2012/03/30 (Fri) 小川法相は責務を果たした。
ogawa toshio justice

“なぜ、この男が法相なのか?”と書いた翌日に、小川法相は三人の死刑囚を処刑した。オームの松本らはまだだが、国民は朗報を待っている。小川さんは、“辛い仕事だが、、”と言った。だが、“名誉ある仕事”のはずだ。伊勢爺なら、あとの135人の死刑囚もスケジュールを作って粛々と処刑する。

“なぜ、そんな過激なことを”と言われるだろう。だがね、日中戦争になれば、自衛隊は中国兵を万人単位でXXさなければ負けるんだよ。小川さん、“松本らを葬った男”と、あなたの名前は日本史に残る。決心して下さい。馬を買って上げるよ(笑い)。伊勢平次郎 ルイジアナ








死刑執行 法相が重い職責を果たした(3月30日付・読売社説)

 3人の死刑が29日、執行された。民主党政権では、一昨年7月の2人以来、1年8か月ぶりの執行となる。

 究極の刑罰である死刑について、刑事訴訟法は「執行は法務大臣の命令による」と定めている。法相が執行命令書に署名しなければ、行われない。

 署名した小川法相は執行後の記者会見で、「つらい職務だという気持ちは持っているが、職責だ」と心境を語った。国の秩序を維持する上で、法相に課せられた重い責務を果たしたと言えよう。

 民主党政権で法相を務めた6人のうち、江田五月元法相は死刑廃止の立場から執行せず、平岡秀夫前法相も執行に慎重な姿勢を崩さなかった。

 昨年1年間は19年ぶりに執行がゼロとなり、死刑確定者は戦後最多の135人に増えていた。

 法相が個人の思想・信条から法律で定められた職責を果たさず、その結果、執行のペースが左右されることは、法治国家として本来許されないことである。

 死刑制度に否定的で初めから執行しないと決めているのなら、政治家として法相の職を引き受けるべきではなかっただろう。

 今回、死刑が執行されたのは、1999年にJR下関駅で5人を殺害し、10人に重軽傷を負わせた通り魔殺人など、いずれも凶悪事件を起こした死刑囚だ。

 ある日突然、大切な家族の命を奪われた遺族の死刑囚に対する処罰感情には峻烈
しゅんれつ
なものがある。

 小川法相は記者会見で、「犯罪に対して、どのような刑罰で臨むかを決める権利は国民にある」と述べた。

 死刑制度を巡っては、日本弁護士連合会が制度廃止についての議論を始めるよう求める要請書を法相に提出するなど、一部に強い反対論もある。

 だが、内閣府の世論調査では、死刑制度を容認する国民が85・6%に達している。多くの国民が、死刑を廃止すれば、遺族の感情が癒やされず、凶悪犯罪が増えると懸念している事実は重い。

 加えて、2009年から一般の市民が参加する裁判員裁判が始まり、これまで13人に死刑判決を言い渡している。市民に死刑を選択するかどうかの苦渋の決断を求める以上、法相が自らの責務を全うするのは当然である。

 確定判決を詳細かつ厳正にチェックした上で、法に従って粛々と制度を運用していくことが、国民の司法に対する信頼を高めていくことにつながるだろう。

(2012年3月30日01時39分 読売新聞)











comment

美濃囲いさま

どのような記事を書かれていますか?隼速報は、アメリカの情報をベースに、日本に良いことならなんでも書いています。嫌なことも書いています。日本人に、強く~やさしく~正しく、生きる人々になってもらいたいからです。伊勢
2012/04/01 22:39 | 伊勢 [ 編集 ]

僕のブログと相互リンクをしていただきたいです。
もし相互リンクしていただけるのなら、僕のブログのメールフォームか、メールでご連絡お願いします。
2012/04/01 18:52 | 美濃囲い [ 編集 ]

みなさん

野田さんは、鳩山や管のような偽者ではないですね。善人です。国防軍の最高指令である自覚があるのでしょう。戦争になれば、敵味方の兵隊も市民も何万人という単位で死ぬのです。死刑確定した凶悪な人間を処刑出来ないなら、自衛官に“戦争に行ってくれ”などと言えるはずもない。こんな簡単なことがわからない人間が増えた。伊勢


死刑制度「直ちに廃止は困難」…野田首相

 野田首相は30日の記者会見で、死刑制度について、「内閣府の世論調査結果によれば、『死刑もやむを得ない』とするものが85・6%だった。依然として凶悪犯罪が後を絶たない状況などもかんがみ、直ちに廃止することは困難だと認識している」と述べ、当面は存続させるべきだとの考えを示した。

(2012年3月30日20時55分 読売新聞)
2012/03/31 03:41 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

埼玉の肝っ玉かあさん、DK姉さまからです。伊勢爺への「お見舞い」だってさ。昨日、胸の水1.4リットルを抜いた。うちのがビデオに撮ったので、時間があったらご参考までに載せますね。奇しくも、胸に水が溜まる天皇陛下の報道と同じ日だった。陛下の肺水腫は自然吸収されると。伊勢爺は重症だけんど、、伊勢


こんばんは

近況です.お見舞いです.去年から行っている慰安婦抗議活動です.場所は四谷韓国大使館前毎週水曜日、プラカードOK.日の丸何旗でもOK.何人でもOK.大使館の前に1時間居られました.ただし発言はNO無言の抗議活動でした.

今年に入って最初の時も次の時も抗議活動は警察官に排除されました.今年はさせないという姿勢でした.

それで私たち.馴れていない人間が4人で警察に申し込みしたら出来ることになりました.初日が大雪の日2/28水曜日に行いました.反響があったようです.最初の日は.日の丸一旗.プラカード一枚.無言.カメラマンを入れて5人まで10分が警察の条件でした

次からは警察のお達し.プラカードNO.日の丸は一旗.人数は写真担当を入れて5人まで.10分間だけ..肉声はOK持ち物検査.身体検査付き.それで仮面を付けたり.ゲリラ活動と言って別の時間に人の多くいる三丁目の交差点で警察官に見つかるまで.プラを高く掲げてサンドイッチマンなどして.楽しんでいます.

また肉声はOKなので抗議文を書いて読みました.その読んだ日の動画です読むのに7分かかりました.*赤い大きな口とサングラスは私です.怖がらないでください DK埼玉より

今日のブログに乗せて頂きました「駆け出し鬼女...」
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/26f6dc074ea6a004a0649de5169f05fa

おとといブログにコメント入れました..「駆け出し鬼女...コメント欄」
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/88c3d91c2f71d505721da3102ab73758?st=0
2012/03/30 20:46 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する