2012/04/25 (Wed) 世界中から嫌われる民族


みなさんは、もうご存知だと思う。“中国人も朝鮮人もサイコである”というしかない。世界中から嫌われている民族なのだ。だが、日本社会も異常性格者が増えているように思える。検察が証拠を偽造する~警察が被害者を守らない~東電・保安院が義務を怠る~川下りで2歳児に救命具を着けない~無免許居眠り運転で学童の列に突っ込む~刺殺事件多発、、

“検察だけは信頼できる”と大衆は思っていた。小沢が無罪になれば、腐った検察の責任だ。こいつらをブタ箱へ入れるだけでは済まない。法治国家の終焉だからだ。

日本人は嫌われる民族ではない。だが、為政者がよっぽどしっかりしないと、国のレベルは後退して行く。勿論、為政者だけの責任じゃない。

野田佳彦さんは、悪意に満ちる政界の中でベストを尽くしていると思う。野田さんも藤村官房長官も温和な人格だ。石原坊や、橋下坊やではない。だが、野田さんの政治信念とは何だろうと思う。外国の首脳によく会っている。今週末にはワシントンへ行くと。質疑応答も深刻な間違いはない。

だが、国内の懸案が何も出来ていない。大飯原発再稼動は内閣決定済じゃないのか?いつ決断するのか?このひとは何かを恐れている。それは、民主党崩壊かな? 伊勢平次郎 ルイジアナ






comment

橋下徹 VS 生活保護受給者
http://www.youtube.com/watch?v=cce7AQcWMnM&feature=related
2012/04/27 16:44 | [ 編集 ]

韓国人にだけは優しい知事もいるようです。

橋下知事「韓国民団に破格の3億円 20年間無償 民団にだけ売却の覚書」
http://www.youtube.com/watch?v=6atagbf3lV4
2012/04/27 13:33 | カルトウォッチャー [ 編集 ]

外資による日本の山林買収、TDL22個分にも


 外国人や外国法人によって取得された日本国内の山林などの土地が、今月中旬までに少なくとも63件計1103ヘクタールに上ることが25日、読売新聞が47都道府県に行った調査で判明した。

 ただ、外国人が日本企業の名義を借りて買収するケースも多数あるとされ、自治体が把握しているのは「氷山の一角」とみられる。

 調査は先月末から今月にかけて実施。各自治体が把握している外資による土地買収や譲渡の件数と面積を尋ねた。国土利用計画法では1ヘクタール以上の土地を購入した場合の都道府県への届け出を義務付けているが、今回の調査ではそのほかに自治体が把握している譲渡などのケースも対象とした。

 この結果、北海道での土地取得は東京ディズニーランド(51ヘクタール)の20個分に当たる57件計1039ヘクタールで、全国の取引面積の94%を占めた。全体の7割にあたる44件は、取得者が香港やオーストラリアなどアジア・オセアニア地域の法人・個人だった。租税回避地として知られる英領バージン諸島の法人が取得したケースも11件あった。

 こうした外資による土地取得については、「水資源の買い占めではないか」と指摘する声もあり、北海道と埼玉県は、指定した水源地の買い取りについて事前届け出をさせる条例を3月に制定。山形、群馬、福井、長野の4県でも条例化を検討中だ。

(2012年4月26日08時16分 読売新聞)


(伊勢爺さんのつぶやき)

ン?では、何故、東京都が買わないの?尖閣は国が買えばいいだけだよ。伊勢
2012/04/26 08:30 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する