2011/03/20 (Sun) 勝利の旗・日の丸を揚げよ
hinomaru 4

伊勢爺は1941年、真珠湾奇襲の6ヶ月前に生まれた。だから、愛国者である。だから、日本の敗戦の理由、終戦直後の日本人の苦しみをよく知っている。だから、君が代をよく歌った。昭和天皇陛下が小豆色のロールス・ロイスに乗られて、伊勢暇に来られた。小学生も、紙で作った日の丸を振ってお迎えした。だから、日の丸は、常にわが胸の中にある。わが祖国の旗だから。伊勢平次郎 シカゴにて、






hinomaru 1

福島原発事故の沈静化に命を賭けた勇気のある日本の技術者たち。自衛隊員、警視庁、消防隊員、お医者さんたち、看護婦さんたち、、彼らと彼女らは、「日本の勝利」を歴史に遺す。日本人なら、日の丸を揚げろ!祖国の旗だから。

hinomaru 2

日本女性の模範である。こういう女性がいるから日本は大丈夫。疑うなかれ!


日本人の敵は日本にいる!!



こいつらは、同じ心を持つ日本人ではない。日の丸も、君が代も、皇室までも拒否しているのだ。ついでに、お仲間のはずの民主党も気に食わないんだとさ(笑い)。

hinomaru 3

こいつら、日本人だと言うんだ。そうですか?


(伊勢爺のつぶやき)

福島原発事故は沈静する。まず、日本の技術者~米国の支援~自衛隊員~警察庁~消防士さんたち~お医者さんたち~看護婦さんたちに、感謝の心を伝えたい。みなさん、祖国のために命を賭けられた。

今朝一番、CNNの速報があった。いつも、皮肉とネガテイブな、Jim・Walshが、“日本の勝利だ”と言った。黒人アナウンサーが、“冷却水装置の再始動はどういう意味があるのか?”に対シテ、“Tremendous" と答えた。“巨大な成果だ”という意味だ。在米生活44年、今朝ほど胸が晴れた朝はなかった。

伊勢爺は1945年、真珠湾奇襲の6ヶ月前に、満州で生まれた。終戦直後の日本人の苦しみ~その後のアメリカに対する不信をよく理解している。だが、現実主義の日本人の多くは、経済復興にその力を集中した。まず、日本人のど根性がそこにあった~次に、善意に満ちたアメリカ国民は、日本を心から支援した。今日、アメリカ人の多くは、あの日米戦争に疑問を持つに至った。疑問を持ったのは、マッカーサーが最初だった。

この福島原発は、第二次大戦後初めての、日本人の戦争である。その戦争に勝った。VictoryとCNNは言った。つまり、日本人は誇りを取り戻した。“Redemption" という。

わが青い目の妻の勤めるワールド航空は、米軍輸送の最大手だ。日本と関係が深い会社だ。社員の寄付に等しい金額を日本赤十字に寄付すると発表した。ヒルトンなど、日本と関係が深い米国企業はみな寄付している。

この大惨事で、日本の真の味方が誰(国)か~敵、敵に準じる者(国)が誰かが明確になった。台湾の応援、支援には胸が熱くなった。やはり、日本人の親戚なんだと。アメリカのコミットメントが明確になった。


(変更のお知らせ)

“Fish on the Roof”を“The Day of Victory"と改名します。わが妻は大賛成である。伊勢平次郎 シカゴにて、


(速報)

リビアに軍事介入、仏軍がカダフィ派へ攻撃開始

 最高指導者カダフィ氏派が反体制派の弾圧を続けるリビア情勢をめぐって、フランス国防省報道官は19日夜(日本時間20日未明)、仏軍の戦闘機がリビア領空からカダフィ派の車両を攻撃したと述べた。ロイター通信が伝えた。

 これにより、カダフィ政権に軍事行動の即時停止を義務付けた国連安全保障理事会決議1973に基づき米英仏を軸とした軍事介入が開始された。

 これに先立ち、米英仏と欧州連合(EU)、アラブ連盟、アフリカ連合、国連は同日、パリのエリゼ宮で緊急の首脳級協議を行い、カダフィ氏が国民に対する武力行使をただちにやめなければ空爆に踏み切る方針を確認した。

 首脳級協議後の記者会見で、フランスのサルコジ大統領は「国連から与えられた権限に基づきリビアに介入する」と述べた。17日に採択された同決議は、リビア全土に飛行禁止空域を設けることなどを定めている。

(2010年3月20日02時11分 読売新聞)

comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/13 12:58 | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/24 02:09 | [ 編集 ]

T姉さま

有難うね。伊勢爺が黄泉の旅に出る日も来る。だけども、隼機関の精神は残る。

そうです、民主党を野に追わなければいけない。民主党議員は信用出来ないバックグラウンドを持っている。

また、コメントを下さいな。伊勢
2011/03/23 21:42 | 伊勢 [ 編集 ]

Mephist先生

有難う。これほどの出版の機会は、もうないと思う。この原発に対する公衆の知識不足がこちらでも問題となっている。日本のメデイアの記事を追って読むと、ただただ、見えない放射能に対する恐怖を感情を交えて、形容詞で書いている。ということは、記者に科学知識がないのですね。つまり、いかに日本社会(教育現場)が一般教養や文科に傾いているかの証左なんです。大体、文系の左翼にこのレトリックの傾向が強い。ぼくは、“何事も、数値に換算できる"と信じているので、レトリックを嫌っている。

昨夜遅く、帰宅。犬どもが置物・履物などをメチャメチャにしていた(笑い)。今から、地震発生~津波~福島原発の記事(和英)を集めます。原子力科学分野では、Mephist博士の助っ人が必要ですので、お願い申すしだいです。

それでは、日本、頑張れ!負けてはいかん、泣いてはいかん。伊勢
2011/03/23 21:31 | 伊勢 [ 編集 ]

http://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/

「卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ」
「私は今繰り広げられる悲惨な現実を前にして、どうしても以下のことを述べておきたいと思う」

「大学に行くとは、『海を見る自由』を得るためなのではないか。
悲惨な現実を前にしても云おう。
波の音は、さざ波のような調べでないかもしれない。
荒れ狂う鉛色の波の音かもしれない。
いかなる困難に出会おうとも、自己を直視すること以外に道はない。
いかに悲しみの涙の淵に沈もうとも、それを直視することの他に我々にすべはない。
海を見つめ。大海に出よ。嵐にたけり狂っていても海に出よ。
真っ正直に生きよ。貧しさを恐れるな。船出の時が来たのだ。
思い出に沈殿するな。未来に向かえ。別れのカウントダウンが始まった。
忘れようとしても忘れえぬであろう大震災の時のこの卒業の時を忘れるな。
鎮魂の黒き喪章を胸に、今は真っ白の帆を上げる時なのだ。
愛される存在から愛する存在に変われ。愛に受け身はない。
教職員一同とともに、諸君等のために真理への船出に高らかに銅鑼を鳴らそう」
2011/03/23 20:30 | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/23 20:14 | [ 編集 ]

伊勢殿

上記の情報は不正確な情報をかなり含んでいますよ。
少なくともヨウ素は1ヶ月もすれば忘れることが出来るレベルに減少します。
セシウムほかの長寿命核種は、量に対して崩壊する頻度が低いので、脅威としてはさほど高くありません。
これらを一纏めにした単位がベクレル(Bq)です。

こういうは比較論はあまり好きではないのですが
中国が大気圏内核実験を行った際の実際のデータですが;
1キロ平方あたり東京で56.8ミリキュリー
とあり、ベクレルに換算すると2101MBq=21億100万ベクレルとなります。
ちなみに3/20に栃木で記録したのが1300MBqです。

この程度の問題を大騒ぎするなら、中国に対してもロシアに対しても、もちろんアメリカに対しても相当強く抗議しなければ釣り合いが取れないでしょう。
2011/03/23 19:04 | Mephist [ 編集 ]

上の情報を有難う。ほぼ、その通りでしょうね。原発事故そのものは終わったが、その清浄処理の問題が残ったと。だが、各国の原子力(日本政府も)管理委員会は、福島原発が現在計画中の、または、将来の原発開発を停止させることはないと。理由は簡単。原発の電力なしに、高度な文明社会は成り立たない。資源のない工業国、日本が原発を断念できるわけがない。そんな政策を採れば、失業者が巷に溢れ、社会不安が起きる。伊勢
2011/03/23 12:02 | 伊勢 [ 編集 ]

武田邦彦先生は良心的に住民の側に立って、分かりやすく解説してこられたので、毎日ブログを追ってましたが、原発の現在の状況は
 http://takedanet.com/2011/03/24_f311.html> (C) 2007 武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ

 (平成23年3月23日 午前8時 執筆)


> 
・・・・・・
以上のことから、福島原発の事故は3月22日の午後になってようやく将来の見通しがわかり、簡単にいうと、「福島原発の事故は、原発自身については終わりつつある」と言って良いでしょう。



今後、放射線物質が飛散することもあるし、いろいろな事後処理がありますが、これまでのような緊張した状態からは脱したと思います。



その点で、今までわたくしが示していた被曝の計算から言えば、



・・・「現在」の2倍で終わる・・・



ということです。前の表の「現在」とその2倍の間に絞られてきたと思います. 



「現在」より少し大きめな数値も考えておくのは、これまでは空気中の放射性物質から被曝していたのですが、今後は野菜、水、海、魚などから少しずつ被曝しますからその分を考慮しておいたほうが良いということです。



さらに、福島原発はまだ安定していないのですから今後も大きな爆発も考えられますが、それは可能性が少ないので「頭の隅に入れておく」程度です。



・・・・・・・・・



今後は福島原発を忘れて、身の回りに関心を寄せ、「野菜はどうするか」、「飲み水は」、「風呂は」、「海水浴は」などを考えて行きたいと思います.


>メルトダウン」をメディアは恐ろしいことのように言いますが、現在の福島原発はそれより酷い状態なのでメルトダウンは怖くありません。



ただ、燃料棒を取り出せないので、かなり手こずるでしょう。つまりメルトダウンというのは、「手こずるか手こずらないか」の問題であり、「大きな事が起こるか、起こらないか」ではないのがスリーマイルの教訓でした。


 









2011/03/23 10:37 | [ 編集 ]

シカゴを出て、ワシントンでニューオーリンズ行きに中継。その60人乗りのCRJ(カナダ製)は飛び立ってから20分で、アナウンス。ワシントン・ダラス空港へ引き返すと。空中で燃料を放出して緊急着陸。今、午前1時、ヒルトンにチェックイン。明日、午後のフライトでルイジアナへ帰る(笑い)。伊勢爺
2011/03/22 14:31 | 伊勢 [ 編集 ]

Mephist 会長
 ご紹介のサイト拝読しました。なるほど放射能と放射線の違い、特に半減期が8日であること大変勉強になりました。期間限定の危険理解できました。
 戸外での作業が多いものですから不安でしたが、これで安心です。ありがとうございました。
2011/03/22 13:08 | 多史済々 [ 編集 ]

何より必要なのは
1.正確な情報
2.迅速な公開
ここまでは概ね及第点だと思います。しかし、ここまでは官僚と職員の仕事です。
3.正確な解説と周知
4.具体的な対応と将来の展望
この2点は政治家の役目です。これはさすがに落第です。

原子炉に関しては経済産業省のホームページに正確な情報が掲載されています。
私の目から見て嘘偽りのないものです。
しかし、普通の人には難解でしょう。

政治家に必要なものは、説明力です。
学校のプールに燃料を保管するとか言い始めるような政治家は不要です。
ましてや、海江田の様に「俺の言うとおりにしなければ処分する」とハイパーレスキューに言い放つ外道はまったく不要です。

なお、現在の原子炉は2,3号以外ほぼ安定です。
4号はもしかしたら使用済み燃料プールから漏れがあるかもしれませんが、補充で概ね対応できます。
外部電源が接続されましたので、もう少しで、正確な情報が出てくると思います。
ここまでくれば、あと一息です。
大惨事にはなりません。

ついでなので、放射線に関して良く分からん、という人のために、いいページがありますので紹介します。
http://muumuu.com/kaku/fission_00.html
これを見れば普通の人でも十分理解できるでしょう。
2011/03/22 12:02 | Mephist [ 編集 ]

海運人様
 ご紹介のサイト拝読しました。
 いや、何とも安心しました。3個の原子炉の水面上の燃料棒からわんさと放射能が発生していると想像していましたが、そうではないとのことですね。
 政府もこれくらいの技術的な発表をしてくれるとありがたいんですよ。
2011/03/22 11:21 | 多史済々 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/22 00:50 | [ 編集 ]

 しかし、枝野官房長官の人体に影響はないレベル発言はなんとも癇に障りますな。
 念のためマスクだと、マスクしながら作業をすれば息が上がるし、メガネが曇って仕事ができないよ。そんなに便利なマスクがあるなら支給せよってんだい。
雨が降るときにはカッパを着てください? カッパ着ても顔や袖口は濡れるし、いちいち水道で洗ってビニールの袋に入れていたら何着のカッパが必要になるのかね。
 民主党の幹部諸君、土ぼこりの上がる場所でせめて一ヶ月でも全日戸外作業をしてみたらどうかね。簡単には人体に影響はないなどと言えないよ~だ。
2011/03/22 00:36 | 多史済々 [ 編集 ]

なつ大兄

心強いな。海運人兄とあなたは。もう新聞記事なんかアテにもならん。事実だけを知らせる「トルー・タイムス」を発刊しよう。伊勢
2011/03/21 23:24 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さま

物理学者 早野龍五氏のツイッター情報です。

【福島第一原発状況図解更新】

3/21 4pm http://bit.ly/icAZnJ  今日昼前に5号機には外部電源がつながった.
24分前 Echofonから
2011/03/21 22:28 | なつ [ 編集 ]

海運人大兄

いや~、専門家なんてもんじゃないねこのお方は。ローテックの伊勢爺にもある程度理解ができた。原発の素材も知らないで、論評するばか者が多い。日米欧露の評論家の99%はガセネタをソースにしているんだ。

CNNの番組で、あまりムチャクチャをいうので、Jim・Mackintireが、“あなたが方は、一体、何を言ってるんですか?福島原発事故の要素は二つ。津波と発電機流出。それを日本の技術の何だって?”と注意すると、みんな黙った。こういうの、日本の保守ブログという連中にもいるね。何でもかんでも、“アメリカの謀略だとか、日本はアメリカに食い物にされている”とか。若いのにな、生まれつきの低脳か無知蒙昧というしかない。伊勢
2011/03/21 22:27 | 伊勢 [ 編集 ]

電気新聞の記事です(http://www.shimbun.denki.or.jp/news/special/20110318_01.html)。電気新聞は日本電気協会の一部門、かつ筆者は日本の原子力技術の親玉みたいな人なんで、ポジショントークも否めませんが、おおよそこれが確度の高い現状のようです。中長期的には課題は山積ですが、とりあえずのこれ以上の被害拡散を食い止めるには、あと一歩のところまで来ているようですね。
2011/03/21 21:43 | 海運人 [ 編集 ]

Mephist先生

3,4号機の安定は確認が取れない?何をするべきなんですか?伊勢
2011/03/21 20:52 | 伊勢 [ 編集 ]

"Operation Tomodachi" The Day of Victory

と表題する考えです。2万人以上の犠牲者に捧げる「日本の勝利」です。

今、朝の5:45AM シカゴ郊外のオークパークで目が覚めた。昨夜中、雷雨で部屋にはスチーム。ニュースは、USエネルギー相の、Steven・Chuが“危険を避けられた”と。この男は批判される。“メルトダウンが起きた”と発言していたから。

英仏米伊の空軍はリビアを制空した。だが、バハレーン、イエーメンの暴動が治まらない。原油が再び高騰。小麦も、コーンも。日本はこれらの世界第三の輸入国。3~6ヶ月は辛抱ですよ。教訓とも思う。若者たちに、“食べ物は不足するもの”という教訓にですね。伊勢
2011/03/21 19:52 | 伊勢 [ 編集 ]

Day of Victoryですか。 やっとここまで漕ぎ着けましたね。 命を懸けて任務を果たされた方々には、感謝と敬意を表します。

陛下のベンツと言えば、戦後の苦しみに耐える国民を励ますための全国行幸に使われれたのが有名です。 ドイツに行ったときベンツ博物館で現物を見ました。 あれは特注品だったのですね。

我々の世代は戦後の混乱も知りませんが、この地震が日本再興のきっかけになるような気がします。
2011/03/20 18:41 | Venom [ 編集 ]

勝利の日、というのはいいですね。
我々はそれに向かって歩きはじめたのです。

なお、原発の状況は日々変化しています。
5号と6号は、報道されていませんがどうも燃料棒が入ったまま定期点検に入っている気がします。圧力容器以外の点検なのでしょう。日々圧力が上昇しています。
もちろん問題ない範囲です。
また、非常用ディーゼルが2基稼動していますから、電源の問題はないようです。
1号は安定的です。
2号はよく判らないことが多いものの、燃料の大量飛散の危険はないです。
3号炉は格納容器の圧力が上昇中(設計圧の半分以下ですが)で、格納容器の健全性を示しています。炉心の圧力は低いので、これまた飛散の可能性ないでしょう。
4号炉は必死の注水で当面の危機は回避できたと思います。

電源系の復活が近いので、brave50は命を削って時間を稼いでくれた英雄、と言うことに反論の余地は全くありません。

ですが、もう一息です。
自立的な冷却が出来るまで、もう少しです。
いろいろなものが水面下に入れば、放射線量も減少して、長期的な対応が可能になります。
Tomodachiに背中支えてもらいながら、立ち向かう日本の姿は必ず世界に訴えるものがあるはずです。
2011/03/20 14:01 | Mephist [ 編集 ]

極東のt兄

“有難う、香港’と言ってね。

シカゴは寒いですわ。もうさ、ワニさんが棲むルイジアナの気候に慣れてしまった。シカゴさ、何度来ても、なんか、すごい都市。大都会というのでもない。工場労働者の多い。チャイナの工業・商業都市のようなもんです。知的な人はいるんだろうけども。昨夜イタリアンに食いにいったけども、話題がヒックイので、うちのが辟易していたわ(笑い)。

ルイジアナに月曜に帰る。早速、日の丸を玄関に揚げる。伊勢
2011/03/20 03:40 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さん、では勝利に万歳ですね。同じく国のために命を賭けられた方々に感謝をささげます。

昨日、朝、いつものようにスターバックスでコーヒーを買いました。レジの横に”スターバックス香港各店では今日の3時~5時まで全ての飲み物の売り上げを東日本大震災に寄付します”、とありました。

それはどうも、と思いそれ以上さして気に留めなかったのですが4時頃ある店の前には30人以上の行列が。そしてその他の店舗でも同様にたくさんの人が並んでいました。ありがとう、と日本語で言いました。みんな、日本語のありがとうは知っているはずなので。がんばて(がんばってではなく、がんばて)と返って来ました。

台湾で4時間で21億円集まったというのはものすごい話で(NHKはJAPANデビューで日本と台湾の絆を引き裂こうとしたことを反省されたし)それに比べればこの日のスタバの売り上げは小さいのかもしれませんがやはりとてもうれしくありがたい話でした。(香港の人々は普段クールですしね)

一方、日本では”コンビニを見て回るだけの簡単な仕事です”と蓮ホウ大臣が揶揄されていましたが、まさしく。心が感じられるものはありがたいものであり、ココロの通わないものはありがたくないものだということがはっきりしましたね。

「また再建しましょう」
http://www.youtube.com/watch?v=jrouOZgvqno



2011/03/20 03:17 | 極東のt [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する