2012/09/04 (Tue) 中国を読む(その1、鄧小平)
ホテル北京飯店 (Custom)

約1世紀前に建てられたホテルで市街地の中心にあり、天安門広場からは約200メートルである。 すぐ近くには、有名なショッピング街である王府井大街もあり、北京の中では抜群のロケーションに位置する。

2005年の夏に、わが青い目の妻と大連~旅順~北京へ行った。北京飯店ホテルに泊まった。盧溝橋(マルコポーロ・ブリッジ)にも行った。2007年には、瀋陽~長春~ハルビンへ汽車で行った。伊勢爺は昭和16年に長春(新京)で生まれたのだ。

エントリーを「中国を読む」としたのは、日本の政局がいよいよ衆院解散選挙に向けて走り始めたからだ。現時点の野田内閣及び民主党は「死に体」である。「脱原発」やら「尖閣国有化」がニュースだが、語るに足りない。

そこで、“しきりに日本を挑発する中国”を読むことにした。中国を評価するとなると、百人百様となるものだ。歴史~文化~民族、、“何が真実なのか?”無限の論争になる。だが、経済は誤魔化せないのだ。よって、「チャイナの経済」から読むとしよう。

チャイナの経済を語るとき、チャイナを市場経済へと大きく舵を切った鄧小平から語らなければ始まらない。第一回は、簡単に「鄧小平」を紹介する。 伊勢平次郎 ルイジアナ








鄧 小平(1904年8月22日 - 1997年2月19日)は、中華人民共和国の政治家。生涯に3回の失脚を乗り越え、史的唯物論の視点に基づく「改革開放」政策によって、中華人民共和国の市場経済化に着手した。1978年から1992年までの、事実上の中華人民共和国の最高指導者であった。(以下、ウイキぺデイアを要約した)

1904年、四川省広安県の裕福な客家系地主の家庭に生まれる。1920年、16歳のときにフランスに留学する。第一次世界大戦後の労働力不足に応じた「勤工倹学」という形の苦学生であった。ちなみに鄧小平は16歳で故郷を出た後、死ぬまで一度も帰郷することはなかった。


フランス留学時代



フランスへ渡った、鄧小平は16歳だった。

鄧が留学した時代、フランスは第一次世界大戦直後の不景気だったため、パリから遠く離れた市立中等校に入学して節約に励むも、生活費を稼ぐため半年で学校を辞めてしまう。鉄鋼工場、レストランのボーイ、清掃など、職を転々と変えながらも、堅実に貯金して、1922年10月に再び田舎町の市立中等学校に入学して3ヶ月間学び、パリ近郊のルノーの自動車工場で仕上げ工員として勤務する。


共産主義者として

フランス留学中の1922年に中国少年共産党に入党し、機関誌の作成を担当。「ガリ版博士」とあだ名される。1925年、中国共産党ヨーロッパ支部の指導者となり、フランス政府に危険分子と見なされ、フランスでの居心地が悪くなり、1926年、モスクワに渡り、東方勤労者共産大学・モスクワ中山大学で共産主義を学ぶ。鄧小平がパリを出発した数時間後、フランスの警察が鄧小平のアパートを捜査に入り、10日後に国外追放令を出されていた。

1927年(23歳)に帰国し、ゲリラ活動を開始。紅七軍を政治委員として指揮するが、冒険的で無計画な李立三路線に振り回される。1931年、蜂起したものの根拠地を失った部隊と共に毛沢東率いる江西ソヴィエトに合流し、瑞金県書記となる。しかしコミンテルンの指令に忠実なソ連留学組が多数派を占める党指導部は、農村でのゲリラ戦を重視する毛沢東路線に従う鄧小平を失脚させる。

1935年、周恩来の助力で中央秘書長に復帰、長征に参加し八路軍一二九師政治委員となる。この後、華北方面での抗日ゲリラ戦や、1946年以降に国民党と戦った国共内戦で行われた淮海戦役・揚子江渡河作戦などで大きな戦果を収める。1949年の中華人民共和国の成立後も西南部の解放戦を指導し、解放地域の復興に努める。

1952年、毛沢東により政務院副総理に任命され、翌1953年には財政部長(大臣)を兼任する。1954年9月に政務院が国務院に改組されると、引き続き副総理を務める。1955年4月、第7期党中央委員会第5回全体会議(第7期5中全会)において中央政治局委員に選出。さらに1956年の第8期1中全会で党中央政治局常務委員に選出されて党内序列第6位となり、中央書記処総書記として党の日常業務を統括することとなる。

1957年には総書記として反右派闘争の指揮を取る。約55万人が迫害を受け、毛沢東の死後にその99%以上が冤罪であったと認められた事件であった。


文革期

鄧小平は、毛沢東の指揮した大躍進政策の失敗以降、次第に彼との対立を深めていく。大躍進政策失敗の責任を取って毛沢東が政務の第一線を退いた後、総書記の鄧小平は国家主席の劉少奇とともに経済の立て直しに従事した。この時期には部分的に農家に自主的な生産を認めるなどの調整政策がとられ、一定の成果を挙げていったが、毛沢東はこれを「革命の否定」と捉えた。その結果、文化大革命の勃発以降は「劉少奇に次ぐ党内第二の走資派」と批判されて権力を失うことになる。

1968年には全役職を追われ、さらに翌年、江西省南昌に追放された。「走資派のトップ」とされた劉少奇は文化大革命で非業の死を遂げるが、鄧小平は「あれはまだ使える」という毛沢東の意向で完全な抹殺にまでは至らず、党籍だけは剥奪されなかった。南昌ではトラクター工場や農場での労働に従事するが、与えられた住居には暖房設備もなく(南昌は冬は極寒の地である)、強制労働は過酷なもので、鄧は何度か倒れたが砂糖水を飲んで凌ぐことしか許されなかった。

1973年3月、周恩来の復活工作が功を奏し、鄧小平は党の活動と国務院副総理の職務に復活、病身の周恩来を補佐して経済の立て直しに着手する。同年8月の第10回党大会で中央委員に返り咲き、12月には毛沢東の指示によって党中央委員会副主席、中央軍事委員会副主席、中国人民解放軍総参謀長となり、政治局を統括。1974年4月、国連資源総会に中国代表団の団長として出席し、演説。その際訪れたニューヨークの威容に驚嘆し、国家発展のためには製鉄業の拡充が急務と考え、新日本製鐵(新日鉄)などから技術導入を図る。1975年1月、国務院常務副総理(第一副首相)に昇格し、周恩来の病気が重くなると、党と政府の日常業務を主宰するようになる。

着々と失脚以前の地位を取り戻して行ったかに見えたが、1976年1月8日に周恩来が没すると、鄧小平の運命は暗転する。清明節の4月4日から5日未明にかけて、江青ら四人組が率いる武装警察や民兵が、天安門広場で行われていた周恩来追悼デモを弾圧した。すなわち第一次天安門事件である。この事件において周恩来追悼デモは反革命動乱とされ、鄧小平はこのデモの首謀者とされて再び失脚、全ての職務を剥奪された。しかし、党籍のみは留められ、広州軍区司令員の許世友に庇護される。同年9月に毛沢東が死去すると、後継者の華国鋒を支持して職務復帰を希望し、四人組の逮捕後、1977年に三度目の復活を果たす。


権力の掌握

1977年7月の第10期3中全会において、国務院常務副総理、党副主席、中央軍事委員会副主席兼人民解放軍総参謀長に正式に復帰。翌8月に開催された第11回党大会において、文化大革命の終了が宣言される。鄧小平は文革で混乱した人民解放軍の整理に着手するとともに、科学技術と教育の再建に取り組み、同年、大学統一入学試験を復活させる。
1978年10月、日中平和友好条約の批准書交換のため、中国首脳として初めて訪日し、昭和天皇や日本政府首脳と会談したほか、千葉県君津市の新日鉄君津製鉄所、東海道新幹線やトヨタ自動車などの先進技術、施設の視察に精力的に行い、京都や奈良にも訪れた。この訪日で鄧小平が目の当たりにした日本の躍進振りは、後の改革開放政策の動機になったとされる。また、新日鉄との提携で、上海に宝山製鉄所を建設することが決定された。

同年11月10日から12月15日にかけて開かれた党中央工作会議と、その直後の12月18日から22日にかけて開催された第11期3中全会において文化大革命が否定されるとともに、「社会主義近代化建設への移行」すなわち改革開放路線が決定され、歴史的な政策転換が図られた。また、1976年の第一次天安門事件の再評価が行われ、周恩来の追悼デモは四人組に反対する「偉大な革命的大衆運動」とされた。鄧小平はこの会議で中心的なリーダーシップを発揮し、事実上中国共産党の実権を掌握したとされる。この会議の決議内容が発表されたときは全国的な歓喜の渦に包まれたという逸話が残っている。




ジミー・カーター(右)と(1979年の訪米にて)この日、伊勢もワシントンにいた。中村勘九郎がケネデイセンターで歌舞伎を披露したのを尋ねたのだ。伊勢は、コロンビア映画に雇われて、スピールバーグの助監督をやっっていた。日本から市川猿之助などの歌舞伎が来ると、伊勢が雇われたが、この1979年はゲストだった。楽屋でも、鄧小平が話題となった。

1979年1月1日に米中国交が正式に樹立されると、鄧小平は同28日から2月5日にかけて訪米。首都ワシントンDCで大統領ジミー・カーターとの会談に臨んだ後、ヒューストン、シアトル、アトランタなどの工業地帯を訪れ、ロケットや航空機、自動車、通信技術産業を視察。前年の日本訪問とこの訪米で立ち遅れた中国という現実を直視した鄧は改革解放の強力な推進を決意、同年7月、党中央は深圳市など4つの経済特別区の設置を決定する。

鄧小平が推進する経済改革は、民主化を求める風潮をも醸成した。この風潮を利用して、鄧小平は華国鋒の追い落としを目論む。華国鋒は「二つのすべて」と呼ばれる教条主義的毛沢東崇拝路線を掲げていたが、これを批判する論文が、鄧小平の最も信頼する部下である胡耀邦らにより人民日報、解放軍報、新華社通信に掲載されたのを機に、国家的な論争に発展。北京には「民主の壁」とよばれる掲示板が現れ、人民による自由な発言が書き込まれた。その多くは華国鋒体制を批判し、鄧小平を支持するものであった。華国鋒は追いつめられ、前述の1978年12月の党中央工作会議において毛沢東路線を自己批判せざるを得なくなり、党内における指導力を失っていった。最終的に華国鋒は1981年6月の第11期6中全会において党中央委員会主席兼中央軍事委員会主席を解任され、胡耀邦が党主席(1982年9月以降、党中央委員会総書記[4])に就任し、鄧小平が党中央軍事委員会主席に就任した。前年の1980年には鄧小平の信頼厚い趙紫陽が国務院総理(首相)に就任しており、ここに鄧小平体制が確立した。

鄧小平は当初民主化を擁護していたが、1980年にポーランドで独立自主管理労働組合「連帯」が結成されると、自己の政策に反する活動家を投獄するなど一転して反動化した。1986年には、反右派闘争などで冤罪となった人々の名誉回復に取り組む総書記の胡耀邦、国務院総理の趙紫陽(いずれも当時)らに対する談話で「自由化して党の指導が否定されたら建設などできない」「少なくともあと20年は反自由化をやらねばならない」と釘を刺している[5]。翌1987年、政治体制改革をめぐって改革推進派の胡耀邦と対立し、胡を失脚させる。しかし、鄧は政治改革に全く反対だというわけではなかった。第一次国共内戦期から党に在籍し、「革命第一世代」と呼ばれた老幹部たちを、自身も含めて党中央顧問委員会へ移して政策決定の第一線から離すなどの措置をとった。ただし、鄧自身は党内序列1位には決してならなかったものの、党中央軍事委員会主席として軍部を掌握、1987年に党中央委員を退いて表向きは一般党員となっても、2年後の1989年までこの地位を保持し続けた。

後に趙紫陽がゴルバチョフとの会談で明らかにしたところでは、1987年の第13期1中全会で「以後も重要な問題には鄧小平同志の指示を仰ぐ」との秘密決議がなされた。1989年の第二次天安門事件後には一切の役職を退くが、以後もカリスマ的な影響力を持った。


第二次天安門事件

生涯に三度の失脚(奇しくもうち二回は学生が起こした暴動が一因)を味わったためか、鄧小平は中国共産党の指導性をゆるがす動きには厳しい態度で臨み、1989年6月には第二次天安門事件で学生運動の武力弾圧に踏み切った。この事件については初め趙紫陽総書記などが学生運動に理解を示したのに対して、軍部を掌握していた鄧小平が陳雲、李先念ら長老や李鵬らの強硬路線を支持し、最終的に中国人民解放軍による武力弾圧を決断したといわれる。

鄧小平は、武力弾圧に反対した趙紫陽の解任を決定。武力弾圧に理解を示し、上海における学生デモの処理を評価された江沢民(当時上海市党委書記)を党総書記へ抜擢し、同年11月には党中央軍事委員会主席の職も江に譲った。


鄧小平の政策

1978年に日中平和友好条約を結び、同年10月に日本を訪れた鄧小平は、後述の新幹線への乗車で日本の経済と技術力に圧倒された。中国に帰国した鄧小平は、第11期3中全会において、それまでの階級闘争路線を放棄し、「経済がほかの一切を圧倒する」という政策を打ち出す。代表的な経済政策として、「改革・開放」政策の一環である経済特区の設置がある。外資の導入を一部地域に限り許可・促進することにより経済成長を目指すこの政策は大きな成果を収めた。しかし、政治面では共産主義による中国共産党の指導と一党独裁を強調し、経済面では生産力主義に基づく経済政策を取った。生産力の増大を第一に考える彼の政策は「白猫であれ黒猫であれ、鼠を捕るのが良い猫である」(不管黑猫白猫,捉到老鼠就是好猫)という「白猫黒猫論」に表れている。

1989年に公職から退いて表面的には引退したものの、影響力を未だ維持していた鄧小平は、1992年の春節の頃の1月18日から2月21日にかけて、深圳や上海などを視察し、南巡講話を発表した。経済発展の重要性を主張し、ソビエト連邦の解体などを例にして「経済改革は和平演変による共産党支配体制の崩壊につながる」と主張する党内保守派を厳しく批判したこの講話は、天安門事件後に起きた党内の路線対立を収束し、改革開放路線を推進するのに決定的な役割を果たした。以後、中華人民共和国は急速な経済発展を進めることになった。

また1984年12月には、「一国二制度」構想のもと、イギリスの植民地であった香港の返還に関する合意文書に、首相のマーガレット・サッチャー(当時)とともに調印している。

鄧小平の対日政策

一方対日政策では、1982年に成立した中曽根康弘内閣を警戒し、全国に日本の中国侵略の記念館・記念碑を建立して、愛国主義教育を推進するよう指示を出した。これを受けて1983年、江蘇省党委員会と江蘇省政府は南京大虐殺紀念館設立を決定し、南京市党委員会と南京市政府に準備委員会を発足させた。鄧小平は1985年2月に南京を視察、建設予定の紀念館のために「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」の館名を揮毫し、鄧小平の視察直後に紀念館の建設が着工され、抗日戦争40周年に当たる同年8月15日にオープンした。


死去

鄧小平は香港返還を見ることなく、パーキンソン病に肺の感染の併発で呼吸不全に陥り、1997年2月19日21時8分に亡くなった。唯物主義にのっとった遺言により、角膜などを移植に寄付した。本人は自身の遺体の献体を望んだが、これは鄧楠の希望で実施されなかった。同年3月2日11時25分、遺灰は親族によって中華人民共和国の領海に撒かれた。


鄧小平追悼大会

中国中央電視台は鄧の死をトップに報道し、江沢民は弔意を表し、天安門には半旗が掲げられた。死後翌日の2月20日、ニューヨークの国連本部でも追悼の意を表すために半旗が掲げられた。しかし、中華人民共和国各地の市民の生活は平常どおり営まれていた。これは毛沢東が死んだときに盛大に国葬が営まれたのと対照をなす。

鄧小平の死後、鄧が唱えた「社会主義市場経済」や「中国共産党の正当化」などの理論は、鄧小平理論として中国共産党の指導思想に残された。

                            ~続く~

日韓断交国民運動のメール先は、、 nipponfalcons@gmail.com

是非ご賛同を頂きたい。署名もカネも要らない。メールでご賛同ください。野田佳彦は総理大臣というが、天皇陛下を侮辱した韓国大統領とその国民に対して、何もしないようだ。1)竹島の返還~2)慰安婦像撤去~3)日本人憎悪教育の廃絶に応じるまでは、日韓外交を停止することを、日本政府に要求するものである。アーミテージが反対できるものではない。応じないならば、韓国債売り払い~通貨スワップ協定破棄を申し渡すとよい。伊勢平次郎 ルイジアナ

comment

瀬戸弘幸さんは福島で農業をされています.私は.瀬戸さんのブログが極右とついている頃から読んでいます.
「隼速報」を知ったのも極右の頃のブログのコメント欄です.
2012/09/06 00:25 | DK [ 編集 ]

一有権者先生

一国でチャイナを禦せるのはアメリカだけです。そのアメリカは、米中貿易も含む貿易以外にはアジアに領土領海を持っていないわけです。チャイナは国際法の範囲では、南シナ海、東シナ海、黄海に主権はある。現時点では境界が決定していない。チャイナは岩礁に旗を立てたり~駐屯基地を置いているので、既に国際法に反している。ここは、韓国が竹島を軍事占領しているのと同じです。

日本の為政者はこじれた日韓関係の原因を作った。国際司法裁判所に訴状を提出したところで、竹島を返すことはないです。韓国は断交の原因を作っている。断交に決心が付かない日本は笑われ者ですね。伊勢
2012/09/05 13:39 | 伊勢 [ 編集 ]

支那人の性格は業が深いからね。米海軍指導の多国籍海軍なしには危険過ぎる。伊勢


仰るとおりと思います。配慮しすぎて譲歩を重ねすぎると日本国そのものが滅亡の道を歩みます。シナとは最大限距離を置いて付き合うべきでなんでもOKとはなりません。

しかし韓国についてはもう譲歩も配慮も必要ないと思います。
あるべき道は国交断絶。これのみです。歴史を調べ知るほど韓国、朝鮮と言う国は腐った性根の国であり民族であると思います。

せとさんについては私も知らないので福島の方かどうかは確認するしかありません。
2012/09/05 13:18 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

せと弘幸さんと、ぼくは面識もないのですが、同じ志の人のようです。福島の人?

明治期には、鄧小平のような貧乏な農家に生まれて苦学する人が多く出た。わが父もそういう生涯だった。艱難汝を玉にする。鄧小平を観察すると、チャイナの苦悩が理解できると思う。あの国は一党独裁でないと治まらないと思う。さらに、自然や海に恵まれていない。チャイナは再び衰退していくと思う。だからといって、国交を断絶することは不可能。ルールに沿って、共存共栄するのがベスト。中国人はこの鄧小平に見れるように、大人なんです。だから、戦争は回避可能だと思う。日米は問題ない。米中~日中~日韓関係が難しい。なにせ、チャイナには資源が徹底的に不足しているからです。焦って、軍事力で南シナ海~東シナ海~台湾を併合しようとする。これをどうするのか?共同開発しかないでしょう。だが支那人の性格は業が深いからね。米海軍指導の多国籍海軍なしには危険過ぎる。伊勢
2012/09/05 10:11 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様

福島の果物は美味しいですよ。だいぶ前ですが福島へ所要で出かけた時果樹園を回って試食しながら買って家路を急いだのですが
どこかで運転免許を落としたらしく家へ帰ってから気が付きました。すぐに警察へ届けましたが笑われていまいました。(苦笑)

同じ日本、東北ですみんなで応援したいものです。

鄧小平のような人物が日本にも欲しいものです。日本国と日本国民の安全保障を担保する為にも。
2012/09/05 09:31 | 一有権者 [ 編集 ]

みなさん

「せと弘幸さん」の「福島の桃」を買ってあげてくださいな。横浜の姉が買って食べた。美味しいそうですよ。近所にも薦めていると。伊勢

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
2012/09/05 00:24 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

香港の青年実業家である「極東のT]さんからご賛同を頂きました。伊勢夫婦は、11月に、東京~沖縄~与那国島~香港~広州~上海へと長旅の計画。チャイナの現状を見てやろうと。伊勢
2012/09/04 23:45 | 伊勢 [ 編集 ]

鶏肉~牛肉~豚肉の値段が騰がっている。餌さとなる大豆やトウモロコシが旱魃で高いからだ。食わし続けると破綻すると。今、屠殺場は大混雑だと。人間はやっぱり「罪」が重いのかな?伊勢

How to Live High On the Hog During a Drought

Of all the losers from this year's painful drought, perhaps none have quite so much to lose as chickens, cattle and hogs. When their cost of living increases too fast, they lose their life.

In economic terms, livestock are farmyard refineries, converting grain into protein. So when the input cost of that grain spikes higher, it can make more sense to ...
2012/09/04 22:38 | 伊勢 [ 編集 ]

偽ブランド品に見る中国人の精神文化。偽物というのは、嘘ということだよね?つまり、チャイナでは、嘘つくのは普通のことだと?韓国人もそうだけどね。この民族、一方では「正義」を語るんだから始末に終えないわな(笑い)。伊勢


「偽ブランド品輸入差し止め、強まる中国一極化」

 財務省は4日、今年1~6月に知的財産権を侵害しているとして税関で輸入を差し止めた偽ブランド品や偽医薬品などの件数を発表した。


 差し止め件数は前年同期より22・3%多い1万3978件で、上半期としては、統計が残る1993年以降で2番目に多かった。地域別では、中国からの輸入差し止めが全体の94・3%を占め、圧倒的だった。

 内容は、偽ブランド品などの商標権の侵害が98・6%を占めた。今年は、医薬品やバッグ類を一度に大量に差し止めたケースがあり、品数では73万958点と、すでに11年1年間(約72万8000点)を上回った。

 偽ブランド品などの横行が世界的に問題になっている中国からの輸入差し止めは、前年同期より27・3%多い1万3178件と、増加傾向が続いている。財務省は「中国からの一極化の傾向が強まっている」として警戒を強めている。

(2012年9月4日18時28分 読売新聞)
2012/09/04 22:25 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

東京のaさまからご賛同を頂きました。

なかなか返事が書けないのですが、コメント欄で感謝を伝えたいです。日韓は“河野談話見直し”などでなく~国交断絶がベストなんです。

明日の水曜日、左ひざの手術がある。全身麻酔だそうで、その準備をしている。しばらくは松葉杖だそうで、、トホホ(笑い)。伊勢
2012/09/04 21:57 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する