2011/10/19 (Wed) アメリカ童話「山荒らしのお話し」
和訳porcupine baby 1

みなさん、山荒らしの赤ちゃんを見たことある?可愛いでしょう。昔だけでも(今、禁止)アメリカのどこかでは、山荒らしの肉をミンチにして、肉団子にしたとか。こんな可愛い、人畜無害の小動物を食べるの?

porcupine bay 2

porcupine baby 3






(伊勢爺のつぶやき)

赤ちゃんというのは、人間はもとより、どうぶつの赤ちゃんは実に愛くるしいものです。山荒らし(ハリネズミ)は、北米大陸の北部にワンサと棲息している。降雪地方に多いのですね。そこで、昔から、「山荒らしの赤ちゃん」という童話がある。

Fable of the Porcupine

It was the coldest winter ever. Many animals died because of the cold.

The porcupines, realizing the situation, decided to group together to keep warm. This way they covered and Protected themselves; but the quills of each one wounded their closest companions.

After awhile, they decided to distance themselves one from the other and they began to die, alone and frozen. So they had to make a choice: either accept the quills of their Companions or disappear from the Earth.

Wisely, they decided to go back to being together. They learned to live with the little wounds caused by the close Relationship with their companions in order to receive the heat that came from the others. This way they were able to survive.

The best relationship is not the one that brings together perfect people, but when each individual learns to live with the imperfections of others and can admire the other person's good qualities.

The moral of the story is: Just learn to live with the Pricks in your life!

>>寒い寒い冬だった。小動物は凍えて死んだ。山荒らしたちは、一緒に固まれば、お互いを暖めることが出来、生き残れると考えた。ところが、背中の針が横の仲間を刺した。そこで、やはり別れることにした。すると、一匹ずつ、凍えて死んだ。ひとりぽっちで、凍えて死んだ。やはり仲間のところへ帰ろうとみんな帰って来た。少々、体に傷が付いても、温かいほうが良いと悟った。

この童話は教訓である。人間はみんな不完全なのです。お互いの良いところを賞賛することで、人間の社会は良くなるというお話しです。


人間の道徳として、“少々の不快な出来事や、痛みと一緒に生きることを学ばなければ行けない”というお話しでした。


(おまけ)

今夜の米経済紙は、“世界経済は全て、ユーロ圏の金融危機(キャッシュが無くなる状態)と、米国企業の収益に掛かっている”と報じた。スペインの国債の格付けが下がった。フランス国債も下がる可能性が高いと。だが、今日の午後、フランスとドイツは、ギリシャなどの財政破綻に対して、“2兆ユーロを供出する”と合意した。二倍の金額を用意するのだと。これが、NY株式市場を沸かした。だが、明朝は、スペイン国債格下げ~9月のアップルの売り上げが少なかったなどが影響すると。

日本の政局は世界の極く一部なのです。勿論、鳩山~管~野田民主党政権は出鱈目政権です。安倍晋三さん、麻生太郎さんが指導して~人心を刷新して~新しい自民党が復権すれば、日本国は本来あるべき軌道に戻るのです。焦らず~じっくりと新生日本の出現を待ちましょう。

(伊勢爺の回復状態)

1~10なら、6まで来た。今日夕方、初めて、ジムに行った。脚を強化するマシン~2キロのダンベル~フロアのマットで、柔軟体操、、頭は冴えており、自信が出てきた。みなさん、応援を有難うね。アメリカ人の友人たちも、電話やメールをくれます。NYの旧友は帰りました。20代の頃の昔話しに夜が明けた。心のある友人や同志の皆さんの励ましが、伊勢爺を生かし続ける。伊勢平次郎 ルイジアナ



comment

山中 雅和 先生

こんどはきつかった。でも、回復は、8まで来た。臀部の筋肉が90歳の老人のように垂れていた。うちのが笑った。その尻肉も、持ち上がった(笑い)。写真を載せるわけにはいかないが。

納豆二袋と、生卵一個と、小刻みの葱をかき混ぜて~炊き立てのご飯をどんぶりに、、UMMMM うんまい。うちのが、あきれてみているよ(笑い)。ぼくは、伊勢の海育ち。「めかぶ」って知ってる?「めかぶ」は、炊き立ての麦飯にかけるもんです。あんまり食べやすいために、腹痛を起こす(笑い)。有難うね。伊勢
2011/10/30 01:29 | 伊勢 [ 編集 ]

 伊勢様、大病を患われた様子。御大事にして
戴きますよう。・・血流(ブラッド・サーキュ
レーション)は、回復に大切なポイントです。
 
 納豆は、千の薬に勝る効用があります。・・
手足の爪揉み励行で毛細血管のUターン潤滑化。
 
 伊勢様は、私のような馬鹿に付ける大事な薬
です。昨日久しぶりに「隼速報」拝見しました。
「目から鱗」、・・「知恵熱」出ました。・・
 
 出来るだけ閲覧するようにします。では・・
 
 
2011/10/30 00:01 | 山中 雅和 [ 編集 ]

 憲法は、行政司法立法の三権が
遵わなければならないもの。・・
国民や企業市民メディアは監視役。
 
 憲法には、三つの柱がある。
国民主権・平和主義・基本的人権
追求権の保証。
 
 国民の定義・・広義&狭義。
 
 憲法に遵っているか?
1.全く時宜通り合憲。・・
2.3つの柱を守る為の遵憲。
3.法益不権衡の蔑憲主義。
 
 2や3の中で、利益相反の
双方代理行為は、完全に黒。
 
 全政治資金供託管理条例
を制定して、三権従事者に
は、資金の透明性が必要。

 資金の透明性があると
すれば、どうなのか。・・
 
 この観点で、整理すると
話が分り易くなるのでは?
 
[法益権衡の遵憲パラダイム
路線」・・旧憲法以前の法典
では彼等三権の従事者は判断
していない。それらは置く。
 
 例えば「住専処理策」は
法益不権衡*蔑憲パラダイム
路線:違憲=無効です。・・

 優生保護法の堕胎中絶容認
も違憲だと考えています・・
勉強不足は多々ありますが。
 
 三つの柱を損なう事になる
からです。・・
 
 日米安保は、遵憲です。

憲法党?・・進民党!・・
 
 中心は憲法・代表は良心です。
 
 
2011/10/29 23:44 | 山中 雅和 [ 編集 ]

伊勢様、皆様へ。
kenji様へのバッシングをするつもりは全くありません。

しかしながらkenji様の仰りたい事をもっと単刀直入にしていただければ私のような凡人には理解しやすくなる事をお願いしたかった事と、顔の見えぬ相手に対しての敬意を忘れる事はお互いの相互信頼に不信感を招く恐れがある事を御理解いただきたかったこと。

ただそれだけです。それがバッシングのように感じられたのであれば今後はもう少し気をつけるようにいたします。
2011/10/27 06:43 | 一有権者 [ 編集 ]

みなさん

Kenjiさんをバッシングしないように。このブログが、産経~読売~米国大使館が読みます。そして、内外の多くのご婦人が、それも、教授職の方々が意見を書いてくださいます。ブログは、お互いの不足を補うため。青年の教育のため。だからと、客観性がない~根拠が不明~出展が添付されない、、では困ります。さらに、ここは、公衆のサロンですので、無礼になることを避けましょう。“伊勢爺、あんたこそ無礼漢じゃないの~?”(笑い)伊勢
2011/10/27 02:34 | 伊勢 [ 編集 ]

 時々訪問させていただき勉強させていただいている者ですが、Kenji様の文章、本当にわかりにくいことが度々あり、自分の読解能力のなさを痛感しておりましたところで御座います。仰りたいこと・主張されたい事が沢山おありだとお察し申し上げます。
 対面で意見を述べあえればもっとお互いの議論を楽しめるのでしょうが、ブログという限られた枠だからこその「言葉に込めた背景」のわかりずらさに、いつも困惑しながら見させていただいておりました。
 
 論点を絞ってお話いただければ、もっとKenji様の仰りたい事が皆様に理解されやすいのでは?、と常々思っておりました。
 それ以上にお話になりたい事が沢山あるのでしたら、ご自身のブログをご紹介いただけると、多岐多様な話題に関するご自身のご意見・ご感想をもっと自由に皆様にお伝えできるのではないでしょうか?
 突然出てきてこんな事をお話しする事をお許しください。
 皆様、失礼いたしました。
2011/10/27 01:20 | 時々の読者 [ 編集 ]

kenji様へ一言だけ御忠告を。

貴方は以前kay様に他の人を呼ぶ時に敬称をつけない事に対しての指摘をただ忘れていたと釈明されておりました。
どうやらそうではなさそうですね。自分の意見に対しての指摘を不快に思う事は皆それぞれあることでしょうが少なくともそれに対する返答に際して呼び捨てにするような返答では敬意を持って接する事はできなくなります。

ご不快かと思いますが御忠告まで。
2011/10/26 21:50 | 一有権者 [ 編集 ]

>一有権者
>多史済々
そうですか。考えます。
2011/10/26 21:25 | kenji [ 編集 ]

皆様今晩は。少し様子を眺めていましたが。・・・

kenji様の表現は理解しにくいですね。教養がおありなのは文面からは理解いたしますが多史済々様が仰るように何を訴えたいのか判らなくなります。

単刀直入に判りやすくしていただければありがたいのですが。・・・
2011/10/26 20:34 | 一有権者 [ 編集 ]

kenjiさま

 どうも私にとってははkenjiさんの表現が直接的なものではなく比喩的過ぎるので何を告げたいのかが残念ですが良く理解できません^^;
 よって、読むのが少々辛いです、時間の制約もあり読解不可能といった状況になりますです^^; 私の力不足をお詫びもしたいのですが、できましたら、もっと直接的な表現にしていただくと興味も深まりありがたいのです。
 ローラちゃんカツオ君と例えられても解りませんのです。。。
2011/10/26 18:02 | 多史済々 [ 編集 ]

>アメリカが相対的にその力を落している~日本はアメリカの属領”という根拠は何ですか

これは読んだローマの帝国の統治について、からです。
属領はローマ市民権と関係ありますが、これは詳しくは知りません。日本人はアメリカ市民権は持っていないが、特殊な人は持っているとっているとでも言う状態ですか?
 歴史家がそのように見ると見ていますが、その属領とも異なるから
>もっと言うと新しい歴史的現象と見ることでしょう。
です。

>つまり、前にも書きましたが、日本国民自信が国防を真剣に考える日本になるべきです。

それでは戦前に日本人は国防意識を持っていたとお思いですか?
 これは調べると微妙な感じです。
ことは江戸時代にまでさかのぼる必要があります。
明治政府の苦闘がそれがねずかなかったことを現状が示しています。戦前本当に国防意識があったなら、それは簡単にはなくなりません。しかしヒントはあります。
 一つは遣唐使廃止、もうひとつは元寇、そして決定的なことが天皇です。国防論議は天皇論議です。だから日本を破壊するつもりの人々は天皇を貶め、なおかつ制度的にそれをなくそうとしているのです。それは皇位についてです。また皇統についてです。

>だいたい、民主党どころか自民党政権にしてからが歴史的に支那・半島政権から侮蔑的な嘲笑を得ているのはkenjiさんも解っているではありませんか。

 彼等はしていますが内実が伴っていません。彼等の僻みだけです。それに対して何故わが国がご指摘のような行動をするかを考えることでしょう。
 それとは別に侮蔑的な言動をしている日本人がいますが彼等の素性はどうですか。それが何故起きるかを調べることです。そもそも司馬遼太郎のようにこの国という言い方はどのようの精神(心持)でしょうか?
 戦後生じたと思いましたが戦前からあります。
彼の精神構造を調べることでしょう。ごく普通にいる日本人です。およそ田中角栄とは大違いです。
 田中角栄を嫌う人々が大抵この国といいます。そこをよく考えていただきたい。

>日本は、民主主義・人道主義・自由経済圏の、つまり西洋の一部であると認識している。

大草原の小さな家のローラちゃんとサザエさんのかつお君は組めると見ているからです。アメリカ人がわが市にもきていますが、そのローラちゃんとその友達が大きくなったなという印象を与える人には、中学程度の英語で二言三言はなします。その方向で見ると、やはりヨーロッパの人々でしょう。
 朝鮮史那は違います。朝鮮は見た目にはよく似ていますが違います。現在韓国ドラマが放映されていますが、アレは朝鮮人の理想が出ていると見ています。家庭ドラマも見ていると、ちょっとへんだなあと思うことが多々あります。それらを好む人はいるとは思います。しかし長く見ているとやはりとなるだろうと思います。
 そのほとんどが<わたる世間は鬼ばかり>と同じようなものです。そこがアジアですが、脚本家の橋田すがこ女史は我国社会を色眼鏡を通じてみています。司馬遼太郎の系譜の人だからでしょう。

>そうすれば国民は目が覚め国防を真剣に考えざるを得ませんし、

これはまず自身の子供に教えることで、その後はいろいろな場面で言うことでしょう。特に子供にはです。
 
 >貴兄も影響を受けていると思われる。その受け取り方は、劣等感ですよ。自分に誇りを持ちましょう。どうしても劣等意識に悩むなら、どうすればいいかを考えましょう。

これは歴史的なものでその昔は史那に対して持っていましたが明治以降異なりました。そこは複雑です。
 劣等意識をもっている人々は大抵高等教育を受けた人々が多い。その意味を考えることです。
 伊勢さんにはそれを感じません。明治前半にアメリカへ移住した人々と同じですね。kenjiはあるほうです。
誇りと屈辱が必要です。

 >でもね、それは今の憲法の下では無理なのですよ。
憲法の問題は憲法に書いてあるにも拘らず、それを改正しないで軍隊を持っていることです。

 自衛隊のその初めは警察予備隊です。そのときの姑息なやり方はその場限りでは良いですが、ことは国軍のことです。戦前の軍部と似た逆の国防意識が欠落したからでしょう。

 吉田茂は軍隊嫌いでした。当時、対米戦争などするはずが無いとある程度の人は皆思っていました。しかししました。そのときも逆の似たようなものでしたから、憲法改正をすればよかった。することをまちがえたからでしょうか。第一次世界大戦後のドイツがどのようにして軍備を再建したかという歴史を知らなかったでしょうか?

 憲法89条に税金を私立学校に出してはいけないとありますが原状は違います。そのやり方が自衛隊保持と同じです。三島由紀夫が問題にしたことです。
 先日生活保護について法律で外国人に禁止されているものを何故するのかと聞くと窓口の人(知り合い)は<自衛隊も憲法から見ると禁止されているから>と答えました。勿論笑ってですが。
国内の混乱はそれに在る。三島由紀夫はそれを指摘しました。
 小学生でも言う事ですけれども。

 今回これまで放射線規制が1ミリシーベルト/年でしたが、その法律を無視して暫定規制値という法律にあるかどうかの規制で対処しています。ソレデいてその法律は東電関係には適用されずに、別の領域では捜査をしています。
 これと似たようなものでしょう。

 国防意識は憲法問題ではなく別なものが大きな要因だろうとみています。
 戦前は天皇陛下の臣民という意識でしたがこれも最終的には機能しませんでした。
一番の問題は考える上において。人間はと考えるその思考方法が問題でしょう。一度人間がという主語があるとき、そこを日本人はとか朝鮮人はとかアメリカ人はとにかえて、読むことを薦めます。

 伊勢さんにはちょっとでしょうがクリントン国務長官がカダフィ大佐死去の時の映像が流れていますが、彼女の表情と彼女の
<We came 、we saw ,he died> の意味を考えられることです。それが亜米利加の一側面です。

 それでも日米同盟をです。ローラちゃんとは組めると見ているからです。しかしこちらもカツオくんでないと無理です。亜米利加は大統領制、わが国は天皇制です。その上で。
 
2011/10/26 10:36 | kenji [ 編集 ]

Kenji先生

"アメリカが相対的にその力を落している~日本はアメリカの属領”という根拠は何ですか?ぼくは、44年間もアメリカ生活。つまり、資産~年金~女房との家庭は、アメリカで作った。日本人ではあるが、帰属国(お世話になっている)は、アメリカ合衆国。その納税者のひとりとして、“アメリカが衰退している”とは思いません。また、アメリカ人に、「どこどこは属国」などという侮辱的な言葉はありません。日本は、民主主義・人道主義・自由経済圏の、つまり西洋の一部であると認識している。ところが、石原都知事などが、“日本はアメリカの属国か?”などと言うので、貴兄も影響を受けていると思われる。その受け取り方は、劣等感ですよ。自分に誇りを持ちましょう。どうしても劣等意識に悩むなら、どうすればいいかを考えましょう。伊勢
2011/10/25 23:19 | 伊勢 [ 編集 ]

kenji さま

 ますます、要するに属国願望が強い方だなあと納得させられます。

 私はそれとは違った方向へ日本は道をとるべきだと思っています。それは自主的に外交できる日本であり、自主的に国防できる日本になることです。勿論アメリカとの同盟関係を崩すという意味ではないですよ。そもそも論点はアメリカとの軍事同盟不要論ではないですからね。

 棚からぼた餅のアメリカとの同盟関係はしっかり維持するべきですが、国防意識さえ忘れるどころか、はなから国防意思さえ持たずにやさしさに包まれて一生を送りたいと願う国民ばかりになるべきではないと思います。つまり、前にも書きましたが、日本国民自信が国防を真剣に考える日本になるべきです。

 でもね、それは今の憲法の下では無理なのですよ。

 だから、そろそろアメリカ軍が日本から引き上げるべきと私は思います。そうすれば国民は目が覚め国防を真剣に考えざるを得ませんし、自民党と財界との分離を他国から工作され民主党政権など生まれなくて済むと思うのです。
 つまり日本国民としての自覚と誇りを捨て去るような選択はしなくなるのだと思うのです。
 だいたい、民主党どころか自民党政権にしてからが歴史的に支那・半島政権から侮蔑的な嘲笑を得ているのはkenjiさんも解っているではありませんか。

2011/10/25 23:11 | 多史済々 [ 編集 ]

朝鮮学校無償化に反対 民主党議員の会が発足 反日教育、国民の納得得られない
2011.10.25 13:58
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111025/stt11102513590008-n1.htm

橋下知事「民主党のルールさっぱり分からない」菅首相の朝鮮学校無償化指示
2011.8.31 23:55
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110831/lcl11083123570006-n1.htm
2011/10/25 16:23 | [ 編集 ]

>kenji さま
 将来の歴史家はそのように判断すると思います。今も腹のそこではそのように見ています。
 欧米の歴史では珍しいことでは在りません。
わが国の幕藩体制がそれとよく似ている、似ているがゆえに国民には違和感が無い。
 しかしアメリカの力が弱くなったと国民が判断すれば動き出します。多くの日本人はアメリカの軍事力に勝てる国は今のところいないと、見ています。
 それが正しいでしょう。
 詳しくは知りませんが欧米の統治思想では属州扱いでしょう。しかし属州とも違います。
 もっと言うと新しい歴史的現象と見ることでしょう。
安全は自分で担保するものです。従って

>なるほど、kenjiさんの論だと日本はアメリカの一州か一族長自治州になるのが諸問題を一挙に解決でき一番安全であることになりますね

ということは在りません。

 亜米利加と組むことの何処がいけないのか?
多くの選択肢があり、その最も有利な選択肢をわが国はとったと見られないですか。
 それと国内の若者が国防意識を持っていないことは関係がありません。別の要因です。

アメリカとくむといいことも悪いこともあります。その両方を含めての選択です。

第二次世界大戦後成立した政権で最も成功した政権はわが国の自民党政権です。それが諸外国には気に入らなくて、何とかしてこれを潰そうとしたのがここ40年のわが国の世界情勢です。その視点で古い新聞を読み、自民党政権を攻撃している、その内容は誰が得をするかを調べるといいでしょう。
 上記のような見方は多分されていないでしょうが、それが実情(?)ですよ。
 民主党はその流れの中において、成立しましたが多分自民以上にアメリカの言う事を聞くでしょう。しかしそれは逆に亜米利加の軽蔑を受けるでしょうね。
 なぜなら彼等には力が無いからです。
国内政治はわが国が国内だけで、決められる様なものは今後ますます少なくなるでしょう。
 その上での我々と子供たちの生存を確保することです。
2011/10/25 13:18 | kenji [ 編集 ]

多史済々先生

ハワイ~グアムが米国本土に守られているのに似ている。ハワイのカナカ族とアジア人や白人の合計人口は350万人弱、グアムは、グアメ二ンと白人でもっと少ないでしょう。日本は、1億3千万人だから、自治州ではなく、憲法もいちおうある。アメリカの保護も、日米通商も日本の利益となっている。大東亜戦争終結以来、アメリカが日本を傷つけたことはないです。日本の安全ですが、在日米軍がいなくなったらと考えればよく分かる。中国~韓国~ロシアに日本列島は分割される。この三国は日本の友人ではないし、味方なんてものゃない。そうでしょ?だから、アメリカの自治州だろうが、現在が日本人にとって最適です。吉田茂さんや岸信介さんは、実に頭が良かった。今様なら、麻生さん、安倍さんでしょ?人間は気位が高いだけでは生きていかれないのですよ。そこは、アメリカ人でも同じです。伊勢
2011/10/25 12:34 | 伊勢 [ 編集 ]

kenji さま
 
 なるほど、kenjiさんの論だと日本はアメリカの一州か一族長自治州になるのが諸問題を一挙に解決でき一番安全であることになりますね^^
2011/10/25 12:04 | 多史済々 [ 編集 ]

中国けん制、多国間連携で…日・ベトナム国防相


 一川防衛相は24日、ベトナムのフン・クアン・タイン国防相と会談し、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と中国の間で領有権争いが続く南シナ海問題について、「国際社会で関係する国が協力して解決しなければならない」との認識で一致した。

 米国を含む多国間の連携で中国をけん制していく方針も確認した。

 会談では、日本とベトナムの防衛協力を強化するため、次官級協議の定例化や災害時の協力などを盛り込んだ覚書も交わした。

 タイン氏はその後、野田首相とも会談。首相は「ベトナムは戦略的なパートナーで、経済のみならず、安全保障、防衛面で協力関係が強化できることは喜ばしい」と両国の連携を呼び掛けた。

(2011年10月24日23時15分 読売新聞)


中国のどこかの商店街で、「二歳の女児がトラックに二度も轢かれて瀕死になっているのに、通行人は見ても、知らんふり」の動画が、全米~アルジャージラのテレビで流された。見たアメリカ国民は、カンカンになって怒っているよ。僕ら夫婦は、世界中を歩いて来たが、ここまで、道徳が地に堕ちた民族を見たことが無い。トルコ人は、子供がドアの前でこけただけで、数人駆けてくるし~老人には道を譲る。貧しいエジプト人も同じですよ。日本に来る中国人に対する対応を変えなければいけない。伊勢
2011/10/25 10:44 | 伊勢 [ 編集 ]

Kenji先生

鋭い洞察がありますね。また、多史先生の主張も一理も二理もある。ただ、ロシアと日本は比較しようがない。軍事力の差じゃなくね。人間の目的は、平和と生産だから。その点で、ロシア人よりも、日本人は優勢に生きている。第一に、日本人は、勤勉~実直~和を優先する、、女性の学歴は高く~識字率は世界一でしょ?日本は、政治家のアタマが貧しい。

さて、軍事力ですが、いろんな考え方が出来る。アメリカは、日本が軍事大国になると思っていないですよ。自分たちも、軍事力が劣勢に回らないなら軍事費を削りたいのです。

相対的にアメリカの力は弱っているのか?いいえ、弱っていません。世界経済の中心はアメリカですから。

ぼくの回復状態は、7まで来たけども、体重が戻らない。ここ数日は、理由なく欝気味。それで、「世界の経済」を書こうと思っているけど、遅れている。伊勢
2011/10/25 10:30 | 伊勢 [ 編集 ]

 一番の問題はわが国が島国である事に起因する、いろいろな考えや感覚です。これはどうにもならない要素があり、それが、対外関係において現れますが、それも島国的です。
 >アメリカを選択したのではなくて選択せざるを得なかったのではないでしょうか。現に現憲法を押し頂き改定しなくても済んできたのです。
 
 新憲法についてはいろいろありますが、仮に気概を持って、軍事力を強化しても、わが国は海上封鎖をされれば、それでおしまいです。1年もすればお手上げでしょう。この事実は憲法を改正しても変わりません。憲法は改正する必要があります。それとこの事実とは関係ありません。
 その力がある国とどのように付き合うのか?

> 私は相対的にアメリカは国力を減じてくると予想します。つまり、保護者の力が弱まってくるのです。だから、国防基盤を自主的なものにしてくのがこれからの日本の行く道と思います。

ここは難しいところです。それはアメリカの意向があるからです。わが国が軍事力をアメリカの軍事体制から独立したものを作るとすると、アメリカはそれに対して対抗し始めます。それはアメリカの生理です。いい悪いではありません。そのときわが国はどうするか?
 軍事削減交渉になるでしょう。つまり戦前の軍縮です。

 わが国国内における核軍縮その他の軍事交渉において、戦前わが国がした軍縮交渉のいきさつ、その他を意識した報道は皆無です。評論家その他の人々のそれを見ても、その影がありません。アメリカはカルタゴの故事を十分承知して、対日交渉に当たっています。

 この落差を当然として、わが国の国防政策を見ると、逆にこれまで意外とうまくやってきたのでは思われる側面があります。
 アメリカ人は泣く人と、弱虫は信用しません。仮に攻撃をうけて、がんばらなければ、アメリカは同盟にもとづく、行動はしません。そしてもしわが国が外国の手に落ちそうなら、わが国国内の重要拠点を爆撃して、外国がそれらを利用できないように、していくと思います。現代はそれとは別の方法でします。

>前にもログしましたが、ロシアは日本に比べてはるかに経済力の小さな国です。にもかかわらず、軍事力は日本に比べて強大です

これは上記に書きましたロシアという国の成り立ちがさせています。つまりロシアの島国という感覚です。
 国内の経済的困難の解決の方法のひとつに、ロシアとの経済交流がありますがこれは表はロシアですが、内実は対米交渉でしょう。

 国民の覚醒は必要ですが、それも気分ですが、それが最初でしょう。それが即座にアメリカ軍のわが国からの引き上げと判断する事はまた別です。それが気分だというのです。
 アメリカがわが国に軍隊を置くことは、日本人が依然として、理解できない要素があり、再び真珠湾となって、多大な犠牲をアメリカが払う事はごめんだ、そのためにどうすればいいかという結論がアメリカ軍を日本に駐留させることでしょう。

 国内は権利ばかり教えて、その権利に伴う義務をおしえていません。いずれ高くつきます。

それと沖縄ですが、個人的には状態は韓国と同じと見ています。
 
 
2011/10/25 07:31 | kenji [ 編集 ]

kenjiさま

>ばかげたことを
軍事は気分の問題ではない。あくまで兵力の問題で、わが国は他国の同盟が必要な国であり、そのためどの国をを選択するかであり、その結果、亜米利加を選択した。

  アメリカを選択したのではなくて選択せざるを得なかったのではないでしょうか。現に現憲法を押し頂き改定しなくても済んできたのです。
 前にもログしましたが、ロシアは日本に比べてはるかに経済力の小さな国です。にもかかわらず、軍事力は日本に比べて強大です。特に空軍力は開発力からしてはるかに強大でしょう。
その原因は何でしょうかね? 私は日本がアメリカにおんぶに抱っこしていることが原因と感じます。国防に他国の若い命を頼りにするようでは古代のカルタゴと同様な結果になるのではないでしょうか。
 現に、若者に訊いてみて下さい。国を守る気概があるかどうかを。我が息子などは命令で動かされる消防団でさえ入りたがらないし、早く都会に出て彼女と刺激のある暮らしをしてみたいと願うことがせいぜいです^^;
 それはそれでまことに平和で結構なことかもしれませんが、私は若者が自分で国を守る気概を持たなければ国は崩壊すると思います。
 軍事同盟を結ぶことと自国に他国の強力な軍隊を置くことはまた別次元の問題と思います。決して気分(感情)の問題ではありませんよ。
 要するに日本はアメリカの保護の下に繁栄してきた国なのだと思います。言葉を返せばアメリカの指導の下に国防をやりくりしてきた国家なのだというのが私の認識です。だから自衛隊に対しても同様の認識をしています。
 私は相対的にアメリカは国力を減じてくると予想します。つまり、保護者の力が弱まってくるのです。だから、国防基盤を自主的なものにしてくのがこれからの日本の行く道と思います。
それは自動的にアメリカ国民にとっても良いことになると思うのですがね。
 
2011/10/25 00:34 | 多史済々 [ 編集 ]

普天間「年末までに進展」要請へ…米国防長官


 基地移設

 パネッタ米国防長官は24日夕、専用機で東京・横田基地に到着した。

 25日に野田首相、一川防衛相、玄葉外相と相次いで会談し、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題について、「具体的な進展」を改めて求めると見られる。

 パネッタ長官は訪日を前にした23日、インドネシアで記者団に、普天間移設問題で「日本側が年末までにどのような進展を得られると考えているのか、話し合いたい。環境面で必要な手続きを前進させる努力を日本に促したい」と強調した。

 これに関連し、野田首相は24日、首相官邸で藤村官房長官や一川、玄葉両氏らと会談し、パネッタ長官と日本側の一連の会談では、政府が移設に必要な環境影響評価書を年内に沖縄県に提出する方針を伝えることを確認した。沖縄に駐留する海兵隊8000人のグアム移転に関連する米側の予算について、米議会の理解を得る努力を米政府に求める方針でも一致したという。

(2011年10月24日21時18分 読売新聞)

仲井眞沖縄県知事は、工事承認の判子を押すのか?3000億円が目的じゃないのか?伊勢
2011/10/24 21:59 | 伊勢 [ 編集 ]

日本及びアジアの安定について話し合われています。
地上波で流れるようになるといいのですが。

どうなる!?中国の行方と日本 [桜H23/10/22]

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV#p/u/2/_qxa1Si2VHg (1/3)

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV#p/u/1/ev3h-MQxPk4 (2/3)

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV#p/u/0/UPL8qfn46GI (3/3)
2011/10/24 15:22 | なつ [ 編集 ]

Kenji先生

読売がまともな社説書いてるね。これほど国益を損じて、鳩山は平気なのである。確か、議員バッジを外すとか言ってなかった?野田はこういう、ばい菌すらも粛清できないんだな。逆に、民主党の利益を国益に優先して、興石を幹事長に置いた。玄葉外務大臣だけが、まともに思える。伊勢

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20111023-OYT1T00825.htm
2011/10/24 11:32 | 伊勢 [ 編集 ]

> 概ね賛成です。特に日本からそろそろ出て行って欲しいと思います。
 そうすれば、好きなこと言っている日本国民も外交・国防について真剣に考えざるを得なくなると思います。やっと真の独立に近づけるのかもしれません。

ばかげたことを
軍事は気分の問題ではない。あくまで兵力の問題で、わが国は他国の同盟が必要な国であり、そのためどの国をを選択するかであり、その結果、亜米利加を選択した。

真の独立とは何を意味するのか?
これへの回答を示すべきである。
わが国の真の独立は<如何にして、わが国に有利になる、力の在る同盟国を選ぶか>である。
 そして、その同盟国を如何にして、ひきつけて置くかである。
 独立していない人々は公務員と日航のような東電のような企業社員だけである。
 
2011/10/24 11:10 | kenji [ 編集 ]

みなさん

アメリカは、日本の防衛だけを考えているわけじゃない。中国は(胡が軍を掌握)は、尖閣諸島で~EEZでガス田掘削を続ける~南シナ海領土領海紛争を既に起こしているじゃないですか?つまり、アジア太平洋の支配を中国は目論んでいる。だから、11月にASEAN会議じゃないですか?パネッタ国防長官、ヒラリー、オバマも訪日します。九条に手足を縛られ~国防予算が切り詰められた自衛隊がアジア太平洋という広大な地域を守れるわけがないじゃないですか?米軍が日本から出ていけば、中国の暴力のもとに踏みにじられます。

今、うちのが、イスタンブールから、ドイツ~ワシントンで乗り換えて、ニューオリンズに着陸。電話の声は、最初に、“のぶ、体調はどう?”と。自分が疲れている~苦しいなどと、一切言わない。これが、アメリカ人の気性です。

それにしても、野田民主党政府~それを選んだ日本人は、ダラシがない。さらに、どんどんダラシなくなっている。英語のブログのほうに、「EU会議1,2」を載せてある。今日、日曜日、欧州中央銀行は、国債危機(キャッシュが消える)に面している国を救済しないと決定。これを受けて、世界の株式市場は下落に向かった。日本の大衆は、海外のニュースと日本は関係ないと思っている。さあ、そうかな?「円高株安」をどう日本政府も、その国民も理解できていますか?今日から、エントリーを「漂流する日本経済」シリーズにしますね。少し、難しくなります。伊勢
2011/10/24 09:06 | 伊勢 [ 編集 ]

>アメリカの大切な兵士達を帰還させ、税金をアメリカのために使うことを多くの納税者が望んでますね。

 概ね賛成です。特に日本からそろそろ出て行って欲しいと思います。
 そうすれば、好きなこと言っている日本国民も外交・国防について真剣に考えざるを得なくなると思います。やっと真の独立に近づけるのかもしれません。
2011/10/24 03:21 | 多史済々 [ 編集 ]

> 1~10なら、6まで来た。

お互いに頑張りましょう。


> オバマは、12月31日までに、イラクから米軍を全て撤退させると。"他国よりも、アメリカの再建が重要だ"と。伊勢

Serviceman well come home! 何人の兵士が家族から遠く離れた反米基地に赴任することを望んでるのやら? 海外基地には膨大なカネがかかる。イラクだけと言わず、反米国家からはサッサと引き揚げればよい。今回はオバマの言うとおり「アメリカの再建が重要だ」。アメリカの大切な兵士達を帰還させ、税金をアメリカのために使うことを多くの納税者が望んでますね。
2011/10/23 02:27 | Missileer [ 編集 ]

伊勢様、皆様おはようございます。

鳩菅よかましかえ? まさかそんなことはありません、皆似たり寄ったり民主党の中にどれだけ本気で日本国と日本国民の事を考えている人物がいるでしょうか。?
彼らの「国民の生活が第一」は日本国民の事ではないのですから。

米国軍がイラクから撤退する事はイラクが、いや中東がさらに混沌とする原因の一つになるでしょうか。イスラム原理主義者や武装勢力の闘争によって何の罪も無い市民の犠牲がますます増え国作りが一向に進まぬと思います。自国民を独裁によって締め付けた者が淘汰されるのはいいのですが、その後新しい国をどう作り直すのか
ぐちゃぐちゃでは。・・・

「他国よりも、アメリカの再建が重要だ」日本も他人事ではありませんね。自国を自国で守る気概の無い国と人々に手を差し伸べるのも限界があります。
早く平和ボケしている私達日本国民の大多数が覚醒する事を望んでやみません。
2011/10/22 07:53 | 一有権者 [ 編集 ]

緊急ニュース。オバマは、12月31日までに、イラクから米軍を全て撤退させると。"他国よりも、アメリカの再建が重要だ"と。伊勢



President Barack Obama announced Friday that the U.S. will pull out all of its troops from Iraq by the end of December, drawing the nine-year war to a conclusion.


The announcement signals the imminent end of a war that has cost the U.S. more than $800 billion dollars and claimed the lives of 3,525 American service members.
2011/10/22 03:14 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

ユーロの行方がどうなるのか?ポルトガル~アイルランド~スペイン~フランスの国債格付けが下がる。だいたい、ギリシアは破綻している。19年の間、社会主義政府だったから、借金だけ増えて、生産しなかった。今週末のEU会議の結果だが、全く未知です。何しろ、130兆円ものカネを貸すといっても、担保は何か?これが、課題だそうだ。

中国は、地方銀行がどのくらい不良債権を持っているのか、北京政府でさえ判らないと。そこへ、欧米向け輸出の激減です。アンゴラへの資源投資も大番三昧で終わるだろうと。リビアの革命政府は、“チャイナは敵だ”と言っている。すると、南・東シナ海は危ない。尖閣で日中紛争が考えられる。野田泥鰌は年とった女房のような考え方をしている。前進することを知らない。実に、頼りない人間だ。鳩管よかましかえ?伊勢
2011/10/21 23:14 | 伊勢 [ 編集 ]

 kenjiさま、お気持ちよくわかります。
 気分転換に美しいピアノ曲をよろしければ・・・(拡大画面でお楽しみください)
 こんな日本女性も出現しているのですね。
 

http://www.youtube.com/watch?v=yewlwsPX88k&feature=related
2011/10/21 22:34 | 多史済々 [ 編集 ]

戦前、本気になって、竹やりで対抗できると思っていた。
それと同じ事を民主党はしているにすぎない。
彼らは本気で、今のやり方でいいと思っている。
 スーダンまでどのようにして補給をするつもりか?
大東亜戦争より構想がでかい。
 イヤになるよ。
常識が無い人々の集まりに過ぎない。
公共機関によくいる人々です。
2011/10/21 13:13 | kenji [ 編集 ]

伊勢様

世界的規模の大変動期に素人の防衛大臣、ちびっこギャングのあだ名がある財務大臣、その他諸々の不適切な人間を起用する野田の頭の中がどうなっているのか、これを5割の日本人に見えていないとしたら、国の諦をなしていないと思います。スワップ拡大の問題、少々観点が間違っていても倒閣できるのならなんでもいいやと思います。大衆を導く政治家さんって、つくづく大変だし気の毒だなと思います。庶民である私たちにできる事は身近な人を説得していくほかないんですね。
2011/10/21 11:05 | なつ [ 編集 ]

Kay姉さま、なつ姉さま

お二人さまの胸中は、“野田内閣には、日本を破壊する思想の持ち主が多数いる”ということですね。さらには、民主党の支持団体の中に、朝鮮・韓国のエージェントが入っており、政策(立法)に影響を与えているのだと。

国家権力を与えてはならない政党です。民主党を選んだ国民の責任は重い。民主党には、野田も含めて、国家が理解できていない。南・東シナ海の安全保障よりも、スーダンの国連軍を優先している。この意味するところは、“日本の領土・領海の防衛、さらに、シーレーンの安全航行に、国連さんに守ってもらいたい?その上、集団自衛権も憲法改正も見送るのだと。これでは、米軍は堪ったものじゃない。

今、うちのは、キリギススタンのマナス米空軍基地へ飛んでいる。伊勢爺は米軍のトップの、日本に対する苛々がよく判っている。パーテイの最中にも、“なぜ、日本はアメリカと戦わないのか?”と言う。“広島・長崎原爆投下や東京裁判が不服であっても、たった今起きつつある中国の挑発をどうする?”と。“わたしも米国の納税者で、あなたと同じ日本に対する不満を持っている”と答えることにしている。伊勢
2011/10/21 05:28 | 伊勢 [ 編集 ]

首相、改憲論を封印中…著書では主張していたが


 野田首相は、2009年7月に出版した自著「民主の敵」(新潮新書)で、自らを「新憲法制定論者」と呼び、改憲論を展開している。ただ、首相就任後は「内閣の優先課題ではない」などとして持論を封印している。

 自著の中で、首相は、現行の日本国憲法を「時代おくれ」と指摘し、「一字一句変えてはいけないというような、(憲法の)タブー視はいけない」と記している。

 憲法9条を巡る自衛隊の位置づけなどに関しては、「(憲法の)条文の解釈で問題をしのいでいくやり方はかえって危ない。恣意(しい)的な判断が入り込む可能性がある。政治の王道として、必要なところは国民にしっかり訴えて改正するべきだ」と指摘している。集団的自衛権については、行使できるよう憲法解釈を改めるよう求めている。

(2011年10月20日20時59分 読売新聞)


よくもまあ、恥ずかしくないもんだわ。信長~秀吉~家康が、現在の日本の統治者だったら、“攻められたときしか、戦わない”などというルールをどう考えただろうか?野田は、本気で“泥鰌”を決めた?伊勢
2011/10/20 21:57 | 伊勢 [ 編集 ]

なつ様、御提示いただいたブログを見させていただきました。
ブログのように上手くいけばよいでしょうけれど。
いずれにしろ早々に民主党には政権を降りてもらわなくてはなりませんし、彼らのような人達には議員バッジをつけさせないようにしない事には日本再生は遅々として進みませんね。
2011/10/20 19:04 | 一有権者 [ 編集 ]

>韓国へは何度も日本は金融危機に対して援助してきたはず。
1997年の時はIMFから批判されてまで個別に貸与して助けたにも拘らずいまだにその時のお金を返すどころか援助を受けなくても大丈夫だったと逆恨み?された事を御存じないのでしょうか。?
故中川氏が金融支援をあえてIMFを通すようにしたのは何故か?いずれ批判は出てくると思いますよ。

これは知っていますよ。民主党の危険なことも、分かっていますから、油断できないし注視しています。増税は、大反対だし復興を建設国債で早くやれ思っています。でもこれは、震災復興の話とは別の問題だと思います。

あの韓国への通貨スワップは何かとワクワク面白いね
http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2011/10/post-ec98.html

>通貨スワップ・通貨スワップ協定の違い
日韓スワップ協定拡大の理由
日本が拠出するドル建て資金といえば・・
ドル建て資金とIMF

http://togetter.com/li/202721

いずれにしても、素人集団が国政を担っていては危険極まりないので一刻も早く政権交代をして欲しいと思っています。
2011/10/20 15:09 | なつ [ 編集 ]

なつ様、韓国へは何度も日本は金融危機に対して援助してきたはず。
1997年の時はIMFから批判されてまで個別に貸与して助けたにも拘らずいまだにその時のお金を返すどころか援助を受けなくても大丈夫だったと逆恨み?された事を御存じないのでしょうか。?
故中川氏が金融支援をあえてIMFを通すようにしたのは何故か?いずれ批判は出てくると思いますよ。

考えて見ていただきたい反日国家に貸すお金(帰ってくる保証は無い)があるくらいならば震災復興に回すとか増税を少しでも抑えるとかするべきでしょう。
増税してそのお金を反日国家へ回す?やはり民主党はそういう連中なのかという事です。
2011/10/20 14:12 | 一有権者 [ 編集 ]

消防隊員たちは、命を省みずに堤防へと走った~そして津波に吞まれた。この尊い消防士さんたちの、犠牲を忘れてはならない。伊勢

10月19日付 よみうり寸評

 東日本大震災の報道には涙なしには読めない記事が数多くある。水門の閉鎖や住民の避難誘導中に貴い一命を失った消防団の人々の活動も忘れられない一つだ◆あの日、岩手県陸前高田市の市消防団高田分団の団員たちは、地震が起きるとすぐにそれぞれの職場を離れた。そば店主、郵便局員、大工……。地震、津波と聞けば、避難民は山へ向かうが、消防団員は海へと向かう◆高田分団の団員たちは名勝「高田松原」の内側の防潮堤へ走った。鉄門5か所をすばやく閉めたが、間もなく大津波は堤をはるかに越えた◆住民の避難誘導などに取りかかった団員は次々津波にのみこまれた。命がけで閉めた鉄門も4か所は跡形もなく流された。分団の死者・行方不明者26人◆総務省消防庁によると岩手、宮城、福島3県で死亡・不明の団員は253人。うち少なくとも72人が水門閉鎖に携わっていた。作業の危険と重みを思う◆遠隔操作の門を増やすなど水門の設備、運用の改善、報酬、公務災害補償の手厚い改善などを望む。

(2011年10月19日13時48分 読売新聞)
2011/10/20 12:17 | 伊勢 [ 編集 ]

これ見て気分を晴らしてください。スイスの冒険家です。いろんな挑戦がある。伊勢

http://www.youtube.com/watch?v=oaMTSOI1Zk4&feature=player_embedded
2011/10/20 11:40 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

自分の能力内範囲を考えましょう。政治は流れているものだから、そのときの判断が間違っていたり~あとで、良かったとなったり。

うちのは、今、トルコの米空軍基地で寝ている。明日、キリギスタンへ、アフガニスタンから帰る米兵を迎えに行く。これが、彼女の義務であり、仕事です。一日24時間しかない人間は、あまり多くのことは出来ません。現時点で野田内閣を評価することは不可能です。ワシントン政府は、とにかく、東北大震災が早く復興することを優先としている。勿論、領土・領海の防衛は、日米軍のプレゼンスで、中国の侵略を防御する。沖縄県知事に断固としたメッセージを出した玄葉さんが、しっかりしていると思う。ここは、少し見守っていましょう。

中国は、尖閣占領どころじゃなくなって来た。経済が急速に萎んでいる。大失業時代~6%のインフレでは、金融緩和は不可能。内乱が多発する。温家宝は睡眠不足のはず。そこへ上海閥のゆさぶり。

韓国の経済は輸出に頼っている。ユーロ圏の需要は激減する。日本人が韓国人を憎いと思うのは、多くの理由がある。だからといって、韓国経済の崩壊は、もっと危険です。カネを提供するよりも、韓国人に仕事を与える方がいい。だから、FTP。だから、スワップ。伊勢
2011/10/20 11:38 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様
ヤマアラシの赤ちゃんの写真、心が和みました。御回復、順調そうで嬉しいです。

一有権者様
韓国のメガバンクは欧米資本だから韓国を助けたとは限らないのでは?本当に売国なら安倍さん、麻生さん、西田さんらが黙ってはいないと思います。
2011/10/20 10:51 | なつ [ 編集 ]

漢字の訂正をいたします。

挑戦とすべきところ何故か朝鮮になっていました。
失礼いたしました。
2011/10/20 08:59 | 一有権者 [ 編集 ]

伊勢様こんにちは。

日米が恩讐を越えて、同盟国として、新しい朝鮮に立ち向かう。

私もそうすべきと思います。野田氏が今の時期訪韓する事や12月にも訪中しようとする事に何を見出すつもりか理解できませんが、今回の訪韓については韓国にはメリットがあっても日本にはメリットが何一つ無いのではないのかと思っております。

会談の内容も韓国に対してスワップ拡大とか、日本側が所蔵していた朝鮮関係の書物1205冊のうち5冊を手土産替り?に野田氏自ら持っていったとか。

一方的に日本側が韓国側の主張に沿った援助を行うような感じにしか見えません。民主党政権では次に日本の何を売り渡そうとするのか判りません。
2011/10/20 08:58 | 一有権者 [ 編集 ]

ホワイト・ハウスから手紙に感謝するという返事があった。オートマチックとは思うが、受け取って~読んだということです。まだ、まだ、出ス考え。内容は日米が怨讐を超えて、同盟国として、新しい挑戦に立ち向かう。日本はどうしても、現憲法の下では、一角の独立した国家と言えない。さらに、東アジアの安全保障(隣人たちと、自分の安全)に、経済大国として、その責任を果たしていないからですね。

野田泥鰌は今回の韓国訪問で、竹島に触れなかった。賢いのか、愚かなのか??伊勢

Dear Friend:


Thank you for sending me materials to review. I appreciate hearing from you.

I am encouraged by the outpouring of messages and suggestions from Americans across the country. Some comments are supportive, others are critical, but all reflect the desire of Americans to participate in a dialogue about our common concerns and challenges. To learn more about my Administration's agenda, please visit: www.WhiteHouse.gov.

Thank you again for contacting me and for your continued participation.

Sincerely,

Barack Obama
2011/10/20 06:12 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、こんにちは。
すみません、最近は書きたいことがありながらドンドン日がたってしまいます。
民主党には呆れるのみ、未だに日本が持つ(デモなどに発展することなく)と言う事はやはり過去から蓄積して来た良識ある日本人が一部頑張っているからなのだ!と感じています。
さて、なつ様の載せてくださった’カフェスタ’「金美齢×安倍晋三スペシャルトーク」! 昨晩、動画をゆっくり拝聴しながら感じた事は、日本人として帰化された元台湾人の金美齢氏が仰っている事には説得力もあり納得しながらウンウンと頷いていました。

民主党は最初から信頼をしていないと言う事、正しく私も同じ気持ちを民主党が政権をとる前から感じていたのです(自民党ではダメだ!と散々メディアを通して操作をしていると思われた)。
民主党にはどんな人がいるのか…いざ蓋を開けてみれば、言い方は悪いかもしれませんが、あの鳩山氏、小沢氏、菅氏、山岡氏、輿石氏、小宮山氏、レンホウ氏、、、、上げたらきりのない方ばっかり! 政治家として日本の国を背負って行くにはとてもでは有りません。 左側に導くような方達ばかりなのですから!

そんな方達が政権をとり毎年首相が代わる、「今回の野田氏には以前よりも期待が持てるのではないか!?」などという人達もいるのですから…。 それに関しては全く時間の無駄をしているとしか思えません。
保守、自民党の国を思う政治家の人達が一日も早く政権政党として国の方向性を正していかない限り、ジワジワと国が衰退してして行くように強く感じます。
やはり金氏の仰った、「民主党に投じた、国民の責任は大きい!」無党派層の中での政治無関心の人達が多い事、その様な人達にどうしたら国の危機を伝えることが出来るのかがこれからの自民党に課された使命(役割)だと思っています。

私は麻生氏でも安倍氏でも、どなたでも左翼系思考(有識者、メディア)の人達に負けず、国の為にはボロボロに成っても良いと思われる方を応援して行きたいです。
方向性が変わればマスメディアを通じて一気に国民の意識が変わります。
国民の意識を変えるのは詐欺ではなく説得力、長い眼で見れるような考えを国民に植えつけることしかないと思います。’今さえ良ければよい、ばら撒いて国民を助ける’では、色んな意味合いから不都合が生じてきます。
本当に助けなければ成らない人達には手を差し伸べながら(社会保障の強化)、一般国民が国の未来の為に希望が持てるように仕向けて行く事なのではないでしょうか? 世界的に不況になっている今現在、色んな所(自然災害の続出)で事情が変わってきている中、た易いことでは有りません。それでも日本国を守らなければ成らない使命は我々日本国民にあるのだと思っています。

ーーー

ハリネズミちゃんの画像、とても可愛いですね。
童話も納得しています。
>人間はみんな不完全なのです。お互いの良いところを賞賛することで、人間の社会は良くなるというお話しです。

心の持ち方次第で、優しくなれるのかもしれませんね。

伊勢様、皆様御身体ご自愛ください。



2011/10/19 20:43 | Kay [ 編集 ]

伊勢様順調に回復なさっていらっしゃるようで何よりです。
ヤマアラシの赤ちゃんは初めて見ました。何とまぁ愛らしい事でしょう。昔はこれを食べていたのですか。?

世界にはいろんな食文化がありますからそのものを否定する事は私はいたしませんが。

昨日もなつ様が提示された自民党のカフェスタを見ましたがあのような方達であれば安心して日本国の舵取りを任せることが出来ると思います。
本日野田氏が韓国の李大統領と会談を行いましたが譲る必要の無い譲歩をしていなければ良いがと懸念のみが頭をもたげます。一般庶民から信用の無い政権が今度は何をしでかすのかと。
2011/10/19 14:33 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する