2012/09/20 (Thu) 詩人の世界


突拍子もないエントリーだが、伊勢爺は青年時代ハワイに住んでいたので、“波乗り”や“セイリング”が詩の世界であると理解している。さらに、詩人ほど世界で偉い者はないとも思っている。

さっき、田園先生からメールを頂いた。田園先生の「グローバリゼイションは世紀の間違い」に賛成です。「リベラルとカネ」を組み合わせたアイデアなので、賢いはずの保守でも引っかかる。伊勢爺さんは、グローバリゼイションは一種の詐欺だと思っている。

安倍晋三さんが総理大臣ときに締結した「日中互恵パートナーシップ」も見直すときが来ている。商売は理解できるし~互恵も間違いではない。だが、互恵貿易で利益を得たCCP(中国共産党)は、国防を看板にして~軍事力を倍増して来た。軍事拡張の目標は国土拡張です。今、日本の領土を侵犯している。すると。互恵って何だったの?となるね。

さて、田園先生のメールは以下、、伊勢

                            ~~~


今、世界に起きている暴力的な現象は行き過ぎたグローバリズムによるものと私は考えております。あくまで学の無い人間の戯言ですが伊勢様に読んで頂ければ幸いです。

私自身のスタンスは反グローバルです。その理由は地理風土による人間形成をそうそう変えられる物ではないという単純な理由です。それを変えるという行為は歪みを産み出し暴力に転換されます。

 日本においても反グローバルの一面もあり政権交代が成されましたが、私はこれは大きな間違いであったと考えます。と申しますのも、リーマンショックで経済拡大は一旦リセットされるというのが自然であり、日本においては所謂、新自由主義を推進した小泉政権への反省が自民党内で顕著になり、麻生政権では価値観が合う国同士での連携を深めましょうという流れだったからです。つまり自民党政権のままで良かった訳です。

 一方、民主党は苦しむ米国を足蹴に成長見込める支那へ事大するのですが、私にはこの行為は私の考えるグローバリズムへの傾斜そのものであり、経済展望としてはまったく音痴であると思うし、なにより恥ずべき行為と映りました。

 憶測では有りますが米国の戦略はリーマンショック以降大きく転換したと思っております。米国は内需を拡大し不況をやりすごす、内向きな政策を選ぶのではないかということです。もしそうであれば日本も、デフレを輸出し雇用を奪う支那から撤退し、先進諸国に無駄な輸出をせず内需拡大に励むのがベストであると思います。

 今、日本では大東亜(東アジア共同体)を再びという人達が声を大きくしています。ネットのブログを見てみればその人達の文章は金太郎飴のようにサンプルできます。一体この者達の裏には何処の誰なのかは容易に想像出来ます。中共でしょう。私が最も恐れるのは、支那という明らかに覇権主義を持った国と日本が結びつくということ。日本を含めた東アジア共同体の完成は前回の東西冷戦の枠組みと違う人種間の大きな東西戦争へと発展していく可能性があるという事です。これは絶対に避けなければなりません。

 今この時代、日本としてやらねばならいことは中共の脅威を凌ぐ軍事力の強化であり、東南アジアへのプレゼンスを確保することと考えます。そして韓国と国交断絶する事です。韓国はグローバリズムの申し子であり、世界経済の縮小による弊害で韓国人の性質から国内の安定は不可能であると考えます。当然ながら反日教育と偏執狂的な固執から日本への依存と憎悪は益々激しくなるものと予想します。

 我々は断固として韓国を突き放し平穏を取り戻さなくてはならないと考えます。
そしてその実現には、軍事力の増加とそれを行使する法の整備と、いつかは平和の為に我々自身が血を流さなければならないという覚悟を持つ事でしょう。

 以上、素人の戯れ言ではありますが近年に起きた事象の時系列は通っていると思います。上記の意見は私がリーマンショック以降、各ブログのコメントに投稿した内容と変わりません。4年前からずっと同じ事を主張しています。そして米国との連携もです。伊勢様、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

(P.S)去年、初めてカリフォルニアに波乗りに行きました。米国人はおおらかですね。ロスからサンディエゴまで数カ所のサーフポイントを巡りましたがモーテルのスタッフの人懐っこいホスピタリティと責任感に感心。ローカルサーファー達はウェルカムな姿勢で「よく来たな!今日はいい波だ、楽しんで」「残念だったな、今日は良くないけどまたおいで。クラブのステッカーをあげるからさ」海をあがって町でも声がかかった。福島から来たというと、原発事故よりも津波の被害を聞いてきた。私の町は津波で壊滅したと言うと心の底から悲しんでくれた。社交辞令でも嬉しいものです。温かだった。


伊勢爺さんのつぶやき

う~む、田園先生は詩人ですね。収入源は何であれ、心が詩人。青い空~白浜~潮騒~ビキニの若い女性たち、、、

日本では詩人は、小林一茶のような「世捨て人」という印象があるけど、それは間違い。“生きることが「詩」そのものだ”と感じる人は詩人なのです。道端のタンポポを見ても感慨が沸く~子犬を見て愛情を覚える~海中を泳ぐ熱帯の魚を刺身にするよりも、その美しさに見とれる、、人間はそうあるべきです。

政治だって、詩の心が必要なのです。安倍晋三さんは、「美しい国へ」を書いた。麻生太郎さんは、ライフル~釣り~バーで、ウイスキー、、なかなかの詩人です。

その「詩の世界」を守るために、法整備~健全な軍事力~安心立命の経済が必要なのです。今年中に安倍晋三政権の誕生を望む。来年は、世界中から日本が注目される年となる。疑うなかれ! 伊勢平次郎 ルイジアナ






日韓断交国民運動のメール先は、、 nipponfalcons@gmail.com

是非ご賛同を頂きたい。署名もカネも要らない。メールでご賛同ください。野田佳彦は総理大臣というが、天皇陛下を侮辱した韓国大統領とその国民に対して、何もしないようだ。1)竹島の返還~2)慰安婦像撤去~3)日本人憎悪教育の廃絶に応じるまでは、日韓外交を停止することを、日本政府に要求するものである。ヒラリーや、アーミテージが反対できるものではない。応じないならば、韓国債売り払い~通貨スワップ協定破棄を申し渡すとよい。それが日本国民の意思である。

comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/23 02:35 | [ 編集 ]

瀬戸さんは日米関係の重要性を認識していますね。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
2012/09/22 00:50 | さくま [ 編集 ]

詩人とまでいわれるとは 笑 ありがとうございます。
サーフィンはストイックな遊びですから孤独の恐怖をしってます。

アメリカは日米同盟に答えを出してますね。ラプターに爆装して飛行したらしいです。これは効くでしょう。
2012/09/21 22:06 | 田園 [ 編集 ]

在米韓国人団体「旧日本軍による戦争被害者を募集します」=韓国
2012年9月21日
http://topics.jp.msn.com/world/korea/article.aspx?articleid=1407626
2012/09/21 20:00 | [ 編集 ]

みなさん

次期衆院選は戦後最も重要な選挙となるでしょう。悪しき民主党を倒すということじゃなく~日本の防衛と経済再生です。自民党が与党となっても~安倍晋三内閣が発足しても、この二つは難問なのです。まず、日本の国民に大人になって欲しい。ものごとを「安直」に考えてはいけない。安倍・麻生さんだって、国民の理解なくして日本を再建することは出来ないのです。日本再建は国民の決心にかかっている。ちょうど、敗戦後に立ち上がったように。それも、無言で立ち上がったのです。現代の日本人はしゃべり過ぎる。男は中性化している。

今朝のUSのニュースは、“チャイナの製造業が11ヶ月間縮小”と報じている。それが原因で、USのQE3~日銀の金融緩和~ユーロ圏の改善にも拘わらず、大きな黒雲となっている。今朝の株式市場はマイナスです。

中国は、日本の尖閣国有化を問題視し~愚民の目を逸らせようとやっき。“尖閣国有化は茶番”と大口をたたいた。習近平が意外な低脳だと判った。日米同盟も揺さぶった。だが、尖閣に発して~エスカレートすると、中国共産党が崩壊する。願ってもないわな(笑い)。

中国の経済が破綻に向かっていることが北京の態度に表れている。伊勢
2012/09/20 22:24 | 伊勢 [ 編集 ]

【自民党総裁選】安倍晋三候補​カフェスタトーク(2012.9.19)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=4jzE3YvLTEI#!
2012/09/20 21:55 | allco [ 編集 ]

詳細。
日本を守る 同志よ!アキバに集まれ 安倍・麻生来る!
http://www.jun.or.jp/ 2012(平成24)年9月20日(木)17:30~ 

秋葉原駅頭にて自民党総裁選挙演説会(個人演説会)
新藤義孝(司会)、甘利明(選対本部長)、麻生太郎(応援)、
安倍晋三(候補者
三橋 氏ブログより。
2012/09/20 15:32 | allco [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する