2012/08/09 (Thu) 国防から日本を建て直すことが出来る
morimoto test 8.4.12

オスプレイの試乗を終え、質問に答える森本防衛相。森本防衛相は3日午後(日本時間4日未明)、ワシントン郊外で米軍の新型輸送機MV22オスプレイに試乗し、「快適だった」と述べた。(読売記事から)

国防から壊れに壊れた日本を再建することが出来る。森本さんは、伊勢爺と同じ歳だ。焼け跡を見て育った世代なのだ。“国家の再建とは何か”を最もよく知っている日本人たちなのである。伊勢平次郎 ルイジアナ






67年昔、日本は連合国に降伏した。アメリカに負けたといっても良いだろう。敗戦の原因には、多くの理由がある。戦争に負けるというのは悔しいことである。だから、いくらでも、ほじくり返して、評論家という人種が商売の種にする。大体が、正義漢を装っている。

Japanese_Prisoners_of_War_at_Guam_-_15_August_1945 (Custom)

グアム島で捕虜となった日本兵たち。無念さが表情に見れる。この帰還兵たちが戦後の日本を再建したのだ。伊勢爺さんの恩師の黒木先生も帰還兵だった。教え子の進学と就職(中卒で就職した)に努力された。京浜急行や国鉄、日本ペイントなどに生徒の雇用を頼んで回った。今でも、同窓会では涙流して感謝するものが多い。先生は、“ああ、そうか”とにっこりするだけである。


tokyo 1945 (Custom)

東京の焼け跡。皇居を残して焼夷弾は落とされた。特に、江東区の浜町などは、人もろ共、丸焼けとなった。これは朝日グラフである。“新生日本のために先ず健康~忍従と耐乏の大試練に打克たん”と「中将湯」の広告がある。


(伊勢爺さんのホープ)

まもなく、民主党政権は追放される。この政党は誰が総理となってもダメなようだ。つぎの政権をとると思われる自民党だが、政策を聞かせよ。1)国防政策~2)電力政策~3)対中国政策~4)対韓国政策の四つの課題を明瞭にするべきだ。

民主党の曖昧さを批判するが、自民党も肝心な箇所をぼかしてきた。この為政者たちの「隠蔽体質」が直らないなら、日本は直らない。国を指導する者たちは事実を淡々と述べるべきなのだ。森本敏さんがそうだ。何事にも、私心を捨てた勇気を持っている。次期政権は、この日本のホープである森本さんをを降ろしてはならない。日本を再建できる人だからである。伊勢

 

comment

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012080800884
SS代表逮捕を要請=保釈中の逃亡を重視-ICPO(時事)

以下引用
ポール・ワトソン容疑者(61)に対する国際手配を情報提供などを求める「青手配」から、身柄引き渡しを目的に逮捕などを各国に求める「赤手配」に格上げした。
引用ここまで

日本に送られるのが嫌で逃げたあげくにこの様。
海賊の代表なのだから遅すぎたくらいですが。
2012/08/09 12:56 | fts [ 編集 ]

だ・か・ら、伊勢は「日韓国交断絶国民運動」をスタートする。

さっき、アメリカ人青年のぼくが養ってきたダステイン君に、署名を集める技術を教えて貰う要請をした。野田泥鰌が解散して~立候補者が揃う頃までに、おおくの署名を集めたい。同時にキンドルで“Distant・Smoke(遠い煙)”を出版する。「日韓断交をアメリカに理解してもらう内容」となっている。伊勢
2012/08/09 11:20 | 伊勢 [ 編集 ]

竹島上空、韓国が軍事訓練空域に…取り消し要求

 韓国が占拠する竹島の上空が、韓国の軍事訓練空域に指定されていることが
外務省や海上保安庁への取材でわかった。

 外務省は今年に入ってからも、「我が国固有の領土である竹島に、
韓国が軍事訓練空域などを設定できない」として、
韓国政府に指定取り消しを要求しているが、韓国は拒否しているという。

同省などによると、同空域は竹島上空を含む東西90キロ、
南北110~55キロの範囲。
国際航空図に一帯は「MOA」
(Military Operation Area)と記されており、
戦闘機の飛行訓練などを実施する空域とみられる。
韓国は今月中旬にも、竹島近海で陸海空軍と海洋警察の合同訓練を計画している。

(2012年8月9日08時39分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120808-OYT1T01732.htm
2012/08/09 09:31 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する