2011/06/19 (Sun) 共通の敵・中国
スプラトリー

中国と南シナ海周辺国の対立

2年前の2009年、南シナ海における領土と権益をめぐり、中国と東南アジアの国々が自国の主張を訴え始めた。南シナ海の領土・権益問題とは、石油~天然ガス~レアメタルなどの地下資源、それに排他的経済水域(EEZ)の拡張問題が複雑に絡み合う問題なのだ。出来事を観察すると、


米海軍海洋調査船。USNS-Impeccable(パーフェクトという意味)

1)2009年5月8日、南シナ海で、中国艦船が米海軍の海洋調査艦「IMPECCABLE インペッカブル」に接近し針路を妨害するなどの問題が起きた。中国は“米国が排他的経済水域(EEZ)で許可無く活動した”と抗議する一方、米国は“公海上で航行妨害行為を受けた”として中国を非難した。

2)2009年5月10日、フィリピンのアロヨ大統領は、南沙(スプラトリー)諸島を自国領とする法案に署名した。これに対して中国は同月12日、在フィリピン大使を呼び出し強く抗議した。さらに中国は15日、西沙(パラセル)諸島に中国海軍最大の漁業監視船を派遣した。

3)米中は再発防止の措置を講ずることで一致したものの、米国は、2009年12日、「インペッカブル」護衛のためにイージス駆逐艦「チャン・フーン」を南シナ海周辺に派遣するなど緊張は継続している。

それから、2年後の現在、中国は“南シナ海の領土・権益紛争に米国が介入するべきでない”と言い出しているのだ。昨年11月、ヒラリー国務長官は、ベトナムのハノイで、“米国は第二次大戦以来、南シナ海の安全保障に寄与してきた~南シナ海は公海なのだ~アメリカが南シナ海を去ることはない”と演説した。ゲイツ国防長官も北京で同じように発言した。


(伊勢爺のつぶやき) さて、南シナ海は血に染まるのだろうか? 中国一国が、ベトナム~フィリッピン~マレーシア~インドネシア~米国~台湾~日本と対立している構図だ。いざ、海戦となれば、オーストラリア~英国~カナダまでが、米国の軍事同盟国として参加するだろう。

南シナ海は日本の船舶の往来が多い。同盟国の米国や友邦国が中国海軍と戦火を交えるときに沈黙してはおれない。日本は尖閣諸島問題、東シナ海ガス田問題でも中国と対立しているのだ。参戦しなければ、日米同盟を破棄されて、日本は国際社会から孤立する。“あのう、占領時代にアメリカから頂いた平和憲法がですね”などと成熟した近代国家ならば、恥ずかしくて言えないはずだ。

東北大震災復興の大事業は理解できる。だが、南シナ海の領土紛争は議題にすらならないのか?国防の石破茂さんはどうした?黙っていては、何を考えているのか分からないじゃないか? 伊勢平次郎 ルイジアナ






中国が南シナ海で軍事演習、ベトナムけん制か

【北京】中国共産党機関紙・人民日報系列の国際問題専門紙「環球時報」(電子版)は、6月17日、中国海軍が最近、南シナ海で軍事演習を実施したと報じた。演習の公表は、海洋権益を巡って対立するベトナムなどをけん制する狙いとみられる。

 報道によると、中国海軍は中国・海南島付近の南シナ海で、国家海洋局や国境警備隊などと合同で計14隻の駆逐艦、巡視船や2機の作戦機を出動させ、対潜水艦パトロール訓練や上陸訓練などを行った。報道は、演習実施の具体的な時期については明らかにしていない。(読売新聞)


米海軍とベトナム海軍、来月、南シナ海で合同演習
 
 14日付の香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、ベトナムと米国の海軍が来月、ベトナム中部ダナン沖の南シナ海で合同演習を行うと報じた。ベトナム海軍は南シナ海で実弾演習を行ったばかりで、同海で領有権を争う中国を一層刺激しそうだ。

 米海軍第7艦隊の高官が同紙に明らかにした。米海軍がタイやインドネシアなどとも行っている恒例の訓練の一環だといい、駆逐艦1隻が来月ベトナムに向かい、捜索、救助訓練を行う。米海軍は今月末には、フィリピン海軍との合同演習も予定している。

 これら演習について第7艦隊の広報担当者は同紙に「以前から予定されていたものだ」と話し、南シナ海をめぐる最近の関係各国の動きとの関連を否定した。(共同通信)


ベトナム人民海軍の水兵たちだ。たいへん士気が高いと報道されているね。ルイジアナには、ベトナム人が多い。ペンサコーラの魚市場で買った「アヒ」という鮪を切ってくれたのもベトナムの青年。小柄で、敏捷で、よく笑う。日本人に似ていると思った。士気が高いなら、あとは装備と訓練だけだ。日本の海自が、南シナ海でチャンチャン・モンキー海軍相手に得意の海戦ができないなら、何の為の軍備なのか?実に理解に苦しむ。わが父は、“信よ、日本帝国海軍が、帝国ロシアのバルテイック艦隊(2艦隊)を日本海に沈めたことを忘れてはいかんよ”と中学生の息子によく言った。その通りだよ。伊勢


「米国含む多国間で対応」=南シナ海問題で中国けん制-インドネシア大統領会見

来日中のインドネシアのユドヨノ大統領は、6月17日、都内で時事通信と会見し、南シナ海の領有権をめぐり東南アジア諸国連合(ASEAN)一部加盟国と中国との緊張が高まっている問題について、オバマ米大統領が出席する「東アジアサミット(EAS)の議題に乗せ、交渉を通して平和的に解決したい」と言明した。

EASは11月にインドネシア・バリ島で開催される。中国は同問題を「2国間交渉」で解決しようとしており、米国の関与や多国間会合の場で議題に上ることに強く反発している。

ユドヨノ大統領はこの中で“2002年にASEANと中国が署名した「南シナ海行動宣言」を行動規範に格上げすれば、適切に問題を処理できる”と指摘。“ASEAN議長国として各国指導者に協力を求める。アジア太平洋地域の安全と平和、秩序を維持するため、米国を含めて関係当事国が共に働くことを希望している”と強調した。(時事通信)


comment

なつ姉さま

中国の悲劇は、日本の昭和軍閥の起こした悲劇と同じなのです。“中国共産党は軍閥だ”と英米は診断している。現在、中国共産党は、8000万人が正式の党員だそうだ。36%が農民出身だと。党員に応募する者は年々増えていると。忠誠心だとか、態度だとか、能力テストがあると。合格者には、教育~留学~官界~軍への門が開かれる。給与体系と年金も保障されている。日本の公務員待遇に似ているが、党に貢献寄与した者の昇格は速い。ここは、日本の戦国時代の論功行賞と同じ。一方、罰則も厳しい。党規に違反した者の銃殺刑は頻繁に行なわれている。漢民族は、カネに汚い民族。小さくても、大きくても、権力の座に着けば、賄賂を要求する。日本人には想像も付かないほどの腐敗文化。シナ人は死刑なんか怖くない。だから、ウサギのようにおとなしい日本人が相手に出来る人種じゃないね。ところで、党員裁判には弁護士など着けない。だから、国家主席とは、中国共産党の独裁者なんだ。ヒトラーやらスターリンと全く同じ。今年の7月1日に、xx周年記念大会があると。W・ポストの記事で読んだが、何周年だったかな?ごめん。

つまり、欧米の民主主義国の目では、中国は、「主権在民の国家」ではないのです。軍閥による中央集権。中央の権力とカネで軍事力を増強していく。中国人民解放軍などと看板は立派だが、若い女性でも野原で公開銃殺する。“中国の軍拡張は防衛が目的だと”白々しい。だから、西側との軋轢は永遠に続く。西側と云っても、米軍が大黒柱。さっき、米国防衛雑誌の記事読んでたけど、“米中戦争が起きる可能性は非常に低いんだ”と。それに、“そのときには、ロシアは西側に着くんだ”と専門家が書いている。プーチンは、中国にSUXXの艦上戦闘機をコピーされて、つまり違法コピーされて、カンカンになっているんだと。まあ、中国に味方はいないということですね。ロシア人は、勝つ方にしか着かない。何かの参考になったかな?伊勢
2011/06/26 15:18 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さま

上記のように言われると、とても複雑な気持ちです。中国の覇権主義と国際ルールを守らない姿勢が許せないのであって、日本の文化に敬意を払って主権を尊重してくれれば、交流を一切排除したいとは思っていません。しかし、自国民の人権さえ蹂躙しているような国では信用しろといわれても無理です。国民が政治に無関心だと国を守れないということが民主党政権になって明確になりました。今後は政府や自治体の補助金とか税金が何の目的に使われているかをしっかり見ていかなければと思います。偉そうなこと言ってごめんなさい。
2011/06/26 13:13 | なつ [ 編集 ]

みなさん

それでは、なつ姉さまの情熱に敬意を払うとします。隼同志は、「新中華街反対」「中国人旅行客を歓迎しない」「中国人に日本の土地を売ることに絶対反対」「中国人の日本国籍取得や風俗営業に大反対」「中華料理歓迎」「中国産食品拒否」「中国人の違法滞在に厳罰」、、在日や韓国人関連は、「パチンコ廃絶大賛成」「朝鮮学校に与えてきた特権の即時廃止」「民主党政権追放」「民主党議員を落選させることに大賛成」とします。ただし、在特会の活動とは距離をおくとする。これで、どう?伊勢
2011/06/26 02:35 | 伊勢 [ 編集 ]

Kay姉さま

ゴーンさんの言う通りだと思う。この人、ダボスで何かの議長してたとき、麻生さんと、叔父甥の関係のようにお話してたね。日本人の持つポテンシャルを高く評価している。

今現在、被災者の窮状を考えると、政局を争っている時間はないですね。しかし、管直人は信用できない。まず、国を運営するという器量がない。考え付くことは、いきなり浜岡停止だとか、自然エネルーギーだとか、復興増税をすぐやるだとか、検査で停止中の原発を再起動するのに、消極的でないならば、自ら福井などの県知事を説得しなければならないのにそれもしない。沖縄でも、「2+2」の日米公約を県知事に伝えてもいない。首相は最高責任者。トータルでの評価は低いものとなる。社会主義に傾く人間の特徴は、マイナス思考か、撤退することしかアタマに浮かばない。1億3000万人の国民を牽引する人間の行動とは思われない。管だけでなく、民主党は貧乏を招く。築くは難しく、壊すは易いです。やはり、管は辞任するのが日本にとってベターですね。伊勢
2011/06/26 02:17 | 伊勢 [ 編集 ]

>2011/06/25 17:37 | Kay [ 編集 ]

誤字訂正

’絆や埃’(誤)→’絆や誇り’(正)
済みません。
時折誤字脱字など、気が付かないで書いていることが有りますがご了承願います。


伊勢様のブログタイトルとの関連ではないのですが、、、
今日、週刊誌のTIMEが届き、ページをめくると’REBUILDING JAPAN'と言う見出しの記事が出ていましたので読んでいたのですがあの悪夢の日(3月11日)から3ヶ月以上も経過し、かなりの復興が津波の直後になされたと比較画像を見て感じました。
日産の会長/CEOのカルロス.ゴーン氏は、'Japanese people take time to understand change and the reasons for it. And when they get it, they move --fast.' 日本人の本質を掴んでいる内容で書かれていましたが確かなのかも知れません。
所謂、物事を変更する事に関しては試行錯誤で時間を掛けて考えるがいざ決断を下す(理解を示す)と、あっという間に皆一緒に動き出すと言うような事なのでしょう。
これはやはり足並みを揃える日本人の特徴なのかも知れません。

今、世論調査では無党派層が40-50%もいらっしゃるようですが、どうして?と考えている事が何となく把握出来たような気がします。 きっと時間と共に方向性が定まるような気がします。 時間はちゃんと前に向かって動いているのだ!と思いたいです。


'Japanese people take time to understand change and the reasons for it. And when they get it, they move -- fast.'
2011/06/26 01:28 | Kay [ 編集 ]

伊勢さま、一有権者さま

決して人間不信ではありませんし、お陰様で、まあまあ幸せに暮らさせていただいております。
被害妄想というより、日本が移民国家に変わることを歓迎する新日本人(在日朝鮮人)や一部財界人、利害関係者にとってはシナからの人口流入は喜ばしいことですし、生活が脅かされるのを良しとしない先住日本人にとっては合法的侵略、又は外患誘致になります。
これら一連の政策は一有権者さまの仰るとおり省庁発のものも結構多いです。いろんなところに在日枠がありますから。そして、シナの工作や、在日が勢力拡大に長年努めてきた結果が現在の混乱を生んでいると思います。今は日本人対シナ朝鮮連合のどちらが勝つかせめぎあっている過渡期、カオスの状態だと思います。私も杞憂であればいいと思いますが、チベットやウィグル、周辺諸国でのシナの振る舞いを見れば楽観視できません。今でも新宿の中華街とか市営住宅がシナ人に占拠された結果どうなったかとか、評判が芳しくないので、私個人は来て欲しくないです。
税金がどのように使われているかについては下記ブログに詳しく述べられています。

新潟の、いや日本の危機 その⑥
http://ameblo.jp/nihonnoishi/entry-10928560669.html
2011/06/25 22:34 | なつ [ 編集 ]

一有権者先生

ご指摘の、省庁に親中派が巣くっているというのは、長年、ぼくもそう思っていた。そこへ反日的な行動をする中韓に媚態をする政権が乗っかったと。民主党は左翼でもなんでもない、ただの反抗期が終わらない未熟者の集団だと見える。60歳を超える未熟者は気持ちが悪い。それを、未熟な大衆が選んだ。これが真実でしょう。

その中韓の反日的行動というのは、注意して、よくよく観察しないと誤診すると思うね。というのは、日本からアテンションが欲しいか、アメリカからアテンションが欲しいか、世界から認められたいか、、なんか劣等感にかられてるんじゃないか?実際、韓国が竹島を、ロシアが北方領土を不法占拠しているのは国際社会ではみえみえだからね。中国の尖閣クレーム、南シナ海クレームは、前・南太平洋司令官のキーテイング米国議会公聴会では、笑い者になった(笑い)。こういった欧米の中国評価は日本の新聞社の国際部は軽視しているんです。Yのワシントン国際部なんて、居酒屋に近いよ(笑い)。昭和のブンヤとは、全く違った種類の小動物なんだ。鈍感というか、チンプンカンというか。白い手、青白い顔した連中です。背広、ネクタイ、靴、髪型だけは上品でね。全然英語もできない。原発の安全管理する保安院の官僚に良く似ている。国際部だとか、保安院とか、横柄な看板だけなんだ。中身は、仕事も出来ないど素人なんだ。

日本人と違って、アメリカ人というのは、プロに徹している。どんな仕事でもです。うちのもそうです。時々思うんだが、この仕事に徹するというメンタリテイね、キリスト教徒の開拓者が持っていた思想「マニフェスト・デイステニイ」から来てると。すると、日本人には、宗教的な精神の支柱がないとなるね。でも、日本人のモラルは国際的に評価が高い。中国人、韓国人が国際社会で評価が低い理由が、嘘をつく、盗むこととされる。伊勢
2011/06/25 22:07 | 伊勢 [ 編集 ]

なつ様へ
民主党と言うよりも省庁の中におかしな考えを持ち其の考えを実行しようとしているのが多いのではとも思うのですが。・・・
もちろん民主党は論外ですよ。害務省や法務省等に左翼どころかあえて日本の国が崩壊へ導かれるような政策をこそこそと売国議員と連携して行なおうとする連中がきっといるね。

特に害務省は日本の国益を損ねるような動きが多くありませんか。?もしかしたらもっと了見の狭い自分達だけが良ければという考えなのかもしれませんが。「事なかれ主義」でしょうか。
遺憾の意とか実際効力の無い抗議というパフォーマンスばかりで実行力の無いだらしなさを見透かされているから中国や韓国はやりたい放題なのだと思います。

憲法九条改正やスパイ防止法の成立と専守防衛政策を見直す声が一般国民から大きく出なければ事はなかなか進まないと思います。

もっともスパイ防止法制定となるとかなりの現国会議員は反対する可能性があるでしょう。
自分達が逮捕される可能性がある連中がごろごろいそうで。
2011/06/25 17:40 | 一有権者 [ 編集 ]

伊勢様、今そちらは夜中ですよね。
こちらは朝の9時半頃です。

>“自民党に政権を渡さない”という取り決めとは、政治を私物化しているということですね。

民主党はやはり未熟すぎますね。
心の中にあっても口で表現をする事は政治家として有る程度は慎まなければならない事なのだと思っています。
とり手の解釈によってはどうにでも取れます。
私からしたら、伊勢さんと同じく政治の’私物化=独裁’と言う、余りにも国民を愚弄した感覚に信頼を失ってしまったのです(一部の国民(民主党支持者にとって)にはありがたい言葉でしょう)。

私は、申し訳ないのですが、意識をして民主党のトップの方達には総理/首相や大臣と言う肩書きを外して書いています。ちっとも尊敬の念が湧かないからです。
私の考えが間違っているかも知れませんが、首相たる者は’日本の顔’でなければ成らない。
日本人は日本の中だけに住んでいる訳では有りません。伊勢さんも私もボストン在住さんも外地にて立派に生きていると思っています。

自分としては日本人として昔から築いて来た’絆や埃’のような物を感じ、それを堂々と自分の範囲内でアピールをし、ささやかな日本への感謝の気持ちを持ちながら30年の歳月をこちらで過ごさせて頂いてきました。
悪い事を拾ったら(自民党が悪い…などと言う言葉)、どんな事も否定をしなければならなくなると思うのですが、良い事を見つけることによって日本の国に光が射し、希望が生まれます。
伊勢さんの仰る’センターライト’として、国民がバランスを取り戻す事それが今後の日本の延命に繋がる物と見ています。

そんな希望を持ちながら、伊勢さんの日本国民に対するシグナル、>“絶対に負けてはいけない”>日本の運命は全て選挙民の分別にかかっているのです> は、正しく私も同感です。

私はまだ良く分からないのですが、民主党内でもきっと良識派(センターライト)はいらっしゃると思いますし、自民党内でも極めてセンターレフト的な方もいらっしゃると思っています。全ては愛国心を持っているかで判断しなければ成らない事なのかもしれませんね。

では又。

PS: 極めて健康的思考の伊勢さんに(^o^ 顔がほころびました。
親切な看護婦さんのいらっしゃる、アメリカの医療費は大きいのではないでしょうか?


2011/06/25 17:37 | Kay [ 編集 ]

>>もうご存知でしょうが、国民の同意なく、7月1日から年収80万の日本で言えば貧民層が沖縄や新潟(佐渡)を窓口にして、どんどん押し寄せて来ます。

同意なく?国会レベルで協議しなかった?査証の交付が外務省と内閣の承認で可能ならば、合法でしょ?自公政権でも起きるでしょ?

>>日本人の税金を使って、大中華街や特区構想、地方分権など諸々のシナへの開放政策で自民党政権に戻るまでに日本が持たないかもしれません。もしこの流れが止められなければ、民主党崩壊が遅れれば、国柄も皇室の存続も危ういと危惧しています。

このあなたの理論は「被害妄想」に近いものですよ。民主党にはそんな大きな力はないです。

>>国柄も皇室の存続も危ういと危惧しています、、

これは、「恐怖を売る」という戦前に流行った「黄禍論」という政治宣伝です。あなた、ユダヤ陰謀説を信じてます?“全ては、中国共産党の陰謀だ”と思い込んでいませんか?人間とは意外に信じられるものなのですよ。だから、日中貿易が盛んなんです。人間が信じられないならば、不幸になりますよ。伊勢


2011/06/25 17:18 | 伊勢 [ 編集 ]

すいません。安倍さんが仰ったのは、田母神さんの(有志による)退官式の時だったと思います。
2011/06/25 16:49 | なつ [ 編集 ]

今、朝の2時。美しい22歳の看護婦さんがIVの抗生薬溶液を持って入ってきた。めし不味く、運動不足、寝返りばかり。看護婦さんと話すことだけが楽しい(笑い)。

>>創生日本の保守政治家、石破さん等の状況の好転をもたらす可能性の有る政治家を積極的に応援する、それが私にも出来る具体的な一歩でしょうか、、

そうです。“安倍さんや麻生さんは、マスコミの餌食になる”と新聞記者から聞きました。石破さんも100点満点ではない。だが、この人の特徴は、マスコミに強いことでしょう。隙のない理論で武装している。歴史観で批判を受けているが、これもこの人の自己防衛なのかも知れない。国会議員になり~閣僚になり~国家の運命を決める責任者になると、本心ではないことも云わざるを得ない。本心をどんどん云っても責任のない個人ではないから。だから、評論家というのは無責任な個人だと言える。評論家を崇拝してはいけないよ(笑い)。

四捨五入の選択が政治家の能力だと思う。国家の責任者となれば、きわどい選択を迫られる。岸信介さんがそうだったね。佐藤栄作さんも、中曽根康弘さんもね。つまり、右も、左も満足させる選択はないのですね。さらに、日本国民も、アメリカ政府も両方を満足させる選択などまれなんです。

どの国でも、成功した政治家は、センターライトなのです。大東亜戦争の悲劇は、軍閥が政局を握ったことです。つまり、ウルトラライトが有無を言わさず対抗する手段のない国民を引っ張って行った。日本に“アメリカは酷いことをした”と云う人が多い。さあ、それでは、“日本は酷いことをしなかった”と言い切れますか?“あれは、日本にとって聖戦だった~侵略じゃなかった~防衛だった”と言い切れますか?田母神さんは、その点で未成熟だった。

伊勢爺の理解では、欧米は、“日本の昭和軍閥は極右である”と診たのです。“センターライトしか、世界に平和をもたらすことは不可能”と信じるアメリカの指導者たちは、日本帝国を滅ぼすことを決めたのです。だから、途中で講和しなかったのです。つまり、日本の指導者が、センターライトの重要さが解っていれば、戦争は避けられたのです。


現在も、極右に近い民族主義思想の日本人は少数だがいます。チャンネル桜の保守のご老人たちは、皆さんたいへんな論客です。だが、残念ながらセンターライトの重要さが理解出来ないようです。つまり少数派なのです。この発言、物議を醸すかな?(笑い)。伊勢
2011/06/25 16:37 | 伊勢 [ 編集 ]

多史済々さま

>田母神氏のようなまともな軍人が罷免(?)されるような国なのですよ日本は。

この件、確かにおかしいですが、安倍さんでさえ、田母神さんの論文は政治的に持たないと仰っていました(稲田さんの出版記念パーティの場で)。私の見解はより大きな視点で、麻生さんや安倍さんを信じるしかないです。しかし、この段階(歴史認識を口実に日本の政治を支配する)はもう通り過ぎて、民主党キムチ政権下で次のステージ、人口侵略が始まろうとしています。もうご存知でしょうが、国民の同意なく、7月1日から年収80万の日本で言えば貧民層が沖縄や新潟(佐渡)を窓口にして、どんどん押し寄せて来ます。日本人の税金を使って、大中華街や特区構想、地方分権など諸々のシナへの開放政策で自民党政権に戻るまでに日本が持たないかもしれません。もしこの流れが止められなければ、民主党崩壊が遅れれば、国柄も皇室の存続も危ういと危惧しています。
2011/06/25 15:33 | なつ [ 編集 ]

なつ 様

 ごめんなさいね変なコメントしてしまって。
 私はなつさんの事を尊敬しています。このような女性がもっと増えて欲しいといつも願っています。

 確かに国土の防衛は大切ですが、私は国土を防衛しても肝心の国柄が侵略のほしいままになってはそれは日本を防衛したとは言えないのではと思うのです。
 うまく言えませんが、例えば日本の総理大臣が例大祭もしくは終戦記念日に靖国神社に参拝しないできないことそれ自体が日本の防衛が甚だ未熟なことの証明だと私は認識するのですよ。田母神氏のようなまともな軍人が罷免(?)されるような国なのですよ日本は。
2011/06/25 13:02 | 多史済々 [ 編集 ]

>>鳩山氏と菅氏の取り決め「民主党を壊さない事!、自民党に政権を渡さない事、、、

Kay姉さまの文章は簡潔で読み易い。欧米的な思考からか?

政権を“一度やらせてみたら”と軽薄でしたね。政権というのは、領土ほどではないが、一度取られると取り返すのに大きな時間とコストがかかるものです。“自民党に政権を渡さない”という取り決めとは、政治を私物化しているということですね。

民主党のマニフェエストでも、普天間でも、国民や沖縄県民対する計画的な詐欺です。米国にとっては裏切りだった。保守政権は次回の衆院選挙で復活する公算は高い。一気に取り返して、片っ端から山積する死活の問題を整理しなければいけない。自民党内にも左翼は存在する。河野などは民主党と違いなどない。公明党も気に食わないが、次期衆院選後に連立では大きな進歩は期待出来ない。自民党には乾坤一擲の決心が要る。自民党がマニフェストを表示したら、日本の運命は全て選挙民の分別にかかっているのです。伊勢
2011/06/25 11:25 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

お見舞い有難うね。朝の7時に放射線スキャン。午後にもう一度撮った。理由は、先週フロリダの海岸で貝殻で足を切った箇所からばい菌が入ったと。糖尿なので悪化したと。左足小指の付け根の骨がばい菌に犯された可能性が高いと。今夜8時。専門医の検診があって、明日土曜日も、日曜日も帰宅させないのだと(とほほ)。感染が進めば危険だからと。

>>道義大国の日本であっても手足をがんじがらめに縛られていては、海外の邦人を救出もできないし、侵略されても攻撃されるまでは動けないので、私は軍隊をもう少しまともに動けるようにすることが日本の緊急課題だととらえています。

全く反論の余地はないです。国防、スパイ防止、国家転覆に対応する法律のないまま、病状はさらに悪化中です。大韓航空機が竹島の上空をデモンストレーションした。明らかな日本に対する挑戦です。フィリッピンは、アメリカに助けを求めた。ヒラリーの次官キャンベルさんは中国の国防次官と会談する。ベトナム海軍と米海軍はダナン沖で演習する。そこで、日本政府を見ると、「2+2」でも何も具体的な話はしなかった。

個人個人のぼくたちは、一介の善良なる市民であって、家庭と職場や学校の授業に一日24時を以っても足りない。一般大衆が国防を叫ぶなど日本だけですよ。こんな非常識な国家を見たことない。それでも、日本人はアタマが良いと思っている。自民も民主党も国防に消極的なんだ。ぼくらは、身の安全、財産、国家の安全、行政の全部を国会議員に委ねている。小沢、鳩山、管、、観察していると、もはや待って居られないという焦燥感がつのる。一番重要なことは、“絶対に負けてはいけない”ことです。伊勢
2011/06/25 10:15 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様今晩は。お怪我をなされたとのこと、お大事になさってください。

日本の病院食も美味しいものでは有りませんが、それは米国でも同じなのですね。自治体により多少違うかもしれませんが、私のすむ県では完全介護が歌い文句?で看護の付き添いはいらないといわれよほどの場合でないと家族は病室にいることは夜間は今はできません。

皆さん健康に十分ご注意ください。これから暑い夏がやってきます。
2011/06/24 19:52 | 一有権者 [ 編集 ]

荒らし注意報


くっくりさんより拡散

http://kukkuri.jpn.org/1103arashijouhou.html
2011/06/24 19:10 | くっくりさんより [ 編集 ]

伊勢さま、一日も早く回復されますように。
日本も早く回復して欲しいものです。伊勢さま、皆さまがおっしゃる通り、一人一人が覚悟を持たないといけないですね。創生日本の保守政治家、石破さん等の状況の好転をもたらす可能性の有る政治家を積極的に応援する、それが私にも出来る具体的な一歩でしょうか。
2011/06/24 18:59 | ボストン在住 [ 編集 ]

伊勢様、皆様こんにちは。

暫く仕事と夏休みを兼ねて家を離れておりました。
気に成りながらコメントが出来ず済みません。
折角、お仲間に入れていただいたのに…!?外されてしまいそうですね。ごめんなさい。
さて、今日は伊勢様が入院なさっていると知りました…二泊も入院されるほどなのですから大変ですね。お大事になさってください。

今朝のネットニュースで目に付いたものを掲載:-

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110624-OYT1T00555.htm

菅首相は24日午前の閣僚懇談会で通常国会の会期延長について、「70日延長したので、各閣僚は震災対応、それ以外の課題も含めて全力で当たってほしい。自分も延長国会に臨むにあたって、燃え尽きるまで全力でやりたい」と述べた。

東日本大震災の復旧・復興や重要法案の成立などに強い意欲を示したものだ

ーーー
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110622/stt11062221380013-n1.htm

民主党の小沢一郎元代表の元秘書で、小沢氏の資金管理団体をめぐり政治資金規正法違反罪で起訴された石川知裕衆院議員(無所属)の著書「悪党 小沢一郎に仕えて」(朝日新聞出版)が7月7日に出版される。小沢氏との「師弟対談」も収録され、小沢氏は自らを英国の宰相・チャーチルになぞらえ復権に意欲をみせる。

**

チャーチル氏=2002年、BBCが行った「偉大な英国人」投票で第1位となった。
私が一つ疑問に思っている事は、ライブドア元社長の堀江氏を応援している人達の多くが、小沢氏そして民主党を応援している事です。未だに小沢氏や堀江氏の影響は日本の若者、そしてネットの中で大きいのでしょうか?
私としては、悪い前例を作った! 小沢被告としての小沢氏しか知りません。

ーーー

自分としては、民主党と聞くと困ったもので…蕁麻疹が出てきそうです>-<;
ニュースの内容が100%本当かどうかは知りませんが80%としても野党は無視されているという事ですね。
一日一日が貴重な日本の現状、ご自分たちが責任を持って日本を改革(再構築)していく自信をお持ちなのでしょうか。 鳩山氏と菅氏の取り決め「民主党を壊さない事!、自民党に政権を渡さない事、、、」を、石破氏のブログにて読んだときは、勿論反対の立場でも政権与党なら政権を守るために同じではないか?とは思いましたが、これほど信頼性に欠け、ポリシーの感じられない与党が握る政権を国民は黙って見ていれるのか!と、逆に多くの国民に対して憤りを感じています。
だからと言って、私などは何も出来ないのですが…ただこちらにて思った事を吼えさせていただく事と自民党のFacebookに参加し、良い記事が有れば応援しているのみです。
本当に、危機的状況(国の纏まりが欠如)にも拘らず、与党の中での思想(菅氏、鳩山氏、小沢氏等)がバラバラでは国民はどなたを信じれば良いのか?という気にも成りますね。

極めて自然災害の多い日本の地形は日本人の耐える力をも育んでいると言うことなのかも知れません。
どんな事が有ろうとも「現状維持」、’見ざる、聞かざる、言わざる’で通す人達も圧倒数いるのかも知れません。

又、コメントをさせていただきます。

PS: 猛暑のニュースにビックリしています。皆様気をつけてください。
こちら(14-18℃)は、雨混じりの寒い日が続いています。朝晩はヒーターが必要に成ります。

2011/06/24 17:45 | Kay [ 編集 ]

多史済々さま

>現に、私がここで石破氏待望論を批判しただけで極右扱いの批判を受けました。

そういう問題じゃないと思います。私は表現の仕方が拙かったかもしれませんが、個人を批判しているととられたら本意ではありません。石破氏の親派ではないと申し上げた通り、私も彼の思想は理解できません。だけど、日本も海兵隊を持つべきだと防衛大臣を務めた政治家が主張されたのは一歩前進だと思います。しかも慎重姿勢の彼だから余計実現に期待を持ったのです。法改正しなくても集団的自衛権の行使とか出来る事はいっぱいあると主張されています。拉致問題で先に進まない事態とか閉塞感に苛まれていたところ、政治家でここまで具体的な提言をされた人がいなかったので評価したのです。思想的なことは安倍さん、稲田さん、西田さんら創生日本の保守政治家が大きな影響力を持って、売国官僚や成りすまし議員らが仕掛けてくる売国政策を阻止して欲しいと思っています。道義大国の日本であっても手足をがんじがらめに縛られていては、海外の邦人を救出もできないし、侵略されても攻撃されるまでは動けないので、私は軍隊をもう少しまともに動けるようにすることが日本の緊急課題だととらえています。
2011/06/24 10:29 | なつ [ 編集 ]

一昨日、左足小指の付け根を庭の石にぶつけ、そこが腫れあがった。歩けない。救急へ来たら、そのまま入院となった。二晩宿泊。うちのも泊まれるいい病室。ただ、めしが不味い。モルヒネ打って、点滴で腫れをひかせると。伊勢
2011/06/24 09:43 | 伊勢 [ 編集 ]

一有権者先生

先を読むのは早過ぎる。しかし、オバマ民主党の今でも、米中関係は劣化している。“日本から日本を含むアジア太平洋の安全保障において積極的な協力を得られないが、日本は紛争を起こす国じゃない~大震災から早く復興してもらいたい”という評価でしょう。

日米経済軍事同盟は、日本が自分の能力内において、アジア太平洋の安全保障に協力するのかに掛かっている。かって、敵であった国に協力するわけです。ベトナムも、フィリッピンも同じです。だが、彼らにも、日本にも、台湾にも、アメリカ抜きで中国軍と戦う力はないのです。反米感情ですが、終戦の日に昭和天皇がラジオで仰られた“耐え難きを耐え”です。現在のアメリカは、多くの味方を必要としている。“対日戦争は避けるべきだった”と考える人は少ない。その原因は、“最初に真珠湾を攻撃したのは日本”という政治宣伝です。都合が良い面があって、敢えて、“島国日本に対して石油と鉄の禁輸が原因”と、日米ともに言わない。日本は言う、書く、広報する、怒るべきなんだがね。だから、伊勢爺が本を出す。日米の軍事強化は、味方が一国もいない中国にとって効果が最大で、さらに、軍需を興して日本の経済は好転する。日米合同軍は、中国の、南シナ海への野心を挫くためです。日本が“そんなことする必要ない”と決めるなら、それはそれです。ただし、日米同盟に終幕が落される。伊勢
2011/06/23 23:47 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、私は英語が得意ではないのでグーグルの翻訳で見てみましたが。・・・

微妙な感じで伝わるような伝わらないような。・・・
情けないです。
もし共和党のロムニーさんが大統領になったとして経済第一のみで米国の舵取りをすれば日本との関係より中国との関係を重視する可能性が大きくなると考えなくてはいけないでしょうか。?よく日本で言われる事は共和党はどちらかと言えば日本重視、民主党は中国重視と聞きますが、そうともいえない。?

いずれにしろ日本国が自国を自国で守る政策を実行できなくては早晩ジエンドである事はいままでの周辺国の動きを見れば明らかですね。

日本政府、省庁(政治家、官僚)が国家観と防衛意識の欠如によりおかしい政策を行ったり、あえて急ぐべき政策を行わぬのは日本国と日本国民に対する裏切りですね。

なにせ厚労省のIT関連の仕事をSBに落札させたはいいがSBは其の管理を韓国企業に丸投げだそうです。
また日本の情報が筒抜けになります。
2011/06/23 19:42 | 一有権者 [ 編集 ]

こちら、次期2012年11月4日の大統領選の共和党候補者選びが始まった。ミット・ロムニー前マサチュッセッツ知事で経済に明るい人が先頭に立っている。共和党の59%が支持している。インデペンデントも、オバマよりも10%とリードしている。全て、経済、経済、経済だ。英語の読める人はどうぞ。“基本的に日本人が日本を自分で守るなら、軍事同盟を続ける”などと言いそうだな。民主党のおかげで日米同盟は危険水域に入っている。伊勢

http://www.bloomberg.com/news/2011-06-23/romney-gets-59-favorable-rating-from-republicans-in-presidential-poll.html
2011/06/23 19:26 | 伊勢 [ 編集 ]

多史済々様へ
石破氏待望論で極右扱いを受けられましたのですか。?
私は石破氏については軍事的な部分については是としましたが、歴史観そのものについては疑問を持っておりましたので逆に左っぽいような感じを受けておりましたが。・・
私は麻生、安倍、そして田母神各氏が良いと思っているのですけれどね。

さて今ネットニュースを見ましたら中国の調査船が今度は宮城県金華山沖の日本の排他的経済水域で勝手に海水の採取を行なっていたとの事。

海保の巡視船が発見し警告したところ退去したと。
さてこれは尖閣や南シナ海~東シナ海で何かを行う為の目くらましか、それとも中国は三陸沖も自分達のものにする為の初歩的示威行動なのか。?沖ノ鳥島の事もあるし警戒を怠ってはならないなと思いました。

それにしても民主党や日本政府省庁の無能無策、いや政治家、官僚の無能無策をどうにかしなきゃならない。
2011/06/23 19:06 | 一有権者 [ 編集 ]

 管氏はやはり歴史認識が左翼側にあるのですから自分の手で少しでも日本を解体したいのでしょうね。だからなかなか退陣しないのでしょう。
 内閣支持率が20パーセント台あることも変に安心感を得ていたりするかもしれません。だって、自民党総理も20パーセント台だったし。
 やっぱり国民がもっと覚醒しないといけないと思います。それには歴史認識を東京裁判史観・左翼史観から卒業することが一番と私は思うのですが、戦後の教育で育った我々にはなかなか難しいことなのかもしれません。アメリカもそれを良しとしてくれるのかどうか疑問です。
 現に、私がここで石破氏待望論を批判しただけで極右扱いの批判を受けました。日本正常化への道は甚だ遠いと私は思います。
2011/06/23 18:48 | 多史済々 [ 編集 ]

「延命策には付き合えない」と読売社説
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20110623-OYT1T00113.htm

この記事は説得を試みている。これだけのことを書かれても、管直人の脳には届かない?“燃え尽きるまで”とか、なんか立派なことでもやってるんかな?いまさら、鳩山のことを書く気もないが、どっちも低脳に見えるね。ところで、小沢はいつ豚箱に入るんだ?伊勢
2011/06/23 14:16 | 伊勢 [ 編集 ]

「無人機飛行や夜間訓練…中国艦艇の太平洋上活動」

 防衛省は23日、沖縄本島と宮古島の間の公海上を通過して太平洋上で活動をしていた中国海軍の計11隻の艦艇が、再び両島間を航行して東シナ海に戻ったと発表した。

 今回の中国艦艇による太平洋上での活動は過去最大規模で、艦載の無人機の飛行も確認。同省は中国海軍の増強ぶりを示すものとして分析を急いでいる。

 同省によると、11隻は今月8~9日にかけて宮古島の北東約100キロの海域を南下。22~23日にほぼ同じ海域を東シナ海に向けて北上するのを海上自衛隊の護衛艦が確認した。

 11隻は今回、沖縄の南方約1500キロのフィリピン沖まで進出。ヘリの発着艦や洋上補給を夜間に実施するなど、これまでにない訓練を実施したほか、射撃訓練も行った。無人ヘリが艦艇の周囲を飛行するのが確認された。(2011年6月23日11時35分 読売新聞)


クーデターに関して、226事件のような自衛隊の一部に反乱が起きないとは言い切れない。現状では、クーデターを起こすところまで、マグマは溜まっていない。だが、「真実は小説よりも奇なり」という。

(伊勢爺のストーリー)

民主党政権が復興事業にどんどん遅れる~被災者の自殺が増える~電力不足で企業がリストラやむなきに至り社員を解雇する~消費税増税の結果、景気がさらに悪化する~社会不安が高まり強盗殺人事件が多発する~そこへ、中国海軍が尖閣を占領する~遮ろうとする海自、海保の艦船に発砲する~海自隊員に死者が出る~サヨク偏向マスコミはこれらの情報を隠蔽する~民主党政府は小田原評定や政局争いをやっていて、“ベストを尽くす”などとその場を誤魔化す~差し迫る米軍の要請に応じない~ついに、宮古島などが中国軍に占領される、、

以上の全てが起きうることですよね?そんなとき、クーデターが起きるのですよ。隼ブログの皆さんが起こすのではなくですね。

在米の伊勢爺が何故、突如、226事件を持ち出すのか?それはね、平穏な生活をしている善良な市民のみなさんを扇動するわけではなく、“クーデターが起きた朝は、自分はどうするのか?”と問うているのです。

ご存知のように、226の青年将校たちは、反乱罪で処刑された。日本のために~天皇陛下のために若い命を賭けて決起したが、青年将校と話す機会などなかった昭和天皇は怒ったと。ぼくは、陛下に注進した者が“青年将校が反乱を起こした”と伝えたからだと思う。

伊勢爺はクーデターが起きたら、決起した青年たちを守るだろう。青年たちが処刑されたら、処刑した政府をあらゆる手段で倒すだろう。クーデターの話題はここまで。伊勢
2011/06/23 14:03 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様おはようございます。
2.26ですか。?日本国民にとってはこれは大きなインパクトのあった事件ですね。今もこの事件については色々と取り上げられる事が有る可能性が高いものですね。
伊勢様の掲げられた政策をよどみなく実行できれば一番よいと思いますけれど。

マスコミは必ず軍の一部による暴走とか国や国民の暮しを脅かすとかといった取り上げ方しかしないような気がいたします。今の日本で起こすのは非常に難しい事でしょうし現実的ではないと思います。
しかし何らかの策をとらないと民主党と言う詐欺集団がずるずると政権運営の為の延命を続けるだけ。

何らかの団体組織をつくりそれにより日本の政治を日本人に取り戻す事はボストン在住様の考えに賛同いたします。個々では各個撃破されてしまいます。

ちなみに自警団組織のようなものを立ち上げる事ができるのかと言う話については某議員にお尋ねしたところ
なんら法律上の問題は無いとの趣旨の回答をいただいたので実際に動けるかどうかということになると思います。

2011/06/23 08:00 | 一有権者 [ 編集 ]

2010年7月12日のエントリー「わが姉の闘争」のコメント欄にこのように書いた。

>>菅~小沢~鳩山~千葉、、みんな追放しなければいけない。カードは「普天間」です。米国務省も米国防省も現行合意案以外の変更には応じない。理由は、“応じたくない”です。応じたくない理由は、「民主党を転覆させる」ですよ。在京米国大使とCIA職員(ケビン・メア)は、転覆ゲームを熟知している。こうして、CIAは、旧ソ連国、南米、韓国、台湾などの反米政権を崩壊させてきたのです。かっては、1954年のイランのモサデク政権~1978年のチリのアヘンデ暗殺~イラン・コントラ事件~中南米~コロンビア~岸信介に資金提供~ロッキード事件の児玉誉士夫もCIAの下で働いたのです。日本人はCIAを過小評価する傾向があるね<<

最近のCIAの国家転覆計画やテロ首謀者暗殺の最大なものは、イラクのフセインを絞首刑に追いやったこと。次に、ウッサマ・ビンラーデインを射殺したこと。つまり、CIAの仕事は、アメリカの国益や自由主義圏に反する政府を排除する。

>>クーデターに対して、各国から協力、合意を得る事は難しく、、

さあ、どうかな?CIA長官は、クリントン政権のときのホワイトハウス・チーフだったレオン・パネッタさんですね。7月には、国防長官になる予定です。

昨日、ワシントンで、「2+2」日米外務・国防閣僚協議があった。普天間が遅々と進まないことに、ヒラリーも、ゲーツ長官も強い口調で釘を差した。現政府の「停滞」を叱ったのです。読みましたか?普天間は民主党の命取りになる。鳩山以下の民主党議員も閣僚も日本を貶めるという暗愚な人間どもです。

パネッタ国防長官の最初の仕事に、南シナ海の紛争を予想した日米協議があるでしょう。そのときの日本政府の対応が満足を得ないものならば、アメリカは、「日米同盟破棄」をカードにする。そうなれば、民主党政権は崩壊する。クーデターは、現在の日本人の敗北主義思想では出来ないでしょうね。あなたのことではないですよ。誤解しないようにね。伊勢
2011/06/23 06:32 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さま、ごもっともです。ただ、クーデターに対して、各国から協力、合意を得る事は難しく、例えば民主党が支援要請を出し中華人民共和国の軍隊が駐留する機会を与えることにはなりませんでしょうか。寧ろ、例えばボストンティーパーティのような、草の根の強力な政治ロビー団体 (重要政策の提言、麻生さんのような政治家の支援、メディアへの発信、反日的な政治家、メディア、企業への反論を行う任意団体のようなもの)を結成して、それを通じて、必要な改革を目指せないものか、と思います。保守の前線の皆さまが現在、奮闘、模索しておられている道なのかもしれませんが。
2011/06/23 02:18 | ボストン在住 [ 編集 ]

康雄さま、DK姉さま、多史済々先生、一有権者先生

みなさんが民主党を信頼していない根拠が明らかです。“日本に危害を加える敵に通じている政党だから”と。全くその通り。

将棋の譜面で言えば、敵の歩兵(ふ)が入り込んで、わが方の陣地で金将となっている。負の状態。どうすれば、押し返すことが出来るのか?

答えは、1)国内における外国人、在日の国家反逆行為を取り締まる法整備を進める~2)国防予算を2倍にする~3)自衛隊を国軍として優遇する~4)日本の主権(領海、領土、領空)を犯す中国共産党軍に発砲することを許可して置く~5)海自の保有する海上艦船、潜水艦、PC3は米海軍と共に行動する~6)米軍に頼らなければならない部分(核兵器の共有)はあらかじめコミットメントを要請して置く。その他、日本軍、米軍に不利となっている憲法の条文を破棄すること~7)国軍が国の外で戦闘中の国内の治安に民兵組織を合法化する、、などで、押し返すことが出来る。お気付きのごとく、大震災復興や~税制改造や~管内閣改造や~大連立では、中国軍と対峙できない。残念ながら、「226」に近いクーデターでしか、日本の抱える内外の敵を排除できないと思う。クーデターは、民兵にでも出来る。この構想は過激でしょうか?

もっと、ご意見を足してください。伊勢

2011/06/23 00:05 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様今晩は。2010/5/26見させていただきました。

大学の先生でいらっしゃる方なのですね。日本の大学といえば何故か韓国、中国の方も結構いるようですが何を目的にしているのでしょうか。?
以前TV朝日の番組に東海大教授の金何がしと言う女性が出ていたがこの女性「日本は未来永劫韓国に謝罪し続けるべき」と言いやがりました。あの自民党の河野太郎の発言がまともに聞こえるほど酷い物でした。
あれ以来日本の大学は左翼工作員教育の場か?と思ったほどです。

さて米国軍のハッチソン少佐さすがにNHK等のマスコミが反米なのを御存知なのですね。どうやったらこの状況をひっくり返す事ができるか。
康雄様の書き込みの情報一体日本政府は何を考えているのか。?被災地復興の為であれば被災地の雇用を生み出す事、日本企業の雇用を活性化させるために行うべきもののはず。それを韓国企業から資材を買えとかおかしすぎます。やはり民主党や社民党みたいな考えの連中では日本は壊される。
そういえば一瞬でしたが日本政府機関のIT関連事業を韓国企業に発注させるとか言う情報も出ていたし本日のスポーツ紙に「孫 入閣」とか記事が出てたらしいです。(私は未確認です)もう日本政府は日本国や日本国民の為の仕事をするところではないらしい。
国の根幹をなす部分にあまりにも成り済まし日本人が多く潜り込んでいるのではないでしょうか。?
2011/06/22 21:45 | 一有権者 [ 編集 ]

 石原幹事長発言て、例の玄葉政調会長の申し出のことでしょうか。・・・ボクこんなことも知っているんだぞ ってな気分で発言したのでしょうか^^。
 それにしても、民主党はなぜ不信任案に反対したのでしょうかね。首を差し出す覚悟ってなんとも噴飯ものですよ。
 やはり自民党は不信任案提出してよかったと思います。今こそ自民党はどのような国に日本をしたいのかをもっと積極的に広報すべきです。今までの反省をもとになかなか良い政策なのですから自信を持って広報して欲しいです。
http://www.jimin.jp/policy/pamphlet/pdf/j_file2010.pdf
2011/06/22 21:41 | 多史済々 [ 編集 ]

私も参加していました.義母と来月から同居するため
当分デモに参加できなくなるため.雨にも負けず.
沖縄.尖閣を守る「日比谷公園野外音楽堂」に出かけました...
大勢の方が集まって「女性がとても多かった」国旗も新品そんな方が多く参加していました.
2011/06/22 18:43 | dk [ 編集 ]

初めまして、伊勢様
伊勢様のブログは最近になって知ったのですが興味深く読ませて頂いております


私の仕事柄での話ですが、今回の震災後多くの業者が仮設住宅の建設を行っております
建築・衛生・電気あらゆる業者です
当然仕事を優先させているわけですが、業者の見積金額に対して国は「どうせ談合をやってるんだろう」という目でしか見られていなく、仮設住宅がどんどん出来上がっているにも関わらずお金を貰えていないのが現状です
また、国が建築資材を韓国から買うように勧めていたりもしています
(こういう時ほど国内の内需を活性化させなければならないのに)

これらの事情からバカバカしくなってインフラ整備の仕事を断っている業者も出ています


南シナ海の話とは異なりますが、これからの復興を日本人が皆一丸となってやらなければならない時に足を引っ張っているのは今の日本政府であり民主党です


歴史を見ても、筋を通し極力戦争を避けてどうしようもなくなった時に刀を抜くのは武士や軍人であり、平和ボケした左翼やリベラル主義者ほど混乱と新たな争いを引き起こすのです
2011/06/22 15:28 | 康雄 [ 編集 ]

一有権者先生

月別アーカイブから、「沖縄特集」を読めます。そこに、恵先生や、ハッチンソン少佐との写真もある。自分が書いた過去の記事でも、現地を訪問した記事は生きてるなと思った(笑い)。
2010/05/26 (Wed) 赤い島・沖縄本島(その3)

>>お姉さまがお会いした青年達頼もしいですね。でもそのような青年達をむざむざ危ない目に合わせぬように事前に阻止する政策実行が必要ですね。

その通りです。日米合同軍が多国籍軍の両輪となり、「ひとりも死なさない作戦」が必要です。戦争になれば、戦死者は出ます。だから、「中国軍に多く犠牲者が出る~中国共産党レジームが崩壊する作戦」をとる。多国籍軍の合意が達成すれば、中国は話し合いに応じる。疑うなかれ!

“わが子を戦場に絶対に送らない~若者を戦死させないために戦争には絶対反対だ”と叫ぶ日教組をYuotubeで見たが、この敗北主義が蔓延するのでは、「日米が最初のペアとなり~次に中国と紛争を持つ国々を説得して~多国籍軍を組織して~南シナ海で実射訓練をやり~中国に侵略を断念させる作戦」を建てることができないのです。

東北震災復興はシンプルな国内政策のはず。こんな単純な復興計画さえも、民主党の指導者に国民の信用がなく民主党内でも紛糾している。対中国戦争の準備は大仕事です。あれこれと論争する時間はもうないです。さらに現在の民主党政権を米国は信用していない。なぜなら、民主党には国賊も反米思想も存在するため、わが方の情報が中国に渡るからです。「アメリカは、日本政府の停滞に辛抱しきれなくなっている」ことを、嘉手納米空軍のハッチソン少佐は語ったのです。在米45年の伊勢爺はブログで警鐘を鳴らしてきた。

同志のみなさん、討論を続けましょう。伊勢


2011/06/22 10:47 | 伊勢 [ 編集 ]

恵先生は残念ながら存じ上げません。どのようなお方でしょう。?お姉さまがお会いした青年達頼もしいですね。でもそのような青年達をむざむざ危ない目に合わせぬように事前に阻止する政策実行が必要ですね。

もちろん其の政策は媚びて自ら属国化するようなものではなく独立をしっかり担保し子孫達に日本の国を引き継ぐものです。現時点で日本の政治家官僚に一番欠けているものではないかと思います。

連投失礼いたしました。
2011/06/22 07:41 | 一有権者 [ 編集 ]

伊勢様おはようございます。紛争がおきてからうろたえ大騒ぎするよりも、紛争が起きぬようにする為に阻止するようにしなければならないと思います。

東南アジア諸国やインドそしてわが国に対する中国の横暴をどう阻止し、中国に国際社会のルールを守らせるか。?世界経済第二位になったと言うならばそれなりの責任を果たしてもらわねばなりません。日本を抜いたと言いながらまだ格差があると日本から金融や技術支援を受け、それを軍事増強に使い他国の主権侵害を行なうようではとても信用できません。
このような国を信用して日本国を守るなんて出来るわけありません。個々人の中国人の方達は普段の生活においては優しい方達も多い事でしょう。しかし中国共産党と中国政府其の軍隊等の組織には警戒を怠ってはいけないと思います。中国共産党の存在意義はかつて日本軍と戦い追い出し現在の国を樹立した事だと聞いております。

実際戦ったのは蒋介石の国民党軍がほとんどではなかったか。?国民党軍との内戦により八路軍が大陸から追い出しただけで日本と戦っただろうか。?彼らは権謀策術を使い蒋介石の国民党軍と日本を戦わせ漁夫の利を得ただけな筈。それで戦後日本の左翼議員が中国を訪問し謝罪の発言をしたときに毛沢東が日本軍のおかげと其の議員に発言したと。今もその権謀策術は続いているのだと思います。
中国海軍が購入した旧ソ連の空母「ワリャーグ号」の試運転を近々行なうという記事も本日目にいたしました。
これやいずれ行なうであろう国産空母群を使い南シナ海~東シナ海、そして沖縄以東小笠原近海まで自国の権益が及ぶ海域だと主張されるようになってからではもう遅いのです。
2011/06/22 07:34 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

恵隆之介先生をご存知?宮崎正弘先生から紹介して頂き、昨年の6月に沖縄の那覇のホテルでお会いした。酒(泡盛)に強いお人でね(笑い)。ぼくは、嘉手納米空軍基地のハッチソン少佐と会談したのです。少佐は悩んでおられた。そのことは、去年の6月頃のブログに書いた。

恵先生が、先週、日比谷で「沖縄返還xx年記念」を主催されて、ぼくの横浜の姉が参加した。姉が会った青年たちは“体を張って日本を守ります”と仰ったそうですよ。

今日、恵先生にメールを出す。来年も日比谷で集会されると。ぼくも、在米45年の人間として講演したいと思っている。

>>日本国は早急に金融、技術支援を廃止し中国から企業資本の東南アジア諸国のへの転進を図りかつ防衛力増強とこれら諸国と米国を柱にした防衛政策を進めるべきと思います。

その通りです。こういった意見を皆さんから貰いたい。今夜、「南シナ海の紛争(戦争でしょう)にどう日本は関わるべきか」を深く考えてみます。そして、「南シナ海特集号」を出しますね。コメントが少ないが、津波警報と同じく、生命と財産に関わることです。一方的でも伝えなければいけないと思っている。伊勢
2011/06/22 02:28 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様今晩は。政治に無関心な日本人や日本国政府省庁は中国の横暴に対して決然(誰かが使いました言葉ですが)とした態度を取らなくても平和を、日本の独立を守れると思っているのでしょうか。?

昔の先人の皆さんは日本の自存自衛の為に必死になって戦い自分の国と家族の生活を守ってきたと思うのです。
今の私達世代にその気概が残っていればわずかなりと言えど望みはあるでしょうけれど。

伊勢様が提示された地図を見ても一目瞭然どこが中国の領土領海なのか。?海南島の近海においてのみ其の主張は認められるだろうが西沙諸島、南沙諸島はもちろん南シナ海のほとんどについていずれも中国の主張は到底認められません。
それゆえに中国が勝手に施設を建設人民解放軍兵士を派遣し腰まで海水に浸からせながら警備させていますね。

日本国は早急に金融、技術支援を廃止し中国から企業資本の東南アジア諸国のへの転進を図りかつ防衛力増強とこれら諸国と米国を柱にした防衛政策を進めるべきと思います。

日本の防衛能力増強に際しては軽空母を基幹とした機動部隊も必要と考えますが米国としてはどう考えますでしょうか。?また伊勢様のブログを訪れている皆様は中国の横暴を抑え紛争を阻止するには日本はどのような政策を実行するのが宜しいと思いますか。?

国内の問題は多々有るのは承知の上で提起いたします。
2011/06/21 23:19 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

どのブログを覗いても、カンカンカンと(笑い)。政府にも、国民にも、当事者意識が大きく欠けていると思いますよ。町の警察でも、市民の協力や精神的支援が必要なんです。ましてや、暴力国家中国と対峙するベトナムは味方がなければ、領海も領土も取られてしまう。ベトナムの味方は、今、たった一国。昔戦った米国だけです。米軍は南シナ海を平和の海にしたい。だが、中国は軍事力を以っても自分のものにする攻撃的な姿勢が一貫している。中国人は、政府も国民も尊大。外交で解決する気などさらさらない。

米国議会は中国との通商も見直し始めたのです。全てのカードを使って、南シナ海に始まる第三次大戦を避けなければならない。だが、避けたいからと、中国の理不尽な要求に譲歩することはないです。

まずは、多国間軍事同盟を締結して~今も行っている南シナ海や黄海での合同演習を定期的に行うのがベスト。対中戦争の準備となれば、米国の国民は一致団結するのです。

一方で、米中通商の見直しは始まっている。中国は軍事拡張をやめない。逆にスピードを上げている。脅迫すれば、アメリカは引き下がると思っている。中国人がアメリカに移住することは難しくなった。それも最近ではなく、ここ30年間は中国からの移民を取らない。

中国は暴発するか?(答)北京が経済に失敗するとき、南シナ海に血が流れるでしょう。2013年に中国の経済は困難になると、NY大学経済学部の、ノリエル・ルビーニ教授。この人は、サブプライムが破綻することを、2年も前から論文に書いていた人です。すると、日本の準備期間は二年しかないとなるね。民主党は論外。自民党も頼りないな。伊勢
2011/06/21 11:05 | 伊勢 [ 編集 ]

日本国は戦後安全保障を国際社会や他国の人々の信義に頼り自国を自国で守る努力を必要最小限にとどめ、特に米国との安保条約によってその安全を確保してきましたのは皆さんが御存知の事。

しかし60年以上もたち情勢も変わり周辺国の覇権拡大主義を見ても自国防衛の為の予算を拡大するどころか縮小を続ける日本政府、省庁と私達日本国民の「ぼや~」とした状況は米国の皆さんから見てとても歯がゆい、危ないと思っていらっしゃる事でしょう。

私もその「ぼや~」とした国民の一人ではありますけれど知人と世間話をしたりする時は日本の危うさや中韓露の危険性を出来る時は話題にするのですが、他所の話のように鈍い反応である事は伊勢様おっしゃるとおりです。南シナ海に起こっている事は明日はわが身いつ東シナ海や沖縄近辺で起こるか判らないのですが。
2011/06/21 07:51 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

南シナ海に於いて、中国人民軍(共産党)と国際社会(特に民主主義国の構成する多国籍軍)は交戦します。戦争のサイズは始まるまで判らない。あっという間に、西側が中国海軍を海の藻屑にして~中国が停戦に応じるのか?それとも、かっての日本のように、中国の都市が焦土になるまでやる根性があるのか?

読売が、“南シナ海に戦争が起きる”と感じてなのか、関連記事を出してきましたね。これは良いことです。だが、現時点の日本政府には、中国との戦争を予想した方針がない。自民党(石破)にもない。

だが、アメリカにはある。日本人のように、「ぼや~」としていられないからです。伊勢爺夫婦もアメリカ市民と永住者だから、あなた方と温度に差があるのですね。南シナ海は必ず「血の海」となります。伊勢
2011/06/21 00:33 | 伊勢 [ 編集 ]

石原氏の発言に関して石破氏が不快感を示し、それに謝罪したと言う話は今のところ聞いておりません。一番政治家が日本国内において信用できないかも知れませんね。(苦笑)一生懸命な人があまりにも少ないと感じております。日本の政治家なのに日本を壊す方へ一生懸命な政治家のほうが多いと。・・・

あの話は漏らしては不味いものと私も思います。
これだから信頼できる土壌が醸成されないのだとも思います。もっともどちらも庶民からみれば?マークが付くと思います。石原氏はやたら連立を発言し始めるようになってきておりますが、本当に震災復興や日本の為、日本国民の為にそう思っているのかさえも判りません。

伊勢様が仰るとおり今までの自民党であれば五十歩百歩あまり変わりなしと思います。
結党時の精神と政策に戻る事と、其の政策を推進するには誰が総裁にふさわしい人か、その人に一致団結して政策を進める事ができるのか。?自民党にも色々な人がいますのでどうでしょうか。

政治家や官僚に中国へ媚びる人物が潜り込み邪魔をするようでは難儀するでしょうけれど、何とかしないと本当に危ない。なつ様が仰っていたグーグル地図まだ見てませんので私も検索して見ます。
2011/06/20 08:03 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

自民党が与党に復権しても、ムザムザと政権を盗られた以前の自民党の体質では、戦後レジームは終わりませんね。日本の保守というのも、どこまで保守なのか?

石原伸晃の軽率な発言に、石破茂さんが不快感を表した。こんな記事を読むと暗澹となるね。石原は青いなあ。口先だけの未熟な人間に思える。だいたい謝ったのかね?伊勢
2011/06/20 02:09 | 伊勢 [ 編集 ]

ボストン在住姉さま

米軍ね、ウチのが言うには、フィリッピンには給油基地以外はないそうです。中越戦争が起きることが予期されているんですね。USは、ベトナムと交渉して、米海軍基地を造りたい。マレーシアも、ボルネオも、チャイナとの紛争に腰が退けている。羊のように非戦平和を願望している。日本も狼を恐れる羊です。

アメリカは西部の町の保安官。「西部開拓史」は土地を巡る紛争の歴史。ピストルがものをいう無法地帯では無法者が開拓者の土地や命を奪った。ハリウッド映画「真昼の決闘」や「シェーン」によく描かれている。“映画だから”と軽視してはいけない。

南シナ海は、現代の西部の無法地帯。無法者は中国共産党。保安官のアメリカ、戦争に発展しないように説得を尽くすが、無法者国家の中国は海軍力と火力を増強し続ける。ついに、中国海軍が原子力空母を浸水させる日が来る。保安官にも限界がある。保安官は市民の協力が必要となる。だから多国籍軍の構成が始まる。必ず、アメリカは、日本政府に協力を打診する。日本人はここで、遅れを取ってはならない。真っ先に多国籍軍に加わることを声明するべきなのです。そうすれば、フィリッピン、マレーシア、インドネシアなどの羊は従う。台湾は最も日米合同軍の結束を望んでいるに違いない。

南シナ海の海戦に参戦することを以って、日本の「戦後レジーム」は終了を告げる。日本の正念場ですね。伊勢
2011/06/20 01:46 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さま、一有権者さまに賛同します。私の台湾、東南アジアの友人は、日本に対して期待しつつ、現在の政治の弱さに不信感も有るようです。踏ん張りどころですよね。
2011/06/20 00:38 | ボストン在住 [ 編集 ]

みなさん

昨夜、車で4時間、フロリダから帰りました。子供たちは、明日、コロラドに帰る。家の中に、子供の声がするというのはいいですね。一番元気がいいのが、ボボ(6)だった(笑い)。

ベトナムは、徴兵制。ハノイは徴兵をされない身体障害者などを発表した。ベトナム海軍は脆弱で日本の海保程度。だが、潜水艦をフランスから買い入れて、訓練中。米国のネービーシールと同じ訓練を米国本土で行っている。ベトナムの若者たちは、祖国を守るために命を惜しまないと言っている。

11月にバリ島で、南シナ海会議が行われる。こういった会議中にでも、中越戦争が起きる可能性がある。

南シナ海の周辺国は、地上最強の日米合同軍に熱い目を向けている。ところが、日本は、憲法を改正していないこと~民主党(詐欺集団)が政権に就いていること~普天間が解決していないことなどが、マイナス要因となり、現在のままでは指導的立場になれない。多国籍軍にも参加出来ない。南シナ海戦争は、中国共産党を地上から追放して~台湾、チベット、ウイグル、外モンゴルを解放し~中国大陸を民主化する好機だ。日本は、この中国共産党に引導を渡す世界第三次戦争に参加しないという大恥をかく。その汚名は世界史に残る。伊勢
2011/06/20 00:01 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様今晩は。仰るとおりと思います。
日本は台湾沖~南シナ海~マラッカ海峡を通り中東諸国から原油輸入をしており、このシーレーンを中国に押さえられ好き放題にされる事は著しく国益をそこねかつ台湾と尖閣諸島及び沖縄、さらには沖ノ鳥島の日本の排他的経済水域と韓国に対馬を狙われる口実と機会を与える事になります。断じて東南アジア諸国~インド~豪州と米国との同盟と相互保障条約が必要かつ、日本国自身が自国の防衛力を強化し、中国にODA等を含む一切の金融と技術協力を廃止すべきと思います。

日本の金融支援と技術協力が中国の軍事力拡大に作為不作為であろうと貢献していると個人的に思いますが何故日本政府と政治家や官僚がこのような政策を続けるのか全く理解できません。
2011/06/19 21:18 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する