2012/07/21 (Sat) 逃げていく兎(その2)


耳を立て、ちょっとした音で逃げていく。兎は臆病者である。タンポポを食べている。お花畑に住んでいる。伊勢平次郎 ルイジアナ






オカマ野郎だわな



なんか、性別がハッキリとしないな。官邸前に集まった反原発の群れを激励しているんだと。鉄拳制裁に値するよな(笑い)。

comment

関電、大飯2号機ストレステスト1次評価を提出

電力

 関西電力は20日、大飯原子力発電所2号機(福井県)のストレステスト(耐性検査)1次評価を経済産業省原子力安全・保安院に提出した。


 1次評価の提出は23基目。保安院は9月に原子力規制委員会に吸収されるため、実質的な審査は難しい状況だが、関電は「規制委員会が制度を引き継ぐのを期待している」と話している。

 大飯原発では東京電力福島第一原発の事故後に緊急の安全対策を行っており、2号機の1次評価によれば、想定される地震の揺れの約1・62倍(1134ガル)まで、想定される津波高の約4倍(11・4メートル)まで、炉心損傷に至らないことが分かった。地震と津波が同時に襲って停電(全交流電源喪失)し、外部から資機材や燃料が補給されなくても、約7・2日間は炉心損傷を防げるという。

(2012年7月20日22時46分 読売新聞)


野田どぜう首相、衆院解散前に、大飯2号、1号の再起動を英断されるようお願いする。歴史に残る勇気と記録されるでしょう。伊勢
2012/07/21 08:26 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する