生

小学校は品川の大井町第一~中学校は品川の城南~高校はやはり品川の小山台だった。当時、わが父が不動産を多く持っていた。大井町駅前の「かんべ土地」は朝鮮人暴力団の根城だった。昭和48年ごろです。朝鮮人らは、空襲で登記簿が消失した土地を占拠して行った。大井町~大森~鎌田~川崎、、現金で買う~朝鮮人を住まわせる~ヤクザを飼っていて、持ち主が出てきても、匕首を畳に突き刺して脅しあげた。裁判官上がりの悪徳弁護士を多く抱えていた。力道山も一味だったと。警察もカネで子分にしていた。こうして、駅前の土地~係争中の土地~地主が確定市内土地をいわば奪っていったと。どんどんパチンコ屋~映画館~キャバレー「処女林」などを建てた。こういう話は大衆もよく知っていた。警視庁に事件簿は山とあるはずです。新小岩の駅前も同じ。XX興行とビルに看板があるのは、山口組(朝鮮人が子分)のビルでやはり同じ手口で奪ったものです。僕が22の頃、西武百貨店の人事課に勤務した。西友ストアがそのビルを借りていたのでよく知っている。

在日にはこれらの暴力団とは無関係な人が多い。6畳ぐらいの飲み屋をやったり~鉄くずを回収したり~ゴミの仕分け屋やったり~闇米の担ぎ屋をしていた。意外にも同級生には朝鮮人はひとりもいなかった。彼らは、どこの小学校に行ってたのだろうか?

仰る通り、在日朝鮮人韓国人問題は日本の司法行政が杜撰か~根負けしていたか~賄賂を受け取っていたのだろうと思う。「民暴の鷹」こと組織暴力団の民事介入と闘った日弁連。その法律「組織暴力団対策法」を書いた元検事正の「T弁護士」と面会したことがある。面会時間は真夜中だった。神奈川県警のビルに接したビルの屋上に事務所があった。防犯カメラが入り口~エレべーターの天井~廊下に据付られていた。T弁護士は、白いワイシャツ、ノーネクタイだったが、上品な方で~お茶を自ら入れて~お盆の上に載せて持ってこられた。"危ない仕事でね"と言われた。こんな大学教授風の静かなお方が民暴の鷹」なんだと深い印象を受けた。わが姉が一緒だった。

ま、在日問題は、在特会よりも、これらの闘う弁護士さんや警視庁の方がよく知っていることですよ。大衆には、スピーカーで怒鳴るしか、何もできないでしょう。伊勢
2011/03/07 21:49 | 伊勢 [ 編集 ]

国内にいる朝鮮人については二つに分ける必要がある。一つは金もっていない朝鮮人、それと頭がいい金を持ている朝鮮人である。これを区別して考える必要がある。
 終戦直後の朝鮮人行動を知る日本人は彼等に対して同情などしない。しかしそれらは日本人に多く知れ渡ってない。何故だろうかと調べたら、どうも戦前のわが国の政策にあるようで、単純ではないようです。
 国内においてターニングポイントは年を召した人は忘れられない事件である<金キロウ>事件である。
 日韓基本条約が結ばれて4年後の事件で、条約により朝鮮人は強制送還される可能性が激減した。それまでは犯罪朝鮮人は収容所に入れられていたが、それがなくなった。
 結論からいうと、あの時、佐藤内閣が<金きろう>を射殺しなかったことが大きな間違いであった。それにつきる。佐藤氏は朝鮮人で戦犯で処刑された、洪思翔帝国陸軍中将と親しく、彼を深く尊敬し、負い目を感じていた。
 これが微妙に作用したと思うが、いずれにしても、そのとき射殺をしなかったことが間違いの元である。
 では何故という問題が出てくるが、これは別な問題が作用している。
 いずれにしても現在においても射殺する必要があるような問題でも、それをしていないことが多く、それを実行しない限り、わが国にあるいろいろな朝鮮人問題は解決の糸口がないだろう。
 それを契機に史那人問題が拡大している。

 生活保護などもその問題で、生活保護を受けるような在日朝鮮人は本国へ送還することだが、韓国が受け取らないようである。そのわけとして密入国で、紹介しようにも朝鮮戦争で元の戸籍が無いという人がいるようである。
 ではその人をわが国はどのように処理したか。ここがいい加減であったというより、馬鹿をした。やさしいといえばそれまでだが。

 在日外国人に関するあらゆることははまず徴兵問題を論じて、その後にすることである。これに尽きる。

永住は権利ではない資格である、これの剥奪をすることである。
 それと永住は本国へは二度と帰らないということだが、どうもそれを日本政府は許している。それでは永住の意味が異なってしまうが、日本政府がやさしいので(別名愚か、それにきずいていないことがその愚かさを増大させている)ソレヲしている。
 多くの問題を考えると我国側の行動が在日外国人問題を拡大させている。最もそれが問題であるが、とにかく、真面目な高学歴の人が、おかしな見方をしているに尽きる。真面目であるから、なおさら始末に悪い。
2011/03/07 17:37 | kenji [ 編集 ]

いつもありがとうございます。あなたのブログは本当におもしろいです。本質をズバズバついてくる。言葉は悪いですが危険な香りすらします。賛同する所とできない所がありますが、素晴らしいです。本当におもしろいです
2011/03/07 09:58 | 護 [ 編集 ]

普通の日本人先生

たいへん有意義でしたね。あなたの文章には説得力があると思った。文章力もある。暖かい人間味がある。

前原誠司はまだまだ青年です。安倍さんのように修羅場を渡った。さらに大きな人間へと育つことを祈る。

翻って、自民党。国民は全幅の信頼を置いてはいない。どれだけ反省したのか?役人の年金杜撰管理も、当時の政権与党であった自民・公明の監督責任。安倍さんだけの責任ではない。

モスクワ、北京が早速報じた。この暴力団国家らは、日本の背骨が弱るのを待っている。保守が復権することを警戒している。日本国民の結束を怖がっている。だが、そんな甘いものじゃないよ。日本人の強いところを見せてやろうや。とにかく、有難うね。あなたは、貴重な人です。他の先生がたも貴重では済まない大きな価値を持っている。

Mephist先生は、まだ40歳になったかどうかの青年社長。隼ソサエテイの会長さんなんです。この人が、隼のリーダーになります。よろしくね。伊勢
2011/03/07 03:20 | 伊勢 [ 編集 ]

W・ポスト「前原辞任」記事です。英字だが、読んで下さい。この東京特派員には誤解がある。“普天間がさらに遅れることが悔やまれると駐日米大使館員がプライベイトで話している”など。作り事に近い。そんなことをバカでも言わない。日本人が読んでいることに気がつかないんだな。どうでも良いがね。伊勢

http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2011/03/07 03:03 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様

先の話題ではあそこまで沸騰するとは思わず、必ずしも有益な談話となったか少し反省する次第です。
ただ、伊勢様がまとめられたよう、多くの方々が行く末を案じ歯がゆく国が進むべく方向に力を費やしていないと切に感じているのだと実感できました。
その点では言葉を交わした各方々へ感謝を申し上げたいと存じます。
決して皮肉で言っているわけではありません。

また前原外相、既に元外相ですが、然るべく決断でよかったのではないでしょうか。
今後は恐らく議員を辞職する事さえ追求される事推察します。潔いとすればそれも辞めた方がよいよう思います。彼ならば政治家でなくとも貢献できる場があると考えます。
民主党は解体した方がよいですね。
残念ですがもう全く機能していない。
というよりも元々何を目指して発足されたのかさえ見えない。安易に既存政権を変える事、政治家個人の利益で有志を気取り集まったとしか見えない事が少なくない。
中には本末転倒しない志を持った方もおられるのでしょうが、全国会議員に大差がないように感じます。

敬具
2011/03/07 03:03 | 普通の日本人 [ 編集 ]

ヒラリーが、“アメリカは情報戦争で、アル・ジャジーラに負けている”と発言した。その通り。アメリカン・メデイアの東京特派員は劣等だから。伊勢

http://english.aljazeera.net/
2011/03/07 01:12 | 伊勢 [ 編集 ]

さすがは、アルジャジーラ。前原辞任をラジオとネットで伝えた。東京外国人特派員という欧米の記者は、反日、反米、なんでも反対の人種。ところが、チャイナには尻尾を振っている。カネになるから。アルジャジーラは、カタールにHQを置く。NYにも支局を置いている。聞いていると、USのエリート・メデイアよりも信頼性が高い。まず、バイアスがない。世界で認められる存在となっている。伊勢
2011/03/07 01:02 | 伊勢 [ 編集 ]

W・ポストも、NY・タイムスも「前原外相辞任」を伝えていない。これはどうしたことか?号外に当たるはずだが?東京の外国人特派員は劣等ということだ。日米同盟なんぞ、どうでもよいか、苦々しく思っているフシがある。こいつら、日本を貶める目的で東京にきているんだ。そこは、在日の反日精神と同じ。非生産的な人種と言える。日本の為政者はこの外国人特派員協会へ行ってまでも発言してはならない。

だが、ヒラリーや、ゲイツさんは、すでに耳にしているだろう。政変だからね。やはり、軍事経済協力が頭にある。ワシントンから、コメントは来ないと思う。内政干渉を回避するから。伊勢
2011/03/06 23:19 | 伊勢 [ 編集 ]

前原誠司・辞任
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110306-OYT1T00529.htm?from=top

思った通りですね。さてと、まず、衆院選挙に焦点を当てましょうや。自民党がどれだけ反省したのか、候補者の人選と公約をよく注意して討論しましょう。やはり夜明けが来た。伊勢
2011/03/06 23:06 | 伊勢 [ 編集 ]

DK姉さま

「内憂外患」どころか、「内患外患」の日本。全ての原因はサヨクや在日に在るのではなく、日本人に闘う意思が不足であること。まず、当事者意識がなく、他人事のように振舞う。民主党に票を入れた愚民は、“騙された”と自己責任を回避する。“政治には関心がない”という人は敗北の人生を選んでいるんだ。だが、民主党政権の年月は高いものに着く。時計の針を逆に回したどころか、財政にも逆ネジを食わした。小沢~鳩山~管~仙谷~輿石~千葉らは、国賊という烙印を押されて権力の座から追放される。詰まらん生き様だな。伊勢
2011/03/06 22:26 | 伊勢 [ 編集 ]

客船ではなかったようです......
4000トン級のミサイルフリゲート艦「徐州」を首都・北京から約8800キロ離れたリビア沖へ送り込んだ。
2011/03/06 22:00 | DK [ 編集 ]

リビアには日本人が80人しかいないので何の手当もしなかった.テレビで言っていましたので
信用はできませんが中国は客船で.韓国はチャター便で自国民の救出.だそうです.

佐々敦之さんの香港勤務のことが書かれた本で知ってはいたけど.
いつになったら自国民を迎えに行く国になるのでしょう.
これも9条がじゃましているのだろうか.


豪捜査当局がシーシェパード抗議船を強制捜査か 「8人の捜査官が乗船している」2011.3.6 10:26
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110306/asi11030610270003-n1.htm
2011/03/06 19:38 | DK [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する