2012/01/08 (Sun) 米軍なき日本は無力
621PX-~1

第二次世界大戦以来、中国~ロシア~韓国の太平洋進出を阻んできたのは米軍である。伊勢平次郎 ルイジアナ






在日米軍

1)在日米軍(United States Forces Japan)は、日米安全保障条約第6条により日本国内に駐留する「アメリカ合衆国軍」の総称である。なお、日本には、キャンプ座間などに常駐している数十人の国連軍駐日武官~各国大使館の駐在武官~係争中の領土(竹島、北方領土等)を除き、米軍以外に駐留する外国軍はいない。

2)在日米軍司令官は第5空軍司令官が代々兼務しており、空軍中将が就いている。

3)第七艦隊の母港である横須賀海軍施設や空軍の横田飛行場(司令部が駐在する)や嘉手納飛行場(多数の主力戦闘機・輸送機が配備されている)、キャンプ座間やトリイステーション(アメリカ本土以外で唯一グリーンベレーを展開している)など、ロシア・中華人民共和国・北朝鮮にも近い関係上東アジアの要所であり、アジア有事の際には最重要拠点としての役割も持っている。

4)2010年現在の展開兵力は日本を母港とする第七艦隊艦船乗組員を含めて総計約5万人で、在韓米軍のほぼ倍の勢力である。


(伊勢爺もライフワーク)

「日米同盟」に一生を賭けた著書を発表する。いつと明言出来ないが遠くはない。理由は、年末から患っている「うっ血性心不全」と「肺血栓」の合併症だ。月曜日に心臓検査の結果が出る。肺血栓は6ヶ月で終わる。

「アメリカ抜きの日本」は考えられない。“外国の軍隊が常駐しているのは、異常だ”という人がいる。まことに残念な発言である。なぜなら、ほとんどの日本人には、自国を守る意思がないからである。伊勢爺の同級生でも、非戦平和主義者がほとんどだ。

在日米軍を日本から追い出す?左翼革命を夢見ている沖縄の市長や県知事は狂人なのだ。野田民主党政権には、反米・親中が背骨まで染み通った沖縄県民を説得する能力はない。

やがて、日本国民は憲法を書き直すのかも知れない。国防費を二倍にするのかも知れない。しかし、それは夢に近い。「憲法改正~国防費二倍」などを出すと選挙で嫌われるからである。今、出来ることを考えなければいけない。それは、「普天間基地移転特別措置法」を立法化して~沖縄に遵守させることである。


(おまけ)

チベット出身の中国人6人がダライ・ラマ暗殺の目的で、インドのムンバイに入ったと。真偽のほどは判らない。だが、中国共産党はチベット人を虐殺してきたその歴史から見れば、「なるほど」と思わざるを得ない。

あらゆる手段で、中国は、南シナ海~尖閣~沖縄~台湾の覇権を握りたい。あいつらの目付きがそう言っている。よって、小沢~鳩山~管~前社会党の仙石~輿石~在日韓国人議員らは、「日本の敵」なのである。伊勢

comment

 殿、・・「御意に存じます」。・・
 
 
 
2012/05/30 15:57 | 山中 雅和 [ 編集 ]

山中さん

もう何十回も通った道なんで、カリブの島を探検する新鮮さはない。でも、このアメリカの、特にスパニヤード・アイリッシュ系のカトリックは、強烈な家族主義で反対などとっても不可能。それならいっそ楽しんだ方が賢いだろうと(笑い)。

野田小沢会談は決裂。さあ、オプションは少なくなった。小沢を切れる?輿石を幹事長に置いた意味がないね。

一方、細田原発大臣は成功したようだ。京都府の知事さんらの再稼動反対も芝居だったのかな?原発を危険ではないなどという者は、この仕事に向かない。危険だからね。ジャンボ機も危険だけども、天皇陛下、皇后さまも乗ってロンドンへ行かれた。科学を信じておられるんだな。

おおい原発再稼動は世界中にニュースが流れる。ここまで来たんだ。一日も待たない方がいい。伊勢
2012/05/30 14:50 | 伊勢 [ 編集 ]

 上のタイトル。・・途中で「エンター」
押しちゃいました。・・
 
 Have a plesantly journey! Isesan.
 
 です。・・行ってらっしゃい。・・
 
 
2012/05/30 13:55 | 山中 雅和 [ 編集 ]

 WIKIPEDOA等には、載せられないことも
あるでしょうから。・・沖縄に行った時
(25年位前)は、「姫百合の塔」や北端の
辺戸岬や国頭村、東村等やんばる東方の
畑やダム等見て廻りました。でももっと
人の話を聞いたり現地でいろんなことを
勉強すべきだったと反省しています。
 
 書籍等で勉強できる事も、あろうかと
存じますが私は、大江健三郎さんでさえ
あまり信用していない。日教組や左派の
言う事も右派と同じくプロパガンダ的な
歪曲が介在するだろうと。・・
 
 ぬばたまの 山底洗う 月明かり・・
 
 4/21掲載の恵隆之介さんに、会える事
があったら、色々と教わりたい事は一杯
ありますが、当分沖縄に行けそうも無い。
 
 ・・・
 
 御気分を滅入らせてしまったかも?・・
お詫び致します。・・無理をせず安全運転。
 
 楽しく、良い御旅行であります事を!
 
 
2012/05/30 13:46 | 山中 雅和 [ 編集 ]

>>これって鼻で、あしらわれる様な話ですか?・・

いいえ、意味深いですよ。沖縄県民の心理は難しいね。でも、昭和16年生まれのぼくだって、来週は71だよ。80のひとでも、沖縄戦で生き残ったわけだからね。恨みじゃないね。ひがみ?

明朝5時出発だのに、気分が良くない。ワインも飲んでいないのにさ。寝ますわ。伊勢
2012/05/30 12:41 | 伊勢 [ 編集 ]

 私の投稿じゃ、ありませんよ。・・
私は、山中 雅和名でしか投稿しません。
投稿したYAHOO ニュースコメントも後日
大量に削除され(多分私に成り済まして)
困っております。・・
 
 伊勢様が事実と考えておられないのだ
と、受け取ります。それなら、私の納得。
 自分が無知なだけかと・・沖縄の次期
知事にお勧めの方も、同意は、されない
でしょう。・・私が無知なのならそう仰
って下さい。十分あり得る事ですから。
でも、私がホントかな?と一瞬感じた位
ですから、4~50代以下の人はみんな信じ
ますよ。・・ 
 
 意味不明の投稿だと言われるなら削除
をお勧めします・・無知なものには・・
重大過ぎる看過です。・・
 それだけ隼速報が信頼されている媒体
だと言いたいのです。・・
 
 沖縄では戦時中に悲惨なことがあった
ので、複雑な住民感情があることも事実。
 そこへ、分断主義者や工作員が終結。
だから、放置できないのです。・・
 
 私は、電通大や統一協会系みたいな
分断工作員の投稿かと直感しました。
 
 ここにそういうKCIA臭芬々の投稿を
したがる人が、時々いますよね。・・
 
 
 
 
 これって鼻で、あしらわれる様な話
ですか?・・
2012/05/30 12:23 | 山中 雅和 [ 編集 ]

>>だけど.こういう投稿に対して 「へ~、そうなの?」では済まないでしょう?・・

山中さん、あれ、あなたの投稿なの?出展を明らかにするのは投稿者の義務でしょ?意味不明の投稿と議論しろと言いたい?コメントを鼻であしらわれないようにね。伊勢
2012/05/30 11:35 | 伊勢 [ 編集 ]

 私が言いたいのは、戦後の米軍が
どうだったかと言うことです。・・
JHQ、ガリオア、エリオア資金?
先ず理想的な占領軍だったと心得て
います。・・ガルブレイスさんの
「私の履歴書」も読みました。
 
 私は、S28年生まれで事実を知り
ません。戦後の米軍は当初マッカ
ーサーの横柄な態度も目に付きま
したが、それは、戦後の占領軍の
一般的な態度であって、天皇陛下
との会見後は、それが消えた。
 
 海兵隊が10万人もの日本女性を
レイプしたということは私の感じ
では信じられない。ソ連兵が満州
でそういう暴虐を働いた、という
言う印象はある。伊勢様は私より
一回り上生まれだから終戦当時と
いってもまぁ、子供であった筈。
 
だけど.こういう投稿に対して
「へ~、そうなの?」では済ま
ないでしょう?・・
 
 米軍も認めている事なのか?
出来たら教えてほしいと、思い
ます。戦前の事は、国民が全部
知っていたとは、言えなくとも
 私造貨幣の預け合いインフレ
やリットン調査団報告に反発し
国際連盟脱退や真珠湾先制攻撃
で戦争仕掛けたのは乗せられた
と言えども日本側です。・・
 
 高橋是清等、有為の有能の
要人を次々と暗殺したテロを
軍部がやってしまう無政府を
是正できなかった。・・
 
 大陸暴走も「『円』の戦争」
だけでは無かったでしょう?
 
 張作霖爆殺からして暴走。
それに次ぐ粛軍派濱口雄幸
首相襲撃も・・5.15、2.26
血盟団と、テロが主導する
社会となってしまった。
 
 有耶無耶では困ります。
こういう投稿を放置される
と好い加減だなとムカッと
してしまいます。・・
 
 言葉が乱暴になって仕舞
い、申し訳ありません。
 
  
2012/05/30 11:04 | 山中 雅和 [ 編集 ]

>>日米&日中を分断したい人達。無価値の情報。

日米分断を企てても、現実はそうならない。「離間工作」というのはある。冷戦時代には、欧米Vソ連が離間戦を広範囲でやった。アジア、南米、アフリカ、、

思想戦であるうちは流血は起きない。だが、やがて過激な集団が生まれる。頭に血の上った人間の、一発の銃声から、または政府機関を爆破することから、朝鮮半島動乱やベトナム戦争などが起きた。ソ連とアメリカの軍事介入で、戦火はさらに拡大した。つまり、分断や離間工作を推進する人間が戦争を起こす。伊勢
2012/05/28 00:16 | 伊勢 [ 編集 ]

 フィンランドは、コミュニケーションの国。
論議に値しない話題は論議に載せない。・・
 
 だから、分断主義者にフラストレーションが
溜まる。妖精ムーミンの国、ほのぼのOK。・・
 
 日米&日中を分断したい人達。無価値の情報。
 
 
2012/05/27 15:54 | 山中 雅和 [ 編集 ]

>>在日米軍は日本人を見張るための番犬にすぎない。

へえ~、そうなんですか?


>>アメリカ軍は日本人を守らないし守る義務もない。

日本には自衛隊があるよ。


>>海兵隊は戦後の混乱期に日本女性を10万人もレイプしました。

へえ~、そうなの?  伊勢
2012/05/27 11:52 | 伊勢 [ 編集 ]

在日米軍は日本人を見張るための番犬にすぎない
アメリカ軍は日本人を守らないし守る義務もない
海兵隊は戦後の混乱期に日本女性を10万人もレイプしました
2012/05/27 04:24 |   [ 編集 ]

しかし目論見とは異なり中学教育のレベルは上昇したとkenjiは葉見ています、昭和40年代前半がピークでしょう。それから落ちました。
 戦後の教育改革派「大学のレベルが最初に落ち、それから高校へと進み昭和40年代に中学へと進み、60年代から小学へと進んだと見ることですが。それは公教育の世界でいわゆる塾がそれを補ったが、とうとう公教育はだめになり私立へと進んだのが現状でしょう.
 我が国の教育は二つの経路があり、塾と学校という事でしょう。文部省の怠慢は塾という民間がおぎなった。
しかし大学教育はその手がきかないから、むりがある。
公立の教師の子供が私立へ行く事が多くあることが教育界の象徴でしょう。
 
我が国の教育は天才教育です。わからない生徒に理解させるシステマティックな教育方法という視点がなく、各教師の力量に依存している割合がおおい。それですむということは生徒の能力が高いという事です。

 能力別編成ができないということは生徒の問題ではなく教える教師の問題に過ぎないが、そのように見て論じるものが無い。

もうひとつ重要なことはいわゆる知識教育と道徳教育が同じ場において行われる事で、道徳教育というがそれは宗教教育である。この宗教教育を学校で行うかどうかという問題がある。
これがたぶん一番むずかしく、解決の方法が無い。
具体的には教育勅語をすべての生徒に強制するかです。ここにおいて明治政府が苦悶した事と同じ問題が生じて、いまだに解決の方法が無い。明治の教育が一種の宗教教育の要素が大きかったからです。それは西洋文明の背後にある精神が日本人のそれとも異なる事を明快に理解して、西洋文明の産物だけをうけいれて、その精神は受け入れないという、考えがものをいうと思ったからです。いわゆる和魂洋才というやつです。

 原発事故とその対応をめぐって、和魂洋才ができたかどうかを見ればいいでしょう。
しかし新幹線はものの見事に28本すべて事故も無く停止した。
その二つを見ると判断に迷う。ここが日本の秘密であるともに、不気味なところです。
2012/01/14 14:08 | kenji [ 編集 ]

>これが日本の高学歴と言われる人種なんだ。日本の大学は何を教えている。?

昭和50年のはじめころは教員の給料は低く、アルバイトをしている教師が多かったが、田中角栄が教員の給料引き上げ法案を通過させて、その後よくなった。
 そのため金を目当てに教師になる人が出てきた。それまでは違う。お寺の坊主とか田舎の長男とかいろいろであった。
 世の中にはやると食えない商売がありそのひとつに教師がある、医者がある、弁護士がある。
 教師は教えるのがうまいと生徒は早く卒業する。
弁護士は解決がうまいと問題が無くなり、仕事が減る。
 医者は治療がうまいと患者が減り、食えなくなる。
まして予防医学をすすめると、外科手術以外はきわめて少なくなる。国内は医者はあまりに余っている。それが現状で、弁護士、教師も同じである。教師は生徒が半分になっているにもかかわらず、多いはずである。
 文教予算は生徒が半分だから半分でいいが、それでは困るから、大学を増やしたに過ぎない。

 もともと小学レベルは7割、中学は5割。高校は三割が理解できるに過ぎない。したがって高校卒業程度の人は十人に一人で、その中から大学へ行き、わかる人は一割でしょう。したがって大学教育は百人に一人でしょう。
 現在一学年120万くらいですからおよそ、12000人くらいが大学卒業生で、その人々は引っ張りだこでしょう。その周りにその三倍およそ5万人がまあ就職に困っていない。
 大体上記だと思う。企業は文部省や日教組のいう虚構にもとずくわけにはいかないから、実質のもので見ることになる。

 その昔は中卒でも大学へ行く力は十分にある人たちがいた。その人たちと当時の大学出が協力して、発展させたのが戦後で、大体大正生まれと、昭和の一桁世代くらいの人々でしょう。

 明治を作った人々は明治生まれでも大体江戸時代の教育を受けた人々です、明治10代ゴロまででしょうか。昭和を指導した人々は明治の教育を受けた人々です。生まれは大体明治10年代です。そのころまでに教育を受けた人は江戸時代の教育で封建教育でしょう。名前は封建でも中身はことなるでしょう。

 昭和40の後半に学生用の下宿アパートがあり、その屋根に<学而館>とありました。この言葉は論語の言葉で、現代ではわからない。当時においても知る人は少なかった。それが明治の教育の結果です。戦後はそれがさらに加速しました
 この落差を認識する事でしょう。

元も我々日本人は和漢といって学問を把握していました。漢はもちろん支那の諸子百家のそれです。またその後の支那の文献ですが、諸子百家です。それが普通の人にも広がったのが江戸時代で、その理解は支那的理解ではなく日本的理解です。
 また和はそれこそ本居宣長でしょう。この二つで我が国は明治を作りました。その二つにさらに西洋が加わりました。
 明治をつくった人々はその三つを身に着けていました。その見本は漱石鴎外です。彼らは漢詩を作り和歌も作りました。その上西洋哲学まで身につけました。

 戦後においては三島由紀夫ただ一人ではないでしょうか。

 教育が根本でここへの変革は普通の人々は警戒して気をつけますが、我が国は奈良時代以降、文明が外から来た(文字がその象徴で、その文字からひらがなカタカナを生み出したその元が日本文明)から、教育の変更は非常に簡単に受けやすい体質があります。これが大きな問題でしょう。

 それと追加ですがいわゆるゆとり教育ですがこれを推進した文部官僚の寺脇研氏は退職後、朝鮮学校の理事になって、自分が進めた事と逆のことをしています。おそらく成りすましでしょう。

 ゆとり教育の目的は何かというと学校の教師の週休二日制を実現するためにもくろんだに過ぎない。

 授業時間が減る事に対して、たずねられると返事ができない。学習時間に比例するからです。そこでおおきな芝居をうつことにしたわけで、おそらく関係者すべてが知っていたでしょう。丁度原発事故の経過と同じように。
 トニカク、うそと偽りに対して鈍感になっている。それが何かがわからなくなっている。

 前原氏がその見本で、彼は八ン場ダム中止をした。今回、政調会長だから、彼が了承しなければ行われないはずだが彼はそれをしない。そこが偽りだが、これでは彼の言動のどの部分を信頼していいか他の人がわからないという事に彼はきずいていない。

 ここが前の投稿において。売春婦が<私にとって男はすべて同じ>という言葉の意味を彼、前原氏が理解できない事を示している。しかしそれでは生きていけないから前原氏から見ると人を二つに分けて、ソレヲ別々に扱っている事になり、<男として同じ扱いではない>コトニなる。彼は国民をひとつとしてみているわけではない。ましてネットによると帰化朝鮮人というから偽りの構造が二重になっている。
 彼も困っているでしょうし、国民もこまっている。結局外国が得することになる。
マスコミは朝鮮が支配している。各新聞社と同じビルに朝鮮のマスコミが入っている。確かNHKにもはいっているはずです。
 GHQの差し金かそれとも戦前からかは不明です。
それと戦前の教育はレベルがたかかう、戦後GHQが日本をつぶす目的でそのレベルを下げようとして教育改革をした。多くの優れた教育、司法、政界、関係者が追放になった。ネットでおよそ11万八千人とでていた。
 しかし目論見とは異なり中学教育のレベルは上昇したとkenji

 
 
2012/01/14 13:50 | kenji [ 編集 ]

皆様こんにちは。

これが日本の高学歴と言われる人種なんだ。日本の大学は何を教えている。?

私は大学進学した人間ではないので果たして的を得ているかどうか判りませんが。
日本の大学では教授の中に相当数真っ赤かな人物が潜り込んでいる事や反日国家出身者の教授や準教授がいっぱいいるようですね。どうやって日本の大学へ潜り込んでいるのか。?どこかの省庁も絡んでいそうな気がいたしますけれども。
教育の見直しは絶対必要とおもいます。日本には他国の国歌、国旗に対する不敬を働いた場合の罰則はあるのに自国の国歌君が代、国旗日の丸に不敬を働いた場合の罰則がありません。また公務員であり教職と言う将来の日本を担う子供たちの教育に責任をもっている教師の中におかしな歴史観をもち本来教えなければならない事を教えなかったり、逆におかしなことを教えたりする者達がおります。

私も子供のころに経験がありますがストライキは禁止されているはずなのに先生が授業を自習にして参加したりと言う事がありました。また歴史教育においては江戸時代ころまでは比較的に丁寧に授業を行い明治維新あたりから時間が無いとか読んだだけでさらっと終わりとかでした。今思えばすでにかなり前からおかしい事があったわけですね。

教育がおかしくなってきて自由には権利と義務があるのに権利の主張のみを教えたりしっかりした歴史観や地理等の教育を行わなかったり、道徳の授業を廃止ししたりでは大人が精神的に大人にならぬまま次世代の親になってしまうのは当然。
その付けは日本の社会に暗い影響を及ぼし政治家にはおかしな連中が増え政治がまともに動かない、そしてそのようなふざけた教育をした教師達自身に学級、学校崩壊として跳ね返ってきているのにいまだ真っ赤かな教師達はその活動を止めようとしないのでしょう。
彼らの終極的目的は日本の改革ではなく崩壊を目指していると思わざる終えません。

誰が喜ぶのか?中共、南北朝鮮、ロシアは喜ぶ事でしょうなかでも特亜3カ国は。
2012/01/14 09:33 | 一有権者 [ 編集 ]

>明日のエントリから「あるべき日本の教育」を議論しましょう。

伊勢様、賛成です。
大切な状況下で、我慢なのか不満なのか、それとも諦めなのか、無関心なのか……時々日本人が何を考えているのか分からない事が有ります。
イギリスもアメリカもやはり言う事を言わないと考えがない人という事で置いてきぼりを食いますよね。
これもやはり、教育の仕方の違いにあるのでは…?
ネットで、思った事を言えるのは良いですね。
2012/01/14 04:41 | Kay [ 編集 ]

多史済々先生、Kenji先生、一有権者先生、Kay姉さま、、

70歳のぼくは闘病中だけども、闘魂だけは益々旺盛。2006年の春から始めた隼速報では、皆様から多くを学んだ。その学んだ百のうち、最も重要なことはひとつ。「日本人が日本人であるための教育とは何か?」です。

教育の重要さは富士山よりも高い。そして、多くのセニアが、「日本が危険な踏み切りを横切ろうとしている」ことを叫んでいる。ここに、ぼくらセニアの命を賭けるべき。明日のエントリから「あるべき日本の教育」を議論しましょう。伊勢
2012/01/14 03:39 | 伊勢 [ 編集 ]

 いやあ、皆様のご意見は私はまっとうなものだと感じます。
 
 半島系に振り回される民主党って何なんでしょうね。
 作秋に栃木から青森まで夜中7時間掛けてドライブしましたが、考えてみれば韓国の端から端まで走った距離に当たります。考えてみれば韓国は南北700kmくらいの小国ですよ。車で7時間走って終ってしまう小国です。イギリスにしたって南北約900km弱ですよね。

 日本は北東端から南西端までその4~5倍はありますよね。それはアメリカの東端から西端までの距離に匹敵します。まあ、細いけれども、それにしたって国民の脳裏は宗谷岬から与那国まで捉えているのですからこれは稀有壮大なことですよ。
 わが国の政治家諸君はこの壮大な日本と、そこで育まれた日本の歴史・文化に誇りを持ち、いちいち半島系のちゃちに左右される政治は止めて欲しい。
 
2012/01/14 01:54 | 多史済々 [ 編集 ]

kenji先生

日本の暗闇の全てを語っていますね。トヨタなんかでも、中卒の電気工事士やら工業高校の機械科なんかを出た人が骨となっている。大卒はこの職人たちが恐くて、工程会議で発言しない。意見を求められても弱い表現をする。野田には人を見る目がないな。伊勢
2012/01/14 01:32 | 伊勢 [ 編集 ]

民主党には成りすましの議員が90人くらいいるとネットにあった。外国人参政権をいう人はその手の人か、頭が悪い人でしょう。または銭をもらっている人でしょう。
 野田氏は千葉県の民潭の集会に参加して、演説をしています。それだけでも失格でしょう。
 松下政経塾の出身者は怪しい人がおおい。松下幸之助氏は大阪の安倍の地区にすんでいたというから、何かあるかもしれない。
 トニカク気が気でない。
身の回りの人々に問題点を指摘してもぴんと来ない人が多い。それがどうにも理解できない。
 日本人の気がくるっているとしか思えない。

もともと帝国憲法を無視して進んだのが戦前ですから、戦後も同じ道をたどるでしょう。我が国は法治国家ではなく、奇妙なものである。ご都合主義的法治国家と見ています。
 在日朝鮮人たちは現在の特権的な位置を維持したいだけである。そのためにいろいろしているに過ぎない。
免許証から本籍欄がきえた。誰がこれをしたか?自民党です。

免許書き換えのときそれを言うと、女の係官が<外国人参政権が認められたら、我が国はおしまいです>といった。これでは普通の警察官が免許証で識別できないではないかという質問の答えとして、話した。

 トニカク外国人政策がおかしい。

市役所の外国人登録において在留資格が無い人も登録を受け付けている。それはおかしいではないかというと規則ですからという。それでは不法滞在の可能性があるからそれについてはどうかというと、管轄ではないという。
 たたいてやろうかと思った。

>これが日本の高学歴という人種なんだ。日本の大学は何を教えている?? 伊勢

日本で高等教育を受けると中国人のような意識になるのです。しかも君子になるというわけです。支那では君子は法律に縛られないですから。法律はあくまで小人(非統治者の事)に適用するだけですから。では君子は何によるかというと、それは儒学の教養でという事になり、その教養をいい大学の人は身に付けるというわけです。
 西洋の学問を受けても同じになります。明治維新の結果です。

 彼らは奇妙な自己特別意識を持ちます。非常に面白いもので、それはいいにくいが売春婦が<私から見ればすべてただの男さ>という感覚に耐えられない精神を持っています。したがってそのような思考はまったくできず、ごくごく普通のことができない人々です。

 特徴は自身(個人)と社会の区別がつきません。
うようよいますよ、この日本には、
2012/01/13 23:34 | kenji [ 編集 ]

みなさん

内閣改造の記事を読んで、“閣僚を入れ替えても、この政党ではダメだな”と思った。前審判官だったという法務大臣は、“在日韓国人(外国人)に参政権をあげたい”のだと。それには、新しい条文を足せばいいだけだと。

これが日本の高学歴という人種なんだ。日本の大学は何を教えている?? 伊勢
2012/01/13 22:51 | 伊勢 [ 編集 ]

皆様今晩は。

Kay様、私とて素人ですよ。他の皆様のように知識や情報を持っているわけではございません。
しかしながらここ数年の国内における政治の混乱振り、近隣諸国の日本国に対する恫喝や挑発の動き、日本人として知っていなければならないそして知っていれば殆どの日本人が反対するであろう外国人への選挙権を与えようとするようなおかしな政策をこそこそと進めようとする政治家と隠して報道しないマスコミの姿勢をたまたま知る事になりそれから日本の崩壊への話が決して絵空事ではないのだと確信した時なんとしても一日本人として阻止する為に少しでもできる事をしようと思っただけの事です。たまたま知人になった米国の青年に聞いても外国人参政権はおかしいよと言いましたし、ましてや政治家がその動きを推進し与えようとしているのは反日国家出身者です。
なぜ日本国と日本人の為に政治を行なわねばならない立場の者のかなりの者達が日本を壊そうとする方向へ政策を導こうとするのか。?
これを調べていく事も大事でしょうし一刻も早く日本人が覚醒しなくてはいけないと思います。
私は好き嫌いで政治家を判断しているわけではなく国家意識や国家観についてどのような考えを持っているのかなぁと言う観点から判断するようにしております。

Kay様がお名前を出された方達が日本の舵取りを任せられれば日本は確実に普通の国になると私は思っております。また個人的には「たちあがれ日本」や日本創世党の皆さんも支持できると思っております。
2012/01/13 21:04 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者様、
私には、全くわからないことが有ります。
皆様が支持している、麻生氏、安倍氏、田母神氏?以外の政治家は他にどなたがいらっしゃいますか?
時には佐藤氏、稲田氏、西田氏…と言う方達の名前も見ることはあります。
しかしながら、それはこちらや数箇所の保守系ブログにてしか目にする事が出来ません。


おそらく私には圧倒的に日本の情報が不足しているのでしょう。
今日は時折覗かせていただく↓の田村氏のブログを読ませて戴きました。
ご覧になっている方もいらっしゃると思いますが…

【たむたむの自民党VS民主党=野田改造内閣と消費税増税】
 http://tamtam.livedoor.biz/archives/51848722.html

>次に最大の問題は、素人大臣と言われた一川防衛大臣の後任だ。

 当初は、小沢氏に配慮してその関係者が就任すると思われた。藤井裕久議員などから、防衛大臣は、防衛政策に精通した人でないといけないといった発言もあり、専門家が就任すると思われていた。北沢前防衛大臣の再登板なども噂に上った。

 ところが、田中直紀参院議員が防衛大臣に就任した。

 これには、「ビックリ!」だ。

 田中氏は、防衛政策に素人。

 役人出身の一川氏よりも国会答弁でつまずく可能性があるからだ。

 一川氏を上回る「素人大臣」の誕生だ。

 これは、山岡・一川両大臣とも小沢系で、バランスに配慮する必要から、田中氏を防衛大臣に起用したのだ。
 田中氏は、田中真紀子元外相の夫で、前任の一川氏と同じく小沢一郎元代表のグループに所属。一川氏と同様に参院枠での入閣となる。


 野田首相は、前回も今回も「適材適所人事」というが、たった4カ月で内閣を改造、今や国民の多くは野田首相の言葉を信用しない。> -部分抜粋ー

改造などは言葉だけのみ、もっと悪くなりそうな気配がしてきました…

兎に角、好き嫌い(あの人はいい、この人は悪い!)という’感情論’があちこちで蔓延っているようですが、目をもっと開く事も必要かも!?





2012/01/13 19:43 | Kay [ 編集 ]

皆様こんにちは。

伊勢様どうか健康を回復なさる事に集中されてください。ボスが健康でなくては大変ですから。

Kay様私も民主党には一票も入れておりませんでしたし、国籍法改正(改悪)の時から知人には民主党は駄目である事を話しておりました。

いまだに鳩山や小澤、菅らが実権を持つと思われる民主党に期待を持つ日本国民がいるとしたらその人達は本当の無知か確信犯でしょう。

彼ら民主党の政治家が日本の国益と日本国民の安全をどれだけ損失させているか。Kay様も御存知であろうと思いますが、安倍、麻生政権の時日本の国益と日本国民の安全保障を守る為色々な政策を試み、成功したものもありますが反日マスコミは成功した政策は一切報道せず上げ足取りや政策とは関係ない御本人の容姿まであげつらい罵倒しています。このようなマスコミを放置している総務省もいかがなものかと思いますがこれを変えるには日本国民の覚醒が絶対必要な事と思います。

手遅れにならなければ良いと思っております。
2012/01/13 09:24 | 一有権者 [ 編集 ]

>あらゆる手段で、中国は、南シナ海~尖閣~沖縄~台湾の覇権を握りたい。あいつらの目付きがそう言っている。よって、小沢~鳩山~管~前社会党の仙石~輿石~在日韓国人議員らは、「日本の敵」なのである。伊勢

本当にもうどうしょうもない方達ですね。
政治家ではなく’日本を破滅に向かわせる為のグループ’と言う感じがしないでも有りません。

鳩山氏はやはり政治家としては不適格だと強く思っています。一端は首相の座を降りた時、「議員を辞める、そして農業でもやりたい?」と言うような事を言っていたと記憶しています。その後「辞めるの止めた」と言っているのが報道されていました。
お金(お母様からの子ども手当て)が充分あるのですから余計な事かもしれませんが夫婦揃って慈善事業(チャリテイ)をされるのが一番相応しい。

政治家として↓の記事のような行動を取っているのはいかがなものかと…??


【鳩山元首相、やっぱり“宇宙人”?韓流スターとの食事を自慢】

http://news.livedoor.com/article/detail/6185503/

在日本大韓民国民団(民団)の新年会が11日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで開かれ、与野党の国会議員が多数出席した。この中で、民主党の鳩山由紀夫元首相は、民団が実現を強く求めている永住外国人地方参政権付与について積極的に語った。

 新年会には、民主党の江田五月元参院議長や、公明党の太田昭宏前代表、共産党の志位和夫委員長らも出席。

 鳩山氏は「(外国人参政権付与は)国会議員に課せられた大きな宿題を果たさなければならない。今年こそは、という気持ちで解決していきたい」と実現に意欲を示した後、「昨年は(韓流スターの)イ・ビョンホンさんと、妻(=幸さん)と鳩山会館で食事した」と自慢した。

 ちなみに、鳩山氏は昨年の新年会では「毎年、(やはり韓流スターの)イ・ソジンさんのお母さんの作ったキムチを食べている」と語っていた。

 江田氏は韓国ドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」の大ファンだったことを激白し、「現在は『イ・サン』にはまっており、夜遅い放映なので寝不足で困る」と明かし、会場を沸かせた。

 その後、来賓からは、朝鮮王朝儀軌の引き渡しを歓迎し、いわゆる慰安婦問題について問題視する発言ばかり。

 誰も、わが国固有の領土ながら、韓国が不法占拠している竹島の返還を求めなかった。(ジャーナリスト・安積明子)

ーーー

今日は、宮崎県に住む友人と色んな話が出ました。
殆んど私と同じ考えを持っている方なので、安心出来ました。
彼女曰く、「小沢氏を筆頭に、そのグループ、民主党の問題議員みんな一掃しない限り、日本は変われません!」と声高に訴えていました。(衆院選には彼女は民主党に票を入れていない。)


2012/01/13 05:54 | Kay [ 編集 ]

昨日、横浜の姉が横須賀米海軍・第七艦隊の艦長の邸宅に呼ばれた。姉は、昔、京都の大覚寺の華道を卒業。お華の先生となり、艦長さんの奥さまは、名誉会員だと。それで、毎年、昼食会があると。伊勢

>>第七艦隊 艦長宅は 横須賀ベースの丘の上 長崎のグラバー邸に似た大豪邸 丁度富士山のような形の丘の上にあり一望のもとに横須賀湾が見渡せ軍艦 商船の出船入船が見れる  一日見ていても退屈しないなと思つた  大変なご馳走に預かつた  招かれたゲストも其々に手つくりのケーキやパイなど持参した  私のかきご飯も大変好評だつた  ゆつくりのランチ後 基地内の洞窟探検隊ツアーという企画があつた  驚いた  地価四階の 丸ビル四本入る程の大洞窟 中を物資を運ぶトラツクが走る巾4メーターの道路あり  兵隊が200名余も寝るべつと 診療室もある  ガイドの水兵さんの話では地震も津波も全く影響なしとの事  今は地価一階の会議室  オフイス 地下二の食料他の備蓄に使用してるだけだと  此の地下壕は1937~39年に日本軍が作つた物だそうです  その後米軍が朝鮮戦争 ベトナム戦争で大いに使つたそうです  何に使つたのかは云えないと・・・・  以上  今日の体験談報告でした<<
2012/01/13 00:29 | 伊勢 [ 編集 ]

Kay姉さま

今朝のロンドン、フランクフルトの株価が上がっている。それも、平均1.5%と大きく上げている。危ぶまれていたスペインの国債がよく売れたからだと。

昨夜の株式市況ニュースは、“ギリシアが結局破綻する”と暗かった。大物の相場師が、“後半期(7、8、9、10、11、12)には、相場は下落する”などと言っていた。

株価に影響を与えるのは、こういう、下馬評ではなく~国債の売れ行きなのです。各国の国債は毎日のように売られる。その朝、取引所を開けてみないと判らない。昨日は、フランスの国債が売れ行き悪く、市況を下げた。利回りが7%に近つくと、格下げが起きる。投資家には、これが最も恐いのですね。

話が、わが健康状態から飛んだけど、ぼくは、メルケルさんは偉いなと思う。サッチャーさんもそうだったが、男よりも男らしい。ドイツや英国の女性には、中韓日の女性には見られない強いものを感じる。メルケルさんは歴史に残るでしょう。伊勢
2012/01/12 21:13 | 伊勢 [ 編集 ]

>現時点では、呼吸困難のために、10メートルを歩くことが難しい。二階の寝室へ階段を上るのが苦痛。だけど、ぼくには自信がある。絶対に負けないと。有難うね。伊勢

大変でありながらも>絶対に負けないと>この言葉を聞き、元気を戴きました。伊勢さんは絶対大丈夫!肉体は健全な精神が助けてくれますよね。

自分の事ですが、閑をもてあましていた結婚当初は、不眠症などに悩まされました。しかしもうかれこれ10年以上風邪にもかかっていません。 そして短時間でもぐっすりと眠れるようになりました!(笑)

伊勢様、今後もどうぞ宜しくお願いいたします。

2012/01/12 19:50 | Kay [ 編集 ]

一有権者様

>昔のものでも良いものはよいのです。
今一度全てにおいて見直しをするべきときと思います。
>全て戦前の考え方は間違いだ、悪いのだと言うおかしな教育がある意味では日本人から礼節等昔の日本人が持っていた奥ゆかしさや他人を思いやる気持ちをなくさせてしまってきているのだろうと思っております。



本当にそう思います。
私が思うには、’改革’などと言って、国民を欺くような表現は国民にとって勘違いを起こさせる要因になるものでは…。 健康であったならば極力、自力で生きて行かなければ成らない!と普通の人間だったら思わなければ成らないのではないでしょうか?
表現を変えないとドンドンと原点からずれて来かねません。
見直しをしなければ成らないものは議論を重ね時代の変化とともに変えていくべきです。
例えば、移民問題=外国人参政権などは政策を緩めると大変な事になると思っています。
「日本は、日本人だけの国ではない!」、その表現は間違いです。 誤解を与えるもっとも大きな要因にしてしまった”軽はずみの鳩山氏”は、国の損失を大きくしてしまいました。

政治家の役割は、思慮深く発信しないと誤解が生じる。 言葉はドンドン独り歩きをして行き、国家間での信頼性を大きく損ねてしまい収拾がつかなくなってしまうのだと思います。
民主党政権発足時、鳩山氏が首相就任をした頃から「これはもう駄目だ!」、考えなしの首相の元では、それこそ本来の日本が消えてしまうのでは?と強い懸念が湧いていました。
その後、菅氏、野田氏と続いて、「いや~、日本の底力はまだあるのだね!、そんなに自民党が悪かった???」、申し訳ないが、私から見て最低とも思える方々が首相になってもまだワイワイ言いながら民主党政権にしがみ付いている人達もいる事を考えるとぞっとしてしまいます。 何よりも保守思想が強くならない事には日本の未来は……???と思っているのです。

口で言うのは簡単、しかし希望だけは失わず、後ろ向きではなく、前に向かって行ける様に国民の意識を存続させてくれる頼りがいのある政治家の方々を希望します。
2012/01/12 19:42 | Kay [ 編集 ]

Kay姉さま

>>まだまだ充分にお若いですし、良くなる為の手術をされたのですから、御身体の調子の悪い時は充分に休養をお取りくださいますように! どうぞお大事に。

9月13日、心臓バイパス手術でテキサス・ヒューストンの聖路加へ飛んだ。翌朝、ダンカン医師の手術後、他のグループが胸骨を縫い合わせた。数分後、血圧が下がり始めて50を割った。他人の血液から採った血漿(platelet)で縫合部の出血を凝固させるために薬剤を注射したところ、拒否反応が起きた。腿に斑点が出たと。ダンカン医師グループが呼び戻され、再び、胸を開けた。人口心臓につないだり、肺も機械で動かした。天井から下げたチューブに繋がれ、まるでフランケンシュタインさま(笑い)。うちのが呼ばれた。“あなたの旦那には恐怖を覚えた”と伝えられた。つまり、“一旦、諦めたが、生き返った”と。ということで、火曜の朝6時に手術台に上って~木曜の朝に目が覚めた。

10月16日、コスタリカへ、快気祝いだと称して飛んだ。グループで密林に入ると、大きなゴリラに近い猿が、グウォ、グウォと樹上で騒いだ。このコンゴという猿は、オレンジを投げつけてくる(笑い)。河には、獰猛なクロコダイルの背中が見えた。ぼくは、小さいリュック(水、りんご、ビスケット、薬)を背中に、坂道10キロを歩いた。それほど元気になっていたんだ。

10月25日の朝、咳が出て止まらない。主治医の看護婦ブランデイと話すと、すぐ来いと。聴診器で肺に水が溜まっていると判った。そのまま、入院。すぐに、レントゲン~CATスキャンの検査。「肺血栓」が発見された。その夕方、心臓医が、“ミスター・オザキ、うっ血性心不全が検診された”と言った。

このときは、よく解らなかったが、退院後の医師たちの説明で、自分が命の水際に立っていることが理解出来た。多くの投薬で、腎臓まで異常に向かっていると。

長々となりましたが、心臓にペースメーカーが必要かどうかや、腎臓検査や、血栓検査で、今月のスケジュールが埋まっている。

現時点では、呼吸困難のために、10メートルを歩くことが難しい。二階の寝室へ階段を上るのが苦痛。だけど、ぼくには自信がある。絶対に負けないと。有難うね。伊勢
2012/01/12 13:16 | 伊勢 [ 編集 ]

Kay様色々なイギリス国内事情の一端を教えてくださりありがとうございます。これからも日本国内にいては分らぬ事や見えぬことを教えてくださる事を切にお願い申し上げます。日本国外から日本を冷静に見つめる目と言うのは非常に大事な事だと思っております。

イギリスも正式名称から見れば元々は別な国であったものが女王陛下のもとに一つの国として長い間世界に君臨してきた国でしたね。それが戦後イギリス病と称される経済状況に陥りなかなかそこから抜け出すのに苦労されてきたと記憶しております。

日本の若者の事ばかり言ってはいられないのが現状だと思います。そのような若者にしてしまったのは、今までの日本の教育であり経済政策であり生活だったのだと考えれば現況は大人にあります。全て戦前の考え方は間違いだ、悪いのだと言うおかしな教育がある意味では日本人から礼節等昔の日本人が持っていた奥ゆかしさや他人を思いやる気持ちをなくさせてしまってきているのだろうと思っております。

今は伊勢様初めKay様や皆様が心配されるように「自分が良ければ」という世の中になってきてしまっております。昔のものでも良いものはよいのです。
今一度全てにおいて見直しをするべきときと思います。
2012/01/12 09:02 | 一有権者 [ 編集 ]

>昨日は熱が出て寝たり、医者に合ったり、闘病が続く。“体力回復まで1年”だと。伊勢

伊勢様、人間の体は、政治?や自然界と同じでどうにも自分ではコントロールが効かないことがありますね。
まだまだ充分にお若いですし、良くなる為の手術をされたのですから、御身体の調子の悪い時は充分に休養をお取りくださいますように! どうぞお大事に。

こちらは、例年になく暖冬です。雪も降らずコートを着なくとも大丈夫の日があります。気温10℃前後、それでも分厚い灰色の雲の覆われ日中も夕方のような暗い日が多いです。 時折ちょっと薄日が射すと「あっ、春に向かってきているのだ!」と感じられるようになって来ました。

話は変わりますが、この所ずっと世界的におかしな状態(政治、経済)が続いています。
こちらのニュースでは、イギリスからスコットランドが抜けて独立国を目指しているとか?色んな意見が有ります。イギリスの大学生は学費を払わなければならないのにスコットランドは援助を受けられるとか…、イギリスには沢山のスコテッシュが住んでいるのも実情です。
政治の世界は変わりつつあります。急激には何も進む事は有りません。政治家同士が国民と納得の行くように議論を重ねながら前に進むしかないでしょう。

独裁国家など民主主義国家ではありえないこと、よって、いくら色んな意見があっても、住民(国民)が中心になって初めて試行錯誤しながら前進していくものと思われます。何事もバラ色の世界など有りません。
バランス感覚さえ失わなければ、ご自分達の選んだ政治家のお尻を叩いてでも議論を交わすことだと思います。

何もしないで文句を言ったり、頑張っている人達の足を引っ張るのが一番悪い、今あちこちのブログではそれが蔓延っているような気がします。 政治家にも原因があるかもしれないが、国民だって良識を失いかけている可能性もあるという事を考える必要性も有る筈です。

本当に難問題の山積…それでも全てが大切です。 簡単に解決出来ないことは妥協することだって必要です。常識判断をした時に、一方向だけを見ていたら解決が出来ない事があります。 それが出来ないから’売国奴’だと言われるのも酷ではないでしょうか? 皆さんが思っているような、’良い世の中(希望の持てる世の中)’は誰でもが望む筈です。
それでもジグソーパズルのように、素人では出来ない事を少しづつでもやっていけるような方が国を纏める力があるのでは? でも今はどなたがやっても難しいですね。日本だけの問題だけではないからです。
私のようなシンプルの頭脳では、気が遠くなるような問題です。
しかし、いつも言うように、実行力(判断力)、勇気、良識を兼ね備えている方々に日本を任せる以外有りません。 一人ではなく多くの政治家に期待したいです。

= 私は、皆様のように一部分だけを見ているのではないので、お話に噛み合う部分がないかもしれません。よって回りくどい言い方をしているかもしれません。しかしながら日本を見ていると本当に心配です。=



余談ですが、イギリス人の知り合いのリタイアをしたカップル、子供はいません。ご主人は普通にリタイア、そして奥さんは学校の先生をしていたが体に支障を来し早期リタイアをし、国からのベネフィットを貰い(多くはない)ご主人の年金と自分の年金とで生活をしています。
しかし話を聞くと、親戚の姪、甥子さん達(20歳ー40歳くらい)六人のうち一人以外はまともな仕事についていないとの事、二人は最近仕事を失って、国からの援助を受け始め、他の三人も既にベネフィットを貰っているという事を聞いて、信じられない思いをしました。いくら少額とは言え国の援助に頼って生きていく人達が増える世の中はどうなってしまうのだろうか…?気が遠くなる思いをしました。
全てがこんなではなくとも、色んな意味でジワジワと若者を襲う失業は今後、未来の深刻な事態に発展する可能性があります。

2012/01/12 01:04 | Kay [ 編集 ]

kenji先生

自民党が復権しても、義憤やる方ないニュースが流れるでしょう。自民党も民主党も、落ちていく経済打開が最大の挑戦だから、同じ壁にぶつかる。ぼくも、現在の状況を導いたのは自民党の政策だと思うね。

昨日は熱が出て寝たり、医者に合ったり、闘病が続く。“体力回復まで1年”だと。伊勢
2012/01/11 23:29 | 伊勢 [ 編集 ]

> 多史済々さん
民主党は自民党の政策の成れの果てですよ。
現在の状況の導いたのは自民党の政策です。
外国人政策などその際たるものです。
両者は背後に同じものがあると見ています。
したがって民主党の政治家のコピーが自民党にいるということです。
 逆も真でしょう。
2012/01/11 19:02 | kenji [ 編集 ]

 KAYさま

 どうもお話がかみ合わないようです。おそらく日本の現状認識がKAYさまと私とで相違が大きいということなのでしょうね。当時国民(特に女性)に人気のあった河野洋平元議員のような政治化があなたは好ましいと思うのでしょうか?

>そんなに石破氏は他の自民党政治家を出し抜いて一人で方向性を誤った方向<愛国心の慣用などの安部政策にちゃちを入れ>に向かっていたという事なのでしょうか? にも拘らず?ならば何故石破氏が、勉強会を発足準備にかかった時に30名以上の自民党議員が集まったのでしょうか?

 自民党が政権排除された原因は社会保険管理のいい加減さ(官僚を使うのではなく使われた)などがあるのでしょうが、むしろ日教組の放置・憲法改正の放置・愛国心涵養の放置・アメリカべったり等の原因が大きいと私は思っています。勿論、日本の言論報道機関がいい加減なのもその原因です。

 つまり、あなたには意外に思われるのでしょうが、むしろ安部氏のようなことを発言する政治家が自民党(というより日本)に少なかったのです。その原因は日本が戦争に負けて戦前悪の印象操作をアメリカ占領軍に行われた事と、左翼(自民党内にもいる)の偏った歴史認識・人権思想(その背景にはソ連中韓がいる)にあると私は認識しているのです。
 その辺は例えば田母神氏の方が良く解説してくれると思いますので、彼の書籍なりネット情報を参考にされると良いと思います。
2012/01/11 12:56 | 多史済々 [ 編集 ]

Kay姉さま。多史済々先生

>>政治など一人では決して出来ない物、、

全く仰る通りです。理想的な保守と賞賛される安倍さんは参院選で負け~麻生さんは衆院選で負けた。その記録は「負」です。それでは、“自虐史観とやらをお持ち”と批判される石破さんは総裁選に勝てないのか?政界はそんな単純な世界ではないでしょ?

総裁選というのは、数人が立候補する。そこで、討論がある。石破さんの自虐史観が気になるライバルはそこを突けばいい。そこで、突かなければ、その候補は自虐史観が気にならないとなる。

首相の靖国参拝を望むひとがいる。ぼくもそのひとりです。だが、靖国参拝を自民党議員の過半数が賛成しなければ、取り下げるしかない。それが政治力学というものです。

“政治など一人では決して出来ない物”、、全くその通りですね。伊勢

2012/01/11 09:01 | 伊勢 [ 編集 ]

多士済々様、
>石破氏も安部首相主導の戦後体制の一新・愛国心の慣用などの安部政策にちゃちを入れるべきでなかったと私は言いたいのです。

この辺がちょっと理解が出来ないのですが、そんなに石破氏は他の自民党政治家を出し抜いて一人で方向性を誤った方向<愛国心の慣用などの安部政策にちゃちを入れ>に向かっていたという事なのでしょうか? にも拘らず?ならば何故石破氏が、勉強会を発足準備にかかった時に30名以上の自民党議員が集まったのでしょうか?私ははっきりとどなたがと言う事は把握していませんが、昨年末にテレビのニュースか何かで見た際、国会審議などで見慣れた顔ぶれの方達が名を連ねていたようでした。(他の代議士の方達と国の為に一緒に勉強(山積みされた難問題の解決に向ける為)をしていくと言うニュアンスで、自分が総裁を望んでいるとかいう意味ではないとも言っていたようです。)
余り信憑性がないような書き方で申し訳有りません。(石破ブログ、12月頃からのブログ(週一回)を読むと書いている。)

政治など一人では決して出来ない物、それが勉強会と成ると派閥に近い感覚をもたれるのかもしれませんが、兎に角日本を良い国に導いていく為にはトコトン議論を尽くして国、国民の為に前に向かっていくしか方法は有りません。

安倍氏、麻生氏が国の為に過去になさった事(なさりたかった事)が正しいのであれば、今頃石破氏が何を言おうとも出る幕はないのではないでしょうか? 石破氏を理解している議員や国民がバカだとも言いたいのでしょうか? ちょっと飛躍の表現ですね。

まあ、ご自分の信頼できる方を応援する事、それは当たり前の事です。
何とか国の未来の為に良い案がないのかと頭を捻りながら前に進む事は良い事だと思います。
もしかしたら、そんな時に安倍氏、麻生氏、谷垣氏、石破氏……殆んどが同じような思想だった!との結論に至る可能性もあります。

何だか…私のような者が余計な事を言う事事態間違っているのかも知れません。
どうか日本は、日本の方達が全力で守ってくださいます事をお願いいたします。
2012/01/11 04:08 | Kay [ 編集 ]

 駄目なやつは、日本人でもお尻ペンペン!
だった。・・「てめぇ、どいつだ?・・親の
顔に泥を塗りやがって#・・」よく観ると・・
俺だった。・・汗びっしょり・・

 初夢。・・
 
 
2012/01/11 00:24 | 山中 雅和 [ 編集 ]

 艦長

上の私のコメントにあった石破氏のコメントの出展ですが、野田首相・李大統領会談の確か翌日か翌々日の産経新聞に載っています。

 KAY様

 多少の妥協を経て纏まらなければ政党政治が立ち行かないことは私にもわかります。それであれば石破氏も安部首相主導の戦後体制の一新・愛国心の涵養などの安部政策にちゃちを入れるべきでなかったと私は言いたいのです。私は日本に住み、中韓から一方的に正しい歴史を日本も持つべきだと歴史教科書編纂にまで文句を言われる日本の国民ですので、特にその政治家の歴史観が気になります。
 あなたはさほど気にならないのでしょうか?中韓に謝り続け、中韓のご機嫌を損ねないよう政治を行うことがこれからも日本の道であるとの認識なのでしょうか?
 私は東京裁判史観がどう見てもまったく不可しいと思っている人間です。今ではアメリカ人歴史関係学者さえそう認識しているのではないでしょうか。これは国の誇りの問題だと思うのです。そういうものをしっかりしないと日本はなくなると思うのです。
2012/01/10 19:25 | 多士済々 [ 編集 ]

 先日、画廊の女将がこいというから行くと印度のパンジャブ州からきたインド人がいた。
彼に<スバス・チャンドラ・ボースを知っているか>と聞くと<勿論。>といって笑い握手をした。
 歴史的事実を知っていると一言でわかる。その後印度についての彼の見方をあやふやな英語能力で聞いたが、彼が言うには<パキスタンは四つの国が集まってできており、いつでも分裂させることが可能>という。英語能力がないから、それ以上を分からないがそのように言う。
 また史那人を嫌っている。民族同士のいがみ合いは普通の日本人はそれに触れると、何か怖い気がする。
 久しぶりにその感覚に触れました。
わが国は亜米利加と組まないかぎり、繁栄はない。
身の回りのものはすべて欧米から来ている。色々問題があるが電気は欧米から来た。
 わが国は外国と組まないと生存ができないことを大東亜戦争が証明している。
従って相手を選ぶわけだが、何処をと考えると、アメリカしかない。
 いい悪いの問題ではない。それしかない。しかも倫理において似たものを持つ階層がアメリカにはいる。
そこがkenjiの日米同盟の核である。
ローラちゃんとかつお君である。似ていることが多いが同じではない。この落差をお互いに見あやまたない限り、同盟は続く。
 ホンと。わが国は危ない位置にいる。
2012/01/10 17:47 | kenji [ 編集 ]

日本男児の徴兵制は必要な事と思います。
また教育の中で権利ばかりではなく義務を果たすことを教える事も必要です。これを解決するには左翼日教組組織の教師達を教育界から追放するべきと考えます。方法はまだ思いつきませんけれど。

私も東南アジアやインドは日本の味方と思っております。後は私達日本国と日本国民が立ち上がるか否かなのであろうと思っております。中共と南北朝鮮の日本に対する悪辣さは許してはいけないレベルのものになっていると考えます。かつて安倍氏、麻生氏が行いかけた安全の輪を再構築する事が中共や南北朝鮮の悪辣な工作を止める手立ての一つであろうと思います。
そのためにも日米同盟は強固でなくてはいけないと。
2012/01/10 09:17 | 一有権者 [ 編集 ]

南シナ海問題、他人事でない…谷垣氏が越首相に


 ベトナム訪問中の自民党の谷垣総裁は9日、ハノイの首相府でズン首相と会談した。

 会談では、日本とベトナムが安全保障と経済連携上の戦略的パートナーとして重要であるとの認識で一致し、情報交換を進めることを確認した。

 安全保障を巡っては、谷垣氏が中国が権益を広げようとしている南シナ海問題について、「重大な関心を持っている。他人事とは思えない。多面的な解決が必要だ」と述べ、ズン首相も同意した。

 また、谷垣氏は環太平洋経済連携協定(TPP)について、「自国とアジア太平洋地域全体の利益につながらないといけないが、情報が足りない」と指摘。ズン首相も「同感だ。ベトナム国内にも(国際競争力が)弱い分野があり、総合的に議論している」と応じた。

(2012年1月9日20時35分 読売新聞)


自民党総裁・谷垣さんには、“中国の南シナ海支配の危険性”がよく分かっている。この時期に、べトナム訪問は適切です。べトナム、インド、タイ、ミャンマー、インドネシア、マレーシア、フィリッピン、台湾、、全部、日本の味方です。ここを、アメリカのリーダーたちは理解しているのです。アメリカ政府には、“日米同盟なきアジアは、中国に対して無力”という認識があるのです。だから、日本の青年には、東アジアに出かけて欲しい。ぼく個人は、“インドが最良の日本人の友人になる”と確信している。伊勢
2012/01/10 05:34 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、久しぶりです。
>石破氏を買う理由は、防衛大臣を二期やったこと~このエントリーの趣旨がよく分かっていること~東京空襲など異議はあっても、現在、日米が一枚岩であることが、アジアの平和と生産の担保となることをよく理解されていると思うからです。

私が伊勢さんに同意を置いているのはその辺(防衛大臣を二期やったこと等)が一番なのです。

多史済々様は、石破氏に対しては全く信頼を置いていないのが分かります。 私はそれに対してはとやかく言うつもりもなく、多史さまの信じた道に向かってご自分の子孫の為、又は日本国の為に大きな声を上げて行って欲しいです。よりよい国に向かうようになることに関しては皆様が応援している政治家の方達が責任を持って方向性を定めてくれる事です。

>外国人に参政権を与えるのが人道主義見地から当然とする議員が自民党にもいたり(石破氏は心情的にそう)する日本になってきたのです。そして、それが中共等の扇動によるものだとは気が付かない日本になってしまったのです。 = 多史済々様

>「石破茂の外国人参政権」ウイキペデイアより

2010年の党大会で外国人参政権について、「憲法上の議論が多く残り、国民的議論も成熟していない。私どもは拙速な法案成立に断固反対する」と述べ、党として法案に反対する考えを表明、また「(憲法上の)住民とは日本国民をさすと考えており、私どもは多くの疑義があると考えている。国の形そのものにかかわる問題だ」「この問題は国の形そのものにかかわるものだ。憲法のあり方からしても、拙速な法案成立には断固反対していくと述べた。 = 伊勢様

どちらが真実なのでしょうか?
石破氏は、困難な返答に関しては常に慎重に答えているような方だと思っています。

何度も言うようで恐縮ですが、自分としては、遠くから眺める日本の政治家の中で石破氏の姿勢が極めて良識的だと思い、又あちらのブログにて熱烈な応援者のコメントも何度も読みました。
そういう建設的意見を日々国の為に書いている方達がいらっしゃるのも事実です。
全てが完璧などと言う政治家(人間)はいませんし、これほど国民の考えが十人十色の中、国を纏める事の大変さは並大抵ではない事と同時に世界にも目を向けなければならない立場で物事を良識かつ冷静に判断出来る方でなければ成らない訳ですよね。
 
保守思想の安倍氏、麻生氏が良いとこちらのブログにて何回も目にしたことがありますが、現在私だけが知らないだけなのでしょうか?全くニュースにも上らないし、ブログでも読んだ事も有りませんので残念乍、感想を述べるには至りません。 しかしながら支持者が多ければ、可能性もあるということではないでしょうか?

伊勢様のタイトル>”米軍なき日本は無力”
第二次世界大戦以来、中国~ロシア~韓国の太平洋進出を阻んできたのは米軍である。

未だにアメリカは世界にとって秀でている国、そしてその影響を日本はゴマント受けています。
鳩山氏が壊した日米信頼関係を何とか構築して行って欲しいです。
2012/01/10 01:34 | Kay [ 編集 ]

>>私は伊勢様が相当下位の問題であると仰る在日問題もかなり根が深いと見ております。

いやいや、ごめんね。このエントリーから逸脱することを注意したのですよ。男子徴兵(1年でも)を原則にすれば、在日の餓鬼は震え上がる。日本には、徴兵と志願兵による軍隊が必要です。伊勢
2012/01/10 00:44 | 伊勢 [ 編集 ]

多史済々先生

>>確か「誠心誠意丁寧に謝罪することだ」とコメントしましたが、、

出展は?国民の総代表にはなれない。野田氏が正しいとなるね。

>>わが国の言論機関はもっとシビアに韓国について評論すべきです。

何かを恐れているとしたら、卑怯ということです。日本の首相に頭をぺこぺこと下げさせる~謝らせることことの目的は、“してやった”という快感です。伊勢

2012/01/10 00:34 | 伊勢 [ 編集 ]

 艦長

 昨年末、李韓国大統領が来日して野田醤油いや総理に慰安婦問題解決を求めましたが、それに関して石破氏は確か「誠心誠意丁寧に謝罪することだ」とコメントしましたが、これでは何をか解決するどころか、どんどん我が国が精神的に下位の立場に置かれることが恒常化してしまうと私は思うのです。それは我々の子々孫々にとって決して良くない事ですよ。だから、せめて石破氏はコメントなどしなければ良いと私は言いたい。(言葉がきつくなりましたが、彼を責めるというよりお願いしたいのです)

 金大中元大統領はかつて日本に借金願いに来て、これから韓国はもう歴史問題を遡上に上げることはしないと約束すると言ったものですが、韓国大統領の約束とは何と軽いものではないですか。

 わが国の言論機関はもっとシビアに韓国について評論すべきです。
 
2012/01/09 21:43 | 多史済々 [ 編集 ]

>在日問題は多くある問題のひとつです。

 これはひとつの見方ですが、元は第二次世界大戦の終了後における占領政策にあります。
 国内における朝鮮人の浸透はネットでいろいろ調べると、相当に進んでいます。
 もともと朝鮮はどのように転ぶか不明な要素があり、その残虐性はアメリカ軍はベトナム戦争において知っています。
 在日が治外法権のような扱いを受けてる事、米軍基地が治外法権と同じ構造でしょう。
 マスコミや教育界地方公共団体などへの進出は普通ではないようです。自由に論議すらできないことは米軍を自由に論議できない事と同じようです。
 kernjiもネットがあったから、在日について、知ったに過ぎない。
 欧米は植民地を間接統治をしました。その役目を朝鮮人におわせて、我が国の統治をしようとしたと見ているから、在日朝鮮人問題は対米問題でもあるとみています。統治ですから低い問題では無いと思います。

>。「アジアの核」は日米同盟なのです。
地政学的には台湾のほうが核ではないですか。台湾が敵地に落ちれば我が国は立ち居かなくなります。
 大東亜戦争においてはバシー海峡が確保できなかったことが敗北の元のひとつです。沖縄ではありません。
 当時よりトニカク不利でしょう。
伊勢さん、マスコミにおける国内の韓国よいショは異常なものがありますよ。
 何か意図を持っているとしか思えません。
 よくある現象でしょうが、ちょっと不気味なものがあります。

 それとひとつだけ、韓国は石油の備蓄が確かありません。
ホルムズ海峡封鎖は韓国こそ大きな問題ですが、そのとき、我が国はどうするかでしょう。封鎖が一年も続けば。日韓の友好は維持できないですよ。吹っ飛びます。それを理解しているのが韓国です。

 日本がアジアの顔役になるということは日中が衝突する事を意味します、
 これは難しい問題です。戦前がそれでした。難しい問題です。

日本人が虚構をもてあそぶ、原因に用語の問題があります。

国内の多くの評論(?)における主語のひとつに<人間は>というものがありますが、その主語の部分を<日本人は>と考えて思考をしないと、ほとんどが虚構である事が見えません。
 これも背後に言語的、思想的、認識的問題があります。
 このサイトの閲覧者の人々も、評論において人間はとか人類はとか世界はという用語を日本人はと我が国はと置き換えて見られるといいでしょう。ひじょうに奇妙なものが出てきます。 
2012/01/09 20:55 | kenji [ 編集 ]

皆様今晩は。現状で日米同盟が破棄されることになれば中共、南北朝鮮、露にとってこれほど都合の良い事はないでしょう。
また沖縄の問題についてももし県知事や各自治体やマスコミ左翼主義者の主張が通り一国二制度や最悪琉球自治国なんてものが出来れば中共は飛び上がらんばかりに狂喜する情勢が出来上がります。台湾はあっという間に飲み込まれ南シナ海~東シナ海の航行の自由は失われ日本の死活問題の一つであるシーレーンはジエンドです。

皆様それぞれ仰るように非常に危険極まりないと私も個人としては思っております。親しい人にこのような事をお話ししても反応も皆様が懸念する通りです。

戦前の東アジアの地域情勢と何ら代わりが無いと思いますが、今の日本にはその危うさを払拭できるだけの防衛力も政治力も無いと考えます。その原因は教育、反日マスコミ等さまざまあるのでしょう。私は伊勢様が相当下位の問題であると仰る在日問題もかなり根が深いと見ております。政界、マスコミに根深く潜り込み歴史捏造や工作活動を行っていると過日金総書記死去のニュースを伝えるフジテレビアナウンサーらの服装を見れば気が付いている人ならば容易に判断できると思います。それらを思えば在日は国際社会に日本を貶めるような活動をしているのだろうと言う点からです。
もちろん日本人でありながら日本が嫌いで日本人社会を壊す日本人が一番問題であり大多数の日本人が気が付かないか気が付かないふりをしているのは亡国の一歩手前でしょうけれども。

日本を防衛するには石破氏以外にも自民党参院の佐藤議員等適任な方はいらっしゃると思います。
防衛力や海上保安庁の予算を大幅に増やし隙の無いよう増強する事は急務と思いますが、あの政党政権では。・・・
2012/01/09 20:42 | 一有権者 [ 編集 ]

kenji先生

このエントリーは重要なのです。“日米同盟は日本の防衛だけではない”という。「アジアの核」は日米同盟なのです。その核をどのように深化させれば、アメリカに代わって、日本がアジアのリーダーになるるのか?

在日問題は多くある問題のひとつです。優先順位からは相当下位の問題です。アメリカ在住が45年になるぼくが提起するのは、日本は、国家の根幹である自主的な「領土領海の防衛」と「アジアの安保への貢献」です。日本青年に義務を教え~セニアはそれを支援するという。石破さんとぼくの違いは、ぼくは、「徴兵制は日本人の性向に適する」と考える点です。徴兵は戦争の道具ではなく~国家国民の義務教育と考えるからです。
2012/01/09 17:54 | 伊勢 [ 編集 ]

外国人参政権についてですが、憲法を読めばその発想はありえない。したがって、法曹関係者の精神の弱さを示しているに過ぎない。平岡法務大臣を見ればいい。彼の行動を見ると天皇機関説反対派の行動です。 
 構造的には天皇機関説と同じ構造である。
背後には我が国の国家成立事情が自然発生的である要素がその一部にあると思う。
 在日朝鮮人たちは外国人参政権などえさに過ぎない。
彼らの狙いは現在受けている特権維持だけで、それ以外に社会の裨益するという考えはない。
 タトエバ遺産相続だが彼らにおいて我が国国内で資産を作り、ソレヲ本国にいる人々に持たせて、相続をのがれるという事がたぶんできるだろう。
 我が国政府が彼らに相続税をどのようにして課税しているか、まったく不明で、一度政府のインターネットでたずねたら。在日と間違えて、個別に相談をという返事が来た。
 パソコンが壊れて返事をした人の名前がはっきりしないが、これは変だと思った。特権は犯罪を犯しても強制送還をされない。また南朝鮮が受け取らない。
 送ってしまえばいいだけだが、ソレヲしない。
いろいろ調べると在日問題は我が国が国家として対応しないから起きているに過ぎない。
 国内は三代で財産が無くなる税法だそうだが、在日も既に三代になるが、その姿はどのようなものか不明である。
 いずれにしてもアメリカをまねた永住資格というものをやめて、自然発生的な要素がある我が国日本における外国人を住まわせる方法を考える事である。
 我が国には不文律の法律、習慣、規制があるからで8町内の付き合い?)、ソレヲ身に着けるには20年は必要という我が国の文化に根ざしているからである。そこが自然発生的国家である我が国の姿である。世界において近代国家群のうちで、そのような要素を持っている国は我が国だけではないか。
 これは結局我が国は一国文明国家という見方に通じて、その上、地理的にはアジアに位置して、さらに島国であって、文化的には欧米に似ている国である、自己認識をもつ事である。
 欧米と似ているが同じではない。ここを間違えてはいけない。

 結論は簡単で永住資格はなしにして、在留資格のみにして、国籍取得は能力ある特別の人は別として、普通の人は最低20年継続して住む事を条件に入れることである。それと日本語ができる事。日本語は論争をしにくく、戦争用語としてはとてもではないが英語にかなわない。この日本語を身につけることが、我が国国内においては必要で、逆に日本人が外国と渡り合うには英語が必要という矛盾した要素を我が国と日本人と日本文化は持ている。 
2012/01/09 14:29 | kenji [ 編集 ]

「石破茂の外国人参政権」ウイキペデイアより

2010年の党大会で外国人参政権について、「憲法上の議論が多く残り、国民的議論も成熟していない。私どもは拙速な法案成立に断固反対する」と述べ、党として法案に反対する考えを表明、また「(憲法上の)住民とは日本国民をさすと考えており、私どもは多くの疑義があると考えている。国の形そのものにかかわる問題だ」「この問題は国の形そのものにかかわるものだ。憲法のあり方からしても、拙速な法案成立には断固反対していくと述べた。


多史済々先生

お正月おめでとう。

昨夜、「落日燃ゆ」広田弘毅の一生の「南京攻略」を読んだ。好戦派の軍部(杉山陸相)とのすれ違いがよく理解できた。“日本軍が悪い”とする史観は、“不測の事件が重なった(日本人居留民殺害事件など)”ことを“日中戦争は自然な帰結”と考えれば、不適当です。だが、米中にとっては、その方が都合が良いとなる。

さて、そこで、日本人は腹を立てるべきか?ぼくらは、現代に生きている。今の日本が良いならば、過去に遡って、日中戦争が正義だったかどうかを議論するのは、戦争で亡くなった人々に不敬です。石破氏がどう考えようと、日本の将来に障害とはならない。ぼくが、石破氏を買う理由は、防衛大臣を二期やったこと~このエントリーの趣旨がよく分かっていること~東京空襲など異議はあっても、現在、日米が一枚岩であることが、アジアの平和と生産の担保となることをよく理解されていると思うからです。伊勢

2012/01/09 06:13 | 伊勢 [ 編集 ]

 憲法には遵わなければならない。
戦前の日本は、明治憲法を蔑ろに
したので、あんな事になってしま
ったのです。・・

 無政府主義が一番恐ろしい・・
そして今、中絶が合法化され住専
処理策が国会で承認され、日本は
毎年3万人以上が自殺する国となり
ました。1995年以来51万人以上が
自殺しています。世界一では?・・
 
 枝野弁護士(経済産業相)は、日本
は成長しなくとも良いと考えている。
そういう政治家が多いのです。・・
 
 憲法は全体の考え方を脳裏に納め
各条文を読むべし。各条文金科玉条
と信じ込むから国民死滅&憲法護持
となる。法益権衡の遵憲パラダイム
路線。・・英国憲法はマグナカルタ
や「権利の請願」や「権利の章典」
どれも古いものですがそれを基盤に
不成文法で何百年も押し通してきま
した。憲法を尊重し、遵う気持ち。

 そして柔軟な頭脳が立憲君主制に
必要です。律令、貞永式目、諸法度
明治憲法、昭和憲法、すべて生きて
いると、理解すれば何の問題もない。
 
 憲法学者は世界の法と日本の古来
からの法を時宜に応じて説かなけれ
ばなりません。日本人は、マインド
コントロールされているのです。
 
 失われた17年逸失経済、2011年
だけで$15兆この間累積機会損失
=8500兆円・・蘇甦は可能。・・
住専処理策国会無効決議。今また
住専問題よりもオウム真理教迷彩
金融自滅破壊=仮想現実経済・・
 
 現実経済は$5兆・・金融3倍?
残ってる金融も。3倍の$15兆なら
至極妥当、大阪堂島江戸先進金融。
本間相久?バーチャルリアリティー

 貿易や製造サービス等実質経済の
金融は10倍以上、金融を蔑ろにして
は成長無し。二宮尊徳の仕法にさえ
元金の1割を11ヶ月払い続ける金融
機能は不可欠でした。・・低金利で
広範に貸せ.ほぼ100%約束遵守返済
納豆菌のような発酵力・・ムチンや
ビタミンK,ナットウキナーゼその他
諸々・・にがり、黒酢、蒸し風呂。

 金融は、決して虚業ではない。
 
 
2012/01/09 02:21 | 山中 雅和 [ 編集 ]

 不勉強で今のロシアの憲法がどう規定しているかは知りませんが、前のソ連の憲法では兵役の義務は市民の名誉ある義務であると規定されていましたよね。中共でも同様ですよ。
 比べて日本はどうなのでしょう。国防の義務、ないしは国防の重要性など私は学校で習ったことはないです。だたら、私はそれが現在の日本の一番の欠点であると認識しています。こう書くと特に女性は私のような人間のそのような意見を読んで嫌な気分になるのでしょうが、日本の平和を守り維持してきたのは日本の国防力ではなく日米安保条約であったのは厳然とした事実であることは判然としていると思います。

 私が高校生の頃にいわるゆる70年安保闘争があり、60年安保闘争のような大きな混乱はなかったのですが、その動員人数は60年安保を上回る77万人だったと記憶しています。

 現在はどうなのでしょう、ソ連がつぶれ共産主義の胡散臭さが国民に知れ渡ったとはいえ、戦争を知っている世代が極端に減少した日本には平和ボケ国民が蔓延していると言っていい状態ではないでしょうか。それはある意味、70年代より更に国家として日本は後退したのではないか。
 外国人に参政権を与えるのが人道主義見地から当然とする議員が自民党にもいたり(石破氏は心情的にそう)する日本になってきたのです。そして、それが中共等の扇動によるものだとは気が付かない日本になってしまったのです。
 これはいわゆる思想戦に負けている状態と認識すべきではないかと私は思うのです。自国は自国民で守るという使命感が国民に行き渡らないと国防は出来ないと私は認識しています。
 それは決して平和を乱すようなことではなく、また、国粋主義的な独善でもなく、ごく当たり前のことだと私は認識するのです。ここから始めないと日本は亡くなります。
2012/01/09 00:08 | 多史済々 [ 編集 ]

kenji先生

お正月おめでとう。今年も、元気に発言してください。

"国がどのようにカネを出して~どのような効果があったか?”知りたいですね。結局、全ては投資とリターンだからね。

だが、国防費は「掛け捨ての生命保険」のようなもの。雇用もできるが、儲けるのは兵隊ではなく、防衛産業。防衛産業は大きくなると、国を支配する。政治献金です。

だからと言って、防衛力増強に反対することは、とくに、日本は国を滅ぼすでしょう。オバマは、中国を名指しで、“アジア太平洋の防衛費は削減しなかった”と米国民に言ったのです。だから、米国と協議が必要なんですね。日本が、アメリカに協力できるところは、全幅のコミットメントで当たらなければいけない。それには、“なぜ、日米同盟なのか?”を徹底して理解しておかなければいけない。

中国人~韓国人~ロシア人を信用してはいけない。伊勢
2012/01/08 23:39 | 伊勢 [ 編集 ]

戦前は台湾、朝鮮にも基地がありました。朝鮮は韓国のみです。台湾は不明と見ていいでしょう。朝鮮もどう転ぶかわからない。
 当時よりはるかに不利ですが、日本人と日本国はそのようには考えていません。
 米軍の駐留は軍事的に当たり前です。我が国が軍事力を増強しても必要です。
 上記の視点で米軍駐留は国防の基本です。
それが壊れればおしまいです。大東亜戦争をするようなもので、即座に朝鮮、中共、ロシアの日本侵攻が始まり。大東亜戦争終了時のロシア中華民国の占領案に南北朝鮮が絡んだ占領案になるでしょう。
かろうじて大東亜戦争終了時おきなかったことが起きます。
 それは地獄の世界です。

本当に困った。身近な人に話しても、ぴんと来ない。
平和で、戦争は無いと思っているが戦争の形態が変わっている事にきずかない。

 被災地の復興ができず。困っているが、元は仕事が無いことで、それが一番肝腎だが、インフラその他を見ると、こまる。漁港がこれほど政府の補助で作られていたとは思ってもいなかった。それだけしてもらって、漁業者はどのくらい税金を負担したかそのデータを知りたい。

 これから国内はヨーロッパのように仕事がなくなり、大都市へと行かざるを得ないでしょう。
 今回の震災の復興は阪神とは大本が異なるから、同じ手はきかない。
 福島原発事故に対応できなかったように、政府のいろいろな仕組みがいざというときにものをいっていない。
 消費税より公的仕組みを変えないとむりだ。被害が無いところにいて、いうことだが、驚くべき事に、海外のある国が放射線汚染で日本からの原料の輸入を禁止したために、こまっている。原料はまたっく関係ないが、おそらく経済危機による輸入制限の言いがかりでしょう。
 したがって手が無く、生産が止まりそうで、その会社が止まると他の会社がいいコトニなる。
 風が吹けば桶屋が儲かる。
2012/01/08 12:15 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する