2012/07/09 (Mon) 尖閣防衛を森本さんに一任せよ
Japanese navy

海上自衛隊の艦隊演習(2007年)。真ん中は「ひゅうが」である。

Japan China Disputed Islands.JPEG-04951 (1)

ワシントン・ポストの尖閣記事。

http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/japans-govt-in-purchase-talks-with-japanese-owner-of-disputed-islands-in-east-china-sea/2012/07/07/gJQAbhf5UW_story.html







尖閣国有化、中国・台湾が対抗措置か

 野田首相が尖閣諸島を国有化する方針を示したことに、領有権を主張する中国と台湾はそれぞれ強い反発を示した。

 今後は態度を硬化させていくことが必至だ。

 中国の胡錦濤政権は、尖閣諸島沖での巡視活動の強化や東シナ海での軍事演習の実施、要人の訪日延期といった対抗措置を打ち出してくると見られる。

 胡政権は、4月に石原都知事が尖閣諸島購入を表明した際は抑制的な対応をとってきた。だが、今回の政府による表明については「国を挙げて釣魚島(尖閣諸島の中国名)の実効支配を強めようとする具体的な動きであり、看過できない」(中国筋)との深刻な受け止め方が広がっている。

 台湾当局も今後、巡視船などを尖閣諸島沖に派遣するといった「実力行使」で領有権の主張を強めていく可能性がある。

(2012年7月9日07時04分 読売新聞)


1)森本敏防衛大臣の出来ること

まず、この人が防衛大臣で良かった。艦隊を作る~尖閣以外の海域で実弾演習する~第七艦隊に演習を見せる。


2)野田佳彦首相に出来ること

中国の圧力を押し返すことが重要である。日本の海域に中国の艦船が入らないことを警告する~強行侵入した中国の艦船を空中から撮影しておく~駐北京日本大使を召還する~駐日中国大使に出国命令を通達する~中国人への随時ビザを停止する~中国人留学生を帰国させる~中国船の日本入港を制限する~中国航空機の日本入国を制限する、、いろいろチョイスを考えておくと良い。


(伊勢爺さんなら)

中国の出方次第で、わが方のチョイスをエスカレートさせる。その場合、“ためらっている”と取られれば負ける。軍事面では、野田さんは、森本さんに一任するしかない。首相が口を出せば、勝機を失う。閣議なども禁物である。あらかじめ、“こう来たら、こう出る”と決めておくことが勝利を導く。伊勢平次郎 ルイジアナ

comment

みなさん

「福島原発事故調査報告書そのものが日本の文化だ」 英語ですが、読んでください。伊勢

http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2012/07/09 17:25 | 伊勢 [ 編集 ]

中台の尖閣抗議に官房長官「受け入れられない」

 藤村官房長官は9日午前の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化方針に対して中国や台湾が抗議を申し入れてきたことを明らかにし、「尖閣諸島が日本固有の領土であることに疑いはない。受け入れられない旨を(中台に)明確に答えている」と述べた。


 国有化の目的については、「尖閣諸島や近海の平穏な安定的な維持管理の継続(のため)だ。(地権者との)賃借は1年ごとで、(法的な立場を)安定的なものにするという考え方は当然ある」と語った。

 東京都の石原慎太郎知事が、国による島の直接購入に反発していることには「都や所有者と情報交換を行っている」と述べるにとどめた。

(2012年7月9日12時40分 読売新聞)
2012/07/09 16:01 | [ 編集 ]

>>自衛隊を配置するなり、港をつくるなり、石垣島の漁民をサポートして尖閣で漁をさせたり、やる事はいくらでもあるのに中共が恐ろしくて、行動できない政府の責任です。 国民が上陸することを禁じ、石垣市の調査さえさせないとは呆れてしまいます。

自公政権の遺産ですね。漁船衝突事件での民主党(管かな?)政権の失態は、ある意味で反面教師になったと思う。国境侵犯を曖昧に終わらせようとしたわけです。すべて、九条放置や~沖縄に穏便~民主党政権に代わったことのツケですね。

森本防衛大臣は野田さんのホームラン。だが、ひとりの人間に期待を掛け過ぎるのは酷というものです。ぼくらは、国民として、森本さんを支援するしかない。同志を募ること~必要な広報資金を集めることなどしか出来ないね。恵隆之助先生の団体を支援するのもいい。

さあ、尖閣に関して米紙も次々と記事を出した。石原さんには好意的ではないね。あの人、反米だからね。だが、台湾の李登輝前大統領の発言はアメリカは無視出来ない。中国が軍艦を尖閣に向けて出航させたとき、第七艦隊が封鎖すると考えられる。森本さんは、在沖縄米軍司令官と話していると考えます。米海軍のプレゼンスは、日本の同盟国の当然の行動ですからね。

さて、チャイナのブラフはどこまで拡大するか?ゴルバチョフのロシア艦隊がUターンしたことを想いだす。伊勢
2012/07/09 15:48 | 伊勢 [ 編集 ]

Kazu先生

お久しいぶりです。クリントンの発言とやらは陽動作戦の臭いがするね。また、ヒラリーは外交経験豊かで韓国紙に漏れるようなことを言うわけがない。彼女はリベラルだが、北カリホルニアの極左(ホンダ、ぺロシ)ではないです。

ところで、ぼくが「日韓関係は段階的に減速するのがベスト」と考えて、「日韓断交」というスローガンを出してから、“日韓断交など出来るわけがない”とか“感情的にならないように”とか、中傷に近いコメントやメールがくる。ぼくとしては、意思を明確にしたのですが、冷水を掛けられる。あなたは、日韓断交は不可能だと思いますか?伊勢
2012/07/09 15:22 | 伊勢 [ 編集 ]

9日付の韓国紙、朝鮮日報は、クリントン米国務長官が最近、国務省高官から日韓両国の歴史について報告を受けた際、旧日本軍の従軍慰安婦について「性奴隷」との名称を使うべきだと指摘したと報じた。ソウルの外交筋の話としている。

まぁ南朝鮮の報道ですから、俄かに信じがたいですね。
事実なら看過できませんが。
2012/07/09 13:07 | kazu [ 編集 ]

尖閣は我が国が一応実行支配しているわけですから
自衛隊を配置するなり、港をつくるなり、石垣島の漁民をサポートして尖閣で漁をさせたり、やる事はいくらでもあるのに中共が恐ろしくて、行動できない政府の責任です。
国民が上陸することを禁じ、石垣市の調査さえさせないとは呆れてしまいます。

しかし、中共や南朝鮮が御親切にも尖閣、竹島、慰安婦
で日本国民にビンタ張り、日本人にしかりしろ!眼を覚ませと励ましてくれたおかげで、寝ぼけていた国民も眼を覚ましつつあるのは、有難いことです。
2012/07/09 12:26 | kazu [ 編集 ]

前台湾大統領の李登輝さんが、“尖閣諸島は日本の財産”と明言してますね。チャンチャンらが罵詈憎言を書き込んでいるよ(笑い)。伊勢

http://www.chinasmack.com/2012/stories/former-taiwan-president-lee-teng-hui-says-senkaku-islands-belong-to-japan.html
2012/07/09 09:32 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

ブルームバーグが、数分前に載せた記事。

http://www.bloomberg.com/news/2012-07-08/japan-plan-to-buy-disputed-islands-draws-china-s-condemnation.html

この記事は、“チャイナは南シナ海でも、周辺国と紛争を起こしている~クリントン国務長官は東京で、南シナ海の紛争は話し合いで解決することが望ましい”と記者団に言った。だが、“日本とチャイナの紛争(尖閣)には言及しなかった”と書いている。さらに、“石原氏は問題をこじらせている~自分の利益を優先している”と書いているね。

ヒラリーが尖閣に口を出さないのは、“尖閣が日本の領土であることが明らかだから”と伊勢爺は推測している。前太平洋司令官だったキーテイングの米国議会証言がある。キーテイングは、チャイナのクレームを笑っていたから。伊勢
2012/07/09 08:54 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する