2011/05/19 (Thu) ロイター東日本大震災の復興費
まず、石破茂さん支持を保留とします。

今朝のロイターは、「ニュース速報1─3月期実質GDPは前期比‐0.9%、年率‐3.7%=内閣府」だ。これは、驚くに当たらない。政官民が、よくよく認識しておくだけだ。だが、「東北大震災の復興計画」はもっともっと重要なのだ。1)失敗は出来ない。2)雇用拡大のチャンスだ。3)GDPを引き上げるチャンスだ。4)世界に日本人の底力を示すチャンスだ。

日本民族は逆境に強い民族である。まず、管直人内閣を引き摺り降ろせ!民主党の意思のある者をスカウトせよ!必ず、日本は再生する。疑う勿れ! 伊勢平次郎 キリギスタンにて、






東日本大震災の復興費用は14.6兆円以上、阪神を50%強上回る公算

2011年 03月 15日 13:55 JST

[ロンドン 14日 ロイター] 11日に東北の太平洋岸を中心に壊滅的な被害を及ぼした東日本大震災の復興費用は少なくとも1800億ドル(約14兆6800億円)、国内総生産(GDP)の3%相当と試算されている。1995年の阪神淡路大震災(阪神大震災)の総復興費用を50%以上上回る規模だ。試算は、阪神大震災の事例をモデルに算出。より長期、数年間にかかる費用の予測は1兆ドルに近付く。

 すでにGDPの2倍もの債務を抱えている日本は、今回の震災で、第2次世界大戦終了後以来の大々的なインフラ再建を迫られる。

 ムーディーズ・インベスターズ・サービスは14日、東日本大震災の復興のため巨額な資金が必要になったことで、日本の債務返済能力に対する投資家の信頼感が低下し、日本の借り入れコストが上昇すると警告した。

 ムーディーズのシニア・クレジット・オフィサー、トム・バーン氏は声明で、「日本の各政党が今回の危機をきっかけに、長期的な財政問題に取り組まない限り、そのような(信頼が失われる)転換点の到来は地震によって若干早まった可能性がある」と述べた。

 今回の地震、それに続く津波で壊滅的な被害を受けた東北地方は日本のGDPの6─8%を占めると試算されている。阪神大震災の被災地域(約12.4%)を下回るが、危険な状態に陥っている原子力発電所などの固定資産や人的資本の損失ははるかに大きい可能性がでてきた。

 地震が世界経済に及ぼす影響は限定的で、日本経済も一時的に落ち込むが、復興需要に押し上げられ、アジアの建設セクターも恩恵を享受する、とアナリストは予想しているが、復興費用が当初の予想を超えるとの見方もでている。

 三菱UFJ証券インターナショナルのエコノミスト、ブレンダン・ブラウン氏は「これまでの経験からすると、コストは過小に見積もられる傾向がある」と述べ、停電がいつまで続くのか、など不確実要因は多く、それらがコストを押し上げると指摘した。

comment

なつ姉さま

もちろんです。変なこと書いても晒しておきますので(笑い)。 多史先生が「大覚寺」のこと書いてるが、横浜の姉はそこの学校を出た。だから、お華とお茶の先生です。横須賀米海軍基地でも教えている。米国人家族から多額の東北義捐金を頂いたとのことです。こうやって、75になる姉もボランテイアを続けている。

思いつきだけども、自民党は義捐金を集めればよかったと思うね。ぼくらも、こちらusa赤十字と、日本の赤十字に寄付をした。コロラドの甥や姪の子供たちもカトリック・津波義捐金に寄付した。

来月6月6日は伊勢爺の70の誕生日。コロラドから、親子三代12人がルイジアナへやって来る。子供だけでも6人だわ。中庭に4人寝られる茶屋をうちのと二人で建てた。子供らうるさいから。フロリダに家を一週間借りた。子供たちはビーチが好きだからね。道理でさ、伊勢爺は貧乏こくわけさ(笑い)。伊勢
2011/05/27 02:54 | 伊勢 [ 編集 ]

艦長 なつ様
 
 お祝いのお言葉まことにありがとうございます。

 私、昭和46年、高校3年(17歳)の夏休みに寝袋とテント背負って一週間かけて京都・奈良・鳥羽・伊良子岬と巡ったことがあります。
 大覚寺の西面や背面は美しい田んぼ、渡月橋から松尾大社への桂川沿いの道の周囲は畑ばかりでしたが今ではずいぶん宅地化したそうですね。
 鳥羽水族館の近くで食べたでっかい焼き蛤とても美味しかったです。確か一つ100円でした。フェリーから見えた潮騒の舞台の初島、夕日に紅く映えていました。
 旅は良いですね。
2011/05/26 23:07 | 多史済々 [ 編集 ]

多史済々さま

残念ながら違います。若い時こそ4ヶ月ほどスペイン辺りをふらついたりしたこともありますが、現在は子供たちも成長しましたし、自営業を営んでおり、京都を離れる事はめったにありません。長姉が若かりし頃、米国にフルブライト留学して学位を取得したこと、又その後も何かとお世話になっていることなどから、米国にお住まいの伊勢様のブログに興味を持ちました。

ご長女のご婚約おめでとうございます。私共長男は7~8年付き合っている彼女がいますが、多分来年あたりになると思います。問題は長女の方で、鼻筋の通った美人なんですが(テメエがいうな)、何を考えているのか、いないのかさっぱり分からない今時の娘って感じです。でも決まったら決まったで、ほっとすると同時に淋しいと思うというのは分かります。
私信になってしまいましたが、よろしくお願いします。

伊勢様いつもご迷惑をかけてすいません。これ公開コメでもよかったのでしょうか?
2011/05/26 21:47 | なつ [ 編集 ]

多史済々先生

いいえ「なつさん」ではなく別の方ですよ。

娘さん結婚される?父親の気持ちは同じようですね。わが父もその道を通った。おめでとう。伊勢
2011/05/26 21:33 | 伊勢 [ 編集 ]

 艦長

 ありゃりゃ^^;、なつ様はあの東京會舘において質素で奥ゆかしく強い意志と行動力を伴った美しい女性がいらっしゃいましたが、もしかして彼女でしょうか?
 あの時お話した私の長女はこの秋に結婚予定になりました。嬉しくもあり淋しくもありです。
2011/05/26 20:19 | 多史済々 [ 編集 ]

伊勢様、皆様今晩は。いえいえ経済を無視しているわけではないと思います。
経済を良くするにもしっかりした日本国と日本国民を第一に考える政府が必要と思っていらっしゃると言う事ではないでしょうか。?

少なくとも現政権と与党は日本国民よりは隣国政府と自分達の地位保身が第一としか見えぬので(私一個人の思いですが)話が政治のほうへ目が向いていくのでしょう。日本の再生復活には自国と自国民をしっかり守る政府と私達日本国民の決意と実行しかないと思います。
強い政府を実現する為にはどのような人物が本当に良いのか目を見開いて私達有権者が判断しなければなりません。マスコミの世論操作に騙されてはいけません。
2011/05/26 19:37 | 一有権者 [ 編集 ]

>>GRANMA、なつさん.お二人とも大好きです。女性の優しさもあって。お二人の書くこととても良く分かります。

メールで、、大震災に見舞われた義母さんを引き取って、介護すると。大変気丈夫な女性です。この女性はパチンコ業界を廃絶させたい。渋谷で行われたNHK・台湾番組への抗議~外国人地方参政権反対のデモに参加した。やはり東京會舘でお会いした。

がんばっていますね。義母さんを介護されると。政府の手を待っておれない状況がよく理解できます。しかし、それはそれと、腹を括るしかない。政権奪取でも、今すぐに出来るわけじゃない。法的拘束があるからね。自民に代わったら、すぐに雇用や年金制度などがよくなるというわけでもない。さらに、この復興という大事業は、強い政府~国民の理解~カネがいる。ベストを採っても、不満は必ず出る。なんと言っても、国防と経済が第一。隼の人々には、経済を無視する傾向がある。それだけ豊かということかな?いつもあなたを応援してますよ。あなたは、強い母親だから。有難うね。伊勢
2011/05/26 16:18 | 伊勢 [ 編集 ]

>>多史済々
日本はアメリカと親密な同盟国ですが、文化に関しては支那との2000年の付き合いがありますし、精神的にも相性がいいのは歴史が証明していますよ。

> どうして、このような見方が出てくるか不思議である。相性はまったくとは言わないがないですよ。
史那人はエイリアンであるくらいに思わないといけないですよ。


横レス失礼します
シナ人は古来より人肉を食料にしていた事は知られています。孔子様も好んで食されたと記されているそうです。又、魯迅が妹が食料にされてしまった事を嘆いていたこと、日本に留学するまでその食文化をおかしいと気づかなかったことなど、、何かで読んだことがあります。
朝鮮にも私たちの想像が及びもしない食文化があります。それらは彼らの文化なので日本人の感覚で判断しても仕方ないです。kenji様がエイリアンと言われる所以はそういうことなんだと思います。
台湾にも日本が統治する以前は首狩族がいたというし、国あるいは土地の習俗習慣があるのでしょう。自分たちの考えが世界中どこでも通用すると思っては失敗する(甘い)という事でしょうし、私自身は特亜と付き合うのは難しい気がします。
2011/05/26 11:19 | [ 編集 ]

Kenji先生、多史済々先生

“こんな本すら読んでないの?”と読書量合戦はやめましょう。お二人とも、男性ホルモンが強いから、エスカレートする。

多史先生とは、東京會舘で飲み食いしたので、同じ釜の飯食ったお人。確か、Kenji先生とは、電話で話した。名古屋のお人だと思う。

>>その辺をおかしいとアメリカに理解してもらうのが隼の目的ではないのかと、、

そうです。アジアにアメリカのインテリの目は向いているから。だけどもね、書き方によって見方を敵に回してしまうという危険がある。そこで、今までにない不思議なスタイルを採った。もうすぐ、分かります。

今、一有権者先生の住所氏名電話番号を頂いた。大震災の被災者です。隼社会の同志です。隼機関の趣旨を次のエントリーで明確にします。隼同志は増えている。まだ面識がない人が多い。だから、喧嘩になると、発起人の伊勢爺が責任を取るしかない。

喧嘩にならぬように、激論をしてください。他人に言えることじゃないが(笑い)。伊勢
2011/05/25 23:26 | 伊勢 [ 編集 ]

kenji様

 ごめんなさいあなたのコメント何をおっしゃりたいのか私には理解できません。魯迅も大草原の家も読んだことありません。甘いといわれても良くわかりません。

 ただ、どうでしょう、アメリカは西海岸まで領土を増やしてきましたが、それ以降孤立主義でしたよね(まあ日本を門戸開放させましたが)。しかし、スペインを破ってハワイ・フィリッピンを手にして以降、中国にも門戸開放を迫りアジアに手を伸ばしてきましたですよね。そして、日米は結局戦争をすることになりました。その結果、アメリカは勝ち日本を滅くすことはしませんでしたが世界制覇を試みた侵略国との烙印を日本にはっきりと押しました。カイロ宣言などでは日本を野蛮と呼んでいませんでしたっけ。
 だから、表面上はいざ知らず日本はアメリカとはいまでも真に対等に話が出来ないのではないでしょうか。だってそうでしょう、アメリカは平和主義者で日本は侵略者なのですから。
 しかし台湾とはどうなのでしょう、対等に話が出来ると私は感じるのですが。
 その辺をおかしいとアメリカに理解してもらうのが隼の目的ではないのかと私は思っているのです。
2011/05/25 21:45 | 多史済々 [ 編集 ]

伊勢様今晩は。応援ありがとうございます。
なつ様のお言葉なるほどと思います。人間本当に追い詰められた時や失うものがなくなった時思わぬ力が湧き上ることがあります。
私の友人に家族は無事でありましたが全てを失い故郷に別れを告げ新天地へ去ってしまった者もおります。私とて果たして故郷に残る事ができるか現状は非常に心もとない状況です。だからこそできる事は何かしておきたいと思っております。自分の生活を立て直す事と国政をリンクさせる事は甚だおかしい事かもしれませんが、民主党政権の震災対応と復旧復興政策の遅さを見る限りやはり直結しているのだと考えるべきと思います。
日本国を良くして行く事が日本国民である自分達の生活を良くして行く事になると考えれば政治に無関心でいられるはずは無いのだと。
現国会議員の方達の中にどれだけそのような考えを持った方達がおられるのか。?少なくとも民主党議員と民主党と其の考えを同じくする議員には全く期待は出来ない事は明らか。本日も渡部、小沢両氏の合同誕生会とやらが開催されたとマスコミの報道がありましたが政局絡みで国防やら震災対応やら原発の事など頭には無いことが私のような者にも判る様な情けなさ。
2011/05/25 21:07 | 一有権者 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/25 20:32 | [ 編集 ]

なつ姉さま

>>何かを得るためには何かを犠牲にしなければならない。相手との交渉では、出来るだけ得るものを多く、失うものを少なくするしかない。過去ばかり見ていないでもっとトータルで見て欲しいです。政治家に期待するばかりでなく自分も死ぬ気で何かをしていますか?前向きな提案でなく、こんな類の投稿ばかり見ていると心がすさんできます。

“死ぬ気でやれ!”と。あなたのお考えに賛成します。やはり、この世に、母親ほど偉いものはない。伊勢
2011/05/25 18:44 | 伊勢 [ 編集 ]

GRANMA

ぼくのコメントで傷付いてますか?あなたに書いたことを全て撤回します。機嫌を直してほしいです。あなたは、隼ソサエテイの基礎を作った人です。かわいいお孫さんがいる気立てのいいおばあちゃんです。

あなたは、日本の行く末を心配するあまりに、石破さんなどの、軽々しい日本史観に~中韓に乗じられる政治スタンスに警告を鳴らしている。

ぼくの長兄(11年前に黄泉の住人となった)は、明治大学経済部から学徒出陣して朝鮮に送られた。陸軍航空隊の整備兵長だった。終戦を知らされた。武装解除があることを上官から聞いた。東京からの指示待ちとなった。待っても待っても、指示は来なかった。そのうち、将校たちは、次々とどこかへ消えた。そこで、少年兵らを連れて漁船で福岡に帰った。海岸に人の姿が見えた。武器を海中に捨てた。

三番目の兄は、新京商業から立教大学に進む途中、予科練に志願した。つまり特攻志願だった。満鮮組(1万人)として、長崎で終戦を迎えた。塹壕ばかりを掘らされた。昭和20年3月のある夜、錨を引き上げる音を聞いた。満鮮組の5000人が輸送船でどこかへ出て行ったと。だれも帰って来なかった。“今考えると、沖縄へ行ったんだ”と兄は語った。兄は生き残った。今年84になる。終戦後、立教大学経済部を優等で卒業した。この兄は、反米ではないです。さかさまに、ハリウッド映画、ジャズが大好きのお洒落さん。息子(伊勢爺の甥)は、市ヶ谷背広組のエライさんとなっている。曾孫も出来た。“お前と同じ誕生日なんだ~縁があるの~”だと。

詰まらん話をしたが、Granmaに機嫌を直してもらいたいから、茶を濁した。ごめんね。伊勢
2011/05/25 17:57 | 伊勢 [ 編集 ]

たち日を支持している人は気楽に平沼さんに期待していますが、村山談話の閣議決定にサインされている事はスルーです。やむを得ず踏襲した方ばかりを責めるのはフェアじゃない。何かを得るためには何かを犠牲にしなければならない。相手との交渉では、出来るだけ得るものを多く、失うものを少なくするしかない。過去ばかり見ていないでもっとトータルで見て欲しいです。政治家に期待するばかりでなく自分も死ぬ気で何かをしていますか?前向きな提案でなく、こんな類の投稿ばかり見ていると心がすさんできます。
2011/05/25 15:10 | なつ [ 編集 ]

麻生さん、安倍さんとて結局在任中にヘンな謝罪声明をだしたり、田母神さんの首を切ったり、まぁ消去法で残る次善の人選の感をぬぐえない。
西田昌司さん、稲田朋美さん、平沼さんあたりのほうが良いように思います。
谷垣氏は石原都知事が「女学校の校長先生」と表現したのがもっとも適切、こういう民主党敵失のときに全然攻め込めないのが歯がゆい。
2011/05/25 14:23 | Stratcaster [ 編集 ]

麻生さん、安倍さん、いずれになっても私たちは安心して国を任せられますが、敵にとっては手強いでしょう。犠牲者が出る事も覚悟しなければならないと思います。
お子さんがおられないだけ分だけ、安倍さんの方が覚悟を決めやすいのかなと変な心配、でも松岡さんや、中川昭一さんの事を思うと真面目にそう思います。だから、私たちも無責任に批判ばかりしないで、国際社会の問題と国内の問題の全体のバランスを考えて、我慢すべき時は我慢して、じっくり成果をみて評価すべきだと思います。私は地味だけれど谷垣さん結構好きです。経済も強そうですし。ハニ垣とか言われていますが、なにも敵のトラップを気にすることないと思います。裁判で勝っていますが、私はそんな事どっちでもいいです。仕事さえして頂ければ。彼もかなりマスコミの印象操作をやられていますが、党内をまとめるのにはいいかもです。極端な人は党が分裂します。それは敵の利益に合致します。彼の人間性のお陰で、どん底の状態からここまで来れたと感謝しています。要するに自民党に戻ってくれたら、日本だけでなく自由主義陣営は一息つけます。
2011/05/25 10:17 | なつ [ 編集 ]

>二重投稿となりましたが、投稿不能と出ましたから、用語を変えたら、投稿完了と表示され、それを確認したら
二つとも表示されていました。
 ネットも監視されているということです。

監視しているのは?これと同じ事を私も経験しましたが嫌な感じですね。

骨董商さんの
>>ところが、国家としての相性が悪いですね。逆にシナとの相性は抜群です。これは両国が共に中世が無い国、封建社会の経験が無いからだと感じます。

この部分、どう考えても日本とシナではなく、米国とシナの相性がいいという意見でしょ。日本とヨーロッパは封建時代を経て近代に移行したので成熟した社会だけれど、米国とシナはその部分欠落しているから・・と理解しましたが。
2011/05/25 09:35 | なつ [ 編集 ]

二重投稿となりましたが、投稿不能と出ましたから、用語を変えたら、投稿完了と表示され、それを確認したら
二つとも表示されていました。
 ネットも監視されているということです。
2011/05/25 09:08 | kenji [ 編集 ]

>>多史済々
日本はアメリカと親密な同盟国ですが、文化に関しては支那との2000年の付き合いがありますし、精神的にも相性がいいのは歴史が証明していますよ。

 どうして、このような見方が出てくるか不思議である。相性はまったくとは言わないがないですよ。
史那人は異質であるくらいに思わないといけないですよ。

 史那のドラマ、小説を見ればいいでしょう。
魯迅は読まれなかったのですか?

韓国ドラマは日本人のある部分を刺激するが、よく見ると違う。
 それに比べれば、亜米利加の中産階級(これはここ30年で打撃を受けたという)の物語である<大草原の小さな家>のほうが、親和性がある。よく似ている。
 似ているは同じではない。

甘いですね。
2011/05/25 09:04 | kenji [ 編集 ]

>>多史済々
日本はアメリカと親密な同盟国ですが、文化に関しては支那との2000年の付き合いがありますし、精神的にも相性がいいのは歴史が証明していますよ。

 どうして、このような見方が出てくるか不思議である。相性はまったくとは言わないがないですよ。
史那人はエイリアンであるくらいに思わないといけないですよ。

 史那のドラマ、小説を見ればいいでしょう。
魯迅は読まれなかったのですか?

韓国ドラマは日本人のある部分を刺激するが、よく見ると違う。
 それに比べれば、亜米利加の中産階級(これはここ30年で打撃を受けたという)の物語である<大草原の小さな家>のほうが、親和性がある。よく似ている。
 似ているは同じではない。

甘いですね。
2011/05/25 09:03 | kenji [ 編集 ]

多史済々先生

今さっき、家に入った。お犬さんらがワンワンと泣きやした(笑い)。

>>アメリカへの日本理解の促進と日本の真の独立を得ることと私は勝手に思っていましたが、違いましたでしょうか?

その通りです。日本は、実は、ほとんどすべての面で、「独立」しています。国防の面だけが遅れている。これは、あなたも仰っている曖昧な現行憲法が根本原因です。それと、防衛費が極端に少ない。日本が自分の力だけで中露の軍事攻勢に対応できるか?というと、答えは“出来ない”でしょう。まず、兵器をアメリカから買わなければならない。兵器が揃っても、日本軍だけでは勝てない。やはり、日米合同軍でないと、日本、アジア太平洋の安全保障の壁は崩れる。日本がしっかりすることを、親日国家群は望んでいる。いつもは辛いオーストラリア、社会主義国家のベトナムまでもですよ。戦争になれば、協力してくれます。

>>この匿名さんはなんでこんなに興奮するのでしょうかね。私にはなんとも理解できないです。

次のエントリーで明確にしますか?メールで、“骨董商という人はノーマルではない”と書いてきた人が4人います。あなたには、どう見えますか?

ny株式市場は、ダウがマイナス25ドル。6月30日で、qe2(量的緩和)が切れる。米経済が政府の財政出動なしで維持できるか?いつもは、ポジなぼくでも、データーを見れば見るほど悲観に傾いている。日本経済をたいへん心配している。次期総理は、麻生太郎さんの復帰がベストと思う。経済に通じているからね。だが、谷垣さんが総理になるんじゃないの?いずれにせよ、国内経済に専念できるには、外務と防衛のニ翼を任せられる人が必要です。

ところで、冷蔵庫には何もない。疲れているが、買い物に行く。伊勢
2011/05/25 05:46 | 伊勢 [ 編集 ]

 艦長無事のご帰国良かったでした。

 石破氏と安部氏の政治信条の違いですか。私はよくはわかりません。しかし、石破氏はここでも誰かがコメントしていましたが、何とも信用ができない人物なのです私にとっては。
 例えば彼もみんなで靖国神社を参拝する議員の会に参加していたと思いますが、首相の靖国参拝には反対したり、創生日本に参加していたと思ったらいつの間にか抜けていたりとか。どうも唯我独尊の老境にあるような気がするのです。
 また、拉致被害者全員を連れて帰らなかったら倒閣行動をすると小泉首相に言ったくせに防衛庁長官職に釣られてしまったりとか、正直何ともなという感じがするのです。
 そして、自衛隊ですが、徴兵制が望ましいとの発言もしていたような気がしますよ。彼が首相になったらアメリカに利用される危惧を私は持っています。私には古いタイプの政治家のような気がするのです。

 その点、安部氏は戦後レジームからの脱却・美しい国という明確な進路を持っています。ですからいわゆるアメリカからの独立志向が見えてきます。アメリカはアメリカ、日本は日本の構図です。彼は議員秘書を経験していますから根回しとかも苦にしないような気がします。ですから、支持議員も多いと思うのです。
 そして、なんといっても創生日本の柱です。

 麻生氏はなんと言ってもスマートです。外国へ出ても見劣りしません。踏襲を読み間違えたくらいなんでもないですよ。歴史観もまあ良いです。

>>ところが、国家としての相性が悪いですね。逆にシナとの相性は抜群です。これは両国が共に中世が無い国、封建社会の経験が無いからだと感じます。
>隼速報は一般に広く開放されてるから、尾崎さんが、それで良いと仰るのなら、私の出る幕じゃないけど・・・・・隣にいたらぶん殴ってやりたいね。
 う~ん、艦長、この匿名さんはなんでこんなに興奮するのでしょうかね。私にはなんとも理解できないです。
 日本はアメリカと親密な同盟国ですが、文化に関しては支那との2000年の付き合いがありますし、精神的にも相性がいいのは歴史が証明していますよ。何しろ我々は自分の名前に漢字を使っていますからね。仏教も漢字の経典を使っていますし。勿論、中共とは相性が良くありませんが。私は骨董商様にその辺のところを是非とも勉強させていただきたいです。
 隼機関の目指すところはアメリカへの羨望や協力ではなくて、アメリカへの日本理解の促進と日本の真の独立を得ることと私は勝手に思っていましたが、違いましたでしょうか^^;
2011/05/25 02:07 | 多史済々 [ 編集 ]

一有権者さま

岩手県ですね。いつも応援してますよ。まだまだお若い。あなたが、セ二アになる頃には、日本はさらに近代化されていると思う。思想も、技術も、文化もね。過去に囚われず、今の自分と、未来の自分に焦点を合わせてください。過去に執着すると、近未来の競争に負けます。伊勢
2011/05/24 20:17 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

みなさんが政治に興味を持っていることは明らか。経済はどうなの?政治と経済は切っても切れないものです。さらに、経済と安全保障はワンパッケージなんです。

ご周知のように、日本はアメリカ(米国市民の税金と米軍)に守られている。その最大の理由が相互経済の発展。もちろん、アジア太平洋の安全保障があってこそ、経済がある。

今朝のシュワブ(米最大のオンライン証券会社)のニュースレター(顧客にだけ配信される)によると、6、7、8、9、10月の証券市場は、“荒れる”と書いている。ぼくもそう読んでいる。ダウ平均は、13000ドルに達しないと思っている。その理由1)ユーロ圏の金融不安。ギリシアはリストラで財政緊縮、それも深刻なレベル。今日、S&Pがイタリア国債の格付けをワンノッチ下げた。2)中国の国内需要喚起策である住宅への投資は大失敗。3)ISMという米国製造業の指数がエコノミストの予想よりも、格段に低いことが判明した。4)ユーロ圏の製造業の成績が低下した、、この意味するところは、失業者が増えるということだ。

最大の暗雲は、ユーロ圏の金融危機です。一方、USは、QE1、QE2の効果が期待したほど出ていない。失業率が、オバマ政権2年6月を過ぎても、9%と変わらないことだ。

日本経済は、米中市場に依存する経済。そこへ、東北大震災。自民党が与党になる日はいつ?次期政権の荷物は大きい。国防と経済の大荷物を担ぐ。明らかに、麻生・安倍さんのペアはベスト。だが、それも国防あってのことだ。だから、ワシントンに信頼されている石破さんに期待する。首相は自民党が決めることだ。“思想反米・日米通商賛成・反ユダヤ・日米同盟など無いに等しい”などと、ほざく者は、日本を破滅に追いやる連中なのだ。まあ、少数それも結束しているわけではないから、日米同盟の体制に問題はない。伊勢

2011/05/24 20:04 | 伊勢 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/24 19:24 | [ 編集 ]

多史済々先生

>安部・麻生両氏が日本の新しい道筋をつけてから石破氏なら私は納得です。 

安倍・麻生さんと石破さんは、政治信条に違いがあるの?あるとすれば、話し合って溝を解消しておかなければ、後日になって、別れることになる。自民党が政治信条で結束していないならば、政権を奪取しても分裂を抱えた政党となる。自民党の党規が曖昧では、どうしようもない。「裏切り者」や「下克上を企む者」を粛清出来なければ、党首は務まらない。ここは、新撰組組長、近藤勇に見習うことだ。伊勢
2011/05/24 19:22 | 伊勢 [ 編集 ]

>>この国の問題はバカを大量に当選させた愚民の方だと思います。

国賊ナンバーワンは、マスコミですね。国賊ナンバーツーが、「自分は保守だ」と自称する自己中心の低脳な連中。ナンバースリーが、右にも左にもいる「譲歩すること」を拒絶する狭量な日本人。この3グループの特徴は、「独善」と「利己主義」なんだ。

ナンバーツーの「似非(えせ)保守」だが、これが一番少数派。その狭量さでは、味方までも別れていく。“国を守れ!”と叫ぶが、それも、リップサービスだけだ。その行動とは、パソコンのキーボードを指で叩くだけだ。これら三種の国賊を「愚民」という。伊勢
2011/05/24 18:59 | 伊勢 [ 編集 ]

同志のみなさん

昨日(USは月曜日)の4時PM、ワシントン・ダレス空港に着いた。入管、通関、セキュリテイ・チェックと1時間30分以上かかり、国内線ターミナルは遠く、小走りで、ゲートに着くや、ニューオーリンズ行きは、目の前で、ジェットウエーを離れて行った(笑い)。だが、うちのカミサン、「Kクラブ」という、年間10万マイル以上ユナイテッドを使う者に与えられるカードを持っている。ユナイテッドは、自分たちの所為ではないのに、空港のヒルトンを無料、朝飯付きで宿泊させてくれた。今日の午後の便では、ファーストクラスを確保してくれた。お犬さんらが首を長くして待っている(笑い)。今度も、無事に帰ってこれた。“サンキュー”と誰にともなく呟いた。伊勢


匿名で、以下のコメントがあった。

>ところが、国家としての相性が悪いですね。逆にシナとの相性は抜群です。これは両国が共に中世が無い国、封建社会の経験が無いからだと感じます。

大変相性の悪い書き込みがある。隼同士と異なる考え思想の持ち主に、傍若無人に書き込まれると気分が悪くなる。奴等、御自分のブログを持ったらいかが?

隼速報は一般に広く開放されてるから、尾崎さんが、それで良いと仰るのなら、私の出る幕じゃないけど・・・・・隣にいたらぶん殴ってやりたいね。

(伊勢)「匿名による傍若無人な書き込み」を容赦しているわけではないですよ。“隼速報は、隼ソサエテイの機関ブログです”と見出しにも書いてある。この骨董商というHNの人のコメントを読んでおるうちに、「愉快犯」という変質者だと思ったので、晒しておいたのです。あなたのように、ハヤブサさんのように、読み抜かれた方は多い。だから、あまり気にしなくても良いです。ただし、この愉快犯に迎合したいならば、隼機関を離れてください。

ぼくは、6月には、馬齢70歳となる。今まで、皆さんのおかげで、おおらかに生きて来られたと思う。ぼくは、「真の友人」を、日本、アメリカ、ヨーロッパ、中央アジア、南アフリカ、オーストラリア、、と持っているラッキーな人間です。

だから、「味方は多ければ多いほど良い。敵を味方にするほどの気概を持っていないと失敗する」という信念を持っている。だから、執拗に攻撃をかけてくる人間と時間を共有したくない。アメリカ人に多くの「真の味方」を持っている。隼ソサエテイには、200人以上の「真の味方」を持っている。みなさんの実名もメールアドレスも頂いている。それも女性の同志が多い(笑い)。伊勢



2011/05/24 17:29 | 伊勢 [ 編集 ]

多士済々様

お心遣い,ありがとうございます。
2011/05/24 05:59 | GRANMA [ 編集 ]

拝啓、管理人様お久しぶりであります。
更新お疲れ様です、愛読しております。

別スレッド宣伝御容赦下さい。

震災に隠れ緊急事態であります。
>
> 東京都にある在日チャイナ大使館に隣接した広大な敷地がチャイナに落札されました。
>
> 詳しくは付記URLから元警視庁通訳捜査官 坂東忠信氏 「 外国人犯罪の増加から分かること 」
>
> アメーバ版 http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=japangard&guid=ON
> の記事「 売国土 」を

ご高覧下さい。
更には、在日チャイナ大使館による隣接地買収に反対若しくは疑問を持たれた方にお願いします。
首相官邸に、各政党、各省庁、国会地方議員、地方自治体特に東京都にマスコミに抗議反対
若しくは疑問のメッセージを発信して下さい。
勿論、私も発信しております残念乍力が足りません。何卒、力を貸して下さい。>
管理人様、勝手にこの場を借りる失礼をお許し下さい。> m(_ _)m乱文にて 敬具

ネットニュース
J-castニュースにて
http://www.j-cast.com/m/2011/05/08094883.html?uid=NULLGWDOCOMO&guid=on
在日チャイナ大使館隣接地買収へを取り上げております。
2011/05/24 02:53 | (^o^)風顛老人爺 [ 編集 ]

 艦長 
 今まで気にもしなかった国の紹介なかなか旅情をそそられました。無事の帰還をお祈りいたしております。
 ところで、骨董商様のコメントを少々気にされているご様子ですが、要するに石破氏積極支持に面食らってのコメントなのです。要はそれだけです。正直、私もなぜよりによって石破氏なのかと面食らったのです。
 多分、その気持ちをいだいた観察者(このブログのファン)は割と多いのではないかと想像します。
 隼中心の方々がその注進に至った考察を書き込みしていただければより中身の濃い議論ができたかもしれません。

http://www.nobuteru.or.jp/hoticons/tsuma.html

 上に紹介したのは石原伸晃氏のホームページですが、その中に「妻の目」という項目があって、その(平成14年7月)分記事に
 「7歳から18歳の大学受験で日本に帰ってくるまで11年間ヨーロッパに住み、とにかく自慢できることといったらその間に培われた雑草のような順応力。なにせイギリスに行って、最初に住んだ村なんて有色人種がウチしか居なくて、ほとんど未開国人扱い。ここの人種差別はハードだった。その後も10歳やそこらの子供に太平洋戦争の責任を問うな、あなたを捕虜にしたのも、親戚の人を殺したのも私ではない、と叫びたいような理不尽なメにいーっぱい遭いまして、したがって、えー、帰国子女?かーっこいい! みたいなノリにはついていけないし、1、2年外国ですごしたからってその国の事語ってしまう、などという事もできません」
という文章があるのですが、私は艦長のコメントを読むたびに彼女の文章を思い浮かべるのです。そして、石原伸晃氏(崇教真光という新興宗教の信者であることが多少気にかかる)というのは実に実直な性格だなと感心しています。
 本日のNHK番組で英語の授業を取り入れた小学校の紹介をしていましたが、この動きはますます進展されることと思います。そうであればますます歴史教育・愛国心教育・民族教育(排外教育ではない)は重要になると私は思うのです。東郷元帥くらい知らないと。
 人生歩いてきた道は各人異なります。ですから、物事の捉え方も各人異なりますのは当然です。でも、だからこそ意見のぶつかり合いが更なる理解というか新たな各人の発展をもたらすものと私は期待します。
2011/05/23 22:44 | 多士済々 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/23 22:32 | [ 編集 ]

今日、小川和久氏の「もしも日本が戦争に巻き込まれたら」を読み終えました。薄いので短時間で読めます。
ほぼ石破氏の国防論と同じです。政府の政策立案に関わっておられた方なので当然かもしれません。国防に限って言えば、石破氏はいいと思います。総理は安倍さんが、気力が充実していればベストだと思います。その時は国内に於ける真の敵、或いは敵の代理、マスコミとの全面対決になるので、国民が全力で支えなければ又前回の二の舞になると思います。安倍さんは憲法改正を必ずやってくれると思いますが、国民も(世論という形で)、一緒になってやらなければ、政治家任せでは不可能だと思います。
2011/05/23 21:08 | なつ [ 編集 ]

みなさん

今、フランクフルトで、2時間待って、ワシントン行きが出る。

コメント何度か読み返した。だが、この「骨董商」というHNの人が言わんとするところが分からない。本人も何を書いているのか分からないんじゃないかな?ただ、ダラダラと執拗な詭弁が続く。答えれば、文面通りに受け取らず、自分用に解釈する。よって、この詭弁はもっと広がる傾向にある。

Granma は骨董商さんと息が合うらしい。人間、仲間が必要。息の合う仲間が出来ていいことだ。だが、伊勢爺には、骨董商さんの性格は、しつこく、鬱陶しい。伊勢
2011/05/23 17:02 | 伊勢 [ 編集 ]

一有権者先生、多史済々先生、ハヤブサ先生、

レスする余裕がなかった。帰宅してから、旅行中のコメントを再読して、回答を試みます。今から、イスタンブール空港へ行く。ルフトハンザでドイツへ。21時間後に家に着く。ごきげんよう。伊勢

2011/05/23 08:54 | 伊勢 [ 編集 ]

皆さんおはようございます。昨日まで中国の温首相、韓国の李大統領が日本を訪問し被災地にも脚を伸ばしました事は報道されましたので御存知のことと思います。

中韓の為政者が日本と日本国民を慰問したと報道された其の裏を読まなくてはいけないかと。
菅総理は会談において中国には尖閣について、韓国にについては竹島等について一言も言及しなかったとの事。国益を守る姿勢は一つも無いと断言できますね。過日の自民党佐藤正久議員の姿勢を高く評価したいと思います。
発表された事と言えば12都道府県の食品輸入規制を山梨、山形を外し他規制を緩めるとか韓国企業の幹部を福島へ招聘し被災地復興の為の支援策として進出をお願いするとか。中身は全く成果が無いのにあるようなふりをしているだけです。食品について言えば日本のものより中国のもののほうがよっぽど危ない。これ一つとっても日本の首相でありながらこの菅と言う人物のすることは売国奴である事は明白。なぜ自民党他の野党がいつまでも倒閣に動かぬのか。?この件については石場氏は「もし内閣不信任案を提出して失敗したら信任したことになる、負けるような事はしないほうが良い」と発言したとの事。これではやはり石場氏を支持することは難しい。今自民党がやることは全力を持って民主党を政権から引き摺り下ろし、日本再生のための政策と震災復興策や国防をしっかり行なう政治をすることなのに何をしているのか。?
2011/05/23 07:51 | 一有権者 [ 編集 ]

ハヤブサさま

御指摘ありがとうございます。
こちらへの投稿は御迷惑のようですので止めるつもりでしたが、ハヤブサさまはそのHNから、もしかしたら、こちらの関係者かな?と思い、お返事をさせて頂きます。

キッシンジャーと云う偉大な歴史家でもあるユダヤ人はカサエルはもちろんの事、多くの古典を読み込んでいる事は広く知られています。もちろん、キッシンジャーが多用するこの文言がカサエルからの引用であることも広く知られていますね。御存じありませんか?ハヤブサさまは。
もちろん、御存知ならばこのような野暮な投稿はなされないでしょう。
石破氏の対談記事の時もそうでしたが、小生のこう云う反論にもならない指摘が、貴兄は不愉快なのでしょうが自分が不愉快だからといって、小生が喧嘩を売っているなどと考えるのは大変な誤解です。
そうは思いませんか?

>「合掌」で終えるという実に不快な書き込みに辟易していましたね・・・合掌とは、確か、「手のひらをあわせて礼拝すること」を意味するはずです

合掌、と書いて不愉快と感じる人物に出くわしたのは、人生で初めてです。貴兄は日本の方ですか?
最後に合掌で結ぶのは、相手に手を合わせ感謝の気持ちを表しています。
それが不快ならば心よりお詫びしたいと言いたいが、これでは宗教戦争ですな。それとも因縁か?

>コメントを「合掌」と結びながらブログ主に喧嘩を仕掛ける輩ははじめて知りましたね・・・

先ほども申し上げましたが、それは誤解です。
こうなったキッカケは伊勢さまの小生に対する、下記のお言葉です。

>ブログだからと、調子に乗って思い上がらない方が良い。

この、調子に乗って思い上がるな、との御指摘は日本語では非常にきつい言葉ですよ。失礼ですがハヤブサさまには日本語のニュアンスはお分かりでしょうか?
これは、意見に対する批判ではありませんね。
通常、思い上がるな(ないほうが良い)との日本語の後には、思い上がっていると痛い目にあうゾ!と云う脅迫の意味があることは誰でも知っていますよ。
こんなものはアメリカナイズではありません。
随分非礼なもの云いですね。もっとも、小生こんな事でち~とも怒りは感じません。以前も申し上げましたが、寧ろ、他の投稿者が怖がらないか心配しましたね。

>ん・・?どれほどの「米国人」を知っているのでしょうか?ね・・・

別に、貴兄と米国人知ってる競争をする気はありませんが、仕事の関係で欧州には少し友人がいます。
津波と原発では心配するメールが届きまして、返事をするのに2晩徹夜になり嬉しいような迷惑なような、いえ嬉しかったですね。
因み、この米国人と云うのは、本当の米国人のことではありませんよ。分かりませんか?

合掌は止めましょう、貴殿には。


2011/05/22 19:36 | 骨董商 [ 編集 ]

 GRANMA様のコメントはいつも冷静でかつ熱意にあふれています。そして素敵です。是非コメントを控えないでいただきたくお願いいたします。歳など関係ないでっす。
2011/05/22 19:02 | 多史済々 [ 編集 ]

伊勢様

>政治家を評価するときに、“自分は嫌いだから”と怒ってはいけないよ。賛成も、反対も、自由。だから、選挙がある。
・・・とのことですが、私は石破議員のことを好きでもなく嫌いでもなく、怒ってなどもおりません。国のリーダーを目指すのなら政治家として今の姿勢に不満があるというだけです。ご本人がしっかりしてくださればそれでいいのです。お嬢さんが東電の社員であろうとなかろうと、キャンディーズが好きであろうとなかろうと、何ら反対はいたしません。ただ私は同じ50代の政治家なら安倍氏再登板、あるいはもっと若い真性保守の人のほうがいいです。

また先回の「福島第一原発の“真実”って?」 の時にも伊勢さんから私宛に「夫々の好き嫌いで意見を述べてはいけないよ。」というお言葉をいただきましたが、このときも青山さんを好きとか嫌いとかで意見を述べたのではありません。その旨、お伝えします。

>あなたと口論するために書いているのではない。ぼくがブログを書いている理由は、若者に読んでもらいたいから。
・・・口論をするつもりはありませんでした。そうですね。今年に入ってからコメント投稿を控えておりましたが、そろそろ若い方々と交代しておばあちゃんは「後退」したほうがいいだろうと思いますので、以降できるだけコメントは控えさえていただくつもりでおります。

なつ様

安倍外交と中国について 
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/p/73/index2.html

安倍氏と麻生氏が靖国参拝をしなかったことにはそれぞれの理由がありました。調べればわかると思います。
また安倍氏が村山談話を認めたことにも理由がありました。
安倍、麻生、平沼、故・中川昭一、「HANAの会」が長く続くとよかったのですが、安倍、麻生氏はマスコミでたたかれ、「日本が危ない」と伝えておられた中川昭一氏は消えました。日本のために働こうとする人々はいろんな方法で潰されています。
それでも政治家たちの中には保守派として次のステップ・アップを考えている良心的な人たちもいます。故・中川昭一氏が立ち上げた議連 「真・保守政策研究会」が母体の創生「日本」のメンバーです。中には おやっ?と首を傾げる方も参加されていますが主な保守の方々も多く参加されています。話題の石破茂議員は不参加ですが、最高顧問は平沼赳夫氏、会長は安倍慎三氏、私は彼らを応援していきたいと思います。
http://sosei-nippon.jp/index.html

私も日本のことが心配でいてもたってもいられない時期がありました。今でもネットと書籍を中心にいろんな情報を集めて学んでいます。日本については今まで左側に振り切っていた針が少しずつ少しずつ、本当にゆっくりですが真ん中に向かって動き始めているような変化を感じています。国民がもう少ししっかり目覚めないといけないのですが、それでも民主党の素顔が見えてきましたから2年弱前の政権交代の前よりはかなりよくなりました。世界でも少しずつ変化があります。
日本紀元2,671年、米国建国235年、皇帝が消えた中共国の建国、わずか60数年、米中の歴史と日本の歴史とでは長さも中身も異なります。とくに中国は大国だからなおのこと、国をまとめるのはさぞ大変なことでしょう。少しずつほころびが見えてはじめていますし、共産党脱党者も増えてきています。落ち着いて、ゆっくり、じっくり・・・共産党支配国家の自滅を待ちたいものです。

骨董商 様

伊勢さんに怒られそうですが骨董品、味わい深いです。見方はいろいろ、価値ありと見るか、価値なしと見るか・・・骨董の見方は人によってかわります。どこのどなたかは存じませんが情報、時代、年代にも詳しく、奥深いですね。また僧籍の友人が複数おりますので私は「合掌」の結びにも違和感はありません。

私は陶器が好きです。どんなに貴重なものでも一瞬にして壊れますが、扱い次第、環境次第で長い間の保存が可能です。(そういった点では人間関係も国そのものも同じですね。)

日本の近代化にあたり、陶器は日本の外貨稼ぎの柱でした。1885年頃より西洋に向けて手書きの森村組のノリタケ洋食器が数多く輸出されました。今ではそれらの製品をオールドノリタケと呼びます。製品には裏印がありますが、その印の形と色によって製造時期、輸出国名、品質がわかります。
第二次世界大戦中は反戦国の製品であることを判らなくするためか、印が削られたものもあったそうです。戦後数年間、日本が占領されていた時代のものには「Occupied Japan」との文字があります。私は占領期の記憶はありませんがこの文字を見て日本は占領されていたことを実感いたしました。この文字が裏印にある食器を描かれた職人さんはどんな気持だったことでしょう。と同時に缶詰、キャラメル、チョコレート、そして進駐軍という言葉も思い出しました。
参考:裏印:http://www.old-noritake.com/old-noritake-marks.htm

骨董品にはその時代背景があります。そして調べます。見方次第では宝にも無用のゴミにもなります。骨董商とは目利き、物知りで商いが成り立つ商売、情報も知識も必要ということでしょう。
宝かゴミかを見極めるのは自分しかありません、それには調べねばなりません。
2011/05/22 18:17 | GRANMA [ 編集 ]

>骨董商
>”人は見たいものしか見ない、人は信じたいことしか信じない”とは、小生の大嫌いなキッシンジャーの言葉ですが、小生の言を”あたまにきた””自意識過剰”と仰せられる伊勢さまにはキッシンジャーの言が、やはり正解なのか?と暗澹たる気持ちになります。

ん・・?キッシンジヤーの言葉ですか?・・・キッシンジャーも名言を吐くものですね・・・でも、この言葉は、確か、
>原文は、カエサルの『ガリア戦記』第3巻18に見られる言葉で、そこには副詞 libenter (自由に)が頭についています。
この場合、「人間は、自分が信じたいと望むことを喜んで信じるものである。」という意味になります。
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20070624/kaesaru

と、カエサルの言葉として伝えられているものの簡単な変形のようですね・・・
>しかし、当板をご覧になられた方で同様に感じた方がいらっしゃれば深く、深く反省する次第です。

「合掌」で終えるという実に不快な書き込みに辟易していましたね・・・合掌とは、確か、「手のひらをあわせて礼拝すること」を意味するはずですが、コメントを「合掌」と結びながらブログ主に喧嘩を仕掛ける輩ははじめて知りましたね・・・
>米国人は反省しませんがね。

ん・・?どれほどの「米国人」を知っているのでしょうか?ね・・・
2011/05/22 15:56 | ハヤブサ [ 編集 ]

伊勢さま

お返事を頂き心より恐縮致します。
小生、自分のことを未成熟とは思いませんが、未熟者と仰せられるならば、伊勢さまの仰る通りで本人も強く未熟者と自覚しておりますので、平に平にご容赦ください。

>「ご仁」とはそういう方々のことです。

伊勢さまには失礼ですが、前後の文脈からご仁とは小生の事を指すのは明白で、誰も宮崎先生の事とは思いません。小生は生来こう云う見え透いたウソやすり替え、誤魔化しが嫌いなのです。多くの日本人がそうだと思いますよ。
また、面と向かって本人には言挙げせず、問題の本質をすり替えて他の人に当てこする言質を弄する者を、卑劣と感じます。これまた、多くの日本人がそうだと思います。

>貴兄の長いコメントは、「あたまにきた」と書いているのと同じ。「自意識過剰」という未成熟の証し。だから、返事は書かないことにした。これからも、お相手をする気持ちはない。

こちらは伊勢さまのお庭ですから、主の方をこのようなお気持ちにさせたのは甚だ心外、本意ではありません。
平に平に、お許しください。
”人は見たいものしか見ない、人は信じたいことしか信じない”とは、小生の大嫌いなキッシンジャーの言葉ですが、小生の言を”あたまにきた””自意識過剰”と仰せられる伊勢さまにはキッシンジャーの言が、やはり正解なのか?と暗澹たる気持ちになります。
正直に申し上げますが、小生の隣で小生がPCに向かい、にやにや、ニヤニヤ、と嬉しそうに指一本でポチポチとボードを叩く姿を見たウチの上さんは、あ~た、何がそんなに楽しいの?と云ってたくらいで、小生の投稿が”あたまにきた”と読めますか?
”あたまにきた”のは、お伊勢さまでは?小生は寧ろ、この板をご覧のみなさまを念頭に書いていたので、頭になど来ようもありません。
しかし、当板をご覧になられた方で同様に感じた方がいらっしゃれば深く、深く反省する次第です。
米国人は反省しませんがね。

合掌。
2011/05/22 12:54 | 骨董商 [ 編集 ]

日本が中国包囲網を提案 日米露の3カ国で=ウィキリークス
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0518&f=politics_0518_002.shtml

やはり安倍さんと麻生さんはきちんと戦略的外交をされていました。靖国参拝で保守の人たちが怒り狂ったように批判していましたが、私はどちらかというと現実主義なので、その問題は日本が力をつければ自然消滅するから、そんなに騒ぎ立てる問題じゃないと思っていました。問題解決の優先順位からいえば、ご先祖さまには申し分けないけれど後回しにしても理解していただける、喫緊の課題を片付けようとしておられる総理の足を引っ張るほうが敵に塩じゃないかという風に考えていました。この点だけが真正保守の人と私の違いです。自分もちょっとしつこいですが、日本の浮沈に関わる事なので、外交の継続性が絶たれたことが残念で仕方がないです。
2011/05/22 09:51 | なつ [ 編集 ]

Granma

あと1時間で ビシュケク発イスタンブール行きに乗る。飛行時間4時間30分、朝の6時に着く。来るとき、真夜中だったが、カスピ海が満月の月光の下に見えた。アゼルバイジャン側は起伏のある湖岸で、ロシア側は「死海」って感じ。

「ホープ・石破」をすこし説明しましょう。理由は、1)若い人を育てる。2)隼の中心の方々と話した。3)ぼく個人は、「石破さんは50台で、ぼくらから見れば青年。日本の指導者になれる資質を持っている」と評価した。

石破さんの過去=未来ではない。人間は進化するものだから。ぼくは後退した人間を知らない。破綻した人は多く見た。

政治家を評価するときに、“自分は嫌いだから”と怒ってはいけないよ。賛成も、反対も、自由。だから、選挙がある。

ぼくがブログを書いている理由は、若者に読んでもらいたいから。若い人を育てるのが、先に発つ高齢者の義務だからです。あなたと口論するために書いているのではない。

出ますすので、ここまで。続く、、伊勢
2011/05/22 04:03 | 伊勢 [ 編集 ]

骨董商殿


「思想反米、外交親米」と宮崎正弘先生が書かれたときに、今回、貴兄に行ったと同じように批判した。

「ご仁」とはそういう方々のことです。宮崎先生は怒らなかった。どういうご返事だったかは覚えていないが、現在も、宮崎先生とは親愛なる関係が続いている。出発前、“イシクル湖に行ってみなさい”とメールを頂いた。

貴兄の長いコメントは、「あたまにきた」と書いているのと同じ。「自意識過剰」という未成熟の証し。だから、返事は書かないことにした。これからも、お相手をする気持ちはない。貴重な時間をあなたに取られたくない。伊勢
2011/05/22 03:18 | 伊勢 [ 編集 ]

Kenji先生

>>大地震においてオバマ大統領が<全力を上げて日本を支援する>と明言したのは。この機に日本を攻撃するならアメリカが相手をすると明言したことであるが、それを日本と日本人は自覚していない。仮にこの機に攻撃をされたら(独立派)はどうするつもりだったのか。いずれそのときはくるだろうが、今回はかろうじて防げた。

Missileerさん(ワイオミング・ミサイル基地勤務)が、有難うといってますよ。ところで、Missileer というのは、「ミサイル女」というジョーク。昨年夏、コロラドでお会いしましたが、全くこのご婦人はそういうご性格です。つまり、男らしい、一直線の女性です(笑い)。伊勢
2011/05/22 02:56 | 伊勢 [ 編集 ]

ソウルからヨボセヨ 国際社会は謝らない 2011.5.21 03:16

エリザベス英女王のアイルランド初訪問に韓国のメディアは高い関心を示している。アイルランドは昔、100年以上にわたって英国に併合・支配され、双方には独立をめぐる紛争と対立の厳しい歴史がある。独立は1937年だが、北アイルランドは今でも英国領でもめている。

 韓国も日本に併合・支配(1910~45年)された歴史があることから関心が高いのだが、とくに公式晩餐(ばんさん)会での女王の発言が注目された。結果は期待に反し(?)、女王は過去についてはやはり謝らなかった。

 発言は、過去の歴史で苦難に遭ったすべての人びとに「心からの配慮(sincere thoughts)と深いお悔やみ(deep sympathy)を表する」というものだった。日本の天皇陛下も韓国の大統領を迎えての晩餐会では過去について「痛惜の念」を表されたことがあるが、国際的にはこうした間接的な言葉が通り相場ということだろう。

 しかし韓国は不満で、いつも直接的な「謝罪と反省」を要求する国際的な異例を繰り返し、日本も「謝罪と反省」を言葉や文書で繰り返すという異例の対応をしてきた。その結果、日韓間では「謝罪と反省」は軽くなってしまった。国際的にはきわめて“特殊な間柄”ということか
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110521/kor11052103160000-n1.htm
2011/05/22 01:01 | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/21 22:16 | [ 編集 ]

>とても大事な成長期に日本の良い面は徹底的に否定された悲劇的な世代です。

 明治天皇自ら率先して髷を落とし西洋化を急がせたこと、しかし、東京帝大をある日巡幸され、あまりに国学が疎かになっていることを心配され御自ら資金を提供され國學院大學を創立させたこと・・・・・
 戦争に敗れてからのテーマでもあり実は日本丸の進路を設定し船出したころからのテーマでもありますね。
2011/05/21 21:58 | 多史済々 [ 編集 ]

>こういうお茶の間留学をしての世界観から人間万国皆同じ人間として全く通じ
合える感性あり!これは私の大収穫でした。

この手の意見はよくきくが、それは虚構に過ぎない。日本人は民族対立を朝鮮人で60年も経験しているにもかかわらず、この手の意見を言うひとがおおいことが不思議でならない。 
 コレハコレデ一面正しいが国家と国家が存亡をかけるときには、それらは吹っ飛ぶ。国家はあくまで自国の国益と存続のみを追求する。
それができなくなった時はおしまいである。

>悪人なりの律を定め、せめて往生の間際までに世間に「義」を持って報いたいと欲し。
国家は義を求めるか?これは難しい問題があるが、それは外交政策において、他国の支持が得られるよなものを持ち出す上において必要だけである。それは表向きとはまったく別のものだろう。いわゆる東洋的義など必要ない。これが日本人にはできず、これが大東亜戦争敗北というより。勃発の理由だろう。支那国内の内乱にアジアの平和をといって介入するというのはおろかである、しかも介入する能力も図らずに。
 いろいろ見るとわが国は中共や南北朝鮮、ロシア、アメリカを外国と認識していない。外国として認識するなら伊勢氏のいわれる>アメリカ抜きの日本はアジアの後進国にひとつに過ぎない>が正しいことがわかる。実際そのとおりだが、それを認識するもとはアメリカは外国であることを一番最初に理解しないと無理である。


最後に一言、1970年シナを核で脅し上げていた米国は、シナが核武装すると手の平を返したようにシナに擦り寄ります。キッシンジャーは日本を経済大国にしたのは間違いであったと、自らがシナ共産政府に密約を持ち掛けました。

1970年以降日米安保は当該国が通告すれば一年後に失効する。当時この条項をアメリカが行使したら大変だという論調が多かったが、表においてはそれは無視された。自民党政府が選挙の争点において、それをはっきり提示してすることはなかった。これが自民党が政権から落ちた真のわけである。なぜそれを当時しなかったのか。三島由紀夫はそれを指摘したに過ぎない。あの時自衛隊を出動させよと述べたことはそれが背後にある。警察力では国内の混乱は防げない(実際はできたとしても)から自衛隊をということになれば、その後の展開は異なったが警察力だけで抑えた。しかしそこは政治的判断が必要で、佐藤内閣はその意味がまったくわからなかったようである。その結果が今である。現状を打ち破るには何が必要か。総選挙か?違うでしょう。自衛隊の出動しか手がないですがそれができないではないですか。

>そうですね。小生も海外で思わぬ時に米国人に助けられた経験があります。個人的には素朴で良い人たちも、もちろん沢山いらっしゃいます

彼らは個人としての行動と国家(団体)の一員としての行動は別ですよ。これを日本人は間違えており、多くは国家(団体)のほうを優先する。ゴッドファーザーを見れば十分でしょう。そこには義を持ち出す個人は一人もいない。


結局、日本は豊かな独立国になりました。が、精神的な廃退が生じました。アメリカの占領政策がその原因であるにしても主因は我々国民の精神にあるのですよね。だって、今のままの日本(国防)でよいという国民は多いはずですよ。


アメリカは大東亜戦争を反省して、日本が戦争を選択したわけは<市場を確保したかった>からと見て。アメリカ市場を開放して日本が戦争を選択する目をとった。彼らは彼らなりに戦争の元を調べて行動をしている。当たり前でしょう。勝ったとはいえ多くの犠牲がでていますから、その犠牲を再び出さないためにも、行動するのが常識でしょう。日本人は勝つと相手のことをすっかり忘れるというおろかな資質がある。
 それと精神的な退廃は戦後始まったわけではない、戦前からあり、それが進んだに過ぎない。現在の精神的退廃は戦争の結果がさらに推し進めたのではあってもそれが元ではない。

 これは難しい問題があり、簡単ではない。大体石油を供給している国(当時はアメリカだけ)にその石油を求めて、戦争をするという精神は退廃そのものではないでしょうか。気力も何もあったものではない。負ける戦争をするということは欧米の常識ではありえないから。アメリカは対日強攻策提示して、外交交渉で解決をするつもりであった。シナからの撤兵は当時予算的にはもうどうにもならず、別にアメリカの要求がなくてもあのまま戦争をつずけば、撤兵をせざるを得ないから、それこそ渡りに船として、逆にそれを利用するという気力がなく真珠湾攻撃でしょう。

 退廃そのものではないですか。アメリカの要求は別によく考えればわが国にとっていいことばかりではなかったではないですか。シナ朝鮮から兵力を引き上げ、シナ朝鮮へつぎ込んでいる金を自国に使うということですから。実際それが戦後実現してたった20年でGDPが世界第二位になりました。その後日韓条約日中条約で再び両国と付き合いだして、およそ40年結果が今です。馬鹿を通り越している。

まあいろいろあり、わが国と日本人は反米論や反中国論またその逆の、親米論や親中論を克服して、わが国の国益と国の成り立ちを追求することである。
 大地震においてオバマ大統領が<全力を上げて日本を支援する>と明言したのは。この機に日本を攻撃するならアメリカが相手をすると明言したことであるが、それを日本と日本人は自覚していない。仮にこの機に攻撃をされたら(独立派)はどうするつもりだったのか。いずれそのときはくるだろうが、今回はかろうじて防げた。
2011/05/21 21:26 | kenji [ 編集 ]

伊勢さま

お疲れ様です。

>は、は、は いろんな意見が出てますね。各位の視点というか主観に、伊勢爺ひとりの時間では答えられない。

ははは....とは、引き攣る伊勢さまのお顔が眼に浮かぶようですが、小生はご仁などと皮肉られて、お聞きしたい、と仰せられたので、お答えしたまでであります。

初めてコメントさせて頂きましたが、コメント以前に拝見させて頂いていた折の伊勢大兄は、立派な方だあ~イチイチ、コメントに返事をするブロブ主等、殆どいないのに偉いなあ~、とか、意見は違えどきちんと受け止める、偉いなあ~、とか、辛いことでも聞かなきゃねぇ、偉いなあ~、とか、是非、コメントを残すならば伊勢大兄のブロブだあ~、とか、勝手に思い込んでいましたが、小生は伊勢大兄のご質問に聞かれたから、お答えを差し上げただけであります。しからば、は、は、は、のはあ~とは、何だったのか?これが、お返事でしょうか?
昨日までの伊勢先生は何処へ行かれたのか?残念至極であります。伊勢先生。
ここは男子、器量の見せどころですゾ、伊勢先生。

>ところで、伊勢爺は、“石破氏を次期政権の総理に”などと書いたことはない。閣僚のひとりにはなるでしょう。この人に期待するのは、1)日米同盟の再構築。2)憲法改正。3)国防費を二倍にする、、これらをアチーブ出来れば良いと考えているだけだよ。伊勢

は、は、は、お伊勢さま、このような見え透いたウソ、醜い云い訳、小賢しい誤魔化しはお止めください。
視るところ、伊勢さまは典型的なポジショントークが御得意のようですが、米国人との議論ならば、これで誤魔化せるかも知れませんが日本人には、無理、無理、無理、です。
伊勢さまは、石破議員を次代のホープと推されていたのです。当然、日本人なら石破首相と考えての議論ですね。ご自身の書いた文章を今一度お読みになったら如何でしょう。石破氏、閣僚ならば経験済みでしょう、今更閣僚の一人に、などとは....明いた口が塞がりません。
大兄、このブログの読者を舐めていますな。日本人を舐めてはいけませんよ。

”アメリカ抜きの日本などアジアの後進国のひとつに過ぎない”?”日本人の精神年齢は12歳に過ぎない”?etc.etc...こう云う米国人特有(シナ人も得意)のポジショントークを本気で信じているのならば伊勢さま、貴方は病気です。
欧州人はこう云う米国人を最も軽蔑しますね。欧州人は決して日本人このような下品なモノ云いはしません。
このようなポジショントークを用いる米国人は、日本を怖がっている証拠です。中身で勝てない人物が前提条件で敵を洗脳しようとする愚かな行為ですね。

最後にもう一言、ダーウィンの進化論は誰でも知っていますが、彼の進化論の真髄は人種差別の正当化にあることは意外に知られていません。依って小生は進化と云う言葉も嫌いですが、確かに生物は人間に限らず皆、環境に合わせて進化します。それは認めます。
小生が申し上げたのは、人間は進歩しない、と申し上げたので進化、ではありません。ところが伊勢大兄は小生には反論せず、他の方に当てこすられるので反論させて頂きたいと思います。
小生の子供の頃、爺さんや婆さんは皆、明治生まれで例外なく立派な人たちばかりでした。両親や伯父さんおばさん達は皆、大正生まれで立派に人もいれば、そうでない人も変な人もいました。昭和生まれは皆、姉ちゃんにいちゃん達で自分には皆、馬鹿に見えました。
それを見て小生は子供心に、人は皆、歳を取ると偉くなるんだと信じていたのです。進歩史観ですね。
ところが今、あの時馬鹿だと思った昭和生まれの姉ちゃん兄ちゃん達が皆、爺ばばになってみますとやっぱり皆、馬鹿なのです。人間は変わらないのです。
皆さんは、御自分が明治の日本人に比べて、あるいは大正を生き抜いた日本人に比べて、立派だと思いますか?
ご冗談にも云えませんね。
米国人は違う、逆ですね。云わずもがな、日本人の御蔭でね。

序でにもう一言、小生本来世代論はあまり好きではないのですが、団塊の世代にこういう傾向があるとか?確かにあると思います。
伊勢先生の世代を申し上げますと昭和の15~6年の御生まれですから終戦時で5歳、小学校の5年生の頃GHQの占領が終わったと云う典型的な黒塗り教科書世代で、とても大事な成長期に日本の良い面は徹底的に否定された悲劇的な世代です。
それはそうです。5歳までは右が正しいと言われて育ちましたが、6歳からは左が正しくて右が悪いと教育されるわけですから、自分のアイデンティティに信頼が置けない精神が作られてしまいます。
学校の教師も良い優秀な先生は公職追放に合い、刑務所に入っていた左翼の先生が復帰して洗脳教育が集中的に行われた世代です。
正に時代の犠牲者ですが、この世代の人はそう云う意味で精神が不安定な人物が多いですね。小生の知人にも、この世代の人で議論していて、その結果議論が煮詰まってくると結論が見え始めます。それを、ご本人が受け入れられない場合に逆上する人がいますね。
御経験のある方も多いと存じます。

この世代論、伊勢大兄の尊敬する渡部昇一先生の世代論ですが、御存知ですよね?伊勢先生。
もしかして渡辺淳一先生のほうでは無いでしょうね?
小生、ソッチも得意なのでソッチならソッチでお付き合いしますが....。

合掌。
2011/05/21 20:40 | 骨董商 [ 編集 ]

骨董商様

>>答えは単純です。アメリカ抜きの日本はアジアの後進国のひとつに過ぎない。ブログだからと、調子に乗って思い上がらない方が良い。そうでしょ?伊勢

>これまた、米国らしい恫喝ですね。
普通の日本人はここまで傲慢にはなれませんね。

 う~ん、骨董商様、アメリカに住んでいれば当然アメリカナイズされますよ、それが人間ではないでしょうか。だからこそ私は艦長のコメントが好きなのです。
 それと、アメリカが自国の国益を押し出してくるのはまあ当たり前のことですが、それに対し日本側が唯々諾々と従うのが問題なのだと私は思うんです。しかし、現状の憲法はそうせざるを得ないような政治環境を自らに課しているのかも知れません。

 昭和天皇陛下は最後の御前会議においてポツダム宣言を受諾するに無条件で受諾するか何がしかの条件を再度付すべきかで議論が結局終結しない際に、『私は連合国の回答は(日本の)国体を認めたものと思う。再度照会したら終戦の機を失うという外相の意見に賛成である。』とのお言葉を下されたと何かの本で読みましたが、まあ、敵国アメリカを信じられたのだと思います。
 結局、日本は豊かな独立国になりました。が、精神的な廃退が生じました。アメリカの占領政策がその原因であるにしても主因は我々国民の精神にあるのですよね。だって、今のままの日本(国防)でよいという国民は多いはずですよ。
 エースと称される石破氏にしてからがあの歴史認識ですけど、だから要はそれもアメリカやその他のせいにしていていいのでしょうかと思うのですよ。
 やはり我々国民がしっかりしないといけないのですよね。政治家にまかせきりにするのではなくて不可しなことは不可しいと、つまり政治家を監視してなければいけないのだと骨董商様のコメントを拝見し改めて思い知らされました次第です。今後ともすばらしいコメントをお願いいたします。
2011/05/21 18:49 | 多史済々 [ 編集 ]

は、は、は いろんな意見が出てますね。各位の視点というか主観に、伊勢爺ひとりの時間では答えられない。1対複数だからね。

今からこの湖畔から4時間、山岳道路を東へドライブして、ビシュケクに戻り、明日朝、3時のトルコ航空で4時間3分でイスタンブール。翌日の日曜日の6時にイスタンブールから、フランクフルト、ワシントン、ニューオーリンズへと乗り換えながら一気に帰る。

ところで、伊勢爺は、“石破氏を次期政権の総理に”などと書いたことはない。閣僚のひとりにはなるでしょう。この人に期待するのは、1)日米同盟の再構築。2)憲法改正。3)国防費を二倍にする、、これらをアチーブ出来れば良いと考えているだけだよ。伊勢
2011/05/21 14:02 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様 「骨董商」様

私が思い描く人物像を突き詰めてみると、

「死を怖れず、かといって死に急がず、大きな胆力を備え、
常に前を向き、歳を重ねるごとにその度量を増し、
汚れ仕事を忌避せず、何よりも義を尊ぶ」

まるで、任侠道の大親分になってしまいました。

いかんせん優勝劣敗を避けては通れない。

潔く「負け」正々堂々と「勝つ」

同僚と競り合い、現業で他社と競り合い、「勝者」の背中に「敗者」在り。

私は「勝者」として美酒に酔い、「敗者」を路頭に彷徨させる。

畜生の殺生なくしてこの身を養えず。

この手を汚さず、

他者を蹴落とさずしては妻子をもろくに養えず。

どうして善人面など繕えようか、そんな偽善者に。

どう考えたって、自分は正真正銘の「悪人」であると認めざるを得ない。

「善人尚もて往生をとぐ、いわんや悪人をや」と親鸞さんも。

しからば、我こそは「大悪人」也と札を立て、

悪人なりの律を定め、せめて往生の間際までに世間に「義」を持って報いたいと欲し。

いざ優勝劣敗の戦場へ進み出て正々堂々と「勝者」を目指して戦う。

大事なことは、偽善者として嘘に身を包むのか、本来悪人であることを悟り

それでも怯まず、前を向いて正々堂々を貫く生き方をするのか。

とそこで、いつものずっこけパターンにおとしめさせて頂く次第なのですが、

伊勢様の感性は私があの分厚い手で握手して頂いた、ミッキー安川氏と

とても(似て非なるではなく)似ていると今回よく解りました。

「骨董商」様が ここは?

を相互に抱くところなぞ、あるパターン化できそうな、

そこんとこはいずれ調整可能な決定論的ではない齟齬であると端で観て感じました。

おそらく、いつか一献酒交えて談論風発の咆哮の機会あれば、

相互に善き友を得たと、ご満悦の余韻を得べかりしこと確実の合縁奇縁の仲と読みました。

私こそ人に大変誤解を与える、解りにくい端折りの者でして、

在は鹿児島から東京へ出でて既に36年、現在は都庁の真ん前に居して15年、

今日こそたまたまとなりましたが、新宿ゴールデン街へと徘徊し、

右や左の旦那様方とのバトルトークでストレス解消をしている、

ちんけなバグです。

宮崎正弘さんとは残念ながら、やはり格の違いからかついぞ遭遇の好機を得ず終いです。


済みません、本題です。

そもそもの端緒である「石破」氏への評価を巡り、これまで、その議論にも加われない

直感云々だけで締めてきた私ですが、

その真意はこうです。

その前に先ず、真実私は新聞もNHKや民放テレビも(但し!、ひかりテレビでfox,axn等

洋ものドラマ映画、ニュースその合間にtbsニュース等日本のニュースもリアルタイムに観

て居ます)こういうお茶の間留学をしての世界観から人間万国皆同じ人間として全く通じ

合える感性あり!これは私の大収穫でした。

飛びすぎましたが、

「石破」氏に関して、「骨董商」様がご指摘されていましたが、

その発言を対象とする相手によって使い分けているというお話し。

私は、何故彼がいまここでキャンディーズが云々というコメントをするのかという、

その一点を持って、「一事が万事」と見抜くのです。

過去にうろ覚えながら、その細かな発言を捉えてはいませんでしたが、

これまでの皆さんのコメントの中に、彼のこれまで発言で支持できる、納得できる発言も

あったが、という感想を散見いたしましたが、

私は、キャンディーズ発言の意図自体に、彼の姑息さ、有権者への冒涜を読み取り、

こいつは、政治なんて所詮こういうもんさという、明らかにお馬鹿な

それを誰に教わったか、心得違い甚だしく最早、矯正さえ適わぬ野郎と

心底断じています。

「相手をよく見て、相手に応じてモノを言う。」

これ正解でしょうか?

カレが総理大臣になっちゃったんだから、ボクちゃんもと。

こいつこそ、お調子に乗った思い上がり者と思います。

「信無くば立たず」 私はだれにでもこれを付言いたします。

私は歌舞伎町の飲み屋において、「君らがこれまでに、こちらはいくらも大層な値札の名刺

をぶら下げた御仁の酔狂を垣間見てきたんだと、若い客相手にしたり顔で人生訓を宣うて

いるが、昼間のパパさんを知らない君らこそ、世間知らずだなんだと」暴言を吐きます。

私のカラオケのレパートリーに「よいとまけ」があり、そこで三輪明宏のコンサートにい

ったことが有りましたが、なんとメインが合間のトークで、そのメイントークの内容に

ついぞ堪忍ならず、しんとした会場で、一人席蹴って途中退場したことも有ります。

宮崎正弘さんには申し訳ございませんが、三島由紀夫もここで解らなくなる次第です。

ゲージツってもんふうの鼻持ちならぬところが。

政界ふうってもんの訳知り顔男が本当に日本のこれからのリーダーと目されることに、

「すべて善し」として諦観しておいて良いのかという義憤を抱きます。

あれかこれか中庸か、さて決はどう定めるのか。

よゐこなら中庸に走るのでせうか。

しばし長い余談となりますが、

伊勢氏を知る切掛けとなった、今は亡きミッキー安川氏が

生前の彼が司会のラジオ番組のゲストとして、ある日今の管直人総理が出演されました、

もうかれこれ、十数年前のことですが、それを聴いていた私は、その日の後半の

深夜に渡る番組の最初に恒例の「君が代」斉唱の際、「うーんいやボクは」

そこでミッキー安川氏が、「みなさん、管さんてこういう人なんですよね。

まぁね・・・いいですけどね」  一言一句正確な言葉の内容ではないかもしれませんが、

直に私の耳は捉えていました。

更に、それ以前だったか時期は不確かですが、大江健三郎氏がノーベル文学賞を受

賞したという話題を受けて、「ボク彼を知ってますよ、以前、某テレビ番組のレポーターを

彼と二人でやったことがあるんですよ、うーん、なんかとっぽい兄ちゃんだったけどなぁ」

そして、だれの発言かは不鮮明ですが、

[その当時から、彼はノーベル文学賞を狙っていると本人が言った]という件を鮮明に記憶し

ています。

私にとって、文学を志す者が、ノーベル賞を目的にしている!?

ということへの違和感があったからこそ特にその記憶が焼き付いています。

「走り走りつづけよ」までは私もおお!と一時注目しましたが、

高橋和巳の「非の器」やカミユの「シーシュポスの神話」「転落」へと傾倒していって

次第に大江氏の言語蒙昧な世界とは疎遠となっていました。

つまり、ここで言いたいことは、大江健三郎氏の「ヒロシマ・ノート」は

その目的が個人的なあまりにも個人的な彼の「ノーベル文学賞」取りへの

布石としての狙い目だったんだという、あまりにも卑近な話しかと合点でしたことでした。

人には、様々な面があり、その一面では捨て難しいましばらくの猶予を与えんと

ここは度量を拡げて観てやるのも大人の視点では有りますが、

一事が万事として、も少し早く切り捨てて見せるのも、有象無象の世の為人の為かと。
2011/05/21 02:35 | keyeye [ 編集 ]

>逆にシナとの相性は抜群です。
それは、日本国、日本人には絶対に無いと思います。
2011/05/21 01:47 | りょうこ [ 編集 ]

伊勢さま

>日本は敗戦したから、親米にはなれないご仁がいる。“親米ではない保守”だと言う人にお聞きしたい。1)その親米ではない保守の日本人は、日本を守れるのですか?2)日米通商抜きに、日本経済は成立するのですか?3)米国の科学技術なしに、日本人の生活水準は維持できるとお考えですか?
答えは単純です。アメリカ抜きの日本はアジアの後進国のひとつに過ぎない。ブログだからと、調子に乗って思い上がらない方が良い。そうでしょ?伊勢

ご仁って小生の事でしょうか?
こう云う申されようは品性が現れて良いですね、伊勢さま。
小生の事としてお答えしますが、その前に一言釈明させて下さい。言葉足らずで申し訳ありませんが、小生が申し上げた、”親米保守”とは岡崎久彦氏や岡本某に代表される、米国とくっ付いてればそれで良いのだ、少々日本の国益を損ねようがドウだろうが、米国さまに守って貰っているのだからガタガタ云うな、と云う人達です。決して彼らは”親米日本保守”では、ありません。
彼らは、日本が米国の奴隷であることが幸せなのだと考えるマゾヒストです。それが高じて今では米中の奴隷です。
本当は小生の立場は伊勢さまに近いと感じます。
何故ならば、伊勢さまが渡部昇一先生をとても尊敬していらっしゃるからです。実は、小生も渡部先生をとても尊敬しております。大袈裟に申し上げれば、英語圏では渡部先生が日本人であることは天皇陛下の次に誇らしいほどです。
と、云うことで意見の相違は行間を斟酌して頂いて言葉の表装を受け取るでなく、その真贋をお読み頂ければ幸いに存じます。

>1)その親米ではない保守の日本人は、日本を守れるのですか?

日本は古来より、日本を日本人の手で守って来ました。自分の国は自分で守る。便所掃除は他人に頼みながら豊かな暮らしだけを享受する、戦後日本人は不道徳の極みです。守れるのですか?ではなくて守るのです。

>2)日米通商抜きに、日本経済は成立するのですか?

こう云う質問には、その人の思考が良く表れていると感じますね。米国と断交せよ!通商するな!等と云う保守の人物に小生はお会いしたことがありません。
このような極端な質問には当惑するばかりです。

>3)米国の科学技術なしに、日本人の生活水準は維持できるとお考えですか?

こう云う質問にも、とても当惑します。
まるで何とかですね。この質問の云わんとする所はこうでしょうか?
てめ~(日本)、今の暮らしをしてえ~んならよ、俺(米国)の云うことを聞くんだよお~、ですね。
米国らしい質問です。

>答えは単純です。アメリカ抜きの日本はアジアの後進国のひとつに過ぎない。ブログだからと、調子に乗って思い上がらない方が良い。そうでしょ?伊勢

これまた、米国らしい恫喝ですね。
普通の日本人はここまで傲慢にはなれませんね。
逆にこれでは、怖くて当板にコメントする方が居なくなるのでは?と心配します。
好意的に受け取れば、永年の海外生活で日本語の語感が失われたのかなあ~.....いえいえ、そんなことはありません。だって、”アメリカ抜きの日本はアジアの後進国にひとつに過ぎない!”って、このセリフ、ダレスが佐藤栄作元総理を脅迫した時の言葉ですよね?伊勢先生。
思いあがってはいけませんね。

最後に一言、1970年シナを核で脅し上げていた米国は、シナが核武装すると手の平を返したようにシナに擦り寄ります。キッシンジャーは日本を経済大国にしたのは間違いであったと、自らがシナ共産政府に密約を持ち掛けました。
その第一条、日本の核武装阻止、第二条、日本の自主防衛(独立)阻止、第三条、日本の朝鮮台湾への介入阻止!です。伊勢さまには良く御存じの現実だとは思いますが、米国に暮らす日本人には辛い現実です。
何卒、何卒、伊勢さまにはいつまでも末長く日本人の心をお忘れにならぬよう切にお祈り申し上げます。

合掌。

GRANMAさま

>ただ、日本に今も要求を突きつける人たちと、一般の米国市民は決してイコールではないのが救いです。

そうですね。小生も海外で思わぬ時に米国人に助けられた経験があります。個人的には素朴で良い人たちも、もちろん沢山いらっしゃいます。国益も合致する部分も多いと思います。
ところが、国家としての相性が悪いですね。逆にシナとの相性は抜群です。これは両国が共に中世が無い国、封建社会の経験が無いからだと感じます。

合掌。



2011/05/20 23:39 | 骨董商 [ 編集 ]

石破氏に関しての意見交換、一回目は昨年末から今年の年始にかけてで、今回は2回目です。
お忘れの方と初めての方、隼速報の下記エントリーをご参照ください。

2010/12/25 (Sat) キーウエスト・フロリダの旅
http://falcons.blog95.fc2.com/blog-entry-571.html#comment


2010/12/29 (Wed) 石破茂・国賊論は恐い
http://falcons.blog95.fc2.com/blog-entry-572.html#comment

「石破茂・国賊論は恐い」 の一番最後にある伊勢さんのご意見を転載します。
・・・賛成VS反対ではなく、人物を見極めることが重要。首相となれば、1億3千万人の日本国民の代表者だから。過去の首相らは、国民の了解も得ないで、個人的な歴史観から謝っている。慰安婦謝罪などは、取り返しが出来ないものになっている。石破さんなら南京謝罪かな?どうも、この人物には監督が必要と思う。つまり、国家を代表する任務は任せられないと思う。 2011/01/02 18:00 | 伊勢

そして今回の ホープ・石破茂さん
>隼機関のスポークスマンとして、この人を支援することにした。

数ヶ月前のお言葉を覚えていましたので「おや?」と思いましたが次は「支持保留」、そして
>他にこの人の上を行く者がいなければ、強く支持する考えだ。

現在では私のような団塊世代の一主婦でもインターネットによってそれまで知らなかった近代史を学ぶことができるようになりました。石破氏のご意見や行動には賛同することもありますが、外交や国益を考えねばならない政治家なら、歴史を正しく理解し、学ぶ努力をするべきです。国史の見方はいろいろありますが、それでも国のリーダーが国史を知らない、あるいは理解しない、理解できないということでは、国も国民も不幸です。
前回伊勢さんがおっしゃっておられたように、”国家を代表する任務は任せられない“ と思います。
また彼の場合は自虐史観でなく石破史観、となつさんはおっしゃっておられました。私は国の歴史についての知識は大同小異の問題などではなく、政治家としての基本的な根幹のひとつだと思います。

・・・意見が違うことは決して悪いことではありませんが、上記理由でこの件に関しましては私は賛同いたしません。
石破茂 議員については 「国民が知らない反日の実態」に、マスコミが後押し、つまり「マスコミが自民党総裁にしたい人物」 とも紹介されています。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1114.html

島根県には韓国との間に竹島問題がありますが、石破議員お膝元の鳥取県は伊勢さんのお母様のご出身地ながら、2005年に人権擁護法案と同類の条例、『鳥取県人権侵害救済推進及び手続に関する条例』が可決しました。この条例が可決した時には一部の国民から鳥取県の特産品の不買運動がおきています。 また鳥取県の境港市は国交のない北朝鮮の都市と姉妹都市だったという時期もありました(これは北の核実験により解消)。
鳥取県内の道の駅「 ポート赤碕 」は韓国に侵略されたような有様とか。 石破氏が地元ではどのような政治家なのか私にはわかりませんが半島の影響は強い所なのでしょう。民主党の 片山善博 現総務大臣も元鳥取県知事でしたが、韓国語を話し、知事の公用車を韓国車に変えたほどでかなりの親・半島の政治家とのことです。

骨董商様
いまや朝鮮マネーなるものが日本中、あらゆるところにわたっていると思います。米国内でも日本ターゲットの組織的な朝鮮マネーを広告や地図など、いろいろなところで感じます。
米国から見れば日本は・・・に関しては、タイトルは要望であっても、米国から日本に対する命令そのものの「年次改革要望書」を見れば悲しいくらいに日本が壊されていることがわかります。今の日本社会がおかしくなっているひとつの原因とも言えるでしょう。持ちつ持たれつならまだよいのですがそのようには思えません。
また、ヒラリー女史などユダヤ系・・・クリントン夫妻の一人娘の結婚式はユダヤ式、お相手はユダヤの衣装をまとった金融関連企業の青年です。ユダヤのすべてが悪いわけではありませんが一家はユダヤ系なのでしょう。

ペリーの黒船来航以来、日本の金貨が合法的ながらも不均衡な銀との両替によりどれほど国外に流出したことか、また海外の武器商人は日本や中国でどれほど活躍したことか・・・近代においてのルーズベルト、ニクソン、キッシンジャー、クリントン、ブッシュ親子など、日米関係、米中関係、そして日中関係がそれなりに見えてきます。
親米とか反米とかそういうことではありません。歴史を多角面から見るとわかることもある、ということです。
ただ、日本に今も要求を突きつける人たちと、一般の米国市民は決してイコールではないのが救いです。

keyeye 様
ミッキー安川氏の「ふうらい坊留学記」、学生時代に読みました。戦後復興真っ盛りの時代のことですからかなり強烈な印象を受けた記憶があります。私も宮崎正弘さんのメルマガでこの本のことを懐かしく思い出しました。

伊勢様
人は進歩もしますし後退もします。時によって、環境によって、変化によって、意見も変わります。
おっしゃることが異なりましても決して不思議なことではありません。
お気持はご自身で決められればよい、と思います。
2011/05/20 17:59 | GRANMA [ 編集 ]

 艦長

 2004年度ですが、ロシアのGDPは日本の12パーセント。国家予算は日本の14パーセントです。こんな経済小国ですがロシアは日本より国防もしっかりしていますし、はるかに存在感が大きいです。
 これは何がそうさせているのでしょうか? 日本は輸出国なるが上に相手国に対し下手下手にならざるを得ないのがそうさせるのでしょうか。ギリシアのように公務員(ある年齢以上のでしょうが)・外郭団体に報酬を支給しすぎるから国防予算もままならないのでしょうか。

>石破批判があった。「支持保留」としたが、他にこの人の上を行く者がいなければ、強く支持する考えだ。
 なつさんなどもコメントしていますが、安部・麻生あるいは麻生・安部でいいのではないでしょうか?出来ればこの二人で10年くらい続けて欲しいです。この二人に続き日本の現状を変える意欲のある若手は結構出てきています。彼らが戦後の何とも変な日本を変えてくれると私は期待しています。
 石破氏は批判は上手ですが、さすればどうするのか(このフレーズは石破氏の得意とするものですね^^;)というものが私には見えません。安部・麻生両氏が日本の新しい道筋をつけてから石破氏なら私は納得です。 
2011/05/20 17:01 | 多史済々 [ 編集 ]

>>次期リーダーを育てていくのも楽しみじゃないですか。

その通りです。人間は進化していく。自分でも、振り返ってみると、進化していることがわかる。つまり、最も危険な思想が固定観念です。

石破批判があった。「支持保留」としたが、他にこの人の上を行く者がいなければ、強く支持する考えだ。

日本は敗戦したから、親米にはなれないご仁がいる。“親米ではない保守”だと言う人にお聞きしたい。1)その親米ではない保守の日本人は、日本を守れるのですか?2)日米通商抜きに、日本経済は成立するのですか?3)米国の科学技術なしに、日本人の生活水準は維持できるとお考えですか?

答えは単純です。アメリカ抜きの日本はアジアの後進国のひとつに過ぎない。ブログだからと、調子に乗って思い上がらない方が良い。そうでしょ?伊勢


(旅行記)昨夜、着いたイシシクルという湖は水平線がある大きな真水湖で、ボリビアのテイテイカカ湖についで二番目に標高が高い所にある。水は澄み切っており、おおきな鱒が獲れる。燻製にしたものを、串刺しにして、売っている。今夜、夕食に出る。給仕は、日本人の体格や顔に相似のタタール人の若者や、大柄のロシア娘。夜も昼も寒く、暖房が入っている。梅の木が林となっており、青い梅の実がなっている。ライラックが満開でこれも林となっている。来月6月15日が夏開きで、モスクワや、カザフスタンから家族で夏の休暇にやってくる。ロシア料理は「まずい」の一言。なぜ食文化が発達しなかったのかな?しかし、キリギスタン人も、ロシア人も親切で信用できる。昼飯にカフェへ行ったその間に掃除とベッドメイクがあった。パスポートも、財布も置いて出たが、なにも紛失していなかった。世界は進化している。伊勢
2011/05/20 14:51 | 伊勢 [ 編集 ]

上記、言葉が足りなかったので、付け加えさせていただきます。リーダーがいないと嘆いておられるのでしょうが、サポートする部下がまともな人達でなければトップとの意志疎通ができないと思います。有能でまともな議員を増やすのが有権者である私たちの務めだと思います。若い議員さんの中から自分たちも参加して次期リーダーを育てていくのも楽しみじゃないですか。
2011/05/20 12:01 | なつ [ 編集 ]

政治家に対して、わりと悲観的な見方をされている方が多いですが、自民党参議院には人材が揃っています。有村治子、江藤せい一、宇都隆史、佐藤正久、西田昌司、浜田和幸、丸川珠代、森まさこ、脇雅史、等々の先生方は政治家として尊敬できる方達です。この国の問題はバカを大量に当選させた愚民の方だと思います。
2011/05/20 10:33 | なつ [ 編集 ]

Stratcaster 様

 自民党に限らず政界に人物がいない原因は、四方を海に囲まれ手いること、日本国民が相対的に勤勉であること、そしてアメリカ軍に守られていることがその原因ではないかと思うのです。
 例えば今の政治家で北方領土を返還させる気力のある人物は誰になるのでしょうかね。誰もいないですか。
 戦後政治の総決算は憲法改正と北方領土(全千島・南樺太)返還が成った時ではないかと私は思うのです。
 石破氏でもいいですがせっかく安部氏があそこまで行ったのですから自民党には逆戻りはして欲しくないですね。
2011/05/19 18:30 | 多史済々 [ 編集 ]

政治家に100点満点を期待することは出来ない。
安倍さんや麻生さんだって「真性保守」から見れば落第かもしれない。 だけどそんな事を言っているうちにミンス党が政権をとってしまった。
だから政治家は Next Best や消去法で選んでいくしかないのです。
石破氏は保守政治家としては疑問符もつくが、
ともかく民主党の誰よりもマシな人であるのは確かでしょう。

よろしければ石破さんの件、お考えをお聞かせください。 
しかし自民党も人材不足ですね。
2011/05/19 16:34 | Stratcaster [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/19 12:41 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する