2011/03/16 (Wed) 世界の9割が日本を応援している
天皇陛下のおことば

>>今回、世界各国の元首から相次いでお見舞いの電報が届き、その多くに各国国民の気持ちが被災者と共にあるとの言葉が添えられていました。これを被災地の人々にお伝えします。

Obama supports Japan



オバマは、ハワイのホノルルで育った。ハワイ大学にのあるマノア渓谷の近くにある“プナホー”というハイスクールでは、日系人が親友だった。日系ハワイ人の高校生らは、バスケット、レスリングでは全米のトップなのだ。オバマは、“日本を想うと胸がいっぱいになる”と語った。そして、“日本のためなら何でもやる”と何度も言っている。

世界の9割が日本の味方

福島原発に関しては、冷静に推移をも守りたい。フランス~ドイツ~ロシアの評価は辛い。その理由は、サヨク・リベラルは批判が大好きと言うことだ。だが、CNNの特別番組に出る専門家(福島原発水冷機設計者やUS原発監督の教授)たちは、福島原発の4機の沈静化で、懸命に戦っている日本の若者たちを応援している。“人数(50人程度)が少ないんじゃないか?”に対しても、“軍隊ではない~高度に訓練された技術者たちだ~疲労が一番心配だ”と援護に立った。

UCLA(ロスアンゼルスの大学)の女学生数人(中国系も入っている)が津波が襲った日本をあざ笑う動画をYuoTubeで流した。学長は警官を送った。女学生を拘束している。“おまえら、殺す”という電話が殺到したからだと。電話をかけた人たちは、多分、日本を助けに行っている米軍の家族だろうと、ウチのが言っている。わがワイフも、カンカンに怒っている。

世界の原発の行方

米国では、現在104の原発が稼動している。“どれも健全だ~USの原発計画は変わらない”とオバマ。超リベラルのアン・アップルバームが、W・ポストで、“原発ルネッサンスの終わり”という記事を書いた。WSL、ぶるーむバーグは、一斉に反対記事を書いた。WSJは、“福島は良い勉強になる~人類が原発を必要としている~日本の技術者が直せないなら誰も直せない”と原発廃止に傾くリベラルをけん制した。フランスとドイツが原発凍結に踏み切ったことを、“それでは、他国、ロシアなどから電力を買わなければならないじゃないか?と笑った。

インドのシン首相も原発を断念するつもりはない。勿論、チャイナも、カナダも、ロシアもだ。そして、反日中国さえも、実は、日本が福島原発の鎮火で成功することを祈っている。彼らは、日本の技術の高さを理解しているるからだ。伊勢平次郎 ルイジアナ





(伊勢爺のつぶやき)

Aso Obama Oval office 2.24.09

麻生太郎首相とオバマのハネムーン。オバマはこの人が帰ってくることを望んでいるだろう。

obama japan 11.13.09

何おかいわんや。オバマに最も嫌われている奴だ。誰かさ、この低脳さんが好きな方はおるの?

comment

おれんじ先生

オイルショック時代を憶えているんですね。パンまでなくなったということは、スーパーは儲けたんだ。寄付しろ寄付をな。それと、こういう事態になるのは、8.9の地震が起きたと同時に自覚するべきことだ。管の、貧乏、嘘つき、詐欺集団では、さらに劣化する。

やはり、事業家の首相が必要と思うよ。なぜなら、企業、金融界、財界に直接パイプを持っているから。実務をやる官僚だって、管、仙谷、興石の指図じゃ、白ける。

オバマ政府は、日本を貶める発言に釘を刺した。CNN が最も良心的といえる。W・ポストでさえ、日本批判を控えている。今朝の新聞では、図面入りで1~3号機の現状と、ナニを日本のチームがやっているかを数ページ割いた。

沈静化作業は、拙速が一番ダメです。高圧ケーブル~分電盤~変圧器~冷却循環器~サプライ側の安全~入力、、全てに安全教育が要るんです。ここに時間がかかる。アメリカは、冷静になった。日本の成功をもっとも望んでいる。伊勢
2011/03/18 03:40 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さま、アメリカより貴重な情報感謝です。
関東では持ち回りで停電と電車の運休をやっておりまして、非常事態であることがひしひしと感じられます。

UCLAの若者は天罰が下ればよいのです、いや、下るでしょう(笑)。笑ってる場合じゃない。日本でも原発危ない報道に批判の声があります。専門家は必死に冷静なコメントをしているのですが、メディア側が煽っている感じ。アメリカでもそうかもしれませんね。

それから石原知事の天罰発言は民主党政権の酷さに対してであって、確かに不謹慎ではありますが誤解されていると思います。仙石が対策チームに加わるし、本当に困ったものです。

ここ東京では買いだめに走る人が多く、ちょっとしたパニック状態です。パンも米もラーメンもありません。スパーは棚が空っぽで旧ソ連か北朝鮮のような状態です。石油ショック時を思い起こすような状況になっております。

自衛隊は信じられない程頑張っております。そして米軍の全面支援は本当に心強い限りで、感謝の言葉もありません。一方の中国は13億人も人がいるのに数十人の救助隊。しょぼっ!まあ同盟国とはどういうものかよく分かりますね。

シーシェパードの支持者とポール・ワトソン、お前らも天罰を受けるぞよ!

応援クリック。
2011/03/18 02:03 | おれんじ [ 編集 ]

いや、そういう奴は絶えないと思うよ。劣等種は必ずいるから。伊勢
2011/03/17 20:56 | 伊勢 [ 編集 ]

 まあ、嫌なことされて嫌な気分になった人が、そういった嫌な事を他人にしないようにすれば少しずつ確実に住みやすく生きやすい世の中になるのでしょう。
2011/03/17 20:50 | 多史済々 [ 編集 ]

電力会社の体質はこんなもの?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6593984.html

2011/03/17 17:56 | [ 編集 ]

Kenji先生

そのとおりだけどね。芋食って馬力ついたところで、その窓から芋投げた野郎を引きずり出して、袋タタキにしたいわな。それから、そいつのパンツを脱がして、そいつの種芋の横にデッカイ焼芋をブチ込む。どう?(笑い)。伊勢
2011/03/17 14:29 | 伊勢 [ 編集 ]

昔、商品券をお客が土間に投げた。黙って拾って使ったよ。よくある話で、東電だけではない。人が問題だろう。
企業は成果だけである。後は各自の感情に過ぎない。

別なときに何かの分担をもめて、ある人が<千円をちぎってばら撒いた>つまり千円位なんだということである。
<kenjiさんなら、どうする>と聞かれた時<俺なら拾って使うよ>といったことがあった。
 食べ物そのものには関係ない。しかしその食べ物を扱うということにおいて、そのことが食べ物のついてくる。
 そこには精神の奇妙な要素があるが、それは考え方しだいだろう。
 米軍には感謝である。
2011/03/17 14:17 | kenji [ 編集 ]

多史済々先生

その話は価値がある。ぼくは、企業というものは、同情する対象ではないと考える人間。軍隊も同じ。負けたら泣いても仕方がないもの。つまり、東電のような企業や劣等な軍隊は、敗北したユニットに過ぎない。死人を出す企業は潰れるのが当たり前だ。“私たち死に物狂いで頑張ってるのよ~”では、未熟者が危険な商売をしてきたとなる。やはり、東電は潰してしまえ!伊勢
2011/03/17 13:46 | 伊勢 [ 編集 ]

上の投稿につき、

あなたの気持ちはよくわかる。だ・か・ら、これを教訓にして、将来に備えなければならないのです。東電が“潰してしまえ!”と批難されるのはそのためなのですよ。冷温停止に失敗すれば、東電の社員だけではない、幼い子供や、老人、あなたの家族までも死ぬんです。東京も壊滅するんです。泣いているということは、安全圏へ退避して、余裕があるからです。伊勢
2011/03/17 13:32 | 伊勢 [ 編集 ]

 東京電力下請け会社勤務時の思い出をひとつ。
 30年ほど前の冬、ある県にて東電の変電所変電設備増設のためベース(基礎)工事をしていましたとき、事務所の二階窓から東電社員が 「ほれ、お前らにも分けてやるから食え」 と焼き芋を5~6個投げてくれたのです。その焼き芋は事務所と基礎工事現場の中間地点の荒らされた地面にむき出しのまま投げ落とされたのです。
 われわれ下請け作業員は焼き芋を受け取る姿勢をまだ見せていないにも関わらず投げ落とされた焼き芋を誰も拾って食べようとはしませんでした。そりゃそうでしょう、われわれは豚じゃないですから。
 それを見て焼き芋を投げた東電社員は 「よしわかった。もうお前ら面倒見ないぞ(仕事を融通しないぞという意味)」 と確かに言いましたっけ。
 結局、親方がありがとうございますと言って拾ってきて土を落として、みんなで食うべやと分けてくれましたが、親方以外誰も食べませんでしたっけ。

 はは、若かりしころの思い出です。
2011/03/17 13:28 | 多史済々 [ 編集 ]

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1430652.jpg

今日の朝方 発電所から避難させられ福島の親戚の家で家族と合流しました
とりあえず私は無事です

お前だけは安全なところへ行け…と言われ泣きながら企業さんの車で発電所をあとにしました

東電はすごく叩かれてる…
でも逃げずに命懸けで作業を続けてるのも東電です
どうか非難しないで下さい

私も東電の社員として福島第二原発の所員として昨日まで現場対応にも参加してました
大津波警報の中 夜中の3時で足元も見えないまま死ぬ覚悟で海の目の前での復旧作業…
冷却機能のある機械は海側のため津波でやられてしまいなんとか復旧しようとみんな必死でした
みんな披露と空腹と戦いながら足を引きずりながら作業に当たっていました
冷却機能を復旧できなければ第二原発も第一原発のような爆発が起きていました
それを不正で全号機冷温停止させたのも東電です
発電所を見捨てて逃げればこんな状況では済まされません
逃げずに立ち向かっているんです
津波の影響は想像を遙かに超えていました
地震だけであれば第一原発の爆発も起きなかったんです

続く
2011/03/17 13:09 | [ 編集 ]

なつさん

自衛隊、米軍、海保、消防士、警察官が命を賭けている。われら国民は寄付ぐらいしか出来ない。銀行の寄付の窓口へ行ったら、物凄い行列だったと横浜の姉。

反国家主義者のマスコミは日本人の敵です。“倒さないと、倒される”という関係です。伊勢
2011/03/17 12:18 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さま Mephistさま

在日米海軍司令部  神奈川県横須賀市
  http://twitter.com/CNFJ

米国がものすごく助けてくれいるのに、こういう情報を一切マスコミは流しません。
制御されているのは我々です。こういう輩に政権を
取らせたことに対する石原都知事の怒りがああいう表現になったのでしょう。今の日本は庇をかして母屋を乗っ取られた状態です。

民主が機能しないため自民、財界が 「救国戦線」を立ち上げて独自にサポート。 青森県知事「なんど政府に生き残った青森港を使って救援してくれと言っても動いてくれないので、自民に連絡したら船着始めた」
http://bit.ly/hRaAkv

2011/03/17 11:36 | なつ [ 編集 ]


上記カルトの方が登場しています。ワタミは創価です。絶対に首都、東京を彼らに渡してはなりません。今回で証明されたようにコリア系は日本を地獄に落としかねません。これを読めば怒りがこみ上げて来ます。

官邸発パニック終息せず…無能政権が招く国家の危機
  http://dogma.at.webry.info/201103/article_5.html
2011/03/17 10:58 | [ 編集 ]

石原慎太郎言動録2003年http://www.geocities.co.jp/social792/ishihara/ishihara_kanshi.html


http://www.geocities.co.jp/social792/ishihara/ishihara_kanshi.html

差別主義者 石原慎太郎 落選

我等がヒーロー ワタミ 渡辺美樹 当選確実
2011/03/17 06:34 | 都知事選 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/17 04:19 | [ 編集 ]

「東京電力・NRAの報告を無視か?」英語ですが、読んで下さい。この会社は潰すしかない。伊勢

http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2011/03/17 02:21 | 伊勢 [ 編集 ]

「東電謝罪、2号機の異常データは単位換算ミス」

 東京電力は17日未明、福島第一原発2号機の原子炉格納容器や圧力容器の内部圧力が著しく低下したとする計測値を16日午後に公表したが、圧力単位の換算ミスなどによる誤りだったことを明らかにした。
 
 問題のデータは、原子炉内の圧力がほぼ大気圧程度に下がる異常なデータを示しており、圧力容器や格納容器が密閉性を失うという最悪の想定も指摘されていた。
 東電は16日午後4時から行った記者会見で、格納容器の圧力は同日午前9時20分に、それまでの220キロ・パスカルから45キロ・パスカルへ大幅に低下したと発表。「気密性が失われた可能性を否定できない」との見解を示した。

 しかし、17日午前0時からの会見では45キロ・パスカルは450キロ・パスカルだったと訂正。「現場で圧力計を見た作業員が、桁数を間違えたようだ。現場とのやり取りに問題があり、申し訳ない」と謝罪した。(2011年3月17日01時19分 読売新聞)


ああ良かった。良かった。ウチのは、“その技師は限度を超えるストレスの中で働いてるんだわ”と。そこへ、高圧ケーブルが到着して~大容量ポンプが回り始めて~加熱中の6機全部に冷水を大量に注ぎ込めるというなら、世界を駆けめぐるベスト・ニュースですよ。みなさん、黙祷しましょう。伊勢
2011/03/17 02:08 | 伊勢 [ 編集 ]

う~む!貴兄のご講義は明快。CNNのスター、ジョン・キングは核融合の講義を受けていないと判るね。サプレッション・タンクをサプライ・タンクなんて言ってたから。

ドイツのサヨク・メデイアも同じだ。大体、記者とか、特派員は、ウスバカが多いんだ。読売はその海外メデイアが書いてることをさ、記事にして、美味いメシ食っている。サヨク病患者だからだろう。伊勢
2011/03/17 01:03 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢殿
放射性物質の基礎を説明します。より正確にはwikiの核分裂反応の項目を読んでください。
ウラン235(以下U)が比較的低速な中性子(n)を捕まえて核分裂を起こします。
U+n>Y+I+2n
このとき生成するY(イットリウム)とI(ヨウ素)は、比較的長寿命です。それでも半減期は数分~数日程度ですが。
つまり、Uはnがなければ安定しています。なにしろ半減期が7億年です。
この半減期というのは、100のUが崩壊(イメージとして先の中性子反応によらないでより安定な物質に変わること)して50になるまでの時間です。
実際はもっと複雑なメカニズムがありますが、書ききれません。

さて、燃料としてなぜ冷却が必要かというところが知りたいのだと思いますが、極めて単純です。
先の反応のどの状態に燃料があるのか、誰も判らないからです。
これはウランなどが崩壊するのは、中性子などの要因によらない場合、単純に確率の問題だからです。
1秒に1回サイコロを振って、1が出たら崩壊。
この場合半減期は3秒です。(不正確かもしれませんが(笑))
もし1,2,3で崩壊なら1秒です。
話題が外れますが、このあたりが判ると「シュレーディンガーの猫」が理解できます。
ということは、燃料棒につめられたウランは、何時崩壊してもおかしくないのです。確率は低いですが。
ウランの崩壊だけでなく、核分裂を途中で止めた場合、核分裂生成物で寿命が短いものもたくさんありますから、それらが崩壊するのを止める手段はありません。
そしてその崩壊するときに、熱を出します。
確率を制御できない以上、熱が出ます。
出る熱を処理できないと融解します。

これが今起きていることです。

逆に中性子の発生だけを抑えれば、核分裂は発生せず、高い熱も出ず、更なる中間生成物も出ません。
だから、中性子の検出を必死に行います。すなわち止めた筈の核分裂反応が出ているということですから。
2011/03/17 00:42 | Mephist [ 編集 ]

文句言う奴ほど何もしない。そいつらも食うから始末に終えない。学生運動から、組合員になり、サヨク政党の国会議員になる。大体、こいつらは、平和主義、人権擁護を看板に掲げている。だが、命を懸ける生産も、国防も好きでない。しまいには、"竹島なんか、韓国にやってしまいなさいよ~”とさ。ナンヤラ・瑞穂~ナンヤラ・清美、、結構まともな名前だけは付いているが。伊勢
2011/03/17 00:36 | 伊勢 [ 編集 ]

上記、待ってました真打登場です。
高耐圧ケーブルの調達と輸送が出来たのでしょう。
仮に6600V用CVT250sq.だとすると、ケーブル長を少なく見積もっても3kmくらい?、30tになります。
許容電流560Aですから、大体6000kW。これくらいあれば、大型モーター50基は動かせます。
平均的に言って2~3基の発電所のモーターを賄えます。
今迄で言えば、放水車での海水注入は、カタログスペックですが毎分2t、圧力1.4MPa。
仮に同程度の消防ポンプを用意すると100kW相当。
軽く50台は運用できます。
圧倒的戦力です。

なぜもっと早く、という前に。
物の用意には時間とコストと、そして責任が必要です。
誰かがそれにサインしなければ前に進みません。
そしてそれ以前に、発想が必要です。
その理論的妥当性と時間とのバランスを踏まえた発案は、優れたスタッフによる多種多様な意見具申からしか生まれません。
高圧電線の敷設は、出遅れたのではなく、必要な時間を費やしたのでしょう。
我々は、彼らが常にベストを尽くしているものと考えましょう。
不満を言うより前を向きましょう。
2011/03/17 00:07 | Mephist [ 編集 ]

Mephist先生

原発第一2号機の釜のメルトダウンが起きないように祈っている。

(質問)その炉心(燃料)を搬入したときは、冷たいんですかね?それを、点火して、釜の中の熱を2200Fぐらいまで上げる?それを、どうして下げられないの?十字型の制御棒には限界がある?伊勢
2011/03/16 23:44 | 伊勢 [ 編集 ]

元気の出る記事を二つ

「炉心冷却装置の復旧へ、新送電線着工」(読売、3月16日、14時31分)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110316-OYT1T00556.htm?from=main4

日本の土木技術の凄さ!
    http://bit.ly/eSmwGC
2011/03/16 22:33 | [ 編集 ]

不思議と涙の零れる動画です。
http://www.youtube.com/watch?v=2zeroCZSrjo&feature=player_embedded

前動続行。
2011/03/16 21:58 | Mephist [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する