2011/12/30 (Fri) お正月です。おめでとう。
hinomaru 1

日本人なら、日の丸~君が代。当たり前のことが出来ない人が増えた。左巻きの教師や国会議員などどうでもいいがね(笑い)。



どこかの神社の門松。お正月というと、伊勢志摩の田舎の門松を想い出す。わが父は、志摩磯部の貧農の9男(末)として生まれた。「口減らし」のために、瓦屋職人の尾崎次郎吉という夫婦の養子となった。17で大正海軍・扶桑の水兵となり~養父母と妹に軍艦から送金したとおばちゃん(妹)が言ってた。

父は元旦が過ぎると、「お伊勢さん」こと伊勢皇大神宮参りにこどもたちを連れて行った。現在スペイン村となっている志摩半島の磯部から朝熊(あさま)山を越えて歩いて参内した。途中、五十鈴川で顔を洗った。外宮さん、内宮さんと、こどもを連れ回した。腹を減らした小学一年生の弟は泣いた。でも、お参りが終わると、赤福本店の縁台に座った。出来立ての赤福をこどもたちに好きなだけ食べさせた。わが父は根っからの伊勢の人だった。



可愛いねこのデザイン。辰年生まれのひとは、惚れやすく~飽きやすいとか。金運もあるが、すぐに散財してしまうとか(笑い)。兎に角、新年明けまして、おめでとうございます。


伊勢夫婦の長崎の旅

4月はじめに、東京から長崎へ旅をする。うちのが、二月から年金を貰う。“長崎に住みたい”と言い出した。庭付き一軒家を借りて、2年~3年住むのだと。わが家には、お犬さんが二匹いる。お犬さんごと長崎へ引越しかいな。このブログの読者さんの中に、長崎のお人はいない?お話しを聞きたいな。

早速、長崎市の不動産会社にメールを出した。さあ、どうなるやら、、伊勢平次郎 ルイジアナ





comment

fts先生

今年もご助言をお願いします。

Mephist先生が仰っている“思考は現実を変えない。行動のみが現実を変え得る”を“議論だけでは、日本は再生出来ない”と解釈しております。

「隼百人衆」を考えています。次のエントリーにします。伊勢


2012/01/02 00:06 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさま、明けましておめでとうございます。
本年が日本と皆様にとって良い年となりますよう。

多史済々 様
ミニ水力の普及は良いことですね。
那須のあたりは落雷が多く電力設備にはなかなか厳しい気象条件なのですが、有効な対策として良いかと。
とはいえ、今年の夏には間に合いませんから、結局はまた停電の夏でしょうね。

発送電分離が実現すれば発電できていても連携の拙さで送電できないと言う問題が頻繁に起こりうることは容易に予測できますが、民主党政権が考えているとは到底思えません。
早期の政界再編を望むべきですね。現実解で行動するのが最低ラインなのにそれが出来ないのは軍人出身の政治家が居ないからでしょうかね。

伊勢 様
引き続きのご自愛をされますよう。

自民政権時には増税の前に最低限歳出削減の議論があった様に記憶しておりますが、民主になってマニフェスト総廃棄で定数削減すらも話題にすら上らないのはマスメディアのせいですかね。
昨年の国会中継が稚拙すぎて目の前が暗くなってきましたが。これでもまだ「不慣れだから仕方ない」とか言っている市井の声がある。被災地で同じ事言えるのかと思いますね。
2012/01/01 21:56 | fts [ 編集 ]

多史済々先生

今年もよろしくね。ぼくは、栃木と言えば、やはり、日光が好きです。栃木の人間も好きです。環境がそうするのか、近畿関西に比べて、栃木には律儀なひとが多いと感じるのです。日光は、クラシック音楽やコーヒーが似合うという日本では、珍しいところです。

"長崎に住む考えがあるんだ”と姉に言ったら、“信は、一ヶ月もすれば、飽きてしまい~空港へ歩き出すだろう”とさ(笑い)。

桜の咲く頃に、お会いしましょう。伊勢

2012/01/01 19:55 | 伊勢 [ 編集 ]

 艦長、皆様、新年明けましておめでとうございます。

 我が栃木県では小規模水力発電の研究が本格化するようです。これはいわゆる24時間ただただ流れ続ける農業用水路等の水流を利用して小規模な発電を行い付近の住民に配電したりEV車両に給電できる施設を設けることらしいです。
 そういえば、那須野ヶ原を流れる疎水はいつも清流が勢い良く流れています。水利権等の問題もあるのでしょうが、比較的急傾斜面であるわが国土を考えると有望な計画ではないかと思われます。やがて全国に普及させたい研究であると思います。
2012/01/01 19:24 | 多史済々 [ 編集 ]

善良と邪悪

1)善良とは、性質がおとなしく、悪気が無い様子。
2)邪悪とは、 人を困らせ不幸に陥れることを喜びとする意思。

16年間、指名手配されていたオームの信者が出頭した。麻原ら13人の死刑執行に陰が射したという報道がある。

これは、どうしたことだろうか?善良な大衆には理解出来ない。日本の司法というのは、これほど、あやふやなのか?これでは、社会が混乱するわけだ。

政治の世界でも、このあやふやが堂々と通っている。民主党政権のことだ。公約を屑篭に投げ捨てた政権は、即刻、解散して、国民の判断を仰ぐべきなのだ。

国民の多くは、消費税増加は“やむを得ない”と思っている。だが、それを、税金泥棒たちにやらすことに納得が行かない。こんなことを繰り返していると、しまいに、組織疲労が起きる。元旦から、義憤をぶちまけた。伊勢
2012/01/01 14:36 | 伊勢 [ 編集 ]

皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

ごく最近の出来事ですが、某弱小政党の関係者と少数で酒席をもったのですが、国会の話は想定の範囲の話しか出ず、あまり面白い話は聞けませんでした。
その鬱憤を晴らす訳ではないですが、普段からここで話をしているようなことをブチ撒けて差し上げましたら、さすがに目を白黒させてました。
一番堪えたらしき台詞は
「批判や論評は民主党ですら出来る。論拠論点をはっきりさせた上で、実行力を持つかどうか、実行可能かどうかの一点に尽きる。そして、その発言をする前に、それを検証したかどうかが政治家の資質というものだ。」
それ以後彼からの会話は極めて少なくなったのが残念です。

本年のスローガンも、ほぼ同じく
「思考は現実を変えない。行動のみが現実を変え得る。」
で行きます。
前動続行。
2012/01/01 11:52 | Mephist [ 編集 ]

伊勢様、皆様へ

災害と民主党政権による人災により未曾有の国難陥った平成23年も終わり、新たなる年が始まりました。
ここに謹んで年頭の挨拶を申し上げます。

今年は復旧から復興へ向けての元年となりますが天皇陛下の日本国と日本国民を思うお気持ちに対し野田総理は消費税増税を果たして日本を再生すると。やはり民主党政権は一日も早く政権から引き摺り下ろすべきと心新たにしたしだいです。

もし隼仲間の皆様の中に被災地を訪れる機会がございましたらその目で実際をお確かめになられる事をお勧めいたします。復興の進み具合のこともありますが、いかに日本の政治がいい加減なのかそして自分や国の備えについてどうしたら良いのか一考するに価すると思います。
2012/01/01 10:05 | 一有権者 [ 編集 ]

Kay姉さま

隼仲間が、Kay姉さまの英国住まいの視点に目が覚めるところがあったと思いますよ。やhり、日本人だけで話していては、本線から逸脱していることにも気が着かない。大東亜戦争での日本帝国敗戦の原因の大きな部分です。現在でも、その独善の危険が存在する。

さっき、「沖縄宜野湾市長・安里猛が病気で辞任するので、二月に選挙がある」を読んでいたのね。前の宜野湾市長の伊波洋一という人は、沖縄の知事選に出て、現在の仲井眞知事に敗れた。伊波氏は知事となって、左翼革命を起こす目的を持っていた。"伊波氏が知事になっていれば、日米同盟は崩壊した”と言ってもいいでしょう。それほど、普天間移設は深刻な問題なのです。左翼(沖縄メデイア)は県外移設を主張しているから、県民への反米プロパガンダは相当効いている。野田政権のアキレス腱です。ワシントンは、日本の左翼のわがままが日本政府によって拒否されるのを待っている。さあ、どうなる?60年安保騒動を想い出す。ぼくらは、長崎に移住している可能性がある。沖縄へ行って暴れてやろうと考えている。ぼくも、70と6ヶ月となり、人生の目的が、だんだんと明瞭になってきた。

今年も、ご意見をお聞かせくださいね。伊勢
2011/12/31 20:48 | 伊勢 [ 編集 ]

>ぼくの心肺は、小康を得つつある。あと、10年は生きないといかんと思う(笑い)。新年もよろしくね。

伊勢様、余り政治に関しては情報も知識もない私にも’隼’の仲間入りをさせて戴き有難うございました。
皆様のコメントを読んでいる限り、日本は大丈夫だと感じています。やはり真剣に生きている方達が多いと思っています。 祖国日本を守れるのは、日本に住む1億2500万人+ 我々日本人なのですよね。

私も来年は日本行きを計画しようと思っています。4年ぶりです。
伊勢さんの前向きの姿勢に影響を受け、力が湧いてくるような気がします。後10年とは仰らずもっともっと長く奥様と仲良く過ごされまれますように! 長崎には、知り合いの方が住んで居りますが一度も訪ねた事が有りません。いつも短い一時帰国ゆえどうしても東京を中心に動いてしまいます。東北にも足を運ぼうと…どの位復興が進んでいるのか目で確かめようと思っています。
寒い季節ゆえ、被災者の方々が少しでも心地の良い生活が出来ている事を願いながら…。

伊勢様ご家族(ワンちゃんも含め)が良い年を迎えられますように…(祈)
Happy New Year!
2012年もどうぞ宜しくお願いします。

皆様もどうぞ御身体に気をつけて良い年越しを過ごされますように!
2011/12/31 19:33 | Kay [ 編集 ]

Mephist先生

記事を有難う。楽しいご一家の元旦を迎えてください。

>>国民に自信と希望を与える政策がとられているのか、率直に申して、大いに疑問を感ずるところです。自信と希望で飯が食えるか、との声があるかもしれません。しかし、この国が将来成長できる国であることを信じられなければ、けっして閉塞から抜け出せるはずはないのです。


日本の将来は、青年の抱く「大志」に掛かっている。飯をカツカツと食えばいいじゃないんだ。レイテで、日本海軍のエースパイロット関行夫を最初の特攻とした、大西瀧次郎は大バカ者です。こういう「バカ」が日本の青年を死なせたのです。

ぼくの心肺は、小康を得つつある。あと、10年は生きないといかんと思う(笑い)。新年もよろしくね。伊勢
2011/12/31 00:20 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢殿
長崎ですか。プラント整備で唐津と佐世保はちょくちょく行っています。


ところで、これは一読の価値があると思います。
http://www.hayabusa.isas.jaxa.jp/j/index.html
【はやぶさ後継機に関する予算の状況について】

個人的には、彼は現場から離れるべきだと思っています。
むしろ科学系の政治家になってもらいたいくらいです。
理由は、彼が現場に居たら誰しもが彼を頼ってしまいますから。
彼が頼られるということは、はやぶさプロジェクトに進歩は期待できないということと同意義ではないかと思います。
偉大な先輩というのは、時として後輩には越えるべき壁ではなく、悪い意味での神格化されてしまいがちですから。
エースパイロットを前線に貼り付けた日本軍より、前線から教育隊に引き抜いた米軍の運用の方が効率的であったと思います。
2011/12/30 23:16 | Mephist [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する