2012/07/13 (Fri) オスプレイ試乗


うちのが北カロライナの空軍基地に着陸したとき、ファースト・オフィサーが、“あれが、オスプレイ~マリーンのホープだよ”と言ったと。ビルの屋上~学校の校庭~ハイウエイ~ビーチなどに離着陸が出来る。従来のヘリの航続距離は130キロ弱でオスプレイは600キロ(fts先生)とすると、離島の多い沖縄に向いているね。海上自衛隊も買うべきだよ。60億円だけどね。だが、問題というのはね、中国監視船の領海侵犯じゃなく~核兵器を載せた監視船や漁船が尖閣や沖縄海域に入ることだ。海保による逮捕権などは役には立たない。読売の記者などは甘いな。つまり、侵犯する中国の船を停船させて臨検するしかない。臨検を出来るのは海自の護衛艦だけだ。臨検は戦争の一種だ。さらに、中国の潜水艦はどうする?追尾だけでは済まない事態も考えなければいけない。伊勢爺




アメリカの海にはどこでも見られる。羽ばたいて垂直に飛び上がるし~垂直に飛び込んで魚を捕らえる。鷹の一種なのかな? 伊勢平次郎 ルイジアナ




comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する