2011/11/26 (Sat) はあ?セックスに興味ないんですか?
hatoyama fashon 1

男がファッションに魅(ひ)かれる? 国を憂いて、自決した三島由紀夫氏にも、ファッションを好む傾向があった。う~む! 伊勢平次郎 ルイジアナ






未婚男性の6割「恋人いない」…女性も5割

 18~34歳の未婚者のうち、「交際中の異性がいない」とする男性が約6割、女性が約5割にのぼり、1987年の調査以来、最高となったことが25日、国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。

 調査はほぼ5年ごとに行われ、今回は昨年6月に実施。回答者の中から18~34歳の男女計7073人分をまとめた。

 結果によると、「交際相手がいない」と回答した男性は2005年の前回調査比で9・2ポイント増の61・4%、女性は同4・8ポイント増の49・5%。「交際相手がいないし、交際も望んでいない」と答えた男性は27・6%、女性も22・6%いた。

(2011年11月26日01時33分 読売新聞)


日本男児よ、ホモになってはいけない!

現代の日本の男はダラシがない。女性に興味がないんだとよ?それでは、おい、何に興味があるんだ?伊勢爺は古い人間かも知れないが、“女性なくして、人生はない”と思っている。カネなどいくらあっても、愛人もいない生きざまは、ダメだ。大体ね、不潔だよ。フケツ。

男にとって、服装は大事だ。服装によって性格が変わるからだ。あんた、女装してみなよ。段々、ヘンな気分になるよ。“男に抱かれてみたい”とかな(笑い)。


日本男児を日本男児にする方法

“信長は小姓の森蘭丸と寝た”という説があるが、真実かどうかは不明だ。なぜなら、信長は濃姫を愛していたからだ。美男の信長に心を傾ける女性は多かったはずだ。だが、信長は妾(めかけ)を作らなかった。

信長は、男の中の男だ。日本を統一するために、20万人~30万人を殺したと語られている。この非情な性格ばかりが語られるが、信長の特徴は、父親の信秀譲りの「商才」であった。信長は、雑兵(兵でも、百姓でもない)に、戦(いくさ)のない期間には、新田を耕させた。そして、その収穫を分けて与えた。雑兵たちは、“嫁が欲しい”と言い出した。鷹揚な性格の信長は、雑兵たちに開墾地を与えて~嫁を取らせた。これが、「農兵(のうへい)」の始まりだ。信長は、農地解放をやってみせたわけだ。これにより、尾張~美濃一帯に豊沃な田畑が生まれた。ほかにも、信長は、関所を廃止したり~街道を拓いている。信長が本能寺で討ち死んだ1583年には、日本の人口は、1000万人増えて、4000万人になっていたという。つまり、信長は、30万人は殺したが、1000万人の人口を生んだわけだ。それでは、この人口はどうして増えたか?男女が行うセックスだよ。セックス。

現代の日本の青年男女は、性欲がないのだろうか?この原因だが、「運動不足とパソコン人生」じゃないかな?運動を知的活動の上に持ってこなければ、食欲は沸かず~インスタント食品で済まし~その上、夜更かしするから、性欲は沸かない。あんた、もしかするとバカじゃない?

こうなれば、国家は滅亡する。国民皆兵を国家政策にして~赤紙で徴兵して~朝から晩まで走らせて~性欲の沸くメシを鱈腹食わすしかない(笑い)。やはり、信長は正しかったのだ。伊勢

comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/21 01:24 | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/22 10:19 | [ 編集 ]

ここに書くことじゃないけど、
「結婚は究極の打算であり
同時に、損得で成立すると夢想するもの」
と思っています。
究極の打算とは、つまり経済的な打算や利益供与だけでは成立し得ないことを示します。

好いた相手と結ばれたいのなら、何を好いたのか自ら問うべきでしょう。
それが唯物的なものであれば、ソレは必ず失われる。
入れ物に惚れるなら、中身は関係ない。
惚れたのが中身なら、入れ物は関係ない。

たかが40年の人生で、20年寄り添う妻を持つ人間が高説をぶっても、何の含蓄もありませんが(笑)
2011/12/01 23:03 | Mephist [ 編集 ]

>男の結婚意欲を削ぐ報道が多いんじゃないか?

 まあ心に余裕を持って、それから女性に触れてみてはいかがでしょう。刺激的な音楽も良いけど、美しい音楽を聴いていれば心に余裕が生まれますよ。

(シェーンブルン宮殿コンサート1)
http://www.youtube.com/watch?v=azl9sajo4aY&feature=related 
(シェーンブルン宮殿コンサート2)
http://www.youtube.com/watch?v=zKUW7G8J1Nw&feature=related 
2011/12/01 11:35 | 多史済々 [ 編集 ]

男の結婚意欲を削ぐ報道が多いんじゃないか?
http://blog.livedoor.jp/hankon/archives/4028979.html
2011/12/01 02:20 | [ 編集 ]

>>大正世代は何かいいたいことがあるようですが、ソレヲ言葉にできない感じです。 勝ち負けより何か別なものを感じていますがその内容はどうにも整理がつかないようです。

迷っているのじゃなくて~日本を愛する心と、昭和軍閥の醜さを体験したことの葛藤でしょう。大正時代に青春を送った人たちは、リベラルなんですよ。伊勢

2011/11/28 22:29 | 伊勢 [ 編集 ]

>現代の評論家と称す連中とは、全く違う人種なんだ。つまり反米なんかじゃない、別の感覚を持っている人たちですね。それも、戦争に負けたからではない。負けたことなんか、気にならないようですよ

そうです。反米なんかではありません。当時の庶民の親米は半端ではありません。技術者は機会を見ればそれでおしまいだったでしょう。
 大正世代は何かいいたいことがあるようですが、ソレヲ言葉にできない感じです。

 勝ち負けより何か別なものを感じていますがその内容はどうにも整理がつかないようです。

 しかしその世代も後5年で確実に去ります。
2011/11/28 20:34 | kenji [ 編集 ]

多史済々先生

伊勢爺が10億円造った日、どこへでもお連れイタシヤス。実は、"出来るんじゃないか”と思っている(笑い)。

ロシアの大統領選(3月)は、プーチンに決まったね。「統一ロシア」の支持率が落ちて、議会の3分の2は確保できないらしい。大統領任期は2012から、6年間に延びる。自動延長があるので、プーチンは、12年大統領を続けると。2000~2008年の8年間と合計で、20年間もの長い期間大統領ということになるね。ロシア経済は、欧米の金融危機をモロに影響を受けてはいるが、2016には、欧米並みの、国民一人当たりの年収が、25000ドル(今、10000ドル)になると予測されている。次回のエントリにします。ぼくは、大阪市長選よりも、日・米・露の相互関係に大きな関心がある。伊勢
2011/11/28 13:38 | 伊勢 [ 編集 ]

艦長

>大体の日本人は、日本女性と西洋人女性は全く違うものっと思い込んでいる。ぼくは、おかげさまで(笑い)ですね、“女性はみんな同じ”と思っているし、決めている。

 いやいや~な~るほど。

 大アジア主義者は独善に過ぎたのですか。要するに知らないことが多過ぎたわけですね。

 私は横浜で朝に中華街のシナ女性の部屋でシナ朝食を作ってもらっただけの経験しかないですが・・・

 私の夢の一つはいつかウィーンでニューイヤーコンサートを聴くことです。未だに着ていく着物がないですが・・・いつか、実際に観て聴いてみたいです。ユアロピリアンを知りたいですよ。

http://www.youtube.com/watch?v=4dUp12tGMJ8&feature=related
2011/11/28 07:55 | 多史済々 [ 編集 ]

kenji先生

ぼくの母親は、大正2年(1914)生まれで、平成13年、86歳で泉下の人となった。わが父親は大正海軍だったから、真珠湾奇襲の日には、45歳だった。満州新京市に住んでいた父も母も、“アメリカと開戦したと号外で知って、暗澹となった”と話していた。この世代の日本人は素直だった。思ったことを臆せず話した。現代日本人の持つ卑小さはなかった。日本人が、特に日本の男が弱くなった原因は、この素朴さを失ったからだと思うね。まだ、東北などの地方の人々は素朴ですが。管低脳首相に“もう帰るんですか?”と大声を出した人なんか立派ですよ。

ぼくの三兄は予科練に志願した。だが民族主義者じゃない。“アメリカと戦争するなんて”と言っている。この兄は、アメリカ映画が大好きで~ジャズが大好きで~喫茶店でコーヒー飲んで~パイプを咥え~銀座で買った帽子を被り~ワシントン靴店のコルドバンを履き~派手で短いネクタイ、、アメリカ人に生まれたかったんじゃないかと思う(笑い)。わが兄も、“戦争で死んだ人が気の毒だ”と言いますね。現代の評論家と称す連中とは、全く違う人種なんだ。つまり反米なんかじゃない、別の感覚を持っている人たちですね。それも、戦争に負けたからではない。負けたことなんか、気にならないようですよ。伊勢
2011/11/28 02:28 | 伊勢 [ 編集 ]

>どういう意味ですか?“非人間的な性格は同じだ”と?

これは目の前の事が見えなくなることで、人格は関係ありません。具体的には相手が消える事です。
 浅原はサリンをまくと人が死ぬが、それを無視するわけではありません。そもそも人が死ぬ事が認識できなくなります。そのため独善にみえます。
 
>大アジア主義の失敗に戻れば、日本人が勝手に思い描く世界と現実の世界の大きな乖離が原因だと思う

これは日本人のしゅくあ(変換ができません)です。

>全てに、「論拠」の裏付けがないと負ける

kenjiも学問的訓練を受けていないから、あやふやである。受けた教育において、ひとつのテーマをあげてそれについて他の人がどのような意見を言っているかをまず知り、それについて、自分(?)の意見をいい、それについて、当人が調べた範囲では、自身の意見だったようだが、違う事を指摘されて、さらに進むと結局自身の頭にある意見はそれ以前に誰かが述べているに過ぎないと思い至る。

 自分にとって初めての事は他人(歴史)とって、初めてでないとなり、ここに自分の意見を述べる上における抑止がかかるようになる。
 我々が受けた<自分で考える>ということは結局は<人の考えを自分の考えのように錯覚をするの過ぎない>
でしょう。

>そうですか、お父さんと映画をね。今、見たら違う評価になるかな?

 父親はぼけ始めて<戦争で死んだ人が気の毒だ>というだけです。また<忘れたよ>ともいいます。ただ戦争についてはいいたいことは多くあるようですが、いいません。大正世代で戦後の日本を作った人々の一員です。

もう確か30年くらい前です。三菱の社員が多くきており<さすがゼロ戦を作った会社だ>と話した事を覚えています。
 父親に<お父さんほとんどの人はアメリカと戦争をするとは思っていなかったのでは>とたずねると、一瞬妙な顔をしました。そして<実を言うとそうだ、身の回りにいる人は誰もアメリカと戦争をするとはおもていなかった><新聞にはあめりか、やっつけてやれ、だったでしょう><ああそうだが、誰も本気とはおもていなかった、そのため真珠湾を攻撃したと聞いたときには、ドキとした。いいのかとおもった。ところが戦果の報告を聞くと、これはいけるかもしれないと思った>と答えましたが、まずい事を聞くなとは思ったでしょう。
 当時父親は中学を卒業して東京のアメリカ系の会社に勤めていました。

 したがって二十歳前でした。また義理の叔父に聞くと<アメリカと戦って勝てるはずは無い>とおもっており、徴兵はにげました。学徒出陣などなんとも思っていない人でした。辛らつな意見を言う人でした。

 まだ二人とも二十歳前ですがテレビも、ラジオを少ない世代で、その時代の人々は実物を見る事から勉強をしていますから、我々のようにテレビラジオからの情報ではなく、身の回りからの話から真偽を判断していたようです。
 今はそれこそ偽を信じて、生きている時代です。
 我々よりもはるかに物を見ていたようです。
2011/11/27 23:08 | kenji [ 編集 ]

>> 玄洋社等大アジア主義者はどうなんでしょう、国粋主義といえるのかどうか私は良くわかりませんが、彼らが中国建設の揺籃であったことは確かです。 勝てば官軍、負ければ賊軍ではちとステレオタイプのそしりを受けるとも思われます。大アジア主義者に足らなかったものは何なんでしょうか?

1956年、高校時代に世界史を習った。日本の文部省の教科書や、教育大学を出られた若い先生の世界史がすべてを語っていたとは思わない。なぜなら、アメリカに渡って、10年もすると、世界史観が大きく変わったのです。つまり、日本を軸にして見る世界と、アメリカ大陸の一部から見る世界では、歴史も、現在の出来事も、全く違う風景なのですよ。同じように見えて、全く違う、、人間の視点なんてのは、万華鏡を覗くようなもんです。だから、歴史論争ほど不毛なものはないのです。日中合意など夢物語です。

ぼくの考えですが、日本の大アジア主義が失敗した理由は単純です。それは独善でしょう。アメリカの為政者にも独善の傾向がある。ブッシュがそうですね。日本人の独善ですが、日本人は、現地を見ずに議論する癖がある。他国の女と寝たこともないのに、分かったつもりでいる。大体の日本人は、日本女性と西洋人女性は全く違うものっと思い込んでいる。ぼくは、おかげさまで(笑い)ですね、“女性はみんな同じ”と思っているし、決めている。

大アジア主義の失敗に戻れば、日本人が勝手に思い描く世界と現実の世界の大きな乖離が原因だと思う。TPP論争を見ると、“この、わいわい連中、英語で論争出来るかなあ?”と大いに疑問が沸く。英語の論争は、井戸端会議じゃないんですよ。ペリーメーソンの法廷論争に近いんですね。すると、“アヒルに見える~アヒルのように歩く~だから、アヒルに違いない”というような「レトリック」は絶対に受け入れられない。全てに、「論拠」の裏付けがないと負ける。「たかじんの、、」を見ていて、“このなかのひとりも、TPP交渉能力はないな”と思った。屋山太郎さんかな、このおひとには、高い理性があると思った。伊勢
2011/11/27 22:14 | 伊勢 [ 編集 ]

艦長

>儒教が日本を敗戦に追いやったのかも知れない。

 そうですね、日本輸送船はアメリカ潜水艦にすいぶん沈められたらしいです。しかしまあ、ガダルカナル等への物資輸送を潜水艦が担わざるを得なかったせいもあるのでしょうが日本潜水艦はアメリカ輸送船をその主な標的にしませんでしたね。

 玄洋社等大アジア主義者はどうなんでしょう、国粋主義といえるのかどうか私は良くわかりませんが、彼らが中国建設の揺籃であったことは確かです。
勝てば官軍、負ければ賊軍ではちとステレオタイプのそしりを受けるとも思われます。大アジア主義者に足らなかったものは何なんでしょうか?
2011/11/27 21:23 | 多史済々 [ 編集 ]

>>広田内閣が戦争への重要な引き金を引いたことは事実だとkenjiは思う。

ぼくもそう思うが、「不作為」が大きい。つまり、説教的に阻止しなかった。外交官が軍部にとっては、飼い犬の存在であったというような陳述をしているね。彼の持っていた美学と、あらゆる反対を無視して戦争へ傾斜する軍部とは、とても相容れないケミカルだったでしょう。現実の世界では、孤高の姿勢は孤立し踏み潰される。

そうですか、お父さんと映画をね。今、見たら違う評価になるかな?

>>きつく言うと<浅原と法務大臣の平岡氏はわが国において生じるある種の人々です。ただ表れ方が異なり、平岡氏も浅原と同じことをする>kenjiは見ています。

どういう意味ですか?“非人間的な性格は同じだ”と?

それにしても、ユーロは崩壊に向かって速度を増してきた。国債投資機関に見放されている。12月9日に欧州会議がある。これで、幕引きかな?伊勢
2011/11/27 21:12 | 伊勢 [ 編集 ]

>この広田弘毅とご夫人と娘さんに、儒教の思想を感じる。儒教が日本を敗戦に追いやったのかも知れない。伊勢

中途半端な儒教理解がもたらしたものでしょう。
広田弘毅がもっていた倫理は個人倫理としてはよいでしょう。社会的責任(この用語は造語)と個人倫理は如何にあるかということに関して、思想的構想がわが国にはは無い。
あるのは平重盛の<忠ならんと欲すれば,忠ならず、考ならんと欲すれば、考ならず>ということでしょう。
 
 もう一つは、楠正成、大谷刑部の三成への参加、それと赤穂浪士でしょう。

 広田弘毅は政治なセンスがなかったと思います。

広田内閣が戦争への重要な引き金を引いたことは事実だとkenjiは思う。
 東京裁判において沈黙を保ったのはよかったが、個人的には日記を残していただきたかった。

 東京裁判において、英語がわかるから、判決を聞く前に、イヤホーンをはずし、きていた娘さんに挨拶をする姿には、なんともいえないもの感じました。
 わが国の生徒に経緯を説明して、見せるべきです。

映画館で父親と見ました。その映画にも中共が史実に無いことを強引に入れさせています。小林正樹氏はどうかしているが、かろうじてその場面には報道と入れてある。しかし容認できない。
三菱重工の社員が多くきていました。
 儒教がわが国に影響を与えるようになったのは江戸時代以降で、徳川家康が統治の思想として入れましたが、諸刃の剣でした。
本家の儒教とは異なるものがあるようです。

きつく言うと<浅原と法務大臣の平岡氏はわが国において生じるある種の人々です。ただ表れ方が異なり、平岡氏も浅原と同じことをする>kenjiは見ています。
2011/11/27 18:25 | kenji [ 編集 ]

多史済々先生

城山三郎「落日燃ゆ」は一読の価値がある。東京裁判で、文官として、たったひとり処刑された広田弘毅(近衛内閣外相、総理大臣)の生涯を描いている。勿論、無罪であるべき人である。インド~フランス~オランダが無罪を主張した。だが、本人は昭和天皇に罪が及ぶと考え、自ら罪を認めた。そのことが死刑判決の理由となった。ご婦人の静子夫人は、裁判が始まると自決した。家系が極右団体に属していたから。

広田逮捕にジープで乗りつけた、MPは、玄関に出た広田に、セーラー服の娘さんが深々と頭を下げるのを見て、“これほど美しい親子の別れを見たことがない”と記している。

この広田弘毅とご夫人と娘さんに、儒教の思想を感じる。儒教が日本を敗戦に追いやったのかも知れない。伊勢
2011/11/26 22:39 | 伊勢 [ 編集 ]

 こちらで書き込みさせていただきますが、艦長より儒教の影響により日本人は狭量となったのではないかとのご意見がありましたが、確かにその影響はあると思います。
 しかし私はアメリカはまだ若い国だから伸びしろ(大らかさ)があるのではないかと思うのです。例えばアメリカのある閉ざされた世界(例えば高学歴で社会的に成功した富裕層社会)ではどうなのでしょう。儒教と同じような内省的自己抑圧的な倫理観は発生しないのでしょうか。人口密度が高まり、経済の膨張が止んで他国からの人口移入が止んだ時にさてアメリカがどうなるのか見ものです。
 アメリカ映画などを観ていますと年長者に対しても対等の言葉を使っているように感じますが、私は日本はそれを真似て欲しくないです。
 艦長に対し、やあノブ などと私は決して呼べません。

 でも、日本人の狭量・閉鎖性は改善しなければと思います。
2011/11/26 21:17 | 多史済々 [ 編集 ]

米、34年ぶり原発着工へ…年内にも東芝系新型

米国で原子力発電所4基が年内にも着工する見通しになり、東芝が12月上旬にも、タービン周辺機器を米国向けに輸出することが26日、明らかになった。

 米国で原発の新規建設は約34年ぶり。4基はいずれも東芝子会社の米ウェスチングハウス(WH)の新型炉で、米原子力規制委員会(NRC)が近く建設・運転の一括認可を行う方向だ。米国で原発建設が再開すれば、日本からの原発輸出も本格化しそうだ。

 着工するのは、ジョージア州のアルビン・ボーグル原発3、4号機と、サウスカロライナ州のV・Cサマー原発2、3号機。2016年以降の運転開始を目指す。いずれも110万キロ・ワット級の新型炉「AP1000」を採用し、外部電源が喪失しても72時間原子炉を冷却できるなど災害にも強いのが特徴だ。東芝は、蒸気を水に戻すために必要な中核機器を輸出する。

(2011年11月26日14時35分 読売新聞)


この審査のニュースは、チラホラと聞こえていた。だが、環境団体が騒いでいたので、一体、いつ許可するんだろうかと思っていた。今年3月11日に起きた福島原発事故でも、米NRCは“福島を教訓として、これからも推進する”と発表した。国際原子力機関の天野理事長は来日して、いかに、原発が将来の電力源として重要なものかを話した。安全規則も新しくした。東電のおかげで、日本は原発に反対する人が増えた。だが、もう少し冷静に議論はできないものか?伊勢
2011/11/26 19:08 | 伊勢 [ 編集 ]

北朝鮮、300万人が食糧難…国連機関が予測


 国連食糧農業機関(FAO)と世界食糧計画(WFP)は25日、北朝鮮で2012年度(今月~2012年10月)に食糧41万4000トンが不足し、約300万人が食糧難に直面すると予測した報告書を公表した。

 同年度のコメや大豆、ジャガイモなどの食糧生産量は前年度比8・5%増の約550万トンが見込まれるが、需要を満たすにはさらに73万9000トンの食糧輸入が必要なのに対し、北朝鮮は32万5000トンの輸入しか計画していないという。

 北朝鮮の今年5~9月の食糧配給は1人当たり1日200グラム以下で、最低必要とされる量の約3分の1にとどまった。小児病棟では栄養失調に陥った子供の入院が昨年より50~100%増えているという。

(2011年11月26日10時34分 読売新聞)
2011/11/26 14:26 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する