2011/09/09 (Fri) 日本最強の武装とは?
日本最強の武装とは?

現行憲法・第九条・第二章・第二項を削除して~“日本国民は自国を守るためには、いかなる手段も否定しない”と書くことである。


(脚注)第二章 戦争の放棄

第九条第二項(前段):日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

第二項(後段): 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


(解説)憲法第9条第2項前段の内容である「戦力の不保持」~憲法第9条第2項後段の内容である「交戦権の否認」の3つの規範的要素から構成されている[1]。日本国憲法を「平和憲法」と呼ぶのは憲法前文の記述およびこの第9条の存在に由来している。伊勢


野田というひとはバカではない。実務型というごく普通の日本人である。会社なら、社長には向かないが、部長クラスなのだ。だが、大震災復興~円高対策~原発に消極的~PPT~尖閣実行支配論、、どれも、憲法改正を超える大仕事ではない。つまり、大きな考えがない。

野田政権は憲法改正を推進するべきだ。自民党は賛成するだろう。衆参両院の3分の2の賛成~国民の過半数の賛成を得られる可能性は高い。否決された場合は、どの政党が反対したかが明瞭になる。

護憲と称して~非戦平和を唱え~自国の防衛を米国国民に押し付けて来た日本人のわがままは、もはや、ゆるされない。伊勢平次郎 ルイジアナ







dr duncan 9.9.11

このひとが、全米10指に入る心臓外科医。ヒューストン(テキサス)聖路加病院のマイケル・ダンカン医師。米陸軍・軍医で少佐だったと。精密検査の結果、心臓の半分が機能低下だと判った。“心筋梗塞寸前”だとさ。バイパス手術を来週火曜日早朝と決定されたので、昨夜、車を飛ばして、ルイジアナへ帰った。何も知らないお犬さんたちは大喜び(笑い)。月曜日に飛行機で再出発する。先々週のストレステストから、三度目だ。入院期間は8日間で、それから全治まで6週間が懸かる。“気分爽快になるよ~10年は保障する”だとさ。伊勢

comment

>日本政府が通商で曖昧なのはいいとしてもですね、国防や同盟関係で曖昧なことは許されないのです。普天間移設公約不履行は恐いですね。

 ゴッドファーザーの世界です。

国家間の約束で、しかもアメリカ側のほうが立場が強い。別の世界にいて、立場が強いのではなく、依存しているから、なおさらである。
 明治以降わが国は条約を遵守してきたが、日露戦争以後はその立場を忘れた。条約を無視し始めたのは支那革命外交だが、この対応にわが国は失敗した。そのとき生じた事は同じ対象に対して、支那に対したときと、欧米に対した行動や精神が異なった。これが命取りになった。

 欧米は文明国と非文明国を分けて、外交交渉をする。扱いが待った区別である。それが彼らのやり方である。
そのひとつに条約を守ることがある。
 
 普天間の問題はただ単にわが国だけの問題ではなく、極東における軍事紛争を防ぐ問題でもある。つまり二国間の問題ではない。軍事の神様はきまぐれで、それを制御できないと(この思考は日本的、欧米は神様が勝手気ままに制御する)紛争をおこす。または起きる。

 普天間問題は憲法問題でもある。仮にアメリカ軍がわが国から出ていくと、極東における必要な軍隊をわが国はもつ必要があり、それは現在アメリカが保持している軍隊が必要になる。するとその分アメリカが減らすかというと、逆にその軍隊に対抗するべく、アメリカが増やす。それでは困るから、ワシントン軍縮体制を構築となった。確かにこの体制におけるアメリカの思惑は軍縮だけではなかったが、結局この条約が支那を冒険主義へと進ませた。支那事変への道であった。

 今回普天間問題を解決しない事はワシントン条約を結んだ事と同じ効果を支那に与える。 当時とは逆である。
 ワシントン条約が与える効果(?)が欧米と支那とでは矛盾していた。

 この要素にわが国はきずかなかった、それは強大な軍隊をわが国は持ているからと思っていたからである。
今は経済大国、外貨準備一兆ドルだろう。しかし為替を利用して、返済という戦略をとっているアメリカは借金などなんともおもていない。

 現在は当時と状況は異なる決定的な要素はわが国日本が国防軍を保持していない事である。武器を持っていれば軍隊だが国防軍ではない。
 国民の支持が無い軍隊は国防軍ではなく、やくざと同じに過ぎない。つまり中共の人民解放軍と同じである。

 kenjiは先は戦争だと見ているから、きがきではない。中共はわが国を支配するつもりである。有史以来の野望である。
ウイグル、チベットと同じ世界がくるコトが彼らの目的である。

 名古屋のお城のまん前の土地3000坪を領事館用地として、財務省が売ろうとしている。治外法権の土地ができる。領事業務をするにはフロアーひとつあればいい。それが3000坪でしかも一等地である。

 隣を愛知大学、戦前の東亜同文書院が購入している、二つあわせて、10000坪しかもお城の前である。
 支那人と中共の拠点ができる。彼らは着々と布石を打っているが、同じようにアメリカも布石を打っている。その中でのわが国の生存を考える事になり。それはアメリカを選択する事である。

 やくざ同士の抗争において、中立は無い。

国防が最優先で、復興か国防かなら国防を優先する。国あっての復興である。福島は国防問題で原発事故は国防の一マターとして考えないと、対処ができない。再びアメリカの助けが必要になるかのすいえが大で、そのときのアメリカの態度は不明である。

 ヨウ素がふたたび検出されたようであるが、これは核分裂が生じている事を示しているが、いいだろうか?
2011/09/11 09:24 | kenji [ 編集 ]

皆様おはようございます。

本日は岩手県知事選挙と県議会議員選挙、さらには私が居住する町の市会議員選挙の投票日です。
どのような結果が出るのか。?震災のこともあるのでしょうが殆どの候補者が自分の思想信条や政策について語ることが無かったように感じられる選挙戦でした。自分の名前を連呼する事だけは行ってましたが。(苦笑)
政策についても抽象的で具体的に話す事があまり無い。

これでは投票する人物についての判断は難しいと思う人もいるのではと思いますけれど。・・・
国の根幹は小さくても一つの地方自治体の積みかさねの集まりでしょうから、しっかりとした判断が必要と思いますが果たしてどうなりますか。?

多史済々様が仰るようにマスコミや左翼政治家を拒否し税金を消耗する事は避けたいものです。
2011/09/11 07:57 | 一有権者 [ 編集 ]

多史済々先生

人間は情報なしには生きられない動物なのです。そこを愚衆は利用される。たけしの「TVタックル」や「たかじんのそこまで言って委員会」を観て、満足しているようなレベルの国民では、中国・ロシアの強権主義国家には、勝てませんね。かの国らは、中央集権・軍国主義国家ですよ。

されば、自民党に代われば良いのか?どうかな?憲法がこのままでは、アメリカはコミットできないのですよ。米国政府とその市民の特徴は、Definitive(明確性)なんです。日本政府が通商で曖昧なのはいいとしてもですね、国防や同盟関係で曖昧なことは許されないのです。普天間移設公約不履行は恐いですね。伊勢爺が米国防省・国防長官なら、“今の状態なら、日本との同盟関係を見直す”と警告します。

“この隼ブログは、在京米国大使館が読んでいる”とメールがありましたので、認識しておいてください。伊勢
2011/09/11 06:35 | 伊勢 [ 編集 ]

 日本の政治が劣化した原因は、やはり平和ボケした国民にあるのでしょうか。
 考えてみると、戦前戦中威張りくさった軍や警察、また「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓を何の抵抗もせずに受け入れてきたあの時代の国民大衆と現在の国民大衆は結局マスコミ・政治家に影響されるままの遇民ということなのでしょうか。

 日本人は歴史的に宗教に寛容な国民ですよね。その根本は何なんでしょうか。やはり神道が絶対神を持たない宗教だったことが原因でしょうかね。とすると、絶対主義・原理主義と離れたこの大らかな融通無碍の日本人の生き方は何か大きな価値があるように感じます。そんな日本人の存在は世界にとって実は宝物ではないでしょうか。
 今の日本は西洋化を急ぐあまり覇権主義幻想にはまった一時期同様、その反動としての絶対平和主義から脱却できずに幻想の中にいるように感じます。
 その幻想を振りまくのがマスコミや左翼政治家だとしたら、もういい加減に国民大衆はそんなマスコミを拒否し、そんな政治家を選び税金を消耗することは止めましょう。
 
2011/09/11 04:32 | 多史済々 [ 編集 ]

>>本日自民党の石原幹事長が9.11テロが起きたことについて「キリスト教とイスラム教の摩擦が生んだ事であり歴史的に必然があって起きたこと」と発言したようですが、石原もどうも駄目な感じがいたします。

自分がどう思っていようが、同盟国アメリカがテロ攻撃されて一般市民が殺されたことに、キリスト教とイスラム教を持ち出すことは無神経の極まり。「喧嘩両成敗」ぐらいに考えているんだろう。思い上がった人間ほど始末に終えないものはない。だいたい、キリスト教徒とイスラム教徒には対立などない。石原はイスラム圏を旅したことはあるのかね?鬱陵島へ行こうとした自民党三議員の憂国行動ですらも、“個人的に行った”などと言う始末。石原がダメな人間であることは明らかです。こんな青い人間を党三役のひとりにしている谷垣さんの神経が疑われる。

>>ロシアは日本海に待機させていた20隻の艦艇を宗谷海峡を通過させたそうです。これらを放置する事はいずれ私達日本人の身の上に大きな禍として降りかかることでしょう。

だから、憲法に手を入れないとならないのです。“憲法を無効にすればいい”では済まないでしょ?国民投票で、“現憲法据え置き”という結果が出る可能性があっても、改正の説得を心ある政治家はするべきなんだ。何故か?その結果によって、日米軍事同盟の真の姿が明確になるからです。つまり“戦う意思のない国家国民をアメリカ市民には守る義務はない”と明らかになるからです。日米安保条約が破棄宣告されたとき、日本国とその国民は滅びます。伊勢

最近の日本の政治屋は口が軽いネ。
2011/09/11 03:08 | 伊勢 [ 編集 ]

皆様今晩は。

伊勢様、個人的にはマスコミはすでに信用しておりません。ただ能天気に平和ボケしている日本国民にだけは何とかして覚醒してほしい。
民主党が長く政権に居座るだけ日本の国力が衰退していくように思います。ただ自民党にも長期に渡りこの状況を放置してきた責任があります。
本日自民党の石原幹事長が9.11テロが起きたことについて「キリスト教とイスラム教の摩擦が生んだ事であり歴史的に必然があって起きたこと」と発言したようですが、石原もどうも駄目な感じがいたします。

民主党の奴等を見れば政治家の発言は重いものがあるのに何も学んでいないと見受けられました。
9.11のテロ行為は宗教は関係なく、あれは本当に許されざるただのテロ行為であるだけであり実行犯は自分達の行為を「神風特別攻撃隊」になぞらえた事を石原は何と思っているのでしょうか。冗談じゃ有りません。国を家族を故郷を守る為に戦った先人とただのテロ犯罪者と一緒にされてたまるものか。!

それにしても政治家がグダグダしているうちにロシアは日本海に待機させていた20隻の艦艇を宗谷海峡を通過させたそうです。これらを放置する事はいずれ私達日本人の身の上に大きな禍として降りかかることでしょう。
2011/09/10 23:01 | 一有権者 [ 編集 ]

>>中韓露の日本国領海領土の侵害行為はもちろんの事、国内の売国勢力の跋扈をこれ以上許すと今の生活を取り戻す事が出来ない事を何故判らないのでしょう。

“分からない者は強制する”しかないのです。マスコミと大衆の関係も、「鶏と卵」の関係ですから。日本の大衆は変わりませんよ。期待すると、失望します。伊勢
2011/09/10 21:48 | [ 編集 ]

fts先生

>>個人的には天誅したいとはいつも思いますけどね。

そのオプションは“ルール・アウト”するべきでない。正義が崩壊するとき、人民は蜂起するしかないのです。しかし、日本人は、「民兵論」も拒否しているから、全てを失う可能性がある。それほどに、日本人の戦う意思は後退しているのです。伊勢

2011/09/10 21:41 | [ 編集 ]

Kay姉さま

>>日本文化がどんどん外国人の手に、、これは、世界中がグローバル化によって、起きている。日本人シェフのフランス料理とか中華料理とかね。

>>何だか日本がジワジワと衰退して来ている!と思えて溜まりません。

食文化はどうかな?老舗は残るからね。世代が変われば、後退を含む進化が起きる。かって大流行の演歌なんか消えてしまったように思えるね。

衰退の中で深刻なのは、“経済はお互いさま”でも、国防に於ける「独立」が必要なんですね。しかし、このアメリカでさえも、イスラムテロがある限りは、一国では国の安全保障は不可能なんです。だから、日本は、“ここまでは、自分たちで防衛します”という明確な防衛政策が必要です。それをアメリカは大歓迎する。ところが、沖縄県などは、“米軍は沖縄から出て行け”ですからね。これは、日本の命取りになる。普天間移設は結局、国際公約違反で終わる公算が高い。米軍は出て行かないばかりか、普天間恒久化で終わるだけですね。伊勢
2011/09/10 21:33 | 伊勢 [ 編集 ]

“憲法無効論とは、日本国憲法は無効あるいは失効しているとする論の総称”

憲法無効論は日本国憲法の制憲過程に重大な瑕疵があり無効であるとするもの、あるいはサンフランシスコ講和条約締結にともない自動失効しているとするものの総称であり、法理論としては前者が取り上げられ現代の憲法改正論議において論じられることが多いが、当初は後者の視点からの論であった。

憲法無効・失効論の述べるところは憲法失効にともない大日本帝国憲法を唯一の法源とすべしという点にほぼ要約されるが(別論あり)、これはあくまで手続き上の民主主義的正統性に関する要求であり、旧憲法の改正手続きに則り速やかに新たな自主憲法を策定すべし、ないしは日米安全保障条約(条約)と憲法の整合性を確保するべく第9条を改正すべしとの論である。

今日では、最高裁をはじめ日本国憲法を法源とした多くの判例が適示されており、憲法無効論は法曹界ではすでに解決済みの論題として積極的に取り上げられる事は無く、日本国憲法が無効ないしは失効していると論じる法学者は少ない。一方で議会を中心とした憲法改正論議においてしばしば紹介され論じられることがある。

法理としては奇抜なものではなく、ナチスが作ったオーストリア憲法(34年5月1日)やフランス憲法(1940年7月11日、占領憲法・ペタン憲法)は、ナチスによる占領解除後即座に失効宣言がなされ、破棄された(フランス44年8月9日、オーストリア45年5月1日)。(ウイキぺデイアより抜粋。伊勢)


渡辺昇一先生は、“現憲法無効を宣言してから、改正するべき”と仰っていますね。“有事のときには、無効は当然”とも仰っている。“現憲法はサンフランシスコ条約の締結と同時に失効しているんだから、現憲法を基礎として改正するのはおかしい”とも仰っている。

ここまで、ぼくの、渡辺さんの主張への理解は合っていますかね?渡辺先生の仰る意味は判る。だが、大問題がある。それは、この憲法は、法曹界では、“日本で唯一の現行憲法”とされているということです。確かに、矛盾だらけです。だが、国会が「無効」を宣言しても、法曹界が「無効または失効」としなければ、現行憲法のままです。だ・か・ら、“現行憲法の下で改憲する手段しかない”となりますね。伊勢爺は、安倍晋三さんの改憲手段が正しいと信じている。伊勢

2011/09/10 21:10 | 伊勢 [ 編集 ]

>“現行憲法は憲法ではない’と仰るのはご自由です。だが、「日本国憲法」と明記されているのですよ。“無効宣言で充分”ではすまない性質を持っている。

現行憲法の改憲規定によって、できるならいいでしょうが、もししくじればです。
 明治維新という見本がありますから、それでというわけですが、当時はアメリカ軍がいません。ここが肝腎でしょう。
 やはり無効宣言がいいのではないでしょうか。占領下の憲法であった。それは米軍がいない条件が必要です。無効宣言とわが国から米軍がいないという事は同値です。
 ところが無効宣言は米軍と共同作戦を必要とするから、ここに矛盾があります。

 日本人が大人になる事ですから問題は精神的な問題に過ぎない。

 なぜこれだけ、内向きなのか、わかりません。

石油は中東という外国からはるばる船で運ばれているよといっても皆きょとんとしています。島国でその昔は国内ですべて自給できたという記憶があり、すべてをそれで無意識のうちに見ている事だからと思っています。
 はやく国内の軍事態勢を変えないと、せめて今の倍は必要と見ています。若い人の職がないからというわけではありませんが、手遅れになってしまう。
2011/09/10 20:26 | kenji [ 編集 ]

伊勢様、皆様おはようございます。

昨日久しぶりに町の中心で買い物をしました。
国際結婚で50年近く(夫は他界)住んでいる82歳の日本女性(彼女は鉄人=精神も肉体も健康)を訪ねながら一緒にお茶を飲みました。
彼女は長年便利な町の中心地に住んでいられるので健康法は毎日必ず外に出ることと決めています。
彼女曰く、「両替(foreign exchange)の窓口にはずっと日本円の表示が消えたままなんです。いつもレートを見るのが楽しみだったのに…」とガッカリした口調で話されていました。

こちらでは日本食品の専門店がないので、やはり町の中心にお店を構えている数点のChinese Super Marketに日本のものが少しだけ置いてあるので年に数回覗いて見る事にしています。 昨日お味噌が欲しいと思い探してみると日本のものは全くなし、日本語で書かれた「十全=(聞いた事のない会社名)」中国製?の(日本製とはどこにも書いていない)お味噌を500g買って来ました。
あんな物で…値段は3ポンド近くとは!
何だか使う気が起きません。

特にここ5年くらい中国製なのにパッケジには日本語で書かれたお菓子など高い値段で売っているので、ちょっと、なぁ~に?…と感じていた為、ああ、ここまで中国は日本の名前を使って日本製品に似せた物に値段を上乗せしているのか…と、気分を害していた所でしたので尚更、という事なのです。
何だかこの先が心配ですね、ドンドン日本食レストランも日本値段を請求しながら日本のシェフもウエィトレスもいないお店が増えているし…、味なんてどうでも良いこちらの人達には純日本のものや中国人の作った物もそんなに拘りがないのです。 しかし我々からすれば凄く大きな事と思えて成りません。

何だか日本がジワジワと衰退して来ている!と思えて溜まりません。
先祖代々の人達の残した貴重な純日本製品が外国から消えてしまう!
2011/09/10 18:48 | Kay [ 編集 ]

防衛大臣は自ら馬鹿で素人であると発言し、露中韓から舐められる原因を作った上に、被災地復興は一切進んでいない。
民主党が野党時代に散々批判した密室政治そのものであらゆる事を決めようとしていますね。
目の前が暗くなりますが、ここが堪えどころかもしれませんね。
戦前戦中なら「天誅」したでしょうが。
個人的には天誅したいとはいつも思いますけどね。
2011/09/10 18:37 | fts [ 編集 ]

今青山さんの画像見ましたが、これは想像していた以上の売国内閣と判断するだけの酷いものである事が判りました。たぶんこれが最後のチャンス?と見たか。?

民主党の危うさをなぜ日本国民は判らないのか。?

中韓露の日本国領海領土の侵害行為はもちろんの事、国内の売国勢力の跋扈をこれ以上許すと今の生活を取り戻す事が出来ない事を何故判らないのでしょう。

このまま日本が無くなれば日本人が生き残っても末代まで蔑まれることになるでしょう。国が無くては会社もなにもあったもんじゃぁ無かろうに。
2011/09/10 16:32 | 一有権者 [ 編集 ]

青山さんです。消される前に見ましょう。伊勢

http://youtu.be/vQGGcs4qPAA
2011/09/10 13:36 | 伊勢 [ 編集 ]

隼ブログの良いところは、「なつさん」「Kayさん」「Granma」「Missileerさん」のような、気性の強い婦人が意見を寄せられることです。「なでしこ」にもその傾向が見られるね。

つくずく思うのは、自民党はもっともっと女性議員を加える努力が要ることです。男と女は考え方が同じじゃないから。ぼくの父母でも、それぞれ強かったけど。父は意外に落ち込むことがあったが、母は地に足が着いていた。子供に食わす芋類、茄子、胡瓜、トマト、西瓜、麦、米まで作った。あのもんぺ姿で鍬を打っている姿を思い出すと胸が痛くなる。

9月4日のFNN世論調査で、民主党支持者22、4%~自民党22、7%~公明党3、5%~みんなの党4.5%、、民主党は信頼されていない。人当たりのいい野田氏への期待は大きいが、“来年9月まで”という観方が大きい。

安倍晋三さんは、一貫しているね。米経済と同様に、必ず、復帰するでしょう。あの怒らない~温厚な性格は日本人のような難しい国民を説得する力がある。今度は、“突然辞任など絶対にしない”と決めているでしょうね。伊勢
2011/09/10 12:07 | 伊勢 [ 編集 ]

みんな周知の上だと決め込んで言葉を省く癖があります。すいません。偽物政権というのは、外国人や暴力団の支援を受けた人達は法的に資格がないという意味です。国会が始まれば追求されると思います。
2011/09/10 11:27 | なつ [ 編集 ]

漁船衝突1周年 安部元首相が台湾で講演
http://www.youtube.com/watch?v=-a5MUxsqHkE&feature=share

日台投資協定 関係強化は国益と判断、中国反発は織り込み済み
2011.8.13 00:17
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110813/plc11081300190001-n1.htm

大きなニュースになりませんが、日本チームはしっかり仕事をされています。偽物政権は必ず自民党が倒します!信じています。
2011/09/10 11:07 | なつ [ 編集 ]

kenji先生

何事も明確にしたい性格のアメリカ政府は、日本のコミットメントが欲しい。コミットメントが得られないなら、アメリカもコミットしない。当たり前ですね。つまり条件付の同盟軍です。これが、中露に有利となっている。

“現行憲法は憲法ではない’と仰るのはご自由です。だが、「日本国憲法」と明記されているのですよ。“無効宣言で充分”ではすまない性質を持っている。

今、うちのに、“この経済不況のアメリカは軍事冒険するか?”と聞いてみたら、“もうどんな極右の狂人でも、ウォルフォイッツ(ラムズフェルドの次官だった)のプロ・イスラエルの人間を信用しない~NATOとの軍事同盟は終息する”と言っているね。アジア太平洋はもっと深刻です。中露が海底資源や港湾の覇権拡大を政策にしているから。

さっき、FNN世論調査を読んだ。日本国民の関心は、1)景気・経済対策~2)財政再建~3)年金や医療の社会保障~4)子育て~5)原発見直しと続く。そこには、国防も憲法改正希望もないですね。すると、やはり、“アメリカが守ってくれる”と思っている。尖閣も、北海道も米軍がね~?

一方では、ぼくの同級生夫婦などは、アメリカを批判している。“守られていながら、批判するの?”と言っておいた。さらに、“日本政府が批判しないのに、大衆が批判してどうする?”とも言っておいたよ。70歳でもさ、わがままいっぱいなんだな。

現自衛隊はクーデターを起こすような軍隊ではないですよ。Kenjiさんは怒るかも知らないけど、日本人は全ての面で「未成熟」なんですよ。野田氏もね。普天間は公約違反で終わると思う。アメリカの対日政策は厳しくなる。保守軍事評論家のRobert・Kaplanは、今月の外交紙で、「米中宥和」をヒントしている。戦う意思のない日本は置き去りにされる可能性があるのです。伊勢
2011/09/10 10:55 | 伊勢 [ 編集 ]

>>つまり、現行憲法は「憲法」ではなく、日本が講和条約の締結した際の「条約」の一つとしての意味になっている。 これなら、国会の決議でのみ無効化宣言ができ、自動的に明治憲法の復活ができる。この方法が極めて現実的で今や唯一の方法だと思います。

ほう、極めて現実的?“現行憲法は「憲法」ではない”と仰る?それを基本に理論を組み立てる?“いや、れっきとした憲法だよ”と言われたらどうします?さらにですね、そういった議論が今まで国会で行われましたか?“ヘタな考え、休みに似たり”といいませんか?伊勢
2011/09/10 10:11 | 伊勢 [ 編集 ]

>つまり、現行憲法は「憲法」ではなく、日本が講和条約の締結した際の「条約」の一つとしての意味になっている。

これは国際社会の見方でしょう。確か中共の小平がのべています。湾岸戦争のときわが国がそのような憲法を持っていると諸外国、特に中東諸国は知ったに過ぎない。
 腰を抜かすほど驚いたでしょう。

 ずばり自衛隊の軍事クーデターですが、これが国防軍だけならいいですがアメリカ軍がいますから、リビアのようにはなりませんが、可能性としてはあるでしょう。

 そのとき護憲、平和憲法といている人々は即座に賛成しますよ。
 やはり国会で無効宣言をする事でしょう。皆さんそれは承知だったでしょといえばいい。
 策はありますよ。
2011/09/10 10:08 | kenji [ 編集 ]

ブログ見ています。でも、今日の内容には賛成しかねます。現行憲法のどの条項を変えようとしても国会で可決しても国民投票で否決の可能性があり不可能です。
 日本が取るべき道は一つしかないと思います。それは現行憲法の無効宣言をすること。詳細な理論は南出喜久治氏の著書に譲りますが、現行憲法は成立過程において明治憲法の規定からそもそも違憲であること。(75条参照)また、現行憲法はこれまでの国際条約等の締結の過程で齟齬を生じていて、実質的に明治憲法が現在も生きていてその下でのみ現行憲法が位置づけられているという形になっている。たとえば、現行憲法が憲法として有効であれば、9条により交戦権の一部である講和権も無いことを意味し講和条約も締結でき無いことになり、現在も戦争状態にあるという矛盾が生じる。
実質的に明治憲法が現在も生きていると考えざるを得ないわけです。つまり、現行憲法は「憲法」ではなく、日本が講和条約の締結した際の「条約」の一つとしての意味になっている。
これなら、国会の決議でのみ無効化宣言ができ、自動的に明治憲法の復活ができる。この方法が極めて現実的で今や唯一の方法だと思います。
2011/09/10 09:34 | nebokeneko [ 編集 ]

Kenji先生、一有権者先生

普通の感覚でもそうなりますね。現在、米国経済とその軍事力に限界が見えている。民主主義国家は国民の生活を優先する。米国の軍事的冒険の時代は終わったのです。だが、中国とロシアは民主国家ではない。恐怖政治を行っている。中国も、ロシアも、その国民は原始的な性格を持っている。形ばかりで、文明国家とは言えない。必ず、覇権を握るために、軍事拡張~領土・領海・領域の拡大を推し進める。“そんなことはないだろう”では取り返しがつかなくなる。日本には国防政策がない。憲法改正など議論すら避けたいと見える。日本国は滅びたのかも知れない。それは、中露韓が悪いからではなく、日本人に戦う意思がないからです。羊には、戦う意思がない。だから食物連鎖の下位に位置している。それでいいんですか?伊勢
2011/09/10 09:16 | 伊勢 [ 編集 ]

米大使、防衛相に普天間早期解決強く求める


基地移設
 
ルース駐日米大使は9日、防衛省で一川防衛相と約20分間、初めて会談した。


 沖縄の米軍普天間飛行場移設問題について、「できるだけ早く解決することが望ましい。早期に前に進めてほしい」と述べ、日米合意の早期実現を強く求めた。一川氏は「日米関係を深化させ、沖縄の件も着実に前進させたい」と答えた。

 大使は、移設の早期実現の必要性について「米国では現在、予算上のプレッシャーがある」と述べ、米議会から普天間移設と一体の沖縄駐留米海兵隊のグアム移転への予算削減圧力が高まっている事情を説明した。

 また、「この地域のほかの国からも、強固な日米同盟があるようにというメッセージが届く。そういう文脈の中で普天間の解決が早いことが望ましい」と述べ、同盟の不安定化に周辺国から懸念が示されている点も、普天間問題の解決を急ぐ大きな理由だと強調した。

(2011年9月9日21時12分 読売新聞)


当たり前のことが遂行されない。米国防相が冒険に出るとは思わないが、日本の民主化にアメリカは終戦後最も大きな援助をしてきた。アメリカのやりかたにずべて賛成する必要はないが、アジア太平洋の安全保障に日本は積極的に貢献する立場だと思う。それが日本の防衛、経済、外交の大黒柱だから。現在、日本は利己的な国と思われている。だから、尖閣~竹島~国後の領土問題にアメリカは言及しないし、コミットもしない。憲法を改正しないこと~集団自衛権を明確にしないことは、賢い日本人らしくない。伊勢
2011/09/10 08:47 | 伊勢 [ 編集 ]

皆様おはようございます。
ノー天気なのは北海道民のみにあらずと思います。
日本国民ほぼ全部が平和ボケしていると思います。
ロシア艦艇4隻が宗谷海峡を通過した他まだ日本海側に20隻ほど待機なのを自衛隊では把握しているようです。
しかしこのことをTVではニュースとして配信していないようです。今日も殆どの日本国民は何事も無いように普段と同じ生活をしていますが、周辺は本当にきな臭くなりつつありますね。
それなのに政府与党はじめ政治は何故か関心を払っていないようです。これに断固たる対応を取らないのは想像がつきます。
中韓露はこれを見てさらに挑発、侵略行為をエスカレートする事でしょう。北に目をやればその隙に南や日本海でこのような動きが連携をとって行われる可能性も高いです。
わが国はそういう状況下なのに防衛力の増強も予算の拡充もせず逆に給与を減らそうとしています。日本の政治家はもう何事においても信頼できそうにありません。
2011/09/10 08:30 | 一有権者 [ 編集 ]

>つまり教養に重点を置く高校大学教育によって若者の夢が小さくなっている。

これはぎゃくではないですか。?
教養教育などしていませんよ。第一その時間が無いでしょう。17,8から21くらいまでですか。その時期は職業教育を受ける時期でもあります。
わが国の教育は臨界期の存在を無視しています。またその選択順序についても無視しています。
 時間はひとつで同じ時に二つのものをする事ができない。臨界期も同じ時期にありますから、その選択が必要です。まあいろいろ上げればきりがない。
kenjiもそれについて、まったく知らず、しまったと思った事が多々あります。
 特に美術音楽、体育のセンスです。あれは訓練を受けないといけません。しかも時期があります。そのとき世界史などに時間を費やす事など必要ありません。後でもそれはできる。
 上手下手で、美術音楽体育を見るから、おかしなことになっています。
職業教育はまったくなされない。工業高校くらいでしょうか。生きる手立てと品格の二つでしょう。
 民主党の人々がその見本でしょう。品格は困難にあうと、生地がでてきます。常識でしょうが。職業教育において困難にであって、品格という事です。

 今軍事予算を増強しないと、餌食になるだけだと思っている。
 ロシアは北海道を取るつもりですよ。満州の悲劇と同じ事が起きますよ。当時と違って空てい部隊がありマスカラ、海上封鎖をして、それで札幌を抑えれば、それでおしまいですよ。屯田兵がいまはいません。
 そして第二次シベリア抑留ですよ。
北海道民はその可能性について、普通の国の国民なら考えて、政府に要求しますが、違います。おめでたいに限ります。皮肉を言っても仕方がありませんが。
 ロシアの海軍力はどの程度でしょうか。フランスが強襲揚陸艦2隻うり、それが極東配備とききますから、誰が考えても北海道へ進出する能力を持ちますから、それに対抗する力を持つのが常識ですが、北海道民はノー天気です。何を考えているのか?ある面福島の被災者たちと似ています。 
 半減期は30年です。帰えられるはずが無い。おそらく半径20キロ圏内は60年は無理でしょう。
 
2011/09/10 08:12 | kenji [ 編集 ]

fts先生

>>いずれにせよ、雌伏の時を過ごすしかない日々ですね

一言で言えばそうですが、やれることは山ほどあるのです。経済に関しては、時代のパラダイムが大きく変わっているのですから、大胆な国家計画を指導出来る政権でないとジリ貧でしょう。その点では、野田政権は臆病政権に見える。大震災復興というと大事業に聞こえるが、「修理」に過ぎないのです。発明~発見~技術革命または金融大改革(金本位に戻る)などの人類の運命を変えるものではないです。

その点では、オバマも同じです。コンセンサス~人気~人選(デレゲイション)にだけしか頭が回らない。世界は、大胆で、シンプルで、牽引力のある、つまりカリズマのある指導者が必要なんです。学歴が高い~年齢が若い~常識がある~人柄が良い~演説がうまいだけでは、「巨大な負の壁」を崩すことは出来ず、ジリ貧に向かう。

例を挙げれば、教養教育ではカネをかけて失業者を造るが如し。技術を身に着けた者が生き残る。すると、現在の高校大学教育では時代に合わないとなる。5年生の職業高校~エリート教育~職業軍人が必要です。つまり教養に重点を置く高校大学教育によって若者の夢が小さくなっている。伊勢
2011/09/10 03:30 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様
再度の入院とのことで、くれぐれもご自愛下さいませ。

上手い言い回しがあったもので、
民主党は「ゴミで作った金太郎アメ」というのを目にしました。
言い得て妙ですが、日本にとっては前途多難ですね。
いずれにせよ、雌伏の時を過ごすしかない日々ですね。
2011/09/10 01:23 | fts [ 編集 ]

ハンセイご先輩

お仕事どうですか?おかみさんはお元気してますか?

ご心配はご無用。5年前のバイパス手術の大動脈部分は今でも頑丈。右部屋の動脈が潰れた。入管を拒否するので、バイパスするしかないと。これで、心臓は全部新品になると(笑い)。水泳~潜水~ハイキングで呼吸困難にはならないと。

クリステインはまだ世界中を飛んでいる。来月から年金を受け取ると。問題起こすのは、伊勢爺だけ(笑い)。来春、桜の咲く頃、東京で飲みましょうや。ごきげんよう。おざき生
2011/09/09 23:32 | 伊勢 [ 編集 ]

ちょっと心配ですね。実は義弟が特発性拡張型心筋症という難病指定の心臓病で明日入院です。当方は26年前に狭心症になりましたが、なんとか生きております。
2011/09/09 21:59 | ハンセイ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する