2012/07/15 (Sun) 丹羽はどぶ鼠だ


丹羽駐シナ大使が玄葉青年外相に呼び付けられた。は、は、は こいつ、伊勢爺さんよりも、二個も年上なんだよ。ウイキぺデイアを読んで驚いた。伊藤忠取締り役社長時代に、チャイナの首相に10億円の賄賂を贈ったと書かれているね。反論しないところをみると、真実なんだろう。こんな鼠を駐シナ大使にしたのは、管直人なんだ。鼠が鼠を大使に選んだわけだ。



こいつに票を入れたの~?愚民といわれても仕方がないでしょ?


maehara resign 3.5.11

野田どぜう様におべっか使ってるんだとさ。こいつは男になっていないな。目付きがサヨク体質を表している。


今日は、日曜の朝だから、このぐらいで許しておく。サンデー・ブランチが不味くなるからね(笑い)。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

菅直人自身が朝鮮のスパイみたいなもんだと思いますよ。
首相辞任直前のすかしっ屁みたいな朝鮮学校授業料無償化への動きを政策として指示したのですから。

それで自分は何も無かったかのようにお遍路してあとは自分の政策への自己弁護。在支大使丹羽氏と共に政界から葬り去りたいものですね。あっ前原氏もね。
2012/07/16 17:09 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する