2012/06/13 (Wed) ベンツと相場のはなし


これが、2013年型・メルセデス・ベンツのスポーツカー。ドアがカモメの翼のようだ。V8エンジン~583馬力~0から60マイル(100キロ)に3.6秒という恐ろしいパワーだ。人間、一生カツカツと飯を食うだけではつまらん。そこのキミー、一台買ってよ。たったの25万ドルなんだからさぁ。ネエ買ってよ。ネエったらさぁ(笑い)。伊勢平次郎 夢を食う男






トレーダーズ

money week chart 6.12.12

6・11月曜日の相場の動きははワーストだと書かれた。左を見てね。週末“EUは10兆円のカネをスペイン救済に準備した”と安曇大臣さままで小躍りしていたわな。だが、朝一に高値が付き~そこから一日中転落。ダウ終値は143ドル下げたのだ。伊勢爺さんは、疑っていたので、ただ見ていた。何故下げた?それは、“借金の上積みトリックじゃねえのか?”と思う投資家が売りまくったからだ。爺さまもだよ。

6.12火曜日の相場は、その逆さまとなった。朝グズグズ。だが徐々に上昇して行った。ダウ終値は163ドル上げたのだ。理由は、米連銀(FRB)のシカゴ理事のチャールス・エバンスが“金融緩和第三弾を廃案したのではない。自分は賛成だ”と経済TVのインタビューで話したことなのだ。この人は、バーナンキFRB議長の朋友で二人は信頼関係が長いからだ。エバンスが話すことは、バーナンキと合意してのことだと受け取られたわけだ。

読売の記事みてよ。スペイン国債が危険水域に入ったと。その通りだ。だがね、エバンスの発言の方が影響したわけさ。40兆円ぐらいのキャッシュを増刷して~必要なところにぶち込むんだと。市場が沸くのは当たり前だわな。


スペイン国債利回り6・8%台に…危険水準迫る

 12日の欧州債券市場でスペイン国債(10年物)の流通利回りは一時、前日比0・4%高い年6・8%台に上昇(国債価格は下落)し、ユーロ導入後の最高水準となった。


 自力で資金調達を続けられなくなる危険水準とされる年7%台が迫ってきた。

 ユーロ圏は9日、スペインに銀行救済資金として最大1000億ユーロ(約10兆円)の支援を実施することで合意したが、支援はスペインの借金に上乗せされることから、財政が悪化するとの懸念が広まった。万が一、スペインが破綻した場合、ユーロ圏への返済が国債償還より優先されるとの観測も売り圧力が増す一因となっている。17日にギリシャの再選挙を控え、欧州財政・金融危機に対する市場の警戒感は根強い。

(2012年6月13日01時28分 読売新聞)


(伊勢爺さんのつぶやき)

カンコクジンの話は閑話休題としたよ。毎日する話題じゃねえから。だが、「日韓断交モラトリアム」は真剣なんだ。Mephist先生が、“手段であって、目的ではいけない”と。その通りである。日韓関係改善のための期限断交なのだからね。日本に改善することなんかないよな。ま、この話題は明日にでもね。伊勢

comment

「石原知事、尖閣寄付は“国への怒りと不信”

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120613-OYT1T00157.htm?from=main1

その通りだが、何故、知事と首相は会見しないのか?勝海舟と西郷隆盛の会見のようではないな(笑い)。二人とも、未熟なんだな。アメリカから見ていると、日本のリーダーの子供っぽい印象が気になる。管や鳩山よかマシだがね。麻生さんがベストに見えるね。伊勢
2012/06/13 10:00 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する