2012/07/14 (Sat) ドイツのU-ボートを森本防衛大臣にお薦めしたい


U-32 (S182) is the second Type 212A submarine of the German Navy.
U-32 is powered by one diesel engine and an electric motor driven by two fuel cells and features a cavitation-free screw, making it virtually undetectable. U-32 was the first non-nuclear submarine to stay submerged for two weeks.

U 32 (NATO-Bezeichnung: S 182) ist das zweite U-Boot der U-Boot-Klasse 212 A, das der Bundeswehr überstellt wurde.


ドイツは潜水艦建造のトップランナーである。SUBMARINEと呼ばない。U-BOATだ。

212A型潜水艦

概要

種別 攻撃型潜水艦
性能諸元
排水量 (水上/水中): 1,450トン / 1,830トン
全長 57 m
全幅 7m
吃水 6m
機関 ディーゼルエンジン: MTU 16V 396×1 (3.12MW)
AIP: HDW PEM燃料電池×9 (各30-40 kW) (U31) / HDW PEM燃料電池×2 (各120 kW ) (U32, U33, U34)
電動機: シーメンス Permasyn×1 (1,700kW)
最大速力 12ノット (水上) / 22ノット (水中)
航続距離 水上: 14,800km (8,000nm) / 8kt
水中: 780km (420nm) / 8kt
乗員 27名
兵装 533mm魚雷発射管×6:(魚雷×12または機雷×24)
212A型潜水艦(ドイツ語:U-Boote der Klasse 212)は、ドイツが開発したAIP通常動力型潜水艦。


ドイツ海軍のほか、イタリア海軍で運用されている。本艦級の特徴は水素燃料電池を推進力に採用することによって数週間の潜水に耐えることができるという点と、水中での高度な機動性を確保したX舵である。ドイツ海軍ではU-31からU-34までの4隻が就役済みで、イタリア海軍でもサルヴァトーレ・トーダロとシレが就役済みである。なお、輸出型の214型潜水艦が韓国海軍やギリシャ海軍で採用されることが決定している。*現在は35型と36型アの時代だ。三週間浮上せず潜行が可能だそうである。この性能は中国海軍にとって脅威のはずである。伊勢


日本の潜水艦「おやしお」もなかなかだ

艦種 潜水艦
建造期間 1994年 - 2006年
就役期間 1998年 - 就役中
前級 はるしお型潜水艦
次級 そうりゅう型潜水艦
性能諸元
排水量 基準:2,750トン
水中:4,000トン
全長 82.0m
全幅 8.9m
吃水 7.4m
機関 ディーゼル・エレクトリック推進
(水上:3,400ps / 水中:7,750ps)
川崎12V25/25Sディーゼル機関 2基
推進電動機 1基
スクリュー 1軸
速力 水上:12ノット / 水中:20ノット
航続距離
乗員 70名
兵装 HU-605 533mm魚雷発射管
• 89式 魚雷
• ハープーン USM
6門
ソナー ZQQ-6
情報処理
装置 ZYQ-3
レーダー ZPS-6



従来の“涙滴型”から“葉巻型”を採用し、船体構造も完全複殻式から部分単殻式へと変更された海上自衛隊の潜水艦である。技術の進歩によって、潜航深度の増大、航続力の増加、情報処理能力の向上が図られていると同時に自動化も進められ、定員も前級のはるしお型より5名減っている。

艦首上部に6門の魚雷発射管を集中装備し、直線化した船体中央部にはコンフォーマル・アレイ・ソナーが装備されており、探知能力が向上した。

また、被探知防止として無反響タイルを主要部分に装着するなど様々な新技術が取り入られている。高度に自動化された点も本級の特徴である。

従前では海上自衛隊の潜水艦は18隻体制(16隻+練習潜水艦2隻)であり、はるしお型までは18年間運用された後に退役していた。しかし、「平成23年度以降に係る防衛計画の大綱について」で、海上自衛隊の潜水艦が24隻体制(22隻+練習潜水艦2隻)に改編される予定であり、これに合わせて本艦型からは24年間運用されるようになる予定である。また将来的に24年間運用するための延命工事が行われる予定である。(ウイキぺデイアより)


(伊勢爺さんの理解では)

潜水艦の任務とは、「待ち伏せ」だそうだ。宗谷海峡~津軽海峡~対馬海峡~ほかの海峡や水道近くで待ち伏せして、ロシア~チャイナ~北朝鮮などの艦船の日本領海への侵入を防ぐ。おやしおは、中国海軍の漢級(ロシアの旧型を改造)よりも「静音性」に優れているとである。

U-ボートの排水量は1450トン。おやしおは、2750トンだ。乗組員もドイツ艦は、27名~日本艦は70名である。親潮の乗組員が多い理由に、母港(佐世保など)を出たら、長期間帰らないというのがある。基地に戻ると、衛星で追跡されるのだと。すると、食料、飲み水を沢山積んでいることになるね。さらに、水素電池が改良されて、潜行距離を長くできるようになったと。

現在の16艦を24艦に増やすのが防衛大綱だと。何隻かをドイツ艦にすると良いと思うね。設計や潜水艦任務の考え方が違うのかも知れないから。日本人だけで考えると、グループ思考に陥る。戦争を考えるなら思考が柔軟でなければいけない。さらに、ドイツは日本の友好国だ。ドイツ人の性格は頑固で重厚な性格だ。アメリカ人と違ってあまり笑わない。だが友達を裏切らないと言われる。ユダヤ人がそう言うのだからね。伊勢平次郎 ルイジアナ






ドイツと日本の文化は家だけじゃない

old Japanese house

日本の家もいいね。農家だろうけど。


old german house

プロイセンの田舎は雪深いんだ。中世の古城のあるライプチヒが伊勢夫婦は好きだ。ドイツ人は日本人に似て、真面目過ぎて笑わない。それと、おセンチである。ダンケというと、心をこめて、ダンケと返ってくる。トルコ人にもその感性がある。

comment

大阪の通りすがり先生

ドイツのU-Boatは、国内用と輸出用に分けているね。韓国なんかに伝統技術を売らないんだろう。そこは日本も同じだ。アメリカにも売らないわけだから。スターリング・エンジンはスウェーデンが得意かな?潜水艦に要求されるのは、機雷敷設や機雷掃海がある。機雷は発達した。スマート機雷もあるんだから。ま、尖閣で軍事衝突すれば、シナ海軍はメチャメチャになるだろうね。伊勢
2012/07/16 01:29 | 伊勢 [ 編集 ]

<潜水艦に関して>
海自の最新艦は「そうりゅう」型です。
X舵でスターリングエンジン機関です。

噂では、中国の原潜より静かだそうです。
2012/07/15 23:40 | 大阪の通りすがり [ 編集 ]

とても綺麗な写真.息抜きに..
http://blog.goo.ne.jp/chimaki-1014/e/db5ea1660b8c7fedd2f671189ed88c3a

世界のアップル社の歴史の中で、
初めて北海道美瑛町の風景がWallPaperとして採用されました!

その作品を下記サイトに掲載しています。
★Blue Pond - The WallPaper for Apple Inc.
世界中から祝辞や賞賛のコメントも頂いております。
2012/07/14 11:43 | DK [ 編集 ]

政府・民主三役会議とは

「政治判断が必要な重要法案や予算案、税制改正をはじめとする閣議決定案件、首相が主宰する会議での決定案件などを協議し、最終決定の役割を持つ会議。2011年9月に野田政権の下、政府と党の新たな政策決定の仕組みとして決定された。構成メンバーは首相、官房長官、民主党幹事長、幹事長代行、政調会長、国対委員長の6名で、必要に応じて担当閣僚が同席する」


すると、前原は三役じゃない。森本防衛大臣も出席したと思うが、野田首相~藤村官房長官~興石幹事長の三役が決定する?前原にも投票権がある?どなたかご存知ですか? 伊勢
2012/07/14 10:53 | 伊勢 [ 編集 ]

前原氏、オスプレイ配備延期を米大使に要求

 民主党の前原政調会長は13日のBS朝日の番組収録で、米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイの日本配備について日本政府とルース駐日米大使に延期を求めたことを明らかにした。


 前原氏は「政府・民主三役会議で、政府に『今までの米国との交渉をもう一度やり直せ』と申し上げた」とし、ルース氏との会談でも「徹底的に安全調査と訓練をし、安全性が確認された後に持ってこないと、日米安保が根底から崩れる」と伝えたと語った。ルース氏は「重く受け止め、本国に伝える」と述べたという。

 さらに、前原氏は「(米国は)一呼吸置くことが大事だ。(日本は)引き下がってはいけない。(現状では)党として反対だ」と強調した。米軍は、今月24日にも山口県の米軍岩国基地(岩国市)に陸揚げする予定だ。訓練飛行などを経て、8月にも沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)に配備し、10月からの本格運用を目指している。

(2012年7月14日09時19分 読売新聞)


前原は野田総理や森本防衛大臣と話したということか?この体質の人間が防衛大臣だったらと思うと、ぞっとする。伊勢
2012/07/14 10:15 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する