2012/07/10 (Tue) 中国外務省・大見得を切ったけど、、
7.9.12中国外務省報道官 尖閣で、


中国「主権守るための措置取る」 NHK

7月9日 21時21分


日本政府が、沖縄の尖閣諸島を国有化するために地権者から島を買い取りたいとしていることについて、中国外務省の劉為民報道官は9日の記者会見で、“尖閣諸島が中国固有の領土であることは歴史上も法的にも争いがないことだ”と述べ、中国政府として、こうした立場を日本側に伝えたことを明らかにした。

そのうえで、劉報道官は、“中国の神聖な領土を売買することは決して認められない。島の主権を守るために、中国政府は引き続き必要な措置を取る”と述べた。

中国は、ことしの秋に最高指導部が交代する共産党大会を控えているため、国内や対外関係の安定を優先する方針で、今後、国内で日本に反発する世論が高まることも警戒している。

劉報道官の発言は、対抗措置を示唆することで、国内の世論に配慮するとともに、日本政府の動きを強くけん制するねらいがあるとみられる。


(お笑い番組かな?)

この報道は日本向けだったと。新華社の記事は小さかった。理由は、反日運動が起きると、やがて群集の怒りは中国政府に向かうからだとさ(笑い)。

でも、こんな大見得を切っておいてさ、何もしなければ、チャイナさまの面子(めんつ)はどうなるのよ?森本さんは、もう読み込み済みかな?でも、海自艦隊演習はしておいた方がいい。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する