2012/06/19 (Tue) 民主党のクーデター?
226 山王

1936・2・26は朝から大雪だった。完全武装した1400名からの兵が連隊の門を出て行った、、詳しくは、、http://www.ffortune.net/social/history/nihon-mei/226.htm

“野田首相が留守のうちに、クーデターが起きる”などと、日本のメデイア。もしかすると、あんたバカモノじゃない?






民主、法案民修正などの党内了承得られず
 
民主党は18日夜、都内のホテルで開いた党政策調査会の合同会議で、自民、公明両党と合意した社会保障・税一体改革関連法案の修正などについて、党内の了承を得ることはできなかった。

 小沢一郎元代表グループらの反対論が党内に根強い中、自公両党が衆院採決の期限とする21日に向けて綱渡りの日程を強いられている。

 3党は政府提出の一体改革関連法案の修正案と社会保障制度改革推進法案を共同提案し、今国会中の成立を図ることで合意している。

 18日の合同会議は約3時間半行われたが、「社会保障政策は全面降伏だ」「時間をかけて議論するべきだ」などと修正に反発する声が相次いだ。野田首相が20日朝に主要20か国・地域(G20)首脳会議(サミット)から帰国するため、政府・民主党は19日に了承に向けた手続きを再開し、遅くとも同日深夜には終えたい考えだ。小沢グループのほか、中間派にも了承に対する慎重論があり、強引に反対論を封じれば大量造反を誘発しかねないだけに、党執行部は「深夜までかかっても、丁寧に議論をまとめる」方針だ。20日には首相が出席して、党内の意思を最終確認する両院議員懇談会を開くことにしている。

(2012年6月18日22時59分 読売新聞)


(老兵のおススメ品)

野田さん、このバカモノたちにも、ラストチャンスを与えよう~翌日に採決を決行すればいい。造反すれば、消費増税・税一体改革は頓挫するでしょう。そういう結果ならば衆院解散を宣言すべし!民主党は崩壊しても、正しい者は生き残るのですよ。伊勢平次郎 ルイジアナ


北方領土交渉「再活性化」、日露首脳が一致

noda putin G20 Mexico

首脳会談始まる前に、プーチンが野田首相を出迎えたと。これは良いことだ。だが、ロシアは中国と黄海で合同軍事訓練をやる国だ。米日韓と対立する姿勢を持っているわけだ。上海機構のことだ。プーチンは、日本へ商談によく来る。日本のカネと技術が喉から手が出るほど欲しいのだ。

                          ~~~

 野田首相は18日午後(日本時間19日未明)、ロスカボスでロシアのプーチン大統領と初めて会談した。

 停滞している北方領土交渉を「再活性化」させることで一致し、実質的な協議を進めるため、玄葉外相が今年夏にモスクワを訪問することで合意した。

 会談は約30分間行われた。首相は領土問題について「解決しなければならない問題だ。これまでの諸合意、諸文書、法と正義の原則に照らして、実質的な協議を始めたい。(柔道の)『始め』の号令をかけることに合意したい」と述べた。大統領は「話し合っていく用意がある。外務省間で話し合わせよう」と応じた。北方領土を巡る両国間の協議は、2010年11月のロシアのメドベージェフ大統領(当時)による国後島訪問以降、滞っていた。

(2012年6月19日13時34分 読売新聞)

comment

一有権者先生

ブラジル国有のペトロブラスが敗退に向かっている。最も失望を買った海底油田だと。2000M以上の海底では、掘削が困難だと。日本のエネルギーは、LNGや樺太からのパイプラインが現実的。原発は必須の電力源ですし、東芝~日立~三菱は、世界一の原発技術を持っている。日本は原発先進国になっている。伊勢
2012/06/20 00:47 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、森本防衛相は専門家でありますから、今までの一川某、田中某のような事はないと安心できる方であると思います。

日本は技術を持つという大国なのです。理工系の高校と大学に国家の運命を賭けるべし。

昔授業で日本は資源の無い国であるから教育によって人材を育てなくては諸外国と渡り合えないと教わった事を記憶しております。やはり教育が大事ですね。

資源のないといわれる日本ですが昨日?新潟県沖佐渡島近くに油田がある可能性との事。探索技術が高くなり無いとされたところも実は・・・という事でしょうか。
これも教育の賜物ですね。
2012/06/20 00:23 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

あのね、Leverage(あっちの力に対して、こちらの力が勝る)ことを軍事専門家である森本さんなどは、常に考えているのです。“何のレバレージがあるの?”と、森本さんは、タフト大学で何度も聞いたはずです。外交では自民だろうが、ロシアを"うん”といわせることは出来ない。

ひとつ言えるのは、ロシアもチャイナも、その軍事力を以っても、アジア太平洋に領土領海を広げることは出来ないということです。なぜ?核戦争にはならないから、通常の戦闘です。そんな戦闘を始めれば、チャイナも、ロシアも、“掴み取り”にされる。巨大な国土で防衛力不足のロシア~人口ばかり大きい中国は国土防衛に極く弱いものです。

現在、世界経済は内需に向かっているし、外需に投資する投資期間は払底するでしょう。ここでも、輸出に頼ったチャイナも、地下資源だけのロシアも弱いのです。日本は技術を持つという大国なのです。理工系の高校と大学に国家の運命を賭けるべし。一般教養などを教える必要はないです。ぼくは一般教養は独学ですよ。英語もですよ。伊勢
2012/06/19 23:29 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、自民党政権も解決できない北方領土返還、売国民主党政権では自民党政権より外交交渉では失敗するのではないかと思います。

政党というよりも政治家の政治姿勢や外務省の事なかれ主義が海千山千のロシアをはじめとする周辺諸国との駆け引きが拙い為出来ないのかもしれません。なにせ外交や国防は票にならないと軽んじてきたわけですし政治家や役人のなかに媚びる者達がいるので。

この問題については平和裏に1875年に千島樺太交換条約において当時の帝政ロシアとの間に千島列島日本領、樺太をロシア領とすることで調印しており国後、択捉、色丹、歯舞の日本固有の領土を返還させるにはカムチャッカ半島の付根にある占守島から日本国の領土である由主張し外交交渉の結果としてウルップと択捉の間を境界として北方四島の返還を実現させるべきと考えますが今更では難しいとも思います。

すでに日本政府の及び腰を見透かしロシアは択捉、国後の開発に韓国や中国の資本と作業員を入れさせ実効支配の強化に着手しております。日本はこれらを阻止するにはロシアに譲歩をする事が必要になりますが歯舞、色丹の返還で終らせるわけにはまいりません。

付け入る隙があるとすれば、ロシアも沿海州への中国人の侵食を嫌っておるとされており、中国を牽制する為にもこの部分を利用しロシアと取引できぬものかと考えます。
簡単に信用してはなりませんが。玄葉氏では簡単に騙されそうな気がいたします。杞憂に終れば良いのですが。
2012/06/19 20:33 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する