fc2ブログ
管理人は、アメリカ南部・ルイジアナ住人、伊勢平次郎(81)です。
05 * 2023/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
12/14
「アイリス・チャンの死」 最終章
rugar old army

ルガー・アメリカ南北戦争時代・北軍ピストルのオリジナル。アイリス・チャンは、模造品を買った。生涯を自分の手で終えるために、、クリックで拡大。 伊勢平次郎


「アイリス・チャンの死」 最終章

“アイリス・チャンは、数々の闘いに勝った女性だ。だが、最後の戦争に敗れた。それは、心の内部で猛威を振るった戦争だった”

サンフランシスコ・クロニクル
Heidi Benson
Sunday, April 17, 2005

精神科の医師たちは、brief reactive psychosis(短期反応性精神病)と診断したと父親。さらに、医師たちは、一過性か、bipolar disorder(躁鬱病)の兆候であると両親に話した。
躁鬱病は70人にひとりいると言われる。サイクルがある。ムードが、躁から鬱へと極端に変化する心の病気である。治療を受けないと、症状は悪くなる一方のものである。アイリスは自分は病気ではないと、抑鬱薬を拒んだ。絶対に病院にはいかないと言った。

「8月から11月の間、アイリスは二人の医師にあった。自分の言うことを聞いてくれる医者を選んだ。彼女はその医師を欺いた。良くなっているように振る舞ったのです」と父親。

アイリスに近い人たちは、彼女の気分が上下するのを知っていた。だが、それは才能のある者、エネルギーのある者、覚悟のある者の証拠だと思っていた。今は違った。家族は一岩となって、彼女の病気を勉強した。

ブレットが「アイリスが良くなるためのリスト」を考え出した。海岸へ行く・友人と話す・楽しい食事・各種体操などだ。ブレットは地下室に体操室を作った。ダンベルを両手に持って一緒に体操をした。だが、鬱病は襲ってきた。

二歳になった息子は、ルイビルから帰ってきた母親の異常に気が付いていた。同じ母親ではないと感じた。ブレットは、アイリスの症状が悪くなると、息子をイリノイの祖母の所に預けた。

スーザン・ラビナー女史は「アイリスが電話で、今、バターンの企画は出来ないの」と言ってきたと語った。「機関車じゃないんだから、休むことよ。子供のためにね」と返した。

アイリスが自殺する三日前、ブレットは、彼女のために週末を考えていた。フレッシュ・チョイス(菜食カフェテリア)へ行って食べてから、レイ・チャールスの自伝映画を観た。彼女は以前に、レイ・チャールスの音楽を聞いたことがなかった。音楽がアイリスを元気付けた。その夜、彼女は二階へ上がって行き、インターネットで、レイ・チャールスの全てをサーチした。

翌日の日曜日、サンタ・クルーズ・マウンテンへ、ドライブした。桟橋でランチにした。その跡、スパへ行った。ユ-カリと赤すぎの森の中にある寺院の中です。アイリスはマッサージを受けた。「それが、最後に過ごした週末なのです」と夫は涙ぐんだ。

11月8日、月曜日の真昼、「リードのスポーツ店」を出たアイリスは、リボルバーに弾を込めた。撃鉄を引いたが発射しなかった。この南北戦争時代の模造品のピストルは黒煙火薬を使うものだ。鉛の弾はひとつひとつ、火薬を詰めてからキャップを締めなければならなかったのだ。

サン・ホゼ警察のレポートでは、彼女は鉄砲鍛冶に電話をした、、この鍛冶屋は骨董品のピストルに精通していた。彼らは、午後に会う約束をした。時間があったので、彼女は、ミルピタスの「富士山寿司」へランチに行った。マネージャーは、有名な作家のアイリスをよく知っていた。「彼女は幸せに見えなかったんです。大急ぎで食べて、緑茶をテイクアウトした。$15ドル11セントを、カードで払って出て行った」と刑事に話した。

アイリスは、2時に鍛冶屋に着いた。アイリスが差し出した紙袋の中には、旧式ピストル一式と火薬の缶がひとつ入っていた。「缶は別に保管しないと、爆発しやすいから危険なんだよ」と彼女に注意した。「知らなかったわ。弾の込め方を聞かなかったの」と答えた。鍛冶屋は、装填・安全・撃ちかたを彼女に教えた。「彼女は、注意散漫だった。なにかに気を取られえているようだった」と刑事に語っている。

「ガン・レンジへ練習に行こう」と彼女が言った。鍛冶屋は、その黒煙火薬は室内で発砲するには危険だからと、安全な火薬を勧めた。二人は水曜日にガン・レンジで会うことを約束した。彼女は鍛冶屋に$10ドルを払った。

その夜、ラビナー女史から電話があった。「いいニュースよ、企画課がね、子供用の“アメリカの中国人”を出版しようと言ってきたのよ」と二時間も話した。「楽しい会話だったの。でも、突然、アイリスが、“あなたは宗教を信じる?”と聞いたのです。いや、全く宗教には感心はないと言ったんだけど、彼女は何か、決心があるように聴こえたのよ」と想い出したようにラビナー女史は語った。

ラビナー女史は、アイリスを、ニューヨークのウエスト・チェスターに招待した。それから、その企画の目次が出来るまで、毎晩、電話で会話するようにと言った。「電話を切ってからとても心配になったのです。わたしはあまりにも、精神病のことに疎かった。この電話で、アイリスが、サヨナラと言ってきたことに気が着かなかったんです」と語っている。

その夜、アイリスとブレットは深夜12時に就寝した。ブレットは目が醒めた。2時だった。アイリスが廊下を行ったり来たりしていた。2時だから寝るように」と言ったが、アイリスは話しがしたかった。彼女が寝るのを確認して、ブレットも眠った。

ブレットが5時に目を醒ますと、隣りのアイリスがいなくなっていた。車も消えていた。二階へ上がると、机の上に置き手紙があった。ブレットは電話に飛びついた。

三通の遺書が発見された。その全てに11月8日の月曜日と、日付けが記されていた。最初に見つかった「アイリス・チャンの声明文」という題名の遺書は短かった。「わたしは、毎朝、起きることを約束します。それから外へ出ます。始めに、両親を訪れます。それから、長い散歩をします。医者の言うことを聞きます。薬を飲みます。自分を傷つけることはやめます。自殺サイトを覗かないことを約束します、、」

次に両親・ブレット・弟に遺書を書いている。今度は推敲された長い遺書だった。

書き出しは「将来を信じているときは、何世代や何年という感覚で思考する。そうでないときは、一日、一日、、または、一分、一分なんです」 続いて「みなさんは、わたしがどんな人間であったかと憶えている方がよっぽど良いのです、、私の最盛期、ベスト・セラーの作家だったとか、、ルイビルから帰ってきた狂った目つきの敗残者を覚えているよりも、、.息を吸うのも難しいの、、海中におぼれていくような不安でいっぱいなの、、今、わたしの取る行動で、痛みが他の人々にも伝わっていくことは分かっているの、、わたしを愛してくれた人たちが一番、傷つくことは間違いない、、どうか、自分をゆるすことが出来ない、そのわたしをゆるして下さい」と。

三番目の遺書には次のような節が加えてあった。「ルイビルで起きたことには多くの面がある。それを、私は完全に理解できることはないでしょう。さらに、心の深いところで、みなさんは、わたしよりも分かっているのではないかと、それを言わないんではないかと不信を抱いているのです。わたしは、自分が想像も出来ない巨大な力でリクルートされた。そして、後になると、迫害されたと信じています。その疑いを打ち消せないのです。その力が、CIAなのか、または、他の組織なのか知る由もないのです。私が生きている間(あいだ)中は、この力は、留まることなく、猟犬のように追いかけてくるのです。

「ルイビルへ出発する数日前です。私は、自分の身に迫る危険を深く予感したのです。凶事が起きることを突然、察知したのです。道を歩いていると、誰かが後をつけてくる、、うちの前の道路に白いバンが停まっている、、封の開いた封筒が郵便局の私書箱に入っている。私には確信がある。ノートン精神病院に留置されたのは政府の仕業なんだと。私の信用を否定することを企てたんだと。

「始めは逃げようと考えたの。でも、自分自身と自分の思考からは絶対に逃げられない。だから、私はこうするんです。どうしてかって? これから先、何年間も続く苦痛と苦悶に耐えられないのです。私はあまりにも弱いのです。

火曜日、17号線のわき道で、アイリスのオールズモビルが発見された後、ハイウエイ・パトロールの警官は殺人課(自殺も含む)のディーン・ベイカー警部を呼び出した。33年間、「不信死」を調査したベテランである。

「自殺者の大多数はパラノイア(被害妄想狂患者)です、、多くの人々が被害妄想を持っているのですがね、、被害妄想の程度に拠るのです、、そして、多くのケースですが、自殺する人は、みんなを傷付けたと考えるのです。そして、自殺以外には、自分がやったことを償うことは出来ないと考えるのです。大体の自殺は「謝罪」なのです」と警部。

2005年3月1日、サンタ・クララ郡の検死医のレポートを以って、ベイカー警部は最終結論を出した。「関連医師、及び、検死医の解剖の結果に拠り、アジア系女性36歳のアイリス・チャンは、自ら口蓋部を拳銃で撃ち、死亡したものと結論する」と発表した。さらに、「この女性の死に関して、なんらの共同謀議を証明する証拠はなかった。われわれは多くの自殺を見てきた。自殺と見せかけた殺人も見てきた。このケースでは、卑劣な仕掛けという物的証拠は全くない。すべてが自殺を指さしている」と加えた。


                  ***冗長なので省略した***


「睡眠不足が鬱病の特徴だ」と“夜は更けていく”の著者で精神病医のジャミソン医師はクロニクルの質問に答えた。「鬱病患者の典型的な症状は、眠ることが出来ないことだ。毎夜、起きている時間が長くなっていく。眠れないことが、さらに、眠れなくするという残酷な効果を生む。睡眠不足が鬱病を悪化させる。鬱病が悪化するから眠れない」と、その地獄を語った。

アイリスは身の安全に不安を感じるとともに、自責の観念も増加した。遺書の中に、二歳にならないクリストファーに、ワクチンを打ったことを悔やんでいる。そのワクチンが自閉症を起こすのではないかと恐れたのだ。今日でも、クリストファーは、全く自閉症の兆候などのない健康な子供なのだ。

アイリスの経口薬を嫌う態度は、彼女が病気を否定している証拠なのだった。「誰にとっても、自分が精神病であることを認めることは困難なことだ。自分の生まれが原因だと容認できないのだ。さらに、自分のマインドに異常があると認めることは誰にも難しいことだ」と、元サンフランシスコ・チャイナ・タウン精神病クリニックの院長である、デイビッド・ロウ精神医学博士は語った。「家族には、この病気を理解することは、ほとんど不可能だ。患者と関係が近いからだ」と加えた。

「責任は精神病医師が負うものだ。患者の持つ文化の影響を考えなければいけないのだ。精神病患者が出た家族は、恐れ、おののき、危険に晒されるという混乱の時間に直面するんだ」と続けた。

ポスターサイズのアイリスの写真が、キャンドルの炎で照らされていた。ロス・アルトスの斎場だった。彼女の死から9日間が経っていた。次々と、遺族にお悔やみを言って、彼女の友人たちは棺にぬかずいた。最後の対面だった。中国人の習慣で三度頭を下げた。アイリスは、棺(ひつぎ)の中で濃紺のドレスを着ていた。

翌日の金曜日の朝、ロス・アルトスの丘の、Gate of Heaven Catholic Cemetery(カソリック墓地)で埋葬は行われた。何百人もの人々が集まっていた。家族のひとりが追悼文を詠んだ。ついで、米議会下院議員マイケル・ホンダ氏の賛辞が詠まれた。「彼女の中国系米国人としての遺産であるプライドは、他の中国系米国人に力を与えた。彼らが真にアメリカ人であるという確証を与えた。われわれの共同体は、友人であり、模範であった彼女を失った。世界は、もっとも立派な、そして、社会と歴史上の正義への情熱のある擁護者を失ったのだ」と。この賛辞は、その週のはじめに、米国議会で、ホンダ議員が詠み上げて議会記録としたものだった。

             ***あまりにも、センチメンタルなので削除した***

一ヵ月後の12月11日、同じアイリスの写真が南京侵略事件67周年記念会場に飾られた。中国の伝統音楽が二重奏で流れた。ここは世界中国語新聞社の本部だった。100人近くが集まっていた。このイベントは、Global Alliance and the Rape of Nanking Redress Coalitionという団体が開催したものだ。

演説者のひとりは「アイリス・チャンは、不公正のために圧殺された人々の英雄なんだ」と叫んだ。もうひとりは「アイリスを育てたご両親に感謝しよう」と。そして、興奮の合間にギタリストが、“レット・イット・ビー」(ビートルズ)を演奏した。ビデオを映すための幕が張られた。2003年、サンフランシスコ青年会議「日本の天皇・ヒロヒトを裁く劇」に出た、証人役のアイリスがいっぱいに映し出されていた。最後に、グループが立ち上がった。 魂を揺さぶる"Amazing Grace″を合唱した。

だが、誰しもが、アイリスの自殺の理由を「一言」で説明したがったのだ。問題は精神病そのものだ。ほとんどの人々は、信仰・家族・健康・経済上の安定で守られる。しかし、これらの約束は精神病では力がないのだ。

「患者の多くは家族の愛に囲まれている。それでも、自殺する」と“自殺を理解する”の著者である、ジャミソン博士は語った。「患者たちは、克己心・仕事熱心・社会で認められる・サイエンスでも、営利事業でも、芸術でも成功する。回りの人々は、自殺が理解出来ない。どうして? 答えは、誰もが話したがらないからだ」と。

「自殺は、人間の指紋のようにユニークで、複雑な地図のその終着駅なんです」と、“約束の地(アメリカ)における、自己破壊”の著者である、ハワード・クッシュナー博士は語った。ついで、「私たち専門家が疑問に思うことは、“どうして、同じ条件下で、つまり、よく似た環境・文化・背景の心理・または、生理条件において、ある者(アイリス)は自殺を遂げ、ある者は自殺しないのか?という疑問なんです」と語った。

誰も、その疑問には答えられないのだ。 (完 )

                                ***

***「アイリスの遺書」英字ブログNFL http://bomanchu.blog81.fc2.com/ にて読めます。

***「解説」は避けた。ご感想をどうぞ、、


伊勢平次郎 ルイジアナ

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**






*** 隼機関のホームページが出来ました。会員登録を呼びかけています。 ***
http://falcon.x.cmssquare.com/  リンクからもつながります。

*** 日曜日の朝、「募金のお願い」を発表します。 ***

この記事へのコメント

結局、この中国女性は日本を批判する本を書いて、アメリカの白人に受けた
から、自分はアメリカ人の仲間入りしたと思って、次はアメリカでの中国人に
対する差別を批判する本を書いて、アメリカの主流の白人から批判された
ので、自分は所詮、中国人に過ぎないと思い知らされて自殺したんだろう
と私は考えている。
ちなみに、彼女の夫はIT関連会社に勤める白人で、アメリカでは中の上の
暮らしをしていたはず。
粕谷真人 [URL] 2007/12/19(水) 01:36 [EDIT]

凡星大兄

わし寝不足なり。だが、山登り機械と、水泳は行ったよ~。GRIPENさん、掲示板の倉庫に入れて置いて。伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/16(日) 13:07 [EDIT]

ジャーナリスト水間政憲氏が論文の自由使用、各国語への翻訳を認めておられます。

================================
 筆者の慰安婦問題の論文は、今年「SAPIO」で発表した2本があります。その1本は、AP通信から取材された「スクープ!従軍慰安婦騒動どころではない『封印された占領下の米兵、日本人婦女子凌辱事件ファイル』です。この論文に関連付けたニュースを、2007年4月APが、東京発で配信したところ、マイク・ホンダが狼狽えたことを産経新聞が報道していました。

 慰安婦問題は、「弁明」しても欧米人に理解してもらえないのです。攻撃こそ最大の武器なのだ。また、『SAPIO』に掲載した「新史料発掘!当時の朝鮮紙が報道していた極悪『朝鮮人業者』強制連行の動かぬ証拠」で、インターネット上に掲載されていた「東亜日報」の記事を、国立国会図書館関西館で確認して、翻訳されていなかった全文を明らかにした。その翻訳文を利用して、ワシントンポストに広告を掲載したようだが、弁明としか受け取られなかった。筆者に連絡があれば表現のしかたは、違っていたであろう。

 慰安婦決議をした国家の無知を、世界中に晒すために、『SAPIO』に掲載した上記2論文を転載フリーにします。筆者の希望は、日本を憂いている外国語に精通している方に、英・仏・独・アラビア語などに全文を翻訳して世界に発信していただきたい。論文は、日本の名誉を守る武器として仕上げております。戸井田先生のブログをお借りして、提案させていただきました。2007年12月15日。ジャーナリスト水間政憲。

●追伸 (水間政憲)

 『事件ファイル』は、「SAPIO」2007年4月11日号。『朝鮮紙』は、同2007年5月9日号です。
================================
http://plaza.rakuten.co.jp/paradise55/
凡星 [URL] 2007/12/16(日) 12:24 [EDIT]

ソニー

募金がうまく働けばだが、英字出版チームはプロフェッショナルなレベルになるよ。正月から飛ばして行きたいもんだ。全ては募金にかかっているんだ。資金さえあれば、君もチームに入れるんだ。伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/16(日) 12:18 [EDIT]

ドン!そういえば、ギリシャに行くの明日でしたよね。

ちゃんと忘れずにエントリーの下部に投票ページのURLを貼ってからお出かけしてねー。

★投票ページ実験中!★
隼速報コメント欄を読んでるみなさん、クリックしてねー。

http://falcon.x.cmssquare.com/modules/news/article.php?storyid=5

GOOGLE版英字ブログはドンが帰国してからだろうけど・・・

ホンダに落とすコメント爆弾を他のブログで披露しちゃったからねー。

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1180.html#more
インターセプト [URL] 2007/12/16(日) 11:24 [EDIT]

みなさん

「募金のお願い」を書こうとして、文献をサーチしていた。すると、“JAPAN TODAY”というブログに突き当たった。英語ですが、日中関係をアメリカ人が、どう論じているかを知ることが出来る。伊勢
http://www.japantoday.com/forum/tm.asp?m=948173&mpage=1&key=󪓿
iseheijiro [URL] 2007/12/16(日) 07:28 [EDIT]

くまぞう大兄

募金の申し出を有難うね。わしも来年は馬齢67。今、分別盛り。両親、兄二人、姉、弟が、黄泉の住民となった。平均69年の生涯でした。かくいう、わしも、後10年かなと思うことがある。「日本の名誉」のためになどという、大きな考えはない。「同志のために」ということです。日本人も多種多様だから。それをわしがどうすることも出来ない。一億3千万人のうち、何人が志を分けることが出来るのか知る由もない。何人の人が分かってくれるのかも分からない。ただし、失望することはない。伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/16(日) 06:20 [EDIT]

応援します!
是非、募金に協力させていただきます!

伊勢さんの理念のぶれない活動方針に強い共感を覚えます。

戦う相手は内外に多いかもしれませんが、きっと潜在的な味方
もいるはず。

私も陰ながら応援させていただきます。
がんばってください!!
くまぞう [URL] 2007/12/16(日) 01:53 [EDIT]

hiroさん

寄付の申し出を有難うね。重要なことは効力のある英字出版です。WP広告のように、1800万円もの前払い金が、必用ではない。章を追うごとに発表して行き、ページが進むごとに間に合えばよい。使用先は実費と最低保障です。「伊勢に疑問がある、これは詐欺だ」と思う人のおカネは要らない。目的は「日本人の名誉」です。これは、内外の民間人の仕事です。2008年はこれだけで充分です。伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/15(土) 18:25 [EDIT]

募金が開始されるのでしょうか。
でしたら数ヶ月募金のためにお金を貯めていたので寄付させて頂きます。あと開始されるのならまだ知らない多くの有志に知らせる必要がありますね。
hiro [URL] 2007/12/15(土) 18:09 [EDIT]

マイ舞さん

カナダの韓国人団体ですね。半島人は基本的に難民なんだな。中韓朝は不安定なんだ。国務省、CIA、シンクタンクは理解していると思う。政治・経済・社会が根付かない。それで、カルトに走るんだね。アメリカではなく、日本が被害を被るんだな。慰安婦決議はその出だしなんだ。伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/15(土) 17:45 [EDIT]

GRANMA

今、GRIPENさんとSKPEで話していた。実にアジアの情勢が理解できている。アメリカが二つに割れているから世界中が不安定なんだな。

読売が一番自覚していると思う。河野は日本人だから始末が悪い。上着の上のボタンを掛け違うとどこまでも真っ直ぐはならない。国会で審議(一年かけてだ)して、日本自身の結論を出せば良い。その結果を公式に声明すればよいんだ。伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/15(土) 17:10 [EDIT]

12月15日付けの読売新聞の「慰安婦決議 欧州での連鎖反応が心配だ」の社説、「国際社会の誤解の根元である河野談話を見直していくことも必要だろう。」との意見を支持します。
慰安婦問題に関しての読売新聞の社説は以前から正論だと思っています。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20071214ig91.htm
河野談話白紙撤回について、もちろん署名、提出済です。
GRANMA [URL] 2007/12/15(土) 16:16 [EDIT]

>いや、強要するぞ~! は、は、は

地獄の番犬ケルベロスが守る大井川の関所?
お伊勢参りへの道は厳しいのだ!(笑)

>日本人のほとんどが決議に賛成しないということかな?

普通、そうでしょ。ふと思ったけど、在日特権を許さない人たちで、性奴隷決議を許す人もいないハズ。隼HPの登録者数も数千人規模になって欲しいな。大井川に架けた石橋は安全だから、叩いても壊れないよ。パラオの橋も結局、日本が直したんだ。(笑)

>「カレーリャースと福神漬」は日本の憲法九条のはずだが?

隣国にもそう伝えておきます。(笑)
インターセプト [URL] 2007/12/15(土) 13:45 [EDIT]

ソニー

投票ページは強力な世論を知るツール。徹底論破(23)~河野談話の齟齬指摘(18)~風化に任すは(0)なんだねえ。つまり、日本人のほとんどが決議に賛成しないということかな?ところで、「カレーリャースと福神漬」は日本の憲法九条のはずだが? 伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/15(土) 12:55 [EDIT]

ソニー

>>隼HPは別に会費が要るわけでもないし、募金を強要される訳でもないですよ。

いや、強要するぞ~! は、は、は

今、気がついたんだが、隼には、左翼・反日・特アから書き込みがないねえ?削除してるわけじゃないよ。伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/15(土) 12:39 [EDIT]

★実験用の投票ページ/クリックしてっほしーの!★

http://falcon.x.cmssquare.com/modules/news/article.php?storyid=5

みなさんよろしくご参加くださいね。

それと投票済みの方たちにお知らせです。
円グラフをクリックすると【票数】→【%】→【票数/総数】→【順位】と表示が変化しますよ。
それと自分が投票した答えには【下線】がついてます。

隼HPではトップページの「最新のお知らせ」かメインメニューの「お知らせ」で「投票ページ」に行けますからね。

★隼機関HP/登録してっほしーの!★

http://falcon.x.cmssquare.com/

登録にはハンドルネームとメルアドが要るだけですよ。メルアドはYAHOOメールとかで良いみたい。
YAHOOメールは便利です。理由は言わない。悟ってください。

隼HPは別に会費が要るわけでもないし、募金を強要される訳でもないですよ。安心の先進システム。
最低限の常識だけは守らなくちゃいけないけど、それはみんなが当たり前にできて、私に難しい事だったりもする。そっとしておいてくれ~。
インターセプト [URL] 2007/12/15(土) 12:31 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2007/12/15(土) 12:16 [EDIT]

GRANMA

戸田城聖から池田大作と、創価学会が、仏教のスペルを利用して無知の政治集団となり、官界にまで侵入する。文鮮明の統一教会・朝日新聞・日教組、日本を侵しているね。さあ、それなら、特効薬を考え始めましょう。伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/15(土) 05:55 [EDIT]

世界各地での反日運動に対しては、日本国民は日本政府、日本外務省を頼りにしたいのですが、博士さんのブログを読んでどうしようもない虚しさを感じました。事実ならば本当にひどいことです。

『外務省内の創価学会信者はゆうに400人超と指摘されている。ご存知の「大鳳会(おおとりかい)」は、同省内における創価信者の集まりである。』

http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1216.html
GRANMA [URL] 2007/12/15(土) 05:17 [EDIT]

マイ舞さん

あなたの疑問は確信を突いている。電話で話したとき、JOKは「カナダの決議には関係ない」ときっぱり。

在米中国人は、エキセントリック、または、ヒステリックです。手紙一枚で始まったことね、バターン死の行進で日本政府に謝罪を求める団体はあったから、「これはいける」と飛び付いた。アイリスは弱者の中国人を殺した日本人が憎いなだけです。アイリスは華僑だが、アメリカ人でもある。つまり、中国共産党の究極の目的は知らなかったし、国民党も、共産党も、同じ中国人と考えていたでしょうよ。彼女は、その後、飛躍し、911事件では、NY・TIMESで、ブッシュを批判した。アメリカ政府まで敵に廻した。それで、CIAを恐がったんだ。FBIの友人に話したら、「それじゃ、ブッシュ反対の1億人の市民を監視しなければならないね。CIAはたいへんだなと、大笑いした。まさに、被害妄想狂なり。伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/15(土) 03:46 [EDIT]

文太兄、インターセプト兄

ランキングは「行動」したときに急上昇する。19000ヒットで沸いた頃がそうです。幕末維新の革命児たちは数えることが出来るほどの少数。核になる者は少数精鋭がベスト。

中国の陰湿な陰謀を挫くには、決意した同志が必要です。また、国内の反日を抑えないといけない。伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/15(土) 03:26 [EDIT]

>>私たちは目覚めないといけない、、

寄付の申し出を有難うね。あなたの指摘は正しい。「定義無確認・主観に陥る・憶測を語る・主旨からそれる・無関係なことと比較する・他人を責める・皮肉で満足する」などでは、広く普遍的な共感を得られない。また、和文は完全英訳は不可能なんだ。逆も然り。このエントリでも、隠れている叙述を足したり、文章を並び替えたりしなくてはならなかった。つまり、記者は当然知られていると判断して書いている。だが、日本人はアメリカ人なら、すぐ分かることを知らない。東西の文化が違うんだから当たり前だけども、、

「おれの言いたいことを言っていない。ちゃんと通訳しろよ」というPCの大手の会社社長がいた。言い返さず、「あなたに言っても分からない。通訳を降ります」と言ったんだ。そしたら、「ああ、それなら、うちへ来て下さい」とトヨタのゼネコン社長のOさん。横で、聞いていたんだね。給料も、肩書きも、うんと良かった。

日本人は、主張が通らないと怒る欠点があると言いたかった。批判されると、感謝せずに怒るんだ。気位だけが高いんだな。盛田会長は、「ウン、それじゃ、どう言えばいいの?」と学習しようとされたよ。誇りのある者は怒らないもんだ。だから、わしは、シェーンが好きだよ。は、は、は 伊勢

iseheijiro [URL] 2007/12/15(土) 03:17 [EDIT]

>>伊勢さん
>動機は「憎悪」ではない。漢民族の覇権計画だと思う。

 私もそう思います。もし動機が単なる日本人への「憎悪」であったら、マイク・ホンダと手を組んだりしない筈ですから。

 中国人など「中華」を個人的にいろいろな人を見て来た印象では、彼等は感覚的に日本人を親戚、下手すると漢民族の一部だと思っている傾向がありますが、これは「徐福伝説」を学校で教えているという理由が大きいようです。中華の理想では「アジアは一つの中華」であり、日本人もそのファミリーの一部であり、「日本の右翼」など一部の「悪い日本人」が敵であって、中華の味方の日本人が「良い日本人」であると、そういう勝手な認識を持っているように思えます。

>>インターセプトさん
 今までのアクセス解析では、やはり『With2ブログランキン』からのアクセスが圧倒的に多いですね。後はFC-2ランキングとブログ村がまあまあいい勝負です。それから今までアクセスが伸びた時と言うのは、どこかのサイトで紹介されるというケースですが、例えば『阿修羅』で紹介された時に突然一日に400アクセス近く増えた事が何度かあります。
http://www.asyura2.com/index.html
文太 [URL] 2007/12/15(土) 01:00 [EDIT]

ドン! 

ランキングですか?ランキングなどどうでも良いです。(ランキングのエントリー紹介を見て隼を知る人は未来の隼を支える礎ですよ。ゴシップかどうかは隼のエントリーとコメントの質にかかっており、相反するモノではないですよ。)
投票ページを貼る場所がランキングの近くだと人の目に留まり易いからです。コメント欄を読まずにランキングバナーを押しにだけ来てくれる方も多数みえるからです。投票は今は実験ですよ。本番はちゃんとした問題で行ないます。目的を見据え隼の活動を支えると同時に、意思を表明するような質問にしましょう。(隼は毎日1000人の方がランキングバナーを押してくださいます。しかしコメント欄に投票ページを置いていたとしてもクリックしてくれる人は100を超える程度です。実験ですので構いませんが、エントリーの最下部で宣伝しての効果を知りたくありませんか?)

HPのURLですが、しばしエントリーに貼っていただけませんか?まだ、30名程しか登録されてみえません。在日特権を許さない会は2000名ほどHP登録があります。少しの間ですがHPの登録メンバーを増やす為に、エントリーで宣伝して頂きたいのです。ものすごく出来の良い隼自慢のHPです。

よろしくお願いします。   ドンもHPに顔を出してください。PM便利ですよ。
インターセプト [URL] 2007/12/14(金) 22:08 [EDIT]

ジャーナリスト徳留絹枝氏から少し考えてみたいと思います。

1998年、徳留氏はチャンのインタビューをしています。
「論座」1998(平成10)年10月号より
本誌は、著者の声を伝えることが重要だと考え、在米ジャーナリストの徳留絹枝さんに、執筆のねらい、主要な批判についての質問を交えて、アイリス・チャン氏とのインタビューをお願いした。
 以下は、一問一答と、斉藤駐米大使への質問書、大使への回答である。(編集部)
http://www.history.gr.jp/~nanking/chang07.html
1997年11月 アイリス・チャン第二作『The Rape of Nanking The Forgotten Holocaust of World War II』発行。1998 年10月までにチャンとの接点があったということになります。

第四部で、一通の手紙から“バターン死の行進”生き残りアメリカ兵の証言調査。
2003年12月4日エド・マーテルの聞き取り調査を行っています。
果たしてそれが一通の手紙からなのか疑問に思います。何故なら、彼女の残した3作品のテーマは中国人の名誉を謳うものであるのに対し、最後に書こうとしたものは違うものだからです。

彼女は一通の手紙から何故、一心不乱に証言の調査をしたのでしょう。

彼女は生真面目な性格で完璧主義。ノンフィクション作家であれば、より客観性が必要であります。
もし、“バターン死の行進”を誰かに依頼され、彼女の趣旨に反した場合、とても精神的に苦しめられたのではないでしょうか。勿論、普通は仕事を拒否できるのに何らかの組織に取り込まれてしまったらどうなるのか?彼女の性格からして断ることが出来なかったのか、或いは断ったらどうなってしまうのか?
一躍有名になったチャンには、これからずっと続く契約に耐えられなかったのではないでしょうか。

捕虜、日米の対話
http://www.us-japandialogueonpows.org/index-J.htm
http://www.us-japandialogueonpows.org/index-J.htm
岡崎トミ子とのツーショット。河野太郎もいますね。会そのものは古いものでしょうか。

徳留氏が今年の米国慰安婦決議に関して記載されたものがあります。

「慰安婦決議が先ほど採択されましたよ」筆者の長年の友人であるトム・ラントス下院外交委員会議長夫人アネットさんの電話の声は弾んでいた。筆者が関連の記事を書いていることを知っていた夫人が7月30日午後、真っ先に知らせてくれたのだ。
「121連合」には中国系活動組織も加わったが、必ずしも歩調が合った訳ではない、とパクさんは言う。」
「私たちはGA(The Global Alliance for Preserving the History of WW II in Asia )のメンバーと協力し合おうとしましたが、彼らはそれほど親密なパートナーではありませんでした。決議案を通過させたいという目標は同じでしたが、活動のスタイルとメッセージに大きな違いがあり、そのことが効果的に一緒に活動することを妨げたのです。彼らは(GA幹部の)イグネーシャス・ディング氏が「強硬戦術」と呼ぶ戦術を取りたがっていましたが、私たちはそのような戦術には興味がありませんでした。『121連合』は、手紙戦術・署名運動・議員やそのスタッフとの面談といった、全く伝統的な草の根運動によるロビー活動に徹していました。私たちはこのやり方で167人の共同提案者を確保したのです。GAは、このような時間のかかる地道な活動には、あまり興味を示しませんでした。

メッセージに関して言えば、私たちはGAのメッセージに馴染めないものを感じました。彼らのメッセージは日本に焦点を当てているように私たちには感じられましたが、『121連合』は人権と女性の権利というこの問題の本質に焦点を当てていました。私たちは、GAのこれまでの活動と粘り強さと誠実さを心から尊敬しますが、どのような方法が効果的かという点で、意見が違ったのです」
http://www.us-japandialogueonpows.org/CWresolution-J.htm

強行路線のGA と距離を置くような雰囲気ですが、おかしいですね。「121連合」?徐玉子が確か2004年からGA のディンに日本叩きの署名運動をお願いした筈なのにどうしたことでしょう。どちらも、日本へ焦点を当てていますよ。人権と女性の権利のために焦点を当てているならば、日本軍を持ち出さなくてもよいですよね。すり替えもいいとこです。

上記のものを読むとGA は過激なのですね。内部告発、又は遇えて巨頭体制ではないと書くところが怪しく感じてしまうのは私だけでしょうか。
マイ舞 [URL] 2007/12/14(金) 22:02 [EDIT]

どうやら支那が南京の件でも本格的に動き出したようですね。
必死で「欧米にも関係がある」とアピールしています。
今現在の人権に全く興味が無い国が、過去のありもしない人権侵害を訴えるとは、非常に笑えないブラックユーモアですね。

ttp://japanese.cri.cn/mmsource/images/2007/12/14/shehuif.jpg

 中国江蘇省社会科学研究院歴史研究所の崔巍研究員助手は14日南京で、「中国を侵略した旧日本軍は、南京大虐殺期間中、南京に滞在していたアメリカやイギリス、ドイツなど西側諸国の国民と機関に対し、人権侵害や略奪行為を行い、西側諸国の利益をも大きく侵害した」と述べました。

 崔巍研究員助手は南京で行われている南京大虐殺歴史事実シンポジウムで、「旧日本軍は南京に攻め込んだ期間中、他の国の国民と機関に注意を払わず、南京の外国大使館や一部の外国企業は常に、爆撃を受けた。
この他、旧日本軍は、南京にいた外国人に対して人権侵害などを行った」と語りました。

ttp://japanese.cri.cn/151/2007/12/14/1@108981.htm
Gripen [URL] 2007/12/14(金) 21:53 [EDIT]

これらの決議が国会で諮られれば以前中山元文科大臣の発言にあったように慰安婦の実体を知る者が「慰安婦とは売春婦であった」と証言するだけ
野党の「慰安婦が強制、性奴隷」という愚見は徹底的に論破するだけでしょう
以前、日本でも慰安婦問題で騒がれたが、当時を知る者がまだ多数居た事で尻つぼみになった事がある
慰安婦は金を貰っていた売春婦、喜んで売春に従事する者もいた、戦時中はカネを持たない一般人を馬鹿にしていた、など
米国では米軍の調査レポートがある
そこにも「慰安婦は売春婦」とある
米議会もEU議会もちゃんと検証したのか?
逆に聞きたい
take [URL] 2007/12/14(金) 21:43 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2007/12/14(金) 20:56 [EDIT]

ろむらさん

決議記事のURLがはみ出して悪さをしている。削除しますね。伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/14(金) 20:36 [EDIT]

ろむらさん

日本の外務省は何か発表していますか? テレビ報道はどのように伝えていますか? どちらも、なにもしないならば、国民は戦前と同じようにツンボ桟敷に置かれているわけだが、、これでは、怒らない方がおかしいわね。いやな、世の中だなあ! 伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/14(金) 20:12 [EDIT]

欧州議会の定員は785人だそうです。
つまり日本政府に公式謝罪と補償を求める決議案では、大多数の議員が欠席したわけですが、そのことは日本では報じられておりません。しかし写真は正直で、ガラガラの議会の様子が写し出されております。
ろむら [URL] 2007/12/14(金) 19:42 [EDIT]

みなさん

銀行・郵便局の任意口座が認められた。外国からの送金も可能となった。郵便局では揉めたがOK。最初のステップなんだ。隼は新生児なんだ。今日は「募金のお願い」を推敲する。資金が出来、スタッフが育ち、NPOが出来るようになるまで、思考錯誤になる。何でも、ご意見を下さい。伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/14(金) 18:56 [EDIT]

インターセプトさん

HPはリンクに貼ってあるけど?違う場所にですか?

それと、ランキングだけども、隼はゴシップ・ブログではない。テーマはひとつ。「日本を守る目的」のある機関ブログです。組織することが重要なんです。だが、現在の隼の状態は、資金力のない、実績のない、実質のない集まりです。

非拘束決議といえども、アメリカ~オランダ~カナダ~欧州連合の約8億人。そこへ中国・韓国・朝鮮の反日勢力が加わるんだ。この件に関しては日本は孤立したと言っても良い。

年間予算6000億円の、日本の外務省が放置するとは思わない。放置すれば、決議は催促される。日本の国会で取り上げないと、さらに、加速するだけだ。そういった運動もしないといけないんだ。伊勢
[URL] 2007/12/14(金) 18:47 [EDIT]

実験用の投票ページ!

みなさん、クリックしてね!

http://falcon.x.cmssquare.com/modules/news/article.php?storyid=5

ドン! 次回のエントリーから当分の間、
毎回毎回エントリーの最下部、ランキングバナーのすぐ近くに
上記のURLを貼りつけてください。よろしくお願いします。

それと、隼HPのURLも貼ってHPの完成を紹介するとともに
みなさんを誘導してください。

http://falcon.x.cmssquare.com/

以上、2点。何卒よろしくお願いします。
インターセプト [URL] 2007/12/14(金) 17:29 [EDIT]

みなさん

このエントリから、お分かりのように、ホンダとその背後のGAは「南京大虐殺」を政治宣伝に使う。慰安婦決議が一応の成果を上げたからだ。わしには、この反日活動の目的が何なのかはっきりしない。日米分断、日欧分断によって、中国・華僑・ホンダら売国政治屋が「正義」に名を借りて、利益を得ることかも知れない。南京事件を利用する考えは、GAが発足した1994年からだ。何年かかっても日本を引きずり降ろしたいんだな。動機は「憎悪」ではない。漢民族の覇権計画だと思う。伊勢
iseheijiro [URL] 2007/12/14(金) 14:54 [EDIT]

アイリスの話からはそれますが・・・・・・・

昨晩の欧州決議のことを早速、博士さ?http://blog95.fc2.com/image/icon/e/457.gif" alt="" width="14" height="15">?┘http://blog95.fc2.com/image/icon/e/458.gif" alt="" width="14" height="15">肇蝓爾砲靴討泙后?

http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1214.html
・、・ソ。シ・サ・ラ・ネ [URL] 2007/12/14(金) 14:01 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 隼速報.
all rights reserved.