2011/11/24 (Thu) とんでもない法務大臣
hiraoka hideo justice

平岡秀夫(57)・第88代、法務大臣 2011年9月2日、野田内閣で法務大臣に就任した(初入閣)。


法務大臣の権限

1)国を当事者又は参加人とする訴訟については、法務大臣が、国を代表する。(国の利害に関係のある訴訟についての法務大臣の権限等に関する法律(昭和22年法律第194号)第1条)

2)外国人の在留許可~永住許可~帰化

3)死刑執行命令を発する権限と義務

刑事訴訟法によれば、死刑執行の命令は判決が確定してから6か月以内に行わなければならない。だが、再審請求などの期間はこれに含まれない。また、大臣によって決裁の頻度は異なり、賀屋興宣、左藤恵、杉浦正健等、在任中に発令の署名をしなかった大臣もいる。

「判決確定から6ヶ月という規定」は、日本国憲法制定後に、"今までのように死刑執行まで時間がかかりすぎるのは、死刑執行を待つ恐怖が長く続くことになって残酷であり、新憲法の趣旨にも反する”という理由で作られたもの。「犯罪者に対する厳正な処罰のために、6ヶ月で執行しなければならない」とする解釈は、本来の趣旨ではない。判決確定から6ヶ月以内に執行されない事例がほとんどであり、実効性のない規定になっている。

4)個々の事件の取調べ又は処分について検事総長に対する指揮権。ただし、発動されることは極めて稀である。






平岡法務大臣の経歴

東京大学卒業後、大蔵省に入省し、東海財務局や東京国税局の部長を経て、国税庁の課長などを歴任した。また、在インド大使館の一等書記官や、内閣法制局の参事官などを務めた。退官後は、弁護士として活動する。第42回衆議院議員総選挙にて当選後、民主党左派の中堅・若手議員による政策グループ「リベラルの会」の代表世話人を務め、民主党代表選挙でも影響力を発揮している[1][2]。なお、自身は菅直人のグループにも所属しているため菅を支持している。菅内閣で内閣府副大臣、および、国家戦略室長を務め、菅第1次改造内閣、菅第2次改造内閣で総務副大臣、野田内閣で法務大臣に就任した。

政策・主張

東京大学法学部在学中に司法試験に合格しており、内閣法制局での勤務経験を持つなど、司法行政に明るい。刑事事件の捜査について「取り調べの可視化」の推進を主張している。また死刑執行については、人の命を奪う重大刑ゆえ慎重であるべきというスタンスである。

外交・安全保障

日本の外交は”どの国も敵国視しない”という平和主義を掲げ、国連を主導とした集団安全保障に頼るべきで、国際問題の解決はできる限り平和的手段で解決していくべきとしている。

2006年11月15日、朝鮮大学校創立50周年記念祝賀宴に参加。

2007年10月3日、緊急集会「東北アジアの平和と日朝国交正常化―制裁をやめ対話と人道支援へ」(主催=緊急集会実行委員会、呼びかけ=東北アジアに非核、平和の確立を!

日朝国交正常化を求める連絡会)に社民党所属の国会議員らとともに参加。その後、2008年に、北朝鮮との対話路線外交を推進する朝鮮半島問題研究会を立ち上げた。

2009年6月19日、ソマリア沖の海賊から日本の船舶を保護するために自衛隊が海上警備行動を行うことや、ODAを活用してソマリア情勢の安定を目指す海賊対処法案について、衆院本会議で「自衛隊の海外派遣は認められない」とする反対答弁を行った。また、「海賊のいない平和な海をもたらす努力を自公政権にはうかがえないとして、速やかに解散・総選挙を行うべきだとした。

外国人献金問題

2011年9月6日の会見で平岡は、日本の政治家に対する外国人献金問題について“ほかの先進国と比べて、日本はかなり厳しい~金を受けてしまうことで、影響を受けてしまうのかが問題。そういう懸念をどこまで制度化していくかが問題の基本ではないか”と述べた。

パチンコ換金問題

パチンコ換金合法化を訴えている。

少年法について

2007年6月29日に放送されたテレビ番組[太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中](日本テレビ)に民主党ネクスト法務大臣として出演した際、番組内で行われた少年法問題での討論のなかで、“加害者の人に死の恐怖を味わわせるという気持ちで○○さん(被害者の母)が本当に幸せというか納得できるとは思えない~むしろ悪いことをした子供たちはそれなりの事情があってそういうことになったと思う”と発言した。この発言は2ちゃんねるや「Yahoo! みんなの政治」など、ネット上で物議を醸し、平岡への批判(感情的なものも含む)が相次いだ。そのため2007年7月2日に自身のホームページで、少年法についての自身の基本的な考え方を説明したうえで、発言は被害者遺族に対し配慮を欠いた質問であった、「太田光総理の番組は、バラエティー番組だから」という私の気の緩みがあった等として、釈明と謝罪をした。

(ウイキぺデイアから抜粋した)


asahara kuuchuu huyu

麻原彰晃こと、松本智津夫の魔術だそうだ。有名大学の構内に行き、「空中浮遊」と講義をして、学生を集めた。しかし、松本が空中に浮き上がるのを誰も見たことがない。こんな荒唐無稽なインチキに学生たちは引っ掛かったのだ。未熟だからだ。“死刑囚たちは被害者家族に謝罪もなく~何も語らない”とだが、実は、自分たちのやったことや~松本に騙されたことが、あまりにもバカバカしいことを認識したからだ。“語るに値せず”とだ。

asahara 2

16年6ヶ月の年月が費やされた「オーム裁判」が、今月11月21日に終了した。13人の死刑が確定した。さあ、平岡秀夫法務大臣は、いつ死刑執行に署名するのだろうか?平岡秀夫法務大臣の表情からは、13人の死刑囚を絞首刑にする決意が見られない。この男に、カリズマを説いても無駄であろう。

12歳の織田信長は、主人筋に当たる清洲城下に焼き討ちをかけて~父の信秀を驚かした。20歳のとき、謀反を企てた弟信行を殺した。それから、本能寺に火を放ち、自刃する49歳の年までの29年間に、約20万人を殺している。自ら、首を刎ねたことも多い。殺されたものの中には、比叡山、高野山、石山本願寺の仏僧がいる。伊勢長島の一向宗徒2万人は、手を上げて降参したが、ミナコロシにされている。信長の特性は、「非情」である。しかし、天下を統一するという意思があった。「敵を殺す」ことは、戦国武将の避けては通れない道だったのである。


(伊勢爺のつぶやき)

この平岡秀夫という男は57歳だ。幼い表情をした男だ。人間が未成熟ということだ。持って生まれた性格というのは、学歴や、職歴で変わらないものだ。法務大臣に任命されても、変わらないのだ。

法務大臣は、首相(主人)に逆らわない者が選ばれるんだと。すると、野田泥鰌首相も、平岡と同じように死刑反対論者ということになるね。伊勢

comment

康雄先生の書かれたことの全てに賛同します。イタリアを除いて、ギリシアなどが切り捨てられる印象がありますね。

日本に戻れば、まず政府が、次に国民が「胎」を決めることです。敗戦後、僕ら、1941年生まれの世代は、小学校(なかった)に登った。草鞋でね。わが母は、風呂敷に畑で採れたものを詰めた。先生方(代用教員)の収入の一部だったから。子供たちは、衛生状態が悪かったことから、赤痢でね、一晩で死んだ。ぼくは、父を代理して、同級生のお葬式に出たもんです。現時点の問題はね、そんな時代まで戻るってことじゃない。辛抱できる範囲は大きいのです。“泣くな~負けるな~文句言うな”とわが父は子供たちを励ましたのです。伊勢
2011/11/26 14:14 | 伊勢 [ 編集 ]

25日の債券市場で長期金利が急上昇し、日本の10年債が約3週間ぶりに1%台をつけました。

新聞を見てると、
・ユーロの抜本的な解決は望めないがユーロ各国が無策でいるとも思えない。需給面でも10年債利回りが1.05%を越えると割安感が出て買いが入るため大きく上昇しないだろう
・国内投資家によって需給面は盤石で金利は大きく上昇しないだろう

ただ、イタリアの長期金利7%が危険水域とされてるが、公的債務が多い日本は3%でも十分危険水域である、との記事もあります。
私も日本の国債利回りを他国と同様に扱ってはならないと思っています。


今後、日本は復興債で11兆円を国債入札にかけますが、ドイツのように札割れをおこせば現実味を帯びてきます。

そうなると、増税、年金改革、社会保障制度改革。日本人は今までのようにわがまま言ってはいられませんね。
2011/11/26 13:42 | 康雄 [ 編集 ]

>>麻生、安倍氏のような人達の政治家政党と思います。

そうですがね、安倍さんの過去の間違いは、1)ワシントンより先に、北京へ行ったこと~2)靖国に参拝しなかったこと(下野した今はどうなのかな?)~3)従軍慰安婦決議に抗議しなかったことです。引退されてはいるが、小泉さんの人気は高い。この人と和解出来るか? 伊勢
2011/11/26 13:16 | 伊勢 [ 編集 ]

皆様おはようございます。

りょうこ様、ご意見に賛成いたします。ただその前に民主党政権を一刻も早く下野させる事と自民党の政権復帰が必要ですね。
昨日国民新党の亀井代表が石原都知事を党首とした新党結成の動きありと産経が報じておりましたがその中には小澤グループやら色々とごちゃまぜに人を集めようとしているらしい。これでは民主党と同じで何も変わりません。

今の日本に必要なのは、麻生、安倍氏のような人達の政治家政党と思います。


経済の先行きもさらに怪しくなり、伊勢様の仰るとおり日本の国債も日本国内で支えきれなくなりつつあるほど
悪化していますね。今こうしている間にも恐ろしい勢いで利子が膨らんでいます。
2011/11/26 08:25 | 一有権者 [ 編集 ]

伊勢おじ様こんばんは。
良い事を思いついたのですが・・・
麻生総理に強い外交を、安倍総理に美しい日本国内をです。
二人三脚で、総理大臣になって頂きたいです。
無理を承知で、実現出来たらと願います。
2011/11/26 03:18 | りょうこ [ 編集 ]

Quote Show Indices
Symbol Lookup

DJIA 11,333.99 +76.44 (+0.68%)
NASDAQ 2,469.06 +8.98 (+0.37%)
S&P 500 1,170.08 +8.29 (+0.71%)
Russell 2000 677.55 +3.21 (+0.48%)
Time (ET) 11:15:30 AM

後、45分で、NY株式市場は終了ベル。株のトップアドバイザー(有料で、年間30万円ぐらい))は、“S&P500が、$1150に落ちてきたら、買いまくれ!”と書いてきた。ぼくは、そこまで下げないと考えて、朝一番に、IBMを買った(金額は言わないよ。笑い)ところ、ドカンと上がった。なぜ、IBM? IBMが、$178に落ちていたから。つまり、IBMが、$180以下というのは、IBMの純資産を下回るからです。儲かったら、Kenji先生に酒を飲ます(笑い)。伊勢
2011/11/26 01:28 | 伊勢 [ 編集 ]

Kenji先生が、“儒教に原因があるんじゃないか?”と提起された。ぼくも、そう考えるひとり。日本人の性格に共通するのが、“狭量”です。常に“鎧”を着ている~かたい姿勢~心を開かない、、つまり、ハートが小さい。その原因を“日本には天然資源がないから”とする人が多い。さあ、そうかな?

ぼくは、儒教が原因だと考える。“仁・義・礼・智・信の五訓は、抑圧的な教え”だと思う。現代中国でも、“儒教は内圧的”と批判が出ている。

その教えには、人間性が欠けている。人間の基本は、“同胞愛”です。基本は、夫が妻を愛す~親が子を愛す~友人を愛す、、さらに、人類愛へと向かえば理想なんだがね。だが、人間の内部には、悪魔が潜んでいる。潜んでいると書いたのは、“あの人が殺人を?とても、感じのいい人だったですよ”などの、善人風の悪魔が存在する。日本の社会には、オームだけではない、親殺し~子殺し~妻殺し~見知らぬ他人殺し、、包丁や果物ナイフで刺す事件が頻繁に起きている。そうかと思うと、死んだ親の年金を受け取っているバカ者がいる。

これは日本の社会が崩壊していることをヒントしている。だ・か・ら、法務大臣が最も重要な仕事をしなければいけない。オーム教団はね、地下鉄の車内にサリンを撒いて、見知らぬ人たちを殺したんだよ。この平岡秀夫が死刑執行命令を出すのはいつなのか、じっくりと、見届けましょう。伊勢

ところで、欧米、特に、アメリカでは、刺殺は皆無なんです。ピストルが主流だから(笑い)。伊勢
2011/11/26 01:09 | 伊勢 [ 編集 ]

>国民、みんながキャッシュ不足で困るなら、仕分けなど要らない。

状況は現金不足、つまりドル不足になるだろう。
皆さん、現金を持つように。それと冗談ではなく決済ができなくなって、貿易がとまる可能性がある。
 ひょっとしたらわが国は阿鼻叫喚地獄に陥るかもしれない。確か流通在庫が3け月だったと思う。
 しかし明日はきますよ。日は昇る。

金利が上昇すれば即アウトです。
2011/11/26 00:41 | kenji [ 編集 ]

Kenji先生
一有権者先生
多史済々先生

お三方が仲良く、意見を交換されている。70を超えた伊勢爺はとても嬉しい。作文の質はどうでもいい、情熱が篭っていれば。

今朝の米経済ニュースでは、20人のトップ・エコノミストの中、15人が、“ユーロは、コアを残して、弱国は脱落する”とですよ。ユーロ圏への投資が弱まるが、ぼくは歓迎です。USのサブプライムも、ユーロも、Fraud(偽商品)だったのですよ。日本債を“95%が国内で買われたものだから、安全なんだ”という神話は間もなく崩壊する。国債赤字額と有価資産総額が等しくなるのは、目前だからです。“野田政権はドライブ(プッシュ)が足りない”とIMFが警告。その通りです。

国民、みんながキャッシュ不足で困るなら、仕分けなど要らない。一律に、政府支出を引き下げ~社会保障も引き下げ~東北復興資金だけを確保すればいい。ホームルーム政権では、日本国民はさらに苦しむ。伊勢
2011/11/26 00:02 | 伊勢 [ 編集 ]

>多史済々
お尋ねの問題はkenjiも詳しくは知りません。
儒教には絶対者がいません。西洋といってもそれはキリスト教ですがそこには絶対者がいます。
 まず儒教ですがそこには聖人と君子と小人で持って分類します。そこで問題となることは自身が正しいと思う根拠は何かです。儒教には過ちが当然とされていますが、聖人といえども天命が変われば倒れます。それゆえ自身が正しいという事が間違いではないかという疑念が内心において生じます。

 そしてこの逆に聖人であるならその人のすることは正しいとなる現象が起きますが、天命があります。

 ではキリスト教は絶対的に正しい神というものがあり、その代理人としての人間がおり、その人が殉教して正しさを証明する。つまり信仰を証明して、その人の正しさを示す。つまり神を信じるゆえにその行為において殉教をして、それが正しさの証明とされる。

 そこで儒教的人間がキリスト教的文化に接すると何が起きるか。
それは聖人が絶対的な神の位置にたどりつき、自身は常に正しいとなり、天命による正しさの変更がなくなります。
 それはキリスト教においても同じ現象が起きます。神の代理人ですから当然、起きますが、それ以前にキリスト教には人間は原罪があるという一番基本的な認識があり、それが神の代理人という意識を抑制します。

 儒教的人間が聖人となり、その上で神の代理人となると、天命による抑止も人はすべて罪びとであるという抑止も無くなり、文字通り聖人でかつ神の代理人となり、自身は常に正しいとなり、自分以外の人が見えなくなり、常に世の中のより、自身は別の世界におるという意識が出てきます。

 これは社会で成功した人にも見られますがその人々ははあくまでその成功した部分において見られるがそれでも絶対とは思っていないはずです。

 しかし上記に示した人々は世界全体において自身が正しいとなりますから、その正しさに寄りかかって、他のものが見えなくなる現象が起きて、最後には何がなんだか、外から見るとわからなくなりますが、当人は別に正しいと思ってます。

 わが国の新興宗教の教祖は常にその要素をもちますからきわめて危険です。

 以上です。うまく説明ができません。

我々の受けた教育は正しさとは何かという教育を先生も受けていませんから、それが大きな問題となると。なすすべも無く対処ができなくなります。

 人を殺してはなぜいけないか?
キリスト教では十戒がありますが儒教には無いですよ。
2011/11/25 21:46 | kenji [ 編集 ]

今日のkenjiさんの記事はいつもと比べて(失礼な書き方で申し訳ない)理解できる。

たぶん多くの中の一人に私も入っていそうな予感がします。経済がどんどん悪くなってきているようですが、そうなればどこかに打開策を求めるのでしょうが、その解決策を多くの人が死ぬような打開策に求めるのは止めてほしいものですね。
2011/11/25 21:40 | 一有権者 [ 編集 ]

kenji様

>この手の人間はわが国に多い。儒教的文化が西洋文化に出会うとできる、タイプで・・・
 
 ここをもう少し詳しく語っていただけませんでしょうか?感じるままにで結構です。
2011/11/25 20:52 | 多史済々 [ 編集 ]

簡単なことが分からない人でしょう。
わが国の教育を受けるとできる人々の一員でしょう。早い時期に司法試験を通過していますから、頭のいい人でしょう。わけ合って、法律文を読んだが何なんだかわからないとおもった。そしてこれを理解するには相当な勉強が必要だなと思った。特に民法などは何がなんだかわからない。ただ大きな問題があることは分かりました。
 明治のとき生じて、その後民法典論争、天皇機関説へと進んだ問題のことです。

この法律文の世界に生きると、目の前のことが分からなくなるのではともおもった。

平岡氏は弁護士では飯は食えない。弁護士の飯の種は別に弁護士資格が必要ではないからである。もともと弁護士という言葉が悪い。元のように代言人法に変えることである。オウムの浅原の弁護人というよりオウムの浅原のいい分を言う、代言人といったほうが、していることの内容がよく分かる。検察官は浅原を法律にもとずいて、起訴した国家のいい分の代言人となり、物事がよく分かる。

 さて平岡氏だが法務大臣の仕事の一つに死刑執行がある。これは彼の心情とは関係なく決められているもので、ちょうど医者が患者を選べないことと同じように法律で規制されている。従って当人が死刑をいけないと考えているなら、法務大臣は受けないのが普通の人がすることである。これが道筋である。

 所が彼はそのようには考えない。まるで自身は法体系の別枠に居り、その法体系を変える事は当然で、それは正しいことだと思っている。このような意識を持つ人がわが国の教育を受けるとできる仕組みがわが国の教育にはある。つまり目の前にある世界とは自身は別の世界に居り、その世界から見ると目の前の世界は駄目と見る感覚である。それすら意識していない。
 それは現状把握能力ができない人々で、目の前にあることを知ることができない人々である。
もともと現状認識は難しいことだが、それをさらに受けた教育が難しくしている。

 法律はすべての人に適用され、当然死刑を当たり前とする人々が居り、その人々と自分とを同じ目線において、考えることが彼にはできない。
彼は、死刑を当然とする人々をその意識から排除している。同じ世の中に、死刑囚も自分も、死刑反対の人も賛成の人もいて、その中の議論とは彼は考えていない。そもそも、そのようには考える能力が無いだろう。

 この手の人間はわが国に多い。儒教的文化が西洋文化に出会うとできる、タイプでおそらく浅原彰晃と同じたちの人だろう。無意識において彼に親近感を平岡氏は抱いているのではないだろうか。

 本当にこの手の日本人は多い。うようよいる。テレビに出てくる評論家などはその人々である。

法律には法務大臣は死刑を執行せよと書いてある。明文としては無いが、それが法の精神である。
彼は本当に司法試験を通過した人だろうか。法律というものが分かっていないのではないか。

福岡高裁で外国人の生活保護について、生活保護法に書いていない、行政上の便宜措置を、合法として、生活保護法を読む能力がないことを示した裁判官と同じ種類の人でしょう。裁判官は法律が違憲としても、法律にそって、判決を下すだけで、立法の権利はない。所が裁判官はその自覚が無い人が多いようである。
 大津事件という輝かしい歴史があるにも、かかわらず、わが国の司法関係者はまったく話にならない人が多いと思う。とてもではないがわが国は法治国家とはいえない。しいて言うなら、儒教的かって、気ままのその日暮、法治国家とでも言おうか。

 大元は憲法の規定、自衛隊の規定が問題である。憲法を改正するか、再び明治維新の様にするか?

>なぜ、朝鮮日報が「日本債の危機」を記事に書くのか

朝鮮日報は意外といいですよ。当たり前です韓国は日本無しには生きていけないから関心を持つのは当然です。
 同じようにわが国はアメリカ無しには生きていけないから、関心を持つことですが、どうも違う。ここがわが国の問題で、大体、潔くない。

 この金融危機について、田舎でいろいろな人に言うがまったくの無関心で、理解しようとする気すらなく、遠い世界のことのように思っている。もう疲れました、なけなしの知識で、色々説明するのに。

 痛い目を食うしかない。多くの人が死ぬなあ。その中の一人がkenjiになるなあとこの頃思います。
 特に60歳以上の人々は本当にひどい。痛い目をくえばいいが、それが川向こうのことなら棄てておくが、違うから困ったことだ。
2011/11/25 17:09 | kenji [ 編集 ]

記事入力 : 2011/11/25 07:42

S&P、日本国債の格付けを警告

 米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の小川隆平ソブリン格付けディレクター(アジア国債担当)は24日、日本国債の格下げ可能性を警告した。

 小川氏はブルームバーグ通信とのインタビューで、野田政権が政府債務削減への取り組みでこれといった進展を見せていないとした上で「日本の財政は分単位、秒単位で悪化している」と指摘した。


 発言は日本国債の格下げを意味するものかとの問いに対し、小川氏は「格下げに近づいていると言った方が正しい」と述べる一方、財政の悪化は段階的なものであり、「きょうすぐに行動を起こすわけではない」とした。S&Pは今年4月、日本の格付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」に引き下げている。

 発言が伝わると、日本の10年物国債の利回りは、前日比0.03ポイント高い0.995%に上昇し、過去3週間で最高となった。また、東京株式市場では日経平均が前日比1.8%安の8165円18銭で引け、2009年3月以来の最安値を記録した。

 国際通貨基金(IMF)は前日、インターネット上で発表したリポートで、日本の金利は世界最低水準にあるが、急激に上昇するリスクがあると警告した。

 一方、別の格付け大手フィッチ・レーティングスは24日、ポルトガルの信用格付けを投資適格の「BBBマイナス」から投資不適格に当たる「BBプラス」へと1段階引き下げた。

金載坤(キム・ジェゴン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


なぜ、朝鮮日報が「日本債の危機」を記事に書くのか。それは、日本債を韓国が多く抱えているからだ。今夜のWSJは、日本の財政のバランスシートを詳しく書いている。IMFは国際陰謀機関だと書くブログがあるが、幼いアタマで書いている。人間に知恵がある限り、IMFなどの機関が国際金融をコントロールするのは当たり前だからだ。日本を搾取しようというのではない。日本発の金融危機に警鐘を鳴らしている。欧米と日本の金融制度が破綻すれば、Kenjiさんじゃないが、第三次世界大戦も筋書きだからね。USのメデイアや保守系のFOX・TVが盛んに、「イランの核の脅威」を宣伝している。保守系は、“イランを爆撃せよ”と叫んでいる。伊勢
2011/11/25 14:47 | 伊勢 [ 編集 ]

青山繁晴さんのご提案は理解できるよ。だがね、TPPはまだまだ年月が掛かる上に~最終合意はかなり紛糾するでしょうよ。後続の日本が、現時点で、“TPPよりもいいアイデアがある”と提案してもね、誰が耳を貸すのよ(笑い)?伊勢
2011/11/25 05:38 | 伊勢 [ 編集 ]

一有権者先生

こちらから見ていても、日本の舵取りは難しいと思う。まず、国民が政府に自信を失ったと思う。“悪くなるばかり”とあきらめているように感じる。それは、そうだろう。自公政権でも、「日本が行く道筋」を国民に示すことが出来なかった。これは、地図を持たずに旅に出ることと同じです。“一体、どこへ行くの?”とね。

この平岡法務大臣は罷免するべきだよ。野田氏がそれを出来ないならば、他の政策も同じように、きっぱりと道筋を示せず、中途で失敗する。大学入学試験~大学~公務員試験~官界~政党活動、、中国の科挙制度と同じだ。どれも、人間が生まれ持った本能を破壊する環境だ。平岡などは、人生をミーテイングで終わる人間だ。なぜなら、そういった教育を受けたからだ。それで、一角の思想を持っているつもりでいるんだ(笑い)。伊勢
2011/11/25 05:28 | 伊勢 [ 編集 ]

玄葉外相の訪中、中国側は異例の厚遇

 玄葉外相は24日未明、日中外相会談のために訪問していた中国・北京から帰国した。北京滞在は11時間余りで、事実上の「日帰り」だったが、中国側は温家宝首相、戴秉国・国務委員(副首相級)が個別に会談し、異例の厚遇を見せた。

 玄葉外相が要請した日本産食品の輸入規制の緩和も、中国側は24日にさっそく部分的な緩和を決めるなど、日本との関係改善に積極的な姿勢を示した。玄葉外相と温首相との会談は予定より5分長く35分間行われ、戴氏との会談は、予定の倍の約1時間に及んだ。

 日中関係は昨年の沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で冷え込んだが、今回、中国側が友好ムードを演出した背景には、先の東アジア首脳会議(EAS)などを通じ、米国が環太平洋経済連携協定(TPP)などでアジア地域への関与を強め、「中国包囲網」を形作ろうとしていることがある。(2011年11月24日21時23分 読売新聞)


TPPの追い風もあるが、玄葉光一郎さん(47歳)のパーソナリテイは、中国にとっても好ましい。このひとは、「憲法違反とされた集団自衛権解釈の見直し」を主張した。野田内閣の中でたったひとり背を高くして歩いている。温家宝~楊ケッチも大分トーンが落ちている。玄葉さんの若さ~ことば~態度に好感を持ったのだろう。伊勢爺はこのひとに期待している。伊勢
2011/11/24 23:53 | 伊勢 [ 編集 ]

この平岡という人物は法相もですが、防衛相にはもっとも不適格人物と思います。民主党はこんなのがごろごろいるのでしょう。とても日本の舵取りを任せられる人物ではありませんね。
2011/11/24 20:33 | 一有権者 [ 編集 ]

青山繁晴氏のこの提言、とてもいいと思いました。

ニュースの見方 11/23/2011
http://www.youtube.com/watch?v=m0V416_K1xU&feature=player_embedded#!
2011/11/24 14:23 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する