2011/10/08 (Sat) 野田首相は、日本の防衛規模の談話を出すべきだ
「防衛予算」 10年連続削減なら弊害大きい(10月8日付・読売社説)






 日本の安全保障環境は一段と悪化している。防衛費の漸減に歯止めをかけ、反転させる時だ。

 防衛省は2012年度予算の概算要求で、前年度比0・6%増の4兆6906億円を求めている。政府の概算要求基準の上限を要求したものだ。

 例年通りなら、財務省の査定を経て、防衛費は前年度を下回り、10年連続の減少となる可能性が高い。ピークの02年度と比べると、5%以上も少ない金額だ。

 この10年間、ロシアが5・8倍、中国が3・7倍など、日本の周辺国は大幅に国防費を伸ばした。特に、中国軍の近代化と活動範囲の拡大はアジア全体の懸案だ。

 北朝鮮の核・ミサイルの脅威に加え、最近は極東ロシア軍もオホーツク海で大規模演習を行うなど、活動を活発化させている。

 周辺国が軍備増強を進める中、日本だけが防衛費を減らし続ける状況は、異常かつ危険だ。

 日本の平和と安全を、在日米軍の抑止力だけに依存することはできない。米国も再三、日本の防衛費削減に懸念を示している。

 日本は、昨年末決定した防衛大綱に基づき、「動的防衛力」を強化し、自衛隊の「南西シフト」を着実に進める必要がある。

 防衛費削減は様々な弊害を生んでいる。防衛費は構造上、全体の4割強を占める人件・糧食費や、在日米軍の思いやり予算、契約済み装備の後年度払いなどの義務的経費が多く、約14%の裁量的経費にしわ寄せが出やすいためだ。

 戦車、艦船、航空機など装備の新規取得は軒並み遅れている。例えば、新型哨戒機P1は少ない機数しか買えず、割高になる。老朽化した装備を改修し、延命させるが、故障が増えて修理費がかさむ。そんな悪循環に陥っている。

 戦闘機の部品の在庫を確保する余裕がないため、故障機の修理が遅れる。故障機同士で部品を融通し合う「共食い」も起きる。その結果、装備の稼働率が低下し、部隊運用にも影響が出ている。

 売上高の減少で、多くの防衛関連企業が撤退していることも深刻だ。いったん専門技術者がいなくなると、回復は容易でなく、装備の生産・技術基盤が揺らぐ。

 国全体の厳しい財政事情を踏まえれば、自衛隊の人事制度や装備調達などの構造改革を進め、合理化を徹底するのは当然だが、防衛費削減はもう限界にきている。

 野田内閣は年末の予算編成で、防衛費を少しでも増やし、安全保障を真剣に考えているというメッセージを世界に発信すべきだ。

(2011年10月8日01時22分 読売新聞)


(親友たちの意見)

4人の親友たちと電話で話した。質問は、“日本の軍事力は充分か?”

1)T君。高校時代の同級生で、父上が警視総監一歩前まで登られたおひとだった。伊藤忠原油部を部長で退職して、早稲田~東大で合気道を教えている。大変元気な70歳である。“不十分?全く不十分だよ”と言い切った。

2)I君。中学時代の同級生。IHI造船所を退職して、現在はモンゴル政府の発電所の顧問となっている。“全く不十分~離島を多く抱えた海洋国家が通常型空母も持っていないんだからね~キテイホークを共有するのはいい考えだよ”と伊勢のオバマへえの手紙に賛成してくれた。

3)Hクン(33)。前陸自撮影班でカメラマンだった。キテイホークにも乗ったと。年間30日の予備役で実射訓練もやっていると。機関銃も撃つが、火器は日本製ではないと。ベルギー製だ。“充分どころじゃないですよ~訓練の態度を観察していると、隊員にはやる気はないんですよ~それに、装甲車も戦車も古い上に、数を減らして、部品は修理して使っている~弾薬も制限され、あとで薬莢を拾うんです”だと。

4)xxx君。y紙の部長さん。伊勢爺の戦友。“予算の70%が人件費(食事、宿舎、病院、給料)~おもいやり予算~基地契約費。だから、軍隊の形をしていない”のだと。一方、“防衛省の役人は自衛隊員を監督しているつもり”だと。“背広組と制服組の間には冷たい風が吹いている”のだと。


(伊勢爺のつぶやき)

野田首相は、鳩山、管と同様の国防無関心なのだろうか?日本の安全保障の最高司令官なのだ。内閣が出来てから数日が経つ。“わが国の防衛と米軍との連携に、自分はこう考えている”という談話も出さない。“自分の考えを国民が知る必要はない”ということか?このひとは、実に小市民的だ。東北大震災復興だけに関心があるようだ。即刻、首相を辞めて貰いたい。

来月11月4日から、次期米国大統領選が始まる。共和党の候補であるミット・ロムニイ(伊勢の推薦)は、最初に、“国防予算を増やす~米軍再編成と高度化を進める”と今朝の記事だ。初代大統領のジョージ・ワシントン以来、アメリカの大統領は、国防を最初に語らなければならないからだ。経済~内政~イデオロギーはそれに続くものだ。伊勢平次郎 ルイジアナ


comment

首相、拉致家族に「解決するならいつでも訪朝」


 野田首相は8日、官邸で北朝鮮による拉致被害者家族会の15人と面会した。政府の拉致問題対策本部事務局や家族会によると、首相は「私が(北朝鮮に)行くことで拉致を含めた諸懸案が解決するならいつでも行く」と決意を述べた。

 制裁については「制裁しないとは一言も言っていない」として、「あらゆる方策を検討したい」と語った。

 家族会が訪朝や制裁を要望し、首相が答えた。面会後、拉致被害者・田口八重子さんの兄で、家族会代表の飯塚繁雄さん(73)は「条件さえ整えばということだが、自らが(訪朝の)条件を作っていかなければならないという覚悟もあった」と期待を寄せた。増元るみ子さんの弟の増元照明さん(56)も「これまでの2人の総理と違って実のある言い方だった」と話した。

(2011年10月9日06時45分 読売新聞)


白昼、学校の帰りや日常生活をしていた人たちが北朝鮮人によって拉致された。ご家族には心底、心が痛む。野田首相は希望を抱かせたと?具体的な手段を語っていないよ。それは、防衛を米軍に頼っているから、経済制裁ぐらいしか手段などない。さらに、日本政府は、ワシントンの顔を伺っているから、イスラエルが決行したエンテベ急襲さえも出来ない。さらに平和憲法は拉致者を救う大きな壁になっている。「九条を守る会」の会員は“自分さえ安全ならいい”と考える利己主義者の集まり。心を持った日本人ではない。

野田首相にせよ、現憲法改正に着手しないならば、“拉致被害者を見捨てる”ということです。首相の優しい言葉だけでは解決しない。博愛ということばが大好きな鳩山も、お遍路の管も平和主義らしい。だが拉致被害者を含む、日本人の生命と財産を自ら守る国防思想が見えない。拉致被害者のご家族には気の毒だが、日本が再軍備するまで、中国の侵略~ロシアの侵略~韓国の侵略、そして、拉致事件は解決しないのです。伊勢
2011/10/09 09:18 | 伊勢 [ 編集 ]

Missileer姉さま

コロラドのエステスは美しい。青々とした湖、ローッキー山脈の空気、可愛い町、コロラドの家族は、Aフレーム山小屋を付近に持っている。ライオンが出て夕方のひとり散歩は危険です。

防衛省が次期戦闘機(FX)の入札に入りましたね。どの機種が良いというのもあるけど~日本企業がどこまで国産化できるかですね。そうでないと必要な機数が揃わない。

ぼくは、英字出版は遅れている。待たせていることを熟知している。書いているうちに、自分と世界がどんどん変わっていった。だが、1)趣旨~2)誰を対症に書いている、が明確になった。キンドルで必ず出します。

回復は、前回(5年前)よりも遅い。肺と関係がある。歩行距離もその日の体調で変わる。ブログを書いているのは、気力だけです。

日本の軍事力改善は、このFXに始まるけども、空母(巡洋併用でも)がベスト。防衛省は国民から乖離している。ぼくが、防衛大臣だったら、毎日のように、国民に語り掛ける。石破さんならそうするでしょう。伊勢
2011/10/09 07:23 | 伊勢 [ 編集 ]

朝から雪が降ってます。1センチ位積もってます。

> 先週、死線を彷徨い退院してから、8日目。今、心身ともに余裕が無い

ブログを読んでる限り徐々に元気になって来てるようで何よりです。私は先週抜糸し、其処から真っ直ぐエステス・パークへ行って来ました。主人が「デンバーのテレビ局がこの週末が紅葉の最後だと言ってる」と言い日本では9月だったので「天の橋立」の山陰地方では稲刈りの最中で「青森の十和田湖でさえ紅葉見られなかったのでぜひ観たい」と「そ-っとドライブするから」って、行って来ました。
隼の婆さんが東北新幹線の「隼」に乗りました。東北では多数の災害者と話しが出来ました、仮設住宅への訪問で、仮設住宅といっても1967年に日本を離れた私の目には大変立派な建物で、冷蔵庫や電子レンジやテレビ付きでしたが、住人達は、友達と離れ離れになってとか、ショッピング場が遠いとか、「なんと不便で不自由な」と言う話が殆どでした。年寄りの私はついつい終戦後と比べてしまいました。東北の災害で「あの想いでの田圃」が無くなってて悲しかった。
上野駅前で「震災復興募金」と手書きのダンボール箱を持ったおばさん達に箱を目の前に付き付けられて囲まれました。一言も喋らずただ箱を押し付けてきて「何」と思った時、制服のお巡りさんが来たら日本語でも英語でも無い私の「知らない言葉」でお互いに喚きながら何処かへ去って行きました。これも終戦後を思い出しました。
今年は富士山の見える所でのクラス会で「放射能、放射線と熱線による被曝の違いや身体への影響」など、薬剤師や医者の専門者達と話が出来たのは大変勉強になりました。私は「ミサイル発射と薬物の影響」に付いて話ました。特にアメリカにはよく言われてるミサイルを押す「ぼたん」なんぞ無いよという話もしました。

> ケビン・K・メア (Kevin K. Maher 1954年8月21日 - )日本人の妻を持ち、子供は日米両国籍を保持している。

本当? 日本国は二重国籍は認めないとサンフランシスコの日本領事館で言われ、私の日本のパスポートに穴あけられた。今も大事に穴あきパスポート持ってるけどね。去年ノーベル賞を受けたアメリカ国籍の元日本国籍人に二重国籍をと河野議員が言ってたけど「日本国は二重国籍は認めない」と、私も自分や息子達のことがあるので、注意して真剣に見守ってたのよね。

> アップル社のステイーブ・ジョブスさんが、亡くなった。

ジョブスさんが亡くなったのは真に残念でした。主人が尾崎さんの本を読めるようにとiPad 2 をプレゼントしてくれました。どこのサイトへ行けば見られるのか教えてください。


> キテイホークを共有するのはいい考えだよ

キテイホークは乗せて貰ったことがありますが、リタイアした艦です。9月に横須賀を訪ねた時、新司令官の就任式があって、その後で、「ジョージ・ワシントン」(約10万トン、乗組員6000人)はリストラの検討対象になってて、理由は財政赤字対策で経費削減と聞きましたが、10月8日の時事通信に記事が出ましたね。
キテイホークは大変古く整備にもジーセル費用にも莫大な費用がかかり、ペルシャ湾で自衛隊が給油してた頃アメリカの艦が給油に来なかったのは、アメリカでは既に「脱」ジーセルだったから。F15 が事故を起こしたのも、もうとっくの昔にリタイアしててもいい戦闘機だからと思いませんか? 新型空母か新型潜水艦は?

> 共和党の候補であるミット・ロムニイ(伊勢の推薦)

ワイオミング州は先の大統領選挙でロム二イを推薦したけど他の州がマケインを選んだのには大いに不服でしたね。今回はどうかな。

2011/10/09 02:23 | Missileer [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する