2012/01/21 (Sat) ルビー二教授、“中国経済の減速は深刻だ”
china steel Huaibei

2010年までは、チャイナは輸出が好調だった。建設ブームが起きた。2011年、ユーロ危機~USの貧血経済によってチャイナの建設ブームはバブル崩壊に向かっている。建設業界が活発だと、最初に、鉄と銅を買い占めるので、その興亡盛衰は鉱業株のチャートを見れば判る。鉄は鉄骨。銅は電線に使われるので、需要は巨大になる。ここのところ、EUの輸入が鈍化した。頼みのUSは中国の軍事拡張を嫌い始めた。TPPは中国封じ込め戦略なのである。この意味するところは、中国にアジア太平洋を好きにさせないということだ。USの機関投資家らは、ユーロ離れに向かっているのだ。当然、儲けにならないならば、米企業はチャイナトレードも切り捨てる。伊勢平次郎 ルイジアナ






china housing bubble burst

チャイナの住宅というのは、カネのある者たちには高層ビルのマンションのことだ。ま、日本の仮設住宅に近いプレハブを平原に並べてもいる。チャイナは、90年代の日本や、リーマンで崩壊したUSのサブプライムと同じ轍を踏んだのだ。住宅の値段は暴落した。エアマットレスに穴があき、空気が抜けるように、、これを“deflating”という。

china housing cheap

これナンボするの?水洗トイレあんの?貧富の差は深刻な社会不安を招く。嫌だな~!


ルビー二教授が再び警鐘を鳴らしている

NY大学経済学部教授のノリエル・ルビー二教授は、2008年に起きたUSの住宅バブルの崩壊を論文で予測した。今日、当教授は、“チャイナの経済は急減速に向かっている~今年は、8%だろう~中国政府が何か手を打たなければ、深刻な不況に陥る”と警告を出した。


(伊勢爺の経済学)

借金による住宅購入で資産をもくろんだ中国の大衆。もくろみ外れ、どんどんキャッシュを失っている。ちょうど、USやユーロ圏がキャッシュ不足となったと同じように。中国は正念場を迎えている。ここで、本来の風呂敷一枚の姿に戻るのであろう。カネを持ったことがない民衆がにわか成金になった。もうそのフィーバーが終わりに近付いている。外資が逃げ出しているからだ。伊勢




comment

 私、桜じゃないけど。・・勉強になる隼速報!・・


南風 三国港に寄せる波 耳に優しきウミネコの声・・

氷見津港 外航船の発つ津こそ 白く輝け立山の嶺・・
 
春浅み雪融け残る二上に 山路木漏れ日かたかごの花。
 
 
2012/01/26 11:36 | 山中 雅和 [ 編集 ]

 私、桜じゃないけど。・・勉強になる隼速報!
 
 
2012/01/26 11:27 | 山中 雅和 [ 編集 ]

読売社説が今ごろ書いているけど、、http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20120122-OYT1T00713.htm

中国経済が世界経済の牽引車ではない。なぜなら、中国はその巨大な輸出に対して、銅、鉄、原油以外の輸入が少ないからだ。つまり人民元を操作して、外貨を積み上げてきた。そこまではいいとしよう。だが、中国国鉄の大赤字~地方銀行の大量不良債権~住宅価値の暴落~食品インフレ~輸出不振が一向に収まらない。仕事のない大都市から労働者が田舎へ帰る。つまり、中国経済は、穴のあいた風船のようにしぼんでいる。世界経済の牽引車はアメリカなのである。伊勢

2012/01/23 05:00 | 伊勢 [ 編集 ]

>>もし台湾を中共が飲み込めば次は間違いなく尖閣と沖縄周辺あるいは南シナ海の併呑を目論む事でしょう。

そのシナリオをよく聞くけども、中国の国内問題は深刻です。まず、エネルギー(電力不足とオイル高)~食料インフレ~空気、水質の劣化~大都市を失業者が離れる~住宅価値下がる、、台湾も高齢化に進んでいるけども、人口少なく、商売が上手。ハイテック(ソフト開発)産業でも中国を一歩抜いている。台湾は、南東シナ海の独特な位置にある。日本と同じように、アメリカにっとっては、戦略価値が高い。一方、北京は喉から手が出るほど台湾が欲しい。アメリカは軍事介入を辞さない。中国はコンテインされた。南シナ海併呑は夢でしょう。伊勢
2012/01/21 20:18 | 伊勢 [ 編集 ]

韓国や中共に毅然とした態度を取れないのは何故なんでしょうか。やはり政界やマスメディアに多くの反日国家出身者や左翼が潜り込んでいるから。?たぶんですが政治家や役人以外の一般国民ならばはっきりとした態度をとる者達も多いと思うのですが。?
早く中共から日本の資産や会社を親日国へシフトさせるべきと考えます。また日本もしっかりとロビー活動をするべきでしょうが何故かこれもしません。活動資金が無いはずはない。反日マスコミはこのような事を一切報道しません。気が付いた時は手遅れになります。

このような手法で南京や慰安婦というありもしない嘘をでっち上げられてしまうのです。民度うんぬんと言う事もありますが外国ではサイレントは能無しか事実として認めたとされてしまうとのこと。

黙っていては今までと同じになってしまいます。さて過日台湾の総統選挙で国民党の馬英九が再選されました。

次の4年間までに台湾の国際的位置、中共やわが国日本との関係がどのような形になるのか注視したいと思います。中共はここぞとばかり付け込んでくる事でしょう。
台湾の近未来は日本への影響が大きい。
もし台湾を中共が飲み込めば次は間違いなく尖閣と沖縄周辺あるいは南シナ海の併呑を目論む事でしょう。

特亜3カ国の動きには警戒と実質的な日本を守る為の施策が必要です。伊勢様仰るように断交をするのが一番手っ取り早いのですが。
2012/01/21 16:39 | 一有権者 [ 編集 ]

韓国にとって、日韓通商(渡航ビザ)は命綱です。竹島占領など道理に反する国家挙げての行動には、日韓断交の段階的手段がある。日本政府の意思次第です。日本人には決断が出来ないとなめられている。伊勢
2012/01/21 15:07 | 伊勢 [ 編集 ]

バージニア州上院小委、「米国教科書に東海と日本海併記する法案」を採択

米国教科書に東海と日本海を併記する法案がバージニア州の上院小委員会で採択されたようだ。
韓国のこのようなロビー活動が平然と行われており、今はまだ州どまりだが、このまま放置しておくと面倒なことにきっとなります。
http://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-469.html
2012/01/21 14:57 | [ 編集 ]

みなさん

結核の気胸ではなくて、胸水ドレインという。こういう手術を来週火曜日に行う。呼吸困難が治るはずだと。痛そうでしょ?(笑い)。伊勢

http://youtu.be/tSXQ7GR35E4

2012/01/21 11:42 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する