2012/01/22 (Sun) 映画が描いたアメリカの暗部(その1)


Deliverance(脱出)は、1972年に製作された「怪奇映画」である。ジェイムス・デイッキーの短編がストーリー。脚本も著者が書き、シェリフとして出演している。

このアメリカの暗部を描いた作品は、アメリカのランド・マークと認定され、“文化、歴史、美学でさえある”と米国議会図書館アメリカ映画に登録されている。イントロダクションの、バンジョーとギターの“duel(二重奏)"は、未踏の地域へ踏み込む危険をヒントしている。“豚のように、悲鳴を上げろ”というせりふで有名となったレイプシーンは観客を震撼させた。まず、その“バンジョーの二重奏”を見てください。

http://youtu.be/SA61zycbLSI (コメント欄に載せておきますから、クリックで見れるよ)

pig squeak

“豚のように、悲鳴を上げろ”と山男(mountain man)が言った。実は、伊勢は、この役者(Ned/Beaty)とコロンビア映画「1941」の撮影で一緒に働いた。“なぜ、あの役を引き受けたの?”と聞いたら、“バート・レイノルズも、ぼくも失業中だった。バートが脚本をファックスで送ってきた。すると、ボビーの役は、山男にレイプされると書いてあった。ぼくの父親はウイスコンシンの教会の牧師なんだ。親父に殺されると言ったんだ”。ワイフに話すと、“あなた、何をぐずぐずしてるの。この仕事に就かないなら離婚するわよ”とイッターノ。聞いていたスピールバーグも大笑い。

この映画は「奇怪小説」のジャンルである。なぜ奇怪なのか?ジョージア州と南カロライナの州境に、アパラチアン山脈がある。ハイカーが好む渓谷が多くある。チャタヌーガ渓谷がロケに使われた。この人里離れた山奥の住人を、「ヒリビリー(山羊族)」という。彼らの先祖は、スコットランド移民である。18世紀、宗教の違いから東部を追われたスコットランド人らは、山奥に逃げ部落を作った。煙草と密造酒(ムーン・シャイン)が生業であった。他の移民と大きく違うことがある。それは、近親交配(inbreeding)である。知恵遅れ~精神病者~白子(しろこ)~奇形児が生まれた。バンジョーを弾く子は白子である。年齢すら判らない。もちろん、学校などないので、文盲である。

カヌーで河下りを企てた4人の男たち。このヒリビリーに優越感を感じた。だが。ガソリンを入れる男に、“お前ら、何も分かっていない”といわれて、顔をしかめる。このストーリーを見終わって、観客は、“こんな一面がアメリカにはあるんだ”と目覚めるのである。

1988年、ケンタッキーにトヨタ工場を建設したとき、東ケンタッキーの山奥から労働者がやってきた。名前は書けず、年齢も知らない者がいた。伊勢の秘書のジーンアンが、“ヒリビリーよ”と耳打ちした。スコットランド人の監督ジャックが、その山羊族の歴史を教えてくれた。伊勢は唖然とした。


(伊勢爺のつぶやき)

トピックス以外、政治エントリーを一時休みたい。25歳のとき、自分を探すために旅に出た。あの日から45年が経った。妻も青い目のアメリカ女だ。45年で、何を見つけた?それはね、アメリカ人と日本人の違いである。それも、大きく違う。理由は環境が人間を作るからである。共通の部分もある。それは、“人間は哀れな存在だ”という悟りです。

アメリカ人は、敵にしない限り、最も信頼出来る人々です。“中国が核で脅かすとき、アメリカは日本を守ってくれるのか?その担保がない”という人がいる。“信じるしかないのです”と伊勢は言う。伊勢爺を信じれるなら、アメリカ人は、もっと信頼出来るのですよ。伊勢






comment

 私は、日本列島に住んで、日本語を喋ってる人は
日本人だと思うことにしている。スパイもいるかも
?・・それも日本人、免許証や外国人登録証を見な
いと分からないし、見ても偽造だったら見抜けない
と、どうにもならないでしょう?・・
 
 以前、伊勢様が一己の変?(大化の改新)の話題を
提起された日本のクーデター・・石器、縄文、弥生
古墳、・・・律令、奈良藤原、平家源氏鎌倉、・・
何で源氏物語?平家物語が先だったから。いえ源氏
が先です。・・藤原物語とか、中臣物語とか・・
 
 北条、足利、織田、豊臣、徳川、明治維新、藩閥
軍部クーデター、米軍GHQ占領統治時代、吉田茂や
小日本主義のあの人、片山哲や池田隼人、佐藤栄作
田中角栄・・後は、小物ばかり・・豊臣秀吉も実は
朝鮮半島からの”幼時渡航者”?・・
 色々な支配者が入れ替わり立ち代り、その重層性
が日本文化の一筋縄でないところを形作っている。
小物でも統治してくれたから、戦乱より有難い・・
  
 台湾や朝鮮半島も外からの影響を受けている・・
バルカンや中東コーカサスも凄まじい変遷。・・
 現在、アゼルバイジャンの飛び地であるナヒチュ
ヴァン自治共和国なんか、目が白黒するような変遷。
 
 尊皇攘夷論者みたいな事を言ってもその人自体が
五重スパイかも知れず、外部からも良いものは学び
悪い所はなるべく染まらないように。・・でも多少
は鷹揚に広い心で。・・みんな日本列島に棲み日本
語を喋り、日本文化になじんで変わって行くのです。
 
 原始、日本列島は無人島。情け無い戦後日本に見
えても、そんな日本に憧れる人は地球上に沢山いま
す・・南洋からもインド.タイ.からも中国からも..
朝鮮半島からもスペイン・ポルトガルからも英仏や
米国からも独墺露からも、イタリアやギリシャ・・
アイルランドからも多くの事を学んであれ、PIIGS。
 
 世界を良導出来たら良いですが、それも世界との
共同作業です。日本人自身もコミュニケーションの
能力向上と広い心を養わないといけませんが、多く
の国から日本に来て良いものを齎してほしいです。
 
 一部地域からの移民に偏り過ぎると、問題も生じ
易い。同じ地域から来た人達でも来た時期によって
随分違います。・・基本的に日本に住んでいる人は
元はといえば、中国大陸や朝鮮半島にいた人が多い。
 それよりも古くからの人々も.フィリピン.インド
ネシア等マレー系主流でインド南部~アッサム地方
や~雲南省方面~揚子江中流や、河口部方面経由で
山羊の浮き袋の筏で流れ着いて住み、黒潮に乗って
日本列島に稲作を伝えた弥生人達.日本語の基礎・・
 
 どの人の祖先も、皆外来人なのです。・・子供の
時に自分の意思でなく日本列島に渡航して来た人も
今では百歳なら、・・祖国は、正直日本でしょう。
 
 古い、新しいではない「日本人の価値」。・・
 
 ケツの穴の小さい麻生さん福田さん・・民主党
と新党結成一緒になっても第二次麻生&福田内閣。
 
 ・・国会にいてもしょうがない小沢被告。・・
 
 
2012/01/26 10:34 | 山中 雅和 [ 編集 ]

>もうそろそろ限界というか、臨界点に来ている。そういった危険な遊びを韓国人は政官民でやっている。在日は単独でやっている。日本人による虐殺を避けるために、日本の警察はしっかりしなければいけないね。

誠にそのとおりです。警察は馬鹿ではないからその予測はしていると思います。
どうにも彼等の行動が分かりません。調べればぼろぼろに出てくること歴然としていますから。

 免許書き換えの時三人ほどが別に集められて、何事か説明して、別に処理されました。おそらく在日朝鮮人でしょう。彼等のおどおどした態度(若い人でした)は気の毒だなと思いました。気が強い人とばかりではないからです。
 一度だけ朝鮮名の名詞をもらいました。ちょうど拉致事件が表に出たときです。多分kenjiは<ええ>という表情をしたでしょう。しかし彼から見れば見慣れた表情でしょう。しかし手際よく製品の説明をされました。

 いにくいですが日韓日朝の将来は多分戦争でしょう。

kenjiは色々勉強して(?)そのように判断しています。その形は日清戦争方式か、朝鮮戦争方式か、白村江方式か、それとも新しいかたちかは不明ですけれども。

亜米利加はシリアの人権弾圧を言うなら中共のチベット弾圧に対しても言う義務があるが、そこは亜米利加でしょう。
 何故無理をしてシリア政府を崩壊させるのですか?

意外と亜米利加は強い国には弱いところがあります。それだけリアリストということですが。

 国内の朝鮮人問題は調べれば調べるほど、奇妙で、何故、我国政府はもっと強い態度の出ないのか不思議ですが、それは背後に亜米利加がいるからです。占領政策があるからです。

 わが国にスパイ防止法を作るなら、アメリカのスパイが多くつかまるでしょうね。残念ながら、それが現状です。
 何処の国にも暗部はあります。しかし亜米利加はそれを公然と指摘する勢力があり、それがアメリカの強さでしょう。思想信条表現自由でしょうか?

 韓国の暗部はわが国が日韓併合以来朝鮮に投資した財産をどの朝鮮人が自分のものにしたかでしょう。
 だから日本人は土地をうばったとか搾取したかというに過ぎない。一度ある土地の所有権がどのように変わったかいらべて、韓国のマスコミに出すといいでしょう。

 もっと日本人は自信を持って、しっかりしないといけない。
2012/01/24 16:52 | kenji [ 編集 ]

>>だから中韓が何を言ってきても大衆の対応のレベルに差異が生じてしまうようになった。飲み話ですら外国への対応を語るのが思想論として避けられる程度には閉じた発想になっていると思いますね。 これが出来ていれば中韓の遣りようを真似た馬鹿餓鬼が出てきても揺らがない程度の社会を築いてると言えるんでしょうけれど。

大人がしっかりしなければいけない。青少年は迷っていると思いますよ。尖閣漁船事件で、日本政府が腫れ物に触るように中韓を扱うのを、“ここまで劣化したか”と失望した。釈放するにしても、仙谷の唐突な釈放は、一国の政府の威信を捨てている。


Blueさま

「アメリカの暗部」を続けましょう。明日午後、肺水腫の水を取り出す手術。呼吸がらくになると。ありがとうね。伊勢
2012/01/24 14:46 | 伊勢 [ 編集 ]

White Supremacist に訂正します。KKKのような団体はもういないが、キリスト教徒白人極右はいます。伊勢
2012/01/24 14:32 | 伊勢 [ 編集 ]

>>基本的には韓国人は亜米利加の威を借りて、日本に対処しているに過ぎない。

アメリカが干渉しなければ、韓国人は日本人に浄化されているでしょう。そこも怖いところですね。もうそろそろ限界というか、臨界点に来ている。そういった危険な遊びを韓国人は政官民でやっている。在日は単独でやっている。日本人による虐殺を避けるために、日本の警察はしっかりしなければいけないね。

アメリカの白黒問題は日韓問題ほどじゃないんです。以外に、仲がいいところがあって。ホワイト・スープリマリストと、ブラック・パンツァーの抗争も、FBIが双方を鎮圧したのです。伊勢
2012/01/24 13:52 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様はじめまして。
映画が描いたアメリカの暗部。興味深く読ませて頂きました。スクリーンでは何度も彼らの存在を見ていましたが、ヒリビリーである事とその歴史を知る事が出来ました。ありがとうございます。
近年ではアメリカの暗部としてサバービアの病理をスクリーン上で目にします。ガンモ、アメリカンビューティーなどなど。是非、伊勢様にはアメリカの暗部としてサバービアの問題の見解をお伺いしたいと思います。ホワイトトラッシュ、サブプライム、心の病、新自由主義の台頭による弊害であるのか、ないのか。

2012/01/24 13:23 | blue [ 編集 ]

伊勢様
お加減はいかがですか。
引き続きご自愛くださいませ。

これまでのエントリーを拝見させて頂きましたが、
結局は教育でしょうね。
徴兵教育のところで基地っこ 様がおっしゃっていましたが、一般との格差がありすぎて前提の教育が必要との論旨は同意するところですね。
軍事に限らず外交対話の前提としての諜報が何も無いように見えるのが日本の問題だと私は考えます。

全くの未知では対話自体が危険かも知れませんから、その前段階としてどうすればどう応じてくるかという傾向を探る基本的な諜報が全く足りないと感じます。
そのような情報があって初めて相手の歴史に意味が見えてくると思うのですがね。
日教組はそれ自体を否定しているように思えてなりません。
戦後の反省という名の下で対話放棄の狂った思想に走ったと思えますね。

だから中韓が何を言ってきても大衆の対応のレベルに差異が生じてしまうようになった。飲み話ですら外国への対応を語るのが思想論として避けられる程度には閉じた発想になっていると思いますね。
これが出来ていれば中韓の遣りようを真似た馬鹿餓鬼が出てきても揺らがない程度の社会を築いてると言えるんでしょうけれど。
2012/01/24 12:12 | fts [ 編集 ]

>これも在日韓国人の犯罪ですか? 伊勢

不明です。
統計資料から見ると中国人、朝鮮人韓国人の犯罪は日本人のそれより多い。確か中国人はそれぞれ17倍と5.5倍でした。タダ起訴のいたる段階がありますからそれは微妙です。

 わが国の不良グループの抗争というより若い一時期にある事件カも知れません。ちょうど高校野球に熱中することと同じです。現れ方が異なるだけです。

 警察の発表を待つことですが未成年では無理でしょう。

 ヘイトの問題ですがそれは相対的に考える必要がある。
 つまり韓国人のヘイトをも考える必要があります。
一度色々言う韓国人,朝鮮人二終戦直後の行動についてどのような意見を持っているか聞くことでしょう。
 我国国内でそれについて、亜米利加の暗部を取り上げるように、彼等が取り上げたなら、それは進歩でしょう。
 基本的には韓国人は亜米利加の威を借りて、日本に対処しているに過ぎない。
2012/01/24 11:58 | kenji [ 編集 ]

Kenji先生

>>石神井公園で男性襲い大けが、少年4人逮捕

 東京都練馬区石神井町の石神井公園で昨年12月、散歩中の男性が暴行を受け、池に突き落とされた事件で、警視庁は23日、同区在住の定時制高校1年の男子生徒(17)ら16~17歳の少年4人を強盗傷害容疑で逮捕したと発表した。

 男子生徒らは同じ中学出身で、生徒の一部は「ゴリまっちょ軍団」というグループを名乗っていたという。

 同庁幹部によると、男子生徒らは昨年12月12日未明、同公園を散歩していた無職の男性(56)を「金持ってるか」などと脅し、殴る蹴るなど暴行。さらに、携帯電話などを奪って、靴とズボンを脱がせて池に投げ込み、胸の骨を折るなどの大けがを負わせた疑い。男子生徒らは、はい上がろうとする男性の顔面を何度もけり、再三、池に突き落としていた。

 調べに対し、全員が容疑を認めており、「別のグループに絡まれてイライラしていた。誰かを殴ってスカッとしたかった」などと話しているという。同公園では同じような事件が相次いでおり、生徒らは「他にも5、6件やった」などと供述しているという。

(2012年1月24日08時01分 読売新聞)


これも在日韓国人の犯罪ですか? 伊勢
2012/01/24 08:22 | 伊勢 [ 編集 ]

中東

 米海軍の原子力空母「エイブラハム・リンカーン」が22日、イランとの緊張が高まるホルムズ海峡を通ってペルシャ湾に入った。通過に際してイラン側の挑発行動などはなかった模様だ。

 イランは、米国やEUによる原油輸出への制裁強化に対抗してホルムズ海峡の封鎖をちらつかせており、空母「ジョン・C・ステニス」が昨年末、同海峡を通ってペルシャ湾を出た折には、戻らないよう警告していた。同艦と入れ替わる形でリンカーンが到着した。

(2012年1月23日18時01分 読売新聞)


EUが、7月1日から、対イラン原油禁輸に踏み切ると。“この5ヶ月間に中東の原油がどうなるか判らない。ギリシアなどに影響が出ないようにしたい”と。日本政府は耐久テストで停止した原発を早く再稼動しなければ、重油による火力発電では、コストが高過ぎる。消費税増税の効果は吹っ飛んでしまう。野田氏はあまり賢くないな。伊勢
2012/01/23 22:07 | 伊勢 [ 編集 ]

川崎区在住さま

「アメリカの暗部」を書いて、アメリカをその歴史ごと貶める気はない。日本人には、アメリカを貶める資格がないと思うから。韓国人や中国人が嫌いで仕方がない人がいる。このブログにもいろいろと書いてくる。その心理は「ヘイト」です。

ハリウッドの映画人たちには、良心的な人がいる。良心のある作家は多くいる。多くの映画は、アメリカの暗部を描いている。だからと言って、アンタイ・アメリカンではないです。アメリカ人の多くは、アメリカの為政者や多国籍企業、キリスト教徒の偽善に批判を持っているということです。悩めるアメリカ人。その人々が日本人の味方なんです。広島長崎原爆投下の悔悟かも知れない。今、そのアメリカはイランの核を恐れている。伊勢
2012/01/23 21:31 | 伊勢 [ 編集 ]

>あなたは、「アメリカの暗部」

いろいろ在ることはしっていますよ。主にインディアンの虐殺ですが。その背後には白人の対人思想があり、その背後にはキリスト教の人間観があります。
 それらはやはり専門家の教育を受けないと思想的には理解できない。
 kenjiはこの点においてはまったくの素人に過ぎない。国内は大変な状態ですよ。特に朝鮮人の侵略はひどいものがあります。
 警察官が猛スピードで事故を起こしながら暴走する車に発砲したら、助手席の在日朝鮮人が死んだ。ところがである。その親が告発した。当然不起訴になったが今度は不審判請求が出されて、裁判所が受理して、その上検察官役の弁護士が特別公務員暴行凌虐罪で審理するかと思えば、その上に殺人罪で審理ですよ。

 朝鮮人はどうにもなら無いがそれを受け付けた裁判所はなにを考えているか?

 それが現状で、何とかして朝鮮人史那人はわが国においてわが国の常識外に立とうとして司法界に成りすましの朝鮮人が進出したと見ています。
 アメリカ軍人と同じ位置にわが国において立とうとしています。これに対してマスコミは一度も報道をしていません。
 亜米利加ならどうなります。
外国人と自国人の争いはよほどのことが無い限り自国人を有利にします。それが当然です。所がわが国は異なります。
 そんな状態ですよ。外国人に日本が甘いことを知り、警察も手を出しにくいことを承知で、ふざけた行動をする外国人がうようよいます。彼等がソレヲするのはかまわないがそれを取り締まらないどころか裁判所が狂っているからいけない。
 わが国の裁判所は裁判をしません。ジャッジというものをしません、。亜米利加ではありえないのではないですか?ゴドファーザーはジャッジをして、報復に出ています。

 とにかくマスコミは朝鮮史那亜米利加ロシア其の他に篭絡されています。それにはわが国の文化的構造もありますがそれにしてもひどいです。

 その昔南ベトナムのグエンバンチュウ大統領がサイゴン陥落前に演説をしました、それを読んだ時の衝撃は忘れられない。最後のヘリで脱出したアーミテージ氏には深く敬意をささげますが、その演説内容で記憶にあるものを記します

<1972年パリ和平協定のとき、私はアメリカの友人にいてやった(キッシンジャー氏のこと)。そんな協定を結ぶと北の共産主義者を利するだけだと。だが亜米利加の友人は言う事を聞かなかった。私の在職中に起きたことはよきにつき、わるきにつき、私の責任としよう。それでは諸君さようなら>でした。最もそれは翻訳ですからたしかではない。
 そのとき将来わが国の首相がそれを言う時が来るかもしれないがその形はどのようなものになるだろうかとおもった。
 その後の展開は日米強化へとすすみましたが、ソ連が崩壊したあと、変わりました。

 キッシンジャー氏が京都の金閣寺を歩く写真を最近見ましたが非常に興味深い表情をしていました。

 いずれにしても、亜米利加を恐れる必要がわが国にはある。きちんと亜米利加を知っての上で。
 個人的にはわが国は崩壊すると見ている。その序曲が福島でしょう。いまだ茨城県においても震災の復興はすすんでおらず壊れた家の修復もすすんでいないとのことです。

 <そんなことをしたら、南北が共同して核を管理してわが国は手が出なくなるとアメリカの友人に言ってやった>と将来我国首相が言う事すらできない国になりつつあります。

 亜米利加の暗部は黒人の扱いを見れば分かるでしょう。もっと日本人は自らの意見を外に出して、戦う必要がある。
 今後ともよろしくお願いします。
2012/01/23 17:43 | kenji [ 編集 ]

映画「脱出」(ジョン・ブアマン監督)は、若い時に見て強烈な印象を受けました。

スピールバーグの「1941」も見たが、ファーストシーンしか覚えていない。
スピールバーグの作品では、初期の「激突!」(Duel, 1971年)が傑作だと思う。これも”アメリカの暗部”というか怖さかもしれない。
2012/01/23 17:12 | 川崎区在住 [ 編集 ]

kenjiさん

あなたは、「アメリカの暗部」というエントリーに興味がない。だから、答え様がない。ぼくも、あなたも同じ「迷える人間」。自分の疑問の答えは自分で探すしかない。伊勢
2012/01/23 14:43 | 伊勢 [ 編集 ]

>信じるしかないのです”と伊勢は言う。伊勢爺を信じれるなら、アメリカ人は、もっと信頼出来るのですよ。

伊勢さん、どうにも南ベトナムからの撤退のわけが知りたい。南ベトナム政府が腐敗していたから?
 敬する福田恒存は1967年核兵器を使わないとアメリカは勝てない。朝鮮戦争の教訓をえていないと書いています。
 このあたりは考えれば考えるほどわからない。わが国は核攻撃を五発受ければソレデお仕舞いです。後がありません。
 これだけ国民が国防について何も思っていない世界、つまり国家意識が無い人々が上層部にいるようではと突く図く思います。
 私が亜米利加なら、別の行動をしますよ。
2012/01/23 13:02 | kenji [ 編集 ]

「バンジョーの対決」

http://youtu.be/SA61zycbLSI 

2012/01/23 12:34 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する