2012/06/25 (Mon) ユーロは崖っぷちに立った
Merkel Monti Rome 6.24.12

6月22日(金)ローマ。ドイツの宰相メルケルとイタリアの首相モンテイが会談した。債権国と債務国である。メルケルは、“ドイツの宰相には、ドイツの銀行に、債務が履行できない国の銀行にカネを貸せ”などという権限などない”とモンテイの提案を断った。彼女は、ドイツのカネを担保とするユーロ共通債にも賛成しない。モンテイは、“ユーロ・ボンドは将来、必ず有用なツールになる”とメルケルを説得している。

ジョージ・ソロス(81)は、“メルケルは強い指導者だが、今回は間違っている”とEU会議で警告した。

ドイツのシュピーゲル紙は、“ユーロが崩壊すれば、ドイツ経済は10%収縮するだろう~現在300万人の失業者は500万人になる”と書いた。

ドイツ国民の39%が“ユーロを諦めて、前のマルクに戻るべきだ”と叫んでいる。

メルケルは、6月27日(水)に、スペイン~イタリア~フランスの首相と会談する。6月29日(金)には、何かの合意をすることになっているが、、


伊勢爺さんの理解では

伊勢爺さんが理解するのは、“ユーロを崩壊させることはできない”ということである。大きな理由のひとつに、USの巨大銀行であるJPモーガン・チェース銀行などは、ユーロで支払われる契約を結んだ「デリバテイブ(金融派生商品)を大量に持っているからだ。ユーロが消失したらどうなる?イタリアとの契約なら、リラであり~スペインならペソだ。レートは?さらに、カリブ海のケイマン島などの地下銀行を通しているなら、訴える裁判所すらもないのだ。これこそ、世界恐慌の弾きがねなのだから。メルケルは落としどころを探っている。苦渋の妥協をする。そして、この名宰相の政治生命は終わるのだろう。この6月の最後の週は“ユーロが崖っぷちに立ったと”歴史に残るだろう。さらに厄介なのは、イラン禁輸の実施だ。


野田総理は解散を選ぶのがベスト

みなさんも、記事は読みつくしていると思う。興石幹事長の耳打ちなどに迷ってはいけない。野田さんの性格は潔癖だ。解散がベストの選択なのだ。


おまけ

朝鮮人・韓国人をぶっ叩いてやろうと思ったが、もっと大事なユーロや衆院解散を載せることにした。時間をかけて~確実な方法で日韓断交を進めるとしよう。伊勢平次郎 ルイジアナ






comment

首相延命に手を貸した…自民で強まる谷垣氏批判

 自民、公明両党執行部は、26日の社会保障・税一体改革関連法案の衆院採決で民主党が分裂し、早期の衆院解散を実現したい考えだ。

 しかし、自民党内では、野田政権に協力する一方で、解散などの要求を取り切れない谷垣総裁に対し、不満が強まっている。

 自民党の石原幹事長は25日の衆院一体改革特別委員会の質疑に立ち、野田首相に対し、「やるべきことをやり抜いたら、解散の判断をするのか」と述べ、関連法案成立後の衆院解散を迫った。首相は「適切な時期に国民の信を問うのが基本線だ」と明言を避けた。

 石原氏と公明党の石井政調会長は、最低保障年金など民主党のマニフェスト(政権公約)の撤回を明言することも求めたが、首相は「旗を降ろしたわけではない」などと突っぱねた。

 石原氏ら自民党執行部は、関連法案に協力する条件に「解散の確約」や「マニフェストの目玉政策の撤回」を掲げてきたが、修正協議で譲歩した。党内では、消費増税実現を優先した谷垣総裁の決断を評価する声がある一方、「結果として首相の延命に手を貸した」(安倍元首相)との批判も公然と出ている。中堅議員の間でも、「執行部は野田政権に協力するばかり。民主党が分裂しなければ、退陣すべきだ」といった批判が強まっている。

(2012年6月26日09時04分 読売新聞)


自民党も一枚岩ではない証拠だ。石原氏や安倍氏は理不尽だと思う。解散はいずれ避けられない。“腹を据えて待つ”のが大人(おとな)の態度だろう。野田総理は大飯原発再起動や消費増税という大き仕事を達成した。勇気と信念がある政治家だ。批判に回るばかりの石原氏や安倍氏に、政治生命を賭した勇気や信念は感じられない。そのような為政者が野田政権にとって代わったところで、多数与党にはなれまい。そのとき、どうする?伊勢
2012/06/26 11:29 | 伊勢 [ 編集 ]

カルトウォッチャーさま、

”隼は保守”と言われると、何かこそばい。確かに反日左翼ではないですがね。

“原発反対派~慰安婦の嘘をふれ回る韓国人を論破せよ”という人がいる。この集団は筋が通った議論には耳を貸さない。感情だけでものを言う。無知な大衆や未熟な人間に恐怖と嫌悪を売る。だから、「論破する」ことに効果はない。というのは、まともな議論や裁判には応じないのですね。マイク・ホンダがその典型です。日本国家攻撃が目的だから、はじめから、検証には応じない。

大飯原発は、手続きを丁寧に踏んで再起動した野田総理の勝ちです。勇気と信念の勝ちです。衆院が解散となり~選挙が始まれば原発の賛否で演説が飛交う。そこで、原発反対派の無責任な主張を退けるのがベスト。

日韓断交運動も大きな票田にする必要がある。候補者にアンケートを出して~日韓断交の賛否を問うことが可能だからね。長く~遠い道だと思うが、推進していくのが日韓両国にとってベストだと信じている。ここで、アメリカ政府の理解を得るのが最も重要になるでしょう。反日左翼は米国議会にもいるから。極く少数だが、、伊勢
2012/06/26 11:10 | 伊勢 [ 編集 ]

<ご参考>

日本国民反撃の狼煙
日韓国交断絶へ多くの若者が結集
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52872867.html

反原発派に問うてみたいこと。
まともに答える人はいないと思うが。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52872530.html
2012/06/26 10:03 | カルトウォッチャー [ 編集 ]

中国、北への食糧援助削減?ミサイル発射報復か

北朝鮮
 
韓国紙・東亜日報は25日、中国が北朝鮮に毎年10万トン規模で行っている食糧援助が、今年は6月中旬の時点で1万トンしか実施されていないと報じた。


 4月に中国の反対を振り切って長距離弾道ミサイル発射を強行したことへの報復措置だという。中国の北朝鮮消息筋の話として伝えた。

 中国から北朝鮮へは昨年、食糧9万トン、石油50万トンなどが送られていた。

(2012年6月25日20時18分 読売新聞)


北朝鮮はあがき始めた?自業自得だが、それは金王朝の末路であるべきだ。国民はチョイスのない集団。朝鮮人といえども、戦争の犠牲になるなら哀れである。伊勢
2012/06/25 22:06 | 伊勢 [ 編集 ]

Mephist先生

ガバナンス、ガバナビリテイは表裏一体。つまり小沢や鳩山を誰が選んだ?日本の世相には、義憤、嘆き、または、評論、果ては諦めの哲学で締めくくるという精神障害が見られる。原因は「カネ崇拝」です。

カネとは、ユーロに見れるように、USDに見れるように、保障などない。保証があるのは、夫婦~親子~愛人の愛情だけです。友情などというのも幻影です。ブルータスですからね。政党?何の集団でしょうかね?

野田さんには、良心がある。造反者の軍門には下らないでしょう。解散はタイミングだけです。今の世界経済は目を話せない。電力不足も未解決。どうせ解散だ、どんどんやれ!伊勢
2012/06/25 21:53 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢殿
ユーロ解体をソフトランディングさせるのは簡単です。
ドイツが債務保証をすればいいだけです。
つまり、ユーロの手形にドイツの裏書です。
Bad-EuroとGood-Euroに分割してBad-Euroはブン投げる。
なんだかソロスあたりがやりそうな、国家の切り売りですな。
問題は、こうして生まれたGood-Euroという高級クラブが何をするかですが。

野田総理は消費税増税で党を割るか?
むしろ社長の言うことを聞かない組織に意味はあるのか、というところで考えれば、野田さんのやりたい様にやるのが筋でしょう。
これは自民党にも言えることですが、自分たちで選んだ代表を何だと思っているのか。
少しでも頭が回れば判りそうなものです。
文民統制という言葉が良く誤解されてますが、決定までは闊達に議論し、一旦決定されれば須らくそれに従う、というガバナンスの基礎の基礎です。
クズかごの中の嵐もいいですが、とっとと決めて、とっとと採決して、とっとと解散して、とっとと退場してもらいたいところです。
その後の国民の選択が、維新の会だとすれば、もはや大政奉還した方がいいでしょう。
2012/06/25 19:33 | Mephist [ 編集 ]

伊勢様、日本国首相官邸HP上から検索してみました。
総務省、法務省のHPで検索すると当該関係のものを見る事ができました。

そのうち

不法滞在者も3ヶ月以上日本に滞在すれば居住権を与えます
の不法滞在者とはありませんが適法滞在者とはなっておりますが果たして実際施行されてからどのような事柄が起きるのかは未知数ですね。適法滞在者の適法者をどの程度までの範囲で解釈するのか役人は信用できないところがあります。
2012/06/25 19:15 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

確証を上げてください。怪しい情報が飛んでいるからね。愉快犯もある。確認しないで拡散すると、隼まで疑われる。伊勢
2012/06/25 18:56 | 伊勢 [ 編集 ]

朝鮮人・韓国人をぶっ叩いてやろうと思ったが、もっと大事なユーロや衆院解散を載せることにした。時間をかけて~確実な方法で日韓断交を進めるとしよう。伊勢平次郎 ルイジアナ

あるブログにて発見した記事です。
民主党売国政権が日本国民に知らせずこっそりやらかしました。

国民が知らないうちに、民主党政権がついに外国人登録証を無くしてしまいました。2012年7月、外国人登録法が廃止されてしまいます。

内容は以下:
● 外国人にも住民票を作成します
● 世帯主にもなれます
● 不法滞在者も3ヶ月以上日本に滞在すれば居住権を与えます
● 健康保険に加入できます
● 国民年金にも加入できます
● 介護保険にも加入できます
● 弁護士や行政書士に代理手続きを頼めば、本人確認は不要です

ネタ元は速報@激情です。これが本当ならばまた一つ日本が特定国の餌食にされる事になるでしょう。

敵は外のみにあらず内にもおります。
2012/06/25 15:50 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する