2012/04/18 (Wed) 東京都が尖閣を購入する手続きとは


在米の伊勢爺さんが、とやかく言うのは控えたい。しかし、石原都知事は、こちらで言うところの、"politically incorrect(政治上正しくないこと)"と思う。

“半分宣戦布告だ”などと言うべきではない。“何故、日本政府は反発しないのか?”も浅薄なもの言いである。アサハカって?それは未成熟な人間のもの言いだから。ワシントンの公演では、“外務省は恐れてやがる”とチンピラ風のもの言いだった(笑い)。ことばが乱れた日本では通るのかも知れないが、アメリカでは通らない。一瞬にして尊敬を失う。伊勢爺さんは、もともと政治家を尊敬したことなど無い。ステイーブ・ジョブさんや、マザー・テレサを尊敬しているんだ(笑い)。

このテレビ番組で不明なことがある。1)国が地主さんと結んでいる賃貸契約の内容~2)購入対象となった二島の面積~都議会の民主党議員の人数、、承認が得られるかどうかの要素だからね。

さらに、リース権を持つ国が上陸を許可しなければ、調査さえも出来ないわけだ。すると、石原氏の野田政権と外務省への侮辱的な発言や~相談さえも試みなかったことは逆効果じゃないの?橋下大阪市長は、“起爆剤になった”などと、これも幼稚なアタマしている。この人らが改革をね~?

埼玉県知事の上田さんが、“尖閣は日本固有の領土と主張してきた~日本が実効支配している~それで充分だ”と言っているね。伊勢爺さんも同感だ。領土の守りというのは、陸海空の部隊が行うものだ。日本は、平和憲法を後生大事にお守りにしている。だから、尖閣などの領有権で中国外務省は好き放題を言うわけだ。だが、北京は吼えるだけだ。人民軍が紛争を起こさないのは、在沖米軍の存在なのだ。だ・か・ら、沖縄の米海兵隊は重要なのだ。米軍を減らす?ならば、自衛隊を沖縄に駐屯させるしかないよ。伊勢平次郎 ルイジアナ






IMFは追い風

昨日、米連銀セントルイス理事が、“ことしのGDP成長率は、3%”と予言。さっき、IMFは、3.5%と言った。これは、大きいんだ。なぜなら、去年3%だったことで米経済が熱くなったからだ。

さらに、“セーフネットには、41兆円が必要”というIMFに日本政府は、600億ドル(5兆円)の巨大資金を提供することとなった。さっき、スカンジナ三国が、260億ドルを約束した。チャイナはまだ決めてないが、人民元切り上げが起きるので、日本の輸出が伸びるはずだ。チャイナもEUのクレジット危機が収まることを待つしかない。チャイナの住宅価値は下げに下げている。温家宝さんは火の車となっている。尖閣どころじゃないんだよ(笑い)。

問題は、スペインの国際利回りだ。6%を超えているので、欧州中央銀行のスペイン国債買い付けが必要になってきた。スペインはギリシアよりも大きい経済だが、スペイン人はゼネストを起こすようなバカじゃない。財政再建の行動は早いと思う。伊勢

comment

 石原さんは、言ってることと腹の中は別かも
しれません。それは世界中の政治や外交がそう
ですから。・・。
 まぁ、私は従来から余り、付いて行くきたく
はないです。・・亀井さんと石原さんは、全然
従来からいってる事が違うでしょう?・・
 ポピュリズムで一緒になっても仕方がない。
 
 ・・・
 
 福井の原発は泊原発が停止する前でも敦賀や
美浜・大飯・高浜とも稼動しても私は大丈夫だ
と見ています。6~7月に再稼働開始で十分・・
「困難と戯れよ」恐れて逃げていては退化だけ。
 
 関電は「値上げ目的の態と事故」を起こすよ
うな会社ではありません。ただ京都.滋賀.岐阜
等を蚊帳の外に置く姿勢は感心しません。・・
 
 長年の行政上の経験から福井県や県下の地元
市町村は知識上も「五重の壁理解のレベル」も
相当高いと認める事が可能。でも福島第一事故。 
 
 だからこそ他府県の理解レベルを上げる必要
がある。福島第2や女川ではちゃんと冷温停止。
態と爆破だけでなく明白に重大な判断指示ミス
もあった。そして、この事故後、各原発は更に
6重目、7重目、8重目の壁を準備しようとして
出来るものから順次、実行に移している。・・
 
 女川原発や、福島第2原発を上回る安全性が
既に実現している。稼働しないことは却って
再稼働する事を困難に。ノウハウや対策費が
積み上がらないからです。福井でも問題が起
これば直ぐに停止して解決してから再稼働と
いうプロセスを通して世界に誇る連続運転や
高い稼働率を誇る原発群を実現していました。
福島第一は例外的&特殊なケースです。関電
はそのような事故は起こしていない。・・

「もんじゅ」以外は、全部稼働に入って様子
を見るべきです。・・でも事故調の結果報告
(原因究明)を待たず、再稼働を働きかけたの
は急ぎ過ぎでした。先ず、京都や滋賀・岐阜
大阪・愛知・兵庫をサポート府県とする努力
をするべき段階でしょう。(啓蒙する意志)
第一政府自身が無知だった。共に学ぶ姿勢。
 
 政府は健全な市民の恐怖心を軽く考え過ぎ。

 ・・・

 細野長官説明に行こうとしたのを拒絶した
経済産業省の姿勢は、実は、天然ガス輸入増
で「電気代値上げ已むなし」の空気を作りた
いのではないか?その姿勢が事故の原因・・
産業空洞化促進?「諂中、諂韓シンクタンク」
 
 天然ガス2年分の輸入を安価に.量も減らせ
られれば「放射能廃棄物の処理費用」は浮い
てくる。メディアも実は、経産省を支えてる。
中韓も日本の原発撤退を切望しています。・・
セクトも奇禍学者、奇禍タレント、奇禍業者。
みんな値上げ賛成派。”自滅歓迎口腹別人達”
 
 日本が危険性を減らす技術を磨き続ければ
世界の原発も切磋琢磨し後に続く。レベル7も
6に。アジアで原発は増え続ける。それが現実。

 日本は、原発安全技術の先鋒であり、しんがり。
・・何の権威もない単なる(一素人の見方)ですが。
 
 
2012/04/24 23:03 | 山中 雅和 [ 編集 ]

山中さん

石原氏は反米感情がむき出し。アメリカ人から見て、その態度は臭うのです。ゲストとホストの関係も理解していない。つまりゲストは、マイクロホンを握った瞬間に「招かれた感謝のことば」を述べるのです。伊勢爺さんなら、在日米軍の津波支援をサンキューと二回は言っただろう。日本を代表しているのだから。ハラの中が反米でもです。この80才の人間には紳士の礼儀がない。玄葉さんは自然な上品さがある。

ところで、福井の原発は再稼動するのですか?伊勢
2012/04/22 23:21 | 伊勢 [ 編集 ]

 石原さんの趣旨も本意も理解しかねたのですが
漸く解ったような気がします。知らない事も多か
った。でもアロヨ氏の訴求力に比べて格段の弱さ。
 なので為になるスピーチだったとは存じますが
せめてメインスピーチは英語でしてほしかった。
 
 フィリピンやインドネシアの政治家は、とても
英語のスピーチが上手い。・・英語の不得手な私
に言われたかぁ、無いでしょうけど。・・
 
日本の国会審議も英語でする等何とかしないと。
世界の人々が日本語を解するのは、もっと先なの
ですから。・・
 
 英語を操ろうとしない.だから、醜い化け物?
 
 
 
 
2012/04/22 22:07 | 山中 雅和 [ 編集 ]

2012/04/20 15:30 | 動画ありました。 [ 編集 ]

石垣島市議会は“尖閣を国に買って貰う要請”を決議したとさ。それでも、石原都知事の夢は達成できる。はい、おめでとうさん。都知事は来年の四月に買い取るなどと言ってるね。政権が変わっているんじゃないかな?先のことは予測が付かない。中国の政情は不安定になってきたし。伊勢
2012/04/19 19:33 | 伊勢 [ 編集 ]

Mephist先生

そうですね、石原批判は何も産まないんだからね。ダメで元々だと。目くじら立てるほどのことじゃない。

一方、アメリカは日本を守るというのじゃないですよ。アジア太平洋の覇者でいたいし、アジア市場は国益になるから。だから、日米は限度を決めて利用し合えばいいとなる。狐と狸の関係だ。

中国は尖閣どころじゃない。江南の広東省が分離する可能性がある。粛清が始まるでしょう。広東は官僚の腐敗がもの凄いから、どこまで粛清する?粛清し過ぎれば、共産党が崩壊する。あの中国外務省報道官の表情には自信がない。横柄な口調でも空虚に聞こえる。

さっき、FNN見てたら、石原都知事が歩いていたが、歩行が危ないように見えた。“政治塾をやる”なんて言ってるが終わっている。本人が気が着いていないんだ。伊勢
2012/04/19 18:16 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢殿
石原知事がアメリカでプレス発表したのは、結局のところ日本のマスコミが信用できないからに他なりません。

戦術上はともかく、戦略上微妙というのは;
・エスカレーションというか、チキンレースというか、そういうものにちゃんと乗れる与党政治家が居るのか?
→もっとも、これで失敗しても恥をかく程度で、領土問題に影響はありませんが。
・外交というより防衛の話なので、本来は自治体の出番はありません。
→つまるところ「尖閣は安保対象」というアメリカのリップサービスだけが、一定以上の抑止力を持ってきたわけですが、それにちょっとしたスパイスが加わった程度の話です。
・もう少しだけ石原知事を擁護すると、国政レベルでは「ウチの跳ねっ返りがご迷惑かけました」で済ませられる立場の人なので、対外的には大したインパクトを持たない割りに、日本国民にとっては青天の霹靂だったり、中国にとっては内部闘争に油を注いだりと、費用対効果は抜群だと思います。
→誰が得をしたか、石原知事です。誰が損をしたか、中国執行部でしょう。日本国民は?もうちょっと刺激が必要でしょう。

表舞台に立っている間には、この手の寝技は出来ないわけで、面白い手ではあるなという印象と、この手を生かしきれる政治家が与野党含めて何人居るのか気がかりです。
裏返せば無責任ともいえます。

もう少し事態が進んで、自国の領土を守るためには何が必要なのか、という論議が世の中に出てくれば100点満点でしょう。
2012/04/19 17:43 | Mephist [ 編集 ]

Mephist先生

個人が持っているよりも東京都が持つほうが良い~東京都が持つよりも日本国が持つほうが良いと僕は考える。海自基地にも出来るし、ミサイルも配置が可能となるから、中国人民軍などは侵攻計画さえ立たない。

今、野党となっている自民党政権は長かったにも拘わらず肝心なことをネグリジェントしてきた。現時点でも、政局争いに血道を上げている。国民にとっては、経済と~東北復興と~電力の行方だからね。

石原氏のライフワークね?反対しないが、国が持った方が在沖米軍指令の印象も良くなるし。超党派で尖閣購入を話せばいい。国が買い取りを申し出ても、“石原都知事でなければ売らない”ということもあるし~妥協することもあるでしょう。

どエライ、アドバルーンね。アメリカのメデイアも、ワシントンも“シラー”としているね。大体、日本の内政問題を外務省以外の東京都知事から発表されても、“筋違いじゃないのか?”と受け取られている。ぼくでも、ストレンジに思うから。

野田さんも、玄葉さんもたいへんだな。日本の防衛は在沖米軍なしには不可能なんです。日米交渉は、現在、野田内閣が司っている。購入は合法的であっても、内閣総理大臣の頭を超えて、領土問題に東京都が介入する? ここが、ぼくには大きな疑問なんですよ。伊勢
2012/04/19 12:50 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢殿
石原知事の件ですが、戦術としては間違っていません。
戦略としては微妙なところです。
戦術的勝利の積み上げが、戦略的勝利に繋がらないことは周知の事実ですが、結局のところ、どデカイアドバルーン以外の目的は無いと思います。
購入金額は大したことがないと思います。都財政は国の財政より余裕があるくらいですから、調達上の問題はないハズです。
問題は議会ですが、これは既に懐柔済みと考えます。
開票0秒で当確の出る知事の意向に、最後まで抵抗できるのは共産党くらいでしょう。

戦術上正しい、というのは
・アメリカでプレス発表したこと
・中比間でエスカレーションがあること
・行政行為(所有権移転)を明示できること
・都有地にすることで都の方針を条例で決められること
・国と自治体では立場が異なること(を上手く使える)
そして必要なら
・都の財産の侵害に対して自衛隊の出動要請(治安出動)を出せること
自衛隊の派遣要請ってのは知事マターです。
防衛出動は首相マターですが。
私有地ではワンクッション置かれることになります。

また、尖閣に関して中華人民共和国には主張する権利すらないのですが、中華民国(台湾)は僅かばかりの論拠はあります。それも例の感謝状に抗弁できるものではありませんが。
2012/04/19 11:08 | Mephist [ 編集 ]

 17日の石原・東京都知事と報道陣との一問一答は次の通り。


 ――買い上げに中国は反発しているが。

 「何で日本の政府や日本人が反発しないのか」

 ――官房長官は国が購入してもいいと。

 「さっさとやれば良かったじゃないか。でも、(島の)持ち主が、国が信用できないから石原さん、東京都ということだったのだが」

 ――尖閣問題では民主政権の対応のまずさがあるか。

 「全然違う。もっと前から、自民党もダメだった」

 ――大阪市の橋下市長は事前に知っていたようだが。

 「口が堅いから黙っててくれたのだろう」

 ――尖閣諸島の所有者が都になった場合、中国艦船が来た場合の対応は。

 「そりゃあ国家にやってもらうんですな」

 ――都民の利益は。

 「東京のためでなし、日本のため全体のためというか、沖縄のためになるのでは。何をやるかも都民で考えたらいい。都民で考えが足りなかったら、国民で考えたらいいのでは」

 ――都議会には。

 「専決事項で私が決めたことだが、説明はしますよ」

 ――首相に尖閣の件は。

 「聞かれれば答えるけど、都が決めたこと。中国は日本の領有を崩すために思い切った行動をするというのは、半分くらい『宣戦布告』みたいな話。政府はもっとしっかりしてもらわないといかん。朝日新聞だってそう思うでしょう。日本人だもの、みな」

 ――米国で発表したのは中国にアピールするためか。

 「それは考えすぎではないか。私は私の判断で、(発表する)場所を選んだということですな」

 ――日本では騒ぎになっているが。

 「騒ぎになるのがおかしいんだよ」

(2012年4月19日10時13分 読売新聞)


何か喧嘩腰と感じる言葉使い。80歳ですか?仮に東京都が購入するとしても、東京や近県に直下型地震が起きれば、カネに困るでしょう?そのときは、国にお願いしますですか?尖閣を売るの?討論が足りないな。ワシントンで言ったからには、都議会から承認を受ける自信があるのだよね?拒否されたら笑われるが、、伊勢
2012/04/19 11:03 | 伊勢 [ 編集 ]

石原氏尖閣発言 領土保全に国も関与すべきだ(4月19日付・読売社説)

 沖縄県石垣市にある尖閣諸島を東京都が買い上げる。そんな計画を、石原慎太郎知事が訪米中に講演で明らかにした。

 これを受けて、野田首相は国会で「所有者の真意を確認し、あらゆる検討をする」と述べ、都に代わって国が保有する可能性に言及した。

 「東京が尖閣諸島を守る」という石原氏が、国の領土保全のあり方に重要な一石を投じたと言える。石原氏には、領土問題への関心が薄い民主党政権に意識改革を促す意図もあるのだろう。

 尖閣諸島は明治時代、日本の領土に編入された。政府はその大半を80年前に個人に払い下げた。相続や譲渡によって所有者が交代したり、複数の購入話が地権者側に持ち込まれたりしたという。

 都が購入すれば不安定になりがちな個人所有から抜け出せる。

 石原氏によると、購入の対象は尖閣諸島の魚釣島など3島で、都と地権者は既に大筋合意し、詰めの交渉を進めている。

 購入資金は、寄付を募る案もあるが、多くは都民の税金で賄うと見られる。購入の前提となる都議会の承認など、石原氏の構想実現には高いハードルもある。

 肝心なのは、尖閣諸島を長期間、安定的に維持、保全できる体制を整えることである。

 政府は2002年、尖閣諸島を地権者から借り上げた。日本人の無許可上陸や外国人の不法上陸を規制しやすくするためだ。

 都が購入するとしても、領土保全に必要な外交・防衛の権限を持っているのは政府だ。中国などとのトラブルが想定される以上、やはり政府が関与すべきだろう。

 政府と都は今後、緊密に協議、連携しなければならない。地権者側を交えた3者で話し合いを進めるのも一案ではないか。

 中国政府は石原氏の発言に「日本のいかなる一方的措置も違法、無効である」と反発している。だが、中国の領有権の主張には歴史的にも国際法上も無理がある。

 尖閣諸島を巡っては、中国の巡視船が先月、日本の領海に侵入した。中国側の挑発的な行為が続いているのは問題だ。

 日本政府は、大型の巡視船を尖閣周辺海域に配備するなど、海上保安庁の監視体制の拡充を図る必要がある。

 尖閣諸島のような離島で、海上保安官が、外国人の不法上陸などの犯罪を取り締まることを認める海上保安庁法改正案は、すでに国会に提出されている。与野党は早期に成立させるべきだ。

(2012年4月19日01時12分 読売新聞)


この最後尾の「海上保安庁法改正案」が実効性があると思う。野田政権は何もしていないという言い方は、フェアではない。さらに、フィリッピンへのODAに巡視船などを提供する相談を受けている。こういった同盟国群ネットワークが尖閣をも守るわけだ。中国人民軍が侵略してくるってかい?それがデマゴゴスなんだよ(笑い)。

日中関係というのは、領土領海国際規約と無関係ではない。“尖閣は中国の固有の領土だ”と言うのは自由だが国際社会から孤立する。中国は欧米日韓・南シナ海沿岸諸国から嫌われている。今の中国は輸出が斜陽化して、インフレが襲っているから「火の車」の中に立つている。とくに、中国の半分以上の住宅がその価値を下げている。深刻な経済問題の上に、北京は広州との関係が不安定だ。そこへ、英国との関係が悪くなっている。伊勢
2012/04/19 03:38 | 伊勢 [ 編集 ]

ぼんさま

上田さんでしたか?ごめん、ごめん。

>>法律で外国人の土地の所有に規制を掛け、特に国境地域については外国人の土地の所有を禁止するべきである。

大賛成です。立法化は簡単でしょう。日本は何百もの島があるから、自衛隊だなんだちゅう前にまず、国境地帯の法律の整備だわね。自民党は野田政権のアラを探して倒したいらしいが、自分たちも責められることをやってきた。その矛盾に気が着いていない。人間の評価とは品なんだがね。伊勢
2012/04/18 19:52 | 伊勢 [ 編集 ]

>埼玉県知事の前田さんが、“尖閣は日本固有の領土と主張してきた~日本が実効支配している~それで充分だ”と言っているね。伊勢爺さんも同感だ。


埼玉県知事は、前田じゃなくて上田です。
で、彼の言うことは正しくて,たとえ政府が購入したとしても、売ってしまう可能性があるわけで、だから今まで所有者は自民党政権時代も含めて売らなかった。今回は「石原さんだから」ということもあるんだろうが、次の都知事は信用出来るのかね?
今回の石原都知事の行動を、いつもの左翼論調で批判的に報道しているマスゴミは論外だが、都知事を賞賛している連中もお目出度いとしかいうしかない。今現在,政府や地方自治体が財政難を理由に国有地・公有地を払い下げしようとしているのに、今回東京都が買ったところで安泰ということにはならない。

なぜか誰も指摘しないが、今回の件で一番有効なのは、外国人の土地売買に規制を掛けることだ。世界一緩く何の縛りも無い日本の土地売買制度は、外国人でも無制限に所有出来てしまうので以前から規制の必要性が叫ばれているが、全く具体化しない。
対馬などは、韓国人の買い占めが進んでおり、自衛隊基地のすぐ隣の土地まで買い占められている有様だ。韓国では既に一部の国会議員などが「対馬は韓国領土ニダ」と公言しており、独島博物館には『對馬島本是我國之(対馬は本来我が国の領)』と刻まれた大きな碑まで建てられている。 
もちろん、たとえ外国人が土地を所有していようと領土権は不変だが、相手が中国や韓国となってくると常識というものが通用しないので、無用なリスクは根元から断つべきである。

【結論】
法律で外国人の土地の所有に規制を掛け、特に国境地域については外国人の土地の所有を禁止するべきである。
2012/04/18 19:29 | ぽん [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する