2012/06/17 (Sun) ギリシア選挙・のるかそるか
Greek faces decisive moment 6.14.12 (1)

Syriza党は、“EUの財政緊縮を断っても、ユーロに残れるのだ~旧勢力の言うことを聞いてはいけない”と叫んだ。New Democratic党は、“Syrizaは、前のドラクマ通貨に戻る~ギリシアは何百年も後退する"と。両者は拮抗している。丁か、半か?明日にならないと判らない。

日本の評論家は、“ギリシアがユーロを離脱すれば~次はスペイン~そしてイタリアと飛び火して恐慌が起きる”と言っている。ばか者!恐慌などの言葉はどこにもないよ!大体、ギリシアはユーロ経済の2%である。ドイツ国民の過半数が、“ギリシアは離れろ!~メルケルは、ギリシアにあまり執着するべきでない”と。スペインは先週、1250億ドルの保障を得た。イタリアのマリオ・モンテイは、“イタリアは自力で立ち直る”と発言している。メキシコで行われる「G20」は,“IMFを防火壁に4650億ドルを提供する”合意に向かっているとカルデロン・メキシコ大統領。

伊勢爺さんの賭けは、“ギリシアはユーロに残る”である。だが、爺さんもよく外れるよ(笑い)。日曜日の夜にははっきりする。G20日本代表が、野田さんで良かった思う。鳩山や管ならと思うとゾッとする。ところで、G20では、BRICsの存在は薄い。世界第二の経済チャイナは救済されるユーロ側に立っているからだ。普段は、日本に居丈高な中韓露の影は薄い。野田首相の横に立つ主席は誰か?メルケルかオバマのような気がする。伊勢平次郎 ルイジアナ






(速報1)

30分前に入ってきたギリシア情勢。

>>Greece’s New Democracy party opened up a narrow lead in Greek elections today, receiving between 28.6 percent and 30 percent of the vote, final figures from an exit poll forecast.

Anti-bailout party Syriza got between 27.5 percent and 28.4 percent, according to the exit poll, broadcast on state-run television NET. Socialist Pasok is placing third with between 11 percent to 12.4 percent, according to the poll, which is based on the reading from a full sample of 10,000 voter.

The results, if confirmed, may give Pasok and New Democracy enough support for them to team up to form a government with a majority of 159 seats in the 300-seat Greek parliament.

これが今夜の最終結果だとすれば、ギリシアはユーロから離脱しない。一時的であっても、ユーロ経済~G20~株式市場が沸くだろう。とくに、“G20が、IMF基金を増して、スペインやイタリアの危機に供える”というのは心強いメッセージだ。BRICSまで恩恵を受けるわけだ。中国は有利なときは大声だが、不利なときは沈黙する。チンケな国だわな(笑い)。伊勢


(速報2)

Merkel softened measure 6.17.12

メルケル女史は“ギリシアがユーロを離脱しないならば、ドイツは、ギリシアの財政緊縮の期間を緩める用意がある”と発言した。この女性宰相の政治能力は高い。野田首相にも大きな影響を与えていると思う。危機に出現する指導者である。伊勢

comment

みなさん

ギリシアが一件落着したけど、今朝のNY株式は36ポイント下げで始まる様子。スペイン国債の利回りが7%を超えたため。euはスペインが必要なカネは準備できているが、市場は“借金の上乗せじゃないか?”と疑っている。やれやれ。伊勢

Spanish 10-year bonds declined, pushing yields to as much as 7.139 percent, a euro-era record. The benchmark yield was trading at 7.135 percent at 1:26 p.m. in Madrid.
2012/06/18 21:03 | 伊勢 [ 編集 ]

康雄兄

ぼくも健康に自信が出てきた。有難うね。

遊ぶことしか知らぬ、わがままな国民が増えた。橋下大阪市長に見れる特殊児童が増えたと思う。大体、反対している人は、電気の科学も理解していないと思う。ぼくは、北米トヨタ建設で、コンベーヤー、ロボット、塗装工場の担当だったので、電気屋と働いた。電気は、23800ボルトから、480ボルト以下の弱電までの知識を得た。

エジソンと電気が20世紀文明を齎した。そこの橋下さーん、そうでしょ?は、は、は、伊勢
2012/06/17 21:14 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、ご無沙汰しております
前回のスレでも同様に野田首相はよくやっていると私は思います。原発再稼働も決定に時間は擁したものの正常な判断でした。
「原発は危険だ」と騒いでいる評論家もいれば「燃料費で電気代が高くなる」なんて、責任のない連中は言いたい放題です。しかも、即決してしまうとまた「民主主義に反する」という評論家もいることしょう。
TPPの時と一緒です。
野田首相は既に腹の中では決めていた、ということです。

ちなみに、わが社は毎月100万円以上の電気代を支払ってます。あるコンデンサメーカーはの電気代基本料金だけでも2億円。使用料が7億円で9億円もの電気代がかかっています。
日本の産業には電気は重要なのです。
2012/06/17 17:59 | 康雄 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する