2012/04/24 (Tue) EUが変わるフランス大統領選
フランス大統領選とユーロのゆくえ

仏大統領選は第1回投票で決着せず、サルコジ大統領と最大野党・社会党のオランド前第1書記が、5月6日の決選投票に臨むことになった。

 今回の大統領選には10人が立候補し、1回目の投票で、オランド氏が得票率約29%で首位となり、現職サルコジ氏は約27%で2位に甘んじた。

 最新の仏世論調査でも、決選投票でオランド氏が10ポイント前後の差で勝利するとの結果が出ている。サルコジ氏の再選には黄信号がともっていると言えよう。

 最大の争点は、経済政策だ。失業率が10%に達する中、国民の関心は財政再建よりも、雇用優先の成長路線に集中している。

 選挙の結果は、いまだに収束しない欧州債務危機の行方を左右しかねない。ユーロ圏の危機封じ込めへ、仏国民が下す審判は、極めて重い意味を持っている。

 欧州連合(EU)は、債務危機の再発防止のため、各国に財政均衡を義務づける新条約で合意した。とりまとめの中心的な役割を担ったのが、サルコジ大統領とメルケル独首相だ。

 しかし、オランド氏は条約の再交渉を求めている。国内で高まる財政緊縮策批判が背景にある。

 第1回投票で3位につけた極右「国民戦線」のルペン党首は、ユーロ圏脱退が持論で、選挙戦でも財政規律強化を定めたEU新条約に反対した。オランド氏が決選投票でルペン支持票を取り込んだ場合、勝利に大きく前進しよう。

 オランド氏が当選すれば、独政権との摩擦は避けられず、独仏が主導してきた危機対策の柱が揺らぎかねない。

 ギリシャ危機はひとまず抑え込んでいるものの、スペインの信用不安がくすぶり、欧州の景気は冷え込んでいる。財政緊縮路線は、公務員減らしや年金受給年齢の引き上げなどにつながり、どの国でも不人気をかこっている。

 ユーロ圏内第2の経済大国フランスが路線を変更する事態になれば、危機を再燃させ、世界経済に悪影響が及ぶ懸念がある。

 日本の関心は、エネルギー政策の行方にもある。当初、オランド氏が、消費電力の8割近い原子力発電について「2025年までに50%に縮小する」という公約を掲げ、原子力政策が争点になると思われたからだ。

 だが、「雇用減少につながる」と批判されるや、オランド氏は声高に主張するのをやめた。

 「原発大国」の基本路線に変わりはない、となるのかどうか。(読売社説の要点)


(伊勢爺さんの解説)

昨日のNY市場は、1)スペインの信用危機再燃~2)フランス、オランダの大統領選挙の懸念~3)オランダの国債格付けがAAAから落ちるのか?~4)チャイナの製造六ヶ月連続減退~5)米企業成績はミックス。という理由で、朝からダウが180ポイントさげた。終了は102ポイントの赤であったが。

フランスの大統領選は、社会党のオランド氏が優勢だ。極右の女性候補が三位だが、アラブ移民追い出し~ユーロから脱退を叫んでいる。この極右がオランド氏と手を結ぶとドイツと不仲になるのである。すると、メルケル女子とサルコジ路線がつまずくのだ。

読売記事は、フランスの脱原発の可能性を書いているが、フランスは原発をやめない。たいへん儲かっているからだ。日本にとっての大問題は、ユーロ体制の危機によるユーロ経済の後退なのだ。なぜなら、チャイナが冷えていくからである。チャイナは国家危機に面しているのだ。重慶事件のことだ。揚子江から南の広東は、文化も、人種も、ことばも違う。簿キ来夫婦の逮捕だけでは収束しない。広東地方政府の腐敗というのは、日本人の想像を超える深いものだからだ。芋ずる式に逮捕するのは腐敗官僚の数に負ける。すると、どんすか処刑するしかない。つまり北京政府は広東人と戦争するしかない。習近平が最後の共産党主席となるのか?

こちら火曜日朝7時、NY市場は、少々好転すると。米新住宅の売れ行きが、二月に比べて、0.5%上がったからだ。テキサス・インストルメントやユナイテッド・テクノロジーも延びた。一方、消費者心理は少し冷えたと。オイルは、米国内備蓄量が増えているので、下がるかフラットだろう。


大飯原発再稼動は日本の命運を決める

原発再稼動が出来るかどうかに、近未来の日本経済の命運が懸かっている。大阪市長やら、京都府知事、滋賀県知事ら反対派は、雇用をどう理解しているのか?失業者や倒産する小企業の面倒を見てくれるのか?

福井県の原発は30年間安全だった。日本海側の雇用を生んだのだ。“さらに安全にする”という。なぜ、同じ日本人なら耳を貸さないのか?反対派というのは無知蒙昧な人種である。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

ベトナムはいいところ
旅に出る方はこちら↓
http://bandovanhoa.net
2012/11/06 13:45 | 北川 [ 編集 ]

 今にして思えば、サルコジさんは偉大
だったなぁ・・事前の擦り合わせも迫力
持ち前の積極性で練り上げたスキーム。
これ以上のものは、実現しない。・・
 
 ぎりぎりの危機感と責任感。・・
 
 潰す事なら小沢被告にだって、簡単に
出来る。あらゆる改革を無きものにして
きたのが小沢被告だ。・・
 
ギリシャのツィプラス(SYRIZA.党首)や
今度のオランド仏大統領。何かを構築?
 
 イタリアやスペインの対外債務の巨大
さはギリシャやポルトガルなど問題にも
ならぬ程凄い額だ。特にフランスは国力
に比して貸し過ぎている。イタリア向け
などはどうするつもりかというほど貸し
ている。「ドゴール主義で勝手にやる」
と言いながら、成長協約で今度はドイツ
を縛ろうと?ニコニコと、同意しながら
相手の首を締める??・・
 
 ・・・
 
 断末魔のメルケル政権。後がない・・ 
 
 
2012/05/26 07:41 | 山中 雅和 [ 編集 ]

 伊勢様、・・プエリトリコは.如何でしたか?
 
 中々承認の下りないロイター「討論x闘争」
を補足し終わりました。明日載ってなかったら
削除でしょうけど。削除ならもうとっくに削除
されている筈なのに、承認待ちで置いてくれた
ので、理解不能の事を言っていたのだと思慮。
「日銀法改正なら世界の・・」あれの続き・・

私も.いい加減しつこ過ぎる。が、やらねば。
 
 ああ言えば、分かってくれるか、こう言えば
分かってくれるか、四苦八苦して述べまくりま
した。「日本経済は、デフレじゃない」論・・

 どういえば理解して貰えるか。・・畳を
掻き毟りながら、・・埋没した付和雷同では
どうにもならない日本経済、財政、金融・・
 
 ・・・
 
 新聞も溜まっていたのをやっと、読み終えま
した。・・野田政権は、福井県とは差を付ける
ものの、京都府と滋賀県を地元府県として理解
を得るべく得るべく努力を始めるようです。
 
 岐阜&中日新聞1面。5/12(土)「大飯再稼動
京都.滋賀加え協議会.政府検討「地元」取込み
 
 協議会には大阪府などは含まれない見通し。
反発も予想されますが、今までは、無視して
きたのに等しい訳ですから一歩前進でしょう。
 
 気の短い私のような人間なら、問答無用で
全原発同時多発再稼動って思いますが、理解
を得るべく、粘り強く・・安全規制の監視や
事故対策の連携立案などに着手したい意向の
ようです。・・
 
 権力は、抑制的に使って行かなければなり
ません。面倒臭いが、仕方がないでしょう。
 
 やる気がないと言う事ではないと存じます。
 
 ・・・
 
 
 ちょっと一息「セカンド.ラヴ」(中森明菜)
 
 
2012/05/13 00:24 | 山中 雅和 [ 編集 ]

初めまして!株価や新製品情報を通じて情報交換の場になればと思います。
2012/05/12 04:15 | tomatochan02 [ 編集 ]

 ロイターブログ討論X闘論(ニュースに一言!)
最新の投稿05月10日・・

 日銀法改正なら世界の笑いもの・・多分2番目。
投稿しました。明日には承認されて掲載されると
存じます・・改行に失敗しましたが(31字限度?)

 宜しかったら明日、読んで見て下さい。・・
 
 
2012/05/11 05:05 | 山中 雅和 [ 編集 ]

 ドイツ前中央銀行ウェーバー総裁。・・
欧州中銀総裁就任が確実と思われていたの
にメルケル首相と何故か対立してドイツの
中央銀行から去っていった。・・
 
「おやっ?」と思った・・この辺のことと
何か関係しているのかもしれない?・・ 
 
 メルケルさん、ホワイトハウスで厚遇。
アイルランドはポンド経済圏入りかなぁ。
 
 3つとも大分、見当はずれかも。・・ 
 
 
 
2012/05/10 08:27 | 山中 雅和 [ 編集 ]

 リーマンショックから1年で蘇生した米国経済。
湾岸戦争やイランイラク戦争、9.11や対テロ戦争
どれも仕掛けられた戦争ではない。・・
 
 謂わばスマートパワーの一環として武力が2刀流
の短刀のように使われた。膨大な予算が浪費された
が、・・武力は、決して主食ではなかった。・・
 
湾岸戦争や9.11は大阪冬の陣.夏の陣。イラク戦争
や対テロ戦争は、由比小雪や赤穂浪士の変だった?
・・
 
 米ドル幕府時代は、まだ全体の5%?・・
 
 
 
 
2012/05/10 08:12 | 山中 雅和 [ 編集 ]

 本当に、サルコジさん、負けちゃいましたね。
で昨日は、1ユーロ=102円台までまた下がって
きました。
 
 オランドさんも実は、米ドル機軸通貨時代に
終わりが来るだろうとの考え方。多極機軸通貨
時代?・・

 でも米英は「影の金融システム」についての
考えに共通した所がある。EUや中国には英米程
の金融知識の発展がない。それを有利と見る事
も可能だがリアリティービジネス市場と「デリ
バティブ」や「影の金融システム」を内包する
バーチャル・リアリティー金融市場は市場規模
が桁違い。小さな前者で大きな後者を統制管理
しようというのは至難の業というか無理。・・
 
 金融取引税やG7よりもG20優先国際社会を作り
かけてきたが、影の金融システム抜きで米英式
を凌駕する金融市場システム創設するなんて事
は、果たして可能なのだろうか?・・
 
 米ドルの世界における通貨に占める占有率も
ドルの価値も下がリつつある。ここ数年顕著な
傾向。7月には.ボルカールールやドット・フラ
ンク法が動き出す。米大統領選もあり準備不足
もあり、今年は、一部の実施とか、来年に延期
という話になりそう。ロムニー候補はこれらの
金融規制廃止を謳っている。・・

 オバマ大統領も対抗上先延ばしやルールの
緩和や骨抜き?・・QE2までの資金が市場に
既に潤沢に出回っている米国。欧州中国では
むしろ通貨増刷の要請が具現化し易いかも?
英米式金融市場との相克。だが、本気出して
鍔迫り合いなら、相手にならないのでは?
 
 結局ユーロも人民元も流通範囲と通貨価値
を減じて行くような気が。「そうではない」
という見方の方が有力だったかも知れないが
・・
 
 ストロスカーンもサルコジも.去ってゆく。
 
 先のことなんて、誰にもわからないが・・
 
  
2012/05/10 07:41 | 山中 雅和 [ 編集 ]

 サイゴン=ホーチミン市。メコン川と
ミャンマー~バンコク~サイゴン大動脈
やパイプライン(予定?)の終点ですね。
 
 ほんとベトナム人は優しくって根性が
あって、チームワークが素晴らしい・・
野球遣り出したら強くなると思います。
 
 麦トロ納豆、美味しそうですね。・・
 
  
2012/04/28 18:41 | 山中 雅和 [ 編集 ]

山中さん

は、は、は “冒険こそわが人生”と僕は思っているだけ。さっき、空港近くの日本スーパーへ行って、「麦とろ納豆」や「大福もち」を買ってきた。レジで、僕の前に、20歳ぐらいのベトナム女性がいた。観察すると、小柄だが、お尻の格好が良く、服装、体の形や皮膚の色が台湾女性に似ている。これさ、米食うからじゃない?中国人女性と違う優しさが表情にあるね。今、ヒューストンのベトナム総領事にレター書き始めた。調べると、ベトナムの個人所得は、一年で1100ドル。チャイニーズの半分だわ。それでも、サイゴン市街は100CCクラスの軽オートバイでいっぱい。カイロよりも住みやすい印象。伊勢
2012/04/25 07:44 | 伊勢 [ 編集 ]

 伊勢様は、心がとても若いですね。
養老孟さんが「身体を使って最初の一歩
を踏み出せ」と仰っているそうです・・
 
伊勢様より私の方が遥かに年寄りの頭。
万事メンタルブロックや自己限定の虜?
 
「宇宙は心の中にある」?(徳久克己)。
 
 成熟社会?外界に支配され過ぎる心。
 
 
2012/04/25 06:37 | 山中 雅和 [ 編集 ]

山中さん

今、ニューオーリンズ小学校教員だったベトナム女性からベトナム語会話を習うことを決めた。7月にうちのが退職するので、ベトナムへ旅する。が、用事もある。サイゴンに住むことになるかも知れない。うちのは、べ戦時代にオークランドから東京~サイゴンへ飛んでいた。

このアメリカも、EUも、日本も斜陽国家。アメリカは2035年には年金破綻。政府や軍のコスト、全て規制の柵が高過ぎる。ベトナム政府なら、印紙代100円のところを、日本やアメリカ。ヨーロッパは、1000円とね。伊勢
2012/04/25 01:50 | 伊勢 [ 編集 ]

 フランス大統領選挙は、もしサルコジ氏が
ルペン票を確実に取ればまだ勝敗の帰趨は?
 第1回サルコジ+ルペンは既に45.09%・・
オランド氏28.63%サルコジ氏27.08%だった。
(ルペン氏の18.01%は健闘し過ぎという訳だ)

 極右といっても、親父さんほどではない・・
却ってルペン氏が決選投票に出てオランド氏と
競えば勝てるのではないか?..親父さんはより
低い得票率で決選投票に出た。そしてサルコジ
氏に負けた。・・サルコジ氏はメランション票
も戴く心算で、選挙戦を戦った。・・
 
 4位左派メランション候補11.13%までを除い
た中道や共産党.浮動票17.11%も。オランド氏
への投票者は「サルコジ氏じゃ、もうやだ」と
いう人も少なくないのでは?・・役者なのに。
 
「ルペン氏なら右派でもいいや」となるかも?
何だかオランド氏の支持者は熱気がない。・・
ルペン氏は意志明瞭な女性.脱メルケルペース。 
選挙制度がどうなってるのか分からないけど。
 
門外漢が余計なこと言っちゃって御免なさい。

2012/04/25 00:40 | 山中 雅和 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する