2012/07/30 (Mon) ワクラ泉水湖で休暇
wakulla springs lodge

Wakulla Springs Florida は、世界一の深さと広さを誇る泉水の湖なのだ。地下水がわいたものなので、年中、華氏70度だ。午後に泳ぎに行くことになっているが、ちいと冷たいから長くは入っておれないと。ロッジは27室しかない、1938年に建てられた館である。ヨーロッパの様式が強く残っている。従業員の女性たちもクラシックで、アメリカを感じない。




赤い点がワクラ泉の位置。フロリダには、鰐~ジュゴン~熱帯魚が多く住んでいる。このワクラもそうだ。ロッジの前の泉から延々と長い湖となっているのだ。伊勢夫婦は来年だが、このフロリダに移住する計画である。うちのが退職したから、そういう芸当が出来る(笑い)。




1850年、女性探検家スミスが、この泉を発見した。湖底は澄み切っており~何かの骨が見えた。マストドンであった。米国政府はカネを出し探検を続けさせた。12000年前の人骨が見つかった。それも、アジア人のものであった。つまり、アメリカ・インデアンのことかな? 伊勢平次郎 ワクラ泉にて、

                            ~続く~






(おまけ)



太西洋に面するフロリダの原発。比較的に新しい。

フロリダ電力は7基の原発を動かしている。人口1905万人のフロリダは日本の国土に近いが、全米で、自然環境を保護する政策が最も強い州なのだ。エバグレード国立公園は世界遺産だ。珍しい動物が棲んでいて、アフリカ並みなのだ。そのフロリダでさえ、100%の電力を原発で供給している。理由は?「脱炭酸ガス」だよ。関西電力は11基を持っているが、4.5.6月は、管直人のおかげで、ゼロ原発だったために、1000億円近い赤字となったと。管と大阪市が払えや!伊勢

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する