2011/05/17 (Tue) ホープ・石破茂さん
http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/

上は、石破茂議員のブログです。この人を観察していて判るのは、「実直」な性格。人をだます性格ではない。「文は人を現す」という。今の政治の流れをこう書かれている。

>>補正予算の成立により、菅内閣は「一息ついた」という形になります。
 
>>実に不愉快なことですが、一方において世論調査では「菅内閣即時退陣」を求める声は二割程度しかなく、「年内一杯まで続けるべき」とするのが二割強、「来年九月の民主党代表任期満了まで続けるべき」という意見が三割もあるのです。

>>民主党内で「ポスト菅」の有力候補が見当たらないことが、「他に適当な人がいない」との消極的支持理由になっており、自民党の支持率は確かに民主党より10ポイント程度高いのですが、解散が当面行なわれない状況では如何ともしがたく、ただ閉塞感のみが漂います。

>>民主党の政策に自民党の考えを極力反映させるしか当面の手はありません。多くの方はご不満でしょうし、そのことは十分に承知していますが、今この作業を地道にこなすことなく、ただ徒に政局に走ることは決して良い結果をもたらさないのだと自分に言い聞かせる他はありません。とにかく少し疲れました。

(伊勢爺のつぶやき) 隼機関のスポークスマンとして、この人を支援することにした。次期政権の指導者の一人になって頂くためだ。人間、誰でも叩けば埃が出る。この100年に一度の国難に直面した日本。理想的な指導者を待たず、みんなで育てることが大事なのだ。

ドイツに来て、“日本はドイツに学ぶことがあるな”と想った。まず、公衆のマナーだ。どなり声を聞かない。フランクフルトは格調の高い都市設計だ。ドイツには、4回は来た。暗いイメージもある。アメリカに移住したドイツ人の友人らが言うのが「ドイツ人の暗い性格」だった。住んだことはないので、ドイツ人の悩みはわからない。だが、とにかく整然としている。大声で話す者がいない。同じホテルの宿泊客の中国人団体までがひそひそと話していた(笑い)。伊勢平次郎 フランクフルトにて、

(旅程)今朝9時のルフトハンザでイスタンブールへ3時間30分。トルコ航空に乗り換える。キリギスタンのビシュケクまで6時間のフライトだ。とにかく、東へ東へと真横に飛ぶ。ルートを見ると、ドイツから旧ユーゴスラビアの上を飛び、イスタンブールからは、カスピ海上空やらロシアの上空も飛ぶようだ。うちの青い目の女房は、フランクフルト米空軍基地から兵隊を空輸して、ビシュケクに2時間前に着いていることとなっている。うまく行かなければそれまでだ。伊勢爺さんは、勝手にビシュケクのホテルへ行ってウオッカを飲む。祈らなくてもいいよ(笑い)。伊勢爺





comment

伊勢おじ様。こんばんは。
私の主人は、国防で石破議員さんを良いなぁと、随分前からパソコンでの発言で知る限りで言っていました。
私が、自虐史観がある事を伝えたら、困ったな。ダメかなと言っていました。
私も、信頼できる国防感があると思いますが、石破談話なんてあったら、困ります。
でも、進化して頂けたら嬉しいです。

伊勢おじ様。旅行から、無事に帰って来て下さいね。
ワンちゃんが・・・可愛いですね。
2011/05/23 02:33 | りょうこ [ 編集 ]

Kayさま、Keyeyeさま、なつ姉さま、りょうこ姉さま、

みなさんのご意見やお話を読みました。帰宅したら、ご返事書きますね。

今朝6時にイスタンブール着。移民官は、“こんにちわ”と日本語でにっこり。ブルーモスクの近くのカフェでも、“台湾人いいひと、日本人大好き、コリアン駄目です”なんて言ってた。トルコ人は日本人とわかると、肩に手を回して、“日本人はトルコ人の兄弟”と言う。小中学校で日本語を習えると。別れるときには、右手を胸に当てて、お辞儀をする。

一日の6回ぐらい、ミニュレットという尖塔のスピーカ-で、コーランを流す。お経というか、詩のようなものですね。これが、トルコ人を結束させていると思った。うちのも、そう思うと。日本でも、お寺の鐘はいいと思うね。政治、経済など世俗を忘れる「とき」です。現代の日本人には結束する「とき」がない。騒音かテレビ、または、携帯で話すしかない。寂しいな。

石破さんだけどね、間違っているなら説得すればいい。渡部庄一先生はご立派な方だが、同じ日本人をそれも大臣をされた人を雑誌で、“国賊」呼ばわりは好ましくない。異議を申されたいならば、人を介するか、電話で“あなたとお話がしたい”と申し入れたらいい。渡部先生も、石破さんも日本紳士なんだからね。国賊と言われて怒らない人はいない。指導的立場の人たちが元に戻らぬ喧嘩をすれば、社会も、国も壊れる。

明日、朝の5時に、イスタンブールを出て、フランクフルト、ワシントン経由で、ルイジアナのわが家に帰ります。お犬さんら、アタマに来たらしく、本棚の本を食いちぎったと(笑い)。ごきげんよう。伊勢

2011/05/23 00:25 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、今日初めてこちらのブログを拝読させて戴きました。こちらのタイトル’ホープ・石破茂さん ’伊勢様のご意見 >上は、石破茂議員のブログです。この人を観察していて判るのは、「実直」な性格。人をだます性格ではない。「文は人を現す」という。今の政治の流れをこう書かれている。>

私と全く同じく、今の日本では石破さんのような首尾一貫している、又心をも持ちえる政治家をこのところ信頼して来て居ります。
正直の所、骨董商さまのご意見の中で>多くの鳥取県民は彼らが議員として国民に隠れて裏でやっていることを知れば腰を抜かすのではないでしょうか。> この辺がどうも理解できませんが…。

日本のマスコミは、どんな事でも記事にしますが、何を隠れて悪い事をしているのでしょうか?
私の知っている限りの議員さんの中では、石破氏は信頼のおける唯一の政治家ではないかと思っているのです。
骨董商さんは、この国難でもし仮に次期総理大臣に適任だと思われる政治家の方はどなたが相応しいとお思いでしょうか?教えていただけましたら嬉しいです。
私は余り政治には詳しくなく、最近やっと少し興味を覚え、ニュースを見たり、国会審議を聞いたりして、政治家の方達の選別が自分なりに出来るようになりました。その中のお一人が石破氏だったのです。

伊勢様のお気持ちととても似ていましたので、コメントを書かせて戴きました。

2011/05/22 23:26 | Kay [ 編集 ]

骨董商さま

素朴な疑問なんですが、お聞きしてもよろしいでしょうか?

>田母神更迭問題を工作したのは当時の安田防衛次官ですが、それを裏で操ったのは米国です。石破議員は防衛族で元田母神閣下の上司でした。事件以前、田母神閣下に軍人としてもっとドシドシ発言するように促していたのが上司であった石破議員です。つまり安田元次官と裏で攣るんで田母神空将(核武装)を葬る為に嵌めた(良く云えば梯子を外した)のが石破議員と云うのが政界の大方の見方です。

これは誰からお聞きになったのでしょうか?田母神さんですか?流布している方が誰かにより見方が変わりますので、差し支えなければ。

谷垣さんは人が良すぎるとか優柔不断とか、保守の人からは、すこぶる評価が低いですが、私には彼は単なるお人よしには見えないんですが、、 とくに積極的支ではないですけど。 私の周りは政治色のない、いわゆる一般人しかいません。彼らの投票行動はマスコミが作る風次第だと思っています。政治家さんはこういう人達の大量の票をすくい上げないと、組織が強く、資金力のある左翼に勝てないんですよね。従って、場合によっては相手のレベルにあわせる事も必要かもしれません。中川昭一さんは正攻法しかできなくて敗れてしまいました。いかにも彼らしいです。もっとも、民主党のあまりの失態で流石に今度は楽勝かもしれませんが。

とにかく、国民のレベルが上がらないことには良い政治家も能力を十分に発揮できずに、その能力を殺してしまいます。今度自民党が政権を奪還したら憲法以前にスパイ防止法をまず成立させて欲しいです。米中韓露の指導者は一応愛国者ですから、日本だって最低限のことから始めたいです。

脈絡のない文章ですみません。


2011/05/21 21:10 | なつ [ 編集 ]

keyeye様。
あの、こちらこそお話しをお聞かせて頂きありがとうございました。
動画でですが、本当は、学校で教えて欲しいです。
頑張れ、教科書!です。
2011/05/20 23:21 | りょうこ [ 編集 ]

りょうこ様
拝聴させて頂きました。
ありがとうございました。

私の大伯父は、元陸軍近衛師団の一中尉として、
終戦時は南方の孤島において小隊を率い、
必ず皆を生きて父母の元へ返すのが役目と励まし、
躊躇なく手榴弾を使っての魚捕りを命じたりして、
全員を無事帰還させたそうです。
その大伯父の死後、かっての部下の有志の方々が○○○隊長墓参団として
お参りに来られました。

又母方の伯父も予科練生として終戦を迎えました。
知覧の特攻祈念館では涙が溢れて情けない限りとなります。

小林よしのり氏の天皇論やその後のあれやこれも承知しております。

ただ、根っこがひねくれ者でして。

よくよくのご縁がなければ、私の同世代人にはいかんともし難い断絶があることは

現実なのだと、先ずそこを踏まえて、

今回私はあのお姿に日本人としての自然の発露で感動したとお伝えしたかったのです。

ここからなら、素直に入れるのかなと。

私は30年以上新聞も購読しておりませんし、NHKは言わずもがな、民放テレビも

視聴しておりませんので、いろいろな情報が怪しく正確でなく、常識を持ち合わせていな

いことを承知していますこと、悪しからずご容赦くださいませ。

2011/05/20 13:09 | keyeye [ 編集 ]

天皇陛下を、少しでも理解ができます動画です。
http://www.youtube.com/watch?v=lsOFxj9To-o&feature=player_embedded
2011/05/20 03:18 | りょうこ [ 編集 ]

少し酔狂言調で申し訳ございません。
世にこの国難を担うべき政治家が居ない!
とお嘆きの方々へ、
本来ならまってましたとばかりに私が名乗りを挙げたいところですが、
ちょいと酔いがまわっちまったようです。
今54歳の私が大昔の小学校の児童生徒会長選挙において、先輩連中の猛烈なる「生意気な野郎」の風評伝聞で完膚無きまでに蹴落とされて以来、大衆迎合的政治?の世界から
うんざりとんずらを決め込んで今日まで、その当時に既にこの現在を見通していたかのように村山~細川~管へとホップステップジャンプを諦観して観ています。

誰か?よりも、誰か?ではなく、いま自分が何を為すか!が問われていることくらい、
もうみなさんは当然お分かりと存じます。

阿部さんもいかにも残念でした。私もその後でなるほどだわなと一人合点しました。

彼を知る中高の同級生ならとっくにお分かりと思います。

理屈や能書きではないと思います。

阿部さんに足りなかったものはリーダーと目されるべき育ちの環境の貧弱さからなる

「腕っ節の強さと、肝の太さ」度量の加減、単に線の細さとも言い換えられると思います。

ましてや氏素性なんてそれを語る手前の出自にどういう折り合いを付けてのお話しかと、

私自身は実際どこの馬の骨か過去帳を辿って証明できな
いことが残念至極ですが、

今回は素直に日本の天皇家の希有な存在を感じ取ることができました。

大昔、維新の地、当地鹿児島から何故総理大臣を輩出できていないのか!という

疑問が提示されていました。

しかし、居たのです。

彼こそは次代の日本国を担おう総理大臣候補と目させれる人物が!

若干22歳の鹿児島出身の東京大学卒で国家公務員第一級試験最優等生であります。

ところが惜しむらく、風土的病と目されるT型白血病にて敢えなく他界されたのでありま

す。

この人物は若輩にも拘わらず、後世の私の青春期においてさえもなお日本の星となれし人

物と語り継がれたのです。

リーダーとは未だ芽の出ぬ無垢な人材からのオーダーが本命なのだと思うのです。

その逸材をいち早く見出し、皆で育て上げていくことがリーダーを拝する王道と考えます。

頭の固い能ミソをいくら鼓舞しても、同じリズムのステップは踏めないでしょう。

ましてや若人に宣えば、ダセイの一言で通じることはまずないでしょう。

しからば「諦念」してご隠居?。 「それも善し!すべて善し!」(ニーチェ)

まぁ、何事も加減の次第と私は現在の思いに至っております。

右にも左にも何事も過ぎたるは及ばざる如し、かといって中庸も腹立たしいという。

抽象的高等数学の援用はIQ不足の私なので、それでも食い下がって、三角関数(オイラー

の定理)を模した第三極のバランスを読み取る戦略で挑もうとして五分の虫けらの魂に

気合い(keyeye )を入れ込んでいる途上です。

世に人材の不足を嘆息の皆様、まずは毎日の日課として腕立て伏せからお始めになられた

ら、血の巡りも良好となり、更なる良いアイデアも湧き出でてくるかも?

とご提案申し上げる次第です。

伊勢様 ご趣旨にそぐわずこの場を汚したのであれば、我が意に反しております。

笑止くだされば幸甚に存じます。


2011/05/20 01:04 | keyeye [ 編集 ]

keyeyeさま

>自我に目覚め自我が確立された時代の空気の縛りから人はなかなか離脱できなのではないかということです。

その通りですね。しかし、それで良いのだと思います。

>あの時の彼が、えっ!日本の次代のリーダーか?
と巷間でその一言一句を捉えようと衆目を集めている。
「彼、中学生~高校生時代から人格変わっちゃったのかな」
「時々テレビで観ると、ああ、あいつ未だ学級会気分だわな。」

表面的には変わったように見えても人間は変わりません。

>一体だれがいつから、あいつをお化け扱いし始めたのかとつい考えてしまいます。
小沢という人にもそのように感じます。

小沢氏は巷で云われるような人物ではありません。あれはマスゴミが作った虚像ですね。人間は基本的に進歩しない、変わらないと云うのが小生の人間観です。

>産まれて初めて私なりの理解をしました。
これが日本の天皇の真のお姿なのだと。

この言葉を50代の方から聞いたのは、流石にショックです。しかし、それはそれで良いと思います。

>お察しの通り、我が世代はよくよく独習せねば、敬語もろくに使えない情けない世代です。

全く、そうは思いません。団塊の世代までは非常に日教組の影響が強く絶望的ですが、その世代が一掃されれば日本は生まれ変わると確信致します。チャーチルは日本が日本を取り戻すには100年掛かると喝破しましたが、それから66年今一歩です。

kenjiさま

>田中卓氏は赤ですか?

小生は隠れ赤と判断しています。
実は、戦後の考古学会や古代史を中心とした歴史学会には例によって赤と朝鮮が大量に潜入しています。
何故か?左翼は天皇の正当性が万世一系にある事を良く理解しており、古代史学会から皇統にケチを付ける事が目的です。
邪馬台国論争が典型ですね。邪馬台国九州悦が左、畿内説が右と言われるものです。ねじれ現象です。
当たり前の事ですが邪馬台国は九州です。
ところが4世紀の邪馬台国東遷説は立証されていない。そこに眼を付けた左(赤)は天皇の正当性(万世一系)にケチを付ける為に邪馬台国九州説を主張しました。
そこで馬鹿をしたのが戦後保守の馬鹿どもです。
最初から大和朝廷が畿内にあった事にすれば皇統断絶は防げる、つまり万世一系は保たれて皇統にケチは付かないと云う論理です。そこで古代人は南と東を間違えたのだ!と云う、とんでも論理を持ち出したのです。
昔は太陽が南から出たのかい?と突っ込む野郎は居なかったのか?呆れてモノも云えません。
まあ、ハッキリ言えば右も左もスパイです。

>いずれにしても骨董商様のおっしゃることが正しいです。

いえいえ、そのような事を申し上げたかった訳ではありません。迷っていると仰せでしたので、少しでも参考にして頂ければと願っただけであります。
貴兄のような若人が必ず日本を取り戻して下さると信じます。我々の世代は決して御先祖さまに申し開きが出来るようなモノではありません。
万死に値するのが本当です。

合掌。
2011/05/19 22:08 | 骨董商 [ 編集 ]

>なつさま
新羅の昔氏も倭人のようです。したがって新羅もということになりますがそれは上層部がということでしょう。

 田中卓氏は赤ですか?
おっしゃることはよく理解しています。確か昭和天皇が臣籍降下のとき、当時の皇族方を集めて<他日、入用のときがあるから、そのときを期して>と述べられたと雑誌にて読みました。それは皇統のことと思います。 
 高松宮殿下のおつやのときに高松宮邸へ入られるそのときの写真を見たことを覚えていますが、その表情は<これでは>という表情でした。昭和天皇陛下の写真においてアノ表情はないのではと思います。
 確か江藤淳もその表情に触れられた文章を書いています。
 いずれにしても骨董商様のおっしゃることが正しいです。
 
2011/05/19 19:45 | kenji [ 編集 ]

失礼致します。
昼の休み時間中のなぐり書きで、宮崎正弘さんのお名前を間違えていました。
訂正させてください。

ついでで申し訳ございません。

「骨董商」様
カラオケの選曲でつくづく感じるのが、その人の育った時代の空気です。
自我に目覚め自我が確立された時代の空気の縛りから人はなかなか離脱できなのではないかということです。

青春時代の彼も我も年と共に確実に移ろってゆくでしょう。
細部に渡る緻密に収集した情報の分析を基にする人物の真贋の判定もそれはそれで
納得をする為には必要なことと思います。

あの時の彼が、えっ!日本の次代のリーダーか?
と巷間でその一言一句を捉えようと衆目を集めている。

「彼、中学生~高校生時代から人格変わっちゃったのかな」
「時々テレビで観ると、ああ、あいつ未だ学級会気分だわな。」

この国難を担う次のリーダーと目されているというお話しの途中、
ただただ直感だけで申し訳ございませんが一言発したい所存です。

一体だれがいつから、あいつをお化け扱いし始めたのかとつい考えてしまいます。

小沢という人にもそのように感じます。

(幽霊の正体見たり枯れ尾花)

どうも私の世代(私限定でも)は全てを安直にしてしまうのがいけないのでしょうか。

この度の天皇皇后両陛下の被災地ご訪問のニュースを観ていて、不敬ではありますが、

産まれて初めて私なりの理解をしました。

これが日本の天皇の真のお姿なのだと。

「日本の祈り」の象徴であり、国体の護持とは、おそらく、この一本が命脈となるのだと。

お察しの通り、我が世代はよくよく独習せねば、敬語もろくに使えない情けない世代です。

伊勢様他ここへコメントくださる皆様のご意見・情報、大変貴重でいつもよい勉強と

させて頂いております。

ありがとうございます。
2011/05/19 19:33 | keyeye [ 編集 ]

kenjiさま

>小林氏の著作は戦争論の表紙が興味を引きましたから、とって、ぺらぺらと読み、それからほとんどを購入しています。女系天皇論はどうにも納得できませんが、その論旨は、うーんと思うことと、田中卓氏が支持をされていますから、判断をまよっています。

貴兄のような日本の若人に是非、考えて頂きたく再答させて頂きます。
田中卓氏のような赤い爺さんの戯言を盲信する事無く、ご自身の頭で考えて下さい。
失礼を承知で申し上げますと、>その論旨は、うーんと思うこと、とありますが、日本人のDNAはうーんとは思いません。少しだけ日本人としての想像力を働かせてください。

1)男系を守ることの意味は?初代神武天皇以来2670年125代の永きに渡り継承されてきた、皇胤こういん(男タネ)を守り受け継ぐ事です。
男系を維持する事は当然、男尊女卑ではなく女尊男卑ですね。雅子さまや紀子さまのように女性ならば誰でも皇室に入れるが、男は天皇の子供しか皇室に入る事は出来ない訳ですから。
2)男は自分の子しか産めませんが(もちろん実際に産んでくれるのは女性)、女性は誰の子でも産めます。
つまり、女系でも良ければ小生でも天皇になれますね。
3)皇室の中に治安機関はありません。と云う事は皇室はジャングルとも云えます。女性は望まなくとも妊娠致します。女系で良いならば父方が誰でも、暴力でも強姦でも子供を孕ませれば天皇の父になれてしまいます。

我々の先祖が何故、永きに渡って皇統(男系)を守ってきたのか?それは日本をシナ朝鮮の暴力から守ってきた事に他なりません。上田卓や小林、高森などが何をやりたいのか?そのオゾマシサが理解できませんか?彼らは韓日併合を目指す朝鮮のスパイです。

合掌。
2011/05/19 18:55 | 骨董商 [ 編集 ]

>その他百済新羅などは当時の言葉でいう倭人が作ったものでしょう。


朝鮮人は、朝鮮半島に住んでいた古代日本人を蹂躙した侵略者! 
 http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=269


古代において、日本は朝鮮半島の一部を領有し、当時の半島にはたくさんの日本人が住んでいました。
古代 日本人が住んでいた日本文化圏といえた地域は日本本土のみならず、朝鮮半島でも日本府 任那(みまな)を中心に、当時の親日国 百済にまで及びます。

そして、任那と百済は、当時の大国 唐と朝鮮人の国 新羅の連合軍によって滅ばされ、その後、朝鮮半島は新羅に占領されることとなります。

そして更には、唐・新羅の連合軍が日本本土にまで侵攻してくる恐れがあったため、日本(倭国)を守ろうとした当時の古代日本人の遺跡が九州にはたくさん残っています。

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

>
>九州に大宰府政庁が置かれたのは7世紀初め(日本書紀)。当時、朝鮮半島内にいた日本人は、唐と手を結んだ新羅の侵略に追い詰められます。白村江の戦い(663年)において、百済・倭国連合軍と唐・新羅連合軍は陸・海に亘って激しい会戦を繰り広げますが、倭国(日本)は敗れ、百済も滅びます。日本は翌664年(天智4年)、筑紫・壱岐・対馬に防人を置き、大宰府から約1.5kmの場所に防衛戦としての土塁、長大な「水城(みずき)」も築きました。

朝鮮半島から命からがら日本本土に逃げ延びた古代日本人は、その後も残忍な唐・新羅連合軍の脅威に怯え、防波堤となる九州にたくさんの防衛線を張ったのです。

2011/05/19 16:56 | なつ [ 編集 ]

小林氏の著作は戦争論の表紙が興味を引きましたから、とって、ぺらぺらと読み、それからほとんどを購入しています。女系天皇論はどうにも納得できませんが、その論旨は、うーんと思うことと、田中卓氏が支持をされていますから、判断をまよっています。
 もともと皇統及び皇位をどの様にするかは、天皇家がきめればいいことだ思いますが、明治の時それにシナの影響が働き、戦後はそれにアメリカの思惑がはたらき、現在の危機となっています。

 >高森明勅氏 >小林氏も本名は善範
この名前の漢字を見た時、おやっとおもいました。
勅の字があったからです。よしのりはこの漢字は私の中にはありませんでしたが漢字としてはそれはそれで、いいのだと思いました。
 >巷間そのように云われていると云うだけですが信憑性は高いと思います。

これははじめて知りました。
>高森明勅氏も同様で日本の皇統がシナ男系の頸木などとオゾマシイこじ付けをしていますが、シナ男系とは同姓不婚、皇統は近親婚ですから正反対です。

同感です。多くの人は朝鮮半島から文化や人がきた教えられていますが、考古学的にはまちがいです。
稲作は日本は6000年前、朝鮮は3000年前です。
水田耕作は日本は3000年前にはありましたが、朝鮮にはありませんでした。
 新羅の王族のお墓の棺桶の材質は日本にしかないものだそうです、確か高野槙です。わざわざ日本から取り寄せたということですが、これをどの様に評価をするかです。
 韓国においてプサン近郊において土木工事でいろいろな発掘をされてその証拠が次から次へと出ているはずですがなかなか報道はされません。
 また対馬藩の文書は朝鮮総督府が保持していましたが現在は韓国政府が保持しています。これを彼らは返す気はありませんし、おそらく調査すらさせないでしょう。明らかになれば、困ることが次から次へと出てくるからです。
 なぜ日韓国交回復のとき返還を要求しなかったのか不思議です。朝鮮総督府のものですから。
 この交渉経過は闇が多いと思います。わが国が各段に有利であったにもかかわらず、譲歩しています。
 当時も国民はこの内容を知らされていませんでした。
現在の在日問題の大本はそこにあります。
 上記のような見方をなんとしてでも日本人にもたせないために、彼らは日々努力をしています。
 
 その他百済新羅などは当時の言葉でいう倭人が作ったものでしょう。文献的のもその証拠が朝鮮の歴史書三国史記にあるそうです。その証拠はいくらでも出てきます。
 何時頃から朝鮮半島から渡来人がきたという見方になったかは調べる必要がありますが、おそらく江戸時代ではないかと思います。
 それと明治時代に日本文化を研究した欧米人が唱えたのがその嚆矢だと思います。
 その他遺伝子より見ても多くの倭人が朝鮮半島南部へと進出したのだなという証拠もあります。
 確か犬の遺伝子を調べるといわゆる和犬と同じ遺伝子をもった犬は朝鮮にはいないそうです、いるのは台湾、樺太、バイカル方面、アラスカなどだそうです。

>この世代の日本人の親は子供に立派になって欲しいと願い、逆に名前負けするような名前は付けないものです。高森氏は自分の子供にも勅の字を使っていますが、このような直接的な表現は朝鮮人の特徴です。

この感覚は同感します。漢字の意味を考える時に生じますね。現在は意味は関係なく音だけになりましたから、漢字的には変な名前が増えました。
 
2011/05/19 16:05 | kenji [ 編集 ]

伊勢さま

>(伊勢)他に石破さんを強く支持するコメントがない。だから、「隼の石破支持を保留」とします。

ありがとう御座います。
考え直して頂き、投稿した甲斐がありました。感謝申し上げます。

と、申し上げたいところですが本当はココからが本番で石破議員が如何なる系譜の人物か?何故、伊勢さまにはこのような人物を応援されるのか?当板のスタンス、立ち位置を炙り出そうと考えて、手ぐすねを引いていたのですが、少々拍子抜けしました。
とは云え小生も自民党の足を引っ張る事が本意ではありません。敵はあくまで民主党です。しかし、小生の立場は日本保守であり、決して親米保守ではありません。
岡崎久彦に代表される親米保守とは、戦後日本を最も堕落させた売国奴の系譜です。
我々、日本保守は日米関係を同盟関係等とはユメユメ思っておりません。吉田茂、佐藤栄作、中曽根康弘、小泉純一郎、などの政治家は売国奴との認識です。
ブレジンスキーやキッシンジャーが言うように米国から見れば日本は保護領や占領地でしかありません。また、ヒラリー女子などユダヤ系の人物が皇后陛下と手を繋ぐから親日等と云うのはナイーブに過ぎると存じます。
小生と仲良しになる欧州人の知人は例外なく保守的は人で、タブーに切り込みユダヤ人の話をすると10人が10人、顔を歪めます。
オサマビンラーディンの一族皆殺しや中川昭一元財務相暗殺に視られるように、米国の殺ることは1648年ウェストファリア条約以前に住む野蛮人で文明人になり切れない、寧ろシナ人と同類です。
我々、日本保守から見れば米中両国はグルです。
と云うことで残念ですが、又の機会に。

kenji さま

初めまして。そうではありません。
ごめんなさい。小生の文章は万人には分かりにくい文章で反省しておりますが、自分の世代ではPCを操れる人は珍しく指一本でポチポチと打っていますから非常に時間が掛かるのです。依って、ついつい文字数が多くなり面倒な事は端折って書いてしまいます。失礼しました。
小生の云う朝鮮と云うのは国籍の事ではありません。
朝鮮系、もちろん韓国も含む血統の人たちのことで、例え帰化していても精神や民族性が帰化出来ない人のことを指します。おおまかに、戦後の在日のことでしょうか。

もちろん、小生が小林よしのり氏や高森明勅氏の戸籍を調べた訳ではありません。巷間そのように云われていると云うだけですが信憑性は高いと思います。
何故か?小生の認識では日本人の保守で左翼の造語、女系天皇でも天皇だ!等と云う阿呆は居ませんよ。天皇は男系だから天皇なのであって女系で良いならば、小生でも天皇になれる事になってしまう。そんな阿呆な事は無いでしょう。
特に小林氏の天皇論は性質が悪く、悠仁さまの皇位を奪い愛子さまを無理やり皇位に就かせ、皇統を朝鮮ダネで乗っ取ろうと云う意図がミエミエで朝鮮人が書いたモノとしか思えません。
小林氏は父方が朝鮮系と推察致しますが母君は日本人?と思われますので帰化人ではなく、生まれた時から国籍は日本人だと思います。

高森明勅氏も同様で日本の皇統がシナ男系の頸木などとオゾマシイこじ付けをしていますが、シナ男系とは同姓不婚、皇統は近親婚ですから正反対です。
こう云う大嘘を垂れてまで女系天皇(皇統断絶)を図る人が朝鮮で無くて何なのか?日本人ではあり得ないと存じます。
高森氏は小林漫画の知恵袋で、昭和33年生まれですから母君は昭和の初めの御生まれと拝察致します。
この世代で自分の子供に明勅などと名前を付ける人は恐れ多くて居ません。御存じのように勅とは勅命の勅、詔(みことのり)のことです。当時、明るい詔などと云う名前を付けた日本人は居ません。母君は余程、先帝陛下に憧れたのでしょうが朝鮮人の素性だと思います。

因みに小林氏も本名は善範です。善い模範になれと願って御尊父が命名されたのでしょうが、日本には言霊という伝統がありまして、この世代の日本人の親は子供に立派になって欲しいと願い、逆に名前負けするような名前は付けないものです。高森氏は自分の子供にも勅の字を使っていますが、このような直接的な表現は朝鮮人の特徴です。

合掌。


2011/05/19 14:19 | 骨董商 [ 編集 ]

初めまして伊勢様、私、宮崎正広さんのブログをSurfing the Net Dailyに
置いておりまして、そこで伊勢様に興味を抱き4月頃より隼速報も加えさせて頂いております。

類は友を呼ぶと申しますが、コメントされる方々の文面にもなるほどと感じ入りさせられております。

伊勢様には心外かも知れませんが、私が宮崎正広さんを知る切掛けとなったのが、
今は亡き、ミッキー安川氏のラジオ番組を介してであり、何故か伊勢様の語調がそのミッキー安川氏を懐かしく思い起こさせて、
なるほどあの年代により近い方なんだなぁと、にやりとさせられる言葉使いにもなんら抵抗感を抱かず、伊勢様ご本人への興味も倍増してくる今日です。

石破氏とは同年の昭和32年産まれです。但し、向こうが一学年上となります。
かつてから見聞きしていた私の彼へのイメージから、今回のご推薦の話題には、
「ありゃりゃ! おいおい?」という感想を即座に抱きました。
不覚にも私の知らなかった何かサプライズがあったのかと、耳をそばだてておりましたところ、さすがに出て来た明瞭な情報に溜飲を下げたところです。

更に、伊勢様の「是々非々」で素直に切り替えを表明される姿勢。
その柔軟さに嬉々として思わず、正体を現してしまった次第です。

それにしても、目利きのプロでいらっしゃる「骨董商」様のその世代毎の
ご明察に感服いたしました。

当方世代の言、正にずばりでした。
但し、私は異質で「ジュリー、ショーケン、フォーリブス」に夢中な
同輩らの行く末を案じるような早熟なガキではありましたが。
石破氏がどういうつもりで「キャンディーズが青春でした」と口にするのか、
同年であった私の反応はこいつがデエジンカよ。
と鹿児島産まれの私は噴火したくなるのです。
2011/05/19 12:11 | keyeye [ 編集 ]

私も石破氏には期待しましたが、その後おかしいと思いました。ましてキャンディーズでは。
 それと鳥取県は島根県か忘れましたが現在の総務大臣である片山氏は多分朝鮮人の成りすましでしょう。
 朝鮮語がぺラぺらだそうですから。
議員は三代前まで戸籍を明らかにする法案を作ることです。
それと<なつ様
おなじよウニ思います。朝鮮の歴史を調べると誰もこんな国及び民族はと思います。優れた人もいます。
その基本形態人物の一つに金キロウがいます。彼の行動のやり方、話し方を調べれば、いいです。
 菅直人氏のやり方がそれによく似ており、彼は帰化人ではないかと私は見ています。

>骨董商さん
>朝鮮保守ですが漫画家の小林よしのりさん
これはどの様な意味ですか。小林氏が帰化人ということですか?
2011/05/19 11:36 | kenji [ 編集 ]

西岡議長、本紙に寄稿「首相は即刻退陣を」

 西岡参院議長は18日、東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所事故への菅首相の対応を厳しく批判し、一刻も早く退陣するよう求める論文を読売新聞社に寄稿した。


 三権の長である参院議長が、行政府の長である首相の退陣を求めるのは極めて異例だ。

 西岡氏は、震災発生以来の首相の対応について、「首相としての責務を放棄し続けてきた」と批判し、「必死さも、決意も、術もなく、今、お辞めにならなければ、原発事故がもたらす重大な課題も解決できない」と強調した。

 具体的な疑問点として、原発事故について正確な情報を国民に知らせていないと指摘したほか、仮設住宅建設やがれき処理の遅れ、すべて先送りの首相の政治手法などを挙げ、いずれも「政権の座に居続けようとする手法」と切り捨てた。(寄稿全文は19日の読売新聞朝刊に掲載)

(2011年5月19日03時04分 読売新聞)

(伊勢)他に石破さんを強く支持するコメントがない。だから、「隼の石破支持を保留」とします。

まず、この管直人を引き摺り降ろさないといけない。民主党内閣には、1)大震災復興事業や2)エネルギー政策の将来を任せられない。理由は、行政能力が皆無だから。その能力のないことの最大原因は国民を怒らせていることだ。政府に誠意があれば、国民は不満を我慢するものだから。つまり管直人らは、やることなすこと、ど素人集団であるばかりでなく、国民に信望がない。政権交代時の公約などは、ふっ飛んでしまった。だが、“すみません”でもない。図々しい神経を持っている。夜盗といって良いだろう。

一日観察しただけだが、キリギス人らは温和しい民族だ。年収が900ドルというが、ど貧困のエジプトやキューバ、ドミニカ共和国の服装ではない。確かに住宅は目も当てられないほど酷い。トタン屋根だよ。これは、旧満州(黒竜江)でも同じだった。子供たちは、ちょうど日本の先生方が引率するように、よく注意を聞いている。服装もキチンとしている。表情は非常に明るい。姉は妹の手をしっかり握っている。親がそう教えているのだろうね。

日本人(ヤポンスキー)には、特別の関心があるらしい。ぼくとうちのをじいと見ている。タクシーや自家用車は、トヨタ、ホンダ、三菱、マツダ、ベンツなど比較的に新しい。目の前で追突事故が生きた。追突されたのはタクシー。追突したほうのフォードは前部がクチャクチャ。追突した大男は、降りてきたタクシーの運ちゃんと、まず、握手をした。ぼくらは、“この民族には礼節がある”と思った。すぐ気色ばむ日本人やアメリカ人よりもだ。

キリギスさ、キリギリスに聞こえる(笑い)。蒙古系は明らかだけども、トルコの血や山岳民族との混血だ。中国人の特徴はない。まず、性質が非常に温和しい。好戦的な表情も姿勢も言葉もない。警官も若い女性が多い。イスラム教徒だが、酒(ウオッカ)、ビールを造っている。キリギスのビールのほうが、ロシアの「シベリア}というビールよりも美味い。話す言葉はおそろしく難しい。“有難う”を習ったが、どうにもならない(笑い)。

今日の昼に、バスで4時間の「イシククル湖」へ行き、二晩泊まる。野性の山羊の狩猟が盛ん。昨日の晩、マトンの焼肉、マトンカレー、ご飯、きのこクリームスープが飯だったが、店は清潔でね、どれも美味かったよ。きのこスープは、マツタケの味がした。ウオッカとコーヒーで造る「ブラック・ロシアン」、ビール、カンパリも飲んで、なんと、チップ入れて、$37ドルだった。チップの習慣はない。伊勢
2011/05/19 08:25 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さま

キリギスタンですか?どのような所でしょうか?日本人には未知の世界のように感じますね。
小生、キリギスタンは存じ上げませんがカザフスタンにはロンドンで知り合った知人が居ます。彼は人種的にはモンゴロイドですがクロアチアンの血が入っているのか色は真っ白、髪は真っ黒、ふくよかな柔らかい極めの細かい皮膚、確かにアジア人なのに身長は2メートル、体重135キロで太っていないガッシリ、大きな顔で日本が大好き、これで自分は普通のカザフ人と云い、小生の顔を見る度に家に来いと誘ってくれるナイスガイです。

ハヤブサさま

初めまして。御指摘ありがとうございます。
いやあ~そう云えば、こんなのありましたね。すっかり忘れていました。失礼致しました。最近、すっかりモノ忘れが酷く認知症を心配する毎日です。ハハハ。

実は、小生もこの正論9月号読んでいますがネットとは便利なモノですね。こうして視られるのですね。序でと云っては大変失礼ですが、それならば是非、渡部先生の石破批判の方も貼り付けて頂きたかったですね。

ハヤブサさまには、おそらく渡部先生の石破批判は御存じと拝察致しますが、この対談が渡部先生への反論になっているとお考えですか?小生には全く反論になっているとは思えないのです。ごめんなさい。
自分の知る限り、その後も石破議員の反論を聞いたことがありません。残念ながら。
それよりも、小生には石破議員は論座には論座向けの発言を、正論には正論向けの発言を、日本人には日本向けの発言を、シナ人にはシナ向けの発言を、...そのような、まあ政界では普通なのでしょうが、論壇の佐藤優みたいな人物にしか見えませんね。
正論や諸君は高校生の頃からの愛読書とは感心しますが諸君の廃刊によせて、の文中では確か中学生からと云っていませんでしたか?計算が合わなくなったのかなあ~。
正論の対談企画も筋が悪い企画ですね。
その目的は渡部先生に対する反論ではありません。潮さんが保守と持ち上げていた石破議員が、保守の大御所に国賊の烙印を押された。さあ大変、これでは潮さんが馬鹿に見えます。潮さんの名誉挽回と云い訳を目的にした事がミエミエの悪筋企画ですね。これでは読者に忘れられる筈です。そう云えばこの頃、渡部先生は正論に執筆されませんね。正論の部数が落ちる訳だ。
そう思われませんか?小生が悪人なのでしょうか?やっぱり。

合掌。
2011/05/19 01:56 | 骨董商 [ 編集 ]

>骨董商
>渡部昇一先生は自他共に認める保守論壇の大御所ですが渡部先生も仰るように幾度も幾度も石破発言を批判されています。ところが石破議員はそれに反論した形跡も無ければ反省した形跡も全くありません。

ん・・?これなんかは「石破議員はそれに反論した形跡」の類ではないでしょうか?ね・・・
>我、「国賊」と名指しされーー・・正論9月号
・防衛大臣としての真意を語ろう
http://www.scribd.com/doc/8518953/%E6%88%91%E3%80%81%E3%80%8C%E5%9B%BD%E8%B3%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E5%90%8D%E6%8C%87%E3%81%97%E3%81%95%E3%82%8C%E3%80%80%E3%83%BC%E3%80%80%E9%98%B2%E8%A1%9B%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E7%9C%9F%E6%84%8F%E3%82%92%E8%AA%9E%E3%82%8D%E3%81%86
2011/05/19 00:21 | ハヤブサ [ 編集 ]

多史済々 さま

今日の議論にとても参考になるブログがあります。

阻止されたブッシュの靖國参拝    2011/05/17
http://ochimusya.at.webry.info/201105/article_8.html

田母神俊雄 団塊が左翼になった理由
http://www.youtube.com/watch?v=GEj69NQG-KQ&feature=player_embedded
2011/05/18 22:35 | なつ [ 編集 ]

多史済々 さま

私は麻生さんについて自分の考えを述べたつもりでしたが、テーマは石破さんでしたね。ごめんなさい、彼については詳しくないのでコメント控えます。仰っている事は全て同意できます。それにしても麻生さんにもう一期、総理を続けて欲しかったです。
2011/05/18 22:00 | なつ [ 編集 ]

骨董商様

>石破議員は国体を守る意思があるのか?と問われれば、甚だ怪しいと思います。

 少し酔っていますので暴言を吐くかもしれません。骨董商さまの言、全くそのとおりと私も感じるのです。
 戦後日本の政治家は少しも前進出来なかったのは何故なのでしょう。私は歴史認識が連合国あるいは共産主義寄りであったのがその原因と感じております。
 艦長がいつも言ってられますが、やはり日本人は幼稚であるのでしょうか? それとも世界的に萎縮した民族になってしまったのでしょうか?
 日本の政治家が現状のままの僕ちゃんでは竹島は言うに及ばず、勿論、北方領土などいつになっても返還されることはないでしょう。
 それどころか、いま支那が尖閣に打って出ればおそらく日本は尖閣を守れないと思うのです。何故なら、平和憲法が邪魔をするからです。
 
2011/05/18 21:06 | 多史済々 [ 編集 ]

なつ 様

 石破氏はその歴史認識を「歴史は科学であり客観性が大事」といいますが、それならば決して日本をただの共同謀議による侵略国とは決して言えないはずです。
 だから、支那に向けて、日本は侵略国だ、だから私は靖国神社に参拝しない、などと今更言って小泉氏を貶める必要など全くないのです。
 我々国民は政治家に政治を委ねているのです。そうであれば潔癖症云々などと気にする必要など感じず各人の国民益・愛国心に沿って政治家に意見や評価を述べるのは必要なことではないでしょうか。
 その評価や意見が間違っている場合はどこが間違っているのかを一国民として意見表明することもまた勿論必要なことですが、その場合には具体的に指摘して欲しいと思います。
 結論として、私は石破氏にはもっと科学的に物事の真相を悟って欲しいと思います。支那にも国民の人権に対する態度を今日的に改めるべきだくらい言って欲しいです。 もう日本の政治家にもそのくらいの人物が出ていいころでしょう?
2011/05/18 19:37 | 多史済々 [ 編集 ]

石破さんの政治姿勢には私も納得できるところと出来ないところがあります。
軍事的なところについては納得できるところもある反面政治的なところ骨董商さんの仰るところ「人権侵害救済法案」等の内側から日本国が崩れていくような法案提出について見逃す?様なところが相反していて支持を躊躇するところがあるのです。石破さんを全面的には信用できないかなぁというところです。
2011/05/18 19:10 | 一有権者 [ 編集 ]

骨董商さま

ホテルの外に広場があって、ロシアの労働歌をガンガンスピーカーで流している。ときどき、「フィガロの結婚」などのオペラもやっている。チャルメラも聞こえる。なんか、重々しい文化のようです。こないだまで、反政府デモや軍の発砲もあったから平和を望んでいっるんでしょう。確か、女性が大統領になっている。あなたのご意見は価値があるし、説得力もある。あとでね。伊勢
2011/05/18 18:42 | 伊勢 [ 編集 ]

なつさん

石破さんを支持できないという人が保守に多いようですね。“日本の国益に背を向けているんじゃないのか?”と、支持しない理由も明確です。

隼ブログは政治だけでない論壇です。視野を広げる目的がある。個人の情報収集力では、知らないことが多いからね。石破さんなど、人物を取り上げると賛成と反対がある。辛くても誠意のある意見は歓迎です。あなたの仰るところの、「大同小異」や「妥協」は「現実」を考えるとき重要になってくる。

一言で「国益」と言っても、その定義となると、広義と狭義と妥協できるところとなる。人格を攻撃すれば、喧嘩別れになる。でも、多くの意見が聞こえるのがベストですね。日本人は黙っている人が多く、あとになって、“本当はあの人は嫌いなんです”なんて言う。これがワーストなんです。“日本人には意思がない”と言われる根拠となる。間違いを恐れず、自分の胸にあることを発表する、その声が大切なんですよ。特に、外国では、押し黙ってえいるような人は、“意見なし”と取られて、権利を放棄したとなります。

このキリギスタンですが、どうもロシア語とミックスして話している。“ミスター・オザキは、ヤポンスキーですね?”だってさ(笑い)。この東芝のノートブックさ、写真は取り込めるが、他のサイトの写真が保存できないのよ。誰か、教えて。朝の9時に寝て、今、午後の4時。気分爽快なり。今から、徒歩でマーケットへ行く。このビシュケクがシルクロードの出発点だってさ。発見したことを載せますね。伊勢爺
2011/05/18 18:30 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さま

更なるご丁寧なお返事を頂き恐縮致します。
まさか麻生さんや安倍さんを民主と同じ等と云う人はいないでしょうが、保守は一体何を守るのか?と問われれば、国体を守るの一言です。
では、石破議員は国体を守る意思があるのか?と問われれば、甚だ怪しいと思います。ここで伊勢さまと論争するつもりは無いのですが小生も石破議員がこれを見てくれていれば、と願ってもう一言申し上げます。

石破議員は確か1957年頃の御生まれで少し上は安倍元総理や故中川昭一先生、同世代が参議院の西田先生など、少し下で参議院の林芳正、代議士では稲田朋美、高市早苗 etc.etc...伊勢さまには大変失礼ですが、この世代は学生紛争の後、安定した高度成長期にあり三無世代?と云われた世代で、日教組教育の影響のむしろ少ない世代です。
民間でも作家の井沢元彦さんや国際政治アナリスト伊藤貫さん、朝鮮保守ですが漫画家の小林よしのりさん、高森明勅氏など、この世代は自虐史観や反日史観が無いのが寧ろその特徴です。
この世代で石破議員の媚シナ姿勢は異常と見るのが自然ですね。同じ鳥取でも参議院の例外、保守の自民党浜田議員(少し上か)の歴史観国家観と石破議員の歴史観国家観は正反対です。

依って、石破議員の受けた教育が、シナに対して日本が悪いことをした?等と云うことはあり得ません。
当時の日本人が東京裁判でGHQが持ち出した南京大虐殺を信じた者など誰一人居ないと思います。トヨタがクラウンを発売したのが55年、NHKの相撲放送が始まった頃です。
石破議員の世代の常識は大東亜戦争の原因は石油と人種差別(先帝陛下)、シナ共産など敵でさへ無かった、と云うのが普通に一般的な常識です。

渡部昇一先生は自他共に認める保守論壇の大御所ですが渡部先生も仰るように幾度も幾度も石破発言を批判されています。ところが石破議員はそれに反論した形跡も無ければ反省した形跡も全くありません。

キャンディーズか何かのタレントさんが亡くなった時は態々コメントを発表していましたが、一昨年外国人地方参政権法案が上程されそうになった時は知らん顔、米軍の利益になる普天間問題では五月蠅いほど発言しますが、今裏で民主党か画策している人権救済法案にも知らん顔。今国会にも民主党が上程を目論む人権救済法案は実質、シナ朝鮮人を日本の支配者にする為の日本占領法案ですが、石破議員は見て見ぬ振りです。

シナ共産幹部の面々を前に石破議員の放った発言を伊勢さまは、御存じありませんか?是非、御本人に直接お尋ねください。誤魔化すでしょうが。
曰く、日本は中国さまに侵略戦争をした。その点、日本は率直に反省しなければならない。
伊勢さまは、靖国に背を向けるようでは日本人では無い!と仰いますが、その代表が石破議員です。
彼は態々シナ共産幹部の前で、求められてもいないのに自ら媚びを売って、曰く、私は絶対に靖国には参らない、首相の靖国参拝にももちろん反対だ、A級戦犯は仰せの通り分離しなければならない!と、国内法でも国際法に於いても存在しないA級戦犯なる占領軍の罪状を持ち出して、シナ共産幹部にゴマを摺っています。
河野太郎、河野洋平売国親子を彷彿させる発言ですね。
石破議員を普通に見れば、シナ共産から注射が入っているなあ~と視るのが自然です。

御存じかも知れませんが、田母神更迭問題を工作したのは当時の安田防衛次官ですが、それを裏で操ったのは米国です。石破議員は防衛族で元田母神閣下の上司でした。事件以前、田母神閣下に軍人としてもっとドシドシ発言するように促していたのが上司であった石破議員です。つまり安田元次官と裏で攣るんで田母神空将(核武装)を葬る為に嵌めた(良く云えば梯子を外した)のが石破議員と云うのが政界の大方の見方です。
このような人物が自民党を牛耳る内は自民党に明日は無いと存じます。

合掌。
2011/05/18 18:14 | 骨董商 [ 編集 ]

連投失礼します。
保守の人は潔癖症なのはいいのですが、それも度を過ぎると、一つでも気に入らないと民主と同じだと言い出します。評論家は理想を曲げる必要はないけれど、政治家は国益のために(見かけ上は売国や腰抜けに見える)妥協も時としては必要です。
麻生さんは総理就任時に、国益第一を考えるように、閣僚や官僚に申し渡しましたし、ご自身も誓われました。私は、田母神さんの更迭に関しては、緊急性を要する法案を抱えていたのか、理由は分かりませんが、その時点に於ける国益に外れたという理解でした。当時、全く不当だと私も思いましたが、麻生さんを信じるしかないと思いました。これ以上の人を望めない時は我慢も必要だと思います。当時私は今よりも日本のことも総理のことも誇りに思って安心して生活していました。
2011/05/18 13:25 | なつ [ 編集 ]

自分の娘(20代)とその友人たちを見ていると若者が結構、朝鮮文化に感化されてきているように感じます。特にユッケが今話題になっていますが、食の面で。小学校の給食のせいか我々の時代と食文化がかなり違ってきています。永谷園のCMもお茶漬けから今や、、
平成と昭和でがらりと変わったように、今上陛下の次の代はもっと様変わりしそうです。良い方向に変化するのはいいのですが、中国の属国や韓日併合なんていう悪夢のようなシナリオは絶対に嫌です。しかし国民が賢くならなければ、合法的にやられます。今も土地(領土)がどんどん敵性国に買われています。共産主義の国に領土を売るのはまさに売国そのものです。民主党は北海道やいろんな所で率先してやっていそうです。
2011/05/18 12:23 | なつ [ 編集 ]

骨董商さま

その田母神批判を聞いたことがないので、意見を述べることができない。石破さんね、1962年頃のお生まれだと、自虐史観を植え付けられたのでしょう。その頃の日本は、朝鮮動乱の特需に潤い、欠食児童などという言葉は消えていた。トヨタがクラウンを発売した頃だよね。すると、石破さんは、大東亜戦争の真相など知りようもない。渡部昇一先生からも痛烈な批判を受けた。だが、閣僚となるからには、石破さんが賢いかどうかは、その政策と行政能力で判断しましょう。過去の発言=今の考えではないと思いたい。

ぼくは外国人参政権に大反対。スパイ取締り法が先決。もちろん、憲法改正が最優先です。核保有論もあっていい。

さっき、キリギスタンのビシュケクのHyatteにチェックイン。うちのは、米軍移動勤務で5時間も遅れて着いた。今、オムレツ、果物、ワインをルームサービスで頼んだところ。この中央アジアの都市だが、トロリーバスが走っている。深紅のバラが無造作に植えてある。気温22度ぐらいで快適。“ローマの気候”といわれるらしい。

石破さん、われわれのブログを読むといいがね、、“自分の主張が通ることでもない”と気が着けばいいがね。特に、歴史を主観で判断してはいけないな。戦地で亡くなった兵隊を想うぐらいでないとね。靖国に背を向けるようでは日本人ではない。自分の史観など述べるのを控えるといい。「控えることを知る」人間が賢い人間だろう。伊勢爺
2011/05/18 10:48 | 伊勢 [ 編集 ]

こちらの板で返信させて頂く御無礼お許しください。

多史済々さま

シンガポールは元々その成り立ちからしてシナ人の収容所のような人口国家なので日本との比較は、とても恐ろしくて出来ませんが日本が良くお手本にしようとする国は英国です。小生は日本が英国のようになるのは日本の終焉を意味すると考えますので大反対なのです。
英国は一言で云えば、韓国が日本を韓日併合して王室をシナから持ってきたような移民国家です。まるで民主党が目指す明日の日本ですね。

>石破氏はその辺のところをどう思っているのでしょうかね。彼は外国人参政権付与に反対でもないようですし、彼は民主党議員と基本的にどこが違うのか私には良くわかりません

その通りですね。
小生にも石破議員が民主党の議員とどこが違うのか?と問われれば返答に困ります。
敢えて答えさせて頂ければ、民主党とは朝鮮人の党ですが石破議員は一応日本人の党、自民党の所属なので少しはマシでしょうと云うくらいですね。
だからこそ、こちらの伊勢さまが応援されていることに少々違和感を感じた次第です。石破議員の田母神批判はシナ共産政府の歴史観に立脚したもので、聞くに堪えない代物です。
シナ共産政府に媚びを売る売国奴が石破議員の本質だと思います。もちろん彼の本音はシナ人朝鮮人の日本に於ける選挙権付与に大賛成です。

合掌。
2011/05/18 00:04 | 骨董商 [ 編集 ]

伊勢さま

ご旅行中にも拘わらずお返事を頂き恐縮致します。

麻生さんの田母神さん更迭の判断は間違い。更迭する必要はなかった。
との伊勢さまの御意見に安堵致しました。
小生も同じ意見です。麻生先生は日本の政治家の中では稀有な存在ですが、重大な欠点が一つだけあります。
それは、さて置き田母神更迭事件の時、シナ共産政府に媚びて最も厳しい田母神批判をしたのが与党では石破議員でしたね。
御存じないとは思えませんが....。

合掌。
2011/05/17 23:21 | 骨董商 [ 編集 ]

骨董商 様

 私、バブルのころですから20年くらい前でしょうかシンガポールへ行った事があるのです。いや、支那人というか支那系シンガポール人がやたら目に付き、マレー人はまれであったように記憶しています。
 そのころ建築業界も人手不足で元請の社長は中国へ人手を探しに行く有様でしたが、私はシンガポールの有様を見て、中国人を日本へ大量に入れたらやがて日本もシンガポールになるのかもしれないと感じました。
 石破氏はその辺のところをどう思っているのでしょうかね。彼は外国人参政権付与に反対でもないようですし、彼は民主党議員と基本的にどこが違うのか私には良くわかりません。
2011/05/17 22:55 | 多史済々 [ 編集 ]

フランクフルトから、イスタンブールへ2時間と40分。あと2時間で、キリギスタン行きのトルコ航空が出る。バーで、トルコビール。

麻生さんの「田母神さん更迭の判断」は間違い。更迭する必要はなかった。伊勢
2011/05/17 21:16 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さま

初めまして骨董商と申します。
時々、こちらのブログを読ませて頂き感銘する事が多く大変勉強させて頂いております。
小生、30年以上40年近く自民党を支持してきた筋金入りの自民党支持者であります。と云っても最近の自民党議員は保守とも呼べない売国議員が多数派になってしまいました。今では自民党支持者と云うのは恥ずかしいほどです。
そう云うと伊勢さまにはお叱りを受けそうですが、その大きな原因の一つは朝鮮マネーです。多くの鳥取県出身の議員たちもその例外ではありません。現総務大臣や衆参の与野党議員にも日本語が母国語なのか朝鮮語が母国語なのかも分からないような、なり済まし議員が複数存在しております。

伊勢さまには大変失礼ですが、石破議員を元とする最近の鳥取県選出の議員を見ていますと総じて国民を騙して当選してくる連中ばかりのように思います。
元々鳥取県は左巻きの多い地域ではありません。多くの鳥取県民は彼らが議員として国民に隠れて裏でやっていることを知れば腰を抜かすのではないでしょうか。
遠く米国に暮らす伊勢さまには分かりにくいのかも知れませんが石破議員も民主党の議員に比べればマシと云う程度で日本の議員なのかシナの走狗なのか分からないような人物です。少なくとも遠く米国から伊勢さまが応援するような議員では無いように思います。残念ながら。
尤も、小生も鳥取の選挙区であれば致し方なく石破氏に投票はしますが....。

この人物は何故、民主党がこれだけ国民から見放されているにも関わらず自民党が支持されないのか?戦後一貫して支持されてきた自民党が何故、政権を失う事になったのか?全く理解していない、阿呆です。
唯の軍事オタクで愛国心も郷土愛も全く感じない。議員としての自覚も無い。野党のリーダーとしての自覚も全くありません。
世論調査を神さまの声と思っているのか?閉塞感のみが漂うだ?お前が閉塞感の原因なんだよお!馬鹿野郎。
唯、政局の徒に走ることだけは良い結果をもたらさないと自分に言い聞かせるしかありませんだと?何が疲れただ?笑わせてはいけません。疲れるのはお前のような議員を選んだ国民です。
今、政局に追い込み、与党議員を籠絡し、問責決議案、内閣不信任案の成立を図り、管内閣を解散に追い詰めるのが彼の国民に対する使命です。
要はやる気が無いのです。
自民党は全国の支部長さへ殆ど決めていません。
コイツのブログの文言は、自分がやる気が無い事を国民に隠す為の云い訳に過ぎません。
彼の本音はこうです。
まあ4年は選挙なんか無しでノンビリするべえ。これだけ逆風の選挙でも勝てたんだ、どうせ次の選挙も楽勝。
我々に都合の悪い売国法案は民巣党にやらしておけば、責任逃れてちょうどええわ~。
若いくせに昔の自民党議員の悪い部分だけを受け継いだような....愚痴になるので止めておきます。

ところで伊勢先生に一つご質問があります。
5月8日のエントリーの最後の部分ですが、
”麻生さんが田母神さんを更迭したようにね、そうでしょ?”とあります。伊勢さまは麻生元総理の田母神更迭を評価していると云うことでしょうか?

どうぞよろしくお願い申し上げます。
合掌。
2011/05/17 19:19 | 骨董商 [ 編集 ]

2011/05/17 12:31 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する