2012/09/10 (Mon) 中国を考える(上海)


1951年に作られた映画である。カラオケで気持ちよく歌っているオッサンの唄はうまくないが、敗戦5年後の横浜港は懐かしい。伊勢は大井第一小学校の5年生だった。わが父母は品川に家を持っていて松下電器の下請けを経営していた。わが両親は6人の未成年者の子供を抱えていた。ど貧困であった。だが、わが父は子供を連れて、横浜の大桟橋や~中華街~桜の咲く外人墓地へよく行った。

京浜東北線が六郷川を渡ると川崎や横浜の町並みが目に入ってくる。あれから、61年も経つのに、飲み屋やネオンのある町の印象は余り変わらない。モダンなビルは立っている。でも、京浜地区なのだ。この理由は、日本人が作る港町だからだろうか?それとも、上海や福県省から戦前から渡来していた架橋の影響だろうか?川崎鎌田地区は朝鮮半島の影響というか、朝鮮部落だしね。伊勢平次郎 ルイジアナ


日韓断交国民運動のメール先は、、 nipponfalcons@gmail.com

是非ご賛同を頂きたい。署名もカネも要らない。メールでご賛同ください。野田佳彦は総理大臣というが、天皇陛下を侮辱した韓国大統領とその国民に対して、何もしないようだ。1)竹島の返還~2)慰安婦像撤去~3)日本人憎悪教育の廃絶に応じるまでは、日韓外交を停止することを、日本政府に要求するものである。ヒラリーや、アーミテージが反対できるものではない。応じないならば、韓国債売り払い~通貨スワップ協定破棄を申し渡すとよい。それが日本国民の意思である。


みなさん

実は今7PMから救急へ入院する。術後の経過が良く無く~膝が膨れ上がり~膝ウラの部分に激痛が走る。血栓の疑いがあるので、超音波で写真撮り~一晩入院だと。トホホ、、

「上海の続き」は明日の夜になるのね。この世界最大の上海港の出荷量が劣化(Rapidly Deteriorating)したということです。胡錦濤主席は野田佳彦首相を睨んでいるが、その胸の中には「尖閣」などない。母屋に火が着いているからです。

ヨーロッパとアメリカが歩調を合わせているわけじゃないけども、ECBのドラギ総裁は「スペインなどの国債買い付けの条件」を決めたようだ。それだからと、ユーロ圏の経済がUターンするわけじゃない。ユーロが下落して~L型が長く続く。5年は続く。FRBのバーナンキ議長は今週の木曜日には、金融緩和第三弾(QE3)を話すだろう。だからといって、チャイナの輸出が増えたり~食品インフレの野火が収まるわけではない。USの経済が回復するには、失業率が7%以下でなければ“景気が上向いた”などという嘘は言えない。もう米国民も目覚めてきたように思える。とにかく、アメリカ政府は都合の良い嘘をつくんだ。ビル・クリントンよりも、ヒラリーは人間が正直だが、、大衆はどうしようもない無知が多いな。伊勢




comment

スレと違って失礼。

ボロボロになって来た。無政府日本国はジェラシックパーク。
500人にAPEC慰労の船旅 プーチン大統領要請で日本大慌て
http://newsworlds.blog129.fc2.com/blog-entry-2757.html

日本の大人たちは卑怯だ。
2012/09/11 17:43 | allco [ 編集 ]

尖閣問題、野望の抑止はいましかない 
2012.9.11 07:41
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120911/plc12091107430013-n1.htm
2012/09/11 16:28 | [ 編集 ]

「尖閣を国有化する日本に怒り」wポストのAPの記事英語でも同じだけどね。http://bomanchu.blog81.fc2.com/

日本政府の決定は正しい。チャイナが政官民上げて、“国有化は違法だ”と主張するなら、ICJ(国際司法裁判所)へ行けば良い。行っても無駄だけどね(笑い)。最後の選択肢は軍事衝突かな?それこそ、「支那の最期」である。伊勢
2012/09/11 08:11 | 伊勢 [ 編集 ]

中国、尖閣国有化に非難声明…対抗措置も示唆

 【北京=大木聖馬】中国外務省は10日、日本政府が10日に尖閣諸島(沖縄県)の魚釣島、北小島、南小島を一括購入して国有化することを決定したことに対して、「中国政府と人民は断固反対し、強く抗議する」とした非難声明を発表した。


 声明では「第2次大戦後、日本が侵略、占領した台湾や釣魚島(尖閣諸島の中国名)は国際法上、中国に返還された」と主張した上、「日本の釣魚島の問題での立場は、世界の反ファシズム戦争の成果を公然と否定し、国際秩序に挑戦するものだ」と歴史認識に引きつけて批判した。

 また、「中国の領土主権を損なう一切の行為をただちに停止することを強く促す。日本側が独断専行するなら、これによって引き起こされる一切の深刻な結果は、日本側が責任を負うことになる」とした。今年4月に東京都による尖閣諸島の購入計画が明らかになって以来、最も強い表現で日本側を非難した。

(2012年9月10日21時34分 読売新聞)


日本政府が国有化を断念することを期待して、脅かしている。だが、国有化は起きる。次は“中国の領土領海”を境界線で描き声明を出す。その中国の調査船かまたは中国海軍の護衛艦が入ってくる。

さて、日本は「戦闘準備」をしなければならない。そして、米軍に知らせるこだ。

現時点の中国経済は地獄に向かっている。尖閣戦争を起こして、国民の結束を図りたい。だが、そう簡単ではない。米軍の出方だ。一回の戦闘でも負ければ、中国共産党の描いた「中華帝国」は滅びる。伊勢
2012/09/11 04:39 | 伊勢 [ 編集 ]

アメリカから見てどうですか?ゴシップ?
http://www.e-themis.net/feature/read.php
尖閣を巡り日米中が動く中
ーーーーーーーーーーー
http://www.epochtimes.jp/jp/2012/09/html/d26268.html
【大紀元日本9月10日】 米国本部の中国語サイト・博訊ネットは8日、習近平・国家副主席と賀国強・中国共産党中央紀律検査委員会主任の両氏が、相次いで不審な交通事故に遭ったと報じた。これにより習氏は一時意識不明の重傷を負い、賀氏は重体とも伝えられている。
ーーーーーーーーーーー
別記事では、(一部引用)
中南海の伏魔殿でいま本当は何が起きているのか?(宮崎正弘)
熱銭の大脱走が本格化 上海株式はまもなく暴落
世界の投機資金が中国を見限って、海外へ逃亡しているゾ
中国の株価の代表は上海指数だが、ピーク時の6000ポイントから、まもなく2000を割り込みそう。急落は年明けから続いており、大量巨額の投機資金が、中国の金融市場から逃げ出している。

熱銭(ホットマネー)の大脱走は「裸官」とも関係が深い。「裸官」なる新造中国語は、親兄弟親戚一同がカネと共に中国を去ってしまった状態を言う。

上記が半分でも事実なら、日本国民少ししびれるかな。
煽りではありません。



2012/09/11 03:02 | allco [ 編集 ]

僕もfts様に一票です。

TVを観てても政治家連中のやってる事が茶番としか思えない。真剣に考えているのが馬鹿馬鹿しくなってきます。
2012/09/11 00:07 | 康雄 [ 編集 ]

fts さまに同意

「大衆が騒ぎ出した時、それは手遅れ」ですね。

広島県は野田枝野にマツダ技術をロシアに売られ、
広島マツダスタジアムでは15~17の3日間
試合と史上最大朝鮮フェスティバルですから・・。
http://www.rcc.net/event/daiku/2012
うんざりです。
竜巻でもくれば良いと思うけど、国交断絶デモなんで
複雑です。
2012/09/10 22:00 | allco [ 編集 ]

日本の政治家はもうダメかも知れませんね。
私の周りだけかも知れないですが、主張することが馬鹿すぎて街頭演説すら聴く気が失せます。
曰く、「領土が危ない、と言うが本当に危ないのは経済だ」
ツッコミどころが多すぎて二の句が継げません。
経済は「安全保障の上に」成り立ってるという原則すら理解できてない馬鹿が一端の顔で街頭演説ですよ。
このような状況を顧みるに、軍務経験者以外は閣僚になれない制度にすべきというのに賛同しますね。

局地紛争でも起きてみれば良いと思う今日この頃。
経済なんて一発で吹き飛ぶでしょうね。
雌伏の時は何時まで続くのやら。長そうですね。

伊勢様

引き続きご自愛くださいますよう。
2012/09/10 20:43 | fts [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する